☆感想(観劇・映画・小説)

(観劇日記)『趣味の部屋』 最高でした!

 ←(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』 はじめました →(いただき物)かじぺたさんに長谷川さんを頂きました
木曜日の夜、また舞台を観に行きました。
今まで150本以上舞台を観てきましたが、死んじゃうんじゃないかってくらい笑ったのは初めてです。
もう可笑しくて涙出過ぎて、物語半ばで すっぴんです(笑) 

そして笑ってる間にどんでん返し、一気にホラー展開。
「え?」と思っていると 更なるどんでん返しで、今度はじんわり寂しさが込み上げ、涙があふれて来る。
もう、とんでもないエンターテイメントです! それが『趣味の部屋』。


    syuminoheya.jpg

◇脚本:古沢良太 ◇演出:行定 勲 ◇出演:中井貴一、 戸次重幸、 原 幹恵、 川平慈英、 白井 晃

(ストーリー)
男たちが趣味のために借りた、とある部屋。おのおのの趣味に興じる中、仲間の一人が失踪…
そして新たな事件の幕開け。男たちの楽園は、疑いと諍いの修羅場と化す。
彼らが最後にたどりつく結論とは、趣味の部屋の真実とは…?


脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』、『キサラギ』、『相棒』 シリーズ、『鈴木先生』、『リーガル・ハイ』などを手掛けた古沢良太です。そりゃあもう、面白くないはずがないです。
f4.jpg
テンポ、展開、笑い、そしてどんでん返し。全てがハイセンス。


そしてこの実力個性派の役者陣です。

nakaikiiti.jpg
中井貴一
この方の凄さを、今更ながら痛感しました。こんなに柔軟でハイテンション、ユニークな演技をされる方だとは思っていなくて。渋くてダンディーなだけじゃなかった!!
もう、この方の演じた回想シーン(ちょっとヤバい感じの女の子役)に、私は腹筋崩壊の危機でした。笑い死ぬんじゃないかと本気で焦ったのは初めてです。(こんなところで笑い失神したらシャレにならないので、ちょっと意識をそらしましたもん)危険です! 中井貴一! 別の意味で惚れました。


sige2.jpg
戸次重幸
私の大好きな役者さん。今回も本当に彼らしい、かわいいボケっぷりを振りまき、癒してくれました。
ずっと応援してきた役者さんなので、どんどん大きな舞台に立つようになって、とってもとってもうれしい^^
彼の振りまくキレのある残念さ(笑)が、この舞台ではめちゃくちゃ映えていました。
「このメンバーでずっとこの舞台をやっていたい。最高のメンバーだ。公演、終わらなきゃいいのに」って、言ってるけど、・・・終わる時は来るよね (´;д;`)
可愛い人です。


kabira.jpg
川平慈英(かびらじえい)
この方も、TV/映画でおなじみですね。生ジェイさんは、とっても小柄でしたが、その存在感はすごい!
憎々しい感じのインテリを演じさせたらもう、右に出る人が居ないんじゃないでしょうか。常になにか企んでいそうな人(笑)
良い味出してくれています。


sirai.jpg
白井 晃
この方も、いろいろな舞台で何度も楽しませていただいています。安定感のあるいい役者さんです。
ガンダムオタクとしてコスプレで登場しつつも、なぜかものすごくインテリオーラ。
立っているだけでじわじわ面白い! そこにいるだけで面白い。これはなかなか出せるものではないのです。
そしてなんで役者さんって、年を取らないんだろう。学生の時見た白井さんも、こんな白井さんだったのに・・・。


f11.jpg
原 幹恵
紅一点。婦人警官として颯爽と登場した彼女。
ずっと婦人警官なんだ…と思いきや、え??・・・・な展開に。
ネタバレになるから言えないけど、一番振り回された役かも。
はつらつで、可愛くて、ちょっと軽くて純情な、そして脱いでもすごい!(え?)原さんでした。

本当に、こんなにどんでん返しの連続するサスペンスコメディは初めてです。
最後の最後の最後まで、いったい何が真実か分からない。
隅から隅まで楽しめた、最高の舞台でした^^ 

f12.jpg


f1.jpg


さて、今回の劇場は、大阪・森ノ宮ピロティホールでした。
この劇場は、私にとっていろんなミラクルがあった場所です。

piro.jpg

2010年に観に行った「スリーベルズ」では、オープニング前にいきなり選ばれて舞台に引っ張り上げられ、1000人の前で「観劇の際の注意書き」(それも、脚本家のイタズラ付き)を読まされたり。
『パコと魔法の絵本』の作者、後藤ひろひと氏と、壇上で握手できましたが(笑) 
その時の記事

あと、各地の友人5人と、同じ日の舞台のチケットをそれぞれで予約して、このピロティホールで落ち合ったら、偶然にも5人の席が横一列で並んだり。
(これ、天文学的な確率じゃない??)

そして、7月にまたこのホールで芝居を観るのですが、予約したチケットが、今回座った席と全く同じ! 1000席以上あるのに、どんな偶然(笑) でも、前の方のとてもいい席なので嬉しかったです。

なにはともあれ、また7月に楽しませてもらいますね、ピロティホールさん。 (*´∀`)ノ




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』 はじめました】へ
  • 【(いただき物)かじぺたさんに長谷川さんを頂きました】へ

~ Comment ~

わぁ 

楽しくて良かったですね~(^^♪
いいなぁ、そうかぁ、森ノ宮ピロティにはあれこれと思い出があるんですね~。因縁の劇場、きっと前世に……(って、そんな訳ないか)。
うんうん、観劇の感動って、記事にするのって難しいですが、limeさんの興奮が伝わってくるようで、楽しく拝読しました!
中井貴一さん、私もかなりのファンです(^^) お父ちゃんがかっこよかったので(いえ、もちろんリアルタイムでは知りませんが^^;)以前から気になっていたのですが、大河ドラマの頼朝で転んだんですね(って、それすらずいぶん前……)。舞台は見に行くチャンスがなくて、でも今度行ってみようかな~。
シゲさんも最近よくテレビでも見かけるようになって、おぉ、ビッグになってきている、と私も嬉しいです(^^)
いや~、舞台、いいですね。今度はNACS本公演ですね。丁度東京の学会からとんぼ返りになるのですけれど、私も行きます~。並び1列にはならないと思うけれど……(^^)
うん、舞台って、ほんと、いいですよね~~

NoTitle 

おおー、そんなに面白い観劇だったんですね~。
物凄く笑えるというのなら一度見てみたいですが、
途中で、一気にホラー展開になるというのも気になりますね(`・ω・´)
ドラマや映画で見る演技というのもいいですが、
やっぱり生で見るのはまた一味違っていいですもんね♪

それにしても、5人の席が横一列で並んだりした経験があるって、
確かに凄いですよね!
滅多にないでしょうし、面白い偶然ですよね~。

大海彩洋 さんへ 

はい、きっと面白いだろうとは思ったんですが、更にさらに、めちゃくちゃ楽しめました。
舞台って、けっこう期待外れなものもあって、そんな部分も頑張って楽しもうと思いながら行くのですが。
今回はもう「やめて~~、楽しすぎる! 可笑しすぎる」って、もだえ捲りました。
劇場だし、あまり大音量で笑うのは控えようと思ったので、余計苦しかったです。笑い泣き、久しぶりです。

中井貴一さんのお父様・・・は、まったく知らなかったのですが、そうか、二世さんなのですね。
でもやはり血ってあるんでしょうね。役者の血。そして貴一さんの場合は、それ以上に彼のセンスの良さと才能と。大河ドラマはまるきり見ていなくて、お恥ずかしいのですが、舞台を観てほんとーーーーうに、その才能をビシビシ感じました。この舞台を観れて良かったなあ。今でも思い出し笑いで来ますもん!面白かった~。
もし、wowowとかで見る機会があったら、ぜひ!!

シゲちゃん!彼以外にあの役をこんなに面白く演じられる人は絶対いない!と思えるほどのキャスティングでした。かわいいったらないです(涙)
実生活では、この一週間に携帯を2回、そしてアダプターとジャケットを失くしましたよ。もう、役者やってなかったら社会人としてどうかと思うんですが、そこがまた可愛いのです(ファン馬鹿)

やった。NACS本公演、いかれるんですね! ミラクル・ピロティですね!
もしかしたら、隣に座ってるのは・・・だったりして^^。
あ! その「悪童」も、脚本は今回と同じ、古沢良太さんです!! 期待度高まりますね!!!

ツバサさんへ 

こんばんは^^

そうなんですよ、もう可笑しくて腹筋崩壊です。あまり大声で笑ったらセリフが聞こえなくなると思って、ぐっとこらえながら笑ったので、腹筋が筋肉痛です。喉も痛い(笑いをこらえるのは体によくないですね^^;)
そう、でもね、途中からものすごく怖い展開になる部分もあって。
その豹変っぷりも怖かったです。
やっぱり生の演技って、魅了されます。舞台っていいですよ~。

でも、やっぱり好みがありますし、初めての人向きでない舞台も、たまーーーにあるので、チョイスが難しいかもしれません。やっぱり舞台って、最初に何を見るのかって、大事ですもん^^

そうなんです。
大阪・東京・北海道の5人が別々にチケットを取って、横並びって奇跡ですよね。
ああ…こんなところで奇跡をつかってしまったのか・・・。(´゚∀゚`;)

わあ!!これはまた・・・ 

めっちゃ面白そう!!!
もう、出てる方々全員(原さんはあんまり知らなかったけど)
大好きな方ばっかりだし!!!
重ちゃんたら、最近イケメン俳優のカテゴリーに入っちゃって・・・
おにぎりでガハハなローカル女子アナに翻弄されてるのにねえ~
(笑)
おお!キサラギも、そうなんだあ~~
あれも面白かったですよね~~~!!!

森ノ宮の奇跡!!!!!
うーーわーーー・・・・・・・
羨ましいし、すっごいわあ!!!
実は、森ノ宮には高中さんのカウントダウンライヴで
行った事が・・・・・(^0^;)\
グダグダなカウントダウンもある意味奇跡だったかも(笑)

そうそう・・・
実は、長谷川さん・・・・・・・
描かせて頂きました(^0^;;;;;)\
あと45分ほどで
そうでもない方にUPされる予定です~~i-201
ひょえーーー!!!
ごごごごごごごめんなさい~~~i-201i-201i-201

かじぺたさんへ 

おはようございます。
そうなんです、大好きな役者さんばかりで!(私も原さんははじめましてでしたが^^)
脚本もすごかったけどやっぱりこの役者さんでしか味わえない楽しさでした。
シゲちゃん、やっぱり舞台の人だなあ~と思います^^
ドラマや映画にも出てるけど、やっぱり舞台で一番輝けるひと!
おにぎりのシゲちゃんも、ぶっちぎりで輝いてるし(笑)

そう、ピロティホールは、かじぺたさんもブログ記事にしていましたよね。
わたし、あの時初めてコメントしたような気がします。
かじぺたさんと出会わせてくれたのもピロティホールです。うーん、ミラクルだ! 地味な場所にあるけれど(笑)

おおお!! 長谷川さんを? この後早速行きます。
わーーーい!!

NoTitle 

わ。イイですねえ。
舞台は眼中録画したいなあ。できないんだけれども(-_-;)

劇場の思い出話、素敵です。
場所と思い出って、リンクするんですよね。
だから映画も本当はDVDよりも映画館の方が良かったり。
私もライブハウスにはちょっぴり思い出が。
150回も行きませんでしたけれど(^^;)

7月のお芝居も楽しんでくださいね。
そしてまたレポートを(←これが楽しみ^^)

けいさんへ 

そうなんですよ、すっごくご機嫌な舞台でした。
もう、一年分泣き笑いしちゃいましたよ。
私も脳内録画しておきたかった><
DVD出たら買おうかしら、まじで。(全部ストーリーが分かって観るのも面白いかも)
いや、再演を待とうかな。

この劇場のミラクルは本当にすごいですよ。
地味な場所にある劇場なんですけどね^^(それは関係ない)
やっぱり生ですよね。
ライブですもんね。

ライブハウスにはきっとけいさん、濃い思い出があるんでしょうね。
またぜひ行って、レポートしてください。
私もまた7月、ハイテンションでやりますよ~~^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHebさんへ 

えへへ。毎度熱いレビューになってしまって、おはずかしい。
でも、Hさんなら分かってくださいますよね。
そうです。好きならとことん熱狂しなきゃ!
もしも近くに同じものが好きな同志がいたら、夜通し語ります。

あ! そうか、Hさんは前の舞台に引っ張り上げられたときもコメをくださったんですよね。
有難かったです。
そうなんです、この舞台なんです。
いやあ、ライトが付いていたら、ビビりの私はとても無理でした。
でもライトが自分に向けられてると客席が見えないんで、すごく気持ちのいい空間でしたよ^^
役者って、きっと病みつきになるだろうなあ。

そうです。下を向いていたらどんないい男だってオーラを発揮できないし、そうでない人は、もっと輝けませんよ。
前を向きましょう!
(とか言って、前ばかり見てて、最近よくつまづきます。足元には注意です)

おお、前のアドバイス、なんとなく使えそうですか^^
わたしはもしかして、「自分はまるっきり滑れないのに、アドバイスの上手い、浅田真央のコーチ」みたいな素質があるのでしょうか!・・・(なんか最近、Hさんにコメントが似てきたような気がします)

マンガブログ『DOOR』、いいですね~。最近ね、また漫画を描きたくなってるんですが、やっぱりそれよりもっと小説が書きたくて。
ああ~、一日60時間くらい欲しいです。

お、また悩みが?
この『口だけアドバイザー』で良ければ、いつでも^^
でも、解決する確率はかなりひくいですよ~><

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(連載マンガ)『博士と ぼくと さめない夢』 はじめました】へ
  • 【(いただき物)かじぺたさんに長谷川さんを頂きました】へ