君に会えたら (RIKU・番外)

君に会えたら 第1話 それぞれの想い

 ←君に会えたら(RIKU番外)あらすじ&概要 →(雑記)11歳の衝動。狩りに転じた日
12月18日。
リクのために用意されたその部屋は、クリスマス前の浮かれた下界を一望できる、見晴らしの良いスイートだった。
数分前に部屋を訪れた女が、銀ギツネの毛皮をソファの上に放り投げ、早くも我慢ならないと言った仕草で、リクのほうへ歩み寄ってきた。
腰まである豊かな髪と甘いフレグランスの香りを揺らしながら、リクの肩に手を回す。
真紅のネイルの指先が、戯れるようにその頬を撫でた。

「ねえ、ミサキさん。この部屋、暑すぎない?」
「あなたが服を脱いでしまっても、寒くないように設定してあります」
「それはどうも。でもこういうのって、あなたの趣味じゃ無いんでしょ? 断っても良かったのに」
「いえ・・・」
「あの人の頼みは、断れない?」
「はい」
素直に頷くリクに、くすりと笑いながら女はその指で、自分のではなく、リクのシャツのボタンを1つ外した。

「くやしいな。私よりきれいな肌してる」
「加奈子さん、・・・時間がないんです。急いでもらっていいですか?」
リクが諭すようにそう言うと、「せっかちね」と加奈子は再び妖艶な花のように笑った。
リクに触れていた指は、今度は奇術師のように滑らかな動きで、自分のブラウスのボタンを外していく。
相手を魅了するために研究されつくした指先は、更に下着を手際良く取り去り、遊んででもいるかのように、ソファの上に小さな山を作った。
こぼれ落ちんばかりの豊かな白い乳房が、女の動きに合わせて肉感的にふるんと揺れる。

「さあ、全部脱いだわよ。私はどうしたらいいの? ミサキ先生」
女は白い腕を再びリクの腰に回し、ネイルと同じ真紅のぽってりとした唇を、リクの唇に重ねた。


        ◇

12月21日。
「長谷川さん、こっちこっち」
空港のエントランスを出て駐車場に向かうと、見覚えのある水色の軽自動車の横で、玉城が大きく手を振っていた。
初めて見たときは、そのボディの水色を寝ぼけた色だと思ったが、こうやって見慣れてみると、けっこう玉城に似合っていると思った。頼りないが、無害でいい。
長谷川はスーツケースを転がしながら、自分も手を上げた。

「悪いね玉城。別に迎えに来て貰おうと思ってメールした訳じゃないんだけど」
「なに水くさいこと言ってんですか、長谷川さんらしくもない。玉城、帰国するからさっさと空港まで迎えに来い! で、いいんですよ。遠慮されたら逆に寂しいです。いやあ、それにしても、会うのは1年半ぶりですよね。なんだかめちゃくちゃ懐かしいです。お元気でしたか? いやいや、見るからにお元気そうですよね。あれ? また背が伸びました?」
「そんなわけないだろ」
相変わらずよくしゃべる男だ。
トランクにテキパキと荷物を運び入れてくれる姿は、フリーライターというより、良く気が付く安ホテルのポーターと言ったところだった。

「1年半かあ」
「はい。ちゃんとこうやって“起きて”会うのはね」
実は11カ月ほど前、長谷川は日帰り出張で帰国し、眠っている玉城とリクを見届け、そのまま置き土産だけして帰ってしまった事がある。
「みやげ置いてったのが私だって分かった?」
「バレバレです。リクに電化製品や毛布置いて行く人間は、他にいませんから」
「なるほどね」
玉城は念入りにエンジンをふかして暖めた後、ゆっくりと車を出した。

今回、長谷川の休暇がクリスマスと重なったのは偶然だった。
リクや玉城が暇ならば、実家の福岡には帰らずに、25日までの5日間をずっと、この東京で過ごそうと思っていた。
わざわざ前もってスケジュールを空けさせるのも気詰まりなので、ほんの6時間ほど前に、ふたりに帰国のメールを送ったのだが、応答してくれたのは玉城だけだった。
携帯電話をめったに「携帯」しないリクの事なので、その辺は予想通りではあったのだが。

「ところで玉城、この車はどこに向かってるのかな。私が予約したビジネスホテルはこっちじゃないけど」
「リクの家ですよ。携帯に出なくてもね、行くと必ずいるんですよ、あいつ。ここんとこ俺も忙しくて連絡取ってないけど、たぶん家にいます」
「そうかな。いるかな」
「たぶん籠もって絵を描いていますよ。最近は低級霊たちがまとわりついて来るんで鬱陶しいとかなんとか言っていましたけど」
「そっちの方は、どうなの?」
「霊感の方ですか? ええ、もう自分を持って行かれるほど振り回されることは無くなったって言ってます。表情も落ち着いてきてるから、きっとそうなんです。心配はいりませんよ」
「そう。なら良かった」

玉城号の頼りないヒーターが、やっと効いてきたのだろうか。
長谷川の胸のあたりが心地よく温かくなってきた。
「そうか。・・・いるのか」
クリスマスが近いというのに、何も気の利いた土産を持って帰らなかったことを、長谷川は悔やんだ。

               ◇

今夜は久々に長谷川とリクと3人で飲みに行けるかもしれない。
玉城は素直にうれしかった。
長谷川は自分からは決して言わないが、リクに会うために帰って来たのだと玉城は確信していた。
未だにリクへの愛情を母性本能だと思っているのかどうかは分からなかったが、会いたい気持ちは鈍感な玉城にも伝わってくる。

あのリクにしても長谷川に対して友人以上の感情があるのかどうかハッキリしないが、とにかく今回は長谷川の心の安寧のために、会わせてやりたかった。
自分たちの危機を、今まで何度も救ってくれたジャンヌダルクへの恩返しなのだ、と玉城は使命感に燃えていた。
けれど。

期待に反し、空き地の横にポツンと建つログハウス調の可愛らしい借家は、外から見た感じ人の気配もなく、今日は特別ひっそりと静まりかえっていた。
「リク。いないのか?」
玉城はドアベルを押した後、数回ノックしてノブを引いたが、ドアにはしっかりと鍵が掛かっている。
玉城は首を捻った。
横の出窓から中を覗いてみたが、中は薄暗く、リクが居るようには見えない。
そもそもリクは、自分が在宅中に鍵をかけるといった面倒な事はしない男だった。

「リクだってそりゃあ、出かけることだってあるよ。またメールしてみるし、いいよ。ありがとうね玉城。ホテルまで送ってくれる? 晩ご飯奢るからさ」
すぐ後ろで長谷川がカラッと言った。

そう。長谷川は25日いっぱいまで日本にいると言っていた。
今日がダメなら明日がある。明日がダメなら、明後日。
けれど玉城は実のところ、焦っていた。できるだけ早く長谷川をリクに会わせたかったのだ。
一か月前に会ったリクは元気だった。10日前に電話でしゃべったリクも変わりなかった。
けれど、明日や明後日のリクが、いつものリクかどうかは分からないのだ。

またヒタヒタと、あいつが近づいてくる足音がする。
理由も根拠も無い。けれど、この1年で2度、同じ事があった。
バイオリズムなのだ。
もうすぐその周期に入る。そんな予感があった。

長谷川さんには、ちゃんとリクに会って欲しいと思った。
長谷川さんが心底大事に思っている、“いつもの”ミサキ・リクに。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【君に会えたら(RIKU番外)あらすじ&概要】へ
  • 【(雑記)11歳の衝動。狩りに転じた日】へ

~ Comment ~

NoTitle 

冒頭から濃厚な・・・・・・想像で鼻血出そうです。

掴みどころのなさ、マイペースなところ、鍵掛けないところとか、
リクらしさ、変わってませんね。
続き楽しみにしてます。

(´・∀・`*)アラマァ, 

ミサキさん、ミサキさん、妖艶なお姉さんと 一糸纏わないマッパで 何をなさっているのかしら?(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
凛々しいお姉さんが、君に会いたがっているのにね♪

粗筋で 「淡い恋」って書かれてましたが、まさかのリクでしょうか!?
それって ちゃ~んとした生身の女性ですよねd(≧ω≦)ネッネッ

凛々しいお姉さんが玉ちゃんに 苛々して 八つ当たりする前に 
玉ちゃんが凛々しいお姉さんに 振り回される前に
リクは 2人の所に 姿を現せるのかな~


年末には 母が骨折→入院、年明け早々には 悲しい出来事があって 落ちに落ち込んでいました。
やっと 気持ちを切り替えられて 訪問させて頂きました。
こんな私ですが、今年も よろしく~(*^ω^)ノ" byebye☆  

ああ、そっか 

えええ? リクが? え?
冒頭ではそう思いますが、ああ、そうか、リクくんって絵描きさんですよね。
納得です。

久しぶりでリクくんや玉ちゃんや長谷川さんに会えて嬉しいな。
リクくんは繊細すぎて私みたいながさつな人間にはつきあえそうにない。遠くから見守ってはらはらしているしかない、と思いますので、私は玉ちゃんのファンです。

長谷川さんにはボディガードをやってもらいたい。
男性のボディガードだと気を使いますが、女性だと一緒に温泉に入ったり一緒に寝たり(そんな趣味はありませんが)できて、とーっても安心ですよね。

そんな妄想も浮かべつつ。

limeさんは裸体モデルさんとお話ししたことってあります?
先日、電車の中でヌード美女の絵の展覧会のポスターを見て、こういうモデルさんっているんだなぁ、こういうひとにインタビューしてみたいなぁ、って考えたりしていました。

NoTitle 

ミサキ先生、いったいどこへ?
長谷川さん、また背が伸びたんだ。ぷぷ。
玉ちゃん、長谷川さんと指しだね。
おいしいものいただいて、これから起こる色々に備えなくっちゃ。
私もリク邸にお邪魔してみたいです。
とりとめの無い読者の想いを連ねてみました。

NoTitle 

 こんばんは。
ああっーーー こーゆー濃厚な女性って 絵の材料には面白いのでしょうね。
清楚で素朴な少女を描くのとは別の 感覚。

またヒタヒタと、あいつが… こーゆー嫌な予感は外れないのですよね…
続き楽しみに待ってます。

ヒロハルさんへ 

お。濃厚でしたか? よかった^^
こんなお姉さん、好きなんですよ。
ちょっと大胆に、逆に男を食っちゃう感じのお姉さん。
まあ、相手がリクだから、色っぽい展開は期待できなさそうですが^^;

玉ちゃんたちのほうは、色気なしですが、こっちもよろしくお願いします♪

けいったんさんへ 

ほんと、マッパで何やってんだかw
あ、リクは一応服着てます。・・・そのうち脱がされるかもしれませんが(笑)
お色気姉さん、頑張れ(爆)
あ、本当だ。お姉さん・・・足があるのかな??でもキスしてるから、あるんでしょう^^

凛々しいお姉さんのほうも、相変わらずみたいです。
母性本能育成中です(笑)
玉城も相変わらずおしゃべりでおせっかい焼き。
今度もきっと、役立たずだね><
二人はいつ、リクに会えるんでしょうね。

おお、けいったんさん。
お母様の入院、大変ですね。骨折だと入院も長くなるのでは・・・。
そして更に悲しいことも?
辛いことって一気に来たりしますもんね。
でも、徐々に元気になって、いつものけいったんさんに戻れたらいいですね。
悲しい物語を更新中じゃなくて、よかった・・・。

こちらこそ、よろしくお願いします。いつも楽しいコメに元気をもらっていますよ!
今年は重めの話が多いかもしれませんが、また遊びに来てくださいね^^

あかねさんへ 

> えええ? リクが? え?
> 冒頭ではそう思いますが、ああ、そうか、リクくんって絵描きさんですよね。

えへへ。そうなんですよね^^ きっとみんな突っ込んでくれると思って。
だけどこのお姉さん、しっかりリクの唇奪ってるし。どっちが損でどっちが得なのか、微妙・・・。

あかねさんは、玉ちゃんをいつも応援してくださってましたよね^^
そう、リクって一緒に過ごすタイプじゃないかも。そっと観察してるくらいがちょうどいい。

玉城は、からかったり、酔わせたら面白いかもww

ああ、いいですね。長谷川さんのボディガード。
どっからでもかかってきなさいって感じで、暴漢を待ってしまいそう。一本背負い、見たい!
一緒に温泉旅行したいーーー!

> limeさんは裸体モデルさんとお話ししたことってあります?

油絵コースじゃなかったのでヌードデッサンはした事ないんですが、友人が何度もヌードデッサンの個展を開いていたので、お話は又聞きしました。
美術モデル事務所があって、若い男女から中年男女まで登録されてるんですってね。
男の子のモデルは数少ないので、時給もいいらしいです。
とてもハードで疲れる仕事なので、一回に2~3万とか。(3時間くらい)
描く方も真剣なので、恥ずかしさは初日でなくなるそうです。
やっぱり、美術モデルのプロは、すごいらしいですよ~。
私もクロッキーのモデルを何度かやりましたが、15分で体中痛くなりました。
絵になるポーズを長時間、しかも全裸でやるって、本当に大変な仕事だと思いますね。

けいさんへ 

けいさんの、とりとめのない感想、すきです(笑)
真っ先にイメージしたり思ったことを、ばんばん教えてください^^

リクすっごく高級なスイートルームに軟禁されてます(爆)
大丈夫かな。

長谷川さん、実は本当に背が伸びてます。
生涯伸び盛りです(ばけもの??)

玉ちゃん、この夜は本当に長谷川さんとサシで飲むことになりそう(笑)
けっこういいコンビですよね。
恋するジャンヌ・ダルクと下僕・・・あ、あれ?

リクの家はきっと、可愛い感じのログハウスですよ。
でも、リク目当てに、いろんなもんが寄ってきますけど・・・。ぜひ、いらしてください!!

ウゾさんへ 

ウゾさん、こんばんは~。

そうなんですよね。この女性、美術モデルじゃないんで、余計に絵の素材としては面白いかも。
リクって普段は風景がや、野生の生き物を題材にした絵を描くことが多いのですが、たまには、野生じゃない生き物も・・・描くのかも^^
第1話では、めちゃくちゃ清楚な少女を描くんですが^^(あ、ネタバレだ)

ひたひたと・・・・。
玉ちゃん(玉城)は、霊感なかったんですが、リクと過ごすうちに、やたらと霊感強くなってしまったんです。
かわいそうに。
あ、でもこの予感が、霊感によるものなのかは、まだ分かりません。

わかりにくいところがあったら、訊いてくださいね^^

^^; 

なんと官能的な・・・(汗
一瞬そちら方面のブログへ訪問したかと思いましたです。はい。
良い子は早く寝ようっとw^^)/

waravinoさんへ 

わあ、いつもの^^が^^;になってるi-201

ちょっと大胆だったでしょうか。

水戸黄門の、由美かおるの入浴シーンを冒頭に持ってきちゃったみたいな??ちがう?

ほんと、この後は良い子の純情シーンになるので、また寄ってください><

NoTitle 

ほほう!なるほど!!とりあえず確かに読んでいなくても分かりました♪
ありがとうございます!(私の為じゃないって(笑))
そして。
最初のシーンに悩殺されました!!
大人だっ、大人なシーンだっ!!大人な雰囲気だっ!と一人で大騒ぎ(笑)
すみません、図体ばかり年を食ったのに中身が成長してなくて(笑)

んーでも・・・。リク君の性格が全く分からないだけに不明な感じですが、絵のモデル・・・とか?と勝手に想像してみり・・・。いや、やっぱり色っぽい方なのかしら?とか・・・。それとも除霊とか!!
すみません、本編読んでないとこんなトンデモ想像をしてしまいます(笑)

長谷川さんはリク君に会えるのかっ?恋心に気付けるのかっ?そしてリク君の周期は・・・。
おもしろくなってきました!次も楽しみにしています!
ちなみに初めての先を読みたくても読めないジレジレも楽しみます(笑)
  • #11190 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2014.01/11 01:19 
  •  ▲EntryTop 

やっぱり…… 

そういうことか……リクだもんな~、リクだもんね~、そう来るよね~
お姉さんは官能的でも、リクがちっとも……だし、いかにも「仕事」って感じですよね^^;
色っぽさ(人としてのということじゃなくて)がないのがリクのいいところではあるけれど、このお話で少しは成長するのかしら。
長谷川さん、なんだかどうしても、和〇アキ子さんのイメージが。中身は可愛らしい、んでしょうね、あの大きな方も。
玉ちゃんは今回どの方向へ頑張るのだろう? 空回りしないことを祈ろう……(*^_^*)

ぐりーんすぷらうとさんへ 

あ~、よかった。
なんとかく彼らの感じ、わかっていただけましたか。

でも、リクに関しては、つかみどころがないですよね。
めったに彼の視点がないし。この冒頭も、リクのシーンだけ、神視点になっています^^
大丈夫! 本編をずっと読んでいても、リクという人間は、とても分かりにくい!!(何を偉そうに・笑)

ふわふわしてて、本音をしゃべらなくて、死にそうに困っていても誰にも助けを求めない奴なので、今までに何度もヤバいことになってるんです。だから長谷川や玉城は、リクが気になってしょうがない。
どっかで死んでんじゃないかとか(笑)
だから、鳥とか野生動物に例えられるんです、玉城たちに。

あ、それからリクは霊感が強いんですが、あまり好意的でない霊にいじめられてきたせいで(笑)、霊関係から常に逃げています。だから除霊とかやってあげることはないし、その方法も知らないみたいです。

そして、この冒頭の色っぽいシーン(笑)
お姉さんの方はリクと遊びたいみたいですが、リクはそっちの方にも淡白で(爆)
うちで一番の美形なのに、今まで一回も色っぽいシーンが無かったんですよ。今回は特別です^^

玉城は唯一人間的で、気のいいやつなんで、好感をもっていただけるかも。(馬鹿ですがw)

この面々、どうぞ可愛がってやってください。
こちらの番外にも来ていただいて、本当にうれしいです!㲘

大海彩洋さんへ 

そうなんですよ~。
リクじゃなかったら、また全然別な方向に色づくんでしょうけど。
真のクリスマス番外の、あのシーンのような色っぽさはここでは皆無ですね><
でもこんなあけっぴろげなちょっとHなお姉さん書くの、楽しいんですよ。
ここ、真だったらやっぱり一戦交えてから仕事・・・でしょうか。とか、ちょっと考えちゃいました。

わ、和田アキ子ですか><まだ和田アキ子なんですね(笑)
いや、いいです。そこから34歳まで若くして、もう少し凛々しいお顔にしてあげてくださいw

私のイメージは、女子プロの人と、天海祐希を足して割った感じのイメージなんですが、ばっちりこの人!って感じの人、いませんね。(そりゃあそうか。いないよね)

そういえば私の昔の上司が、和田アキ子と同級で、一緒にミナミでよくつるんで遊んでたって言ってました。
とてもかっこいいさばさばした上司で、このまえ久々に会って、思わず抱き合いましたww
あ、関係ない話ですみません。

玉ちゃんは、今回も空回り全開ですよーーーー!!
(なんか、隆也に見えてきた・・・)

NoTitle 

limeさん、こんばんは~!

リク!やる~!ですね!!笑

最後の一行が気になります。

これからの展開が楽しみです!^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

むぎわらさんへ 

おはようございます。

ふふ。今回はちょっと色っぽい冒頭にしてみました。
でも、この後は小学生並の、恋心が行き交います(笑)

ちょっと変わった登場人物が出てきますが、楽しんでいただけたら、うれしいです^^
いつもありがとうございます!

鍵コメHさんへ 

Hさん、いらっしゃい。
お忙しいのに、いつも時間を見つけて来てくださってうれしいです^^

今回はちょっと色っぽいシーンを混ぜてみましたが、この後はイライラするほどプラトニックな感情が行き来します。
リクは、なかなかつかみどころのない男ですが、なぜか年上の女性にモテます。
本人は、草食系動物なんですが^^;

本編を読んでくださってる方には分かるんですが、彼には霊感以外に、やっかいな秘密があります。
何かあるんだろうな・・・くらいの、軽い感じで読んで行ってください^^
玉城のあの文章が、ヒントです^^

文章を一つ一つ、味わってくださるHさんに、いつも感謝しています。
またぜひ、お時間のある時にいらしてくださいね♪ぇ

NoTitle 

単なるヌードモデルかと思いましたが、リクの服のボタンを外したり、唇を重ねたりと、ただごとでは……。

ああ「ただしイケメンに(略)」というやつか(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

ヌードモデルなんだけど、ただのヌードモデルじゃないんでしょうねえ(だって、それじゃあつまんないんだもの・爆)

・・・すみません、ちょっと遊びすぎました><
この後は、真面目に進めます^^;

小学生並のプラトニックです。今度は(笑)

NoTitle 

おおおっ!

リクくん!

また気になる人物が!!!

本編をまだしっかり読んでいないので、明日待ったりした時間に
読ませていただきます。

リクちゃん、気になる~♪

海青藍花さんへ 

あ、海青さん、おかえりなさい^^

はい、リクがちょっと大変です(いや、大変でもないのか? あれはあれで、いいのか?)

気になってくださいましたか^^
嬉しいな。

ええ! 本編を読んでくださってるのですか? 長いから大変ですよ? けっこう痛々しいし><
でも、うれしいです。

最終章だけでも読んで頂くと、この番外の意味が、すべてわかると思います^^

でもほんと、適当にかいつまんでみてくださいね。
ありがとうございます!

拍手鍵コメNさんへ 

こんばんは。
さあ、今回はリクが何かに巻き込まれるのか・・それとも玉城?
長谷川さんは、巻き込まれるタイプじゃなさそうですもんね。

今回は、ばかばかしいノリのコメディです。
それなのに、7話もある・・・。ごめんなさい><

NoTitle 

リクって裸婦も描くんですかいな
何か、嫌だわ
それも妖艶な腹の中に蛇か蛭でも飼っていそうな女
キャーーーー
リクたんが汚されるぅーーーー

早く!!長谷川ちゃん、降臨してくれーーーー

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、こんばんは^^

さて、出てきました、お色気お姉さん。
結構、好きなんですよ、こういう軽そうな女性。(現実ではひいちゃいますが)

今回の番外もコメディなので、悪い人は多分出てきません。お祭り騒ぎですw
かるーーい気持ちで読んでやってください。

長谷川の気持ちになって読んで頂けると、楽しめると思いますよ^^
でも玉城の気持ちになって読むと、ちょっと悲壮かも(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【君に会えたら(RIKU番外)あらすじ&概要】へ
  • 【(雑記)11歳の衝動。狩りに転じた日】へ