「白昼夢 」
第3話 その手の中の天使

白昼夢 第3話 その手の中の天使(後編)

 ←白昼夢 第3話 その手の中の天使(前編) →托卵(RIKU・3) あらすじ
もう少し自分が早く来ていれば。
坂木は自分の腕の中で動かなくなった細い体を温めるようにしばらく抱きしめた。

あのまま陽をその場に残してくれば、この国の制度がそれなりにケアし、
更正させてくれたのかもしれない。
けれど坂木は連れ去ってしまった。
すべての痕跡を消し去り、こちらの世界に引き込んでしまった。

最愛の母親を死に追いやった男を自分の手に掛けた。
この少年をどんな法にも裁いてほしくなかった。
世間の興味本位な視線にも晒したくなかった。
誰があの少年の心を理解できるというのだろう。
まだ熱い感情だけで動いてしまう青い部分を残していた坂木は、
他の選択肢の存在さえ思いつかなかった。

坂木に連れ去られた陽はOEAの施設で少年期を過ごし、
そして今から7年前、再び二人は再会した。「仕事」のパートナーとして。
8年間OEAの訓練施設で過ごした陽はもう、すっかりこちらの人間の顔をしていた。

「どうしたの? 坂木さん。今日はしゃべらないね」
不意に話しかけられて坂木はハッと現実に戻る。
「ん? あ、いや、・・・寒いからなぁ」
「マフラーあげただろ?」
「まだ寒いんだよ! 寒くて死にそうだ。さぁ、もうホテルに帰るぞ!」
「ったく・・・わがままだなぁ」
あきれたように少し笑って陽は坂木について歩き出す。
いつもそれとなく歩幅を合わせて付いてきてくれる青年の優しさが、坂木には辛かった。
普通の人間の生活をさせてやれないものか・・・。今更なのに思う。


「おにいちゃん、これ、あげる!」
不意に背後でかわいらしい、弾んだ声がした。
驚いて振り返った二人の前に、さっき風船を取ってやった女の子がいた。
火照った顔に満面の笑顔を浮かべ、まっすぐに陽を見上げている。
戸惑って一瞬チラリと坂木を見たが、
陽はゆっくりと女の子と同じ目線になるように片膝をついてしゃがんだ。

「なに?」
陽の声が優しくなる。
「これね、二つ取れたの。ママと一緒にゲームしてたらね。だから一つあげる」
そう言って女の子はニコニコしながら猫くらいの大きさのテディベアを、陽の胸の前に差し出す。
さっきの風船のお礼のつもりなのだろうと、坂木は微笑ましくなった。
女の子の後方で母親がすまなそうに軽く頭を下げた。

陽は少し戸惑うように女の子の笑顔を見ていたが、
やがてそっと両手でテディベアを受け取った。
「いいの?」
「うん、いいよ。二つはいらないもん」
そう言ってぬいぐるみを持つ陽の手に、可愛らしい小さな手を重ねてきた。
「落としちゃだめだよ、おにいちゃん」

ほんの一瞬、あたりの喧噪がシンとした。
坂木がそう感じただけなのかもしれない。
時間なのだろう、街路樹のイルミネーションがポッと点灯した。
「うん。 だいじにするよ」
陽は優しく女の子に微笑んだ。
満足そうに母親の元へ走っていく女の子を見送った後、陽はそのままの姿勢でじっと手を見つめた。
純真な女の子の手の温もりに、少し戸惑うかのように。

「・・・その手が汚れていると思うんだったら俺のせいだ。すまないと思ってる」

7年間言えなかった言葉を坂木はようやく口にした。
そしてそれは言ったからといってどうにもならない言葉だった。
許されるレベルのものではないことも坂木には分かっていた。
イルミネーションの光のせいで、夜の闇が深くなった。

陽はしばらく何も答えずじっとしていたが、ふいに真っ暗な空を見上げながら立ち上がった。
「雪だ」
坂木も上を見上げた。
この時期独特のぼたん雪だった。
大きな羽毛のような白いかたまりがひらひらと空から舞い落ちてくる。
それはとても幻想的な光景だった。
そっとすくうようにかざした陽の手のひらの中で、白い羽根がフッと消えていく。

「どうりで寒いはずだね。 帰ろうか、坂木さん」
いつもと変わらない、青年の優しい声だった。
「・・・・あぁ、そうだな」
来た道を、二人は並んで歩き出した。

「今夜、もうここを出るんでしょ?」
「あぁ、そうだな」
「雪、積もりそうだね」
「あぁ、そうだな」
「ぼくねぇ、坂木さん」
「あぁ」
「後悔したことないから」
「あぁ、・・・・・・・あ?」
坂木は足を止めて陽の方を見た。
少し遅れて立ち止まった陽は振り向いて柔らかく笑った。

「ずっとこの旅を続けようと思ってる」
「・・・・・・そうか・・・・・」
「ふたりで」
「・・・・・・おお・・」
込み上げてくるもので坂木の声が詰まる。
「ずっとだから」
「・・・・・・おう・・」
「あ、でも 二人じゃないね」
「・・・んぁ?」

陽は女の子にもらったテディベアを顔の横にかざしてイタズラっぽく笑った。
坂木も思わず大声で笑った。
「厄介なもん貰ったなぁ、おまえ! どうすんだよ、それ」
「そんなこと言うなって」
子供のようにぬいぐるみを抱えて笑う陽を
坂木は少し涙目になりながら包み込むような笑顔で見つめていた。

時があの日に戻り、神が再び決断を迫ったとしても、自分は同じ事をするのかもしれない。
矛盾した葛藤、罪悪感、罪。
それら全てを抱いて生きていこう。こいつと共に。

坂木は息が止まるくらい冷たい空気を胸に吸い込むと、ゆっくりと空を仰いだ。
空からは天使の羽根のような雪が音もなく地上に舞い落ちる。
この世の中の汚れたモノをすべて覆い隠そうとするように。
いつまでも、いつまでも。


        (第3話・END)


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第3話 その手の中の天使(前編)】へ
  • 【托卵(RIKU・3) あらすじ】へ

~ Comment ~

はぁ・・・・ 

また頭の中で、一生懸命陽と坂木の年齢を計算していた私でありました(笑)
え~~~ん、やっぱり私のお話はつじつまが合わないかも~~~(笑)

そしてそして!RIKUの新作が始まるんですね!?
楽しみです!!

ごめん! 

いやあ、ごめんね、あきささん。
私がかってに年齢をいじくってしまいました。混乱するよね。
現在、陽、26歳、坂木38歳。一回り違うんです。彼ら。

はい。懲りずにRIKU・3を書きました。
またリクを置き去りにするコメ、ください・笑
(ついにコメントを強要しはじめたな・・・)

NoTitle 

やな必殺仕事人だなあ……(^^;)

主人公2人組にはほんと同情してしまいます。

「わたしゃどうしてこのような、つらいつとめをせにゃならぬーっ」(水木しげる「総員玉砕せよ!!」ラストシーンより)

これからどこまで悲惨な話になるのか、ここまで来たら最後までついていきますので、地獄めぐりをさらに読ませていただきますね~。

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさんへ

おお、この、救いのない物語の続きを読んでくださるとは・・・。
「世の中は、悲劇を求めていない」と、某編集者は言ったそうです。
なら、隠れて悲劇を書きます・笑

悲劇でしか表せない、人間のかわいらしさってのも、あると思うんです。

「もう、それくらいでいいんじゃない?」と、思われるところまで、どうぞ読んでみてください。m(_ _)m

こんにちは。 

またもやコメントしてしまってる私です。

昨日初めてお伺いしてから、とっても気になってしまって何度も足を運んでしまいました(^-^;

『白昼夢』、ここまで読ませていただき、途中コメです。

予想はしていたものの、陽の哀しすぎる過去と、坂木の意外な優しさと思い遣りに、思わずボロボロ泣いてしまいました。

これからお話の中枢に突入して行くんですよね?
楽しみながら読ませていただきたいと思います。


本当に、残酷で悲しくて素敵過ぎるお話です。

読んでくださったんですね! 

>蘭さん

雑記だけでもうれしいのに、「白昼夢」も読んでくださったのですね。
とてもうれしいです。
(泣いてくださるなんて、なんていい方(T_T))

はい、この後どうにもやりきれない感じでお話は進んで行きます。
でも、救いのない殺伐とした悲劇ではなく、
どこか温かいものを残したいと思っています。

もしも、またお時間ありましたら、二人を見守ってやってくださいm(_ _)m

白昼夢、読んでます ^ ^ 

とぉ~っても美しい作品ですね!
「白昼夢」は、森脇 真末味さんのイメージです(すんません、毎度毎度、勝手にイメージ作っちゃって ^ ^;)
繊細な心理描写と情景描写で、場面の「画」をすんなり心の中に描くことができます。
とくに、陽の少年時代のエピソードが印象的です。
この先も、読むのが楽しみです(*⌒-⌒*)

西幻響子さんへ 

白昼夢も読んでくださってるのですね。
なんとお礼を言えばいいか・・・。感謝です。

白昼夢は、私が初めて書いた作品です。3年くらい前に初めて第1話を書きました。
だから、思い入れも大きくて。
坂木の心理はなるべく表に出し、陽はほとんど内面を語らせてません。
掴みにくい人物像だと思いますが、陽と坂木を気に入っていただけたらとても嬉しいです。
どうか、見守ってやってください。

森脇 真末味さんは存じませんでした。
どんな絵を描く人でしょう。(あとで調べてみよう♪)
イメージを漫画で言っていただけるのもとっても楽しいです!

NoTitle 

血の海で生まれた陽。

坂木が自分を責めたくなるのも普通ならわかる。
だけど本質が坂木と陽は異なると思う。
善の心を持ちながらの必殺仕掛人タイプの坂木。
殺しそのものが好きな陽。
そんなふうに感じてしまった。
これからね。
楽しみに通います。
v-410

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさんの感想、すごくおもしろいです!
なるほど。
陽はそんなイメージなんですね?
新鮮な驚き!
彼は自分のことをほとんど語らないんで、好きにイメージしてもらえたら嬉しいです^^

なかなかビミョーな彼らの仕事と感情、ぴゆうさんはどう感じるかな~(*^_^*)
私も楽しみです♪

>血の海で生まれた陽。
おおおおお、すてきな表現~~e-267e-267

limeさんにとっては非常に迷惑なことに… 

なんか、物語の傾向がfateと似ていて、ちょっとぎょっとします(・・;
これ、そうかな~…と秋沙さんの物語を拝読させていただいていた頃からなんとなく感じておりましたが、fateの『花籠』と似てますね。組織が。
ただ、花籠の方が設定も人物もフザケており、しかも、背徳を越えて倒錯と狂気にまみれてはおりますが。
坂木と似たようなことをしそうな輩が今、花籠でも進行中です。
一般人を引き込んじゃいかんよ! とfateが言ってもきっとやつらは言うことを聞かんだろう…(--;

『虚空の果ての青』は、あんまり気持ちの良い世界じゃありませんので、お知らせしておきながら、実はあまりお勧めは…(^^;
それこそ、現実にはあり得ないことのオンパレードです。
すみません、fate world はすべてそんな感じです(^^;
似たような題材を扱っておきながら、なんで、こんなに違うのだ???
と絶叫しそうです!

その世界でしか生きられなかった者、自ら選んでその世界に足を踏み入れた者、そして、誰もがその世界に拠り所と狂気と甘美を味わう。同時にそれが仕事として成り立つ世の中への嫌悪と絶望。
そんな交錯した倒錯。
fateはどっぷり‘狂気’に浸って描いておりますが、limeさんは、対極の清いモノを抱きながら反対側から同じ世界を見つめているような気がいたしました。

fateさんへ 

そうなんですね?
やっぱり、傾向がにているんですね、fateさんと。
(なんで迷惑なものですかww嬉しいです)

このOEAと言う組織の内情は、この後細かく出てきます。
秋沙さんのお話に出てくる「辰巳」という男も(まだそこまで読んでない??)初っ端は嫌~な感じで出てきます^^;
依頼人もいない、報酬もない。自ら神を気取る富豪たちに寄る組織。
そんなありえない設定ですが、後のアニメEVAに、同じような組織があったのでドキッとしました。

テーマもなにも持っていなくて、ただ突き動かされるように書いた物語ですが、書きながら、この物語がどこへ向かうのか、見えてきた気がしました。
fateさんの「狂気」「倒錯」も、私の描きたかった世界に繋がってるのかもしれません。
どこかで、人間の救い、本来の純真を描きたいんだと思うんです。

「白昼夢」の今後の展開に、fateさんがどんな感想を持たれるのか、ドキドキです。^^

そっか~、では、『アダムの息子たち』を読み終えたら、次は『花籠』に行ってみます。
明日はいっぱい読むぞ~~^^

か…感想が…。 

なんか書かなきゃと思うのですが、上手い言葉が見つかりません…。

巨万の富にあかせて、「黒い天使たち」を派遣する組織…。

そりゃあ人生長く生きていれば誰でも、本気で「あんな人間の屑いなきゃいいのに!!」と心の底から憎悪する奴の一人や二人いるもんです。

確かに、かの「必殺仕事人」にも上部組織はありましたが、「金にあかせて神を気取る人間たち」がいるとは…。

「それで、いいのか?本当に、いいのか?」
私の頭の中では、この言葉がぐるぐるしています。

なんだかフィクションとして楽しむには辛いような、胸が苦しいような、「駒」として使われる坂木さんや陽君が可愛そうでなりません…。
ある意味、既に3話にして、この物語に深く入り込んでしまいすぎたのかもしれません…。

有村司さんへ 

いやいや、興味深い感想、うれしいです。

まず有村さんは、この組織の理不尽さに突っ込んでくださった。
これは意外でした。

そう、この物語の大きなバックボーン。OEA。
坂木は、自分の組織を信じて極悪人に制裁を加えているんですが、やはり時に善の意味が分からなくなるんです。
もう、抜けられない。組織を信じたい。けれど葛藤は続く。
そんな組織に、若気の至りで、陽を引き込んでしまったんですから。
ある意味、陽は十字架でもあります。

あ・・・つい喋りすぎちゃった。

このあとも、この二人と、組織の微妙な関係を、覗いていってください。
有村さんに、このお話が気に入っていただけると、うれしいな~~。

NoTitle 

こんばんは♪
今日は時間がなくて、
この話までにします。

陽の過去がこんなにも残酷だったとは。。。
正直かわいそうでした。
まだ幼いのに、母を殺され、
そして自らの手で復讐をしてしまったのですね。
そうとうなトラウマになりそうです。
法が裁けないのなら、自分が裁くと思ってるのでしょうか。

また明日来ます。

さやいちさんへ 

こんにちは^^
いえもう、お時間のあるときに、ちょこっと読んでやってくださいね。

陽の過去は、けっこう壮絶でして。
でも、きっと坂木のおかげで生きてられるんだと思います。

陽が、OEAのことをどう思っているかは、これからジワジワ語られると思います。
ただ、自分が悪を裁こうと思っているのではない事だけは、確かです。たぶん。
(まあ、自分のことを語らない奴なので、何考えてるか、分かりにくいんですが^^;)
坂木は、OEAに疑問を持ちつつも、自分のポリシーで仕事をしていきます。

このOEAという組織も、この二人によってすこしずつ、変わっていくはずです。
どうか、この不器用な二人、見守ってやってくださいね^^

取りあえず、いったんお邪魔します(^^) 

白昼夢、読み始めました。
本当に、limeさんは才能にあふれた方なんだなぁと思います。
だって、これが初めて書いた小説って、それはもうすごいとしか言いようがありません。現実離れした能力や、ある意味突飛な組織のことを書いていても、浮いたところのない設定と、さらさらと物語を進めていく力というのは、やっぱり才能なんですね……初めて書いたものって、結構浮きがちになることが多いのに、そんな印象は全然ありません。それに、前から思っていたのですが、題名をつけるの、お上手ですよね。
物語の世界から離れない、端的で、しかも気になる題名をつけておられるので、掴みもいいし……
ちなみに、私はlimeさんの書く優男^^;、好きですよ。でも、くたびれたおじさんのほうがもっと好きだけれど。で、思いあっている形も好きです。
今回はまたどんな世界に連れて行っていただけるのか、楽しみです。
(って、もう楽しんでるけど(*^_^*))

大海彩洋さんへ 

> 白昼夢、読み始めました。

きゃあ><
ほんとうに、申し訳ない。改めて読み返すと、なんとも恥ずかしくて、穴に入りたくなります。
(載せてしまったし、そのままにしていますが><)

でもきっと、大海さんはそのへん、大目に見てくださって、僅かないい部分を探してくださるのでは・・・と思っていたのですが、なんとも優しい、温かい感想に、うるうるです。
本当にこのOEAという組織、怪しすぎますね。今では恐ろしくて、書く事ができない設定です。

まだプロットなどというものも知らず、この第1話は、思い浮かぶままに(3)まで書き進め、何の設定もありませんでした。
ネット仲間が、「この青年は、悪魔だったのね?」と感想をくれたので、いやいや、そうじゃない!と、続きを書き始めたのです。

この青年と、むさくるしい中年のくたびれたオッサン、二人の、切ない関係を書いて行きたかったのですが、このOEAが、やはり難しかった。ただの殺戮集団になってしまいかねないし。
坂木も、実は実態を疑って、反発して、苦しみながらの旅なのですが、陽を巻き込んで、更に苦しみます。
私の中でOEAは、エヴァンゲリオンのゼーレのような存在だったように思います。

陽の幼い時のあの夜のことは、このあと「本当のプロローグ」で語られます。そのくらいからようやく、小説らしくなるでしょうか。

題名を褒めていただいて、すっごくうれしいです^^題名を付ける作業は、苦しいけど好きです
題名がうまく決まらないと、どうも魂が入らないような気がして。
でも、各話にタイトルを付けてしまったおかげで、「タイトルを見ていくだけで、話の流れがわかる」と言われたこともあります^^。でも、それもある意味、誘い水になるかもしれませんよね。

この中年のオッサン坂木、気に入ってもらえたらうれしいです。
陽という青年の視点がほとんどない代わりに、坂木がめちゃくちゃ感情を出していきますので、どうも坂木の方が好かれてしまって(笑)
私も、あの不器用な、ちょっと体力の落ちかけてきたオッサン、気に入っていたのです^^

思えば、この作品は突き動かされる情熱だけで書いていた覚えがあります。
今はもう、いろんなことを考えすぎてしまって、なかなか情熱だけではかけなくなりました。
少し、この頃が懐かしいです。

このあと、まだまだ幼い文章が続くと思いますが、どうぞ温かい目でみてやってくださいね。
読みやすい、という最大の武器で、がんばっていきます!(いやもう、頑張り用がないのですが)
感想も書きにくいと思いますが、どうぞ気になさらずにね。
本当に、読んでくださって、感激です!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

3話まで読んでくださって、嬉しいです。
コメントは、本当に宝物ですね。
励みになるし、いろんなことに気づかせてもらえます。読者様って、ありがたいです^^
坂木の気持ちを汲んでくださって、ほっとしました。ここで、罪深いと思われてしまったら坂木も辛いです(本人は、後悔してるみたいなんですが)
坂木も陽も、結局はとても罪深いのですが、その重荷を背負った二人の旅を、書き綴ってみました。

おお、そうなんですね? チャレンジされたのですね?
まだまだ、更新には追いつけそうにありませんが、ゆっくり読ませてもらいますね。

NoTitle 

なるほど。
私が想像していたより、かなり巨大な組織のようですね。
巨大ゆえに、納得のいかない仕事というのもありそう。

法で裁くことのできない悪人を、誰かが罰してくれればいいのに。
多くの人が、一度は考えることだと思います。
でも、きっとそこには、新たな罪というものが生まれてしまうはずなんですよね。

二人のキャラクターがいいですね。決して正義の味方ぶっていないところが。
この先、様々な心の葛藤に苦しむことになるのかな。というより、limeさんに苦しめられることになるのかな(笑)

片瀬みことさんへ 

そうなんです、日本各地に支部がある(ロシアにもあるらしい)巨大組織。
本当に無償で、成り立つのか・・・という怪しさもぷんぷんしますが、このOEA、組織の理念は『善』なんですって><
人が人を裁くって、・・・と、思いますよね。
でも、こんなやつ生かしちゃおけねえ!って人間も、確かにいる。
この坂木は、最初こそ正義だと思って転がり込んだんですが、次第に組織に疑問を持つようになります。
それなのに、この世界に陽を引き込んだ負い目に、苦しむのです。

でも、この陽・・・。視点がほとんどないので、何を考えてるか分からないところがあるし、淡々と仕事をこなす不気味さも。
片瀬さんが、この二人をどう見てくれるのか、わくわくします^^

>この先、様々な心の葛藤に苦しむことになるのかな。というより、limeさんに苦しめられることになるのかな(笑)

うおお・・・、やっぱりばれてる。
たぶん、この話を書いたおかげで、みんなからドSと呼ばれるようになった気が・・・。
私はある意味タブーとされることを、やっちゃったみたいです。(だって、小説書いたの初めてだったし)
でも、きっと書き直しても、こうなる(爆)
この物語がいったい何だったのか、・・・最終章で片瀬さんに、感じてもらえたらうれしいです^^
いつもありがとうございます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第3話 その手の中の天使(前編)】へ
  • 【托卵(RIKU・3) あらすじ】へ