不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第12話 約束

 ←(雑記)漫画、こんなストーリーでした →(雑記)小説バトン
「なんで塚本さん、あの人のこと知ってるんですか」
祐一は怯えているような、それでいて憤慨しているような、険しい表情で塚本を睨んできた。

「でかい声出すなって。別に俺はお前をストーカーしてるわけでもないし、あの松岡とかいうおっさんとグルでもないよ。6日前、ゲーセンでお前と初めて会った時さ、あのおっさん、ずっとお前のことを見てたんだ。知ってた?」
「そんな・・・知らなかった」
「ちょっとあの時のおっさん、異様だったよ。真っ青な顔してさ。そうだな・・・まるで幽霊でも見るような顔つきだった」
「そんな事、あの夜聞いてませんけど」
「いちいち教えてやることでも無かったからな。世の中にはちょっとイカレタおっさん、掃いて捨てるほどいるし。それにお前、弟が行方不明になって凹んでたろ。だから余計なこと言うのも可哀想に思ってさ」
「・・・でも、変です。6日前は、まだ松岡さんとは知り合いじゃなかったのに。松岡さんが僕に声を掛けてきたのは4日前だもん。弟が死んだって知らされて、家中みんながパニックになってて・・・。僕は、ぜんぶ自分のせいのような気がして、気が変になりそうで。だから、また夜中にゲーセンに行ったら、松岡さんに声掛けられたんです。すごくすごく優しくしてくれたから、何時間も遊んで・・・。でも、6日前は、僕らは知り合いじゃないです。向こうも、以前から僕を知ってる風じゃなかったし」

「やっぱり・・・」
塚本は眼球をぐるりと巡らし、自分の考察を改めて吟味した。
「6日前の深夜、お前と松岡は面識も接点も無かった。そうなんだな?」
「はい」
「でもあの男は、お前のことを、まるで幽霊でも見るような目で見て、言ったんだ。『何で、ここに・・・』って」
塚本の言葉が理解できないのか、祐一は目を丸くしてじっと見つめて来た。そして小さく首を横に振る。
「聞き間違いじゃないの? だって僕、会ったこと無いし。それに、あんなうるさいゲーセンで、声なんか聞こえるわけないよ」
「聞き間違いなんてのは、ないんだよ。俺は耳で聞く訳じゃない。目で読むんだ」
「目で?」

祐一は更に目を見開き、塚本を食い入るように見つめてくる。理解できないものを理解しようとする、必死な目だ。
どこにでもいる素朴な顔立ちの普通の少年だが、そう言う表情をされると妙にかまいたくなる。
自分の中に、女などよりも少年により一層の興味が湧いてしまう兆候があるのは認めていた。
だが、今回のはそんな性癖とは関係ない。
真実の扉の鍵を持ってしまった人間が取る、当然の行為なのだ。
塚本は内緒話をするように、祐一に顔を近づけた。
少年の髪から再び微かに線香の匂いがただよい、この子を取り巻く家庭の悲しみがリアルに胸に染みた。

「例えば、こういうのはどうだ? あの松岡って男は、その日どこかで、お前にそっくりな少年と出会った。そしてその時点でその少年が、生きてこの場にいるわけがないと、知っていた・・・とか」

「どういうこと?」
「分からないか? 6日前の夜、発見はされていないが、もう弟の弘喜は殺されてたんだぞ」
あまりにむき出しの表現になってしまったな、と思いつつも、塚本は真っ直ぐ自分の推理を祐一にぶつけてみた。
祐一は、塚本の言わんとしていることを理解したみたいだったが、やはり首を横に振る。

「そんなの、有り得ないよ。だってあの人は・・・」
「あの人は優しかったか? 金とか、くれるほどに?」
祐一の表情が、何かを見抜かれた時のそれに変わり、見上げてきた眼球が街灯を受けてギラリと光った。

「よく思い出せ。松岡は、お前に兄弟がいるかとか、訊いてきたか?」
「・・・うん、そんな話もした。あの日はあまり弟の話はしたくなかったけど」
「なるほどね。近づいてきた。偶然出会うって確率は別として、全く有り得ない話でもないと思うけどな。1日目の少年で果たせなかった愉悦を、同じ顔を持つ双子の片割れで、もういっぺん試そうとする律儀な大人がいたって、不思議は無いと思うよ? 俺は」
「・・・試すって」
「じゃあ聞くが。どこの世界に、深夜いきなり出会った子供にホイホイと金を恵んでやる親切な人がいるよ。下心があるとか普通思わないか? 現に今日だって付きまとわれてたんだろ。なんて言われたんだ。遊びに行こうとかか? もっと卑猥なこと言ってきたんじゃないのか?」
「それは・・・でも。ちゃんと断ったし、お金を返せば大丈夫だと思ったし。だけどそのことと、弘喜の事が関係あるなんて・・・」
「馬鹿馬鹿しいと思うか? まあ、俺の発想や妄想はいつだって突拍子もないけどさ。でも、もし万が一そうだったらどうする? 6日前の松岡の行動、言葉、どう説明する? 危機管理ゼロで無鉄砲な行動取って、悲しい末路むかえるよりは、石橋たたいて見る方が良いんじゃないか?」

祐一は凍りついた表情のまま、黙って塚本を見ていたが、やがて低い声でポツリと言った。
「それは弘喜のことを言ってるんですか?」
自分の口から放った言葉は後悔しない塚本だったが、今のは軽率だったと、少しばかり反省した。
「とにかく、あの松岡は異常だ。一昨日もコンビニの外からお前のことじっと見てたの、知らないだろ?」
「・・・おとといも?」
再び祐一は怯えた目を向けてきた。
「お前、弟の死は自分にも責任があるとか思ってるのかも知んないけど、それで家に居づらくてぷらぷら出歩いてんのなら、すぐやめろ。深夜のゲーセンも、意味のないコンビニ通いも。万が一俺が言ったことが事実だったら、お前、対処できるか?」
「・・・」
「そうだろ? 不用意に出歩くのはやめろ。お前が今しなきゃなんないのは、弟のことを悲しんで、親のために家に居てやることだ」

塚本は不要のレシートにボールペンで自分の携帯番号を書き込むと、祐一の手に握らせた。
「何かあったらすぐ電話してこい。もしも金のことで松岡に呼び出されたなら、俺も一緒に行ってやる。絶対にひとりで行くんじゃないぞ。約束を守れたら、お前の借金4000円はチャラにしてやるよ」
祐一はじっと手のひらの中の紙切れ一枚を見つめたあと、ゆっくり顔を上げた。
「なんでそんなにしてくれるの?」
「青少年を守るのは大人の義務。さあ、もう風呂入って、大人しく寝ろ」
呼びつけた癖に、追い払うような口調で言うと、祐一はただ小さく頷いて、玄関ドアの中に静かに消えていった。
とても大人しく寝られるような精神状態ではないだろうがな。塚本は思った。

さて。お膳立てはできた。

『なんで、そんなにしてくれるの?』

事件の核心に迫って行く実感と流れが、堪らなく刺激的だからさ。
そう言ったら少年は激怒するだろうか。
塚本の親切ごかしの言葉の裏側を、祐一が見たら何と言うだろうか。
死んでしまった少年は本当に哀れであり、まだ平然としている犯人には心底怒りを覚える。それは嘘のない正直な感情だ。
けれど、その犯罪を暴く鍵を自分が掴んでいるかもしれないという予感は、その悲劇と不釣り合いに塚本を興奮させた。
ミステリーオタクの性だろうか。しかし、あながち不謹慎とも言えない感情ではないか。

犯人がご丁寧に証拠を残しておかなければ動けない無能な警察。
一般市民の目撃情報を待つしかない現実。
そこに光の矢を放つ方法を自分が知っているのだとしたら、その瞬間に心揺さぶられるのは、悪い感情ではないはずだ。

踵を返し、塚本はひっそりした住宅地に足音を響かせて帰路についた。
ジーンズのポケットに入れた端末のバイブが唸ったのは、アパートの手前まで戻った時だった。
コンクリートの階段を登りながら、メールの発信者と文面を確認した塚本の目が、思わず細められた。

《 天野です。塚本と話がしたい。今日の午前中、都合が良ければ会えないだろうか 場所は---  》

完璧だ。
このかわいこちゃんを手に入れれば、計画は実行に移せる。思い通りに駒が揃った。
興奮してちびりそう。俺の方こそ、今夜はもう眠れそうにないな。

塚本は薄い唇を、舌でちろりと舐めた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)漫画、こんなストーリーでした】へ
  • 【(雑記)小説バトン】へ

~ Comment ~

う~む 

塚本の計画が何かはまだ伏せられているようですが、半分は普通にお節介の兄ちゃんだったのですね。
それにしてもよくしゃべるなぁ。怪しい男ってやっぱりよくしゃべるんだ。自分を弁護・弁解するために……?
で、後の半分は、やっぱりちょっと変態の兄ちゃんだったのですね。いや、それだけではないのかもしれませんが、いずれにしても春樹、危うし、だなぁ。塚本の目的が100%良いことではないのは間違いなさそうだし、なんとなく全てが塚本の自己満足へと走っていっているように思える……彼にとっては崇高な目的なのかもしれませんが……
怪しい組織でも作りたそうに見える……
隆也は頑張ってくれるのでしょうか。お願い、頑張って!

実はあることに気がついたのです。
これまでlimeさんのお話はまとめ読みをしてきたので、こうやって長編で連載を追いかけるのは初めてなんですよね。
で、自分が、連載中のものに感想を書くのがすごい苦手、ということが判明しました^^;
変なこと書いていてごめんなさい。皆さんはなかなかすごいことを書いておられるのに……

それから、あ、スリーショットイラスト、何か月後でもお待ちしますので、無理のないように、お暇な時に……。単に野次馬的気持ちなのですね。どこがどう似ているんだろう?? それとも実は似ていないんだろうか?? というよりどっちに似ているんだろう? という……^^;

大海彩洋さんへ 

おはようございます。

> 塚本の計画が何かはまだ伏せられているようですが、半分は普通にお節介の兄ちゃんだったのですね。
> それにしてもよくしゃべるなぁ。怪しい男ってやっぱりよくしゃべるんだ。自分を弁護・弁解するために……?

うんうん、ほとんどもう、塚本の器を見越されてるようですね。
この饒舌さがもう、小物感出していますよね^^;
とにかく今現在の塚本は、ワクワクしてるんですよ。興奮状態。もうお分かりのように、単純な理由です。
(あ~、もうちょっとインテリでミステリアスな奴だと思ってたのに・・・。作者ががっかり)

>で、後の半分は、やっぱりちょっと変態の兄ちゃんだったのですね。

どうやらそのようで。カミングアウトなど絶対しませんけどね。普通にモテ男を気取っていたい、小物・・・。

>なんとなく全てが塚本の自己満足へと走っていっているように思える……彼にとっては崇高な目的なのかもしれませんが……

まさにまさに。そのとおりですね。彼は自分の行動にまったく疑問を持っていませんし、おっしゃるように、崇高な目的だと思っていますから。
そしてそこに、春樹は不可欠なのです。
もうお分かりですよね。結構子供っぽい単純な思考回路です。これが・・・春樹をこのあとめちゃくちゃ苦しめることになるのですが。

あ。うんうん、みなさんそうおっしゃいます。
とくにミステリー系は、謎な部分が多いし、余計なことを言っちゃいけないなと思うから、コメントや感想書きにくいんですよね。
わかります。どうぞ、書きやすいところだけ見繕ってやってください。
もう、「読みました!」の一言でも嬉しいですから。

毎回、コメントが書きやすい展開にできればいいのですが。隠し事ばかりで心苦しいです(笑)
でも実は、私は逆に、全部まとめての感想の方が苦手で・・・。
要は、まとめて感想を書く能力がないといいますか。思いが大きいほど、簡潔な感想が出てこないのです。

だから、みなさんの物語の断片断片で、コメを入れるほうが好きです。
私も、物語の途中で読者様が何を思うのかを知りたいと思うので、ほかの方もそうなのかな・・・と思って。
大海さんの感想も、とてもありがたく読ませていただいています。^^

絵のほう、ではでは、ゆっくり描かせていただきますね^^
うーーん、3人とも似てないはずなんですが。どうなるでしょう。
私もちょっと、見てみたくなりました^^(私が描くのか・・・・そうか)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

 こんにちは。
あははっーーー 清々しいまでの正々堂々と 自身の好奇心に忠実な奴だなぁ 塚本って。
あーー何ていうのか… 読み漁っていた書物でしか展開する事のなかったミステリーが 今 まさに目の前でって感じなのか…
でも 塚本君 limeさんですよ!!!! きっと 特大級の落とし穴がありますよ。
あははっ 松岡が 「少年が好みかって!!! 馬鹿言ってはいけないな 私の好みは 青年だよ。塚本君 実に好みだ。」と言って 迫ってきたら さぁ 如何する。 … 一気にギャグになるなぁ。 

よ~い、スタート!(`・ω・´)ノ<" カチンコ 

(*´∀`)o∠☆゚+。*゚パンパカパーン♪ パンパンパン・パンパカパーン♪
キャスティング発表です!

悲劇の主人公?は、祐一
名探偵?は、春樹
その助手?は、隆也
犯人?は、松岡
監督兼脚本?は、塚本
(全てに ?マークが (笑))

さぁ 皆さん待望の 新作映画が いよいよ クランクインです!

しかし この監督は 癖が強すぎて 役者さんが途中降板しないか 心配です。
特に 探偵助手くんとの 相性が…(*´・ω-)b ネッ!...byebye☆





 

NoTitle 

そうか塚本。なんかみんなとずれたところでワクワクしているのだね。
理解はできるけど、共感できるかどうかは・・・

自分で駒を動かしていると思っているときが、楽しいときなのでしょう。
でも、そう思ったとおりには行かないよね、きっと。
で、それに巻き込まれるか、振り回されるかしてしまうのが春樹だったりして?

今のうちに寝ておこう。

鍵コメMさんへ 

いえいえいえ。いいのですよ~~(汗)

もう、雑記だけ読んでくださるだけで、うれしいです。
長いし、読むの大変だし。ややこしい話だし。

そう言ってもらえるだけで、嬉しいです。

ウゾさんへ 

ははは。お褒めに預かって光栄です。
もう、隆也とはまた別のおバカさんでしょう?
(隆也よりはインテリだけど、たちが悪いですよね)
まあ、ミステリー好きには、その感覚、わからなくもないですけどね^^;

え! 私が落とし穴を用意してるですって? いやあ~、そんなバカな(笑)
こんな優しいlimeさんが。
まあ、このまま塚本の一人勝ちは、ないでしょうね・・・。

うわあ~~、松岡!!ラストでそんなセリフ言われたらもう、ただのギャグ小説ですね(笑)でもイケルなあ。
塚本の青ざめる顔が見たくなりました。そっちで行こうかな・・・。
ウゾさんのコメ、いっぱい笑わせてもらいました^^

しかしこの小説、まともなやつは、おらんのか・・・。

けいったんさんへ 

きゃ~~! 
もうすでにキャスティングが決まってるじゃないですか。
映画『不可視光線』ですね! うーん、みたい。(怖いけど)

しかし、探偵助手と、監督が喧嘩ばかりして、先に進まなそう。
そして、監督が役者に手を出す、お決まりのパターン・・・ ((((;゚Д゚))))
これ、映画よりメイキングの方が、楽しそう(笑)
撮影風景見てみたいなあ~~。

でも、今更ながら気がつきましたが・・・女優がいない (∥ ̄■ ̄∥)

けいさんへ 

相変わらず、変な登場人物ばかりで申し訳ない。
塚本は、こんな奴でした。
大悪党ではなく、けっこう小物?
気持ちは、分からいでもないんですよ。悪いことしようとしてるわけじゃないから。
でも・・・なんか動機が不純だなあ・・・。

そうそう。そんなに上手く事が運ぶはずはないですよね。
でも、この物語で一番痛い思いをするのは、塚本じゃないかも。

>で、それに巻き込まれるか、振り回されるかしてしまうのが春樹だったりして?

うわーーん、春樹、ごめん゜(´□`。)° ・・・ 先に謝る。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHさんへ 

そう言っていただけると、とっても嬉しいです。
頑張ってUPしなきゃ^^

そして、好きな一文を、今回も教えてくださってありがとうございます。
こういうの、すごく新鮮に感激します。
ああ、そうなんだ~~と^^

わあ、そうなんですか。大丈夫なんですか?
そんなしんどい時なのに、本当にありがとうございます。
どうぞ、ゆっくり休んでくださいね!!

NoTitle 

塚本って・・・・・
いったい・・
う~~む。(あたしの中では、要注意人物なのですけれど・・・)

海青藍花さんへ 

塚本。そんなに大悪党ではなさそうですが、気を許してはいけません(笑)
どんな人間なのか、このあとも探ってみてくださいね^^
(もしかしたら、人によって印象が違うのかも。)
いつもありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメOさんへ 

わあ~、ありがとうございます! 
ご心配していただいて。

お恥ずかしい・・・じつは、あのあとすんなり直りまして><

でも昨日は、みなさんのコメントが全く表に表示されなくて、すごく心配しました。
訪問者の足跡も、更新されなかったですし。

一時的なものだったようで、今は大丈夫です。
コメント欄だけは、ちゃんと表示されて欲しいですもんね。良かったです。
鍵コメでご心配いただいて、感激。(あ、オープンでかまわないんですよ^^)

これから難波ですか! いいな~~。
楽しんできてくださいね^^ さて、私は晩ご飯作るか~~。 
今日はね、最高級の肉が手に入ったので、すき焼きなのです。(なんの報告・・・)

NoTitle 

塚本のキャラクター設定が面白いです。
完全な悪人とも違う。もちろん、善人とは程遠い。
歪んだ好奇心。多くの人が知らない秘密を、自分だけが知りうる立場にあるという優越感。今のところは、そんな印象を受けます。

他者を見つめる時の彼の思考は、きっと足元のアリを観察するようなものなのかな。
いつか彼が、アリに噛まれることを期待しつつ、先を楽しみにしたいと思います。

NoTitle 

感情が入り乱れるから世界は面白いのですが。

どっかの金持ちが、
愛は金で買えないし、金で買えないものを買おうとも思わない。
愛とか期待とか希望とかそういうものを金で買おうとするから、
事業に失敗するんだよ。

・・・ということを述べていましたね。


いっそのこと。
そう言う風に金とその労働行為の対価だけで金のやりとりが
されるのであれば、もっと楽ですっきりすんですけどね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

片瀬みことさんへ 

遅くなってごめんなさい~>< すっかり寝落ちしちゃいました。

> 完全な悪人とも違う。もちろん、善人とは程遠い。
> 歪んだ好奇心。多くの人が知らない秘密を、自分だけが知りうる立場にあるという優越感。今のところは、そんな印象を受けます。

そう!まさにそんなタイプの人間です。謎めいた登場のわりに、単純な小物で・・・。
見抜いてくださってすごくうれしいです。
多分、それ以上でもそれ以下でもない。
悪人ではないのですよねきっと。でも・・・。

> 他者を見つめる時の彼の思考は、きっと足元のアリを観察するようなものなのかな。

今のところ本当にそんな感じで、すべてにおいて上から目線ですね。
小説としては、このまま終わるはずはないんですが。
けれど、見下したアリに噛まれるかどうかは・・・。

とても問題を残す終わり方をすると思います。
スッキリ終わって欲しい読者様には、疑問符がのこる形になるかもしれませんが、どうぞ最後までお付き合いください。
22話くらいで完結します。(今年中に終わらないな・笑)

LandMさんへ 

時に、金は心をも動かしたり、心を救う場合もあったりしますから、事態は複雑ですよね。

お金がなければ心も荒むし、人格も歪む場合も。
あるいはその逆も。

愛情に飢えた人が、お金で愛情を買おうとしてしまうって・・・分からないでもないんですよね。
とても悲しいことではあるんですが。
あのサラリーマンも、ちょっとそんな傾向があったのかな??

鍵コメMさんへ 

わああ>< 本当に読んでくださったのですね。
貴重な時間を、本当にありがとうございました。

シリーズものですが、伝わりますよね・・・?(恐る恐る)

へへ、私がラストを知らなかったら、えらいこっちゃ ですよね(笑)
私は所々で嘘をつきますから(コメント内でも)注意しながら、読んでいってくださいませ。

ほんと、すみません><

こんばんは~~(^0^*)ノ 

わーーー!!そう来た訳か!!!
で、いったいどういう風に話が転がって行くのかな???
う~~~~・・・・今もって謎だ・・・・・・
(?m?)

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、おはようございます^^

うん、そういうことだったんです。
塚本の心ん中は、だいたいお分かりいただけたでしょうか。
このあとの展開が、いよいよ本番なんですが。
なかなかコメントしづらいと思います><ごめんなさい。
また、少しずつ展開していくので、遊びに来てくださいね^^

NoTitle 

他人の不幸は蜜の味
そんな言葉が思い浮かんだ。
読唇術かな
塚本は特異な能力を面白がり、人生を楽しんでいるともいえる。
それだけ彼には何もないのだろうな
何か空虚な一面を見せているよね。
それに比べて春樹の悲壮感
こんな風にニヒルには一生なれそうにない。
そこが良い処でも在るよねぇ
人を惹きつけるものに繋がる。
しかし、松岡みたいなド変態ロクデナシの人殺し
いるんだよね。
現実、犯人がわからず仕舞いって結構あるもんなぁ
そう考えると不気味すぎるよね。
すれ違った人が実は・・・・絶対にあるあるだよね。

ぴゆうさんへ 

こんばんは~。
塚本、じわじわと本心を、語り始めましたね。

この人、語れば語るほど、小ささが浮き彫りになってきますよね^^;
最初はちょっと謎なインテリっぽく登場したのに。
この塚本の印象は、この後もいろいろ変わっていくと思いますが、ぴゆうさんは最後、どんな風に思うのかなあ。
ここに出てくる人、みんな何か闇を抱えているかもしれません。
その闇が、春樹を襲わなきゃいいけど・・・。

春樹は、どう転んでも塚本タイプにはなれそうもないですね。
でも、もう少し精神的に図太くなってほしいとも思うんですが。
お!そこがひきつけられるところですか。それも、嬉しいお言葉です。
この物語のあと、春樹はすごくいろいろ引きずってしまうと思うので、聞かせてやりたいなあ。

この後も、うじうじ春樹が出てくるかもしれませんが、叱咤激励してやってください。

すれ違った人が、とんでもない犯罪者だった・・・とか。あり得る世の中ですよね。><

私の方こそ眠れません(笑) 

前に来たときから時間が経ってしまったので、再度1話から読み直しちゃいました!

いやー、塚本くん、たまらないですね。
こういうド変態な正義感、見ててニヤニヤが止まりませんわ!
本人は至って真面目に、自己の楽しみの追求に邁進しているだけなんでしようが。隆也タイプにはいい迷惑ですね。
その翻弄され加減がまた、彼の熱血漢ぶりと可愛らしさを際だたせますw

そして相変わらず春樹くんは変態に好かれますね(笑)
その中に草津も加えていただきたい。←オイ

20話辺りでやめとこうか思ってましたが、これは止められそうにありませんわ。
後半も塚本くんの活躍に刮目しようと思います!

NoTitle 

立て続け投稿で失礼。
先ほどの投稿、「20話」でなく「10話」の間違い!
20話じゃ完結してるじゃん(;´Д`)
あほうで申し訳ない;

草津照夜さんへ 

わ~、草津さん、読んでくださったのですね!!
うれしいです!!
もう、最終話へのコメが上がってますが、まずはコチラカラ^^

> いやー、塚本くん、たまらないですね。
> こういうド変態な正義感、見ててニヤニヤが止まりませんわ!
> 本人は至って真面目に、自己の楽しみの追求に邁進しているだけなんでしようが。隆也タイプにはいい迷惑ですね。
> その翻弄され加減がまた、彼の熱血漢ぶりと可愛らしさを際だたせますw

うれしいです^^
もっと変態度を上げたかったのですが、ギリギリのところで我慢しました。
実はここだけの話、コンビニのガレージで、塚本が妄想したシーンって、春樹と隆也の・・・なシーンなんです。
春樹の激怒わかりますよね^^;これ、けっこう春樹引きずってて、塚本に嫌悪感抱きっぱなしなんです。

> そして相変わらず春樹くんは変態に好かれますね(笑)
> その中に草津も加えていただきたい。←オイ

ウエルカムです(爆)←あれ、否定しない?
いや、マジな話、春樹は年上の女性でないとダメなような気が・・・。
初めての相手が20も年上の咲子ですしね^^;
次はどんな変態さんを呼び寄せてしまうのか(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)漫画、こんなストーリーでした】へ
  • 【(雑記)小説バトン】へ