不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第14話 挑発

 ←(雑記)衝動買い →(雑記)ペンタブ初挑戦。練習イラスト描いてみました
「いったい何のつもりだよ、お前は」
掴みかかりそうな勢いで前に出た隆也を交わしながら、塚本も今度はあからさまに嫌悪感を顔に出した。

「は? それはこっちが聞きたいね。呼び出されたのはこっちなんだぜ。そうだろ天野」
「春樹に付きまとって、そう仕向けたのはお前だろ」
「なぁ天野、この羽虫何とかしてくれないか? 何だってこんなもん連れてきたんだよ。ブンブンうるさくて話もできないじゃん」
けれど春樹はその問いかけには答えず、ただじっと塚本を見ていた。
その春樹の様子を見ながら隆也もようやく我に返り、苛立ちを押さえ込んだ。
自分は塚本と喧嘩するために、付いてきたわけでは無いのだ、と。

「俺に聞きたいことや確かめたいことがあるんだろ、天野。いいよ訊けよ。丁寧に教えてやる。あ、先に謝っとくよ。携帯は拾ったんじゃなくて、俺がちょっと拝借した]
「なんのために」
「恋の始まりには、きっかけがいるだろ? お嬢さん、ハンカチを落とされましたよ、ってやつ」
「まじめに答えろよ」
「大まじめだよ。どうせ嘘ついたって無駄だもん。天野には隠し事できないみたいだし」
冷静だった春樹の表情に、微かに怒りと困惑の色が浮かだが、開きかけた唇から言葉は出てこなかった。

「ああもう、じれったいなぁ天野って。訊きたいことズバッと訊けよ。『塚本って危ないやつなの?』とか、『なんで塚本は僕の力のこと知ってるの?』、とかさ。そのためにラブコールしてきたんだろ?」
隆也が反応して口を挟もうとした瞬間、塚本は「お前は黙ってろ!」と目だけでけん制してきた。

「残念だが前者の証明はできない。でも後者の方なら答えられる。イエスだ。俺全部知ってるよ。サイコメトラー春樹君」
「僕はそんなんじゃない。いったいどこからそんなデタラメを・・・」
「デタラメじゃないよ。君の親友の隆也君が教えてくれた」
「はぁぁぁ? 俺がいつ教えたってんだよ! 言って見ろよ!」
再び割って入った隆也を哀れむように一瞥したあと、塚本は昨夜と同じように春樹にスッと右手を差し出した。

「じゃあ、触ってみろよ。俺が何言っても聞く耳持たないんだろ?」
「・・・触ったって」
「平気なら問題ないじゃん。俺に触って天野が無反応なら、俺も納得するよ。ああ勘違いなのかぁ、って」

馬鹿らしくて話にならない。春樹もそう言って却下するはずだ。
そう思っていた隆也の横にスイと風が過ぎった。
振り向くと、怒りと決心とを露わにした春樹の横顔が飛び込んできて隆也はハッとした。
もう止められない。
突きだした塚本の右手の甲を、春樹がグッと掴んだ。

予期せず、その春樹の手を塚本の左手が上から更に掴み、ニヤリと笑った。
「こんなのどう?」
電気に感電した小動物のようにビクリと目を見開き、春樹はその瞬間、力一杯手を引き抜いた。
あからさまに狼狽して頬を紅潮させ、化け物でも見たような目を塚本に向けている。まるで何かとんでもない画像を見せられた後のように。
隆也はどっと発汗した。
″ダメだ 春樹 そんな表情をしたら!″

突如塚本の堪えきれないような笑い声が辺りに響いた。
どこか悪意を含んだ、冷たい笑い声だ。
「馬鹿みたいにウブで正直だな、天野。俺の妄想、そんなに官能的だった?」
春樹が、まだ動揺した目を潤ませ、キッと唇を噛んだ。
「塚本! 何した」
「何したかって? お前見てたろ? 何かしたのは俺じゃなくて天野だよ。俺に触って、俺の頭んなか覗いて真っ赤になって感じちゃってんのは天野だ」
「そんなんじゃない! 僕は何も・・・」
「動揺しちゃって、可愛いの」
「塚本!」

「思った通り。1903年、イギリスで手記を残して自死した某心理学者と同じタイプだ。他人の皮膚に触れた瞬間、相手の記憶を読み込むのではなく、相手の脳波にシンクロする。強いて言えば、一瞬その人物を体験してしまう。だから触れた相手がその時忘れていることや、考えていない過去はスルーされ、まさに、その瞬間の思考や感覚を鮮明に読み込む。そうだろ?」
「・・・」
「俺は今、2つのこと意外頭から極力排除した。その2つを天野は読みとったんだ。なあ、もう良いじゃん。認めろよ。キリがないから」
「春樹はそんなんじゃねえよ!」
「じゃあ、隆也は知りたくないのか? 天野が何に赤面したのか、とか、隆也がいつ天野の秘密を俺に漏らしたのか、とか」
「嘘だ! 俺じゃないぞ春樹! 俺はこんなヤツに絶対言ったりしない・・・」

自分の失敗に気付いた時はもう手遅れだった。
一瞬の沈黙がその場の3人の間に突き刺すように入り込み、隆也が振り返った先で、春樹の白い喉が小さく息を呑むのが見えた。

「はい、隆也自滅」
再びじわりと染み出すように、塚本が笑い声を漏らす。失笑とも言うべき、哀れみを含んだ笑い声だ。
隆也は怒りにまかせて笑い声の主を振り返ったが、殴りかかるのを止めたのは、春樹の諦めにも似た、余りにも静かな声だった。

「唇だよ隆也。塚本は、僕らの会話をずっと読んでたんだ」

          ◇

「5月21日、午前9時のニュースです」
付けっぱなしのリビングのテレビがニュース番組に変わるたび、松岡は心臓に鈍痛を感じた。
自分の名前がそこに上がるはずもないのに、常に神経が過敏に反応する。
ガレージに置いてある自分の車は、今もカバーを掛けたままひっそりと眠っている。
直ぐにどうこうなるわけでもないのに、常に速報なんぞにビクついている自分に嫌気がさした。

2歳になったばかりの娘が、モゾモゾと近寄り、松岡の膝に乗ろうとする。
妻が見ていないことを確認して、伸ばしてきた小さな手を払いのける。
抱き上げてやる気になど、到底なれなかった。
黒々とした幼いその目は、不思議そうに松岡を見上げてくる。
自分の父親の頭の中が、ジワジワ腐りかけていることに、この目は気付いているのだろうか。

「ねえ、腱鞘炎そんなにひどいの? 車の運転もムリな感じ?」
妻がキッチンから訊いてきた。
「ああ、ペン持つのもしんどい。運転はちょっとな」
わざとらしく、偽りのサポーターをした右手首をさすりながら、松岡は返す。
「私、車のこと分からないけど、ちょっとくらい使わないからってあんな安物のカバーを掛けるのは、ボディが傷つくから良くないって、笹山さんの奥さんが言ってたわよ」
免許もなく、車に興味のない妻に、余計な知識を吹き込む隣の主婦に、猛烈な怒りを覚えた。
「べつに高級車でもないし、いいんだよ。埃かぶって洗車するのも面倒だし。それより手が治るまで、車出せないけど、大丈夫か?」
「良いわよ、別に。買い物にも困らないし、出かけるときはたいてい、笹山さんと一緒だし」

大ざっぱで、物事に無頓着な妻で助かった。
突然、腱鞘炎くらいで運転を放棄し、車にカバーなんぞ掛けてガレージに眠らせた夫の行動を、怪しむことすらしない。
とにかく今は動かないことだ。修理に出すことも、どこかに預けることも、避けたほうがいい。

--- 失敗した。自分は失敗してしまったのだ。---

松岡は、ぎりりと奥歯を噛みしめた。
いったいどこからが失敗だったのだろう。
あの道を選んだからか。
自分の車の欠片を付けた死体を、無造作に崖下に捨てて来てしまったからか。
それとも、自分の頭に巣食った悪魔の声を聞き入れてしまったからか。
---大丈夫。バレやしないから---

「パパ」
再び娘が懲りずに小さな手を松岡の膝に乗せてくる。
どん欲に愛情を求め、その大きさを確認してくる。
けれど松岡は、その柔らかい体を抱き上げてやる気には、相変わらずなれなかった。
そんな日は、この先ずっと来ないのかもしれない。

今、松岡の頭の中にあるのは別のものだ。
あの少年。
生命活動を停止し、ガードレールの隙間から、道の脇の崖下に落とされた哀れな少年と、同じ顔を持つ少年。

今の自分を救える存在があるとしたら、あの少年、横川祐一しか考えられなかった。
これからの計画を考えただけで、血がザワザワと逆流する。
今朝は逃げられてしまったが、諦めるわけにはいかない。何とかして捕らえねば。
少し手荒になったとしても、必ず言うことを聞かせてやる。もう手加減はしない。
急げ。時間がない。もたもたしていると、全て崩壊する。まずはこの自分の精神から先に。
もう時間がないのだ。

まだ膝のあたりでもぞもぞ動く娘をよけて、松岡は立ち上がった。
「出かけてくる」
「あら、どこへ? 職場の飲み会で朝帰りだったんでしょ。あまり寝てないんじゃないの? 休日くらいゆっくりしたらいいのに」
「ちょっと、昔の友人と会う約束をしてたんだ。昼までには戻ると思うから」
さり気なく答えてキッチンの妻に背を向けた。
「ふうん」と、あまり納得していない声が聞こえてきたが、振り返らずに家を出た。
のんびりなどしていられないのだ。

もう崩壊まで、時間がない。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)衝動買い】へ
  • 【(雑記)ペンタブ初挑戦。練習イラスト描いてみました】へ

~ Comment ~

NoTitle 

隆也くん……。

大丈夫だ。がんばれ。きみはこの小説には希少な「いるだけでなごむ人」だから、なにも気にせずにこの場にいていいんだ。



それにしても塚本くんは、春樹くんではない「自分の追っかけているもの」がコントロール不能になる前に手を引いたほうがいいと思うんだけど。行くところまで行っちまうんだろうなあ。まったくもうこれだから変態というやつは。


ちなみにこないだコメしたりんごはジャムにしました。ヨーグルトなどに入れて食べてます。人間やればできるものだなあ(笑)

NoTitle 

 こんにちは。
春樹君の能力って… 脳波シンクロタイプなのですね。では 生きている人間限定ですね。
僕は 死んでしまった人間に触って 其の人物の思いを伝える様な いたこ
口寄せ系に使えると思ったのですが 思いっきり 外れましたね。

うーーーん 塚本… なんか 此の人物の変態方向 心配になって来た…
そっち方向への興味は… 心理学やオカルト系は… 精神を壊してしまうよ。
うーーん 彼には 胡散臭い変態止まりで いて頂きたいのだが…

NoTitle 

三人でミーティングをしてお互いに知り合うのは良いのだけれど(?)
挑発とか、探りあいとかはちょっと・・・ねえ。
春樹が聞きたい情報を話してもらえるのかな。どうかな。

松岡のおっさんも切羽詰っている様子?
祐一が何をどう救ってくれると勘違い(?)しているのでしょうか。
この人もなんか、わからないですねぇ。

やっと 

核心に近づきつつあるのかしら。
どうなっていくのか楽しみでもあるけれど、ちょっと怖いような。
limeさんのとこの登場人物って、やっぱりちょっと普通でないような精神の人が活躍しちゃうなぁ……だから、隆也は清涼剤として必要なのですね。
こうやって普通でなく怪しい人たちを泳がせて、でも、最後はちゃんと救ってくれるのがlimeさんと思ったりしていますが、今回はどうなんだろう?
いつもより、変な奴の数が多い……^^;
塚本は自分が変なので、人も信じられない可哀そうなところがあるんだろうな。
にしても、やっとちょっと春樹がしゃべり始めてよかった^^;
頑張れ主人公!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポール・ブリッツさんへ 

ああ、隆也、うれしいねえ。
そこにいるだけでいいって言ってもらえたよ><
いや、喜んでばかりはいられない。
本当に最後まで役に立たないことを、ポールさんは見抜いていいるのですよねww

塚本はもう、いま楽しくて仕方ないんだろうなあ・・・・><
思い通りに駒が動いてくれて。
とんでもないものに、首を突っ込んでるようです。

身から出た錆が、本人に行けばいいんですが。ううう><

おお!りんごジャムになりましたか!すごい。
手作りジャムかあ~~、いいなあ。
パンにのせてもおいしいですよね。ああ~、食べたい!!

ウゾさんへ 

こんばんは~^^

そうなんですよ。
まさしく脳波シンクロタイプなのです。
残留思念を読む・・・という能力もあるのかもしれませんが、春樹はそうではないようです。

イタコなんかが出来たら、商売になるんでしょうが^^。
あ。うちのキャラには、霊感がものすごいリクって男がいますが、あれも絶対霊感を商売にしようとは思わないでしょうね。
特技を生かすのが、下手なキャラ達です^^;

大丈夫です。塚本は、立派な小者です(笑)
自分の妄想に、悦に入ってるだけみたいですよ。

なんだか、やばいことに首を突っ込みそうな気配がしますが・・・。

全てが明らかになるのはもうすぐです。一番貧乏くじを引くのは。誰だ!(って、そんなお話?)

けいさんへ 

ですよねえ。
せっかく仲良く・・・。行くはずがなさそうですね^^;

塚本が、ちょっと変態すぎました。
妄想で春樹をセクハラしてますよ、この人。
(何を見ちゃったかは・・・ふふふ)

塚本の目的は、もうすぐはっきりと語られます。
わかりにくいのは、春樹の本心かな?

そう。松岡のおっさん、もうギリギリみたいです。
一体、何を救ってもらおうとしてるのか・・・。ちょっと支離滅裂ですよね><申し訳ない。
ここらへんは、全部分ってからもう一度読んでもらえたら、意味がわかるかもです。

とにかく、祐一も含めて、やばいことになりそうです。

大海彩洋さんへ 

はい!
もう、あと数時間のうちに、クライマックスが訪れます。
(この、クライマックスの後が、地味に長いんですが・・・)
今回、松岡の視点も入れてみました。
いやいや、かなり支離滅裂ですよね。おっちゃん。

いつもなら、やばい方向に行っても、なんとか丸く収まっていましたが、今回は・・・・・。
たぶん苦い、苦い感じです。

相変わらず作者は、隆也と塚本で遊んでいますし、やっぱり春樹は口数が少ないし。
ううう、ありがとうございます。
春樹、少しずつ喋るようになりました><
一番本心が分からないのが、主人公だなんて・・・。

やっぱり、おしゃべりな脇役がいたら、こうなりますよね。
次回は隆也に風邪でもひいてもらおうかしら。(いや、クライマックスは数時間後だって)

鍵コメHさんへ 

リビングのシーン、注目してもらえて良かったです。
ほんのちょっとでしたが、実はけっこう、わたし的には重要なシーンでした。

まだ、ここで多くを語ってはいませんが、全部読み終えたあと、このシーンをもう一度読んでもらえると、
支離滅裂な松岡の思考の意味が、わかってもらえるんじゃないかと思います。
(あ、読まなくてもいいのですよ!)

物語は21話くらいまでありますが、からくりがすべてわかるのは、もうすぐです。
どうか、また遊びに来てやってください^^

NoTitle 

今回も隆也になって読んでしまいました。
春樹!気にするな!!

松岡さんの娘さんの存在も何か影響を与えるのか・・・?

続きを楽しみにしています!

海青藍花さんへ 

海青さん、おはようございます。

春樹の応援、ありがとうございます。
今のところまだ、存在感の薄い主人公ですが・・・。
隆也も頑張ってはいるんですが、相変わらず、虫扱いです^^;

松岡、これから再び動き出します。
あの奥さんと娘が、彼を止めることはできなかったみたいですね。

次回辺りから、急激に動き出します。
どうぞまた、よろしくお願いします^^

おぉ!(* '∀'人)色んな視点から 面白い! 

隆也の怒り、塚本の変態?計画、そして 松岡の支離滅裂な思考と、
各々の視点から知るのも いいですね~♪
ただ 肝心の主人公 春樹視点が無いからなぁ。。。

塚本の話しを聞けば 春樹は 思案する事はあっても 従いそうですよねー
隆也が どんなに反対しても…

春樹が 駒として動き出す、それと同時に 松岡も動き出しそうですね。
それも ヒーローさながらの活躍は 春樹は しないし 地味で暗く…( ̄_ ̄|||) ドヨ~ン

limeさまの作品に ハッピーエンドは期待してないけど(←∑( ̄◇ ̄:)エッ!? (笑))
それでも 最後には このモヤモヤ感が 少しは スッキリ出来たらいいなぁ
それは 無理って!、(○'ω'○)ん?...byebye☆

私事ですが、
洗濯機専用ふろ水用給水ホースが、今日の洗濯3回目で 突然ぶっ壊れました!
ホースのフィルター掃除とか 煽てたり叱ったりと 色々してみたんだけど、動かない(苦笑)
出費(3150円)も痛いけど、発注してから届くまで 日数が掛かって 正直 面倒です。(←前回は 1週間?)
でも この季節、「洗い」だけは ほんのり温かい風呂水の方が、よく泡立ちますからね♪(/・ω・)/∞ ┣bd━凹━▽┫オセンタク♪ルン♪

 

こんにちは(^0^*)ノ 

なんか怒涛の展開になりそうな予感・・・
松岡が何をたくらんで自分自身の崩壊を止めようとしているのか・・・
塚本は、この先どんな立ち位置になるのか
行きを付かせぬ展開ですね!!!

松岡の2歳の娘の行く末が・・・・(;m;)

けいったんさんへ 

けいったんさん、楽しんでいただけてますか!
良かった~。
変な人が多すぎて、なかなか絵面が落ち着きませんが、がまんしてやってください!

> ただ 肝心の主人公 春樹視点が無いからなぁ。。。

そうなんですよ~ (>_<)
いやね…じつはもう、春樹視点はありません。キャー、ごめんなさい。
隆也のように、じっと春樹を観察して、その感情を読んでほしいのです。
(春樹視点にしちゃったら、とんでもないことになりそうですから・・・)

> 塚本の話しを聞けば 春樹は 思案する事はあっても 従いそうですよねー
> 隆也が どんなに反対しても…

うん、・・・なぜわかる(笑)
もう、自分の力をばらしちゃった段階からアウトですね。春樹って…おバカさん。

> 春樹が 駒として動き出す、それと同時に 松岡も動き出しそうですね。
> それも ヒーローさながらの活躍は 春樹は しないし 地味で暗く…( ̄_ ̄|||) ドヨ~ン

うんうん。
華々しく大活躍・・・って、しないですよね、いつも春樹は。
まさに、地味で暗く・・・。
そんな春樹でも、応援してくれますか?涙

今回の物語は、ズバリ言いましょう。
すっきり爽快感はありません!!
でも、何か感じてもらえるとうれしいなあ。
作者、まだラストシーンを思案中です。(まだ?)

おお、ホースが壊れちゃいましたか。
うちは、最近入浴剤を使うので、お洗濯用にはしていないのですが、やはり冬はあったかいお湯でやりたいですよね。入浴剤入りでも、洗濯できるのかしら・・・。ちょっと試してみようかな。
けいったんさん、数日間は、バケツで頑張ってください。ひとりバケツリレー・・・。?

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、こんばんは~。

まだまだよくわからない状況ですが、この状況を楽しんでもらえていたら、うれしいです。
本当は、なぞはあまり多くないほうがいいんですが。
今回は変な人が多すぎて。
(困ったことに、変態さんを書くのが、何だか楽しい・・・)
塚本の狙いは、もうすぐわかりますが、この人も黒い渦に巻かれてしまうかも・・・。
どうぞ、もうしばらくお付き合いください。

うう。あの奥さんと娘の今後が…(涙)

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、おはようございます。
隆也を面白がってもらえてうれしいです(ごめん隆也)
なにしろ、彼がいないと、この物語変人だらけで、妙に殺伐としてしまいますもんね。
精神衛生上、隆也は貴重かも。(作者にとって)

塚本に触っちゃいましたね^^;
でも、塚本はこの瞬間は、変態画像で頭をいっぱいにしていたらしく、春樹は塚本の本来の目的を読む余裕がなかったみたい。
(なんの映像かは・・・ふふふ)
次回辺り、やっと塚本は全部話してくれるはずです。
ワクワクしてくださって、本当にありがとう^^

あ、新しいPCは、いろいろ活用しています。
ペンタブイラストにも挑戦しました!

NoTitle 

このお話で一番怖いのは、松岡ではなく、塚本ですね。
前回、「いい奴」かもなんて書いてしまったのは間違いでした。

見損なったぞ。塚本。

祐一君……大丈夫でしょうか。
春樹たちが救ってくれるんでしょうか。

ヒロハルさんへ 

塚本は、いったいどんな人間なんでしょうね。
この物語でその答えは出ないと思うのですが。

でも、春樹にとっては迷惑以外の何物でもないようで。
松岡よりも厄介だということは、当たっているかもしれません。

祐一は救われるのか。
犯人は捕まるのか。
春樹は、誰かを救えるのか・・・・・。
ここで全部答えを言ってしまいそうになる自分が怖い。

いつもありがとうございます。
執筆は、少し進んでいますでしょうか。楽しみにしていますね^^

NoTitle 

轢き逃げ犯って近くに住んでいると言いますよね。
こんなの警察のローラー作戦になったら
簡単にバレますよね。
良心の呵責なのか
隠したいという卑屈な精神が成せることなのか
カバーを掛けるってバカかいな
双面獣と呼ばれたハロルド・ロスリッジは
青灰色カラーの車を黒く塗りつぶしていた。
塗りたての車はちょっとした事で剥げてしまう。
松岡の用心は自分が犯人ですと宣伝をしているようなもの。
早くバレてしまえ!

塚本の真意はわからないけど
昔の春樹じゃないもんね。
ここらでガッチリ言ってやりなさいよ。
偉そうに春樹の能力を図っているようだけど
絶対に塚本が隠したいことも見えた筈
凹ましてやれ!

今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願いします。

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、こんばんは。

そうですよね。カバーをかけてるくるまって、めったにないからすごく怪しい。
でも、修理に出せないし、どこかに隠すのも難しいし。
時間の問題ですよ、本当に。
松岡が時間がないって言ってるのは、このこととも関係するかもです。

春樹、まだまだ塚本のペースに呑まれてますね。
ここで塚本が妄想した場面っていうのが、ものすごく春樹にはショッキングなシーンだったもんで、春樹、動揺してるんです。(Hなシーンね)
姑息だ。塚本!(そのせいで、春樹には一生嫌われるんだけど)

逆転してすっきり・・・という展開にはならないかもしれませんが、どうぞまた、お付き合いくださいね。
ぴゆうさん、今年もお世話になりました^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)衝動買い】へ
  • 【(雑記)ペンタブ初挑戦。練習イラスト描いてみました】へ