★不定期連載マンガ★      『博士と ぼくと さめない夢』

(イラスト)『ぼく夢』のネームとキャラクター紹介

 ←緋色幻想 第15話 扉と境界 →緋色幻想 第16話 渾身と長谷川の無意識
今回は漫画の雑談です。
今、お遊びで描いている、『博士と ぼくと さめない夢』(「ぼく夢」)の、ネームなど載せてみますね。

ネームというのは、コマ割りや作画やセリフの、大まかな計画プラン(サムネール)のようなものです。
漫画を描く人には必須なのですが、プロの漫画家さんでも、ネームはただ棒人間だったり、セリフだけだったり、逆にものすごい完成度で丁寧に描かれていたりと、様々です。
性格がここに出るんでしょうね^^

『ぼく夢』のような落書き漫画でも、やっぱりネームは描きます。

今回は1ページと、2ページを載せてみますね。


(1P)ネーム
sitae1-1.jpg

   ↓
   本番の線画
資料 1


(2P)ネーム
sitae1-2.jpg

   ↓
   本番の線画
資料2

本当はこの間に最終の下書きも描くので、1ページにつき下書き2枚です。
なかなか時間がかかります。
そして、描きあがったら必ず、プチ腱鞘炎です (>_<)

あ、ネームだけでは素っ気ないので、『ぼく夢』のキャラ紹介を、ちょこっとだけ、やってみますね。

キャラ紹介と言っても、まだ設定をほとんど決めていないので、紹介できる部分は少しだけなんですが^^
(そして、ころっと設定が変わる場合も・・・)
なにしろ、名前もまだ発表になっていないですもんね^^; ミーナ以外。
でもまあ、さらっと語ってみます。

まずは、このひと。

博士600

■博士
本名:トーマ・ササハラ 27歳
ミーナは博士と呼んでいるのですが、この人博士じゃありません。(°∇°*)
大学の植物生理学研究室の、講師です。
面倒くさがりなのか、楽なのか、家でも白衣を着ているのでミーナが勝手に博士と読んでるだけで。
訂正してもやめてくれないので、博士、諦めちゃったみたいです。
以前は年の離れた弟と一緒に住んでいたんだけど、現在は一人暮らしです。




みーな600

■ミーナ・カトラス
博士のお隣の家の女の子。両親が共働きで、家に居るのはうるさいハウスキーパーさんだけなので、しょっちゅう博士の家に遊びに来ている。
生意気だけど、どうやら博士の事が気になっているらしい。ちょっぴりSで世話焼きな、おませな7歳。


neko2.jpg

■ぼく
白猫なんだけど、何かのきっかけで少年に変化してしまう。耳と尻尾が残っちゃうのは、ご愛嬌^^
名前は、もう少ししたら自分で名乗ります。(たぶん)
何処から来たのか、いくつなのか、いったい何者なのかは・・・まだ分かりませんです。(そしてずっと分からないままかも)
なにやら、夢があるみたいなんですが、ものすごく漠然とした夢なので、忘れてください(笑)

と、いうわけで、ほぼこの3人(2人と1匹)で、のんびりゆるーーい日々を過ごします^^
本当に、ただそれだけの癒し系漫画です。……(いえ、作者の萌えキュン自己満足漫画です><)
月いちくらいでゆっくり更新していきますので、またどうぞよろしくお願いします^^



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【緋色幻想 第15話 扉と境界】へ
  • 【緋色幻想 第16話 渾身と長谷川の無意識】へ

~ Comment ~

おおっ 

こんばんは。

下書き二枚に腱鞘炎!
やっぱり、マンガって大変なんだなあ。
limeさんは、絵の方、全部アナログで書いていらっしゃるのですね。
それをスキャン? (よくわかっていない)

それと、いま氣がつきました。limeさん右からも左からも正面も全部お得意なんですね。すご〜い。

博士は日系だったのですね。カラーは初公開? なかなか素敵。
ミーナも色遣いがおしゃまさんで素敵です。
白猫くんはカラーとモノクロの違いはエメラルドのお目目ですね。
うう、ラブリー。

博士の弟くんはどうなったんだろうとか、いろいろと新疑問も湧きましたが、月一のゆる〜い連載を楽しみに待つ事にしましょう。でも、腱鞘炎? お大事に!

八少女 夕 さんへ 

おはようございます。
昨日も実は手首が痛くてなペンを持つのが辛かったです。
執筆の下書きもぜんぶシャーペンなので、腱鞘炎は本当につらいです。
(でもこんなイラスト、夜中に描くし^^;)

そうなんです。きちんと描いた下書きをPCに取り込んで、トレースです。
ペンタブはとても描きにくいので、下描きなしでは描けなくって。

あ、やっぱり夕さん、昔漫画を描かれていただけあってお分かりですね。
左右の得手不得手。
私も右向きの人物はちょっと苦手なので、左向きの方が多いです。そんなこと言ってたら漫画は描けないんですけど^^

無国籍ファンタジーなので、名前は自由なんだけど、やっぱり博士は日本人顔だなあ~と。
そして横文字の名前が、似合わなさすぎました><
ミーナは、簡単な夏服が多いんだけど、時々可愛い服を着せて遊んでみようかなあ。
そんなにお金持ちの家の子じゃないんだけど、服はたくさん持ってそうです。
そうそう、白猫くんは、カラーでもモノクロでもあまり変わりませんよね(するどい!w)
昔、エメラルドの目に憧れたので、この色にしてみました。

そうそう、第1話にはちらっと写真だけの登場だった、博士の弟くん。
次回、それを語るまで進むかな?(展開が遅すぎる漫画日本一になりそう)

はい^^ 手を気遣いながら、また頑張りますね!!ありがとうございます。

おはようございます 

おぉ、やっぱり漫画って手が込んでいるんですね~。確かにコマ割でものすごく読みにくいのがあったりするし、こうしてしっかり下書きしておかないとグデグデになっちゃう。読むのは速いけれど、読みやすく描く工夫がものすごく必要なんでしょうね……(あ、しまった、私の知らない世界で第三者になっちゃった……)
何はともあれ、メイキングの公開、ありがとうございます! うん、limeさんの愛を感じました(猫耳への?)。

そして、実はみんなこんなに名前がちゃんとあったんだ~と知ってビックリ。この世界はlimeさんのご自身への癒し物語(の割には腱鞘炎になるけど)なんだろな、と思いながら、こちらも癒されつつつ(謎解きしようとか、先読みしようとかせずに!)拝見しますね(*^_^*)
実はこの漫画、すご~くノスタルジーなんですよ。私の大好きな漫画家さん、花郁悠紀子さんの「アナスタシアとおとなり」を思い出させるワールドです(涙(;_:))。花郁さんの漫画は私のバイブルコーナーに8冊とも祀られて(?)います……(8冊以上増えないんだなぁ……しみじみ涙)
ゆっくりと先を楽しみにしていますね(*^_^*)

NoTitle 

お。博士のフルネームとミーナちゃんのフルネーム^^
なるほど。メーキング、見せていただけるのは楽しいのですが、お描きになるほうは時間かけていらっしゃるのですよね。
いやいや、ありがとうございます。ホントはもっと見たい、けど、腱鞘炎、お大事になさってくださいね。くせになりませんように・・・

うん。白猫のぼくの周りでお話がどう進んでいくのか、楽しみですね。
書き手の萌えキュンは読み手にも伝わるものです。
萌えキュンのおすそ分けをいただきま~す^^

大海彩洋 さんへ 

こんばんは。
そう、このネームを描く前段階で、どんなコマ割りで表現しようかと、すごく考えます。
ドラマやアニメの感覚で場面展開させて・・・。なんて書くと大げさなんですが。
どこを端折るか、どこをどの角度で見せるかを、すごく考えてしまって。
そんな時間も合わせると、こんなお遊び漫画でも、けっこう時間がかかってしまって^^
だけど、楽しい時間です。

なんで楽しいのか考えて、思ったんです。
私が必死になるのはやっぱり小説で、漫画やイラストは、本当に楽しみで、息抜きなんだなあ~って。
だから、「へたくそ~」とか、「こんなん読めねーよ」とか言われても「ですよね~」って笑えて。

でもやっぱり小説は、「前書いたものよりはマシになっていたい」なんておもって、力が入ってしまうんですよね。なんでしょうねえ・・・。
でもまあ、お遊び漫画で力を入れてしまって腱鞘炎になるのは馬鹿っぽいです^^;

え?ノスタルジーなんですか! 花郁悠紀子さんは知らなくて、読んだことがなかったのですが、その「アナスタシアとおとなり」というのを検索してびっくり。ほんとうだ、設定がにてる~。(なんて言ったらおこがましいですよね><)でも楽しそうなお話です。
私の場合はこの白猫視点ですが、やっぱりお隣で巻き起こるファンタジーって、わくわくしますよね^^
私のは本当に漫画と言えるほどのモノでもないんですが、いっしょに作者の楽しみに、付き合ってもらえたらうれしいです^^

けいさんへ 

はい。
博士とミーナのフルネームです。
無国籍漫画なんだけど、やっぱり博士は和名がいいなあと思ってしまって。
でも、気が付いたんですが。。。
博士を本名で呼ぶ人が存在しないじゃない!!! いつか、博士の彼女でも登場させちゃおうかしら^^
ミーナとバトル、とか(笑)(猫、かんけいない??)

はい、そんなどうでもいいホンワカした笑いを、毎回お届けできたらいいなと思います。
シリアスな謎も、どんでん返しもまるでないコメディーです。
えへへ。うれしいなあ~。じゃあけいさんにも、作者のベタだ萌えキュンにお付き合いいただきましょう~。
「きゃあ、limeさん何描いてんの」ってな感じの、おバカな展開になっても、許してね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

水をかぶれば猫になり、お湯をかぶれば人間になるとか(笑)

20世紀は遠くなりにけり……。

鍵コメHebさんへ 

Hさんのネームも見て見たいなあ~。
漫画家さんって、まず最初にネームを編集者さんに見せてOKをもらうと言いますし、完成を予想させるものの方がいいのでしょうねえ。
ああ~、憧れの漫画家さんのネームがみてみたい><

小説の書き方がそれぞれなように、漫画の描き方もきっとそれぞれなので、Hさんも自信をもってやってください。
私なんて漫画家のまの字にも行っていないので、参考にするにはへぼすぎますし。
あ、でも幼い子の作画が気に入ってもらえたならうれしいです。
漫画って、技術よりもまずは好みですもん。
すごく人気の漫画でも、好みじゃなかったらやっぱり読めませんから。
幼い子のふっくら感、大好きです^^
細い子も、それはそれで好きですが(幼けりゃなんでもいいって??)

アニメの原画集はいいですね。
私もtoi8さんの原画がだいすきだったので、よく買いました。
あの作画力は本当に参考になります。
少年漫画家の力量って本当にすごい。
小説は、男が書いたのか女が書いたのかが分かりにくいけど、漫画は一発で分かってしまうのが不思議です。
いい部分をどんどん吸い込んで、腕を上げて行ってください^^

エンドカード、・・・うふふ。

ポール・ブリッツさんへ 

> 水をかぶれば猫になり、お湯をかぶれば人間になるとか(笑)

そうそう、はじめはそうしようと思ったんですが、それじゃあこの子、お風呂に入れないなあとおもったんです。
(あ、ずっとお湯風呂ならいいのか)
雨にぬれるたびに男の子になるのも面白いし。(でもいきなりすっぽんぽんだと、きゃーな感じだし)

いや、そんなの別になんだっていいんですよね^^ ファンタジーだし。
思えば変身ものって憧れでした。
ひみつのアッこちゃんとか、幼稚園の時見てたなあ。
キューティーハニーの変身シーンも好きだった(笑)
プリキュアも変身ものでしたっけ。
あ。こんどこのテーマで雑記書こうかな^^


こんばんは。 

うおう!ミーナ・カトラス、いいですね。可愛いし、名前も素敵です。カトラスって、いいなぁ。どういういわれがあるんだろう?
もちろん、“ぼく”も“博士”もいいんですが、サキはすこ~し変わっていますから。大学の植物生理学研究室の講師って面白く展開しそうな設定ですね。
あ、そうそう、サキはネームを書きませんでした。ページの始めから一コマづつ区切ってから、絵を描き込んでいってました。こんなんじゃ、永遠に完成しないんでしょうね。下手ということが一番の原因でしょうが、こういうこともあってよけいに書けなかったんだろうな、と思います。

山西 サキ さんへ 

おはようございます。
ミーナの名前、気に入ってもらえてうれしいです。えへ、これはもう響きだけで決めました。
無国籍漫画なので、どこの国とかそんなのは無いですし。
博士の名前はそんなに出てこないんだけど、ミーナの家は、「おとなりのカトラスさん家」とか言った感じで、よく出てくるはずなので設定しました。
ヒロインがミーナしかいないんで、もうちょっと可愛く描いて行こうかなとおもっています^^サキさんに気に入ってもらえるといいんだけど、めちゃくちゃ妙な子なので心配。

そうそう、博士の専門の植物学は、このお話にも大きくかかわってきますので、そこに触れてもらえたのもうれしいです。
とにかくハチャメチャ気ままファンタジーです^^

あ、そうなんですね。サキさんも漫画を描かれていたんですもんね。
そういえば、中学生のときに友達と漫画を合作しようか、なんていって落書きしていたころは、そんなかんじで一ページずつコマを埋めて行っていました。
でも結局最後まで描きあがらなくて。
小説はいきなりPCに書きはじめるというのが可能ですが、やっぱり漫画はラストまでの設計図が必要みたいです。
投稿漫画は16ページ以内に描き上げなければいけないので、すごく緻密な計算が必要だったので、今でもその癖が抜けていないみたいです。
ああ~、いつかサキさんの漫画も、見てみたいなあ~。

腱鞘炎、くれぐれもお大事に~~!!! 

3ぴきとも可愛いですね~~o(^^*)ov-238
そっか~~博士27歳だったんだ~~
でもって、日系?でどこか知らない国に暮らしてるのねーー!!
歳の離れた弟が気になるわあ~~!!!(笑)

ネームは私も一応描いてたかなあ~~~
字でも絵でも本番じゃないと乗り気にならないタイプだから
ほとんど吹き出しのみだった様な(^0^;;)\
確か、普通のノートに描いてたと思いますけど
大昔過ぎて忘れました(爆)

かじぺたさんへ 

こんばんは~^^
3びき、かわいいですか!うれしいなあ。
もう漫画の中だけは、悪い奴いなくて可愛いものづくしで行こうと思っています。(小説がねえ、いろいろ酷いから)
そう、博士は日系さんみたいですね。でも無国籍ファンタジーなので、どこにもない架空の国なんです^^
でもなんとなく、和の感じの名前が好きで。
歳の離れた弟くんと二人暮らしだったんだけどねえ・・・。弟のことは、次回ちょこっとだけ語られるかな? 

あ!そうか、かじぺたさんもネーム描いたんですね。
これって、きっと大なり小なりみんな描くんでしょうね。そうそう、プロの方も吹き出しのみ、っていう方、多いみたいです。
私も落書き漫画だけど、中学校の時友達と描いたなあ。
やっぱり普通のノートでした^^
なつかしいなあ。

NoTitle 

私も小説のあとがきみたいなものは残しますね。
そういうのも含めての作品ですからね。
う~~む、しかし絵を描くのは大変だ。
私には絵と文章の両立はできん。。。。
( 一一)

NoTitle 

おおー、こういう風にネームを描かれているんですね~。
自分は漫画は描きませんが、
こんな感じから徐々に出来上がっていと思うと見ていてワクワクします♪
本当にネームも色々な描き方がありますもんね~。
棒人間だけとか凄い描き込まれていたりとか、
仰る通り、本当に性格が出ていますよね。

登場人物の紹介も来ましたね^^
それにしても、”ぼく”の名前は気になりますねー。
どんな名前なのか気になります|・ω・`)

LandM さんへ 

これはたぶん、始まる前のCM的人物紹介ですね。
そもそも、終わりがあるのか分からないので、後書きが書けない(笑)
絵を描くのは時間がかかるし大変だけど、いい息抜きになります。
作者の息抜きに付きあわせてる感じですが。
LandMさんには、いい絵師さんが付いているので、それはとてもうらやましいですね。
あんなにうまく描けたら仕事にするのに・・・。

ツバサさんへ 

おはようございます。
そうなんです。まあ、単なるメモ書きみたいなんですけど^^
でも、これが無いと100%漫画は描けないですね。
ページ送りとかの設計図でもありますし。
いろんな漫画家さんのネームを見ましたが、本当に吹き出しだけだったり、本番みたいに書き込まれていたり、様々です。
書き込み過ぎたら、時間かかっちゃうのになあと、余計な心配(笑)

はい、博士なんて、名前を呼ばれることはほとんどないのに、設定しておきました。
白猫くんの名前は、次回に発表です^^
可愛い名前にしておきました。

いいないいな 

私の人生の中にはいつも、身近に漫画を描く友人がいます。
そのおかげで漫画原稿も見せてもらったことがありまして、なんだかなつかしい気がします。
今も漫画家志望だった若い女性の知人はいるのですが、最近は漫画を描く時間がないそうで。

ミーナは「私を月まで連れてって」のニナを思い出させるキャラでもありますが(ハウスキーパーの名前は、お八重さんでしょ(^o^)?)、limeさんの分身でもあるんですよね、きっと。

あ、そうそう。
先日はリクくんが「バケモノ!!」と叫んだなんて読み間違いをして、大変失礼しました。
リクくんがそんなことを言うはずがないと、あとになって考えたらそうなのですが、あのときはなぜか誤読してしまいました。
自分でも不思議です。

あの続き、これから読ませていただきますね。

あかねさんへ 

あかねさんの友達、漫画を描かれる方が多いんですね~。私はそれがうらやましいです。
小説も漫画も、身近に書く人が居なくて、とても寂しいです。
だからネット上でこうやって盛り上がれてすごくうれしい^^
やっぱりこの時代に感謝です。

ああ、そっか。そう言われて改めて、ミーナってニナっぽいんだなと気づきました。
どこかにあのお話への憧れがあったのかも。
まあ、ニナみたいに何でもできるわけじゃないし、ただのお転婆生意気少女なんですけど^^
そして、私の分身かなあ。
そうそう。ハウスキーパーさんは、お八重さんでしたね。
あえて家政婦さんと言わないところがやっぱりあのお話の影響ですね。
ただ主人公が猫だというとこは、大きな違いかな。
でも、この「ありがち」なメンツで頑張っていきたいと思います(あ、がんばらずにゆるゆるで)

それから、前の奈津美のセリフの件は、私の書き方も悪かったかも。
補足してもう一行増やしました。
あのお話は、今回のを含めてあと3話です。
こちらも、ほとんど自分の趣味で楽しんで書いています^^
またよかったら読んでみてくださいね♪

拍手鍵コメNさんへ 

おはようございます。
えへへ、本当に自分の息抜きのために楽しんで描いてる感じの、のんびり漫画なんですが、やっぱり手を使うからプチ腱鞘炎です><
ペンタブって、力は行っちゃうんです、なんだか。

でものんびり楽しんでくださったら嬉しいです。
ぼくにゃんこ、わたし好みに仕上げますので、笑ってやってください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【緋色幻想 第15話 扉と境界】へ
  • 【緋色幻想 第16話 渾身と長谷川の無意識】へ