君に会えたら (RIKU・番外)

君に会えたら 第6話 眩暈

 ←(イラスト・企画)妄想らくがき・一コマに戯れる(追記アリ) →(雑記)戯れてくださって感謝。そしてメイキングとか
ドアの前に立つ長谷川の方へ、リクはゆっくりと歩いて来た。
自分からは歩み寄ることをせず、長谷川は仁王立ちしたまま、リクをじっと待つ。
リクが自分の手の届く距離まで来るほんの僅かな時間で呼吸を整え、本来の平常心を取り戻すことに集中した。

--- このときめきに似た感情は何だ。鼓動は何を誤作動している。思い出せ、今はそんなことよりも大事な本題があったではないか。

神経を集中した途端脳髄を駆け上がってきた感情に任せ、長谷川はすぐ目の前まで歩み寄ってきた青年の手に持っていた紙袋を無言で奪い取った。
小娘のような胸の高鳴りは何とか収まり、代わりに先ほどまでの煮えたぎる苛立たしさが激しくぶり返してきたのだ。
奪い取った紙袋は軽くガサッと音を立てた。
たぶん何も持たずにたったひとりで入院したリクに、病院側が持たせたものだろう。袋に入っているのは使用後の衣類らしかった。
リクはその乱暴な行動に呆れているのか琥珀の目を見開き、無言で長谷川を見つめている。
まだ術後の痛みがあるのだろう、少し動きが緩慢だ。顔色も青白い。
だが、優しい言葉をかける気にはならなかった。
「鍵は?」
乱暴に聞くと、リクはジーンズのポケットからゆっくりそれを取り出し、大人しく長谷川に差し出してくる。
無言で受け取って鍵を開けると、長谷川はぐいとリクの腕をつかみ、家の中に引き込んだ。

「ソファに座ってなさい」
まるで子どもに言うように指示すると、リクはただ大人しく従い、ゆっくりと布張りのソファに腰を下ろした。
長谷川は収まらない苛立ちを押さえ込みながら、とにかくリクの体を温めてやりたくて、石油ストーブに火をつけ、薄着の青年の肩に、横に畳んであったブランケットを掛けた。

「何か、怒ってる? 長谷川さん」
「怒ってるよ。殴り倒したいほど怒ってるけど、殴ったって何にもならないだろうから、やめておく」
「携帯、通じなかったこと?」
「そんなことじゃない。倒れるまで仕事するなって事! いくら佐伯さんの頼みだからって、自分の体
より大事な仕事なんてないだろうが! それからなんで3日で出てきたの。医者嫌いって事じゃ通らないよ?」
「いっぱい質問来た」
リクは声を立てずに笑った。それでも少し下腹を抑えながら。
「ほら見なさい、痛むんでしょうが!」
「最初はね、ただの腹痛だと思ったんだ。薬飲んでたら収まるかなって。…でも、そうじゃなくて、びっくりした」
リクはソファに更に深く沈み込むと、少し気だるそうな目で仁王立ちの長谷川を見上げてくる。
どこまでも形よく整った目元、深く透明な琥珀の瞳は、相変わらず見つめていると訳もなく胸がざわつく。
そのせいで、出会った最初の頃は、どうも苦手な青年だと感じたものだった。
ずいぶん慣れたと思ったのに、離れている間に免疫が低下したのだろうか・・・などとボンヤリ感じながら、その目を見つめ返した。
思えばこうやって目を見て話すのは、もう1年半ぶりのことだ。
けれどいつまでもしっかりと自分を見つめてくるリクは、あの頃のリクと少し違い、長谷川は再び先ほどと同じ種類の違和感を覚えた。
目の前にいるのは紛れもなくミサキ・リク。それ以外では有り得ないのに。

自分が目をつけ、1年にわたって美術誌『グリッド』に取り上げた若き油彩画家。
思いがけず、霊能力を持つが故の苦悩、そして壮絶な過去を知り、その苦悩からの逃避に手を貸してやったばかりに、ついつい情が湧いてしまった。
そう、情が湧いてしまった、ただそれだけのことなのに。
何かにつけ、思い出すと苦しくなる厄介な男。

湧き出してくる感慨に任せながら、じっと立ったままその目を見つめていると、リクは薄紅を引いたような柔らかな唇でニコリと笑い、となりの空間をポンと手で叩いた。
「ねえ。ここに座ってよ、長谷川さん」

眩暈がした。
そんな仕草も言葉も今までとはどこか違う。何かが違う。気のせいだろうか。
いや、それよりも自分は何かひどく怒ってたのではなかったかと、しばし頭を巡らせた。

「いいよ。もうあまり時間がないし」
「飛行機?」
「うん」
「本当にもうシンガポールに帰っちゃうの? 仕事、忙しい?」
「私のことはいいんだよ。それよりあんた、・・・そうだよ! あんた何でそんなに早く病院出てきたんだよ。手術して3日って、なに! 医者が嫌いだとか言うんならちょっと性根入れ替えたほうがいいよ、長生きしたいんなら!」
「佐伯さん情報?」
「どこ情報でもいいよ。通院が長引くだけでしょうが。世話してくれる彼女がいるならまだしも、どうすんだよ、一人で。言っとくが玉城は当てにならないよ」
「ああ、うん。医者も怒ってた。今日帰って傷口悪化したって責任持ちませんよって」
リクが笑う。やはり下腹に手を当てたままだ。

「笑い事じゃないよ! なんでそんな事するのかって訊いてる!」
「今日がクリスマスだから」
「・・・は?」
笑うのをやめて見上げてきたリクともう一度しっかりと目が合った。

「壊れかけた携帯に、一度だけ玉ちゃんからのメールが入ったんだ。長谷川さんが、25日まで日本にいるって。だから絵を仕上げるのを急いだ。モデルの女の人が寝ようって誘ってきたけど、そんな時間も勿体なくて急いで描いた。早く終わらせれば、長谷川さんに会えるかなって。それなのに入院だとか、手術だとか。ツイてないよ、ほんと」

リクはそう言いながらゆっくりと立ち上がり、頑として座らなかった長谷川の正面に立った。息のかかるほどの距離に。
長谷川よりほんの少し背の低い、細身の体。キメの細かい冬の肌と、そして吸い込まれそうなほど澄んだ琥珀の瞳は、やはりこの青年のものだ。別人などでは有り得ない。
だがその口元の僅かな笑みは、今までにない無邪気さと企みと、そして色気を含み、長谷川を捕らえて放さなかった。
「長谷川さんに会いたかったんだ。どうしても」

何かで軽く殴られたような、身じろぎせずにいられない衝撃があった。体中の皮膚が、ザワリと粟立つ。
いったい何だというのだ。

しばらく離れていた弟か息子に会うようなつもりで帰国したのだ。
もっと自分を大切にしろと、説教して帰ろうと思っていたのだ。 それなのに、これは一体、なんなのだ。



---------------------------------------------------------------
なんなんだ、この恋愛小説みたいな雰囲気は…。( ̄_ ̄;)
次回、『君に会えたら』、最終話です。
RIKU本編をお読みになっていて、すでに気付いていらっしゃる方も、そうでない方も、どうぞ最終話にお付き合いください^^。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(イラスト・企画)妄想らくがき・一コマに戯れる(追記アリ)】へ
  • 【(雑記)戯れてくださって感謝。そしてメイキングとか】へ

~ Comment ~

わ~ 

私が恥ずかしがってどうする!って感じですけれど(*^_^*)
ここにきて、ようやく違和感が分かりました。
そして思い出しました。そうそう、リクはリクだったわ(なんのこっちゃ)。
確かにそれは違和感だわ。麻酔のせい? あまりの痛さでややこしくなった?
(あ、これから本編?を読まれる人の楽しみに取っておかないと…)
あぁ、でも、どっちでもいいから、いっそ……^^;
でも何だか……いつか重なっていくのかなぁという気もしてきました。
本心は実は同じかもしれませんものね。
(何だか、コメント書きにくい^^;)

で、玉ちゃんだよ! もう次で最終回なのに、何だか左遷されているみたいに出てこない……頑張れ、玉ちゃん、存在感を示せ!!
最終回楽しみにしています(*^_^*)

大海彩洋さんへ 

大海さん、おは・・いやもう昼か。こんにちは^^

長谷川さんの恥じらいを誰が楽しむんだって、書きながら思っていましたが、なんだか自分的にたのしかったです^^。
この番外、自分の楽しみで書いてる感じがしてきました(他も大なり小なりそうなんですが)

そうそう、そうなんです。彼じゃなくて、彼なんです。
この辺、ばれていたほうがいいかな、とか思いまして。
はじめてこの番外を読まれる方には、ん? だと思うのですが、それはそれで、そういうものかと思って頂けるような…甘え(爆)

コメントしにくかったですよね(笑)申し訳ない。
でも次回、最終話でばっちりネタバレします。

未読の方に、RIKU本編最終章のネタをばらしてしまう形になるかもしれませんが、すべて知ってから読んで頂いても、それはそれでいいのかも…と思うのです。
私が書く話の中で、どうかこのオチだけはナイショにしてほしい><、というのは「凍える星」くらいかな?

玉ちゃん、さて、何してるんでしょうね。
ここで最後まで出て来なかったら、作者から見放されたと思ってください(笑)

最後までぞんざいに扱われる、名無しの玉城でした・・・。

NoTitle 

おおおおお!!私の好きーな展開!好き過ぎる展開!!(笑)
いけぇ!!リク!!ってすみません・・・。(なんとも品がなくてすみません(笑))
そして多分このリクが本来の彼ではなく、色々と間違ってる感じだという事だけは分かります(笑)
そしてこの雰囲気からすると、私の期待する展開にはいかないんだろうなぁ~(涙)
でもいいな♪普段かっこいい女性がそういうのでドキマギするのってすっごくカワイイです(笑)

そんな長谷川さんが見れただけでも良し♪
そして色気のあるリク君が見れてこれまたよし♪
最終話、楽しみにしてます~♪基本的には多分オチを(笑)
いや、何なら色気のあるシーンでも全然問題ないです!!
そして玉ちゃんは・・・ほどほどに出てきてくれたら(笑)

  • #11477 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2014.02/09 19:32 
  •  ▲EntryTop 

ぐりーんすぷらうとさんへ 

> おおおおお!!私の好きーな展開!好き過ぎる展開!!(笑)

わ~~い、そういっていただけると嬉しいです。
恋愛ものを書いたことが無いので、加減が分からなくて(笑)
こういうの、ありがちなんだろうなあ・・・とか。でも、コメディなので、いいのですよね、多分^^
私の中の悪い虫が、「いけ~~、リク」と叫んでいますが、いっちゃったらこのシリーズ終了しちゃいそうで。(いや、サスペンスのはずなんだけど)

そうそう、きっとぐりさんの好きな展開まではいかないと思うんだけど、これがギリギリラインですw
私も、ドギマギする長谷川さんが、みたかったの♪
柔道有段者の長谷川さん、本編ではカッコいい女性なんだけど(笑)
リクの奴・・・。

> そんな長谷川さんが見れただけでも良し♪
> そして色気のあるリク君が見れてこれまたよし♪

もう、そういっていただけただけで書いた甲斐があります!

ここにいるリクが、本来のリクではないこと、なんとなく察していただけてうれしいです^^
もう、いろいろ抱えてるんですよこの青年^^;
この手法は使わないようにしようと決めたのに、ついつい・・・。

最終話、ぷぷっと笑えるオチを付けられるといいなあ。
え? 色っぽいのは・・・・涙

玉ちゃん、・・・生きてるかなあ(爆)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHさんへ 

こんばんは~^^
早く続きを読みたいと言ってくださるのは、本当にうれしいです。
長さを感じさせないように、これからも試行錯誤します!

あ! >「いっぱい質問来た」。のところw

実は私もすごく好きで(自分で書いといてw)

(ここにいる)リクの子供っぽさ、無邪気さを感じ取ってくださったらうれしいなあ~と^^

リクは本来、もうちょっと落ち着いた、控えめな青年なんですが、ちょっと今、事情が違うようです。

ややこしい話ではないので、どうぞ次回、また遊びに来てやってください^^
コメディタッチで完結します♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

ふふふ、楽しくほろ酔いなのですね^^

全然恥ずかしいコメではなかったのに~~><
でも、Kさんの気持ちを汲んで、消しておきましたよ。

酔った勢いのコメも、大歓迎ですからね^^

ああ~、いいなあ~、私も気持ちよく酔いたいです><
酔ったら絶対次の日起き上がれないからなあ(涙)

コ・コイツは、一体????(-"-)???? 

長谷川に こんな言葉を囁き 間近まで顔を近づけるって!
ΣΣ┏(_□_:)┓OH NO~~!! 
リクじゃな~~~い!

まさか お久し振りの 「こざとへん+土+ハ+土」君の登場でしょうか!!
でも 虫垂炎手術で 何故に このような事に…
∑(゚∇゚|||)はぁうっ!
まさか かの彼を閉じ込めたのは、盲腸の中だったのか。。。

玉ちゃん、長谷川さんが ドエライ事になっているんだよ~
これを見逃すなんて オタンコナスのアンポンタンめ!
アンタ、いい加減に 帰って来なさい(o`ε´o)プンプン

此処は何処?(T-T ))(( T-T)私は 誰?...byebye☆

けいったんさんへ 

> リクじゃな~~~い!

ふぉっふぉっふぉ。けいったんさん、こんばんは^^
なんか、リクじゃないでしょうww
(でも、第1話、ファーストシーンのリクって、確かこんな感じだったような)

> まさか お久し振りの 「こざとへん+土+ハ+土」君の登場でしょうか!!

うんうん、覚えていてくださいましたか。
まさかまだ、リクの中で生きていたとはね。
絶対二度と出すまいと思ったのにね。

> まさか かの彼を閉じ込めたのは、盲腸の中だったのか。。。

おお~、盲腸の中から、こんにちは?? うううああ・・・。
いやいや、ほら玉城が『バイオリズム』だって言ってたでしょ?
きっと年に2回くらいは、こんにちはしてたのかも。裸族の彼(笑)
(奴を出すと、めちゃくちゃシリアスか、めちゃくちゃコメディか、どっちかになるね^^;)

玉ちゃんねえ~、今頃はまだ、ゼーゼー言いながら裏山を歩いていますよ。
霊の女の子を振っちゃうから、助けてももらえなくなったみたいで^^;

さあ、最終話に間に合うのか、玉城!! 間に合わなかったらレギュラー降板だよw

NoTitle 

完全に恋愛小説ですよ。これ。
(作者的に認めたくないかもしれませんが……笑)

「小娘のような胸の高鳴り」ってこのフレーズ堪らなく好きです。
長谷川さんもかつて、小娘だった頃、同じ胸の高鳴りを感じていたってことですよね。これは。

全く素直になれない人ですよね。
でもそんな長谷川さんも、さすがにリクの最後のセリフにはぐっと来たようですね。

ヒロハルさんへ 

> 完全に恋愛小説ですよ。これ。

そ、そうですか! やっぱり?
恋愛小説に長谷川を起用してしまうとは…。(爆)
でも、コメディなので、このミスマッチがいいのですよね^^(開き直る)
ある意味美女と野獣。

> 「小娘のような胸の高鳴り」ってこのフレーズ堪らなく好きです。

おお、嬉しいです。小娘時代が長谷川さんにもあったのか・・・。もしや、小学生の頃から長谷川さんはボス的存在で、男どもに一目置かれてたような気が、しないでもないですが。
でも、初恋ってこともないでしょうしね。
謎です。長谷川さん。

はい、リクの『会いたかった』は、かなりのパンチだったと思います。
次回、もう少し強い右ストレートが入ります><
勝てるのか、長谷川選手!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSさんへ 

そうなんですよ。

もちろん、あのあと玉ちゃんは長谷川に、「そのこと」を報告したんだけど、もうすっかり消えちゃったし、過去のことだと思っている長谷川は、そのことを思い出しもしません^^

いやもう、どんでん返しなんかなくて、そのまんまのラストです。
クスッとしてもらえたらうれしいです^^

NoTitle 

すなおに恋愛小説にしておけば長谷川さんの精神の安定のためにもよかったのに……(^_^;)

NoTitle 

どうしても会いたかったのかぁ、リク。 きたよー、長谷川さん!
リクの息がかかるよ。 長谷川さん、鼻息かけちゃだめよ。

さあ、リクのさえずりを聞きましょう。
玉ちゃんのために、録音しておいてあげようか? てか、録画?

ポール・ブリッツさんへ 

> すなおに恋愛小説にしておけば長谷川さんの精神の安定のためにもよかったのに……(^_^;)

さああ~、どうかなあ(笑)
逆に、そんな展開が毎回だったら、長谷川さん悩みまくってノイローゼになっちゃうかもw
本当にこういうシチュエイションがダメなのでしょうね^^;
戦ってた方が精神が安定される人なのかも。
生まれる時代を間違えたかな・・・。

ということで、愛や恋は、…進展ないでしょうね(鬼作者)

けいさんへ 

> どうしても会いたかったのかぁ、リク。 きたよー、長谷川さん!

うんうん、リク、来ましたよw
そうなんです、玉ちゃんの危機だから戻ってきたわけじゃなく(笑)
そもそも、リクは霊感が強いだけで、テレパシーみたいな力は無いですからね^^
本当にリクは、長谷川さんに会いたかったんですね~~。

でも、きっと病院を飛び出した一番の理由は、窮屈だったから・・・なんでしょうが><

だけど、長谷川さんはリクに見つめられるとダメなんですねえ。
だって1年前、覚えていますか?
寝てるリクにチュッとしたの・・・。(で、風邪うつされたの)
ある意味、卑怯な長谷川さん(笑)

> さあ、リクのさえずりを聞きましょう。

おお、うまいこと言う^^
さあ、リク(リクなのか? こいつは)のさえずり、聞かせてあげましょう。

玉ちゃん、はやく戻っておいでよ~~。

NoTitle 

limeさん、こんばんは~!

「なんなんだ、この恋愛小説みたいな雰囲気は…。( ̄_ ̄;)」

この部分に、笑ってしまいました。

次が最終回なのですか?

どんな結末になるのやら・・・

limeさんが考える結末

楽しみに待ってますね♪^^

むぎわらさんへ 

ははは。
なんだか恋愛ものって定義だと、気恥ずかしくて書けないんですよ^^;
つい、おちゃらけてしまう。
ミステリーの要素としての恋愛なら楽しんで書けるんですが。

次回で最終回ですが、コメディなので、気楽に読んでやってください^^
いつも小説の方にもお付き合いいただいて、ありがとうございます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(イラスト・企画)妄想らくがき・一コマに戯れる(追記アリ)】へ
  • 【(雑記)戯れてくださって感謝。そしてメイキングとか】へ