緋色幻想(RIKU・番外)

緋色幻想 第8話 拾いもの

 ←(雑記)創作ノート:ENDマークのそのあとで →(雑記・イラスト)香る春、そして黒と白
画廊からの帰り。在来線の駅舎を出たところでリクは、夜空を見上げた。
驚くほど大きな満月が、優しい色で地上を包み込んでいた。
柔らかくそよぐ風もひんやりと心地よかったので、バスを待たずにリクは来た時と同じように、片田舎の国道脇を歩き始めた。

ショルダーバッグの中には先ほど拾った玉城の財布。そして、奇しくもふたつ揃った長谷川の赤いお守りが入っている。
そのお守りふたつが共鳴しているわけでもないだろうが、胸の辺りが少し熱かった。
長谷川は今日もシンガポールで忙しく働いているのだろうか。
あの人は忙しすぎて日本のことを思い出すこともないのだろうなと、そんな事をちらりと思った。

携帯電話はよく分からない迷惑メールばかりを受信し、長谷川から送られて来ることはここ半年無かった。
待っていたつもりは無いが、あれば何となく気にしてしまうのが癪で、そのうち充電する事もやめ、携帯電話は部屋の隅に放置したままになった。
玉城や佐伯なら用事があれば車で会いに来る。電話やメールが無くても特に困ることは無かった。今までは。

けれどアドレスを教えた新田奈津美が連絡をよこすかもしれない。
自分が直接受けた依頼でもあるし、ちゃんと受信できる状態にして置かねばならないだろう。
そして正直なところ、やはり訊いてみたいと思ったのだ。
玉城の財布をなぜ奈津美が持っていたのか、ということを。

そんなことを思いながら民家もまばらな田舎道を歩いていると、昼間通った河原の脇に差し掛かった。
何気なく土手の木に視線を向けたリクは、思わずその一点に見入った。
月明かりの下、桜の木の低い枝に、あきらかに自然物とは違う蒼い光が揺れていた。
ビニール袋がぶら下がっていたのだ。
目を凝らすと水のたっぷり入ったきんちゃく袋の中を、きらきらと赤いラメが動いている。
昼間の和金だ。

『その金魚を川へ放すのはやめてください』と、あの時リクは母子にそう言ったのだが、まさかそのままここに置き去りにして帰るなどとは思いもしなかった。
リクは土手を下り、近寄って枝からそれを外すと目の前に高くかざした。水の小部屋に月が重なる。
何も知らずにゆらゆらと揺れている5匹の和金は月を溶かした藍色の闇に映えてとても美しく、同時にとても哀しかった。

……おまえたちはどの道、捨てられちゃうんだな。

リクはすぐ脇の草の茂みで拾ったペットボトルに川の水を入れ、バッグに放り込むと、金魚のきんちゃく袋を指先にぶら下げて歩き始めた。
今日は本当に拾いものが多い日だ、などと思いながら。

家に帰り着くと、ガラス製のボウルにペットボトルで持ち帰った川の水を少しだけ入れ、そこへビニール袋の水ごと、金魚を移してやった。
少しばかり広くなった水の中を、喜ぶというより慌てた様子でクルクルと泳ぐ赤い姿を、リクはじっと見守る。
金魚すくいの小赤(和金)は、本来観賞用ではなく、ペットショップなどで大型魚のえさ用として養殖された弱い金魚たちだ。
そのうえこの5匹は半日も木の枝に吊るされてしまった。
……一週間、持たないかもしれないな。
そんな事を思いながら眺めていると、目の端に同じく赤い揺らぎを捕らえた。
少し前に充電器に繋いだばかりの携帯が息を吹き返し、メールの着信を知らせている。

新田奈津美だろうか、と身構えたが、送り主は玉城だ。
ほっとして手に取り、文面を開いてみる。

《かぜひいた 死んじゃう》

リクは少し笑って、その頼りない字面を眺めた。
金魚よりは長生きしてくれるといいけど……と、思いながら。


               ◇

新田奈津美は自宅マンションに帰り着くとベッドに体を投げ出した。
駅のロッカーに荷物を置いたままだったのを思い出したが、そんなことは大したことに思えないほど、胸の中がザワザワする。
ドキドキ、というべきか。

頭の中を占めるのは、数時間前に絵の契約を交わしたミサキ・リクという年下の青年のことだけだった。
あの青年に会う前は、画廊に展示されていたあやのそっくりな絵に心を揺さぶられたが、それを描いたあの青年は、あやのとの悩ましい日々を霞ませるほどの衝撃を奈津美に与えた。

かつて男を美しいと感じたことなど奈津美には一度もなかった。少女に比べてなんと繊細さのかけらもない造形物だろうと、蔑んでいた。
けれどあのミサキ・リクという青年はまるで観賞用に作られた彫像のように完璧だった。
がさつで粗野な、独特の男臭さなど少しも感じられない。

あやのの絵を描いて貰う契約をしたことには、奈津美にとって大した意味はなかった。
美しい思い出ではあるが、しょせんあやのはもう「過去」の人物だった。
ただ、それを描く間はあの画家は自分の物なのだ。
あのミサキ・リクの時間と技術をその間、金で買うのだと思うと出費は惜しくなかった。
金なら、またどこかで調達すればいい。

しかしながら、あの画家をつなぎ止めて置くにはそれでは不足だった。
16年前に行方不明になった13歳の少女の姿を克明に描くからには、それなりの理由があるに違いない。
失踪に関わることを知っているのか、それともそういう哀れな少女を描く趣味があるのか。
バレないと思って描いてしまったのなら尚更。
調べてみると、ミサキ・リクは結構名の売れた現代芸術家の一人らしいことが分かった。
どこかであやのの写真を偶然手に入れたのだとしても、それはそれでちょっとスキャンダラスだ、と奈津美はニヤリとした。

絵を描かせることでミサキ・リクに近づこう。そしてじわじわと裏を探るのだ。
逃れられない弱みを、もしかしたら握ることが出来るかもしれない。
トクン、と胸が高鳴った。
他人のそら似などという逃げは通用しない。口元と首筋の小さなほくろ、左頬だけの小さなえくぼ。肩までで切りそろえた髪、よく見れば赤いキキョウがあしらわれている、珍しい赤い浴衣。あれは紛れもなく「あやの」なのだ。

白く透き通る様な肌をしたあやの。
小さなほくろでも、あの白い肌にはよく目立った。
口元、首筋。そして左胸の乳首の横と、臍の少し下にも一つあった。

あやののへやのベッドに座り、下着もつけていないあやのの赤い浴衣の胸をそっと開いたあの日のことが、鮮やかによみがえる。
浴衣の赤と、肌の白さの対比があまりにも鮮やかで目眩がした。
遊びの延長のようにあやのの白く幼い、ほんのりとしか膨らんでいない胸に触れ、そのほくろに口づけた。
しっとりした柔らかな感触と、花のような匂いが忘れられない。

奈津美にとって、あやのは可愛くて清らかで、思い通りになる自分だけの人形だった。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)創作ノート:ENDマークのそのあとで】へ
  • 【(雑記・イラスト)香る春、そして黒と白】へ

~ Comment ~

NoTitle 

てくてく歩くリク。考えることはやはりあの人たちのことなのですよね。
リクのもとに来た5匹の金魚、どのくらい生きられるのですかね。
玉ちゃんは・・・リクがメール返しすればとたんに生き返っちゃう?
看病しに行っちゃったりしたら、パワー付いちゃう?
と言うかリク! 長谷川さんは今帰ってきているんだよぉ~!

いやいや、ちょっと、おねーさん・・・?
かなーり、わけ有り?
リク、また会わなくちゃいけないの?

けいさんへ 

リクって、あまり視点を持たせないし、何を考えてるか分からないところの多い子なんですが(26歳児ですがw)実はけっこう寂しがりやなのかもしれません。
意外とメール、待ってたりするのかな。
なまじ文明の利器を与えてしまうから~、玉ちゃんが悪い。

リクのところに来た5匹の金魚。けっこうたくましく生きそうです。(リク、吸い取られないようにね^^)
そして、金魚よりも弱ってる玉城ですが(笑)
そうですね、さすがのリクも、放っておけないSOSかも^^;
(やっぱりリクに送ってるし)
次回、ちょっと珍しいシーンになりそうです。
長谷川さんの事は、まだ知る由もないリクですが・・・。

はい、奈津美お姉さんはちょっとヤバい趣味があったり・・・なかったり・・・いや、あるか。
でも次なるターゲットはリクのようですね。
さてさて・・・。
もうちょっと見ててやってください^^

こんばんは~ 

リクのところに来た何の変哲も無い5匹の和金、どんな役割を演じるのかな。
慌てた様子でクルクルと泳ぐ赤い姿、少し気になります。
なさけない玉城の財布、そしてメールもリクのところに来ましたか・・・。

そして奈津美はおどろおどろしいですね。何でも取って喰いそうなエネルギーを持っていそうです。次々と獲物をねらっていく肉食獣、そんなイメージですね。
ニヤリとした奈津美を想像すると恐いです。
あやのに対する奈津美の思いってどんなだろう?
奈津美はあやのにどんな仕打ちをしたんだろう?
奈津美の中に眠るあまりに鮮やかなあやのの記憶に、そんな事を思いました。

NoTitle 

直接依頼を受けたからには、
やっぱりいつでも連絡は取れるようにしておかないといけませんしね~。
奈津美だとリクの都合はお構いなしに、
ガンガン連絡してきそうな気もしますが、
どうなって行くのかも気になりますね~。
それにしても、玉城のメールはリクにも届いたんですね(笑)

「あやのとの悩ましい日々を霞ませるほどの衝撃」ですか(`・ω・´;)
ああ、完全にロックオンされましたね、リク^^;
これは色々と詮索されて、
どたどたと私生活にまで踏み込んできそうですね。
遠慮がない、自分の欲望に忠実な人だとこういう時に怖いですね~。

山西 サキ さんへ 

こんばんは。
リクのところに、5匹の金魚が居候することになりました。
彼らの役割! そうですね、実はちゃんとあるのかも。霊的な何かではないと思うんですが。最後の方で、「ああ~」と思ってもらえたらうれしいです。(本当に、ちょっとしたことなんですが)
そうそう、玉城の財布もお守りも、そしてメールも全部リクのところです(笑)
集まる時って、集まるんですよね。

そう、問題はおじゃま虫の奈津美です。うんうん、男は嫌い・・・とか言いながら、がっつり肉食系じゃない!って、ツッコんでください。
綺麗なものは、人のものでもいただいてしまう所有欲の塊。
中学生のころから欲深さは変わっていないみたいです。
ある意味、可愛そうな人でもあるんですが・・・。

奈津美とあやのの過去は、このあと何回かに分けてじわじわ回想する予定です。
でも、あやのに関してのすべての記憶が残っているわけではないらしいです。
何を忘れているんだろう・・・。
あやのとの秘密の情事は克明に覚えているのにね><

ツバサさんへ 

そうなんですよね。仕事は仕事として、ちゃんとやらないといけないと、リクも思っているみたいです。
でも、相手が相手だけに、ちょっと危険な感じがしますよね。
ふつう、狙われるのは女性の方なんだけど(笑)この場合、絶対奈津美の方が猛獣な感じしますね><
やっぱりこの依頼、断ったほうがよかったのかな、リク。

はい、玉城の死んじゃうメールはリクのところに届きました。
まあ、仕事先の人とかに送らなくてセーフでした(笑)仕事干されちゃうところでした。

はい、あの鮮明なあやのとの情事をも霞ませる、衝撃な出会いだったみたいです。リクとは。(リクはいい迷惑ですが^^;)
それでも、奈津美にとってあやのの記憶は、今でもキラキラした、美味しい思い出なんでしょうねえ。
あやのの生死はどうでもいいけど、あやのとの濃厚な想いでは、大事にしまっておきたいようです。
薄情なお姉さんですよね><
(さあ、リク・・・食われないようにね!)

あらあら 

こんばんは。

だから連絡先なんか教えなきゃいいのに〜。
これは引越したりしないと逃れられないかも。
しかも、純粋な興味や「あやのとの思い出が大切」とか「やったことを知られたのでは」みたいな理由ではなくて、リクの弱みを握って何しようっていうんでしょうね。あやのにしたのと同じようなことかしら? 歪んだ人だなあ。

そして、「死んじゃう」と送った先はやっぱりリクだったんですね。
リンゴ、向いてあげに行くのかな?

八少女 夕さんへ 

本当にそうですよね。
リクだって、内心奈津美のメールを恐れてる感じなのにね(笑)
やっぱりあの時のリクは、ちょっといつものリクじゃなかったのかもしれません。
これは長谷川さんでも呼ばなきゃ、逃れられないかな^^;

でもリクには、奈津美が狙っているような弱みはまるっきりないわけですし、仕事だけしておけば……。
いやでも奈津美は肉食系だし(ぐるぐる)

はい♪ 玉城の死んじゃうメールはリクのところへ行きました。
いつもは玉城に冷たいリクだけど、今回はどうでしょうね。
次回は、奈津美の回想の続きと、玉城のお部屋でムフフ編です(いやそんなはずは><)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

ありがとうございます^^
今回のお話はミステリーではないのですが、ちょっとミステリアスな雰囲気が出せればいいなと思いながら書きました。
あ、そうですよね。あの金魚(金魚なのか?)も、また後で姿を現すかもしれません。
現実と幻覚と妄想が入り混じるシーンなどもありますが、読者様にはどれが真実なのかを見極めてもらえたらいいなと思っています。
(いやこれは、書き方が未熟だと伝わらないかなあ><)

どうせなら…… 

木に吊っておくくらいなら川に流してくれたらよかったのに……袋の中で死んじゃうよりは、少しの間でも自由に泳げて、自然のサイクルの一部になったほうが…・・って思ったけれど、一応親子はリクの「川に流さないで」に反応したのかしら。リクにしてみたら、家に持って帰って水槽に入れてあげてね、って言いたかったのに(かな?)、彼らにはその選択肢はなかったのね。どうやって捨てるか、というだけで。
ニンゲンが作っちゃった不自然な自然のサイクルにはたくさんの不条理があるんですよね。リクも(うちのマコト真も)その辺りには敏感に反応しそう。でも、何かができるわけではないんですけれど。

あぁ、そして無事にリクに拾われましたね、玉ちゃんの財布! 良かった。私もミステリー頭はどうしても刑事を引っ張り出したかったみたいだけれど、いや、何でもややこしくすればいいってものでもないので……っていうのか、既にそこそこややこしいですよね。四角関係に発展しつつあるし(いや、五角か)。でもテッパンの三角だから、他の入り込む余地はないのかも。
リクは感覚がかなり幼いんだなぁと今更のように思いました。その幼さを出してしまえるのが、玉ちゃんと長谷川さんのことを考えている時なのかな。だから、長谷川さんは自分のキモチを「母性本能」としか表現できないのかも。でもリクが「オトナ」になるのは難しそうだし……

奈津美とあやのの関係は、そうかぁ、そういう絡みですね。いや、現実はどうあれ、奈津美の頭の中では……
これまでのお話でもlimeさんはやっぱり少し倒錯的な愛?を(上品にオブラートにくるんで)書いてきておられますし、それがいいエッセンスになるようにストーリーを組み立てておられるので、今回もこれがどんなスパイスになるのか、と思いながら拝読しました(^^)
さて、玉ちゃん。死んじゃうメール、とりあえずリクに届いたみたいね(^^)

大海彩洋さんへ 

金魚の問題は、突き詰めていくとなかなか難しいですよね。
この金魚が川にそんなに深刻な影響を与えるとはリクも考えていないと思うけど、少しばかりあの母親に警告を与えたかったんでしょうね。自分たちが生き物を使ってゲームをしていることへの責任を。
そしてできればあの親子に、家に持ち帰って飼ってってほしかったはずです。
他の生き物のエサになるならまだしも、こうやってビニールの中で死んでその命が無駄になることは、リクにとっても一番不本意な事なので、きっとここのシーン、彼なりに辛いんだろうなあ。

あの親子(いや、母親)にしてみたら、リクへの当てつけだったんじゃないかなと・・・。「ほら、これなら文句ないでしょ」的な。そしてきっとそんなことは記憶にも残らないんだろうなあ・・・。
子供はそんな親の背を見て育っちゃうのかな。

真がこのシーンの主人公だったら、やっぱり黙ってため息を吐いて金魚を持って帰りそう(笑)でも、なんだろう、甲斐甲斐しく金魚の世話をする真って可愛いだろうなとか思ってしまう^^

そして、はい、玉城の財布はちゃんとリクに。画廊でチラ見せした段階でもうしっかりリクの中でロックオンです。あんな財布(玉ちゃんごめん)に刑事を引っ張り出すのも申し訳ないし・・・。でも、大海さんの『ややこしくしたい』精神は私にも確かにあって。毎回「そこでひねったら短編で終わらないし」と、絡まりそうな糸をほぐしつつ書いています。あくまでコメディ番外を作りたかったので><
あ、でも、人間の感情の方向は、この番外の中では結構複雑かもです。
てっぺんの三角は完璧ですが、そこに立ち入ろうとする輩がいると、いろいろ問題が起こりそうです。
やはり三角というのは一番安定した形状ですもんね^^(・・・って、ツッコんで)

あああ~、そして、大海さんに見抜かれてしまった。リクの幼さ。
けっこう悟ったようなことを言ってることが多いけど、人間関係に関しては、まるで中学生のようにオクテです。
気になる友人が出来て、メールという文明の利器に触れてしまってからは、やっぱり彼なりに気持ちがそわそわするんでしょうか。長谷川さんからしたら、そんなリクの幼い部分が心配で、気になってしかたないんでしょうね。・・・やっぱり母性???
玉城は、この二人を思い遣ることに手いっぱいで、自分の本心には気づかないし。(なんだろうね、玉城の本心)
この3人は、まだまだ流動しそうです^^

はい、今回の奈津美は、いろんな意味で手癖の悪い女だったようです。
育ち方というより、天性の欲張りというか。ほんとうに、自分の欲望に正直な人です。
ここのレギュラーの3人とはそんな意味で対極にあるかも。
一応憎まれ役として登場させた奈津美ですが、ある意味一番現実的な人なのかも、なんて思ってしまいました。
奈津美がもたらす効果は・・・。
「ああ、やっぱりそんな役割ね」と、大海さんに笑われそうです。

玉ちゃんの死んじゃうメールは、無事に(笑)リクに届きました。
今回のリクは、ちょっといつものリクと違うかもしれません^^
次回後半は、玉城ルームからお届けします^^

NoTitle 

いつ読んでもlimeさんの描写は、その場の様子、五感で感じるものがビンビン伝わってきます。
今回も文章を読んで、ぶわ~~っと映像が浮かびました。

最後の奈津美とあやのの・・・・
またもやもやしています。
続きが早く読みたい!

海青藍花 さんへ 

わあ、そう言ってもらえてうれしいです。
今回のお話は特に色彩にこだわってみたいと思ったんです。
金魚も出てきますしね。
自分の中でもフルカラーで映像を流しながら書いています。
リクのシーンは純粋にきれいに描けるんですが、奈津美のシーンはちょっと・・あれですね^^;
藍花さんにもやもやしてもらえたら作戦成功です。
この後も、もうすこしもやっとしてもらえたらいいな。
お時間のあるときに、お付き合いくださいね^^

こんにちは~(^0^*)ノ 

なかなか落ち着かなくて
ちゃんとコメントに来られなくてごめんなさいm(;∀;)m
来週になったら、イヤンなるほど(?)暇になる予定なので
もうちょっと、ごめんなさいです~~i-201

金魚たち、
まるで、リクの中にひそむ あやのに吸い寄せられたように
来ちゃいましたね(^^;)\
私的には、この後は玉ちゃんの家族になってくれると嬉しいなあ~
家族のいない家で風邪ひいてしんじゃわないように(笑)

リクはもちろん助けに行きますよね???
玉ちゃんのお財布持って!!(笑)

”なっちゃん”は、ひどい目に遭うの決定~~~♪
絶対に、ひどい目に遭ってほしいわあ~~~~(≧∀≦)o
つか、怖い目???

この後どうなるのか、全くわからないんですけど
それだけに超楽しみです~~~\(≧∀≦)/

かじぺたさんへ1 

かじぺたさん、お忙しいのに読んでくださってありがとうございます!
いえもう、時間が出来てからで全然かまわないですからね(汗
私は逆に月末にいろいろばたばたしちゃいそう。
お互い、落ち着かない季節ですね^^

もう、なんだか金魚づくしのお話になっちゃいました。
ほんとうですね、なんだか今回はみんな金魚がリクのところに集まって来ちゃった感じで。
この金魚たち、けっこう意外な役目をするんですが、リクにとってプラスなのかマイナスなのか、微妙なラインです。
リク、あんなメール貰っては、やっぱり行かざるを得ないでしょうね><
お財布もってw

奈津美はちょっと、自分の身勝手さを反省したほうがいいですよね。
でも・・・もう少し泳がせてみましょうか。なにか墓穴を掘るかもしれません。
他人が仕掛けなくてもね^^
(いやそのまえに、リクが危ないかも)

このあとは、じわじわと展開していきます。
でも、基本このお話は、かわいい恋物語なんですよ^^(ほんとうか??)

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、こんにちは。
はい、奈津美ねえさん、妖しさをじわじわ見せてきました。
本人はまったく自覚なくて「何が悪いのよ」って感じなんでしょうけど^^;
次回も、まったく罪の意識のない奈津美の、過去の回想です。
こんなに自分勝手に生きられる人って・・・幸せなんだろうけど、めいわくですよね><

風邪ひき玉城、さて、金魚よりも大事にしてもらえるかな、リクに・・・。

イラストも見せていただきました 

にのいさんの描かれたリク&玉ちゃんも見せてもらいました。
limeさんのおっしゃる「玉城は玉城だー」って気持ち、わかります。
これってやはり作者ならではの感覚なんですよね。
いろんな方の描かれたいろんなlimeさんのキャラたち、ほんのすこしずつちがってはいますけど、基本のトーンは同じで、うんうん、リクくん、うんうん、玉ちゃん、と読者も納得です。

そして、ストーリィ。

あのメールはリクに送っていたのですね。
これも伏線になるのかな。
弱気な玉ちゃんに微笑むリクくん、嵐の前の一瞬の静けさでしょうか。

奈津美ってひとは小悪党……だと思ってましたが、まさかまさかスリよりもっと悪いことをしているのでしょうか。
ますます目が離せなくなってきましたね。

乞うご期待!! じゃなくて、期待しています。

あかねさんへ 

おはようございます。
にのいさんのイラストも見てくださったんですね^^
ね!玉城はほんとうに、玉城だったでしょ??
自分でもイラストにしにくいサブキャラだったんだけど、初めてイラスト化されて、嬉しかったです^^
玉城も本当はいい顔してるんですが、リクが横に立っちゃうと、見劣りするんですよね(笑)かわいそうな男。

そうなんです。死んじゃうメールはリクに。
逆に、リク以外の仕事先に送ったらえらいことになりますよね(笑)それも面白いけど。
リクも案外、このメール嬉しかったりしてね。
リクのメール画面にはきっと、玉ちゃんと長谷川と佐伯さん(ちょっとゲイかもしれないオーナー)くらいしか入っていないだろうし。
奈津美の内面も、このあとじわじわと出していきます。
奈津美は、そう、小悪党なんです。でも本人が罪だと思っていないだけで、けっこう酷い事をしてきたのかも。
その中には奈津美の記憶にも無いような悲劇があるのかもしれません。

このお話は、わりとコメディタッチで作っているのでそんなに悲惨な内容は無いと思うんですが、じわじわと妖しい影が忍び寄って来るかも・・・。
どうぞ、また見てやってください^^(更新、遅いですが><)

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)創作ノート:ENDマークのそのあとで】へ
  • 【(雑記・イラスト)香る春、そして黒と白】へ