『凍える星』パロディ漫画:『NAGI』

(おまけ漫画)『NAGI』 その4・魚釣り編

 ←不可視光線 第5話 要注意人物   →不可視光線 第6話 不快
こんにちは。
小説『凍える星』の、おまけパロディ漫画、『NAGI』。 その4です。

月に一回くらいは更新したいなと思っていたんですが、やはり漫画は1話書くのに1週間くらいかかってしまい・・・。
小説の更新が、やや遅れているのは、『NAGI』のせいです(爆) でも、描くの楽しい。

これは小説のおまけ漫画ですが、本編に依存しませんので、この漫画だけ読まれても大丈夫ですよ^^

※本編を読んでいらっしゃらない方へ
登場人物は、似てない双子、ミツル(兄)とナギ(弟)、中学1年生です。
突然、念動力を身につけてしまったナギに翻弄される、兄ミツル。
二人の何気ない日々を描いてみました。


ブログ仲間の大海彩洋さんや、ウゾさんの短編に便乗して、今回は、さかなつり編です。
さあ・・・・・なんだか展開が想像できますが、何も言わずに見てやってください^^
念動力少年、『NAGI』です。


ナギ表紙4

なぎ1P




なぎ2P




なぎ3P




なぎ4P


なぎ5P
  〈END〉


ナギが念動力を使う瞬間を描いたのは、初めてかもしれませんね。
思ったより、力を使わない子です^^

それにしても、漫画の方は、とっても穏やかで、仲の良い兄弟です。
これを読んだあとに、本編の『凍える星』を読まれた方は、あまりの雰囲気の差に驚かれるかも。
小説本編『凍える星』は、とんでもなくシリアスで殺伐とした展開になりますから(>_<)

漫画の方は、せめて楽しく思春期を過ごしてほしいなあ~~と、そんな願いを込めて描いています。
またいつか、おまけ漫画『NAGI』でお会いしましょう^^

(追記)大海さん、ウゾさん、お礼のコマも忍ばせてみました^^


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【不可視光線 第5話 要注意人物  】へ
  • 【不可視光線 第6話 不快】へ

~ Comment ~

でかい! 

なんとナギ、こんなでっかい獲物を捕らえていたんですね!
う~む、おばあちゃん、何よりさばくのが大変そう……^^;
その時は、ナギの念動力じゃなくてミツルが自力で頑張ってくれるでしょうね。
キラキラした海を見て、何だか自然に力が働いちゃった感じが伝わってきました。
それにしもて羨ましい……マコトが目を丸くしていたことでしょう。
釣れるのを待っているマコトは、どう見てもSなタケルの「大人しくしときなさい」視線を受けている感じ(距離感が微妙でいいかも^^;)。ワトスンくんは、どう見てもギャング猫に取り囲まれている感じですね。
でも、みんな楽しい休日のようです(^^)
しかしミツルは、漫画では完全におもちゃですね(^^) 自分でもおもちゃ感を楽しんでいるように見える……

そう、途中まで拝読して、一気読みすることにしようと置いてあった『凍える星』だけが後に残されています。
またじっくり拝読いたします(*^_^*)

NoTitle 

 おはよう御座います。
此れは 見事なでかい魚!!!!!
うーーん カッターナイフを重たいと 嫌がっていたとは思えない オオモノを釣り上げている。
此れは 無理に動かしたのではなく こっちにこいって感じなのかなぁ。

あははっ ワトスン君 逃げばなし!!!! すっかり取り囲まれている。
マコト君は 可愛いなぁ 横で ちゃんと座っている。
やはり 絵の力はすごいですね 人と猫の釣り とても可愛いです。
次回作も 楽しみにしています。

大海彩洋さんへ 

えへへ。
でかかったですね!! 作者もびっくりです。おいおいナギ、いいのか、それ!!的な。
おばあちゃん、びっくりですよね。もう、普通のまな板じゃ、乗りませんし。
戸板とノコギリか?
そうなんです、キラキラの海に跳ねる魚に、魅了されたんですね。
取ってくれと言われたら、カッターナイフだって重いけど、自分が惚れたらなんだって持ち上げられるぞ!って・・・。意外とナギは、わがまま(笑)

小さいコメにマコトたちを押し込めてごめんなさい~。
もっとちゃんとかっこよく描いてあげればよかった><
でも、マコトの健気な様子は伝わりますよね。
あのあと、おこぼれをもらうんですよね^^タケルに。
ワトスン君は、もう逃げられません。

>しかしミツルは、漫画では完全におもちゃですね(^^) 自分でもおもちゃ感を楽しんでいるように見える……

あ、そうかも。ナギを怒鳴りながらも、そんな関係を楽しんでるような^^
いずれにしても、そんな面も、小説の二人とは全くかけ離れてしまったなあ・・・。

いや、でもこの漫画の二人で、ほっこりしてもらおうと始めたおまけだから、いいのです^^
大海さん、本当にお時間のある時でいいですからね。
また、本編のふたりに会ってやってください(漫画のふたりことは、忘れて・爆)

ウゾさんへ 

おはようございます!
ふふふ。・・・ちょっとでかすぎましたね!!
魚の見事なジャンプが、ナギに火をつけたみたいです。

そうなんです。カッターナイフには興味ないので重いんですが、魅了されたものには、パワーがみなぎるのです!(ザ・自分本位)

ワトスンくん、囲まれてます。5匹の猫です!
こりゃあ、大好きな釣りで魚を釣り上げても、ぜんぶ横取りされそうですね。
あの猫の手で、ちょいちょい・・・と(笑)

でも、割と浅瀬にもブリって来るみたいだから、このあとワトスンくんも、ブリを釣っちゃったら面白いですよね^^(え、無理?)

サイドストーリーだよ~ん♪о(ж>▽<)y ☆ギャハ♪  

今日は 晴天 波も穏やかで 気持ち良いなぁ~♪
一人で出かけないで 弟妹たちも連れて来れば良かったかな?
まっ、今日くらい 一人で ノンビリするのも悪くないでしょ!
機会は これから いくらでもあるしな♪

えっ!何だ!?体が 勝手に~~~!!
ネンリキー!(。-人-)~~~|_|←←←グイグイ >゜)3))><< ナンデェ~??

limeさま、もう お分かり頂けたでしょうか?
そうですd( ゚ェ゚ )ビシッ!
このサイドストーリーは、ブリ君視点の話しです。
因みに 弟と妹たちの名前は…ツバス、ワカナ、イナダ、ハマチです(*≧m≦*)ププッ

ブリ君、弟妹たちと お出掛けどころか もう二度と 会えないんだね。。。
グスン。+゚(pωq)゚+。エーン...byebye☆

NoTitle 

こんなでかいの、おばあちゃんにはさばくのは酷に思えるから近所の魚屋さんに持って行くべきだと思います(^^;)

さびれたうちの市では、近所から魚屋さんはどんどん絶滅していってほとんど残ってないなあ……(遠い目)

けいったんさんへ 

あああーーーーっと!
なんと、ブリ視点のサイドストーリー。
これはいきなり「ニモ」的な、涙無くしては見れない悲しい物語になってきましたよ。

ツバス、ワカナ、イナダ、ハマチ・・・許しておくれ~~。
今夜は君たちのお兄ちゃんは、食卓に上るのでしょう><

けいったんさんの発想に脱帽です^^
うん、楽しいコメでした!

ポール・ブリッツさんへ 

> こんなでかいの、おばあちゃんにはさばくのは酷に思えるから近所の魚屋さんに持って行くべきだと思います(^^;)

そうでした!
みなさんに指摘されるまで、それに気づきませんでした。
でかい魚=おばあちゃん、喜ぶ・・・的な、まるっきりナギのような考えで書いてました(笑)

ああ、おばあちゃん、ごめん。近所の魚屋さんに、持っていってね><
そういえば、うちの近所にも魚屋さんはありません。
スーパーでしか、魚を買ったことがないです。(夕方に、20%オフになったやつしか・・・)

NoTitle 

空飛ぶブリ。そして、ホールインワン!
ブリ影にはまった。(←そんなとこに・・・)

近くに外人と見つめ合う猫。そして、青年を取り囲む猫猫。
さすがlimeさん、粋な気遣いですね^^
うちも猫キャラ考えようかな。羊とうさぎとクマはいるのだけれど・・・(ちょい違う -_-;)
釣り人の疲れを癒す海辺のお宿は、是非うちのチェーンをご利用ください、ってことで^^

え~、月一ですかぁ~。
いえいえ、我がまま言わずに次回をお待ちしております、編集長!

NoTitle 

ははははは><
猫…海…さかな…キラキラキラ♪
ドカッ。
吹きました^^
いつもかわいそうなミツル…^^;♪
もっといじめてあげて下さい(笑)

NoTitle 

わ~い、空飛ぶブリだ!
ファンタジーだねえ。

ミツル君のギョギヨ顔が、やっぱおかしい。
さすがにバケツじゃ持ち帰れないかあ。
沢ガニもブリも ナギ君の釣果(?)だよね。
ミツル君はボウズかあ~。気の毒に(笑)

けいさんへ 

> 空飛ぶブリ。そして、ホールインワン!
> ブリ影にはまった。(←そんなとこに・・・)

わあい、ブリ影、気に入ってもらえてうれしい! けっこうこだわりのブリ影!(どんなん)
そういえば、ホールインワンだ! ナギ、けっこうやりますよね(手前味噌?)

前に、大海さんたちに同じ釣りシーンで双子を出してもらったので、お返しカット入れてみました^^
こういう遊びは初めてなので、緊張~。

おお、猫キャラはまだいませんか。
あの湊人くんは、違うのかな? 
うちも、猫キャラはいないなあ。猪とかは、いるけど^^(猪突猛進人間、好き)

わあ、高級旅館「憩」は、チェーン展開してるのですね!
いいなあ、海のお宿で、双子ちゃん、ちょっとほろ酔い・・・。あ、いけません。お酒は二十歳になってから!

月一、できれば書きたいなあ~。
最初は2ページ漫画だったのに、どんどん大掛かりになってきました^^;
また、応援してやってください!

ななおんさんへ・1 

わあい、ななおんさん、いらっしゃい^^
さかなにロックオンしたナギ。パワー全開でしょ。
笑っていただけて、うれしいです!!
ちょっと魚、大きすぎましたよね・汗

> いつもかわいそうなミツル…^^;♪
> もっといじめてあげて下さい(笑)

やった。許可がおりた!
はい、もっと困らせてやります。
ナギがいる限り、ミツルは逃れられません(笑)

しのぶもじずりさんへ 

そうなんです。初めてブリが空をとびました!
(そんなしょっちゅう飛ぶものでは、ないですよね)
ここでは思いっきり、ファンタジーしてます^^ たのしいなあ。

ミツルのギョギョ顔押してくださって、毎回描き甲斐があります!
また次回も、ナギはミツルを変顔にしてくれるかな・・・。
(次回は何ネタでいこう・・・)

そうなんですよ。バケツじゃあ無理なので、どこかから投網のボロをもらってきたみたいです。
でも、バス乗って電車乗って帰るんですよ、二人。
大丈夫かな・・・。

そうか、沢ガニもいた! 沢ガニって・・・今気づいなんですが、海にいる?
まあ、いることにしようw

ミツルはやっぱり、ボウズが似合いますね^^

真ん中あたりのコマ 

全体にモノトーンというよりも、青っぽい色なんですよね。
あ、これって私のパソコンだけがそう見えてるってわけではなく、ブルーっぽく描かれていると思っていいですか?

その中で、真ん中あたりの空飛ぶ魚。
ここだけブルーの色合いがちがう。綺麗。
そのあとの魚が飛んでくるシーンも、とてもとても素敵でした。

私はこのシリーズは漫画だけしか読ませてもらっていないので、コミカルな感じでとらえてますけど、本編はシリアスなんですよね。
本編にとりかかる前には心の準備をしたいと思っております。

しかし、こんな大きな魚を持って帰ったら、おばあちゃんはびっくりですね。
おばあちゃん、お料理得意ですか? お魚、さばけますか? 私にはできません(^^;

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あかねさんへ 

あかねさん、おはようございます。

>あ、これって私のパソコンだけがそう見えてるってわけではなく、ブルーっぽく描かれていると思っていいですか?

そうなんです。カラーで着彩してもいいんですが、見た目にうるさいので、基本の青を決めて、その階調で統一してあります。
おお! やっぱり気づかれましたか。あのちょっとコバルトの入ったブルー。
あれは単に、合わせるのを失敗したのです^^
モノクロ画像をダブルトーンで仕上げるという業なんですが、色目が合わせられなかったんです。
でも、ちょっと変化があっても、面白いかな?と思ってそのままにしました。(いえ決して面倒だったとかでは・・・w)

そうそう、おばあちゃん、びっくりですよね。
こんなでっかい魚、さばけませんよ。逆に迷惑だったかも・・・。
でも、ふたりの優しさですからね^^ まあ、いいか。

『凍える星』本編を読んでくださる時は、この漫画のことは一切忘れた方がいいです。
悲しくなるほど、この双子の溝は深いので。
(二人共、全く漫画と性格が違います。ナギ、天然要素ゼロですし、ミツルは冷徹です><)
そして、読んだあと・・・また、この漫画でほっこりしていただけると、いいなあ^^

あ、でも、漫画だけ楽しんでくださっても、大歓迎です!
いつもありがとうございます^^

鍵コメさんへ 

本当に。
ミツルにとっては、がっかりな結果なのですが^^;
でもナギは、釣りの醍醐味がわからないのでしょうね。
おばあちゃんが喜んでくれればいいのだ・・・と。
そこのへんをミツルもきっと分かってやったんだと思います。

漫画の方は、こんなふうに、優しいお兄ちゃんなんですよね・・・ミツル^^

す、すごいです!! 

すごく、内容はもちろんですが
絵が綺麗です。
なんでもないやり取りの、最初のシーンなんか
すごく難しいんじゃないですか??

limeさんの一生懸命描かれている
姿を想像しました・・・笑


漫画、イイですね♪ ホッ^^

むぎわらさんへ 

ありがとうございます♪
絵を褒めてもらえると、やっぱりうれしいですね^^
むかーーしの漫画よりも、絵柄は今の方が気に入っています。

おお、最初の何気ないシーン。そうなんです。本題に入るまでの、緩やかな助走が、難しくて。
どんなシーンも退屈させたくないですもんね。

一生懸命なのです(笑)
最近は、みんなペンタブを使って、レタッチソフトを駆使してデジタルイラストを書かれるんですが、私は未だに鉛筆で下書きして、Gペンで紙に描いています。
着彩はデジタルですが。

けっこうね・・・必死です!!
さらっと何事もスマートにしたいんですが、漫画も小説も、けっこう苦悩しながら描いています。
苦しいけど、出来上がった時の嬉しさは、やっぱり大きいですもんね。

まさか、今になって漫画を描くことになろうとは。
ブログと読者さんのおかげです^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメMさんへ 

はい~~(笑)
ありがとうございます!

ええもう、全然無理せずに、それでも必死でがんばりますよ~~。
できればもう一つ、体がほしいです!
温かいプレッシャー、ありがとうございます!

待っててくださいね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHさんへ 

Hさん、ありがとうございます!
海のキラキラ、感じていただけてうれしいです^^
あの光と潮風。簡単な線で書き出すのは難しいですね。

ブリも、上手くバケツにインしてくれて助かりました。(なんであのバケツは、倒れずにいられるんでしょうねw)

おお、Hさんも釣りに行かれたんですね。
私も小さな頃は、海の近い場所に住んでいたんですが、海釣りに行ったのは一回きりです。

そのときは、ブリではなく、ハマチを釣りました。
面白いほどに釣れたんですが、今にして思えば、あれは囲いがしてあって、釣り堀になっていたような・・・。
子供に簡単に釣れるほど、魚釣りって甘くないですもんね^^;

わおっ。 

ブリ。でかっ。
すごいですね。ちょうどバケツにぴったり! 「びち びち」のコマが好きです。あと、スローモーションで上を見上げて、影が落ちているコマ。いいなあ、すごいなあ。

ちゃんと竹流とマコトがいて、ワトスン君と猫たちもいる! こういうのも「ああ、あの小説のあのシーン!」とわかっているとすごく楽しいです。

本編読む前に、マンガの方で馴染んでしまいました。大丈夫かしら……。

八少女 夕さんへ 

八少女さんにも、楽しんでもらえて良かったです^^

あのブリ影に反応してもらえてうれしい。
ブリ視点ですね、あれ(笑)
びちびちも^^けっこうこだわりのコマです!

前にこちらの双子を出していただいたので、お礼にマコトたちやワトスンくんを出してあげたかったのですが、違和感なく溶け込めてたでしょうか。
たった一コマだけど、楽しんでいただけたらうれしいです^^
(初コラボか!?)

今の悩みは・・・この漫画のあとで、小説本編を読まれる方の反応です。
小説は、けっこうシリアスで、殺伐として重苦しいんですが、この漫画を思い出して「ぷぷ」って笑われてしまったらどうしよう~~><とか。
まあ、それはそれで、面白いかもしれませんね(いや、どうなんだ??)

ブリにびっくり!!! 

ブリ!!!
ブリが飛んできた!!!(爆)
便利だーーー!!!(笑)
良いよ!!釣らなくっても
だってブリだもん!!!(笑)

かじぺたさんへ 

いいですよね!
だって、ブリですもんね!!
おばあちゃん、きっとよろこびますよね~~><

よかった(笑)(いいのか?)

ブリ、跳ねなかったらナギにみつからなかったのにねえ。
運の悪いぶりだ><
(ブリってはねるの? なんて野暮なことは、きかない きかない^^)

ちなみに、ハマチは釣ったことがあるんです。
でも、自分がハマチの刺身が苦手だって、その時気づきました。
その場で刺身にしてもらったのに、食べられなかった・・・。
やっぱ、ブリまで出世してもらって、ブリ照りに なっていただかなければ。

ブリ食べすぎ警報 

ブリは刺身で食べると二切れ三切れがいいところ。脂が多すぎて飽きます。よってブリ大根、塩焼きなどがお勧め。実が柔らかいので大変美味しくいただけます。
那珂湊港へ行きますと、結構時知らずで手に入ったりします。80cmは有ろうかと言う大物(ブリとしては小物)が千円とか二千円とかで手に入るので嫌と言うほど食べたい人にお勧め。店の人が適当に捌いてくれますので捌き方知らない人でも安心。
それにしても、絵がとても上手いですね。柔らかくてやさしい絵で、好きです。コマ割や描き方もとても上手。絵心の崩壊している私としてはとても羨ましい。

miss.key さんへ 

わあ、こんばんは~。いらっしゃい!

そうなんですよね。ブリって脂がのりすぎて、刺身ではとてもとても・・・。
実はわたし、ハマチの刺身も、食べられなくて。
海の近くに住んでいるとき、ハマチを釣ったんですが、新鮮なのに、刺身が食べられなかった~~><ごめんよ、釣っておいて。

そう! ブリ大根、田舎の母がよく作ってくれて、大好きでした。
ブリの照り焼きも大好きです^^
刺身だけ、だめなんですよ。

那珂湊港、どのあたりなんだろう。80センチのブリが、1000円で??それはすごい!
捌いてもらえると、さらにうれしいですね。
ここは海も遠いので、スーパーの切り身しか、お目にかかれません。
(夕方、20%オフになったのとか、買います。)
新鮮なブリに会いたい・・・。

漫画の方、絵柄を気に入ってもらえて、すごく嬉しいです!
成人してから、ふっと漫画を書き始めたのですが、投稿した先で「絵柄が少女漫画っぽくないよ。地味だし」って言われて、2年で描くのをやめてしまいました。(あきらめも早い)

今、こうやって描いているのが、不思議な感じです。
やっぱり、読んでもらえるのって、うれしいものですね^^感謝です。

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、おはようございます~。
釣り場には、野良猫ちゃんがたくさん出没するそうです。
Nさんも、釣りの際には、横取りされぬように気をつけてください^^

ミツルのあのブサイク顔は、なぜか人気が高いです(笑)
もう、絶対一回は入れないと、落ち着かない感じです。
そのためには、ナギにもっと、派手にやらかしてもらわないと。。。、
またぜひ、遊びに来てください^^

キラキラ^^ 

コマひとつひとつに見惚れてしまいます。
>鉛筆で下書きして、Gペンで紙に描いています。 着彩はデジタルですが。
そうだったんですか。
私は億劫がって未だにスキャンしたことがなくて。
昔からイラストの着彩が嫌いだったので、線画でほったらかしのイラストなどが結構あり。
「スキャンできたら、PCで着色するの、ラクで楽しそう」なんて思いつつ、マウスで描いてます。^^;
細かいんだか、怠慢なんだか、自分でもよくわかりません。
ステキな絵に惚れ惚れしながら、やっぱり1日36時間くらい欲しいと思う、私です。

銀さんへ・2 

> コマひとつひとつに見惚れてしまいます。
ありがとうございます!
なかなか 漫画って、一つ一つのコマを見てもらえないので、そう言っていただけるとうれしいです。

私はペンタブを持っていないので、未だにアナログな描き方をしてしまうのですが。
いつかペンタブで、スイスイ書きたいなあ^^

スキャンするのって、面倒ですよね!
線を抽出するのも時間がかかりますし。
着彩は本当に、一日がかりです。銀さんのきもち、よくわかります。

そうですよね。何をするにも時間が足りない。
私は執筆に時間がかかるし、銀さんは曲を書くのに時間がかかって、なかなか絵に没頭できないですよね。
でも・・・書きたい><
時間、どこかに落っこちてないかな・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【不可視光線 第5話 要注意人物  】へ
  • 【不可視光線 第6話 不快】へ