不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第4話 興奮

 ←(雑記)見・つ・め・る →(雑記)コラボ絵本完成♪
「あれ? 塚本?」

ふいに視線を逸らした春樹が、ガラス張りの窓の向こうを見ながらぽつりと言った。

「え? 誰?」

「いや、ほらそこ。……もういなくなっちゃったけど。たぶん塚本だ。同じ学部の同期なんだ。この辺に住んでんのかな」

隆也も春樹の目線を辿ったが、そこには深夜0時の寂しげな暗がりがあるばかりだ。
駅から結構離れた住宅地にあるピコマート前の歩道は、この時間になると人通りも極端に少なくなる。

「まあ、この辺は春樹のK大と、うちの工業大の学生のアパート、多いからな。同期のやつがいたって不思議じゃないだろうけど。……で、そいつ、仲いいの?」

「話したことも無いよ。目が合ったりすれ違ったことはあるけど、向こうは僕のこと知らないと思う。でも、彼はけっこう目立つからな。身長も185以上あると思うし、最近よく映画に出てる俳優に似てるって、女の子が騒いでるみたい」

「でかいし、俳優に似てるって?」

隆也はハッとしてカウンターから身を乗り出すように、もう一度外を見た。けれどやはり誰もいない。

「もしかして、いっつも黒ずくめの服着てる、でかいやつか? なんか目つきが喧嘩売ってるようなヤバイ感じの! 俺、よく見かけるぞ。おとといの今くらいも、何か視線感じるなあと思ったら、外からそいつがこっち見てるんだ。ほら、春樹が来てた日」

「ふーん」

春樹は、もうとっくにその話に興味を無くしたようにレジ袋をゆらゆらさせていたが、隆也の方はそうは行かなかった。

「いや、偶然じゃない。いつだって春樹が居るときのような気がする。なぁ春樹、お前、付けられてないか?」

「は?」

琥珀の目が、きょとんと瞬いた。

「そんなわけないだろ。僕に用事があれば昼間、必修のクラスで声掛ければいいんだし。第一、接点なんか何にもないよ塚本とは」

「……そうか?」

幾分りきみ過ぎたかと隆也は勢いを引いた。

ガラス窓の向こうには、やはり少しシラけたような闇と、車の通りも少ない国道があるだけだ。

「相変わらず何でも大げさにしちゃうよな、隆也は」、と春樹が可笑しそうに笑ったので、隆也はムッとしてその生まれつきの栗色の頭をポスンと小突いた。

「じゃあ、大げさな事にならないようにさっさと帰れ。男の子ばっかり狙われる事件、続いてるだろ」

「もう、20歳なんですけど!」

ふざけて春樹がブンと振ったレジ袋の缶コーヒーが、もう一度外を見ようと首を伸ばした隆也の頭に見事にヒットし、カコンといい音を立てた。


         ***

「痛てぇ!」
「タカヤが顔出すから」

2人の青年の笑い混じりの楽しげな声が、深夜のコンビニのガラス越しに微かに聞こえてくる。

塚本は店内から見えないよう壁面にもたれながら、ひとつあくびをかみ殺した。

あのレジの青年は少々うざったいが、今日の情報収集には大いに貢献してくれた。褒めてやってもいい。

趣味で猟奇的な小説を書くのも楽しいが、実際この現実にだって好奇心を掻き立ててくれる怪奇なネタは数多く溢れている。

腹の底から湧いてくるような、興奮を伴う熱。心地よい疼き。それを求めてアンテナを張る。妄想する。それでも飽きたらず、捕らえて吟味する。手を下す。
今回見つけたこの予感はどこに辿り着くのだろうか。

興奮しているくせに、日々の不摂生から出てくる忌々しいあくびを、塚本はもう一つ噛み殺した。


そろそろ自宅アパートに帰ろうかと、塚本が壁面から体を離した時だ。

軽い足音をたてて、塚本の前を1人の少年が通りかかった。
まだ肌寒い5月の深夜だというのに、半袖の青白い腕を夜気に晒している。

ふと、塚本に気付いて顔を上げた少年の目が、驚いたように見開かれる。
怯えたような、怒りを含んだようなその表情に、塚本の血が再び騒いだ。

左の掌が記憶した、柔らかい肌と肉の感触が、にわかに蘇る。

「よう。また会ったな少年」

「!」

むき出しの細い腕に伸ばされた塚本の手を、必死の形相で少年は交わし、後ずさった。

こんな人目に付く場所だ。特に追いつめるつもりは無かったが、一歩だけ足を踏み出した塚本に怯えたのか、少年は脱兎の如く走り出し、煌々と光を放っているコンビニのドアめがけ、飛び込んで行った。

「なんだ、あのガキ。今夜はクソ可愛くもねぇ」

塚本はボソリと悪態を吐き、少年の柔肌にかすりもしなかった右手を、忌々しげにポケットに突っ込んだ。

それならそれで特に未練などは無いが、ただあの少年が何か余計なことを中の二人に喋らないだろうか、そのことだけが少しばかり気になった。

そっと首を伸ばして様子を伺ってみたが、少年の姿は見えない。

まあ喋ったら喋ったでなんとでもなると思い直し、視線を外した塚本だったが、コンビニに飛び込んだ少年を追う目が自分以外にもう一つあるのに気付いてハッとする。

塚本など目に入らぬ様子で、その人物は塚本の前を通り過ぎ、ガラス越しに少年の姿を探している。

その目つきは塚本から見ても異様だった。
少年の後を追って、その男の魂もいっしょに店内に飛び込んでしまったかのようだ。

目の前で、ヤモリのようにガラスに張り付いている、魂の抜け殻男。
塚本は何か妙な感覚を覚え、その男の顔をじっと観察した。

やはり、見覚えのある顔だ。数日前の記憶がにわかに沸き立ってきた。

まるでプロットが立ち上がる瞬間のように、いろんな些細な記憶の欠片が小気味良く結合していく。

この物語は、思いもよらぬ大作に仕上がるかも知れない。
下腹あたりが、まるで性的興奮に似た熱を持ち、疼いた。

「今夜はいろいろ、面白いね」

塚本は、あくびの代わりに今度は笑いを噛み殺し、その追跡者の男にじっと焦点を合わせた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)見・つ・め・る】へ
  • 【(雑記)コラボ絵本完成♪】へ

~ Comment ~

 

春樹くんに目をつけた男がふたりですか。

こりゃあ春樹くんはたまったもんじゃないですね。

天使のように清らかな心のいい女性を見つけたら、心のオアシスになって変態さんに触れたショックが和らぐのでは、と思いますが、そんな女性がほいほい現れてくれるわけもなく……(´・ω・`)

ポール・ブリッツさんへ 

また新たな少年と、男が出てきました^^

ここに揃った5人が、この物語の主要人物になります(追記に、書き添えました)

さて、この最後に出てきたおっさん。彼が誰を見つめているか・・・ですが。
そのあたりも、また注意して見てやってください^^

春樹・・・そうですよね。浄化してくれる清らかな天使のような女性が現れるといいんですが><
でも、なかなかいませんよ、そんな女性!!!
女性は、抱かれながらも、いろんなことを考えてしまう生きものなのです(爆)

NoTitle 

あららら。
後ろを振り返れば、悪そうな人が一人じゃない…^^
悪意の先頭に立っている穏やかな春樹が、早々に悪意を感じて後ろを振り向きますように。

魂の抜け殻男は塚本のねちっこさとタイプが違うので、これまた怖そうですね。
いい感じ!
先行きがとても楽しみですv-22

NoTitle 

 こんにちは。
役者が出そろったと言った処でしょうか。
日頃の不摂生… 手を下す… 塚本って学生なのですよね 何が目的なのだろう 見えてこないなぁ。
実は 男の子ばっかりを狙う事件を阻止したいが為に とか… あり得ないかな。
なんか 心地よい大どんでん返しがありそうで 楽しみです。

ごろちゃんさんへ 

ごろちゃんさん、こんにちは~。

魂の抜け殻男w。
そう、この人はまた、塚本と全く別の何かに、とりつかれてそうです。
でも、この中年男の視線の先にいるのは・・・。

なかなか、正体を表さない連中で、とってもじれったいのですが、どうぞよろしくお願いします。

春樹はね・・・このあと、いやでも悪意の気配に振り向くことになります><。
(塚本を書くのは、楽しいな^^)

ウゾさんへ 

ウゾさん、こんばんは~。

そうなんです。出揃いました。
意外とこの、最後に出てきた少年とおっさんが、重要人物かも・・。

塚本はいったい、どんな生活をしてるんでしょうね。
夜中、コツコツと執筆してる、私たちの同類だったりして^^;
趣味で小説書いてるみたいだし。(ぜったいグロイの書いてるな・・・)

>実は 男の子ばっかりを狙う事件を阻止したいが為に とか… あり得ないかな。

おおお。逆の発想ですね。ウゾさんの読みは凄すぎる・・・。
そうですよね。いかにも悪そうなやつが、本当に悪かったら面白くない。
さて、塚本はどっちなんでしょう・・・。
今回はね、どんでん返しはないかもしてないです。
今までの私の物語には、あまりなかった鬱々感が残るかもです><

(。`▼Д▼)y─┛~~ ヤサグレております(笑) 

1人め、 チロチロと割れた赤い舌先を見せ どう食べようかと獲物を ロックオンする蛇男の塚本
2人め、塚本を見て 怖がっているチワワな少年
3人め、その少年をを追って コンビニの窓ガラスに へばりつく ヤモリ男の抜け殻おっさん
4人め、 今回は 抜群の嗅覚を見せてる 大型犬の隆也
そして 5人めは、
淋しがり屋のくせに 自分のテリトリーに入られるのを 極端に嫌う 主役の うさぎちゃん春樹 

登場人物が 全員揃って 物語も どーんと進むのでしょうか?

今作品は、どんでん返しは無し!との事
では 胡散臭い奴が 実は…!!も無しで キモイ奴は 最後までキモイんだねd(´д`o)ネ♪
しかし 今回は 蛇とヤモリの2人も登場とは…
繊細な私の ガラスのハートが持つかしら~('0ノ'*)オーホホッ♪...byebye☆




けいったんさんへ 

ぎゃ~~~! けいったんさんが、静かにヤサグレてる!!o(*≧o≦)ノ
きっと前回、「へへへ、けいったんさんの推理、ハズレだもんね~」なんて言ったから??(はっ!そこまで言ってない!)
だってほら、一行目から春樹が正解言うでしょ?(笑)
でも、今回のけいったんさんの人物紹介は、秀逸です!
要点をびしっとまとめた簡潔な人物紹介だなあ~~。
ああ~、みんな、動物キャラだあ~♪

ふふふ。まったく塚本は蛇ですね。赤い舌をチロチロ。
真っ黒い大蛇だね。
でも、いろいろ脱皮するかもよ^^
キモい奴は、きっと最後の方までキモイ!うん。
期待は裏切りません。(でも作者はちょっと塚本を書くのが楽しい^^)

さあ、蛇やヤモリが這い回りますが、けいったんさん、心臓に毛を生やして付いてきてくださいね!
え、もう生えてる?

NoTitle 

20歳を超えていてもさあ・・・白くて薄かったらさあ・・・

もう、みなさん、夜の夜中になにしていらっしゃるんですか。
やってることみんなばらばらだし。
いや、同じ事していたら余計に怪しいし。

誰かが誰かを見ていて・・・
こちらからもあんた誰?と思いながら見ていて・・・
もう、ピコマートのシーンに釘付けでしょう。

けいさんへ 

うん。そうそう。
白くて薄かったら、なんとなく危ない(笑)

中学生の子まで、深夜になにコンビニなんか、行ってるんでしょうね。
まったく日本人は危機管理がなってないねえ。
でかい青年も、ヤモリ男も、ウロウロしてるしね。

ピコマート、これからも目を離さないでくださいね。
いろいろな発端になります。
クレーマー男も出没しそうですし。
今回、一番危ないのは、誰なんでしょう・・・。
(そんな話なの??)

拍手鍵コメNさんへ2 

塚本、気になるキャラになったら嬉しいですねえ~。
え? 塚本を描いて見たんですか??わ~い。
でも、難しいですよね!なゆさんチャレンジャーだ!
ここのキャラは、まだ春樹しか描いたことがないんです。
隆也も意外と、具現化が難しそうで。

でも、塚本は実際の俳優さんに、いそうな気がします。
背が185以上あって、シャープな筋肉質で、黒い服ばかり着てて、奥二重のワイルドな顔つきで・・・。
いそうですよね。

NoTitle 

男の子ばっかりかあ。。。
そういえば、そういうのはあまりないですよね。
う~~む、男性でも女性でも犯人としてありえそうな。


帰りました。
またよろしくお願いします。

LandMさんへ 

そうでした!
この話、男しか出てこなかったんです(爆)
こんなに男だらけなのも、珍しい・・・。
むさくるしい話になりそうですww

お帰りなさい^^

NoTitle 

なんかいろいろとややこしそうな人たちですねえ。
どうなっていくのか、今のところ、想像だけしか・・・・・・。

久しぶりにこっそりと読んでいました。
やっぱりlimeさんの文章は安定しているので、安心して読めます。

私は、まだまだ自分で書いてっていうのは時間的に難しいので、しばらくは読み専になるかもです。
また遊びに来ます。

ヒロハルさんへ 

わあ、いらっしゃい、ヒロハルさん。
読んでくださったなんて。すごく嬉しいです。

相変わらずのメンバーが、またややこしいことに巻き込まれそうです^^;
気に入ったキャラって、やっぱりなかなか、手放せませんね><

ヒロハルさんは、今充電中なのでしょうね。
小説やドラマや映画。そんな作品をいっぱい見る時間が、私も欲しいです。
書くって、本当にほかのことができなくなってしまいますもんね。

またゆっくり充電して、ヒロハルさんらしい作品を、いつの日か書いてくださいね。
待ってますよ。

NoTitle 

今日は薄どんよりとした
寒いのか心地良いのかわからないような天気

そんな気持ちのようなシーン
主要人物が揃ったと言うけど、何だろうこの気持よくない雰囲気
砂糖に群がる黒い蟻のように
わらわらと春樹に近づいてきているよう
ええい!
私もお仲間に春樹飴を嘗めたいものじゃ
きゃーーーーお下品!

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、こんばんは。

はい・・・こんかいは、なんだか怪しげな人たちが新登場で。
なかなか正体を見せないままに、じわじわ進んでいきます。
春樹は、まだ今のところは、自分とは関係ないってかおしていますが・・・さて。
そうはいかないでしょうね(笑)

甘い飴に群がるアリさん。
でもね、この少年と、ヤモリ男は、直接的に春樹とは関係ないところで生きているんです。
それを絡めてしまうのが、この塚本・・・という感じでしょうか。

確実に今回、塚本は春樹の甘~~い密に、吸い寄せられています!
ううん。春樹、もっとビターになれ!
このままじゃあ・・・・・ああ、ぴゆうさんまで舐めに来ちゃってる??(笑)
作者がお下品ですからね。
もう、ハメを外して読んでください(どんな物語だw)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)見・つ・め・る】へ
  • 【(雑記)コラボ絵本完成♪】へ