君に会えたら (RIKU・番外)

君に会えたら 第4話 それでも もしかして

 ←(雑記)scriviamo! 参加イラスト →(雑記)オリキャラ対談バトン:チーム『ザ☆大丈夫か、その脇キャラ』
それから3日後の12月25日、昼過ぎ。
都道を逸れ、リクの家の前の駐車スペースに車を乗り入れた玉城は、白い息を吐きながら愛車のドアを強めに閉めた。
玄関口まで走り寄ってみたが、思った通り、やはりドアには鍵が掛かったままで、中に人の気配はない。
街は、あと半日で終わる生誕イベントを惜しむように盛り上がっているというのに、ここは全く世間から切り離され、静寂を保っている。

別に普段はいいのだ。
あの友人が人のメールを無視したり、携帯の存在すら忘れていたとしても。
けれど、少し前にあった胸騒ぎが3日前あたりから確実に大きくなっている。
例のバイオリズムの事も気になるが、また別の不安が覆い被さってくる。
連絡を取らないのは、もしかしたら“取りたくても取れない”のではないか、と。

いったんそう思ってしまったら最後、玉城の悪い癖で、そこから他の思考に切り替えられない。
玉城は数歩玄関口から下がり、ザワザワする気持ちを抱いたままその家を改めて眺めた。
温かい褐色のログハウス調の建物に向こうに、昏い色の雑木林が控えている。まるで大きな意思を持つ一つの生命体のようだ。
無口なやつほど、底知れぬ不気味さを感じさせる。
そう言えば、暇さえあればリクはこの裏の林に入り込んで、そこから更に奥の山を散策していた。
まさか、こんな時期に山の中を散歩でもあるまいとは思ったが、まさか、と思うことを何気なく実行してしまうのがリクだ。
気がついた時にはもう、玉城は雑木林の小径に足を踏み入れていた。
何かが手招きしたように思えてならなかった。

雑木林をどんどん奥に進むと、リクがマイフィールドと呼ぶ森の入り口に到達し、その奥は色濃く常緑樹の生い茂る、手つかずの山道だった。
まさに昨日、この近くの奥多摩で住人が熊と遭遇したというニュースを見たばかりだった。熊なんか出てきてしまっては、さすがにあの男だって一溜まりもないだろう。
あるはずないと思いつつも、頭に浮かんだ以上、どうしてもそんな場面を次々に連想していってしまう。

吐く息がどんどん白く不透明になってくる。気温が急激に下がっている。今日の東京の気温は平年並で決して凍えるほどの寒さではないはずなのに、なんでだ。
などと思いながらも、やはり何かに背を押されるように、玉城は無心で細い獣道を進んだ。
巨木の葉の天蓋の隙間からチラチラと粉雪がこぼれてきた頃、やっと随分と奥まで来てしまったことに気がつき、立ち止まる。
初雪だの、ホワイトクリスマスだのとはしゃぐ気分には到底なれなかった。

「・・・あれ?」
思わず独り言をこぼし、玉城はぐるりとあたりを見回した。道らしい道は、見当たらない。
・・・自分は今、どっちから来たんだ?
頭の芯が、さらに温度を下げた。

ちょっと待てよ? この状況、確か1年ほど前にどこかで体験した。
玉城はまさかと思いながら携帯を見たが、やはりまさかの圏外だ。あり得ない。
吐く息が更に白くなり、指先が完璧にかじかんで、感覚がなくなった。

“また迷ったのか、俺”
慌てて来た方向に戻ったが、その向こうの先には更なる深い森が広がっているばかりだ。
1年前にも散々迷って遭難し掛けたが、あの時はリクが助けてくれた。
だが、いまこの森にリクがいるかどうかも定かではないのだ。
「冗談だろ、おい」」
よりによって、世の中の若者が恋人達と浮かれる日に、なんだってひとり寂しく都内のこんな中途半端な山の中で遭難しなきゃなんないのだ。それも、友人の家の裏山で。
これもすべて、連絡を取ろうともしないあの変わり者の友人のせいだ。
不安よりも、怒りがガシャガシャと音をたてて沸き上がってきた。
「もう、熊にでもライオンにでも食われちまえ!」

その時ふいに何かが玉城のジャケットの裾をひっぱる気配がした。
視線を向けた先には、到底有り得ないものがくっついている。
おかっぱ頭の少女が、黒目しかない目をこちらに向けて、じっと玉城を見上げているのだ。
胴から下は、向こう側が透けている。透明度50%と言うところか。
いつもの玉城ならば、そのあり得ない対象物に悲鳴の一つも上げていたかもしれない。

〈ねえ 行こうよ。あっちに 一緒に 行こうよ 遊んでよ〉

けれど時と場所が悪かった。
ジャケットの裾を、力学とは違う重さでズンと引っ張られ、玉城の中で何かがブチリと切れた。

「あのね、君。この状況見たら分かるでしょ? 俺ね、メチャメチャ忙しいの。悪いけど、遊びなら他を当たってくれる?」
玉城は僅かに透け感を増した少女をその場に置きやり、山の出口と、そしてやはりどこかにいるかもしれない友人を探して、再び歩き始めた。



---------------------------------------------------------------
玉ちゃん、学習しない男です……。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)scriviamo! 参加イラスト】へ
  • 【(雑記)オリキャラ対談バトン:チーム『ザ☆大丈夫か、その脇キャラ』】へ

~ Comment ~

 

あっ、またやりおった。笑。
時間ないのに。

玉ちゃん、もう飛んで森から出るしかない。

ヒロハルさんへ 

おはようございます。
本当に・・・・返す言葉もないです^^;

読者様が、玉城に密かに期待をかけられていたのなら、この場でお詫びを・・・。
リクにとっては、ほんの裏山なのに。
方向感覚のない人間って、悲しい・・・。(私も同類w)

NoTitle 

limeさん、こんにちは~!

玉城さん、少女と比べて

道に迷ったことの方が大変なことなんですね!笑

はたして、どうやって脱出するのでしょ!?

NoTitle 

ぷぷぷ。さすが玉ちゃん。
はじめはイケイケだったのにね。
少女、遊んでもらえなくて残念。

え、25日と言えば、長谷川さん帰っちゃう日?
玉ちゃん、今回は自力でいけるのか。
ちなみに、リクはどうしているんすかね。

NoTitle 

なるほどー!玉ちゃん、こういう人なんですね?(笑)
一年前にも遭難して・・・そして再び・・・(笑)
懲りないタイプですねー♪
でもそんな彼のキャラが愛おしまれているのがよく分かります♪
私も同じ失敗を何度も懲りずにやってしまう学習できないタイプなので(笑)
でも少女の言う事には耳を傾けた方が良かったような(笑)
少女がここにいるという事は・・・、リクもこの森にいるのかしら?それともホテルからはるばる彼女は来たんでしょうか?
  • #11361 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2014.01/28 18:13 
  •  ▲EntryTop 

むぎわらさんへ 

こんばんは~。
玉城は本当に方向感覚がなくて、1年前も遭難しかけたんですよ。
今回もまさか・・・と、必死です(笑)
妖などに、かまってる場合じゃないようですよ。
霊とかに対する度胸だけはついたみたい。

森からどうやって脱出するか??
あ、いいんです。放っておけば、いつか出られるでしょう^^;

けいさんへ 

さすが玉ちゃんでしょ?
ココって時に、役に立たないこと甚だしい。
まあ、誰も期待してないですけどね(爆)

女の子も、なんかちょっとかわいそうw
きっとリクの言葉を信じて遊びに来たのにね。
このまま大人しくあっちに帰ってくれるかな?

そうなんです、25日の最終便で長谷川はシンガポールに。
やっぱりリクとは会えないみたいです。
・・・うん、会えないんだけどね・・・。

次回、なんとなく見えて来るかも^^;(なにが?)

ぐりーんすぷらうとさんへ 

そうなんですよ。
1年前、正確には10か月前に、やっぱりリクを探して冬山で迷ってます。
リクはああ見えて野生動物みたいな方向感覚があるので、絶対冬山で迷ったりしないんですが、・・・本当に学習しない男です。玉城。

まあ、それほど他人を気遣ってしまう性格だから仕方ないんですが^^;
ぐりさん、玉ちゃんを見捨てないでやってください。

私も同じ失敗を繰り返すタイプです(><)一緒ですね。
あとでいつも反省するんですが、鳥頭なもんで、すぐ忘れちゃう。
玉ちゃんに親近感ですよね^^

少女がここにいるってことは、たぶんあのあと少女がホテルマン呼んできて、リクは病院・・・でしょうね^^;
で、玉ちゃんのことを教えてもらった少女は、リクの家で玉ちゃんを待ってたのかな。
そんなところでしょう^^(いい加減な・・・)

でも玉ちゃんにも遊んでもらえなかったね、この子(爆)
もう25日の午後。
このまま長谷川はシンガポールに帰り、リクは病院で・・・って、?

それでは面白くないんだけど・・・。

ここからは、もしかしたら本編を読んでいらっしゃらない方には、ん??という展開かも。
まだ、紹介していない人物がいるのです。

でも、じわじわと、「あ、何かまだ裏があるんだろうな・・」なんて想像を膨らませてやってください。

ぐりさんが、原作を知らない人に分かりやすく二次創作を書かれるように、私も、本編を読まれていない人にわかるように、番外を書きます!
これって、でもどっちも難しいですね^^;

ぐりさん、いつもありがとございます!

この 

「それでも もしかして」のタイトルの意味を考えていたけれど……
今回の展開には答えは出ていなくて、次回に持ち越されるのでしょうか。
それにしても、玉ちゃん、その森はだね……君、前も迷ったよね……(……)
しかし、リクに会えないのは、長谷川さんじゃなくて、玉ちゃんなのか??
本当にもう……どうしてこの人たち(含む「イマイチ役にたたない」あの人)って、ポイントがずれているのかなぁ……
リクもおちおちボ~ッとしていられませんね……
次回もたのしみ。このタイトルの意味が分かる…のかな?

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大海彩洋さんへ 

> 「それでも もしかして」のタイトルの意味を考えていたけれど……
> 今回の展開には答えは出ていなくて、次回に持ち越されるのでしょうか。

そこに注目してくださったのですね。(じ、実はそんなに深い意味はなかったり・・・・・・・汗)
それでももしかして・・・やっぱりこの森にいたりして・・・という意味が9割なんです><
もしかしての、9割が今回で消えて、・・・あとの「もしかして」の1割が残ってるわけですが。
玉ちゃんのカンが、まるっきり外れているわけじゃないのが、ミソ?(笑)
次回、最後の方で私の企み、というか、イタズラがばれちゃうかも。(これも、大したことじゃないんですが^^;)
とにかく、今回はとことん、コメディタッチの箸休めなんです。
(気が抜けた物語も、たまには・・・ね^^)

> それにしても、玉ちゃん、その森はだね……君、前も迷ったよね……(……)

うん、うん、そうなんですよ。
あの時はもうちょっと山奥だったんだけど、同じ地続きの山。
自分に方向感覚が無いってことに、いい加減気づいたらどうなんでしょうね。
ホント、ポイントズレまくってます。
もしかしたら、人に迷惑かけない分、隆也や稲葉(シロちゃん)のほうが、マシなのかも^^;
でも、あんまり言っちゃかわいそうかな。
なにしろ、春樹や宇佐美は、相棒をかばってくれるけど、リクはそんなに優しくないですから(笑)
可愛そうな玉ちゃん。

さあ、聖なる日、誰と誰が会えて、誰と誰が会えないのか。
次回、答えが分かる?? いや、それでも、もしかして・・・。注意して見ていてくださいw

鍵コメHさんへ 

おお、Hさんもですか。
私も『ものさがし』が苦手で。見当違いの所ばかり探してしまいます。
忘れたころに出て来たりw
そして勝手にイライラしてしまう。玉城と一緒ですね^^

イライラした時に、ありえないものが見えても、怖いと思うより『あとでね!』とか言っちゃうかも。
玉城・・・こうやって考えたら、普通なのかなw
いやいや、でもやっぱりおバカですよね^^;
でも、そんな玉城に親近感持っていただけてうれしいです。
人が良くて、親しみやすいだけが取り柄ですから^^

今回は、遊び感覚だったので、文章的に自信がなかったんですが、ありがとうございます!
毎回、わくわくします。
どんな言葉がHさんに響くのかが分かって、嬉しいです!

玉ちゃん…君の守護霊は… 

アンポンタンな守護霊なの?
ほんと もう 何て言っていいかε-( ̄ω ̄;)┌

でもねー、私 …
とある旅館に泊まった時、大広間で食事をした後 トイレに行ったのですが、出たら 来た方向が分からず 調理場に入ってしまった経験があるので 玉ちゃんには 強く言えません。(苦笑)
今も思い出します。
調理場の板前さんたちの 「アンタ 誰?」&「何の用?」と 怪訝な顔と 私のァハハ・・(゚∀゚ll)。o(とにかく 笑っとこ)が!

だから 玉ちゃんの その「方向音痴」さが、身近に思えて仕方がないわぁ~~おお!~~~(/ ̄▽)/\(▽ ̄\)~~~仲間じゃぁ♪

あー話しは 思いっきり逸れました。(←毎度ですね、((( ○┓ペコッリ[謝罪])
同じ轍を踏むなを アッサリ砕いた玉ちゃんの前に現れた女の子
この子は、玉ちゃんの救いの神になるのか 地獄の使徒になるのか!?
それとも ただの遊び友達??

ところで、(⌒_⌒)ノ はーい、lime先生 質問です!
この子って リクのパシリになった レイの子で 合ってるのでしょうか?

誰が アンポンタンの守護霊やねん!(Φ∀Φ( ´-ェ-` )だって...byebye☆





けいったんさんへ 

そうなの、けいったんさん。
玉城の守護霊は、玉城みたいなお方なのでしょう。
(もしくは、だれにも守られていないかw)

そうそう、私も玉城に負けず方向音痴なので、けっこう親近感。
出先でトイレに行った後、。ぜったいどっちから来たのか分からなくなります。
おお、けいったんさんもお仲間ですね。
山に入るときは、気を付けましょう! 冬山は危険です。

そして、ご質問に答えましょう。
そのおかっぱの女の子は、まさしくリクのパシリのレイの子です(笑)
たぶん、無事に任務を果たし、リクに「玉城っていうやつが来るから、遊んでもらいなさい」って、教えてもらったんでしょうね^^;
可愛そうに。玉城にも遊んでもらえず・・・。

この子はここで、がっかり退場・・・。玉城はこの後、たぶんぐるぐると山を歩き回ったんでしょうね^^。

さあ、次回は長谷川のシーンからスタート。 玉城? あれは、放っておきましょう(爆)

NoTitle 

玉ちゃーーーーん!!!(笑)
なにやってるの玉ちゃん!!^^;
そしてリクも相変わらずなにやってるの!!
早く長谷川さんに再会して欲しいなぁ…♪

やっと更新分に追いつきました!!
KEEP OUTを読み終えました。
感想を…と、思ったのですがここのコメント欄にかいて
まだ見ていない方がうっかり読んでしまったら
まずいのでKEEP OUT6の最終話の方に
のちほどコメントさせていただきます♪
(書きたいだけです^^;)

NoTitle 

大道具から小道具からなんでも売っている便利なお店で、limeさんが「すぐに壊れる携帯電話」をハコ買いしていき、その他いろんなブロガーさんが「こんな役に立たないもの何に使うんだろう」、というものを必要上次から次へと買っていく、というショートショートを思いつきましたが、ほんとに内輪受けのみになるし、登場するブロガーさんには悪いだろうし、でボツにしました(^^;)

ショートショートにするほどネタがそろわなかった、というのもありますが(^^;)

で、ここにすぐに圏外になる壊れやすいスマートホンがダンボール箱で格安お値段! ……いらない? ああそう(笑)

ななおんさんへ 

わーーーい、ななおんさん、ここまで追いついてくださったのですね!! 嬉しすぎます!
そしてKEEP OUTにも(涙)

>玉ちゃーーーーん!!!(笑)
なにやってるの玉ちゃん!!^^;

ははは。こっちは完璧コメディに徹してますw
玉城、相変わらず役立たずぶりを発揮しています。
リクも相変わらず「生きる力」ゼロな男でして・・・。
長谷川さんは、いつになったら安心できるんでしょうね。

気楽に書いていますので、もしお時間あれば、覗いてやってください。
いえもう、こっちには感動的なラストなどありませんが(爆)

ポール・ブリッツさんへ 


ふふふ、さすがポールさんはよくご存じで。
どうやってこの文明の利器をつぶそうか、日々悩んでいます。
いいところで、いつも壊れる携帯! これはミステリー作家にはきっと、高く売れるはずです。
商売しようかしら。
すぐ圏外になる携帯なら、私、もってます。
ほんと、すぐ圏外になるんですよw おかしいってw

もう、携帯が完璧度を増すたびに、こっちは胃が痛いです。
どうにかしてやってください。
携帯つぶしで頭が痛いです。
(やっぱ、昭和な物語書くしかないのかな。うーん)

NoTitle 

あらあら、少女の誘いを・・
ダメじゃない!!

あ~~あ~・・・・

(いつも感想短くてごめんなさい・・)

海青藍花さんへ 

ほんとうだ。
女の子の誘いを断るなんてw

でも、黒目だけの目って・・・きっと失神しそうに怖いでしょうね^^;

いえいえ、一行だってうれしいです。
それに今回の話は、箸休めコメディなので、読み飛ばしていただいても構わないんです。
いつも、お気遣いありがとうございます。^^

NoTitle 

 こんばんは。
僕 以前 病院で入院中 真夜中中に迷子になりましたよ。
夏場暑くて… 涼を求めて彷徨っていて… よく解らない処に入り込み迷子状態。

幽霊少女も…あっさりと もう少しねばれよ!!!! 
此の幽霊少女 生きている時は きっと いい子だったのだろうなぁ。

ウゾさんへ 

ウゾさん、なんと病院内でまよっちゃったんですか。
それは何とも心細い。
たしかに病院内って、同じような構造になってるので、表示を確かめないと変なところに行っちゃいますよね。
私も、昨年の春に入院した時、一階、フロアを間違えて、自分のベッドだと思っていたところに、知らないおじいさんが座っていたので「ぎゃ」っと言ってしまいました。(爆)
病院は要注意です(いや、私かw)

そうですよね。せっかく報酬として玉ちゃんを紹介してもらったのに、この女の子、粘りが足りない!
同感です。
ちょっとかわいそうですよね^^;
良い子だったと思いますよ(涙)
この子、どうするんだろ。山に置き去りかな?またリクの所に帰るのかな?

拍手鍵コメNさんへ 

ほんとw。玉ちゃんはダメ人間なのか、それともある意味超人なのか。
作者は前者とにらんでいるのですが(笑)
それでも、彼なりに一生懸命生きています。健気に。
どうぞこのあとも応援してやってください。(活躍はしませんが)

NoTitle 

玉ちゃん、オモロイなぁ〜
でも、森って迷わせるよね。
どっちが上か下かわからなくなる。
山に詳しくないと木も草も皆同じに見えるしね。
このまま遭難したらあんまりだよね。
少女も肩透かしを食らったようで
玉ちゃんに怒りませんように。

リクは腹痛のままですかね。
長谷川ちゃん、もっと休暇を取りなよ!

ぴゆうさんへ 

玉ちゃん、期待を裏切らない子です(笑)
でも、そうですよねえ! 山って、どんなに低い山だって侮れません。
わたしなんか究極に方向音痴なので、100%迷います。
田舎育ちなのに、方向感覚ゼロですもん。

そう、霊の女の子、玉城にも振られちゃいましたね^^
面倒見のいい玉城も、今はそれどころじゃないみたいな感じで。
女の子、ちょっとかわいそうだったかな^^;(悪い霊ではなさそうです。ちゃんとホテルマン呼びに行ったみたいだし)
リクは、たぶん病院ですね、さすがに^^;
長谷川さん、やっぱりリクの側に居なきゃ、窮地を救えないよ~。
ほんと、もっと日本に帰ってきなさい!って言いたいです。

でも、リクはどう思ってるんですかねえ・・・。まったく、未だにつかみどころのない男です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)scriviamo! 参加イラスト】へ
  • 【(雑記)オリキャラ対談バトン:チーム『ザ☆大丈夫か、その脇キャラ』】へ