緋色幻想(RIKU・番外)

緋色幻想 第3話 落胆

 ←(イラスト)君の背中に… →(雑記)聖バレンタイン
リクは何度か瞬きし、息を深く吸い込んでみた。
けれどなんとなく、自分が自分ではないような心許なさがあった。
2週間ほど前に山の中で出会った霊体の仕業だろうか。
頭の芯にふわふわした違和感を覚えながらリクは、自宅から駅までの道をゆっくりと歩いた。

自宅から一番近いJRの駅までは、歩けば小一時間かかる。
もういらなくなったからと玉城が売りつけてきた自転車もあったし、バスも無い訳ではなかったが、時々こうやって長い道のりを歩きたくなる。
住宅地の横に流れている秋川には、リクのお気に入りのアオサギやヤマセミも時々姿を現し、絵のイメージをかき立ててくれる。
都内ではあるが、まだ豊かな自然の残る場所だ。
川の音を聞きながら木立の中を歩くことは、部屋に籠もるよりもリクを癒やしてくれた。

「だから家に持って帰っちゃだめって言ってるでしょ。聞き分けのない子ね!」
「だって……」

ふと声のした方を見ると、土手下の河原で若い母親が10歳くらいの少年を叱りつけていた。
少年の手には小さなビニール製の、水の入った巾着。
リクにも見覚えがある。縁日の金魚すくいでの戦利品を持ち帰る入れ物だ。
そういえばこの近くの社でここ数日、明るいうちから秋祭りが行われていた。
きっとこの子供もそこの出店で金魚をすくって持ち帰ろうとしていたのだろう。

「だってじゃないの。うちには水槽も飼育セットもないのよ。今から買うのなんて絶対に嫌よ。そんな安い金魚なんかのために」
「だっ……でも……どうすんの? 金魚、せっかく5匹もすくえたのに」
そんな親子の会話をやり過ごして、駅へ向かおうとしたリクだったのだが。

「だから川に流しちゃいなさいって言ってるじゃない。ここの方が水槽より広いし、きっと金魚だって幸せに思うわよ」

リクは再び足を止めた。
ブツブツ文句を言いながら少年が、持っていた袋を川の方へ差しだそうとした瞬間、リクは思わず声を出していた。
「やめてください」

河原の親子はギョッとしたように振り返り、土手の上に立つリクを見上げてきた。
「……え?」

「それを川に放すのはやめてくださいと言ったんです」
「は……?」
驚いた表情のまま固まる母親に、リクは少しだけ口調を和らげた。

「すぐに他の魚のエサになってしまうでしょうが、それならまだいい。もしも生き延びてしまったらこの川の生態系を崩してしまう。病気を持ってるかもしれないし……。だから、できれば持ち帰ってやってください」

……それがだめなら、すぐに殺してあげてください。
けれどリクはその言葉は飲み込んだ。
その小さな命の最期に責任を持ってほしいと願っての言葉だったが、誤解を招くと子供を悲しい気持ちにさせるだけだ。
視界の端で母親が眉を吊り上げて睨んで来るのを感じたが、リクはゆっくりとその河原を後にした。

後ろから聞こえてくる母親の、「だから生き物なんて嫌なのよ。二度と捕って来ないでよね!」と子供にあたる怒声を聞きながら、リクは気持ちが沈むのを感じた。
あの母親が悪いという訳では、決してないのだ。

さっきのあの子供はいつか気づくだろうか。
一方では愛玩し、愛でるために生産し、その一方で少しずつ自然の法則を破り生き物たちの尊厳やあり方に影響を与えてしまう、身勝手な人間という存在に。

そんなことを思う反面、少しばかり出しゃばりすぎたかもしれないと、自分の言動を反省しながら国道脇を歩く。
普段の自分ならば、思っていてもきっと何も言わずに通り過ぎた。
やはり何か、今日の体は勝手が違うように思えてならない。

--- ダレカ イル? ---

リクの体の奥で、ちいさな何かがグルンと翻ったような気配がした。

                 ◇

靖国通りを足早に歩き、客の少なそうなカフェレストランを見つけると、新田奈津美はすぐにトイレに入り込み、手を洗った。
地下鉄九段下駅から通りへ出たところでぶつかった男の手が、自分の手に触れたのがどうにも気持ち悪かったのだ。

ああ嫌だ、いくら夏だからってどうして男の手というヤツは、あんなに汗ばんでいて汚らしいのだろう。
奈津美は鳥肌を立てながら手をハンカチで拭いた後、そっとA4程の大きさの袋の中に手を突っ込んだ。
つまみ上げたのは、「さっきぶつかった男」の長財布だ。

生身の男の肌は汚らしく思えるのに、その人間の持ち物に嫌悪感は沸かない。
物は、物でしか無い。
たぶん自分は生物学的な「男」が生理的に受付けないだけで、潔癖症と言うのとはまた訳が違うのだろうと冷静に分析していた。

つい昔の癖で「それ」をスッてしまったのは、ほんの30分ほど前の事だった。
地下から階段を上って通りに出た時、目の前の男の尻ポケットから半分顔を覗かせている財布があった。ストライプの趣味の悪い安っぽいキャンバス地の長財布だ。
馬鹿なのか、それとも取ってほしくてそんなところに突っ込んでいるのか。
どちらにしても奈津美の悪い癖が発動するのを止める要素は何もない。
けれど男が急に立ち止まったのは誤算だった。
手につかんだ財布を戻すことはもう出来ない。
気を逸らす意味も込めてにらみつけ、丸々と太った財布は自分の紙袋に滑り込ませた。
どなりつけたのはカムフラージュでもなんでもなく、無性に湧き上がってきた苛立ちのせいだった。
本来ならばやってしまった後で顔を見られるなどあってはならない。

けれど多分大丈夫。あのぼんやり男はきっと落としたくらいにしか思わないだろう。
ぽかんと口を開け、間抜けな表情をしていた。
奈津美は手際の悪かった自分を慰めながら横縞財布の中身を確認した。
そして眉間に皺を寄せる。
千円札一枚、入ってない。現金はゼロなのだ。
あるのはポイントカードや訳のわからない割引券ばかり。
プリペイドカード一枚入ってはいなかった。
そのかわり貯まったポイントカードには、ご丁寧に名前が書いてある。
「玉城……」

腹立ち紛れに財布ごとゴミ箱に放り込もうとしたのだが、ちょうど入ってきた女性がチロリとこちらを見てきたため、再びその盗品を紙袋に滑り落とした。
何食わぬ顔で再び手を洗い、トイレから出てきた奈津美はそのまま店を出た。
チッと、すれ違った客に聞こえるほど大きな舌打ちをしながら。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(イラスト)君の背中に…】へ
  • 【(雑記)聖バレンタイン】へ

~ Comment ~

あらら~ 

どんな気持ち悪い男の財布かと思ったら……まさかの玉城(笑)!
しかも中身が残念過ぎる~^^;
ほんと、玉ちゃんこそ見合いをした方がいいのでは……いや、これはこっそりですが、玉ちゃんと長谷川さんってのもいい組み合わせじゃないのかなぁと思っていたりするんですよね。リクって、やっぱり恋愛しそうにないんだもの。長谷川さんを慕ってはいると思うけれど、玉ちゃんと慕うのとレベルが一緒っぽいんですよね……
あ、これはあくまでも「つぶやき」です。それに、この三角関係?には簡単に決着はつかないだろうし。

なんて、つぶやきは置いといて。やっぱりリクのシーンはちょっとドキドキしますね。う~ん。何をしていてもどこかに色っぽさが……リクとはどうやら親和性が……(誰と?)
それに、いつもなら黙ってしまうリクが言葉をかけてしまうのは、身体の中に金魚幽霊を取り込んだからかもしれませんが、あるいはやっぱり玉城効果かもしれませんね。

大海彩洋さんへ 

あははは。まさかの玉城でした!!
手汗ひどいし、ぼんやりして、馬鹿っぽそうに見えた……というのも、全部玉城でした><
ああ、なんてこったい(笑)
いやきっと、風邪気味で微熱あったと思うし、そのせいよね、玉ちゃん!!(作者の愛情w)

でもこの財布の中身は残念すぎますよね。現金がまるで入ってないのは、いずれ玉城が弁明すると思うんですが、
このポイントカードをしっかり持ち歩いてせっせと押してもらう姿は、なんか涙を誘う気がする作者です。
(そして、中古自転車を、リクに売りつけてるし!!爆)←いったいいくらで・・・。

もう、ここで玉城が長谷川と結ばれたら、世間的にはヒモにしか見えなかったりする恐ろしさが・・・汗
でもやっぱり長谷川と玉城のカップルは想像できない(笑)
もしそうなったら、玉城は主夫かな? ああ・・・やっぱりなんか、すごく禁断な気がして、想像力働かないなあ(でも楽しんでる)

でも、かといって長谷川とリクの組み合わせも異質すぎる・・・。なんだろうね、雄雌逆転すればしっくりいくような・・・。
そんなこんなの、妙なトライアングルです(笑)

ああ、リクのここんところにも色気を感じてくださってうれしいです。
自分からこうやって人に関わっていく人ではなかったのですが、少しずつ変わっていっていますよね。
そう!私もそんな気がしてたんですよ。これは、あの少女のせいばかりではなく、玉ちゃん効果じゃない??って。
少しずつリクも、人間ぽくなってきたという事でしょうか。
(でも、融通の利かない頑固爺レベルになってしまわないか、ちょっと怖い・・・)
うん、なんか大海さんとこの彼とは妙にシンパシーかんじてしまいます^^
リクは愛情を求めるという面では、希薄すぎるかもしれませんが、でも・・・いや、意外に寂しがりかも。

今回,これを描きながら、新しいリクの発見が有ったりして、なんだかわくわくしました^^(へんな作者)

NoTitle 

イルイル。誰かいる、何かいる・・・
リク、時にアウトドア派ですねえ。よく歩く?
山歩いたり、川歩いたり、雪の中歩いたり^^
サギがサギをモデルにしてサギを描くのも良いかも? 
いや、金魚ちゃんか・・・
私は歩かないですねえ。車ばっか。運動不足です(><)

またlimeさん、どんなキモキャラを登場させるのかと思ったら、玉ちゃん。ぷぷ。
ダメダメ。あのシリポケ財布は海外では格好のスリの標的。
持っていってくださいって、オファーしてますから。
田島もやられています。
玉ちゃんの気づいたときの反応が楽しみ^^

こんばんは。 

ああ、金魚はこういう風に使いますか。確かに難しい問題です。
金魚にも、その子にも、そして母親にもそういう意味での非は無いのですから。あるとすれば人間ということになるのかな。
サキはリクをほとんど知りませんが、そうやって見知らぬ人に声をかけるという姿はイメージとは違っていました。でも実こういうことは際珍しいことなんですね。
ちいさな何かがグルンと翻ったような気配・・・?何だろう。

新田奈津美は新しい登場人物でしょうか?それともこれまでにも登場したことがあるのかな?とても興味深い人物ですね。しかもスリですか。男に対する感情も面白いし。こういうキャラ、サキには作り出せないなぁ。
で、よりによって玉城の財布をスッたのですか?中身もまぁアレですし。玉城ってどんなキャラなんだろう。コメントを読ませていただきながら想像しています。
こちらのキャラも気になります。

けいさんへ 

うんうん、なんかいますよね。
リクが何かいるって言ったら、絶対いますよね(笑)

リク、白くてひょろっとしてるイメージなんですが、意外とアウトドアです。
いや、自然とすぐ交わってしまうというか・・・森の精か?
きっと野生の鳥なんですよ。シラサギww
(あれって、細くてしなやかで、日に焼けない)
シラサギがアオサギ描く・・・。なんか、想像して笑っちゃいました。
でも、そうなんです。今回は金魚ちゃんを描きますよ!そこから物語が動きます。

けいさんは、車派なんですね^^
いや、車じゃないときっと広大な土地だからたいへんですよ。
私なんか、電動自転車ですよ。全然足腰の鍛錬になりません><
(雨の日はバスね^^)

ああ~~、キモキャラじゃないのです(笑)玉ちゃんです!!
でもこの奈津美には、キモイ男に見えたんですね。哀れ・・・。じゃあ、リクはどう映るんでしょうね。
シリポケ財布、ダメですよね!
でも、よく見かけるんですよ。あぶないなあ・・・っていつも思うんですが。
あ!田島君もやられちゃいましたね!お友達だ^^(うれしくない)
現金が入ってなくて良かったけど、・・・ねえ。(金、ないのか??)
玉ちゃんが気づく瞬間。これ、けっこうおもしろいと思うんですw(書いててたのしかった^^)
またぜひ、見に来てください!

山西 サキ さんへ 

こんばんは~。
物語を知らないで読むのって、いろいろ想像しなきゃならないから、きっと大変なんですよね。
本当にありがとうございます。

はい、金魚はこんなふうにも使ってみました。
でも、こんな倫理観とか道徳観とか、そんな小難しい話ではないので、気楽に読んでやってくださいね^^(最後にクスッと笑える物語にしたいな、と思ってるのです)

おお、サキさんするどい。
そうなんです、リクって積極的に人に関わる子じゃないんです。森にすむ鳥みたいにそっけなくて^^;
でも、人間臭い玉城と関わる様になって、少し人間らしくなってきたかな?
そして、今、腹のなかになにかいるみたいですし。(笑)(腹なのか)
これもじわじわと正体を現して、物語に絡んできます。けっこう意外な存在になるかも。

新田奈津美は、初登場です!!
こういう捻くれたいやな女って、私もあまり書かないんですが、書いていていや~~な気分になりますね(笑)
なるべく自分のキャラは全員可愛がりたいんですが。・・・でも、楽しんで書いています^^

そして、まだ登場回数の少ない玉城ですが、彼の性格をまとめると・・・単純馬鹿だけど、めちゃくちゃお人好しで、いいやつ!です。
でも金はないし彼女もできないし、寂しがりだし・・・とにかく残念な人です。

これを読み終わる頃には、サキさんも玉城のダメっぷりがきっと分かるはずです^^
ああ~、きれい処の女性が出てこないのが申し訳ない。
でもね・・・ちょっと期待していてください。
リクの腹の中にいるものに。・・・ふふ。



 

玉城くん、今回も順調に「トラブルのもと」を引っ張って来てますねえ……(^_^;)

まあそこがいいとこでもあるんですが(笑)

ひどい~~!! 

その母親と云い、
玉ちゃんの財布を擦った女と云い
許せませんね!!!
私的には2人とも有罪!!!
サイテ―――o(`Д´)
でも、居るんですよね~・・・・・・・
泥棒もそういう最低母も・・・・・・・・・

子供が幼稚園の頃、
幼稚園の夏祭りがあって・・・・・・
その場でお金を払う方式では無くて
事前にチケットを買っておく方式でした。
一緒の幼稚園バスの停留所の園児の母親が、
子供に「金魚すくいは何回やるの?5回??」
なんて言ってて・・・・・
「でも、掬ったってすぐに死んじゃうわよねえ~」
とか言うので
「カルキ抜いた水でろ過してやれば
ちゃんと飼えるよ?」
って言ったら
「ええーーー?!!
金魚すくいの金魚なんかのために
そんなことしないわよお~~~あはははは」
って・・・・・・
じゃあ、なんで子供に、ただ殺すための金魚を掬わせるの??
って、本当に頭に来ましたよ。
まあ、その方は
旦那の実家の九州まで行って
わざわざ連れて来た仔犬を
「娘が壁に投げつけたら
気絶しちゃって~~あはははは」
で、しまいには
「あの犬、娘を咬んだから河原に捨てたわ~~
犬小屋、余っちゃったから要らない??」
(咬んだって言ったって仔犬だからたかが知れてました)
なんていう人でしたし

その、娘がポケットから紙くずを落として
拾おうとしたら
「もう!!ゴミなんでしょ!!キタナイから
拾うのやめなさい!!」
って云う倫理観の持ち主でしたから
仕方ないですけどね・・・・・
その娘も、悪いけど
ろくな人間に育ってないと思います。

河原の少年の将来も心配だわあ~~(;m;)

でも、お話は、スリ女がこのままってことは無いでしょうから
どうなるのか、楽しみです(^^*)
あ~~~
やつらが、なんかひどい目に遭えばいいのにい~~!!!!!
腹立つーーーーo(`Д´)

ポール・ブリッツさんへ 

はい! 玉城は良くも悪くもトラブルメーカーです(笑)
あ、でも今回は被害者なだけなんですけどね^^ でもこの失敗は、この後の展開に不可欠なので、
やっぱり玉城には残念な役回りでいてもらわにゃ・・・。
物語に一人、玉城がいると、便利ですw

かじぺたさんへ 

こんばんは~~。
かじぺたさんが、怒ってくださってる^^
うん、リクはあの母親を責めてはいませんが、やっぱり子供に言うべき言葉では絶対ないですよね!!
新田奈津美に関してはもう論外で。彼女はもう、すぐに捕まえちゃっていいかも(笑)←あ、でもそしたら話が始まらないから、もう少し泳がしましょ。

いや~~それにしても。
この物語の、河原の母親も酷いけど、かじぺたさんが書いてくださったママさんの話は更に酷いですね。
100歩譲って金魚の話はまだ目を瞑るとしても、仔犬の話はもう、人格破綻してますよ。
そんな人が子供を育ててしまったら、子供はどうなっちゃうんでしょう。
生き物の命の大切さは、小さなころに学び取るものなのに。
ゴミの話にしてもそうで。
きっと自分に都合のいいようにしか生きていけない人なんでしょうね。

この、河原の親子の話しには、もう少し後日談があるんです。(登場はしませんが)
これは多分また、かじぺたさんの逆鱗に触れるんじゃないかと思います。

リクが、飲み込んだ気持ち(持ち帰らないのならいっそのこと……)は、もしかしたら「ひどい」と思われるかな、と心配だったんですが。
それくらいの覚悟で生き物に向き合ってほしいという願いの末の言葉で。
このあと、そんなリクの性格が見えてくるはずです(見えたらいいな^^)

そしてこのスリ女、新田奈津美は、この後もいろいろお騒がせな存在になるんですが。
けっこう図太いので、ぎゃふんと言わせられるかどうか・・・。
最後の最後に何かが起こってくれればいいなと、作者も願っています。

今回も驚きエピソード、ありがとうございました^^


NoTitle 

難しいですよね。その辺は。
いや、私はももう親の年齢だからわかりますが。
金魚すくいで子どもがすくったとしよう。
捨てなさいと言うのは簡単。
だけど、子どもの成長とか色々考えると、それもなあ。。。
けど、色々買わないといけないからお金がかかる。。。
ジレンマですね。

LandM さんへ 

小動物が嫌いっていう親も、きっと多いでしょうし、それは仕方がない事ですよね。
全て飼ってやれと言うのは難しいところですが、ここは人生経験の一ページ。
親としてどういう対応をしたらいいかをまず考えてほしかったですよね。この母親には。

そして金魚って、そんなに設備は要らないんですよね。
川の水とバケツがあれば、けっこう生きられるし。
そうやって、子供のころは飼っていたのを思い出します^^


NoTitle 

金魚すくいでの金魚、タライやバケツでもいいので
しっかり育てて欲しい!
リク君と同じ想いです!睡蓮鉢、蓮の鉢にもよく合います!
と・・・趣味の範囲ですのでついつい・・・

奈津美さんの行動・・・
これからどうなる?
続きがとても楽しみです!

海青藍花さんへ 

こんばんは~。

そうですよね! あの母親に言って聞かせてやってください。
タライやバケツでも和金なら十分育ちますよね。
リクの気持ちを分かってくださってうれしいです。
リクの感情って、時々極端なので冷たい奴だと誤解されそうだけど、すごく俯瞰で物事を見てしまうんですよね。
本当は金魚、殺してなんか欲しくないのです。
このシーンには、後日談がありまして・・・。
再びこの和金ちゃんたち、登場します^^

新田奈津美。この人はちょっと問題ありな人なんですが。
ここの主人公たちに大きく関わってきます。
いけ好かない女ですが、我慢してお付き合いください><

そのかわり、リクたちはいい奴ですから^^

スリ? 

丸々と太った男、だと誤読していまして、なんで玉ちゃんが? と思ったのですが、太った財布だったのですね。
奈津美って人はワケアリだと、14747に書いてありますから、ただのスリでもないのでしょう。

最近は潔癖症の方も増えているようで。
男の手に触れるのが気持ち悪いのに、男の持ち物、財布は好き、とね。ふむふむ。

私も子どものころ、金魚すくいしました。紙の部分は破れてしまっても、周りの金網のところですいっと一匹つかまえたり。
金魚鉢はなかったので、洗面器に入れてましたね。
猫が狙うので、あかんあかんあかーん!! って隠していました。

ほんと、人間って勝手な生き物ですよね。
私は猫に……じゃなくて、生まれ変わったら樹になりたいです。

あかねさんへ 

ああ~、玉ちゃんはけっこうスリムな子ですもんね^^(太るほどお金ないかも)
奈津美は訳アリなんですが、人間的にはけっこうチャランポランです。
哀しい過去が有ったり、そう言うのではなくて。でも、この物語では重要なポジション。
私が描くなかでも、一番イラつく嫌な女・・・かも。
(こういう女書かせたら、あかねさんはもっと上手いだろうなあ^^)

金魚すくいって、きっとほとんどの子供が体験していますよね。
私もよく救ってきました。
そうそう、小さな容器が有れば飼えるんですもんね。ぶくぶくが無くても。
和金の中にたまに黒出目金が混ざっていて、欲張ってそれを狙うとポイがすぐに破れてしまうんですよね。
欲張りはダメだと学びました^^

生まれ変わったら樹かあ。なんだか壮大な感じがします。
何百年も生きてる樹って、何か宿っていそうで・・・。
人間に生まれたいとは思うんですが、このところ人間不信になりそうなニュースばかりで、辛いです。

NoTitle 

動物も飼えて、なおかつ最後まで面倒を見る、
それぐらいの気持ちがないと捕ってくれるのはやめるべきなのでしょうが、
小さい子にはまだそういう事は分からないですしね(><)
人が生きるには色々な事が必要で、
愛玩の為に動物を物に貶めたり、自分達のやりたいようにやってしまうと、
いずれ誰でも分かってしまいますもんね。

それにしても玉城のお財布スられちゃったんですねΣ(・ω・ノ)ノ
でも、現金がなしでポイントカードや割引券ばかりというのも、
なんだかあれですね~。

ツバサさんへ 

私も小さいころは、動物が好きだったから、金魚すくいや動物の当てもの、しょっちゅうやってきてました^^
子供は好奇心旺盛だから、仕方ないんですよね。
そうやって生き物を育てる苦労を知っていくんでしょうし。
おっしゃるとおりです。
最初からそんな覚悟をもって、金魚すくいしませんもんね^^
この河原の母親がまずいのは、その後の対応で・・・。
自分の都合しか考えていない大人の代表ですね、この母親^^;

はい!玉城、財布すられちゃいましたw
現金は全く入ってないってところがなんとも哀しいけど・・・。あ、入ってないからいいのかな?
このあとの、玉城の嘆きを聞いてやってくださいw
私はポイントカードは持つの嫌いなんですが、集めるのが好きな人にはきっと、ショックだろうなあ・・・。
どっちにしても、なんだかあれですよね、玉城って(笑)

拍手鍵コメNさんへ 

今回も、玉城はしっかり受難です(笑)
お財布なのに、現金が・・・。
いやきっと、何か言い訳をしてくれますよ、玉城。
でも彼が金欠病なのはみんなきっと知っているw

そうですよね、お財布って個性がでますよね。
でも、他の人の財布ってなかなか見ることができないし。
興味深いです^^
ちなみに私はポイントカードは面倒なのでほとんど入れてないんです。
そのかわりバンドエードは必ず入ってます。(w)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(イラスト)君の背中に…】へ
  • 【(雑記)聖バレンタイン】へ