☆雑記・四方山話

(雑記)相変わらず森の中

 ←(雑記)『残響』を読んでくださった皆様に感謝! →『残響』おまけSS 「捕食者・塚本」

雑記続きですが、ちょっとだけ帰省日記です。
毎年1回お盆に帰省するんですが、法要があったため、今年は繰り上げてゴールデンウイークに帰ってきました。
お盆以外に帰るのは10年ぶりかな?
やはり山陽道は帰省ラッシュで、片道だけで10時間かかりました

名称天然記念物に指定された、滝の森の入り口に、私の実家はあります。
前にも書いたのですが、拙作『KEEP OUT』シリーズ第1章、『呵責の夏』の舞台のイメージに使った場所です。

暇な時間を見て、森に遊びに行きました。(そこに神様が祀られているので、実家では『森様』と呼んでいます。)

1399276021929_20140511205355fc5.jpg
昼間でも暗い森。

mori_20140511205401c6a.jpg
奥へ行くほど、源流に近づき、滝が見えてきます。(ここまで玄関から5分)

1399276103083_20140511205358578.jpg
昔は魔物が住むとして、誰も奥に行かなかったらしいですが。
今では細々と観光地。
私の家は、この森に祀ってある神様を見守り、管理をしています。(森の入り口の小さなお店屋さんなんですが)

1399276071826.jpg

小さなころから、ここは私の遊び場でした。
危ないから行っちゃだめよ・・・とは、言われたことが無かったです(笑)

4~5歳からちょろちょろこの森を走り回り、観光客を見つけては、手折った花をプレゼント(押し付けるとも言う)したり、ついて行ったり。厄介な猿のような(笑)

この滝の水は川に合流し、実家のすぐ横を流れます。
今回帰省して、改めて気づいたんですが、常に川のせせらぎが聞こえるのです。
さらさらと、心地よく。一日中。
なぜ今まで気づかなかったの・・・?

あ、そうか。ここ10年くらい、真夏にしか帰っていなかったので、蝉の声に消されて川のせせらぎが聞こえなかったんだ!
『呵責の夏』にも書いた、耳が痛くなるほどのアブラゼミの声です。
だから川の音を聞くことがなかったんですね。
実家を離れるまで聞いていたはずの音を、私はすっかり忘れていたのです。

今回は、さらさらという川のせせらぎと、ウグイスのきれいな声で、朝目覚めることが出来ました。
春って・・・いいなあ o( ´ ^ `。)o


mini_140505_13220001_20140511205400ee0.jpg
その川は3キロほど下流で、こんな湖に流れ込みます。
なんだか、鬱蒼として主(ぬし)が居そうでしょ?

この近くに小学校があり、下校時にいつも、この湖のほとりを探検したものです。
思えばけっこうな野生児だったかも。
『RIKU』なんかを書くとき、いつもこの森や自然が頭の中に広がります。

・・・だけど私はリクじゃなく、玉城並のひどい方向音痴なんですよね (>_<)   なんでかな。悲しいな。

つぎに帰るのは一年3か月後かな。それまでバイバイ^^



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)『残響』を読んでくださった皆様に感謝!】へ
  • 【『残響』おまけSS 「捕食者・塚本」】へ

~ Comment ~

森だ森だ 

 こんにちは。
 森は良い。本当に良い。
 近年、近所の森の減り方に加速がかかっております。というか、樹そのものが激減しています。庭木も背の高いものが次々消えています。理由は、落ち葉の処分が大変だから。
 とんでもない話です。そんな理由で昔からの大樹が切り倒され、森が失われ、後にはソーラーパネルの発電畑。なんか違う。エコとか言って全然エコじゃない。
 今、森を見かけると必ず神社なり祠なりがあります。もともと森は杜から来ており、つまり神社なのですが、しかし逆に森が神社の敷地にしか残らない現状は決して健全ではない。
 ふるさとの森、大切にしてください。昔遊んだ森が次々と切払われていくのは何ともやるせないのです。

NoTitle 

い、家から5分!?
5分であの… なんと言いますか、幻想的な、ジブリに出てきそうな…^^
いいなぁ、私飛んでいきたいぐらいです。
limeさんのお家、素敵すぎます。

小説の中で感じさせてくれる、吸い込まれそうな森の静謐さや、夏を圧倒的な力で表現する蝉の声は、limeさんの身体の中にしっかり入っていたのですね。
ものすごく納得しました。
素晴らしい経験ですね。

この風景からひょっこり顔を出した小さな女の子。
観光客の人も、花をくれる少女が神秘的に見えたはずです。
(うん、絶対そうだ…と思いたい^^)

涼やかな写真、ありがとうございます。

miss.keyさんへ 

こんにちは^^
miss.keyさんは、記事を見ても本当に緑、自然を大事にされる方なんだなあって感じます。

そう言われれば、現在私が住んでいる場所も、公園の大木が切り倒されて、のっぺらぼうになりました。
きっと清掃に経費が掛かるからでしょう。
雑木林もどんどん住宅地になりましたね。

実家を出て、大阪市内に勤めていたんですが、このゴチャゴチャした猥雑な大阪の街も結構好きなんです。
でもやっぱりたまに田舎に帰ると、空気がおいしいというのはこういう事か!って、気づきますね。
緑の匂い。山水の甘さ。怖いほどの星空。
幸か不幸か、私の田舎は開発されそうな区域ではないので、きっと何十年たってもこのままだと思います。
でも、今住んでいる場所は確実に緑が少なくなっていっていますね。
できるだけ今ある自然を残しつつ、うまく共存できればいいのですが・・・。
コメント、ありがとうございました^^



ごろちゃんさんへ 

ごろちゃんさん、こんばんは。
そうなんです。玄関を出たらすぐに森の入り口で、そこから5分で、ここです(笑)
そういえば、この森の中央に広場があって、キャンプをする人もいました。
電気もトイレもない、携帯も通じない本当の自然の中なので、なかなか面白いかも。
(夏は涼しいし、蚊もいないんですよ)
源流の水は飲めるほどきれいだし、小魚がキラキラしてきれいです。
6月には、蛍がいっぱい飛び交います。

なのに、田舎では夢を叶えられないと、飛び出しちゃったんですが。
この自然の森も、大阪市内のゴチャゴチャした街も、どっちも好きです。

小説について、そう言っていただけてうれしいやら、照れくさいやら。
でも、そういう記憶も無駄になってはいないんだなと思うと、やっぱりうれしいです。

いやあ、観光客のひと、迷惑だったと思いますよ(笑)
なんか、変な子が花束くれたぞ。そして、ニコニコついて来るぞ? どうすんだ?ってw
そう、変な子だったんです^^; し・・・神秘的だった嬉しいんだけど(涙)

温かい励ましのコメ(笑)ありがとうございましたW


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

ああ、×××ですね。前に安楽椅子探偵ごっこをやりましたね(笑)

わたしが今住んでいるのは、味もそっけもない住宅地の真ん中です(^^;)

バス停が近くにあるのはいいんですけどね~。

NoTitle 

 こんばんは。
おおっーーー 思わず 大台ケ原と言いたくなる様な場所ですね。
いいなぁーー 夏場は涼しそう 
水音って すごく落ち着きますよね 綺麗なウグイスの鳴き声… けっこう あやつらは調子に乗って鳴きますからね… 

ああっーー 旅行先で花を貰えるのは 嬉しいですよ。
僕も もらいましたよ ただし 僕が貰ったのは オジサンからですがね。

鍵コメHさんへ 

Hさん、こんばんは~。
そうなんですよね。いいところなんですが、本当に住むには不便で。
もう、バスも通ってないんですよ。
昔は、私の家の前が終点だったんです^^
でも子供がいなくなっちゃったんで、バスも廃止。
もう少ししたら、ここに人はいなくなるんじゃないかなあって、心配です。
作品の中に、この映像が映し出せたら嬉しいですね。
まだまだ描写力が足りないんですが・・・。がんばります^^
こんな雑記にも、ありがとうございました!

NoTitle 

片道だけで10時間Σ(・ω・ノ)ノ!
帰省するだけでも大変ですね~。

本当に不思議な感じがする場所ですね(。-`ω-)
妖怪とかが普通に出てきそうな雰囲気がありますね(笑)
いや、もしかしたら気が付いていないだけで、
本当にどこかにいるのかも・・・(笑)

ポール・ブリッツさんへ 


そうなんですよ! やっぱり覚えてらっしゃった(笑)
あれは、何がヒントだったのかなあ・・・。(それすらも覚えていない鳥頭)
Googleが田舎まで行きわたったら、見つかっちゃいますね^^

私が今住んでるところも、味もそっけもない住宅地ですよ。
あ、いいな。うちはバス停が少し遠いです。
でも、車の音がうるさいところは、ちょっと嫌なので、ちょうどいいかな。

ウゾさんへ 

こんばんは~。
おお。大台ケ原! 行ったことないですが、きっとここよりもっときれいなところなんだろうなあ^^
本当に、鬱蒼とした森で。
昔はよく、フクロウが顔を見せてくれたんですよ。
夏は本当に涼しかったです。でも最近は温暖化で、やっぱりあそこも熱帯夜になりますね^^(大阪よりはましだけど)

川の音って、改めて聞くと落ち着きますね。子供のころは気づかなかった。日常の音だったからでしょうね。
ウグイスは、上手に鳴いていましたよ。
ケキョケキョが、異常に長いww 調子乗ってました(笑)

あ!そうか、ウゾさんもお花をもらったんですよね。薔薇でしたっけ。
いいなあ・・・。でも、おじさんか・・・。4歳くらいの女の子から、タンポポをもらうのとどっちがいいでしょう? 
私はおじさんのほうがいいかも。ふふ。

ツバサさんへ 

そうなんですよ。
10時間も車に乗ってると、なんとなくヨレヨレになっちゃいますね。
犬も連れて行ったんですが、奴はがまんづよく、じっと籠の中で前を見つめていました(笑)どんな気持ちで乗ってたんだろう。

>妖怪とかが普通に出てきそうな雰囲気がありますね(笑)

そうなんですよ、きっとね、いるんじゃないかと思うんですよ。
10歳の頃、2か月間毎晩、魑魅魍魎に襲われる夢を見て、やばかったです。
きっと何かがうろついてたんじゃないかと。
あそこにいる間は、妙に霊感働きましたし。

でも今はまったくないです。やっぱりね、森には何かいますね^^ ふふ。

NoTitle 

わあ、こんな素敵なところに、行くのではなく、帰るというのが良いですねえ。
森の中って、子ども心を揺さぶるんですよね。
いろんなものがあって、飽きない。
テーマパークより、森が欲しいですよね。
滝と川と湖も理想だなあ。
どんな動物が住んでいるのかなあ。
からすのポーと、いのししと・・・

うちからは、2時間半運転して行ける自然と水の豊かな国立公園があるのですが、はい、リピーターしています^^
けれども、10時間だとリーピーター率下がるかも(^^;)
年に一度でも帰れて良いですね^^

けいさんへ 

けいさん、こんばんは~。

けいさんの近くの国立公園って言うのが、気になります。
そちらのおーじーさんのですよね。(大爺さんじゃないよ)
きっときれいないい場所なんだろうなあ。
2時間半ですか。結構な距離ですが、それほど魅力的なんですね^^
見てみたい!

はい、10時間かけて帰ってきました><
車でないと、たどり着けないんですよ。バスも通ってないし。
動物ですか?
この森にはフクロウが住んでいました。今はどうかな?
森の外には、鹿やイノシシやきつねや猿が居ます。
猿、最近はイタズラが酷いんですって。知恵比べですって。
どっちが勝つんでしょうね^^;

けいさんの所には、何の動物がいるんでしょう。
お腹に袋をもった彼らが、いたりします??

やっぱり自分家よりも、けいさんの所が気になりますね・・・。

コメ、ありがとうございます^^


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

はい。大爺さんもリピーターしていますよ~^^
カンガルー、いっぱいいます。
観光客の入らない奥地にコアラがいるという噂です。
トカゲや蛇もいます。黒くて猛毒の奴とか見ました。
鳥がたくさんいて、きっとlimeのお気に入りになると思います。

四季を通じて草木・植物も飽きません。
パンフレットには、六季節あると説明されています。
車で10時間耐えたなら、飛行機で10時間はどうでしょう?
ふふふ。いつでもご案内いたしますよ~^^
ちなみにうちのほうは2時間半離れていますからね、ただの田舎です・・・

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSさんへ 

あ、そうなんですよ。
小郡って、無くなっちゃったんですよね、いつの間にか。
でも今は、山口の駅は、どの県よりも最多の5駅!(何が増えたんでしたっけ)
最近は新幹線で帰らないから、分からなくなっちゃって^^;

たまに帰ると、この自然はごちそうですね。
でも普段生活するとなると、やはり今いる大阪が便利でいいです。
(ちょっと都合がいいですよね)

でも、諸外国の都市って、ちゃんと緑も都市の一部として残してあって、美しいですよね。
バンクーバー、きっときれいな街なんでしょうね。

あ、そうそう、メンバー発表ありましたね。
やっぱり大久保は必要でしょう。きっと活躍してくれるはず。
それ以外は予想通りのメンバーかな。
遠藤、まだ頑張ってくれてうれしいです。
私的にはやっぱり元グランパスだった本田に注目しちゃいます。
初出場の試合、とても印象的でしたから^^

これからまた、楽しくなりますね。

けいさんへ 

わーい、再びありがとう!!けいさん。
大爺さん、めちゃくちゃいいところですもんね^^
私も一回だけ行ったんですよ。確かに飛行機で10時間www
(私、飛行機好きなんで、時間と¥があれば・・・><)

シドニーとハミルトン島にしか行ってないんで、もっといろいろ見て回りたいなあ。
カンガルーさんやコアラ、いっぱいみたい><

あ、そうそう、白い大きなインコが、ベランダまで来て、可愛かった。
ご飯をあげたりして遊んでいたら、クルーズツアーに乗り遅れました><
楽しい思い出いっぱいです。

けいさんのいる田舎も、きっといいところなんでしょうね。
またちょこっと、写真など見せてくださいね^^

鍵コメMさんへ 

あ、本当ですね。
森様をまもり、そして守られてるのかも。
穏やかでいいところです。

そうなんです、帰省は年に一回。
だかた、兄弟たちとも、タイミングがずれると、何年も会えません。
今回祖母の法事で久々に兄弟に会いました。
やっぱりいいもんですね、兄弟。

Mさんも、ちょくちょく帰ってあげてくださいね。
近くに住んであげるって、一番親孝行ですよね^^

拍手鍵コメNさんへ 

こんばんは~。
もうねえ、旅行に行かないもんで、帰省した時しかこういう記事書けないんですよ。(笑)
おまけに、写真がへたくそなんで、あまり枚数が無くって><
この写真で、伝わりますか??

そうなんですよ、森様も、ちょろちょろする女の子に手を焼いて・・・って、誰の事ですか(爆)
本当に、変わり者の子供でした^^;
今でも変わってるって言われますが・・・。気のせいですよね。

ああ、山なら迷わないのに、なんで街中ではあんなに迷っちゃうんでしょうね>< いつぞやは、本当にごめんなさい(汗)

わあ!!! 

嬉しい!!!!!!
limeさんの森様を見せていただけて
とっても嬉しいです!!!!!
本当に素敵なところですね(^v^*)v-238
ここにlimeさんの原点があるんですねえ~~
感無量です!!!!!
見せて頂き、どうもありがとうございますm(^^*)m

わぁ 

素敵なところですね~
そうそう、これはまさにあのKEEP OUTシリーズの冒頭、それに馬の話(あれ、記憶がおかしいなぁ)に出てきた森のイメージです。
limeさんが書かれるイラストの世界には、何かこの森の中にある光が残されているような気がします。
私がよく行っている志明院のある京都の北の果てにもこんなところがあります。巨石を見に行くところもこんなところばかりです。
きっと神の住む場所っていうのはこんなところなんでしょうね。
素敵な写真、そして思い出の大事な場所を見せてくださって、ありがとうございました(*^_^*)

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、こんばんは^^
こんな少しの写真に喜んでくださって、嬉しいやら申し訳ないやら。
ほとんど旅行しないので、大阪以外の写真といえば、田舎ぐらいしかなくて。

写真撮って載せるのって、大変ですね。そして見栄えのいい写真って、難しい><
かじぺたさん、本当にすごい。
いつも素敵な写真ばっかりですもん。
写真の整理だけでも大変でしょうね。

雑記にも温かいコメ、本当にいつもありがとうございます!

大海彩洋さんへ 

こんばんは~^^

> そうそう、これはまさにあのKEEP OUTシリーズの冒頭、それに馬の話(あれ、記憶がおかしいなぁ)に出てきた森のイメージです。

あ!そうそう、死の馬も、こんな渓谷でしたよね。
あれは湯布院が舞台だったんですが、やっぱりイメージはここが浮かんでしまって。
奥に行くともっと険しい崖で、よく転落事故があって救急車が来ていました。(どんな観光地><)

イラストにも、この柔らかな木漏れ日が反映されてるならうれしいです^^(でも、まだまだだなあ~、絵の方も><うう、練習したい)

>私がよく行っている志明院のある京都の北の果てにもこんなところがあります。巨石を見に行くところもこんなところばかりです

そうそう! 大海さんがいつも載せてくださる京都の自然は、ここみたいに(もっときれいな)森ですもんね。
思えば、珍しい写真じゃなかったなあと思いつつ(笑)
でも、やはりこの森が、どんなに離れても自分のホームのような気が今はします。
(本当は、ちょっと田舎暮らしが嫌になって18歳で関西に行っちゃったんですが^^;)

神様の事を良く知らなかった子供のころにも、この森には何かいるんだっていう感覚がずっとありました。
やっぱり理屈じゃなくて、そういうものは肌で感じながら、昔の人は生きて来たんでしょうね。

とはいえ、ゴチャゴチャした猥雑な大阪市内も大好きなんですが^^
なんか、想像力がむくむく湧くのは大阪で。
たまに帰るからこの良さを実感できるんでしょうね。

温かいコメ、ありがとうございました♪

^^ 

森は自分の憧れです。
imageでは平地に針葉樹が続いているような。
ヨーロッパ的な森に憧れています。

日本の森って。どうしても。
山の一部としか思えず。
イマイチ。ピンと来ないのです^^;)/

おー 

limeさんのふるさとのお話はちょこちょこ読ませてもらっていましたが、改めて見せていただくと、おー、こういうところで育たれたのですね。
人間、やっぱりどこで育ったのかも感性に影響するんだろうな、と思ってしまいました。

宮内庁管轄の天皇陵の衛士っていうんですよね。
代々、そういう家柄のおうちのお話をちらっと聞きました。
limeさんの親御さんもそういうのに近いのでしょうか。

小さいlimeさんがお花を摘んで、観光客にプレゼントする。
今の女の子、誰? 妖精?
なんて、そんな光景も想像してしまいました。

そういえば私には「ふるさと」はありません。
大阪生まれの大阪育ちだから大阪が故郷ではあるのですが、ここはふるさとって感じではありませんからね。

NoTitle 

こんな素敵な所で育ったんですね♬なんか風景だけを切り取っても何か書けそうな雰囲気の森ですねー!!すごーい!!limeさんの表現力の素晴らしさはこういう雰囲気そのものに育まれたんですね!
森の中って天気や時間によって、そして自分の気持ちによっても感じる空気が全然違うイメージがあります。
それを日々全身に感じられてたんですね♬なにせ5分でその景色・・・ありえない(笑)

私も小さい時に住んでた所にほんのすこしの森がじゃり道の横に並んでいて木のトンネルのようになっていてすごく好きだったというおぼろげな記憶が・・・。でも5歳までしかいなかったので、きっと想像よりはるかに小さく、つまらない森の予感がしますが(笑)またいつか行ってみたいです♬


  • #12437 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2014.05/14 01:34 
  •  ▲EntryTop 

綺麗ですね〜 

こんばんは。

うん、日本の森には絶対に神様いますよね。
こっちの森にはいないけど(絶滅した感じあり)

帰省に10時間って、ヨーロッパから帰る私の半分かかってますよ(笑)
でも、そのくらい遠ざからないと、ここまでの自然は手にできないのでしょうね。日本の国土の85%は森林ということですから、まだまだこの美しい自然が隠れているんでしょうね。

ちなみにスイスの我が家は、小さい街までも近いけれど、森までも五分くらい。家の隣にライン河の支流が流れていて、夜はフクロウの鳴き声と狐の叫びで目が醒める、みたいな感じです。

あ、limeさん方向音痴なんですか? イメージと違う……。

waravinoさんへ 

そうですよね。
わたしも『森』とは書きつつも、本当の森のイメージとは違い。

ヨーロッパのような、赤ずきんちゃんが居そうな森がいいな(笑)
日本の森は・・・北海道や信州の原生林みたいなのが近い?(あ、林か)

でも富士の樹海みたいな森は、平野でもちょっとイメージが怖すぎるし・・・。
私の実家は、森と山と渓谷を足して割ったような感じかな?

あかねさんへ 

あかねさん、おはようございます。
いやあ、特筆するほどの自然ではないんですが、ほとんど旅行も行かないので、こんな写真でものせてみようかな?と^^

> 宮内庁管轄の天皇陵の衛士っていうんですよね。
あ、そういう役目のお家があるのですね。
うちの先祖は確か毛利家の家臣だったと聞いています。よく似た家紋を頂いたとか。
はは。この森とはあまり関係ないかな?

小さいころの私は、ほんとうにちょろちょろ人の後をついていっていましたね。
兄弟も歳がはなれて遊んでもらえなかったので^^;
いやあ、「へんな生き物がいる」的なかんじかな?w

そっか、あかねさんは大阪の人なんですよね。
でも私は大阪、大好きです。
あのゴチャゴチャした市内も^^
田舎は、たまに帰るくらいが、ちょうどいいのかもしれません。
生活、たいへんですもんね。

ぐりーんすぷらうと さんへ 

おはようございます。
いや、こうやって見ると、よくある山の中ですよね^^
でも、旅行もしないし、たまには写真をUPしなきゃと思って><

そう、家の横はちゃんと舗装道路なんですが、そこからすぐのところにこの滝のある森が・・・。
中途半端な田舎じゃなく、究極の山奥です(笑)
でも空気は甘くておいしいし、日差しはとろっと柔らかいし。
大阪の霞んだ空気の中から帰ると、違いがわかりますね。

ぐりさんの木のトンネルの記憶。想像できます~。
きっと素敵な場所だったんでしょうね。
そんな記憶も、きっと宝物です。

八少女 夕さんへ 

夕さん、おはようございます。

いやいや、ほんと、ただの山奥の写真なんですが^^
森というと、やっぱりヨーロッパの平らな大地の森のイメージですよね。
夕さんの小説の中のような。

日本の森は、山、といったほうがいいのかも。
でも、確実に神様は居る気配がします(笑)
気配・・・というのが、大事なんでしょうね。
え、ヨーロッパの森には、気配がない?
でも、いたとしても別の神様なんでしょうか。大地に住む神様を祀るという慣習は、日本独自の物なんでしょうね。

そうなんです、帰省に片道10時間。連休でなければ8時間かな?
わあ、夕さんは、森まで5分。
きっと私が想像する、ヨーロッパの『森』なんでしょうね。
いいなあ~。神様が居なくてもw
ライン川の支流。それだけでぐっときます^^

フクロウときつねの声。まるでお伽の国のよう。きつねを見かけたらいつか激写してください。
むずかしいのかな?

はい、私の方向音痴は、もうきっと日本一レベルでしょう。
引越しをして、そこから職場に行って、夜、そのマンションに帰れなかったことがありますから。
(ナイショです)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSさんへ 

Sさん、こんばんは~。
どうでしょう、私の田舎には、たしかセブンイレブンが多かったように思います。
田舎にいる間にはほとんどなかったんですが、やっぱり最近は増えてきてるようですね。
(でも、24時間営業じゃないかも)

あ、そうか。厚狭が加わったんだ! 一度降りてみたいな。どの辺に出るんでしょう。
広島も5か所駅があるのですね。こだまに乗らないから、やっぱりその辺疎くなりますね。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。

えーと、SさんはF県でしょうか。それともO県?
私の姉と兄がそっち方面にいるので、なんとなく親近感です。

そうですよね、ブログ友達は、なぜか東京、大阪が多いです。
ネットは全国に行きわたっていて都市は関係ないのに、不思議な事ですね^^

NoTitle 

お、きれいな場所ですねえ。
私の遊び場は結構昔と変わってしまいましたけど、
こういう風に変わらずにあるのはとても良いことですね。
綺麗な写真をありがとうございます。
(*^-^*)

LandM さんへ 

こんばんは~。
写真が下手なので、こうやって見るとただの山の中だなってかんじなのですが^^
ありがとうございます。
小さなころ遊んだ自然が、無くなってしまうのは悲しいですよね。
私の田舎は逆に、どんどん人が居なくなって、原生に戻っていく感じなんですが^^;
そう言う場所も、貴重ですよね^^

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)『残響』を読んでくださった皆様に感謝!】へ
  • 【『残響』おまけSS 「捕食者・塚本」】へ