☆雑記・四方山話

(雑記)『残響』を読んでくださった皆様に感謝!

 ←残響 最終話 今だけは →(雑記)相変わらず森の中
KEEP OUTシリーズ番外『残響』を最後まで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!
重くて地味な展開だったのに、毎回温かいコメントをいただきまして、感謝の言葉もありません。 
・・・いや、感謝の言葉、書きます!!

一応前回の『不可視光線』の続きに当たりますが、今回は今までとは全く違った雰囲気で書いてみました。
私の作品は、(なぜか)サスペンスタッチになってしまう傾向があるのですが、この『残響』は、ミステリー要素もサスペンス要素もまるでない、春樹の心の迷走を描いてみました。

難しかったです。
謎を含まない物語って、こんなに描写が長くなってしまうのですね。
ミステリーのように最後の一点に集約すればいいというものでもなく、何かの答えが待っているわけでもなく。
そのラストが、読者様にどういう想いを抱かせるのかの予測がつきにくく。

今回の『残響』では、春樹の成長というよりは、心の安定、安息の場を与えてあげるつもりで描きました。
心を病みながら無理やり大人になろうとする春樹を一度、子供帰りさせてあげたかったのです。
いやもっともっと遡って、八重に触れることで母親の愛情の海に取り込み、体内回帰させてあげたかった。

そうして、もう一度生まれて、頭を撫でられて。
見守られてるという事に気づかせ、そしてそこからもう一度再生してほしかった。

隆也の前で泣いて、頑なな意地を捨て去った春樹は、きっとこのあとちゃんと立つことが出来るような気がするんです。
いや、そうなってもらいたい(笑)

みなさんの温かいコメントはどれも、作者がハッとするようなものばかりで、逆にいろいろな事に気づかせていただきました。
八重の存在は、春樹にとって本当にプラスなのかどうか悩んでいたんですが、やっぱり出会ってよかったんだよね、と、皆さんのコメを読んで改めて思いました。

そして今回、登場回数が僅か2回だった隆也ですが、意外にも皆さんに好感を持っていただきました。
やっぱり隆也の視点で語らせないと、あのおバカ加減が露見しなくていいですね。(酷い言われよう・笑)

メールを合わせて3回登場の塚本は、相変わらずの不人気(笑) 皆さん、ナイスです。
塚本はずっと、今ぐらいの嫌われ者で居てほしいものです。
(隆也よりまともな事言ってるのに^^;)

さあ、この春樹の物語。続編をいくつか続けてきましたが、しばらくは次回作の予定はありません。
でもいつかまた必ず書こうと思っています。
(20歳のまま、しばらく彼らの時間を止めておきますね)
重いものか、軽いものかは全く未定ですが、またいつかひょっこり姿を表したら、ちらっと様子を見に来てやってください^^

ひとつだけ、この物語のおまけSSを書いていますので、雑記を挟んだ後、UPしますね。
さあ、誰のSSでしょう。(言ったら誰も読みに来てくれないかもしれない、彼です・笑)

では。改めまして皆様、本当にありがとうございました。
小説が苦手だと思われる方は雑記だけでもいいですので、またこの後も、どうぞ気軽に遊びに来てやってくださいね(*^-^*)



夏みかん4




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【残響 最終話 今だけは】へ
  • 【(雑記)相変わらず森の中】へ

~ Comment ~

NoTitle 

連載改めてお疲れ様でした。(*^-^*)
私の作品はコメントが少ないですからね。。。そういう面ではうらやましいと思いますし、愛されている作品だと友います。
常日頃の勲功のたまものだと思います。
またSSも見たいですね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

LandMさんへ 

LandMさん、おはようございます。
LandMさんの作風は、読者さんに遊んでもらうというゲーム感覚で面白いですよね。
小説を読みながらRPGしてるみたいで。
ジャンルが違うので読者様も感想より、楽しんで帰れられてるんだと思いますよ。
また、遊びに行かせてもらいますね。
SSは、本当に初めての試みなのですが、大丈夫かな・汗

鍵コメHさんへ 

Hさん、ありがとうございます。
本当にいつも、励まされます。
そして、「ああ、そうか、ここを気に入ってもらえたのね」と、新しい発見がたくさんで。
この後の作品、もしかしたら内容的にお気に召さないこともあるかもしれませんが、その場合はどうぞスルーしてくださいね。雑記やイラストも、また時々描こうと思っていますので。
お忙しいと思いますが、どうぞご無理のないように、あそびにきてやってください。
本当にありがとうございました!

(*´∇`)o。゜:.・+ オハヨォォ・.:゜。o(´∇`*) 

今日も 晴天で 清々しく気持ち良い日ですね♪

今までとは 違うエッセンスを含んだ「残響」
最後は ちょっぴり悲しかったけれど、全体的には ほんわり~心が温かくなった作品でした。
時々は、こんな話しも書いて下さいね、limeさま♪:*:・'゜ (〃ゝ∇・)ゞえヘッ♪

ところで 春樹は、元気に過ごしているのかな?
今までよりも より信頼度がアップした隆也が側に居るから 大丈夫!…ですよね!?

SS作品、すっごく楽しみです。
しかも アノ彼とは~~~!!
その作品で 少しでも好感度がupすれば いいのにね。
あー 逆に嫌われ度upになるかも…(苦笑)

(私の中では)友達にしたくないランキング一位のT君、良かったね♪
(.*'∇')ノ゜・:*【祝SS作品】*:・゜オメデトー!!...byebye☆

けいったんさんへ 

けいったんさん、おはよ・・・あ、もうお昼だ><
けいったんさんも、毎回楽しいコメをありがとうございました。
重い回でも、気持ちが楽になるけいったんさんのコメ、楽しみでした。

今回はちょっぴりしんみりシーンが多かったですよね。
春樹、元気づけられたらいいのですが。
隆也がいるから大丈夫ですよね^^
塚本?   あいつも頑張ったんだけど、きっと一生春樹には触ってもらえないでしょうね(笑)
↑最初に、春樹にいかがわしい妄想を送り込んだ(らしい)のが運の尽き。春樹は意外と執念深いのだ。

春樹はきっと元気にしていますよ。
バイトなんかもやってるかも。(何のバイトかな。コンビニはダメです^^;)

> SS作品、すっごく楽しみです。
> しかも アノ彼とは~~~!!
> その作品で 少しでも好感度がupすれば いいのにね。
> あー 逆に嫌われ度upになるかも…(苦笑)

けいったんさん、さすがにわかっちゃいましたね。はい、T君です。
彼の、知られざる過去とか、チラッとお見せします。
そして・・・さらに嫌われるかも・・・。いや、同情か??

けいったんさんの、友達にしたくないランキング一位、光栄です(笑)
今後も、春樹、隆也、塚本、記憶の隅っこに、置いてやってくださいね^^(塚本はいいか?)

本当にいつも、ありがとうございます!!

あ、みかん(*^_^*) 

美味しそうなみかんですね~
もうみかんの季節も終わった、と思ったら、最近は色々な品種改良で結構遅い時期になっても楽しめてうれしい……あ、limeさん、酸っぱいの、苦手でしたっけ?

それはさておき。
limeさんはミステリー要素が少ないとおっしゃいましたが、十分にあったと思うのです。人の心って一番のミステリーですものね(*^_^*)
春樹という存在は読者にとって「謎」なのですから、そして、その春樹の心の動きは全て私たちにとって心に訴えかけるミステリーなのですよ。
物語ってミステリーの要素が無ければ面白くないってのは事実で、今回のお話はそれは十分に満たされていますよ(*^_^*)
春樹が母親に愛されるところからやり直していく過程。limeさんがそれをどうしても書いておかなければならなかったというのはよく分かります。
物語は心を書いてこそ、人の心に届くのですよね。特に「こう思った」と書いていなくてもいいのです。心の動きが感じられないものは、やっぱり面白くないので(いえ、確かにゲーム的に書かれて物語の進行だけでも読ませる小説もありますけれど……)、この『残響』はとても素敵なお話だと思います。

あ、塚本は……う~ん、ま、主人公になったらもしかしたらすごいパワーを発揮するのかもしれませんね。いや、でも、やっぱり適当にウザい奴のままいて欲しいです。
そして隆也はこの隆也のままでいて欲しいです(*^_^*)
素敵なお話、ありがとうございました(*^_^*)

NoTitle 

limeさん、こんにちは~!
もう、次回作の構想があるんですね。
すごいです。
でも、また大変でしょうが
漫画も見てみたいです♪ 

楽しみにしてますね!

大海彩洋さんへ 

大海さん、ありがとうございます。
本当に大海さんにはいつも、いろんな方向から感想を言ってもらえて、とても感激しています。
書いている本人が気づかないことって、やっぱりたくさんあるんですよね。
毎回丁寧なコメで、それを教えてもらえて、本当に嬉しかったです。

> 美味しそうなみかんですね~
> もうみかんの季節も終わった、と思ったら、最近は色々な品種改良で結構遅い時期になっても楽しめてうれしい……あ、limeさん、酸っぱいの、苦手でしたっけ?

わあい、夏みかん、気づいてくださってありがとうございます(あ、デカいから気づくか・笑)
今回、何気に活躍してくれた夏みかんさんです。
今は伊予カン、ポンカン、デコポン、甘夏、はっさくですよね。夏みかんは6月ごろから出回るはずです。
一体、どこが違うねん!って思うほど見分けがつきませんが・笑
はい、私は酸っぱいのが苦手で。イチゴも、練乳シャバシャバにしないと食べられないんです><

> それはさておき。
> limeさんはミステリー要素が少ないとおっしゃいましたが、十分にあったと思うのです。人の心って一番のミステリーですものね(*^_^*)

あ・・・そっか。そう言われれば。春樹なんて本当に謎の塊で。
彼の心を描くだけでミステリーなのかも・・・。そうですよね、心の動き、問いかけや答えが無い物語って、面白味がないですもんね。
このお話、ちゃんと心を紐解いていく過程を描けていたのでしょうか!
だったら、すごくうれしいです。
事件が起こらなくても、やっぱり物語はミステリーに溢れているのですね^^

はい、今回、春樹には幼い子供に還ってもらいました。
けっこう強情で意地っ張りなところのある春樹に、ショック療法というか・・・(八重さん、ごめんなさい><)でもきっと八重さんや早苗さんにも、春樹の優しさが伝わってくれたんじゃないかと思います。
春樹って、自分を幸せにする方法を知らない子なんでしょうね(なんか、そんなところ真みたい^^)

> あ、塚本は……う~ん、ま、主人公になったらもしかしたらすごいパワーを発揮するのかもしれませんね。いや、でも、やっぱり適当にウザい奴のままいて欲しいです。

塚本はねえ、主人公になってもなんか変なオーラ出しまくって、もっと嫌われちゃうような気がします。
時々書きたくなるんですよね~、頑張ってるのに嫌われちゃうキャラ。(過去に倉田っていうおっさんもいたなあ)
塚本SSは、本当にちょこっと笑ってもらえたらいいな、というお遊びSSです。
本当は隆也も書きたかったんだけど、こんなことばっかりして遊んでると、新作が書けないなあと焦っております><
あ、隆也は何年たっても、たぶん30,40のおっちゃんになっても、あんな感じだと思います。
(結婚できるのか?)
こちらこそ、心のこもったコメ、いつも楽しませていただいています。
これからもぜひ、応援してくださいね!
ありがとうございました!

むぎわらさんへ 

むぎわらさん、こんにちは。
はい、ひとつの作品を終わらせるまでに、次の作品を準備するのが理想なんです・・・が、最近は本当に時間と体力が無くって。
平日はいつも寝落ちしてしまって。
この後も、小説更新は本当にゆっくりになると思うんですが、むぎわらさんもきっとお忙しいので、雑記や漫画だけでも良いので遊びに来てくださいね^^
漫画、描きたい><
でも、まずは次回作をちゃんと練ってから・・・ですね。
ああ、時間と才能がほしいです。

いつも、ありがとうございます^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメOさんへ 

ふたたびありがとうございます!
いや、きっとそうだろうなと^^私なんかそう言うミスしょっちゅうです。
(相手の名前を間違えちゃったりする、不届きな奴で)

あ、やっぱり彼もそうなんですよね。
きっと彼の場合、自分が、というより、相手を子供に戻してスキンシップしちゃうんでしょうね。
きっと野生動物が本能的に相手を癒す様に。
彼と春樹を対面させたらいったい、どんな行動に出るんだろう。(あ、一回対面してた。ちょっとだけだったけど)いやあ、なんだかすごく親密になれるような、逆に互い深みにハマっちゃって影響しあって戻ってこれないような・・・。

いやもう、そんなこともどんどんコメに書いてもらったら嬉しいです。
コメでしか語れないこと、多いですもんね。
これこそブログの醍醐味です。
ありがとうございました!

NoTitle 

 こんばんは。
おおっーー 本当に塚本の短編が掲載されるのですねーー
何か報われない道化というか 狂言回しの塚本の短編 楽しみです。
でも 小説の登場人物としては 塚本は書くの楽しそう!!!!
塚本には 何時か あの追い詰めている少年とけりをつけて欲しいですね。
そして あの事件をすっきりと終わらせてほしいなぁ。

ウゾさんへ 

ウゾさん、こんばんは~。
はい、短編というほどのものでもなく、ほんのおまけSSです^^。
彼には彼なりの美学があるらしいんですが、やっぱりどっか変な奴なんです。
微妙なSSを、投げてみますね。

おお、覚えていてくださってうれしいです。
横川祐一との対決ですよね。
これは、春樹の役目なのか、塚本の役目なのか悩むところですが。
あまり塚本に活躍してほしくない作者は(ひどいw)もう少し悩んでみますね!
いつの日かきっと、何らかの決着を付けなければと思っていますが・・・。(誰も死なない形で。…難しいかな?)
ウゾさんも、いつもツボに来るコメ、本当にありがとうございます^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

みかんだー。みかん、語りましたね~。
あ、隆也が語ったのか。いや、みかんだ。いや、隆也か??
(放っといてください ><)

春樹視点の進行、とても良かったです。
読者として春樹の気持ち、葛藤が伝わってきたし、心に持っていたものがうわーってあふれたとき、一緒に泣けました。
そう、春樹が泣けたことも、おめでとうレベルですね。ぽんぽん。
強がってばかりではやはりバランス崩れますから。
(ためとくとお肌にも悪いし。ちゃう ><)

春樹はきっと強い子なのかもしれませんが、強いだけではアンバランス。
今回、弱いところに向き合った春樹は、違った意味でまた少し強くなれたのでは。

弱いところを託せる、受け入れてくれる友人はかけがえないですね~。
きみのことだ、隆也。かっこ良いぞ。
きみのことは、つかもっちゃん、SSで待つ。

鍵コメHさんへ 

わあい、Hさん、再びありがとうございます。
みかんのイラストに、ジーンとしてくださって、めちゃくちゃうれしいです。
はい、ちょっと気持ちを込めてみました。
今回けっこう最後まで頑張ったみかんです。
いつも、細かい心配り、本当に嬉しく思います。
ありがとうございました!!

けいさんへ 

けいさん、こんにちは^^
なんか、いつもにんまりして読んじゃいますね、けいさんのコメw

はい、夏みかんですよ~~。
今回一番饒舌に語りました。
ん? 語ったのは隆也か? どっちだ?

> 春樹視点の進行、とても良かったです。
> 読者として春樹の気持ち、葛藤が伝わってきたし、心に持っていたものがうわーってあふれたとき、一緒に泣けました。

ありがとうございます!
すごくわかりにくい性格の春樹ですが、伝わってくれてよかった~~><
あ!! 書き忘れていたことを今思い出しました。
そうだ、今回特筆することは、「春樹視点」にしたことでした。
けいさん、思い出させてくれてありがとう!
おかげで、どんよりと重いシーンが続きましたが、そう言っていただけてほっとしました。
でも・・・もう春樹視点は、作者が辛いなあ。次回は、能天気隆也視点に戻そう(笑)

そして、春樹にポンポンしてくださってありがとうございます!
そうですよね、強い事と、強がることはまた別で。
春樹は我慢しすぎなんですよね、美沙が傍に居たころから、我慢ばっかりで。
もっと人に甘えたらいいのに。(塚本には気を付けなきゃいけないけど)

> 弱いところを託せる、受け入れてくれる友人はかけがえないですね~。
> きみのことだ、隆也。かっこ良いぞ。

おお、聞いたか、隆也! けいさんがカッコいいって!
でも調子に乗っちゃだめだよ隆也。
気を抜くとまたおバカ隆也に格下げだからね!笑

つかもっちゃんは・・・。ははは。次のSSで、また株を下げることが予測されますが、彼はきっと凹むことをしらないナルシストなので大丈夫です。
ちなみに彼の名は、塚本成志。(本当です・笑)

けいさんも、いつも楽しいコメ本当にありがとうございます!!
またこれからも、よろしくね♡

> きみのことは、つかもっちゃん、SSで待つ。

NoTitle 

みかんの絵、いいですね。

暗いことばかり考えていたせいかなんかホッとします……。

ポール・ブリッツさんへ 

ホッとしていただけてよかったです^^
夏みかんの旬は、まだまだ先ですね。(伊予かんか はっさくか、甘夏か、絵じゃ分からないけどw)

こういう時は、何も考えないように早く寝たほうがいいです。
もう、この睡魔をプレゼントしたいです。
寝たくないのに、眠くて・・・><

NoTitle 

「残響」の執筆お疲れ様でした!
実は今回の作品からlimeさんの作品を読ませていただいたのですが、
春樹君の心の葛藤や、彼の近くにいる人々との交流、
そんなものが交わった作品でとても良かったです(*´ω`*)

おおー、この絵のみかんはあのみかんですね~( *´艸`)

ツバサさんへ 

ツバサさん、こんばんは~。
この『残響』から読んでもらって、逆に嬉しかったです。
この作品だけ読んでも、意味が伝わるんだという自信になりました^^
でもそれはきっと、ツバサさんがちゃんと深く、優しい気持ちで読んでくださったからなんでしょうね。
毎回のコメ、本当に嬉しかったです。
貴重な時間を使わせてしまって、ごめんなさいね。

へへ。そうです。あの夏みかんです。
どれかに当たりくじがあるかもしれません^^
(私はくじ運が無いので、当たらないかなあ)

NoTitle 

連載お疲れ様でした。
すみません、まだ読んでません><

これから読ませていただこうと思います。
前回(不可視光線)の続きにあたり、しかも趣が違うということで、楽しみにしています。

ゆーきさんへ 

ゆーきさん、おはようございます。
いえいえ、どうぞお気になさらずに><
私もまだゆっくりそちらにお邪魔できずにいますし。

はい、この『残響』は、じんわり心の動きを追ってみました。
今までとちょっと違ったタッチでしたが、書いてて楽しかったです。
読んで楽しければ、もっといいのですが><
お気遣い、ありがとうございます。
もし、お時間ありましたらいつか、遊びに来てくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【残響 最終話 今だけは】へ
  • 【(雑記)相変わらず森の中】へ