★不定期連載マンガ★      『博士と ぼくと さめない夢』

(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』その2

 ←緋色幻想 第14話 断罪の森 →緋色幻想 第15話 扉と境界
では、「ぼく夢」その2の更新です~。
あれからもう一か月が経っちゃったんですね・・・。
この漫画用に、新カテゴリーを作りましたので、ちょっと見やすくなるかな?

漫画って思いのほか時間がかかるので、小説の方が全然進まないんですが。でもやっぱり月一で描きたいな。どっちものんびり更新になりますが、どうか待っててくださいね♪

さあ、第2話は6ページ。
実はこれが、作者の趣味の萌えマンガだと読者様に気づかせてしまう、第2話です!

お許しを!!!



ぼく夢2-1


ぼく夢2-2


ぼく夢2-3


ぼく夢2-4


ぼく夢2-5


ぼく夢2-6



うん! なにも突っ込まない博士(笑)

いやいやいや、だから言ったじゃないですか(≧Д≦) 作者のお遊び漫画だって~~。
猫を出せ~~の声が至る所から聞こえてくるのは気のせいかなあ・・・(´゚∀゚`;)

でも大丈夫。この子は(何かしらのきっかけで)猫に戻りますから、また猫漫画になります^^
ゆるゆると、お付き合いくださいね。

今回はちょっと時間をかけて、すこしだけ丁寧に描いてみました。
一話の作画がひどかったもんで。
ミーナも、もうちょっとかわいい子に描けたかな?
この子はいろいろ激しいので、描いてて楽しいです。(服が変わっているのは、きっと汚れたのがいやで、着替えて来たんでしょう。お隣の家の子ですから)

思いっきりファンタジーなので、日本でも現代でもない、どこか・・・という設定です。
博士の事も、この猫の事もゆっくりじわじわ設定していきますね。(まだなの??)

では、また一か月後にお会いしましょう♡




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【緋色幻想 第14話 断罪の森】へ
  • 【緋色幻想 第15話 扉と境界】へ

~ Comment ~

NoTitle 

わ^^ 家族が一人増えたみたい^^
猫耳少年、かわいい~^^
どんな名まえを付けてあげるのかな~

けど、どうして博士のおうちに来たのかな?
それまではどこにいたのかな。
僕の夢って・・・

博士の事情とか、ミーナちゃんのこととか、他にもいろいろ気になりますが、一ヵ月後なんですかあ・・・
ふふ。一ヶ月なんて、すぐなのさ。ね。

わぁ 

可愛いなあ~。漫画ってやっぱりいいなぁ。イメージも広がるし、可愛さを全開に見せることができる!
えっと、確かに、前回よりもミーナが魅力的に感じられました。年々難解に……にかなり笑えました(*^_^*) そうなのよ、博士、女の子はね、あれこれ複雑なのだ~
博士はなるほど、突っ込みなく受け入れちゃいましたね。なんだか、鶴の恩返しならぬ、猫の恩返しみたいな雰囲気も漂う変身シーン。まさかの水に濡れたら人間になるってわけでもないでしょうから、えっと、この秘密、楽しみにしておこうっと。
うぅ。私もマコトを漫画にしたかった……(;_:) 才能がないって、侘しいわぁ。

NoTitle 

その2来ましたね~、待っていました^^

猫って本当にお風呂で洗われるのを嫌がりますよね(笑)
小さい頃に猫を飼っていましたが、
お風呂の時はもう凄いニャーニャー鳴いて嫌がっていました(´∀`;)

それにしても、白猫が少年になってしまいましたねΣ(・ω・ノ)ノ
人になれる訳とか、僕の夢とか色々と気になりますが、
続きを楽しみにしてますね~。

けいさんへ 

こんばんは。
はい、家族が一匹増えましたね^^
といっても博士はひとり暮らしなので、初めての家族かな?
(ミーナはお隣の子)
猫耳君、かわいいですか! うれしいなあ。なんか無性に猫耳君が描きたくなって。
最近、マコト猫を猫耳化させてたら、なんか病みつきに・・・。
そうですね、ノラちゃんなので、名前を付けてあげましょうね、次回。

うん、なんで博士の家にきたんでしょうね。
良い匂いでも嗅ぎ付けたかな?(決めてないなんて、口が裂けても言えない)
この漫画の怖いところは、次の設定を一か月の間に決めるという事です。
小説でできないことを、漫画でやってみるチャレンジ♪

いちおう博士の事は、ぼんやり決めているんですが、まあファンタジーですので何でもありという事で^^
とにかく、子猫漫画を見る気持ちで、ゆるーく眺めてやってくださいね。
次回は一か月後。
そう! 一か月ってあっという間なんですよね。(だから一年もあっという間で・・・涙)

大海彩洋 さんへ 

わあ~い、かわいいですか! うれしいなあ>< 
なんで猫耳少年化するのよ!と、ツッコまれないかとひやひや。
(あ、でもみんな優しいから言わないでくれるのかな)
猫耳マコトを描いてから、なんか猫耳好きになっちゃって。
でも、茶トラの猫耳君だったら毛は何色?とか思ったら、やっぱり白猫くんがいいや!と(そんな理由?)

折角女の子も出すんだから、可愛いほうがいいかな?とおもってミーナも頑張ってみましたが、いかんせん妙なテンションの子なので、あれがギリギリです><
設定は7歳。そうそう、ここからますます難解になっていくんですよね~、女の子。

とにかく、あの博士はミーナに鍛えられてますから、ツッコミはぜんぶ飲み込んで消化しちゃいます。
そもそも、この世界は「まあ、何が起きてもおかしくない」世界なんだと思いますよ。←ずるい。

実はこのお話、行き当たりばったりで考える方向性なので、細かい設定は決めていないんです。
さあ、この白猫くん、なんで変身しちゃったのか。(水じゃあ、ありえないって・・・・・はははは)←青くなるlime。
こんなペースで進むので、白猫くんの秘密が分かるまでに一年かかるかもしれませんが、そんなことより(w)博士とミーナと猫君の、ほんわかコメディを楽しんで頂けたらうれしいな~~なんて。
小説の方が、重いのばっかりになりそうなので、お詫びのつもりです><

マコト漫画、私も読みたい~~。大海さん、4コマとかどうですか! 4コマならいけますよ!
私がもっと猫ちゃんをうまくサラサラッと描けたらなあ。猫がこんなに難しいものだとは。描いてみてやっとわかりました。
猫耳少年の方がよっぽど描きやすいの^^←いいわけか?

NoTitle 

 こんばんは。
おおっーーー 野良ネコをお風呂に… 凄い大仕事ですよね。
猫って 初めは全力で暴れて拒否するのに そのうち 悟りの境地になってしまって されるがままになったり…
うんうん 誰の言葉だったかなぁーーー 大人とは 小さな子供ともしっかり話が出来る事って 博士 いい奴だなぁ。
さめない夢かぁ… どっちにもとれるからなぁ 叶ってしまったから さめないのか それとも 叶う事がないからさめないのか…
一か月後 丁度梅雨の頃ですね 楽しみに待ってます。

ツバサさんへ 

こんばんは~。
2を待っていてくださって、うれしいです! 描いた甲斐がありました。

そうそう、猫って本当に、死にそうな声を出して暴れますよね。
ひっかき傷だらけになって洗ってやった記憶があります。(ほとんど洗わない主義なんですが)
ツバサさんも、猫を洗ってやったんですねえ、昔。貴重な体験です^^

そして・・・ごめんなさい~。せめて猫耳少女だったら、もっと可愛かったかもしれないんですが。
なんか猫耳少女は、危険な区域に突入しそうで(何を言う)
ほら、変身したらまっぱなんでね(爆)

もう、お気楽ファンタジーなので、リアルな謎とかは無くて、「え? そんな理由?」程度な訳なんですが。
じわじわ明かされていきますので、また見に来て下さいね。(月一更新ですw)

ウゾさんへ 

こんばんは~。
はい! 大仕事でした>< なにしろ、ドドメ色になっちゃってましたから。草の汁ってなかなか取れないんですよね。
もう石鹸つけてごしごしするから、猫君暴れ倒しました(笑)
頭からシャワーは絶対に無理ですよね。
ああでも、ある程度洗い続けたら観念するのかもしれませんね。もう、「好きにしろバカヤロー」的な・・・w
うう、ねこ飼いたい(涙)

おおおお。うん、そうですよね。
小さな子供とちゃんと話ができる人って、本当の意味で大人ですよね。うん、名言です。
博士はちゃんと真剣に聞いてあげるし、はぐらかさないです。(でもよくミーナに叱られてるけど)

醒めない夢。
うーん、どうなんでしょうね。ここにいる彼らがみんな夢、幻・・・という意味だったら切ないけど。
でも、優しく楽しいファンタジーに描いていけたらいいな、なんて思います。
ああ~、そうですよね。ジメジメの梅雨が来ますね>< 梅雨、嫌いだ~~。

KYAHAHA 

いやぁ、私はこの展開、嬉しいです。
最高です。

「えええ? 男の子? やだぁ、女の子がいい~!!」
「うるさい、ユキ、黙れ」
「だってだって、女の子がいいよぉ。入浴シーンだって女の子のほうが……女の子ぉ」
「猫耳少女の話は私が書いてあげるから、ユキはおうちに帰りなさいね」
「ちぇ……」

と、ユキと会話をして帰らせましたが。

時々猫になり、時々人間みたいになる、白にゃんこ少年。いいですねぇ。
これって地球上のお話ではないのでしたっけ?
いずれにしても、今後の展開を楽しみにしています。

かわいいから 

こんばんは。

猫でも猫耳少年でもどっちでもOKですとも。
でも、博士もミーナも腹が据わっていていいなあ。
こういう所に来たら、白猫くんもひと安心でしたね。

一ヶ月って、本当にあっという間ですよね。
このままでは、すぐにクリスマスになってしまう!

でも、次の回も楽しみですから、limeさんちの時間は早く過ぎるといいな。

きゃーーー\(≧∀≦)/ 

YATTA!!!
そっか、そっか、そうなるか~~~!!!
いやあ、limeさんの描くボクネコなんだから
こうなるのを期待してても良さそうなもんですけど
全然、予測してませんでした!!\(≧∀≦)/
嬉しい裏切りですわあ~~~!!!!
そっか、そっか~~~!!!!!
しかも、とびきり可愛いねこ耳ボクにゃん(^∀^*)v-238

私ね、昔から時々マンガ誌に載る読み切りの
ファンタジー系のほのぼのするような漫画が好きで
そういうの見つけると、とっても嬉しい気持ちになったりするんですよね~
ふふふふふ、見・つ・け・た!!!!!

次回も楽しみだにゃ~~~o(≧∀≦)o

あかねさんへ 

よかった~、あかねさんにも気に入ってもらえて^^
猫が出て来る番組とか本は人気が出るって何かに書いてあったんだけど、猫耳はないよな・・・と^^;
一安心。

ああ~、そっか、ユキちゃんはやっぱり女の子の猫耳がいいのよね!うん、そりゃそうだ。
でもほら、この猫、変身するときはすっぽんぽんだから、女の子だったらイヤ~ンな感じになっちゃうしね。(作者的にはそれもウフフなんだけど←ヤバい)
猫耳少女はあかねさんがきっと書いてくれるよ、うん。

そうなんです、時々猫、時々猫耳少年・・・。あれ? どっちが本当の姿なんだろう。
この舞台は地球上の、どこか、という設定なので、日本ではないみたいなんだけど、なんか和洋折衷な感じですね^^;。
月一だから、1年経っても何の進展も無さそうだけど、ゆるゆるっと描いて行こうと思います♪

八少女 夕 さんへ 

おはようございます!
猫耳、だいじょうぶですね!? よかった^^
なんだ、猫耳かあ~~、萌え系かあ~~と笑われるなあと思いつつも、描いちゃいました。えへ。
博士もミーナも、なんかちょっとどこかずれてる感じが、作者も気に入っています。
あとはこのぽよよん猫を、どう描くか・・・。

一か月って早いですよね~。
だから一年なんてあっという間ですよ><

幸い(?)この物語には四季もないので、ずっと心地よい初夏。(夏服の方が描きやすいもん)
小説では絶対に書けない、程よいいい加減さを楽しんで描いて行こうと思っています。

ええ~~、うちの時間だけ早く進むと、早く老けちゃうな~~><

かじぺたさんへ 2 

やった!かじぺたさんにも喜んでもらえた~~。
えへへ。実は猫耳くん漫画でした!!
猫のままじゃ、なかなかストーリー展開させにくくって。
でも本当は、猫耳君が描きたくて描きはじめた漫画だったり・・・。

バレバレかなあと思っていたんですが、予想してなかったですか!? きゃ~、うれしい。
猫が巷で人気なのは分かっていましたが、さて猫耳ぼくにゃんは、どうなんだろうと心配でした。
だけど、喜んでもらえてよかった~~。

はい、この後は、いろんな謎は置いといて、ただひたすら可愛くてハートフルなこの二人と一匹の日常のやり取りが展開される予定です。
クスッと笑ってもらえたらいいなあ~。
そして、きっとこの調子じゃあ、何年かかっても完結しないな(笑)

あ、私もそんな短編ファンタジー、大好きでした。
坂田靖子さんとか、そんなのんびりファンタジー。

小説の方の新作がきっと重いものになるので、お詫びのつもりで描いて行きますね^^
ほんわかファンタジーです♪

NoTitle 

いいなあこういう世界……(^^)

うちのブログが最近見失っているものだからなあ(^^;)

とりあえずわたしも書いているものにひとくぎりつけて、ほんわかショートショートで気持ちをリセットしたいところでありますが……どうしてあと15枚が書けないのだ。とほほ(愚痴(^^;;))

ポール・ブリッツさんへ 

いやあ、こんな展開で申し訳ないです。
でも、なんかこんな緩いのも、たまにはいいかなあ~なんて。
すごい謎も、驚きの展開もなく、何が起きても受け入れちゃう大らかメンバーのお話です。

小説ではこんなファンタジー、なかなか書けないですもんね^^
漫画って、このお気楽さがいいです。

ポールさんのブログはしばらくホラー続きでしたもんね。
(ホラーが書けるのは、すごくうらやましい限りなんですが。)
ほんわかSSも、このあとどうですか?
待ってます!
(ん? 15枚って、何の規定なのかな?)

NoTitle 

あと15枚で「夢鬼人」が結末を迎えるはずなんですが、最後の締めで手間取って……。

三巻目の最終決戦に向かって、そろそろけりをつけたいのであります。

まあやることは、これまでの伏線をまとめて、「次に持っていく」ことだけなんですけどねえ。15枚がなぜ書けぬ(^^;)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポール・ブリッツさんへ 

ああ~、そうか。失礼しました。「夢鬼人」の事だったんですね。
大詰めの段階だったのですね。
でもあと15枚で仕上がるという計算までできているところがすごいです。
考えてみたら、枚数で換算するという事を、まったくやってきていないので、ピンと来ないのです。
一枚って・・・何文字なんだっけ(><)
でもどうか、ラストスパート頑張ってください!

鍵コメHebさんへ 

わあ、そうですか? 
私はてっきり、「ぜったいこいつ、そっちにもっていくぞ」って、バレバレなんだとばかり。
でも、「え、猫じゃないの?」ってガッカリされるのもつらいなあ・・とか。
えへへ。服の描き方とか、すごく適当でしょ?^^ でもこれくらいがアマチュアコメディ漫画ではちょうどいいかな~って。
でも最近は同人誌のクオリティが半端ないですもんね。
どうしてこの人たち、プロじゃないんだろうって、そんなことばかり思います。
漫画の世界も小説の世界も、プロになるのは厳しいんでしょうね。
ふふ、猫耳ミニスカ少女は、やっぱりちょっと色もの目線で見ちゃいますもんね^^
男の子にゃんこは、ほら、健全でしょう?(なんちゃって肉食色物作者)

ネームまとめ記事、参考になって良かったです。
漫画家さんによって、こんなにいろいろなんですね。
小説家さんだって、ものすごく精密に下書きを書く人から、いきなりPCで打ち始める人まで、いろいろですもんね。
でも完璧なネームを作ってから書くのがやっぱり一番安心かなあ。
何にしても、楽しみながらやるのが一番ですよね^^
がんばってください!

こんばんは~ 

あぁ~。コミックで表現できるってやっぱり良いなぁ。
猫が少年に変わるシーン、文章じゃなかなか表現しにくいですよ。
この感じ・・・絵の持つ力って凄いです。ミーナの顔、動作、一瞬で伝わりますもの。
そしてミーナと博士の会話も素敵です。特にミーナの言い回しが良いです。
時々猫じゃなくなる白猫くん・・・可愛い。

山西 サキさんへ 

おはようございます。
あ、そういわれれば。この猫の変化シーンを文章だけで簡潔に表現するのはちょっとむずかしいのかもしれませんね。
神様視点にさせておいて、横からミーナのセリフをかぶせるか・・・。
漫画は、いろんな説明を一気に省いてしまえるし、こんなとんでもない展開でも「アリかな」と思わせてしまう(笑)
その分、「漫画みたいな展開だな」って揶揄される対象でもあるんですが^^

どちらも書いていると、この二つの役割の違いって、すごく見えてきます。・・・あ、話がずれていっちゃった。

わあ~い、ミーナと博士のやりとり、注目してくださってうれしいです。
ここ、一番楽しみながら書いたんです。ミーナ、なかなかパワフル少女です。
ときどき変化する白猫くんのことも、どうぞよろしくお願いします^^

NoTitle 

なぜ洗うとヒト型になるのだ・・・。
・・・という突っ込みは野暮なので。
可愛い猫から可愛い少年?になりましたね。
それはそれで可愛い。
(*^-^*)

LandMさんへ 

うーん、さあ、洗うと猫耳君になってしまうのかどうかは、まだわからないんですが。
なんにしても、変身ものって娯楽の最たるものですよね(そうなの?)

どうせ漫画なのだし、おもいきりいろいろ試して、楽しんでみます♪
可愛いって言ってもらえてよかったです。

拍手鍵コメNさんへ 

猫君のプギャー、かわいかったですか!!(笑)
猫の時はすごく野生ですよねww
でも変身しちゃったら、かなりおとなしそうなぼくにゃんです^^
きゃーー、Nさん、描いて描いて。
猫耳ぼくにゃん^^

さてこの子をどう料理しましょ 

女の子とのラブロマンスが有るんでせぅか。
とりあえずお風呂に入れると少年になるのですな。水をかけると戻るのかのう。

NoTitle 

来てみたら2話がUPされてた!
なんと可愛い男の子!
うちも白猫飼ってるのですが、洗ったらこんな可愛い男の子に変身してくれないかなぁー無理だよなぁ・・(´・ω・`)ショボーン

漫画描くの時間かかりますよね……。でも、絵も綺麗だし、背景もしっかり描かれててすごいと思います( ´∀`)bグッ!limeさんの優しい雰囲気が出ていて読んでてほっこりします(*´ェ`*)

小説の方も読みたいのですが、何がいいかなぁ。ラビットドットコムのような軽い感じのは他にもありますか??

miss.keyさんへ 

こんばんは~。
このミーナとのラブロマンスはなさそうですね~。だってこのミーナは、博士の事が好きなんですもん^^
弟が出来た感じかな?

でも、そうそう、変身猫なので、そのうち猫に・・・。
さて、この猫、なんで変身しちゃったんでしょうね。それをこの後探っていきます。
水にするか、お湯にするか、それとも・・・。

たおるさんへ 

たおるさん、こんばんは~。
おお、たおるさんちにも白猫ちゃんがいるのですか!!いいなあ~~。
私は黒猫は飼ってたんですが、白猫はなくって。

洗うと男の子になっちゃうって、うひゃ!ですね^^(あぶない作者)
まだ、何がきっかけで変身しちゃうのかとか、どうやって戻るのかは思案中なんですが、ときどき男の子っていいなあ。変身したらすっぽんぽんなので、女の子はNGなんですが(危ない作者)
でも、変身しても「にゃ~ん」とかしかしゃべれなかったら・・・・・まあ、それはそれでアリか(笑)

そう、本当はがんがん続きを描きたいけど、そうすると小説が書けなくなっちゃうし、いちおう小説ブログだし><
こうやって、月一が精いっぱいです。
お!絵がすこしきれいになりました? 前回がひどかったので、ちょっとがんばりました。次はもっと線をきれいに書こう~。

小説の方は、どうも重いものが多くて申し訳ないです。
あ、でも処女作の「白昼夢」は、携帯小説並に文字数が少なくて、読みやすいかも。
もしよかったら、覗いて見てください^^
生まれて初めて「なんとなく」書きはじめたお話です。

 

一話のミーナちゃんに続き
博士も猫の扱いひどい(笑)
博士×ミーナの言葉のやりとりが
面白いですよね^ ^
今後も楽しみ♫
人間化全然OKですわ( ^ω^ )
シュバッて(笑)


ななおんさんへ2 

こちらにもありがとうございます!

はははは。 博士も猫の扱い、酷かったですね(笑)
ダメだこの人たち、猫飼ったことないww
でも安心してください。
猫耳君になったら、ちょっと人間扱いしてくれます。(博士はね)
そして猫に戻ったら、また雑な扱いになるという・・・w

博士とミーナ、このあとも少し噛み合わないトークを繰り広げてくれるはずです。
意外とこの博士、要注意人物かも。

人間化、OKですね! やった!うれしいです!!
これからは、猫3割、人間7割くらいで行くと思うので、また思い出したら覗いて見てください^^
(月一だけどw)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【緋色幻想 第14話 断罪の森】へ
  • 【緋色幻想 第15話 扉と境界】へ