緋色幻想(RIKU・番外)

緋色幻想 第14話 断罪の森

 ←(雑記)わーい『秘密-THE TOP SECRET』実写映画化 →(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』その2
日暮れまでに山を往復するならば、ゆっくりしてはいられない。
奈津美は来た道を足早に引き返した。
先ほど飛び出したログハウス調の一軒家まで戻ると、木製の玄関ドアに所在なくもたれるリクを認め、奈津美は心の中でニンマリした。
電話で返事は無かったが、了解して奈津美を外で待っていてくれたのだろう、と。
奈津美をすっかり受け入れてくれた青年に対する好感が、じんわりと増してくる。

砂利を踏んで音を立てた奈津美と、リクの視線が合う。
「待っててくれたのね。これからすぐに、一緒に行ってくれる?」
そう訊くと、青年はしばらく真っ直ぐ奈津美を見つめた後、少しばかり首を傾げた。
まるで聞きなれない人間の言葉を聞き取ろうとする、垂れ耳の犬のような仕草だ。

「鷹ノ巣山の廃村よ。あなたそこであやのを見たって言ったでしょ? 私が16年前の夏に行ったあの場所かどうか、確かめたいし。一人じゃあ山道は心細いのよ。一緒に行ってくれるわよね。電話でそう伝えたでしょ? だから待っててくれたのよね、家の前で」

少しイラッとしながら、もう一度念を押すように奈津美が言うと、リクはまるで今始めてそれを聞くような目の動きをしたが、やがて笑って頷いた。
ルックスは神がかり的に完璧なのに、どこか野山にいる草食動物を思わせる。変わった男だ。
奈津美は小さく息を吐いて、リクの腕を掴んだ。

山に入る道を歩く間、二人とも終始無言だった。
奈津美としては、16年前の自分の行動が記憶に合致しているのかを確かめたい気持ち半分、そしてこの画家と密やかな森の散策をしてみたいという気持ちが半分だった。
では、いったいこの青年は何を思い、今この山道を歩いているのだろう。
普段はあまり他人を気に掛けない奈津美だったが、感情の起伏を感じ取れないこの青年の横顔を、歩きながらそっと盗み見る。

道はなだらかだったが、少しずつ標高は上がり、どこからか沢の水音も聞こえる。
単なる山道では無く、渓谷沿いの道なのだと思い出す。
そういえば始めてあやのとあの廃村を見つけたとき、「こんな不便で危ない場所に家を建てるなんて信じられないよね」と笑いあったのを覚えている。

13歳の奈津美は心臓の弱いあやの手を引っ張るようにしてこの山に連れてきたのだった。
握った手指の細さ、柔らかさ、白い肌、すぐに弾んでしまう息づかいが艶めかしくて、半ばうっとりと楽しみながら奈津美はあやのを導いた。
なんでも言うことを聞く私だけのお人形。あやののことを、そんな目で見ていたことが思い出される。
そこまでは鮮明に思い出される。しかし。

二度目に来た時、そこにあやのは一緒にいたのだろうか。あり得ないはずなのに、否と言えない自分が恐ろしかった。

「ミサキさんは、幽霊とかお化けとか、信じるタイプの人なのね」
黙っていることが退屈になって、奈津美は口を開いた。話題は何でもよかった。
「私、そういう話をする人って胡散臭くって嫌いなんだけど、なんだろうな、ミサキさんの話は素直に聞けるのよね。本当にそうなのかもしれないって思えてくる。そう思ったほうが、すべてがしっくり来るっていうのもあるけど」

リクは足を止めず、表情も変えずに奈津美をちらりと見てきた。
「信じる信じないは奈津美さんの自由です。僕はただ、事実を話しているだけだから」
「そうね。信じてあげても良いわよ。あなたは16年前に行方不明になって死んだあやのの幽霊に出合って、その絵を描いた。うん、悪くないわ」
自分でも半信半疑な気持ちを弄びながら、奈津美は言った。
隣でリクが小さく笑ったのが少し気にくわなかった。

「でもね、あなたが幽霊に出会った場所が何であの廃村なのかが気になってる。だってそれってまるで、16年前にあの場所であやのが死んでしまったって言ってるように聞こえるから。16年前、あやのが居なくなった日、私は確かにここに来た。でも、一人だった」

「だけど奈津美さん、それも半信半疑なんでしょ? だからそれを確かめたくて今、この道を歩いている」
「あなたが疑ってるように思えたから。あやのの幽霊に何を聞いたのかしらないけど」
リクは歩く速度を変えずに、静かに笑った。
「残念ながら、なにも。彼らはこちらが聞きたい情報を教えてくれるほど親切ではありません」
「不便ね。……ねえ、もしもあやのの遺体が廃屋のどこからか出てきたら、どうする?」

その質問はスルーされて、奈津美は少しばかり苛立った。
「私を警察に突き出す?」
「奈津美さんを?」
「16年前の私の罪として」
「罪を犯したんですか」
「そう思ってるんでしょ? こうやってついてきてくれるのも、それが知りたいからでしょ? あやのの幽霊がいるにしても、いないにしても」
「さあ。僕は過去の事は分からないから」
「そうよね。幽霊に聞いたとか言ったら、頭が可笑しいとか思われちゃうもんね。なんかちょっと安心した」
本当は安心などではない、半信半疑の靄に包まれたまま、結論の導き出せない言葉のやり取りを続けながら、奈津美はリクと共に森の奥深くへ分け入っていった。

「あやのの幽霊は、本当にあの浴衣を着ていたの?」
どこかで常に水音が響く。緑が濃くなっていく。

「鮮やかな色でした。誰かを待ってるように廃屋のそばに佇んでいました」
「でもそれって変よね。あの桔梗柄の赤い浴衣は、あやのに貰って、私がずっと持っていたのよ。あやのが袖を通したのは一回きりなのに。化けて出たあやのが浴衣に執着してたなんて思えない」

そうだ。あやのの部屋で、神聖な儀式のようにその白い裸体に羽織ってやった。
自分が何をされても頬を染め、恥ずかしさに耐えていた無垢なあやのが可愛くて抱きしめた。
か弱いこの個体は隅々まで自分の物になるのだという予感に満たされていた数ヶ月間が、じんわりと奈津美の脳裏に蘇り、懐かしい疼きに変った。

「あなたを待っていたんだと思う」
答えになっていない言葉を、ミサキ・リクはポツリとつぶやいた。
「え?」
「あなたをずっと。この森で。冷たく暗い場所で動けなくなっているイメージが、僕の中に飛び込んできて、僕自身が辛くなるほどだった。追い払っても戻ってくる。何度か経験があるんだけど、こう言うときは絵に描いてしまわないと、頭の中から出て行ってくれないんです。いったいこの少女は誰を求めてるんだろうと思っていたところに奈津美さんが現れた。絵を見て、知っている子だと言った。それでやっと分かったんです。あの女の子は奈津美さんを待っていたんだって」

完全に信じてはいないはずだったのに、寒気がした。
この男は嘘を言っていない。直感だがそう思い、それと同時に森中の木々の葉の裏全てから、あやのの視線を感じて脂汗が吹き出た。
いや、あやのがいるのは冷たく暗い場所なのか。

「ここでしょ? 奈津美さんが16年前、最後に来た場所って」
顔を上げるといつの間にか開けた空間が広がっており、壁の崩れたあばら屋が目の前にあった。
落ちて砕ける水の音が、記憶に重なる。確かにここだ。
あやのとかくれんぼをした大型冷蔵庫が、錆びた姿を晒し、柱と壁の一部だけになった廃屋の一角に佇んでいる。

あやのが失踪したのと同じ日、奈津美はここに来て、赤い浴衣と赤い金魚を閉じ込めた。
外からしか開かない、レバー式の冷蔵庫に。

「開けてみますか?」
抑揚のない声でミサキ・リクが問う。
冷蔵庫の事など一言も言っていないのに、ミサキ・リクが見つめているのは紛れもなくその大型冷蔵庫なのだった。

木々の緑を映したアンバーの瞳が、まるで断罪するように奈津美を見た。 


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)わーい『秘密-THE TOP SECRET』実写映画化】へ
  • 【(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』その2】へ

~ Comment ~

え〜 

こんばんは。

なんでここで切るんですか〜。limeさん、わざとやっているでしょう。

なんか、リクもいるんだけれど、半分あやのに操られているのかしら。

奈津美としても、これは怖いだろうなあ。
怖いのって、わからないからだと思うんですよ。
例えば、私は霊感ゼロタイプなんですけれど、だからホラー映画やお化け屋敷が耐えられないくらい怖いんですよ。「見える」タイプの人はきっとここまで怖くないんだろうなと。「この映画、メチャクチャだよ」とか「もっと怖いの現実で見た」とか。

個人的には長谷川女史と奈津美の、ハブとマングースの闘いみたいなのが見たいんだけれど、どうなるかなあ。早くいらっしゃらないかしら。

あ、玉ちゃんも。忘れていたわけではないですよ。(たぶん)

八少女 夕 さんへ 

本当にねえ、なんでここで切っちゃったのか(笑)
2時間くらいしか進んでないですよね、物語が><
実は次回は15分くらいしか進みません(爆)

ここのシーン、本当にリクの気持ちがわかりませんよね。
リク本人は至って普通に話してるんです。
でもその感情がすでに「あやの」に動かされてしまっている部分もあるかも・・・。

次回、やっとあやのの本心が・・・。(ホラードラマの王道的シーンとなります)
でも、物語は進まない(涙)

そうそう、長谷川、間に合いませんでしたね(何をさらっと!)
ハブとマングース(笑)すごく言い得てる!!私も見てみたいけど、長谷川なら簡単に奈津美をひねりつぶしそうで、それも面白くないし。(完全に作者の趣味の域)

長谷川の登場は16話からになります。
もうちょっとだけ、この分からんちんな二人のやり取りを見てやってください。
(次回のラストも、夕さんに同じ事を言われそうw)

あ!玉城も最後の方でがんばります!(忘れるところだった)

 

きましたね~~(;・д・)

中にはいったいなにが?

いろいろと想像して楽しむことにします!

ポール・ブリッツ さんへ 

なんだか、すごく勿体つけちゃいましたから、次回が怖い作者です。

でもほら・・・この番外は、かわいい恋物語ですから(まだ言う)

だけどいろいろ想像してください。二つに一つではあるんですが・・・。もう次回は開き直って王道です!

こんばんは。 

長谷川、間に合わなかったんだ。
でもさすが奈津美、全てを自分の都合の良いように解釈していきますねぇ。
普通こんなことをすると不自然さが出てくるんですが、limeさんの筆力で美味くかわしていきますね。奈津美は本当にリクが待っていたと感じてしまったのでしょうし、読んでいる方もリクが不自然に思いながらも奈津美に合わせているのを感じられますし。
そして標高と共にドキドキ感も徐々に高まってきます。
2人の会話も徐々に核心に迫っていくし、奈津美の記憶もますますあやふやになってきます。あの絵を描いたリク本人にこんなことを真顔で言われたら、とても混乱すると思うんです。冷静を装いながらも本心は恐いだろうなぁ。
ついにレバー式の冷蔵庫、登場です。
うわ!何が入っているんだろう?中を見たいけど、恐いよ~~!
limeさんならどう展開させるんだろう?分かるはずないです。
まるでアンバーの瞳に見つめられているようです。

山西 サキ さんへ 

こんばんは。
そうなんです、長谷川は、リクの家に行くのがちょっと遅かったみたいで。
でも大丈夫、あの人は諦めません^^

ここ、リクは電話を受けていないんだけど、すんなりつながる様にしたくて、ちょっと悩みました。
このシーンのリクの心情は描きませんでしたが、はんぶんあやのに支配されてるリクの摩訶不思議加減で、さらっと奈津美に合わせるんじゃないかな、と。(もともと、不思議ちゃんですし^^;)
サキさんに、不自然じゃないって言ってもらえてうれしいです^^

ここでぎこちないのは、奈津美の会話文かもしてませんよね。
本当にリクの霊感を信じてるとしか思えない言葉だったり、反対に、「信じてあげてもいいけど」的なセリフだったり・・・。

どっちやねん、って作者も突っ込みたくなるんですが、半信半疑なんでしょうね(と、誤魔化す><)
記憶も、リクの霊感話も、どれもあやふやで混乱気味の奈津美ですが・・・。

標高とともに、サキさんをドキドキさせられたならうれしいです。
そしてやっと冷蔵庫登場です。(展開が遅くてもうしわけない><)
これ、きっと誰もが予想される展開だと思うんですが、でも次回を見てやってください。
ザ・王道です!(笑)
今回も、サキさんのコメで私がドキドキしました。
いまのリクは半分あやのですから、アンバーの瞳で見つめられたら、サキさんもゾクッとさせられるかも・・・です^^

やっぱり 

役に立っているようでいて役に立っていない玉ちゃんが結構可哀相^^;
実際にも役に立っていないけれど、物語の展開上も役に立っていないんだよね。でも、実は裏では(最後の最後に)役に立つんだよ! それが玉ちゃんなのさ!
……と、信じているからね。全く今回登場の無かった玉ちゃんに一言、でした。

奈津美はきっと不安なんですよね。記憶が曖昧なのか、本当のことを思い出したくないからなのか、でも年齢的に「記憶が曖昧」だったわけではなさそうなので、やっぱりそこには何か恣意的なものが働いているような気がします。
実はやっぱり殺してしまった→記憶を塗り替えた、というのがありがちかもしれませんが、もうひとつ何か裏があるような? 改めて自分が「しでかしてしまったかもしれないこと」を確かめるのは、どんな心理なのかしら。
私が思うに、リクはもうあのリクですから、きっと淡々とオバケさんとの仲介役に徹するんでしょうね。自分の身は二の次的な感じで。そんなリクだから、みんな心配しているのですけれど、奈津美から実体的な?危害を加えられることは大した問題じゃなくて(奈津美にそこまでのことができるとは思えぬ)、長谷川さんにしても玉ちゃんにしても「どうしてその手のことに首、どころか体ツッコんじゃうかなぁ~」があるんだろうなぁ。
などと思いつつ、奈津美の過去の記憶がどんなふうに歪んじゃっているのかに興味があります。

玉ちゃんのラストの大活躍(はないか)に期待しているよ!(一応^^;)

大海彩洋 さんへ 

おお~。
今回登場の無かった玉城への憐憫、ありがとうございます!
ここで長谷川が間に合っていれば玉ちゃんも「でかした!」なんだけど(笑)
じゃあお前は何の役に立ったんだ!!って・・・涙 
いや、でもまだきっと長谷川さんはなんかやってくれます、きっと。(玉城は?)
あ! 次回もまだこの二人のシーンなので玉ちゃん欠席(涙)・・・あと4話なのに・・・。

そして、奈津美の考察、ドキドキしながら読んでいます。
そうなんですよ、たった16年前の記憶が、そんなに曖昧になるはずはないのに、奈津美は結構ビビっていますよね。自分がちょっと異常な感情の持ち主だって自覚してるのかも。(でもそれをも、楽しもうとしている部分も・・・)
今まで結構、私の作品には「記憶の書き換え」があったんですが、今回も??
次回、すごくあっさり分かっちゃいます。ちょっと安っぽいホラー小説的展開です^^
そう、今回この奈津美が幅を利かせていますが、やっぱり主役はリクなのです!
そしてそのリクを想う玉城や長谷川が主役です!(え?玉城も?
大海さんの、>長谷川さんにしても玉ちゃんにしても「どうしてその手のことに首、どころか体ツッコんじゃうかなぁ~」があるんだろうなぁ。 ←が、もうこの番外をすべて表しちゃってて(笑)
そう、そんなお話なのです^^

次回はまだ、この二人だけのシーンですが、そのあとは、ふふ。
玉城のラストの大活躍!!!はははははは。(汗) でも、ラストのラスト、どうかお見逃しなく^^




NoTitle 

幽霊の着ている服まで考えたことはないですが。。。
それでも、幽霊の服装にも意味がある・・・
という考え方は好きですね。

LandM さんへ 

以前、軍服を着た霊を見たという霊能者の話を聞いたことがあるんです。
霊視捜査をされる海外の霊能者も、その霊体の服装を、かなりはっきり見れると言いますし。

もしかしたら、霊体そのものの中に、服という情報が入っているのかな、とおもうんです。
その人の姿かたちと同じレベルで・・・。
そこに、霊の念も感じ取れますしね。
せっかくフィクションなので、その辺も取り入れてみようと思いました^^
霊媒の世界って、やはり想像と感覚の領分ですもんね。

NoTitle 

リクはしゃべっているのか、しゃべらされているのか。
奈津美に聞こえているのはリクの言葉なのか、あやのの言葉なのか。
その微妙~なところが良いですね。

電話の件、上手く回っていますね。
うん。玉ちゃんも一役買っているよ。
長谷川さんの手腕も気になるところです。

引っ張るlimeさんに、引っ張られて行きます~^^

NoTitle 

ええっ!
また、もやもやです・・・・

開けてみるのでしょうか?

あやのさんと奈津美さんの感情の交錯が
明らかになるのかしら?次回・・・

もやもやもやもや・・・・

あっ、リクの感情がどう変化するのかも楽しみです。

NoTitle 

リクもそのまま着いて来てしまったんですねΣ(・ω・ノ)ノ
本人の意思でなのか、それともあやのに影響されての事のか、
操られている訳でもないし、なんとも言えない感じですよね~。

あやのが奈津美の事を待っていたとして、
何か伝えたい事やしたい事があったりするのでしょうか?
ただ待っていただけなのか、それとも……。

冷蔵庫の場所まで来てしまいましたね(`・ω・´)
中には何があるのか、或いは何もないのか、
中身が気になります、続き楽しみにしてますね^^

けいさんへ 

ほんと、ここで一番分かんないのはリクかもしれませんよね。
視点を持たせないと、本当に森の動物みたいに何考えてるか分からない(笑)

だけど少なくとも、今回は100%リクが考えて動いてる訳じゃなさそうです。
操られ度が50%なのか、90%なのかはわかりませんが><
その微妙さを、楽しんでもらえたらうれしいです。
でも次回、どこかでリクの本心が、本人視点で語られます^^
(その時はもう、時遅し・・・かもしれませんが><)

電話の件、すんなり感ありましたか!よかった。
リクだから誤魔化せたかな^^
これが玉城だったら「は? 何言ってんの、俺電話なんかもらってねーし!」って息巻くから、台無しw
適材適所です。

長谷川さんは次の次まで出てこないけど、巻き返せるかな?
もうちょっとひっぱりますよ~。(時間稼ぎか???)

海青藍花 さんへ 

藍花さん、いつもありがとうございます♪
また微妙なところまでしか進まなくて申し訳ない。(ひっぱります~)

次回は開けてみますよ! 何が出て来るのか・・・。
あやのの本心と、奈津美の驚きと、そしてリクの本心。
次回は8割が見えてきます。

でもまたラストはもやもやかも><

リクの感情にね、どうか突っ込んでやってください^^;

ツバサさんへ 

こんばんは~。
そうなんです、リク、なんとついて来ちゃいましたね。いったい何を考えてるんだか。
どこまでがリク本人の意思なのか、それともあやのに支配されてるか、ここでは分かりませんよね。

そう、あやのは「リクの説明によると」奈津美を待っていたみたいなんですが。
なんかやっぱり不気味ですよね。
次回は、そんな読者を裏切らない王道ホラー展開になっていきます。(でもまったく怖くない><)

問題の冷蔵庫の前まで来てしまいました。
昔の冷蔵庫って、本当に中からは開かないので、小さい子が閉じ込められちゃった事故があったんです。
その時のゾッとした気持ちがヒントになりました。
次回もこの二人のじれったい展開になりますが、よかったら覗いて見てください。(冷蔵庫の中を。・・・賞味期限切れかな??)

遅くなっちゃって、ごめんなさいm(;m;)m 

今日(あ、もう昨日ですね(爆))こそはゆっくり出来る筈だったんですけど
アクシデントが!!!
(まあ、全く!たいしたことなかったんですけど
息子が台風の風雨の最中
チャリでタクシーとごっつんこしちゃったので
雨の中、現場検証とか~~~あはははは(^0^;)\
あ、怪我もしてないしチャリも壊れてないし加害もないし
全然大丈夫ですので~~(^0^;;)\
でも、タクシーと運転手さんは凹んじゃったです(爆))

ああ、も~~~
結局、そういうことになるんですよねえ~~~
まあ、ならないと事前に長谷川さんが力技で
謎が解けないまんま解決しちゃいそうだから(笑)
こうなるのは必然とも言えますけど・・・

いよいよ、次回は謎が分かるのかなあ~~??
怖いけど、楽しみ~~~o(^^*)Ov-238
そして!可愛い恋物語が!!!!!
ええーーーーーー?!!!
本当にどうなるんでしょう???
まったくも~~~limeさんたら本当に上手いんだからあ~!!!

かじぺたさんへ 

え~~~、かじぺたさん、それは大変でしたね!
K氏、怪我が無くて本当に良かったけど、でも真っ青になりますよね、そんな連絡を聞いたら><

雨の日って、本当に怖い。
私も前に自転車どうして正面衝突しそうになったし。
相手の兄ちゃん、携帯見ながら雨の中走ってたんですよ。ありえない~。
こっちが気を付けてても、不測の事態になっちゃったりするし。
ああ~、でも怪我が無くて本当に良かった。
タクシーの運ちゃんは凹んだでしょうけど・・・^^;

そうそう、そうなんですよ。
長谷川が分け入っても、ここはモヤモヤとしたものが残りそうだったので。
リクの中に、あやのが入ったまんまでも怖いしね^^;
長谷川はこのあとちゃんと出番がありますので、それまで走らせて置きます^^
玉城もね。
可愛い恋物語は……物語のさいごの最後に、チラ見せです^^(ええ~、ちょこっとなの?)
次回も、15分くらいしか進まないし、まだこの二人のシーンなのですが、どうぞよろしく!!

エロティック 

背徳の香りとでもいうのでしょうか。
奈津美の過去、奈津美の想いにはエロティックさが漂うのですよね。
ただ、いやな奴、悪い女、というだけにはならないのは、やはりlimeさんの表現力ですよね。

悪いことは楽しいこと。
悪いことは素敵なこと。
悪い奴は魅力的。

リクくんはこんなところについてきて、自分は絶対に大丈夫だから、と思っているのか。そんなことは発想もしていないのか、いかなくちゃいけないんだと思っているのか、自分でももひとつわかってないまま行動しているのか。

長谷川さんじゃなくても、近くにいたら守ってあげたいと思ってしまいそうですよね。特に精神力の強い人間は、ついていてやらなくちゃ、と考えそう。
玉ちゃんも長谷川さんも魂が無垢で強いってことなのだろうと思います。

あかねさんへ 

こちらにも、ありがとうございます。
奈津美にエロティシズムを感じてくださってうれしいです。
はい、この人の役割は、ほぼそれに尽きるのかもしれません。
たいした悪党でもないけれど、そのひねくれて歪んだ性癖とか感情が、普通の人とはずれた妄想世界にこの人を住まわせているのかも・・・。

そうまさに、「悪い事は楽しい事」って感じで。
自分の欲望に忠実に生きてる女です。
こんな女は嫌ですが、物語の中に置いたらちょっと癖があって面白いかも^^

リクが何をおもって奈津美と接しているのか・・・。半分は無意識!というのが本当のところかも。(ダメじゃん)あとの半分は、好奇心??

そうなんです。そんな危なっかしいリクを、あの人たちは放っておけないんですよね。
あかねさん、さらっとこの後の核心に近づいて行ってらっしゃる!
このお話、実は・・・な、かんじで^^

長谷川じゃないけど、今回ばかりは私もリクが心配になってきました。こんな主役、だめだろ(笑)
このあとも、もうちょっとお付き合いください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)わーい『秘密-THE TOP SECRET』実写映画化】へ
  • 【(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』その2】へ