☆イラスト・マンガ・水彩画

(イラスト)優馬と草太と、凹んだ出来事

 ←(雑記)湖のほとりの廃墟 →(雑記)うちのキャラを鳥にたとえてみました
今回も、雑記ネタが思いつかなかったので、らくがきをしてみました。
現在更新中の『モザイクの月』の、優馬と草太です。

自分の作品のキャラは、自分ではあまり描かないようにしようと思っているのですが(いただくのは最高にうれしいです)、なんとなく描いてみました。

短時間で描こう!と思ったので、線も服も雑ですが・・・。
(あ、皆さんの脳内の彼らは、そのままにしておいてくださいね^^ きっとそれぞれに違うと思うので)

左のパーカーが優馬で、右が草太。
13才。まだ幼さが残ります。



3月


「こいつと一緒に居ると、いろいろ心臓に悪い」・・・とか、思ってそうな草太です。

そしてですね、このイラストを描いたあと、すごく凹む出来事がありました(>_<)
この絵とは無関係ですが。
ここ3か月、来年更新用に、新作(シリーズじゃないの)を創作していたんです。
プロットを書き、下描きを10話分仕上げていたんですが・・・・・・。

白紙に戻りました。3か月を破棄です。(*ノд`)

単純に、「自分が夢中になれていない」という事に気づいたんです。
キャラたちはすごく気に入っているのですが、コメディ路線で進めているのにテーマが重すぎて笑えなくなったというか・・・。
その軽いタッチに、自分が乗り切れていないというか・・・。

3話まではすごく気に入ってるのに。
でも、ダメですね。書き進むうちに、何かを伝えるのが難しいと思い始め、だんだん辛くなったんです。
ここでやめて正解だったかもしれません。
自分が納得できないものを書くのは辛いし、10話の痛手なら・・・。
ああ、さようなら3か月の制作期間。

そんなわけで、来年の更新はすごく危ぶまれますが、またイラストとか雑記とかでつなぎますので、
どうぞよろしく><

なんか、1~2ページで連載漫画とかも描きたいなあ、などと思っています。
こんな漫画があったらいいな、とかありましたら、参考に聞かせてくださいね^^

……でもまずは小説を、短編でもいいから書かねば>< 小説ブログなんだもの~~。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)湖のほとりの廃墟】へ
  • 【(雑記)うちのキャラを鳥にたとえてみました】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSさんへ 

ああ、そうか。
止めるというのはまだ、いいのかな。
私も、何も浮かばない(進まない)時の方が苦しいかも。
なんにしても、生みの苦しみですね><

お 

(最近、コメントのタイトルが「あ」とか「お」とばっかりになっている気がしました^^; 語彙が少なすぎる……いや、これって語彙とも言わないか)
思ったよりずっと幼い感じのふたり。そうかぁ、思えば、13歳なんですね。お話を拝読していると、もっと大人なイメージだったけれど、それもこれも彼らが背伸びをしているからなんですね。背伸びしたい、もう子供じゃないって必死に頑張る年頃ですものね。
イラストを拝見して、改めて脳内イメージを作りなおしました。

さて、そうですよね。新作を練る時。特にlimeさんのように常に新しい作品を模索している書き手さんは、いつも次なる物語を真剣に練っておられる。素晴らしいことだなぁと思いました。
そしてそんな中で、取りかかってもボツることはありますよね。「自分が楽しくない」……わかります、これ。まずは書くものが楽しまなければ、意味がありませんよね。
逆に楽しいのかどうかわからないままに、熱に浮かされたみたいに書くこともあって。
私の場合は、最近何だか「単に書く時間がない」……というよりも、書くに至るまでの助走が長くかかるようになって、その助走の時間で、既に夜遅くなって、眠くなる……(その前に、助走のまま10数年ってことも……^^;)
でも、時間はかかっても、ゆっくりじっくり、またlimeさんが心から描きたいと思うものを生み出していってくださいね。こちらも、ゆっくり待っていますから。そうそう、骨休めをしたり、没にしたり、書いてもそのまま放置したり、あれこれあれこれあって、そんな中で自分にとって大事な作品がまた新しく生まれたらいいですね。
私の場合は、あんまり待つ人もいないとは思うけれど((^_^;)……それなりに頑張ろっと。←いじけているのではなくて、開き直っている……

NoTitle 

おおお。優馬と草太ですか。草太の髪、とかしてあげたい。あ、くせっ毛?
思うと思われるはすれ違うのですかね。心臓に悪いっす。
23歳ではどのように成長しているのでしょうか。そっちも見たい。

limeさん、3ヶ月もかけて創り出したものを白紙に戻すって・・・
え、破棄なんですか。どんなお話だったのでしょう。う"ぅ・・・

私は破棄はしませんが、PCの中で眠っているのがいくつか。
プロット立てて、構成組んで、キャラ設定して、下書きを始めるのですけど、
そうそう、limeさんと同じかも。途中までノリノリなのですが、はたと止まるんです。先が見えても最後がクリアに見えないものがそうなってしまいます。
これはアップには至らないだろう、とあきらめるのは辛いときもありますよね。
でもまあ、それはそれで。(そういうところはさっぱりしている ^^;)
たまーに、これ、書けるようになったかな、と見直すのですけれど、やっぱり進まなくて。ま、今は時期じゃないんだなと放置しています。(破棄はしないんですけど・・・-_-;)

お話を描くのって、ホント気持ちが入ります。時間もかかる(←私特に -_-;)
時間をかけたぶん、納得いくように描けると良いのですが、なかなかそこまでには至らなく・・・(-_-;)
だからせめて、一話一話を精一杯心を込めて描く、それを重ねていく、ですかね。
描くこと自体は超楽しくて、自キャラを妄想してニマニマ。単なる自惚れ。せめて自分だけでも(苦笑)
limeさんのようにイラストが描ければなあ、どなたか描いてくださらないかなあといつもないものねだりしています。
まだまだ日々精進です(^^;)

次なるlimeさんの創作が生み出されますよう、お祈りしています^^

 

その気持ちわかります。

ギャグにしようと考えれば考えるほど悪い意味でシリアスになることってよくありますよね。

気分が乗らないで書いた作品がなんとなくつまらなく思えるのもわかります。

そんな中でもなにか書かなくちゃつぶれてしまう、という気持ちもわかります。

というわけで「夢鬼人」再開しました。なにか書かなくちゃつぶれてしまうわたし……。

そっか…… 

お蔵入りですか……。
プロットの時期も入れると、かなりの労力ですよね。凹むのはよくわかります。
でも、完璧なものを創り出していくlimeさんには譲れないことなのかもしれませんね。

私の所には、お蔵入り作品もけっこうありますが、時間がなくて切羽詰まった時にお蔵入り作品からシチュエーションやキラキラシーンを持ってきてリサイクルしたりしています。長編へのリサイクルは難しいですが、掌編へのリサイクルは意外と……。

草太と優馬は、かなり脳内イメージそのままでした。こういう一致は、けっこう嬉しいです。あ、草太の髪の毛がもう少しツンツンだったけれど、それは今脳内修正しました。次からはこのイメージで読もうっと。って、こういう平和なシーンが後から来ることを願って。

大海彩洋 さんへ 

「お」とか「あ」とか「う」とか「え」で気持ちを表現できる日本語ってすごいですよね(笑)
タイトル部分ってやっぱりなにか入れる方がいいのかな、と最近いつもおはようございますかこんばんはです(爆)
ああ~~、やっぱりみなさんの脳内優馬たちは、もうちょっと骨格しっかりしていますか。
13才って、本当に幼い子から、おっさん臭い老けた子までいますもんね。
うん、彼らはけっこう背伸びして無邪気さを捨ててしまってるので、もっと大人びているかも。
いや、ここはもう、みなさんの今までのイメージで読み進めてくださいね^^

大海さんは、柱となる大作はあっても、次々と短編を生み出されていて、その発想力をうらやましく思います。
でもやはり、何より大事なのは「自分が楽しめているかどうか」なんですよね。
この「楽しい」がくせもので。
自分が楽しいと思えるものが、はたして他人に楽しいのかを、いつも考えてしまうんです。
そう思いながら書いているので、もしかしたら本当に描きたいことを我慢してるのかも・・・。

>私の場合は、最近何だか「単に書く時間がない」……というよりも、書くに至るまでの助走が長くかかるようになって、その助走の時間で、既に夜遅くなって、眠くなる……(その前に、助走のまま10数年ってことも……^^;)

ああ、これ分かります。書こう!と机に向かうまでの時間が、膨大になるんです。気分が乗らないのと、知識が不足していることとで。
私もまず調べ物から始めるので、この3か月のうち、5分の一は調べ物でした。
小説を書くって、本当に時間がかかりますよね。
仕事や家事の合間に書くって、やっぱり不可能なのかなあ><(いや、やっぱり素質かな)
ちょっと凹みモードですが・・・それでも書いて行きたい!
来年は月に2本とかになったりするかもしれないけど、読者様を信じて、じっくり自分らしいものを書いて行こうと思います。
優しいお言葉、ありがとうございます!
あ、私も大海さんの作品、めちゃくちゃ楽しみに待ってますからね!

けいさんへ 

> おおお。優馬と草太ですか。草太の髪、とかしてあげたい。あ、くせっ毛?

けいさん、おはようございます。
えへへ。草太の方は少しまとまらない髪質みたいですね(笑)本人、気にしてないみたいですが。
優馬はさらさらストレートです^^なでなでしてやりたくなるような。

> 23歳ではどのように成長しているのでしょうか。そっちも見たい。

23歳の彼らですか???・・・・・・・涙

そうなんですよ、3か月分のプロットと下書きを白紙に・・・。
けっこうコミカルでおっさんが3人出てくるんです。平均年齢高くて、男ばっかりです。
楽しいお話になるはずだったんだけど、すごく重い犯罪をからめ過ぎてしまって・・・。

けいさんはPCのなかに構想をストックされてるんですよね。
実は、けいさんの作り方って、私の作り方に似ていて親近感。
作品のタイプは違うのに、不思議。
出来たものを寝かして、改めて推敲していくところとか。

>だからせめて、一話一話を精一杯心を込めて描く、それを重ねていく、ですかね。
描くこと自体は超楽しくて、自キャラを妄想してニマニマ。単なる自惚れ。せめて自分だけでも(苦笑)

ああ、すごくわかります。自分のキャラを気に入り過ぎちゃってニマニマしてしまうところ^^
けいさんがイラストを描けたら、けいさんのキャラの具現化を観れるのになあ・・・。
(今から描きません??)

とにかく、日々精進ですね。
更新はのんびりになると思いますが、末永くよろしくです><!
優しいコメ、ありがとうございました^^

ポール・ブリッツさんへ 

分かってくださってうれしいです。
コミカルタッチの話を書きたいと思えば思うほど、自分の感覚とずれてしまって・・・。

漫画だったらさらっと流せるシーンが、小説にするとすごく安易で安っぽくなることが分かったんです。
漫画と小説の違いというものを、この頃すごく感じます。
「この作風を、小説で書いても伝わらない」と思った瞬間、行き詰まってしまいました。

私が書いてるのは、漫画のストーリーなんだって気づいたんです。
小説を書かなきゃいけない・・・って。

でも、とにかく書かなきゃあ。
自分じゃあ何も書けないのに分析ばかりしている人にはなりたくないから。

ポールさん、止まってる連載をまた始められたんですね。
うん、とにかく進まなきゃ・・・ですね。

八少女 夕 さんへ 

おはようございます。
そうなんです。時間を見つけ、休日はすべて投入した3か月が白紙になったので、かなり凹んでいます><
でも同時に、どこかでホッとしてる自分もいて。
ダメだと思いながら進めるのって、辛いですもんね。

これって犯罪者が警察に捕まってホッとする気持ちに似てるのかなあと、・・・あ。全然ちがうか(笑)

夕さんのところにも、お蔵入りした作品がたくさんあるのですね。
でも、夕さん、きっとうまくそれをその後の作品に活用されるんですね。ああ・・・そうか・・・そういうこと、あるかもしれません。
私も今回の作品のために、いろいろ調べ物をしたんですが、その知識はきっといつか役に立つだろうし。
無駄ではないんですよね、きっと。
お蔵入りしたキャラも、どこかで使いたいです!

おお、優馬と草太、イメージに近かったですか!よかった^^
お話の途中でイメージ画像をUPするのはやめた方がいいかなと思ったんですが、雑記ネタがなくって・・・><
でも、近くてよかった^^
草太、つんつんですが、基本的に朝起きた時のままの、無造作ヘアです(爆)
整ってる日は、密かに優馬、「あ、今日は草太整ってる」とか、思いながら見てるんだろうな、と(笑)

こんな平和なツーショット。この後見れるといいんですが・・・><

わかりますわかります 

この小説、まだ読ませてもらっていないのですが、キャラふたりのイラストでなんとなくは雰囲気が伝わってきます。

ああ、せっかくの新作、続けられない感じ、なのですね。
私も一応は書いている身ですから、そのお気持ちはすごーくよくわかります。
なんにも出てこないのも相当つらいですが、出てきたストーリィが宙ぶらりんになるのもつらいですよね。

このごろは長いのが書けなくて。
短いのも浮かべばいいけど浮かばないことのほうが多くて、浮かんでもまとめられないことも多々ありまして。
このまま書けなくなってしまうのかと、恐怖のような哀しいような寂しいような。
そんな気分になりますよね。

私はlimeさんの漫画もイラストも大好きですけど、小説を書けというご要望もあるのでしょ?
たぶん焦るとよくないでしょうから、じっくり練って下さいませ。

漫画は……にゃんこストーリィ、読みたいな。

^^ 

なるほど・・・10話ぶんボツですか。
けっこう凹みますね^^;
でも「ボツにする勇気」がエライ!!

山登りも止む負えず。
途中下山の決断を迫られることがあります。
そこで決断するのには。
勇気・気力が必要だと思うんですね。

中途半端が一番いけないし危ない。
limeさんはそれを知っているからこそ。
回避したんじゃないかと思います。
「遭難する」と凹むどころじゃないですもんね^^;

まぁ~ジャンルは小説・「文学」ですから。
取り合えず小説が書けるまで雑記でも何でもいいではないですか?
「元気なlimeさんがここにいる」だけでも充分です。

何でしたら「アルク」如何ですか?w^^)/

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

自分の作品のキャラは自分ではあまり描かないようにしようと思っているのですかΣ(・ω・ノ)ノ
割とキャラのイメージの為に描かれているものだとばかり思っていたので、
意外でした~。

おおー、優馬と草太ですね(*´ω`*)
優馬の表情とは違い、草太の表情は何か思っているような感じで、
物語のイメージ通りでいいですね~。

来年の更新用の物語を白紙にですか!?
3ヶ月もかかって最後は白紙にするって、
確かに悲しいですね……。
何にしても自分の納得するものって出来ない時は、
なかなか出来ないですが、それを作っていた期間が長ければ長いほど、
やっぱり白紙を決めた時に凹んじゃいますよね(><。)

あかねさんへ 

はい、この二人がこのお話の中心です^^もう一人、気のキツイ女の子がいるんですが(この子は以前、描いたので)

> なんにも出てこないのも相当つらいですが、出てきたストーリィが宙ぶらりんになるのもつらいですよね。

そうなんですよね。どちらも同じくらい辛いです。
何も浮かばない時は、自分が枯れ葉の様なきがしてきて・・・。
あかねさんは、私がすごく苦手とするSSを、短期間にコンスタントに更新されてて、すごいなあといつも思います。私は以前SSを書いたんですが、それだけでかなりエネルギーを使い果たしました(笑

> このまま書けなくなってしまうのかと、恐怖のような哀しいような寂しいような。
> そんな気分になりますよね。

うんうん、本当にそうなんですよ。もうこのまま何も書けなくなるんじゃないかって。
たかが趣味なのに、なんでこう、悲壮感漂うのか・・・。
でも、同じ気持ちの人が多いのを知って、ちょっとホッとしました。

焦らないで、じっくり自分の納得いくものを書くのが一番ですよね。
(でももう少し、早く書けたらなあ・・・)

> 漫画は……にゃんこストーリィ、読みたいな。

にゃんこですか!
猫って描きたいけどすごく難しくて・・・。

じゃあ擬人化猫! ←もう、そればっかり・・・。

waravinoさんへ 

そうなんです~。
ひとつの物語を生み出すのに、構想2か月以上かかってしまうので、次回新作の原案ができるのは、2~3か月先かなあ・・><

>でも「ボツにする勇気」がエライ!!

優しいおことば、うれしいです。
本当に、途中まで書いたものを没にするのって辛いんです。すっかり情が移ってしまってるので。
最後まで書けなくてごめん・・・みたいな。
でもやっぱり中途半端はもっとつらいですもんね。
登山に例えられると、すごく納得。
そこまで上る準備とか期待とか、ぜーーーんぶ捨てちゃうんですもんね。

でも、遭難するよりはまし!ですよね。
ブログ小説って、読者さんは貴重な時間を使って読んでくださるのだから、(素人作品ではあるけれど)納得したものを出したいです。
イラストならば、まだ、「見て見て」と気軽に言えるんですが、小説は時間を奪ってしまうし・・・。

はい、来年は取り合えず、短編をゆっくりゆっくり更新しながら、その間に長編を書きたいです。

おおお、アルクですか。おもしろそう。
でも・・・我が家の周りや通勤でかよう道は、本当に味気ない住宅地なので><
遠出……してみようかな(って、その間に書かねば・笑)

鍵コメHさんへ 

ありがとうございます (*ノд`)
きっと物書きの皆さんには、似たような経験をされてるのでしょうね。
私は特に書くのが遅いので、とくに凹みます。
3話までを、何かの形で復活させて、別の展開に持っていけないかなあ・・・(姑息な・笑)
コメディたっちで、ちょっと笑えるものを…と思ったんですが。
やっぱりどんどん重くなってしまって。
(私らしいというのか・・・)
でも、来年もがんばりますね><(意地)

> イラスト、髪の毛でどちらがそうなのか、すぐにわかりましたよ!

わ~、そうなんですか!
イメージが違っていたら、戸惑わせてしまうな・・って心配だったんだけど。
まだ幼さが残る子たちですが、頑張りますのでよろしくお願いします^^

ツバサさんへ 

> 自分の作品のキャラは自分ではあまり描かないようにしようと思っているのですかΣ(・ω・ノ)ノ

えへ。本当は、自分の脳内イメージをイラストにするのは、とてもワクワクすることなんですが、小説を読んでくださる皆さんに、映像を押し付けてしまうのが申し訳なくて。
それぞれのイメージを膨らませてもらいたくて。

でも・・・描いちゃうんですよね>< 信念の緩い作者です。

> おおー、優馬と草太ですね(*´ω`*)
> 優馬の表情とは違い、草太の表情は何か思っているような感じで、
> 物語のイメージ通りでいいですね~。

ほんとうですか!? うれしいなあ~。
はい。草太は優馬よりもハラハラの連続で、きっと心中穏やかではないだろうと……笑。
なんか、あれですね、この絵だけ見たらちょっとBLっぽいですね・爆

そうなんですよ>< 構想を入れたら、もっと長い時間かかってると思うんです。
原案のメモは、2年前くらいからありましたし。
タイトルも2年前からあって・・・。
ようやく形に出来ると思ったのになあ。

でも、また新しい物語に向けてがんばります。
暗くて重いのが多いですが、もしよかったらまた、読んでやってくださいね^^
優しいコメ、ありがとうございました。

>
> 来年の更新用の物語を白紙にですか!?
> 3ヶ月もかかって最後は白紙にするって、
> 確かに悲しいですね……。
> 何にしても自分の納得するものって出来ない時は、
> なかなか出来ないですが、それを作っていた期間が長ければ長いほど、
> やっぱり白紙を決めた時に凹んじゃいますよね(><。)

NoTitle 

 こんばんは。
ああっーーー 僕も 探偵もどきの最後が上手く書けなくて 考えあぐねている状態なのですよ。
後一回分で 今回の日本訪問終わるのですが… 中々 上手く落とせなくて…
どうしようかなぁと 最近忙しすぎてダメだなぁ…

うんうん 十三歳かぁ ほんの少し前にはランドセル背負っていた年齢なのですよね。
線の細さ 体の華奢で薄い感じが 此の年齢って感じです。
うん 何だろう… 十三歳 女の子は 既に女性に近付いていて 男の子はまだまだ子供の年齢で… 凄くアンバランスな年齢で 面白いですね。

ウゾさんへ 

こんばんは。
ああ~、そうか、ウゾさんも今まさに悩んでる最中なのですね。
落としどころ! 悩みますよね。
私は臆病なので、ラストが決まっていないとなかなか連載を始められないんですが、
プロの漫画家さんなんて、見切り発車がほとんどらしくて。
(幽遊白書の富樫義博さんとか、読んでるこちらが『次回どうすんだよ』ってハラハラする感じで・笑)
ウゾさんも、時間のない中で、すごく精力的に作品をUPされていますよね。
何が飛び出してくるか分からない幅の広さ、すごくうらやましいです。

お互い、生みの苦しみを乗り越えたいですね~><
そのぶん、出来上がった時は最高に嬉しいはずだから。

で、そうなんですよね。13才。半年前まではランドセル背負ってたんですもんね。
(小学生でも最近はでっかくて、似合わない子、多いですが・笑)
線の細い子は、本当に頼りなくてね。個体差が激しすぎる時期。性格も同じなんでしょうね。
オマケに一番過敏な時期だし。
触るとはじけて暴走しそうだし・・・。

良い時期ですよね、中学生。
(私が言うと、なんか犯罪めいて聞こえるのは何故)

NoTitle 

私は書く量がやったら膨大ですからね。
半分は没に回しているのが現状ですね。
基本的に書き終わっている現行をブログに掲載しているので、
ブログ作業自体は流れ作業なんですよね。。。

書きたいことを書いているから基本的に同時並行で
色々小説進めていますしね。。。

LandM さんへ 

LandMさんは、きっととても書くのが早いのですね。
私は本当にあれこれ迷ってしまって、とんでもなく遅筆です。
ブログに第1話を更新し始めた作品は、下描きまで完成しているので、あとは打ち込みと校正だけなんですが。
下書きを終えるまで、構想から2年・・・というのもあって。
小説の書き方も、いろいろなんだなあと皆さんからのコメを読みながら思いました^^

拍手鍵コメNさんへ 

こちらも、優しいお言葉、感謝です><
半分まで出来上がったものを捨ててしまうのって、やっぱり悔しいですよね。
今までの、キャラたちへの情も一緒に捨てなければならなくって。
でも、・・・そうなんですよ。納得できないものを続けるのは辛くって。
アマチュアだから、締切も失うものもないんですが・・・。凹みますよね。
でも、そうですよね。時には回り道も必要で。
新たな出会いに向けて、がんばります^^
ありがとうございました!

NoTitle 

草太可愛い^^

新作プロット残念でしたね。
私も書きかけの絵とか、お蔵入りプロットとかが
増えるたびにむなしくなる事があります。
ひとつの世界が消えると、自分の作るもの全てが
否定された様な気になります。

でも多分、全て消えるわけじゃなくて
新たな作品の中に違う形で昇華されて
登場するんだろうなって思います。
下手でも駄作でも最後まで書ききる事は
実力アップの近道だとか思いますが。。。
100%は出来ないよぉ~(T0T)笑

ななおんさんへ2 

わあ、よかった^^ 草太可愛いですか!

そうなんです。出だしとキャラが、今までの自分の作品とは違っていたので、わくわくしてたんですが。
やっぱり「自分らしくない」作品って、どこかで無理が出てくるんですよね。
コメディタッチの文章とか、おっさん率が高かったりとか。

やっぱり暗くて思春期の子がいっぱい出てこないとだめなのか!(自問自答)

>でも多分、全て消えるわけじゃなくて
新たな作品の中に違う形で昇華されて
登場するんだろうなって思います。

うんうん、私も、そう言う形でいつか再利用できればいいなって思います。
作品のための調べ物も、きっと別の事に利用できるし。

最後まで書ききろう・・・と思ったけど、やっぱり「うわ~~」って白紙にしちゃいました。
ああ~、私も優馬みたいに、すぐ逃げちゃう派なのかな><

そうですよね、100%なんて、むりですお・・・。ななおんさん、編集さんに言われたとか???i-201

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

Soさんも、長編の終わり方に悩んでいらっしゃるんですよね。
私は幸い、まだ公開していない作品だったので、痛手は少ないかもしれません。
それでも3か月を棒に振ったのは痛いです。
休日はほぼ、執筆に消費していましたから。

そうですね、読んでもらうに値する作品を(自分なりに)書くために、何度も推敲して描きなおしますね。
絵ならば時間を取らないのですが、小説は読者の時間をかなり奪ってしまうので、やはり中途半端にしたくないし・・。
私はお金よりも、時間のほうが、貴重かもしれないですしね。
(いずれにしても、アマチュアレベルなんですが)
お互い、頑張りましょうね^^

あ、アギーレの疑惑気になりますね。
ここで監督交代はあり得ないし・・・。早く落ち着いてほしいです。

おお、お掃除ロボット!
私も欲しいと思ってたんです。
一時期、ルンバとかをいろいろ検討していたんですが、我が家はバリアフリーではないので、すべての部屋を掃除してはもらえないんだな・・・・と気づいて。
1階全部掃除してもらえたらなあ・・・><

今は、ガラスに張り付いて拭いてくれるロボットが欲しいです^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHebさんへ 

左の男の子(Hebさんにソックリなほう(`∇´))のパーカーに入ったシワですね!
(なんのリピートw)

ああ~、そうそう!そうなんです。
私もパーカーのしわとか、フードの折りたたまれ具合とかが大好きなんです。
でもフードの部分って、素材や厚さによって全然違うんですよね。
パーカーのフードを描きこなせるようになったら一人前だと思っています(笑)
うんそうそう、気になるんですよ。
だからついつい見ちゃう。
これは本当に職業病ですよね(職業じゃないけど)

ああそうか、Hさんは音楽ですもんね。
私はそっちはまるで未経験なのですが、凹む過程は同じです。
ああ、でも曲を作るって、すごい才能ですよね。
私の好きなロックバンドが最近新曲を出したんだけど、もう最高に良くって。
ネ申だ~~><って思いました。(まだそんなに認知度があるわけじゃないけど、出来ればこのままマイナーでいてほしいなあ・・・^^)
あ、話がそれてしまってごめんなさい。
とにかく、音楽をやる人ってすごいなあ・・・。
私は絵とか話を作るしかないけど、Hさん、両刀使いになってください!

Hさんの凹んだエピソード、身につまされます。
小説でも似たようなことがあります!
最初に書いた1話をうっかり消してしまって、何度か書きなおしても、やはり最初の表現のほうがよく思えてしまって。いや、きっといいんです。
……絵とは違うのかなあ。

でも、あれって相当凹みます><
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)湖のほとりの廃墟】へ
  • 【(雑記)うちのキャラを鳥にたとえてみました】へ