RIKU

RIKU 第五話 展開

 ←伊坂幸太郎「チルドレン」 →RIKU 第六話 嘘
『そっとしとかないと何処かに飛び去ってしまう、鳥みたいなもんです』
このドアを開けたら、あの嘘つき鳥は気を損ねて飛び去ってしまうだろうか。

玉城は年代を感じさせる真鍮のドアノブに手をかけた。
思った通り鍵などかかっていない。ドアはキイと微かな音を立てて開いた。
ハッとしてリクがこちらを向く。
ドアから飛び込んで来た光に眩しそうに目を細めた。

「鍵、かけないと。不用心だよ」
玉城はさりげなくそう言うと部屋に入って行った。
こんな偶然があるだろうか。
そう思う反面、玉城は不思議と全てのピースが収まったようなしっくりした気分だった。
「玉ちゃん以外に、そこから勝手に入ってくる人はいないよ」
リクは勝手に入ってきた玉城にほんの少し微笑みかけた。

初めて来た時に玉城が気がついたあの特殊な臭いの正体がこれだったのだ。
油絵の具のオイルの臭い。
リクはそれ以上玉城を気にとめるでもなく、ゆっくりと筆を動かした。
キャンバスの上では深い青を基調とした背景に、あの少女がやはり寂しげな様子でたたずんでいる。
アングルが前と違うが、背景の雑木林の様子も、見え隠れする遠くの建物までリアルに描き込まれている。
実際にある場所なのか、想像上の景色なのか、玉城にはもちろん分からない。

「手、まだ痛む?」
聞きたいことがありすぎて、何から手を付けていいか分からない。
「平気」ぽそりと答えるリク。
取りあえずバードウオッチングの必要が無くなった事と、借金から救われるであろう事の安心感で、玉城は開放感に満たされた。
それと同時に、目の前の、このつかみ所のない青年への興味が溢れてきた。

「絵描きさんなんじゃない。ピアニストでもフォトグラファーでもなく」
「そんなこと言った?」
「言った」
「絵は・・・ただの趣味だよ」
「それも嘘だよね。『MISAKI』さん」
その言葉にリクは一瞬手を止め、びっくりしたように玉城をじっと見た。
玉城はその表情が可笑しくて少し笑ってしまった。
「ああ、そこの画廊で同じ絵を偶然見かけてね。綺麗な絵だったんで注目してたんだ。
まさかリクのだなんて」
「ああ、・・・そう」
リクは少し笑ってまた手を動かし始めた。
「その絵の女の子は知り合いなの? 綺麗な子だね」

“この絵の作者を見つけても決して自分から話しかけないでくださいね。”
心配して言ってくれた老人の言葉を思い出したが、まるでリクは危険な臭いはしない。
それどころか、なんとなく彼の側にいると気持ちが落ち着く。
玉城はわき上がってくる好奇心に任せて聞いてみた。
けれどリクは何も言わない。

「モデルとかいるの?それとも、ただ、イメージ?」
しつこくもう一度聞いてみた。
しばらくリクはじっとキャンバスを見つめていたが、
やがてゆっくり首だけ玉城の方に向けて小さく言った。

「信じてくれる?」
「え? なに?」少しビックリする玉城。
「玉ちゃんなら、信じてくれるかな」
「だから、なにを?」
玉城は少しぽかんとしてリクを見つめた。

「彼女、とてもしつこいんだ。ほとんど毎日僕の所に来て、描いて欲しいって言う。
他に行くとこがないんだろうから、しかたないんだけど。」
「え?ここに来るの?いつ?昼間?」
玉城は思わず裏返った大きな声を出した。すぐに小宮に知らせてあげたい気分だった。

「早朝の時もあれば、深夜の時もある。・・・夜が多いかな。そんな時、僕は一晩中相手をさせられるんだ。僕の中に入ってきて寝させてもらえない」
玉城はショルダーバッグを落としそうになった。
「な・・・何の話してんだよ。17、8の女の子だよ?
そんなわけないでしょ。ジョーダンはいいから。・・・その子はどこに住んでるの?」

“俺をからかってるんだろうか。この男は”
玉城は少しばかり腹が立ってきた。

「住んでる所はわからない。体はもう無いから」
「・・・・・・・・は?」
「ここに来るのはいつも魂だけだから。その子の」

リクは玉城の目をじっと見ながら、何気ない会話を交わすような口調でさらりと言う。
そんな真っ直ぐな目で嘘をつく人間を玉城は知らない。
けれど、とうてい信じられるわけもない。
いったい、この男は何を言い出すんだろう。また苛立ちが蘇ってきた。
「幽霊だってこと?」
「そういう言い方のほうが近いかな」
「近いかな・・・て、それを信じろっていうの?」
「信じなくてもいいよ、別に」
リクは急に子供のようにムッとした顔をして、洗筆油に筆をポンと投げ入れた。
「玉ちゃんが聞くから答えただけだよ」
「そりゃそうだけど、普通むりでしょ。常識的にさ。笑えないし。俺、その手の話、だめなんだ。悪いけど」

リクはじっと真っ直ぐキャンバスを見つめたままだったが、やがて少しうつむいて、フッと自嘲気味に笑った。
「普通、とか、常識、とか、その手の話、とか・・・・」
そして、ゆっくり玉城を見た。
「子供の頃からずっとそんな目で見られてきたからもう慣れてる。いいよ。でも、玉ちゃんにはあの子が見えるかと思ったんだけどな。・・何か、同じニオイがしたから」
「同じニオイ?俺は霊感とかまるで無いよ。変なこと言わないでくれって」
「それは玉ちゃんが気がつかないだけだろ?」
「どうしてそう言えるんだよ」
リクがあまりしつこく食い下がるので玉城も少しムキになってきた。

「だって玉ちゃん、見たじゃない」
「何を!」
「幽霊を」
「何言ってんの。いつだよ」
「僕たちが出会った日だよ」
「は?あの日何を見たって言うんだよ」
「僕を追いかけてきたスーツの女、見たんでしょ?」
「スーツの女?そりゃあ見たよ。だけどそれがどうしたんだよ」

玉城は眉間に皺を寄せてリクを睨んだ。
しかし、すでに背中がゾクゾクし始めている。とてつもなく嫌な予感。
リクはニヤッと笑って玉城をチラリと見た。
「ほらね・・・玉ちゃんも見えるんじゃないか」

玉城の全身にぞぞぞっと悪寒が走り抜けていった。
「そ・・・そんな・・・あの女が?」
全身から今度はじわりと嫌な汗が出てきた。

けれどリクはもうその話に興味を失ったように前を向き、キャンバスに細い筆を走らせた。
絵の中の少女の栗色の髪に艶やかな光が宿る。
今にも何か語りかけて来そうな少女の唇、頬、瞳・・・。

「・・・もう、その子は死んでるってこと?」
玉城は恐る恐る聞いてみた。
「そうだと思うよ。詳しい事情は何も聞かないから、彼女も何も答えないけど。僕は彼女が見せる映像をただそのまま描いてるだけ」
リクは抑揚のない声で言う。

そんな事ってあるだろうか。
玉城は混乱する頭を整理出来ずにいた。
少女は死んでいる。霊となって現れたところを描かれた。
どうやってそんな報告を小宮にすればいいのだろう。
いや、報告するべきなのかも疑問だ。知らない方が幸せだということもある。

「玉ちゃん」
考え込んでいるところを呼ばれ、玉城はビクリと跳ね上がった。
「え?」
「もう少しここに居てくれる?もうすぐ彼女、来ると思うんだ。一人じゃ怖いから、玉ちゃんも居てくれる?」
リクが真顔で玉城を見て言った。
「た・・・あっ・・・あの、いや、オレちょっとね、まだ仕事の途中なんだ。悪い! ごめんね。また来るから。がんばって!」

じりじり後ずさりする玉城。
今日は絵の道具やキャンバスが床に無造作に置いてあるのでそれらに何度も躓き、
転けそうになりながら玄関ドアまで辿り着くと“じゃあ!”と言って慌てたように外に飛び出して行った。

またシンと静まりかえる室内。

リクは玉城が飛び出して行ったドアを見つめながらほんの少し笑うと、少し疲れたように目を伏せた。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【伊坂幸太郎「チルドレン」】へ
  • 【RIKU 第六話 嘘】へ

~ Comment ~

はじめまして。 

第五話まで一気に読ませていただきました。
先が気になる展開で、とても面白いですね。
次回を楽しみにしております。

P.S.
先日は遊びに来ていただいたようでありがとうござい   ます。
私の作品も読んでいただけたら嬉しいです。←押し売りみたいになって、ゴメンナサイ。笑。

ヒロハルさん、はじめまして。 

コメント、とてもうれしいです。
そしてRIKU、読んでいただいて感激です。
そんなに長い作品ではないので、お付き合いいただけたらうれしいです。
なにしろブログを初めて間もなく、右も左もわからない状況・笑
暗中模索しています。
ヒロハルさんの数々の素敵な作品、これからゆっくり読ませていただきたいと思います。
まだ触りしか読んでいないのですが、とても惹かれます。
足跡も残さずごめんなさい。
ブログ初心者で、失礼もあるとおもいますが、これからもよろしくお願いいたします!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

ふふふ。
そう、そう来たんです。
でも、安心してはいけないのが『RIKU』なんです^^

こうだな?と安心せず、玉城と一緒に苦悩してください。ふふ。

でも、Pさんがおっしゃったその現象、実はRIKU4あたりで重要になって来るんです。
私もびっくり。
RIKU4では、リク自身が苦悩します (>_<)

次回の第6話、「嘘」は、ちょいと長いです~^^ でも、「転」の部分!

おお… 

リク君は、このお話そのもので掴みどころがないですからねえ、このお話も作り話なんじゃ?と玉城君のように素直でない、汚れた大人のワタシは疑ってしまいます(苦笑)

ですが、このお話は玉城君目線で追っていったほうが楽しそうなので、彼と一緒に「ゾゾー…」っとしていようと思います^^

有村司さんへ 

お、さっそく予防線を張りましたね^^
堅実です。
いろいろ推理しながら読む人も結構います。
それがミステリーですもんね。

だけど、そう! 玉城と同じように、深く考えずに読む方が、楽しめるはずです。
ここは、一緒にゾゾーッとしてみて下さいね^^



次元変更線 

このフレーズ、いいですね。
タイトルに使っても素敵な言葉だと思います。

タイトルといえば、コブクロに「Door」という歌がありますよね。
私はそれをフォレストシンガーズストーリィのタイトルのひとつに使わせてもらっていて、あ、limeさんのブログタイトルと同じだ、と気づいた次第です。

もしかしたらリクくんも生きていないひとなのかな、嘘つきリクって言われてるから、彼の言ってることはみんな嘘なのかな。

私もさまざまに想像しながら、続きも読ませていただきます。

あかねさんへ 

あかねさんも、いらっしゃいませ。
ご挨拶がおそくなりましたが、今年もよろしくお願いします^^

そのフレーズ、気に入っていただけてうれしいです。
なんか、読む方にしっくり来ていただけると、作者冥利につきます。
ボキャブラリーが貧困でかなしいのですが、日本語って、素敵なことばですもんね。

おお、そうなんですか。そういう歌がありますか。
私も早く、そちらに伺って、読み進めたいです!

リク、生きていない説!
これは面白いです。
リクは嘘付きですからね~~。どうか、惑わされないように、お付き合いくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【伊坂幸太郎「チルドレン」】へ
  • 【RIKU 第六話 嘘】へ