不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第13話 隆也の憂鬱

 ←(雑記)小説バトン →(雑記)衝動買い
寝不足は、短気を更に短気にするものらしい。
隆也はそんな事を思いつつ、まだひんやりする朝8時の歩道を悶々として歩いた。

4時にバイトを上がり、3時間しか寝ていない。
今日は日曜日だし昼まで寝ていても構わないのに、どうにもそんな気分になれなかった。すべては、あの友人のせいだ。

『大学にあんまり近い所だと、友達の溜まり場になっちゃうだろ?』

ずいぶん前、大学からかなり遠い場所にアパートを借りた理由を尋ねると、春樹は笑いながらそう言った。

人が好きで、友人をとても大切にする春樹が、煩わしさからそうしたのではない事は隆也が一番良く知っていた。

自分が人に触れることが罪なのだと言う考えを、春樹は未だに抱えながら生きているのだ。

同姓だったら気にすること無いだろ? と隆也が言っても、春樹は苦笑いで首を横に振る。

その人に彼女がいたらどうするのさ、と。

瞬時にいろいろな想像が脳裏を巡った。確かにそれは大問題に違いなかった。
もしも“そんな情事を”覗いてしまったとしたらこれほど大きなプライバシーの侵害はないかもしれない。

けれどたぶん、そんな罪悪感の他に、他人とシンクロしてしまう際の身体的苦痛も、春樹には耐えがたいのだろうと隆也は感じていた。

波長の違う他人の心が混ざり込んでしまう際の衝撃と異質感。
その苦痛がどの程度のものなのか、実際に感じることができないのがもどかしかった。

春樹は辛いことを、辛いんだと愚痴らない。だから、お節介だと分かっていても隆也は心配する。

頻繁にメールする。電話する。なるべく会う。触れる。
理解する人間がいる、触れて心を読まれても平気な人間がここにいると、伝えたいから。

―――それなのに……だ!

隆也は憮然とした表情で、目の前の春樹のアパートを見上げた。

今朝、正確には8時間前の塚本とのやり取りが気になった隆也は、バイトあけから何度もメールを送っているのだが、春樹からの返信はない。
寝不足の頭のまま、1時間ほど前から電話をかけ続けているのに、取ってもくれない。

頭脳明晰で抜群に人当たりの良い好青年のくせに、自分自身を心配してくれている大親友サマへの配慮がズッポリ抜けている。

心配されていることに気付いていないのなら、今更だが正座させて反省会だ。
今日も、『あ、ごめん、携帯の調子が悪くて……』などと適当な事を言おうものなら、その場で携帯へし折ってやる。――― 

そんな事を思いつつ、鼻息を荒げアパートの階段に足をかけた隆也だったが、気配を感じて顔を上げたところで、ちょうど降りて来ようとしていた春樹本人とバッタリ出くわした。

その視線は一瞬、困ったように宙を泳いだが、それでも芝居を続ける役者のように、春樹はゆっくりと陽の当たる階下まで降りてきた。

5月の鮮やかな陽射しの中で光る、艶やかな絹の髪と白いパーカーが眩しくて、寝不足の隆也の目にしみた。

「おはよう、隆也。……早いね。どうした?」

「メール、見たろ」

「え……あ、ごめん、携帯が今朝からちょっと……」

「携帯はそんなしょっちゅう壊れねぇよ。塚本に会いに行くんなら行くって正直に言え」

隆也の言葉は見事に的中したらしく、春樹は琥珀の瞳を見開いたまま、驚いたように小さく口をあけた。

「なんで分かった?」

「なんだそうなのか。当てずっぽうだったんだけど言ってみるもんだな」

怒りを込めてわざと棒読みで返すと、春樹はわかりやすく青ざめ、隆也のイライラはマックスになった。

「塚本から呼び出されたのか?」

隆也が幾分語調を緩めて聞くと、春樹も少しばかり表情を和らげ、小さく首を横に振った。

「僕がメールで呼び出した」
「お前、何がしたいわけ? あいつにも秘密を打ち明けて、仲良しこよしに成りたいわけ?」

一瞬刺すような視線を春樹から感じたが、そのあとの春樹の声は穏やかなままだった。

「もし本当に塚本が気付いたんなら、どこからバレたのか知りたいし、その上できっぱり否定するよ。そんな力、僕には無いって」

「それだけか?」
「……なにが」
「本当にそれだけのために塚本を呼びだしたのかって聞いてんだ」
「言ってる意味がわかんない」

「馬鹿なこと考えてないかって聞いてんだ」
「分かんないって、隆也」

隆也は返事の代わりに右手をぐいと差し出した。
軽いショックを受けたような春樹の表情が、すぐ目の前にあった。

「触れよ。この複雑な腹立たしさを口でどう説明していいか分からないから。でも、本当のところ春樹は俺が言いたいこと、ちゃんと分かってると思うんだけどな」

極力穏やかに言ったつもりだったが、春樹はその手に触れようともせず、一歩隆也から離れた。本当に分かりやすい奴だと、ため息が出てくる。

やはりそうなのだ。春樹は、塚本が言った「春樹の役割」の意味を確かめようとしているのだ。

自分の忌まわしい力の「意味」、「意義」が気になって仕方ない。
けれども怖くて、まだ向き合う決心が出来上がっていない。そんなところだろう。

自分ならならそんな事悩むほうが馬鹿げていると、この友人に伝えられる。そう隆也は確信していた。

―――春樹の存在意義を教えてくれるのは、あんな男ではない。


「待ち合わせに遅れるから、もう行くよ」
「じゃ、俺も行く」
「……」

春樹は返事の代わりに無言で背を向けた。アパートの前の道へ出て、早足に歩いていく。
隆也も無言のまま追いかけ、有無を言わさずその横に並んだ。

うんざり気味の春樹の心の声が飛んできて少しばかり痛かったが、それが自分なのだから直しようもないし、直すつもりもなかった。

ただし、やはり嫌な予感がないわけではない。

自分はこの友人に近い将来、「もういい加減にしてくれ」と愛想を尽かされるんじゃないかという、最悪な予感……。

春樹が塚本との待ち合わせに指定したのは、隆也のバイト先であるピコマートに程近い、小さな公園だった。

綺麗に整備された緑豊かな公園で、なるほど人に聞かれたくない込み入った話をするのには絶好の場所かもしれないと隆也は思った。

塚本は既にその場所で待っていた。

ただベンチと煉瓦造りの花壇がシンプルに配置されているだけのその空間に、ポケットに手を突っ込んで仁王立ちしている長身の男の姿は、遠目にも異様に映る。威圧感が半端ではない。児童公園ならば通報ものかも知れない。

猛禽類のような鋭い目で歩み寄る春樹と隆也を捕らえると、その薄い唇が気だるそうに開いた。

「呼び出されて愛の告白でもされんのかと期待したのにガッカリだ。余計な虫が一匹くっついてる」

「俺のことかよ」
「お前のことだよ」

かぶり気味に即答して鼻で笑った塚本に、隆也の苛立ちは呆気なく沸点に達した。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)小説バトン】へ
  • 【(雑記)衝動買い】へ

~ Comment ~

 

まったく関係ない話ですみませんが、春樹がなにかの事故の場面に遭遇し、

「両手足とあばらが骨折らしい。とにかく車から出すのを手伝ってくれ!」

といわれたら春樹くんはどうなるんだろう、と思いました。人としては手伝うのが当たり前ですが、もし春樹くんの身体がちょっとでもけが人の身体に触れたら……心の闇以上にやっかいな能力ですな(汗)

NoTitle 

 こんにちは。
一つ… 春樹の能力の使い方思いつくのですが・・・ 確かに 春樹にしかできない役割のように思える能力の使い方…
でも 流石 友人です 隆也凄いぞ 春樹の行動パターンを よくぞ読んでくれた。
でも… 隆也がいる事によって 塚本は… 本心言わないのかなぁ。

NoTitle 

お。殴り合いになる直前?
まったく、いつもいいところで区切りますねえ。
でも、わかります。
その章を終わらせるには、やっぱりこういうのが効果的ですから。
あとは、場面転換で区切るぐらいしかないですしね。

星 飛雄馬がボールを投げ、三振を取りましたより、
ボールを投げたところで、来週につづく、の方が正解でしょうね。
それにしても、たとえが古いなあ。

NoTitle 

お。三人でまたミーティングですね。
塚本の言い分を聞きたいかな。とりあえず。
それから考えましょう。

隆也、悶々として堪えているね。
ここは(も)ひとつ穏便に(^^;)
春樹がどう出るのかも見たいですね。
このミーティングを取り仕切るのが誰なのかにも注目。

ポール・ブリッツさんへ 

そうですよね、ポールさん。
春樹だってぜったい、そんな不測の事態は避けられませんよね。

怪我人に触れたとき、怪我の痛みは、神経が刺激されるわけではないので、100%のリアルな痛みとして伝わっては来ませんが、かなり肉体的にもダメージです。
更にその苦しみ、不快感、絶望感、不安感は、感情としてモロに春樹に入ってきます。
これは、致命的です。

・・・実はですね・・・この『不可視光線』は・・・まさにそれなのです。(ああ、言っちゃった)
春樹の苦悩の始まりです(涙)

ウゾさんへ 

ウゾさん、こんばんは^^
春樹の力の使い方。良いのがありました?
春樹がダメージを受けないという条件で、というのがあったら教えてください^^
塚本の考えとは、また別かな??気になります。

隆也!
半分ストーカーですからね。(奴には春樹以外、友達がいないんじゃないかと、作者は心配なんですが)

でも、たとえ気づいても、隆也がなにか、役に立つのかと聞かれたら・・・沈黙するしかありません。
あいつは、騒ぐだけなのかも>< 

塚本は、隆也のことを、虫程度にしか思っていませんからね(笑)
やっと話は本題に入っていくと思います。(まだ、先は長いですが^^;)

片瀬みことさんへ 

こんばんは~。

この、区切る場所、今回は本当に悩みました。
実はこのあとも、同じ時間帯に3箇所のシーンを交互に入れていくことになるのですが、
なにしろ5日間もあいてしまうわけで、すごく間延びになっちゃうんです。

いいところで切って、別のシーンに飛びたいのですが、
5日後なんて、そのテンポが崩れてしまう><
連載物の、難しさですよね。
だから次回は、2話分を、1話にしました。苦肉の策です。(そして、またストックがなくなって焦る作者)

星飛雄馬だったら、視聴者はきっと、忘れずにいてくれるんだろうなあ~~。
アニメだと、なんでか忘れないんですよね。むむむ。

けいさんへ 

> お。三人でまたミーティングですね。

ほんとうだ! また3人のミーティング(笑)
こんなシーンばっかりですね。そして、2~3話分、ミーティングしますから。
事件はどうなったんだ!!!って、突っ込んでください。

塚本と隆也の衝突を書くのが楽しくなった、作者の陰謀です。
さて、どんな話し合いになりますやら・・・。

話を動かすのはやっぱり塚本っぽいですね。
そして、ついに次回・・・塚本のセクハラが!(なんちゃって)
ちょっと可哀想な春樹を、応援してやってください><

今、すさんでいるからか… 

隆也、気持ちが分かるぞ!!
と叫びながら拝読いたしました。
そうそう、隆也の何ともやるせない気持ち、分かるような気がします。
隆也の気持ちって、大きく揺れて、春樹で引っ掻き回されて、でも何だか100%認めてもらえてなくて(だよなぁ、やぱり…)、そのイライラが積もってしまっている。何だかわかりすぎて辛いなぁ。こういう行動に出てしまうの、分かる気がします。お邪魔虫と分かっていても、ついて行ってしまう……
春樹は……分かっているようで、分かっていないですよね。
自分でいっぱいで。だからこれから少し残念なことも出てきてしまう。でも、それは春樹が背負ったものの大きさを考えたら仕方がないのでしょうけれど。
もう少し隆也が天然だったら、もう少し春樹が周りを見回せる余裕があったら、でもそれが物語を生み出す溝(隙間)なのかなぁ。
ちょっと切ない。
(私って、今、マイナス思考だから、妙に共感してる?)

それから、limeさん、本当にありがとうございます。
なんて言葉を紡げばいいのか分からないので、今は取りあえず、お礼だけですけれど、本当に嬉しかったです。頑張るね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大海彩洋さんへ 

ありがとうございます(涙)

いやもう、この物語、隆也キモい~とか思われたら、終わりですからね^^;(うざいですが)
サスペンスは味付けに過ぎず、本当はこの青年たちの心の物語なので、この微妙で厄介な彼らの気持ちをわかってもらえるのは本当にうれしいです。
(このあとも、微妙なやり取りが続いて、読者様を退屈させるんじゃないかと心配なのですが)

隆也のイライラ、伝わってうれしいです。
この章だけを読まれてる方には、もしかしたら隆也の春樹への感情が理解できないかな?と、ちょっと心配なのですが。
でも、ほっとしました。
春樹の、繊細なんだけど、まだ心に余裕がなくて・・・という気持ちも、理解していただけてうれしいです。
実際ちょっと、春樹は隆也に甘えているところもあるのかもしれません。
世話を焼いてくれてるという安心感も、きっとどこかにあるんだと思うんですが。
母親にぶっきらぼうになる息子の図に、どこか似てるのかも・・と、今思いました(今か)
春樹に余裕が出てきたら・・・。
ああ、このあと、真逆の方向に行ってしまうかも><
どうか、見守っていってやってください。
この物語は、この物語としては完結しますが、春樹の人生としては大きな起点になりそうです。

その後どうでしょう。
なにか問題があって、それが解決するという方向なら良いのですが。
そうじゃなくてぐるぐる自分の中で回ってしまう悩みってありますもんね。
でも、日にち薬です。ほんと、開けない夜はないですから。
ゾンビのように復活した私も、いますし(笑)ゾンビ・・・?

鍵コメHさんへ 

わあ~。
ストーリーもそうですが、一文一文を気に入ってもらえるのって、すごくうれしいです。
丁寧に読んでくださって、ありがとうございます。

今回は事件から離れてしまったので、読者様は退屈だろうなと思ったのですが、
そういうふうに読んでもらえることは、本当に嬉しいです。

なかなかストーリーはゆっくりしか進みませんが、どうぞお付き合いください。
いつもありがとうございます!!

寒い!Σ(o゚ω゚o)ハッ、ソウダ、鍋料理だ♪(o^-^o) ウヒッ、ラクチンだぁ 

隆也に言わないで 塚本と会うつもりだった春樹
そんな事したって 隆也の嗅覚を 「ナメタラ~♪アカン~♪ ナメタラ~♪アカン~♪人生 舐めずに~♪」
…‥エェー、コホンッ!(;-o-)o"‥話しが 思いっきり逸れてしまいました!

塚本と 2人きりで会うなんて 絶対に ダメだって!
隆也は 何の役にも立たないかもしれない!(←えっ、酷い(T▽T)by隆也)
でも 春樹の心の支えにはなるはずだよ!(←(^~^*)ゞ イヤァ~それほどでも by隆也)

今から 塚本が 春樹へ話す内容は、決して 良い話しとは思えないから
せいぜい 隆也には 春樹の側で 春樹の代わりに プンプンと怒って貰おう!

所で 今日は 隆也がチョコチョコ出来て ウザかったなぁ~(苦笑)
ドルァァッ、チョコチョコ ウゼェんだよ~! ( ゚Д゚)┌┛Σ(; ゚д゚)・∵ゲッ. そんな勝手な..byebye☆

けいったんさんへ 

そうそう、鍋は楽チン^^週一で鍋なの。
ちゃんこ鍋、カレー鍋、トマト鍋、タンタン鍋、鴨鍋~~^^
あ、鍋談義ではなかったね。

隆也の嗅覚はすごいですよね。
いや、もはやストーカーに近い。隆也、あんた友達はいるの? と、心配になってきます。

そうそう。隆也がいたって、あんまり役には立たなさそうですもんね(実際、立たない)
でも・・・でも・・・いいナビゲーターにはなるかも(笑)

次回はね、塚本がついに・・・。
ああ、隆也は横で、ブリブリ怒るだけだしね。
隆也の役たたずっぷりと、塚本の変態っぷりをみてやってください。
次回はけいったんさん、この3人の誰に腹を立ててくれるかな。

NoTitle 

塚本、そんなに悪い奴でもないのかも.....って思った私はやっぱり甘い人間なのかな?
続きを読めば答えが出ますかね。limeさん。

NoTitle 

limeさん、こんばんは~!

面白いですね!

それにしても、絵も上手、文章も上手です。

その才能を羨ましく思います。

私も本当に記事が書けるようになりたいです!!

今後の展開も楽しみにしてますね!

ヒロハルさんへ 

ヒロハルさん、いらっしゃい~^^
読んでくださったのですね! うれしいです。

塚本。こいつがいい奴か、悪い奴かは、もしかしたら人によって違うかもしれません。
犯罪者じゃないけれど、果たして、いいやつなのか・・・。
最後まで読んでも、その答えは出ないかもしれません。
読者様がどう思ったかを、知りたいなあ・・・と思います。

むぎわらさんへ 

わあ、小説の方も本当に読んでくださってるのですね。
申し訳ないです。
いやいや、基本もノウハウも、何も知らずに書き始めたものですから、拙いですが。
でも、そう言っていただけるとうれしいです。頑張らねば。

むぎわらさんの記事、とっても素晴らしいですよ。
ちゃんと先まで考えられてて。
これからも魅力的な文章、書いていってくださいね。

次回も、お待ちしています。(ホットな展開にはなりませんが、いいですか??)と、予防線w

NoTitle 

今回は、読んでいてあたしも隆也になってしまいました。
塚本・・・・・隆也がついてくるのも分かっていた!?
このあと、どうなるのかしら。
わくわくわくわく・・・

海青藍花さんへ 

わあ、ありがとうございます。
隆也の気持ちになってくださったのですね^^

塚本はきっと、予測はしてなかったんでしょうが、
はなから隆也の存在なんて、あまりどうでもいいみたいなので、支障はないのでしょう(笑)
どこまでも、ひどい扱われようの隆也です。

もう少しこの3人の牽制が続いて、動きが少なくなるのですが、どうぞまたお寄りくださいませ。
クライマックスは、早めに用意しておきます^^
いつもありがとうございます♪

拍手鍵コメNさんへ 

Nさんも、隆也に感情移入してくださいましたか!うれしいです。
キモい奴かなあ・・・と思っていたので、ほっとしました(ひどい作者)
でも、ますます春樹の影が薄くなるような・・・。
消えてしまわないように、かんばって書かなきゃ!
塚本に乗っ取られてしまいそうだ・・・。

次回から、隆也と塚本の物語になったりして・・・汗

NoTitle 

いやぁ
お節介と言われようが何だろうが行きたくなりますよ。
隆也は本当に良い奴ですよ。
邪魔だと言われても悪漢から守るのがナイトの役目だものね。
物事を複雑にしようとする春樹には
とてもいいバディだと思う。
考え過ぎは体にも良くない。
塚本という闇に対向するにはやはり太陽の様な隆也が相応しい。
雲のような春樹

何処に流れていくのだろう?

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、こんばんは^^

ああよかった。ぴゆうさんも、隆也を気に入ってくださってたんですね。
うざい、きもい、って思われてるかなあと、ちょっと心配でした。
(でも、うざくて役立たずですが・笑)

そうですよね、隆也はきっと、ナイトの役割を担ってるんですよね。
春樹は、自分のことをいろいろ探って確かめたくて、どんどん深みにはまって行ってしまいそう。
どんどんややこしくさせちゃう。
塚本には、近づかないほうがいいのかもしれませんよね。

さて、春樹は何処へ向かおうとしてるのが。この話は、何処へ向かうのか。
すっきりしない展開かもしれませんが、どうそお付き合いください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)小説バトン】へ
  • 【(雑記)衝動買い】へ