不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第7話 釈然としない夜

 ←(雑記)4周年と養分の足らない生命のスープ →(雑記)よんちゃんがヒーローに見えた日

「このガキが急にぶつかって来たんで、俺は棚に手ぇ突いたんだよ。そしたらガシャンだ。頭から突っ込んでたらどうなってたと思うよ。え? こいつの親呼べ、こいつの親!」
怒鳴り散らしているゼロツーの横で、昨日の少年が、昨日と同じように青くなって固まっている。
小さくなってさえいれば、事態は誰かが収束してくれるとでも思っているのだろうか。
ああ、めんどくせえ。
両者にそう思いながらも隆也は、何とか営業的な笑顔を作った。

「破損したものはこちらで処理しますので、大丈夫です。気にしないでください」
こういう手合いには、無闇に低姿勢になるのは禁物だ。
下手に気遣う気配を見せれば、すぐに足元を見られ、通路の狭さや商品の配置に文句を付けられてしまう。
隆也は、淡々とやり過ごす努力をした。
「そんなんで済ます気か? 親呼べってんだ、親!」
「お客さん、動くと滑って危ないですよ。ガラスもありますし、滑ったらお尻、ひどいことになりますよ。掃除するんで、ちょっと待って下さい」
ゼロツーが、それでも抵抗しながら床の液体を踏みならす、べちゃべちゃした音がフロアに響く。
カクテルの甘ったるい匂いと、男の吐くアルコール臭が混ざって、隆也は吐き気を覚えた。

全てを隆也に丸投げしたまま、さっきから気配を消していた後輩バイト店員が、「すいません、時間過ぎたんで、上がります。おれ、次のバイトあるんで」と小声で言いながらモップとちり取りを隆也に手渡した。
無言で受け取りながら、隆也の憂鬱度は増していく。
そういえば、今夜も0時から1時まで、自分一人になるのだという嫌な事実を思い出してしまった。
最悪だ。
ゼロツーが何語かわからないろれつで喚いている声が、更に神経を逆なでる。
少年も、どうしていいのか分からないらしく、もじもじと俯き、それがまた隆也の癇に障った。
何でまた、こんな時間に!
モップで床を拭き始めながら、隆也は昨日よりも冷ややかな口調で問いかけた。
「何か急いでたのか? それともまた誰かに追いかけられてた? 2日続けて」

その言葉に少年はハッと顔を上げて、隆也を見た。
「いえ・・・。あの、そんなことは・・・」
「大体、こんな時間にこんなガキが、こんな所にいる方がおかしいんだよ。親もアホンダラだが、出入りさせてる店も店だ。ああ、棚に突っ込んだ手がヒリヒリしてきやがった。親呼ばねえんだったら、警察呼べ、警察」
少年の言葉を弾き飛ばしてがなり立てている男に、元来気の短い隆也は限界ギリギリだった。
こういう酔客の扱い方は確かマニュアルに書いてあったが、そんなことかなぐり捨てて、今すぐこの男を店の外へ放り出してしまいたい衝動に駆られた。
秒読み段階だ。

「ああ、ちくしょう、手が痛てえなあー。ほらくそガキ、名前なんてんだ。てめえの名前くらい言えんだろうが。母ちゃんが居ねえと何も喋れねえってか? なあ兄ちゃんも、何とか言ってやってよ。俺、大迷惑なんだけどさ。手、痛えし。救急車呼ぼうかなあ」
ブチリと隆也の頭の隅で、何かの切れる音がし、手に持っていたモップの柄を、パーンと床面に叩きつけた。ギョッとしてこちらを向いたゼロツーと目が合う。

男を巻き舌で怒鳴りつける自分と、数時間後こってり店長に搾られたあげく、バイトをクビになる自分の姿が、同時に脳裏をよぎったが、どうにでもなれ、だった。
「な・・・なんだよ」
「なんだよじゃねえよ。なんだよじゃあ! 大体だなあ、おっさん!」
「あの、ちょっとよろしいですか?」
とっくにゴングを鳴らした隆也の横にスッと入ってきた声は、静かだったが、不思議とその場の熱を奪う声色だった。

「損害は、私が代わりに弁償します。お幾らでしょうか」
息巻いていたゼロツーも少年も、鬼の形相になりかけていた隆也も、同時にその声の主を振り返った。
ドアチャイムが鳴ったのに、誰も気づかなかったらしい。
きっちりとスーツを着こなした30代半ばくらいのサラリーマン風の男が、まるで息子のお詫びを言うような低姿勢で隆也たちの前に立っていた。
これといって表情や造りに特徴のない、平凡な印象の男だ。

「あ、・・・ええと、弁償はこの場合ちょっとややこしくなるので、今日の所は・・・」
という隆也の声に被るようにゼロツーが喚いた。
「親か?」
「いえ、ちょっとした知り合いです。ちょうど通りかかったものですから」
サラリーマン風の男は、決まり事であったようなスムーズな仕草で財布から1万円札を取り出すと、ゼロツーに差し出した。
「足りなければ、医者の領収書を私に送ってください。残りをお支払いしますから。私は松岡と言います」
さらに名刺を取り出そうとする男を、ゼロツーは遮った。何故か馬鹿に慌てている。
「いや、いい。・・・別にいいよ、もう。これで足りると思うし」

隆也と少年と「松岡」がじっと見つめる中、ゼロツーは出来損ないの張子人形のように首をゆらゆらさせていたが、やがておぼつかない足取りで店を出ていった。
思いがけなく手にした万札を、コソコソとズボンのポケットに仕舞い込みながら。
1万円という現金が妙に生々しく、そしてゼロツーのサギ紛いの行為も腹立たしかったが、松岡の表情はとても穏やかで曇りなど少しも見受けられない。何か特別に、気分のいいことをした後のようだ。
この少年と、随分と近しい知り合いなのだろう。
隆也も事がこじれることなく収まって、正直ホッと胸をなでおろした。

「じゃ、私はこれで」
松岡は隆也に軽く声をかけると、少年の方を見て言った。
「行こう。家まで送っていってあげるよ、祐一君」

気のせいだろうか。
祐一と名を呼ばれたその少年の顔は青ざめ、怯えているようにすら見えたのだ。
いったいどんな間柄なのだろうと訝ったが、やがて松岡は少年の手をギュッと握り、そのまま一緒に店を出て行ってしまった。
最後にちらりと隆也の方を見た少年に、隆也は「良かったな」という気持ちを込めて頷いて見せたのだが、果たしてそれで良かったのかどうか。
モップを拾いあげ、何かが釈然としないまま、隆也は小さな惨事の後片づけを始めた。

              ◇


それから30分ほどしてコンビニに現れた春樹は、珍しく浮かない顔をしていた。
アパートから歩いて10分足らずの、このピコマートではあったが、2日続けて春樹がやって来るのも、考えてみればけっこう珍しい。

「どうかしたか? 春樹」
ちょうど店内に客が居なかったこともあり、隆也は昨日と同じように春樹をカウンターに呼び寄せた。
春樹はチラリと、ガラス越しの歩道に目をやる。
「今日、塚本を見てない?」
「今日? いや、見てないけど、なんで?」
「携帯を・・・失くした」
「落としたのか? 携帯失くした事と塚本と、なんか関係あんの?」
「エレベーターで乗り合わせて、そのあと、後ろポケットから消えてた」
「は? スられたのか!?」
「疑いたくないけど、あの時しか考えられない」
「ほら、やっぱりそうだ。言ったろ、春樹を付けてんだって。あいつなら、やりかねない!」
しゃべる端から昨日の塚本への嫌悪が隆也の中に蘇った。収まっていた血が、また沸き立つ。
面と向かって話したこともない相手なのに、塚本イコール変質者の図式が揺るぎないものになっていった。
それにしても。
昨夜、あんなに否定的だった春樹が、今日は傍から見ても分かるほど不信感を強く抱いていることが不思議だった。

「けど、なんで携帯なんか盗るんだろうな。いたずらにしちゃ幼稚過ぎる。本当に何も心当たり無いのか?」
「心当たり?」
「あいつが春樹に構ってくる理由。なんかあるだろ。それともあいつ、マジでやばい系なのか?」
春樹の表情が曇った。
そんなこと聞かれても分かるわけないよなと思いつつ、隆也は尻ポケットから自分の携帯を取りだした。

「掛けてみるぞ」
「え」
「春樹の携帯にだよ。試してみなかったのか? あいつが犯人だったら、窃盗で突きだしてやる」
けれど春樹の番号を押そうとした瞬間、まるで見計らったかのように、マナーモードにしていた隆也の携帯のバイブが震えた。
発信元を見て怒りが込み上げる。

「春樹の携帯からだ」

ここ最近見たことのない不安な目をして、春樹がこちらを見つめてきた。




------------------------------------------------------------------
前話で、このコンビニシーンを、「翌日」と書いてしまいましたが、
これは、エレベーター事件(笑)のあった日の夜です。
校正ミスです(>_<) ごめんなさい。

シーンは、じわじわと進展・・・しています。
じわじわと・・・ミリ単位で


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)4周年と養分の足らない生命のスープ】へ
  • 【(雑記)よんちゃんがヒーローに見えた日】へ

~ Comment ~

おほほほ(気持ち悪^^;) 

「塚本イコール変質者の図式が揺るぎないものに……」
朝から、しばし笑わせていただきました。
そうそう、小説って、こういう天然系の人が一言言ってくれると、なんて和むのでしょう。
背後ではゼロツーとか、少年を連れ去った男とか、変な奴が。
でも、ゼロツーは底が浅そうなので、私の中では鬱陶しいけれどどうでもいい存在、それよりこの男ですよね。塚本は置いといて、よっぽど変質者に違いない。
それから、塚本が本当に携帯を盗ったのだとしたら、何だか、恋人の携帯の履歴とかメールを盗み見るバカ女みたいだなぁ(男もあり)。
でも、実は塚本じゃなかったりして?
それに大体、春樹の携帯って、愛想なさそう。「?」「!」程度の……
あ、そうか! 携帯落ちてたよ、とか言って、近づく口実に……
う~ん。石川ひとみ?(「まちぶせ」……違うか)

って、ふと思ったんですけれど、1話ずつ拝読してコメント書くのと、読み終えて書くのとではずいぶん中身が違うなぁ。というのか、1話ごとのコメンとって、自分でも言うのもなんだけれど、底が浅い^^;
なのに、いつもlimeさんはちゃんとコメントを下さるなぁと、感心してしまいました。
したがって、この私の底の浅いコメントは読み流してくださいませ^^;

こんにちは(^0^*)ノ 

前記事に乗り遅れたので
次の列車に乗りました~~(^0^;)\
ブログ4周年おめでとうございます~~~!!!!!
すごいなあ~~・・・・・・
やっぱり小説書くのってこんなに大変なのね・・・・・
本当に産みの苦しみって感じですね(;m;)
大変だなあ~~・・・
でも、産んだ後は、すごいやり遂げ感があるでしょうね!!!
それにしてもすごい!!!!!
本当にすごい!!!!!
4周年本当におめでとうございます\(≧Д≦)/

本編・・・・・・
うわあ・・・もう、ほんっとうに嫌だわ~~~!!!
ちょっとした悪夢みたいな展開・・・・・・・
薄黒い不安が全編に満ち溢れてる・・・・・・・
いや~~~ん(TДT)
早く、この薄黒いやつどっかに、ぶん投げてええええ!!!
は・・・早く解決編をおおおおおお!!!!!

でも、しばらく続くんでしょうね・・・・・・
まあ、ミステリーの秋とも言いますし
この薄黒い不安とも、しばらく仲良くしたいと思います(^0^;;)
ああ、こわい・・・・・・・・ドキドキ・・・

NoTitle 

 こんにちは。
今更ながら 不可視光線って どのような意味なのだろうかと考えていました。
見る事の出来ない 光の線… ひょっとした 此れが 塚本を表している言葉なのだろうかと 暫し 悶々と… 解らないよ!!!!

うーーーん 携帯誰からなのだろうーー 夜中だからね…
電車の拾得物保管書辺りからかな… 塚本が 取ったのであれば 
必要な情報だけを抜き取り 人目に付く辺りに放置しそうだし… うーーん 次回が楽しみ!!!!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大海彩洋さんへ 

こんばんは~^^ さっそくありがとうございます!

いやあ、笑ってもらえて良かった。隆也の役割は、そこに尽きますから。(玉ちゃんと同じポジション)
やはり、おおぼけさんが一人いると、やりやすいです。(ごめん、隆也)

そうなんです、ゼロツーは、ただのどうしようもない、せこいオッサンです。
大海さんのところのチンピラよりも小物。多分出番は終わりでしょう^^

問題はあの男(と少年、そして一応塚本?
あの「松岡」、お分かりとは思うんですが、ヤモリ男です。(私、ヤモリ好きなので、ネーミング失敗しました)
表現や描写を押さえれば抑えるほど、変質オーラが出てしまうって・・・どうなんでしょうね^^;
この男、書きやすいようで、書きにくいです。

携帯を取ったのは誰か!
ここは、ひっかけでも、なんでもなくて、本当にご想像通りの彼です。

そして!
>何だか、恋人の携帯の履歴とかメールを盗み見るバカ女みたいだなぁ(男もあり)。
も、
>あ、そうか! 携帯落ちてたよ、とか言って、近づく口実に……
も、ほぼ正解かも。
ここは、まったく脱帽です。
なぜそうやってちょっかいかけるのか・・・が、重要になってくるんですが、
もう大海さんは、塚本をほぼ把握してらっしゃるかも。
次回あたりから、少しずつ、輪郭が見えてくるかもです。
ヤバさも全開です。

いやあ~、毎回、一話一話にコメくださるの、楽しいなあ~。
絶対、まとめ読みでは触れてくださらないような細かいところに反応がもらえますしね。
それがブログの醍醐味なのです。

底が浅いなんてとんでもない。
それは私の方ですよ。必死に考えても、ピントがずれてて、書いたあと、後悔したりして。
こっそりコメントを修正しに戻ってるの、気づかれてます??(小心者なんです)

私の方は、どんな軽いノリのコメだって大歓迎ですよ。
私の話は、そんな深刻にはなりませんしね^^

そして、何度でも再訪してくださいな。お待ちしています。

(おお~、コメが10000に近づいてきた。10000踏むのは誰だろう。わたしだったりして)

かじぺたさんへ 

> ブログ4周年おめでとうございます~~~!!!!!

ありがとうございます~~^^
家事ペタさんや、みなさんの応援がなかったら、きっとへこたれて、続いてなかったです!
本当にありがとうございます。
かじぺたさんが、苦手そうな痛い話とかも、読んでくださって、本当に申し訳なかったなあと思うのですが、また来てください(笑)

> でも、産んだ後は、すごいやり遂げ感があるでしょうね!!!

そうなんです。めちゃくちゃ生むのは苦労するんですが、生んだあと、子供がみんなに愛でられるのは至福の喜びです!

さてさて、本編ですよね。
いやいやいや、なんだか不気味な、怪しそうなのがうじゃうじゃ出てきて、ごめんなさい><
どよ~~んとなりますよね。

春樹がなんとか、元気に振舞ってくれればいいんですが、あの人も不安がってるし。
ラストもね、今までみたいに一件落着とはいかない問題をいっぱい含んでるのですが。
と・・・とりあえず、斜め読みしてやってください^^。

漫画の方も、また描きますし、かじぺたさん、これからもぜひぜひ、遊びに来てくださいね^^

ウゾさんへ 

ウゾさん、こんばんは~。

このタイトル、みなさん、気にしてくださいますよね。
普通に考えれば、紫外線。・・・もう、普通に考えてもらって、かまいません(笑)
でも、タイトルには、いろんな意味を重ね合わせたいので、読者さんにも、いろんなふうに取ってもらいたいなと思っています。
うんうん、塚本のことでも、あるかもしれません。
彼の中にも「光」があるなら。
(この不可視光線の「光」って、いい意味の光じゃないんですけどね)
答え合わせは本編の中でちょこっと(一部)しか、されないと思いますが、作者の中では、ウゾさんの答えも正解の一つです。
いろんなふうにとっていただけると、うれしいです^^

塚本は、案外わかりやすい意味で、変態です(言っちゃったか)
このあと、春樹はひどい目にあいます(笑)いや、読者が想像できない部分で・・・。
気を許さずに、この塚本を、見ていってやってください。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメMさんへ 

こんばんは~~。

いやいやいや、泣かないでください(笑) 全然構わないんですよ。

雑記とか、漫画だけ読みに来てくださいね!
小説が苦手な方とも遊びたいので、雑記や漫画を書いているんですから!

私も、全記事にコメできないかもしれませんが、毎回楽しみに伺わせてもらいますね^^

 

もう誰が変態で誰がノーマルなのかもわからなくなってきた(^_^;)

変に先読みなんかしないで普通に読もう……(^_^;)

鍵コメHさんへ 

うわ~~、Hさん。
小説の方も読んでくださるとは。
本当にありがとうございます。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
面白いですって・・・何よりも嬉しい(涙)

中だるみしないように、なんとか頑張っていきます!

あ、でも本当に、気が向いた時だけで、いいですからね!

ポール・ブリッツさんへ 

ポールさん。
変態さん祭りへ、ようこそ(笑) 
実は、みんな変態なんです。うそです。

しかし、あれですね。変態って、どこからをいうんでしょうね。
私、結構な変態さんなんですが・・・。まだ、近隣にはバレていません。ないしょですよ。

NoTitle 

親呼べだって。limeさん、出て行かなきゃ。
・・・limeと濃厚な付き合いのけいです。
怪しすぎてすみません。FC2ではねられたら書き直します(-_-;)

って、ガキと表情も造りもないヤモリのほうが、怪しくないですかぁ
いえいえ、エレベーター男の塚本の方が、携帯男にトランスフォーマーして最も怪しい。
この先、どんな男になっていくのか。期待。ちがーう(><)

けいさんへ 

けいさん、こんばんは!

あ、そうか! 親は私か(笑)いやあああ~~。子沢山だなあ。何人生んだんだろう私は!
そう考えると、楽しいですね。計算も、子沢山だ^^イケメン君も多いし!
更に濃厚になりましょうね、けいさん。
(怪しいワードも、OKの設定にしてありますのよ。ふふふ)

>って、ガキと表情も造りもないヤモリのほうが、怪しくないですかぁ
いえいえ、エレベーター男の塚本の方が、携帯男にトランスフォーマーして最も怪しい。

そうなんです。今回は変態さん祭りなのです。
なにしろ、親が変態さんなもので。(あ、うそですよ~、けいさん、カムバック。ぷち変態さんです)

さて、誰が一番怪しいんでしょうね^^
まあ、塚本は、このあともそうとう、やなことしてきますから。
携帯トランスフォーマー妄想男!塚本くんですから。(実は、テーマソングがあります)
春樹はもう、災難です><
応援よろしく! 隆也は、結局あてになりそうにないです^^;

次から次へと 変態ばかりで…|電柱|ヽ(_ _|||)))) 気持ち悪い、オェェェ!! 

少年を追って コンビニの窓に張り付いてたヤモリ男=松岡!
あの時の雰囲気と ガラッと変わっていて limeさまのコメ返事を読んで 吃驚!
でも 隆也犬が 何かを感じたのだから 納得でもあり。
σ( ̄、 ̄*)ん~~ 
しかし あれだけ 春樹関係に嗅覚が鋭いのに それが 少年祐一には発揮されなかった事に 後で 深く後悔しなければいいけど…

春樹の携帯が無くなったの!?
次から次へと 起こる出来事に スコブルご機嫌斜めな隆也にすれば 塚本に 全ての怒りの矛先が向いても仕方がない
何しろ 塚本は 変態男には間違いないですからねー 

さて 誰が 春樹の携帯から 隆也に掛けて来たのか?
春樹に固執し チャンスを 今か今かと 舌なめずりしている蛇男・塚本では 無いような気がするな
もし 盗んでたとしても 奴は 尻尾を そう易々と捕まえさせないでしょう?
それとも 堂々と 正面から 隆也に 宣戦布告かーーー!?

ゲッ! ~>°)~~~ヾ(..)シッポ 捕まえた♪...byebye☆

けいったんさんへ 

そうなんです! あれが噂のヤモリ男ですw
コメント欄で、いろいろバラしてしまう、いい加減な作者です(笑)
登場人物が少ないので、どうせすぐにわかりますもんね^^(言い訳がくるしい・・・)

雰囲気、違うでしょう? どっちかが芝居なんでしょうね。それとも、もう神経がちょっと、やばくなってるか。
松岡には、注意してください^^;(書いてる私が、もうキモイ)

>しかし あれだけ 春樹関係に嗅覚が鋭いのに それが 少年祐一には発揮されなかった事に 後で 深く後悔しなければいいけど…

やっぱり、愛情の差ですかね。祐一は隆也にとって、ひたすら迷惑なだけのガキですからね(笑)
でもね、すっごく、すっごく後悔することになります。ええもう、一生後悔するでしょうね。
ああ、なんで気づかなかったんだーーー!って。 ふふ。

携帯はね、まったくの軽いジョブです。
え? なーんだ。って感じの、お遊びです。でも、大事なきっかけには違いありません~。
次週を待ってください^^

怪しくて、変態チックで、不気味なやつの不気味な言動は、まだまだ続きますよ~。
しばらく電柱のお世話になりながら、見ててやってください^^

変態さん書くの、病みつきになりそう♪

NoTitle 

基本的にクレーム関係はクレーム関係で対応する人がいるので、
その辺はそっちに任せるのがマニュアルですけどね。
名前と住所を聞いておくのが大吉です。

・・・ま、夜に子どもがいるのも真っ当じゃないんですけどね。
22時以降は基本的に条例で未成年に販売すること自体禁止しているので。
健全な店であれば、22時以降に未成年の人を見かけたら警察に連絡するようにしていますし。深夜に高校生がたむろしてたら、お客に電話しているように警察に電話するのが良い大人の嗜みです。・・・実際にはそうならないのが、この世界ってものですが。

LandMさんへ 

そうなんですよね。
一応マニュアルは、細かいところまで設定されているようなんですが。
営業するうえで、なかなか杓子定規に行かないようで。
最近は、23時30分まで生徒を受け入れている塾も近所にありまして、そんな子がジュースを買いに来るのを、拒むわけにもいきませんしね^^

私は、これを書くにあたって、コンビニでバイトしている大学生の男の子に、いろんなエピソードを聞きました。
深夜のコンビニが、あんなに珍客の宝庫だとはしりませんでした。
酔客や、クレーマー男のエピソードも、こっから来ています。
暴れた客を、警察に突き出した時のエピソードは、ツイッターでやったのですが、ものすごくエキサイティングでした。

実際、深夜のコンビニは、危険を感じた子女が駆け込む場所としても推奨されています。
今回の祐一少年、実はどちらも、追われて飛び込んでいます。
そこが、話のポイントにもなってきます。

実は、ここで一番非難されるべき違反は、店員が一人になってしまうところなのです。
大手のコンビニチェーンなら、店員の安全の意味も含めて、絶対に二人以上で組まなければならないのですが。
わりと田舎の小規模コンビニの甘いところですね。^^;

拍手鍵コメさんへ 

わあ~。まさか!読んでくださっているとは。
わくわくしてくださって、うれしいです。
痛快な話には、ならないかもしれませんが、どうぞのんびり、お付き合い下さればうれしいです。
恐ろしく亀更新ですみません><
また、おじゃましますね^^
(えーと・・・名前はなんて、お読みすれば・・・)

NoTitle 

わぁ!
私も遅くなってしまった。
v-308ブログ四周年!本当におめでとうございますv-314
努力以外の何物でもありませんよね。
続けていくことって本当に難しいものです。
これからも益々の弥栄をお祈りいたします。
そして、limeさんが健康で楽しく続けていけますように
一ファンとして

酸素が足りなくて、知らずに頭がどよ〜〜んとするような
危ないのに気が付かない
小さなピースが少しづつ零れていくような
嫌な悪意が在ることだけは感じる。
う・・・・・
どうなるんだ
心配だよーーーー

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、お祝いまでありがとうございます。
いやいやいや、こうやって続けられるのは、読者様のおかげです!
ぴゆうさんのように、全作品読んでくださる、神様級の読者様もいらしゃって、ほんとうに幸せものです。
ああ、ぴゆうさんも、戻ってきてくださって、本当に良かった。
うれしい4周年です^^

物語の方は、本当にすっきりしなくて申し訳ない。
まだまだ、あちこちで怪しい奴らがモゾモゾしています。
いったい、誰が狙われているのか。
ぴゆうさんに早く酸素を~!
でも・・・最終話まで呼吸は苦しいかもです><
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)4周年と養分の足らない生命のスープ】へ
  • 【(雑記)よんちゃんがヒーローに見えた日】へ