☆イラスト・マンガ・水彩画

(マンガ)むかーし描いた少女漫画

 ←不可視光線 第2話 深夜の客   →(雑記)牛乳の、謎が解けた

むかし、ちょこっとだけ魔が差して描いた少女漫画。
そのコピーが数冊、手元に残っています。

それまで漫画なんか描いたことなかったのに、ある日突然火がついて、2年間だけ描いた少女漫画

生原稿は、全部ゴミに出してしまいました。
B4サイズくらいのケント紙で、ものすごくかさ張るし、なにより、私が不慮の事故で逝ってしまったとき、遺品整理でこんなものが出てきたら、ぜったい恥ずかしいですもん(≧Д≦)
なんたって、絵が下手くそですし!!(そこ?)(うん、そこ!)

このコピーも、いつか捨てようと思ってるんですが、思えばこの漫画たち、読んだ人は、投稿先の白泉社の編集者さんだけ。他には誰にも見せていません。
捨てる前に、ちょこっとここに載せてみようかって、思った次第です。

一応これは、2年の投稿生活の、最後に描いた作品です。
(仕事の一環で、少し漫画もどきを描く事はありましたが、少女漫画は、これで終わりでした)

今読み返しても、下手くそで稚拙な絵ですが、思い出として、ちょっと4ページだけ載せてみます。
(縮小コピーなので、モアレが出てしまってますが、ごめんなさい><)



表紙





1p





2





3




・・・と、こんな感じで16ページ続いていきます。
投稿漫画は、16ページと決まっているので、それに合わせてコマ割りをするのが大変でした。
いや~~・・・いかにも、少女漫画ですね^^; 汗が出てきます。
この続き、もしも読んでみたいという奇特な方がいらっしゃったら、雑記替わりに次回、UPしようかと思っています。
(でも、面白くないですよ? サスペンスじゃないですし)

この「CAT'S HEART」は、たしか「LaLa」で、ベスト30賞という、小さな賞をいただきました。
でもやっぱり、いつもと同じように、「絵の改善と、華やかさの練習を」と、評の最後に書かれていましたね(笑)
ふふふ。未だに、絵に華はないですよーーーー(涙)

漫画は2年できっぱりやめましたが、小説は書き始めて5年。熱しやすく冷めやすい私が、なんとかまだ続いています。
それもこれも、優しいブログの読者様の応援のおかげです!! 本当にありがたいことです。

遅筆なため、ブログはいつまでコンスタントに続けられるかわからないのですが、それでも小説は細々と、趣味でずっと書いていけたらいいな、なんて思います。

小説なら、遺品整理で下書きの山が出てきても・・・まあ、字が汚すぎて、誰も読めないでしょうしね(^^ゞ


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【不可視光線 第2話 深夜の客  】へ
  • 【(雑記)牛乳の、謎が解けた】へ

~ Comment ~

NoTitle 

お久しぶりです!まだ覚えていますか(苦笑)?
これで下手くそだなんて……(絶句)況してや華やかさ云々……奥が深いですねえ。
僕としては是非とも続きが読みたいのですが。たぶん僕以外にもこの記事を読んだ人全員そう思うかと!!

あと実は新作を読むために『KEEP OUT』を今読んでいます。読み応えありますなー
なかなか最近コメントを書けていませんが、ブログ、小説辞めないで下さいね。僕が言うのもなんですがww

晩冬さんへ 

わ~~~い、晩冬さん、お久しぶりです!
ウゾさんのところでお見かけして、喜んでいました^^
お元気ですか? じわじわと、夢に向かわれているのが嬉しい限りです。

拙い漫画を出してきてしまって、お恥ずかしい><
でも、そう言ってもらえて、救われます。ありがとうございます!

そしてそして、『KEEP OUT』を読んでくださってるとは!
すっごくうれしいです。
小説の方もまだまだひよっこですが、この先、自分らしいものが書けるように頑張りたいと思います。
この、遅筆なところさえ治れば・・・><
でも、牛歩のペースで、がんばっていきます!!
ご訪問ありがとうございました^^
晩冬さんが、ブログを再開して下さる日を、待っていますよ~。

NoTitle 

漫画、はじめの絵から女の子が超かわいいですね^^。
小説を書かれるに至ったlimeさんだからこその個性も
あるとおもいます。

読んでみたいので、続きをアップしてください。
小説をこつこつ書くということもすごく大変だと思いますが、
漫画も同じように大変ですね。
漫画って背景を一コマずつきっちり描いていくので、
時間のコストパフォーマンスが大変そうで......。

漫画のプロは体力面も酷使されるでしょうし、
目指してる人については
そのハンパない努力をおもいます。

小説に役立ったら報われましたね。
でも、少女漫画というスタイルから
社会漫画;?のようなもの、ミステリーもありつつ
作家さんだから描けるような。。。
もちろん少女漫画のエッセンスも含んでるから読みやすくて
そういう新ジャンルにも挑戦してくださったらうれしいかも。
少しずつの連載であっても。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おぉ 

漫画ですね(*^_^*)
しかもどうやら、主人公は女の子。あ、少女漫画なんだから、当たり前なのかしら? いや、そうでもないか。
でも、猫や犬がいっぱい……
昔からlimeさんは○○なのね、というのと、昔はlimeさんは○○だったのね、というのが混在したような作品なんですね(^^)(って、なんか変な表現だな??)
コマ割りが大変というのは聞いたことがあります。プロの漫画家さんが描かれたものでも、流れるように読めない時があるけれど、コマ割りの問題もあるのでしょうね。
2年間とは言え、そういうものを研究されていたlimeさんだから、あんなふうにプロットを組んだりするのがお得意なんですね!
漫画ってまずは視覚から入るので、インパクトは文字よりも大きいし、とっつきはいいのだけれど、描くための時間って膨大な気がして、なんだか想像の外側です。
でもこうして、それが残っていて、私たちが拝読できるのはなんだか嬉しいことですね。ぜひ、16P載せてください(*^_^*)
やっと、limeさん風少年が出てきてくれたところだし(^^)

yさんへ 

yさん、おはようございます^^
いやあ、昔は女の子描いていたんだなあと、改めて思い出しました^^;
目がおっきい~と、一人でダメだししながら・・・でも、UPしてみました。
yさんにも、そう言っていただけて、ほっとしました^^

漫画を描くって、そういえばいろんな思考や感覚をつかうので、時間も体力もいりますよね。
プロの漫画家さんが、何人もアシスタントさんを抱えてらっしゃる理由が、描いてみてはじめてわかりました。
あれを毎日一人でやってたら・・・倒れます(笑)

背景を描くだけで、一日かかってしまうこともありますから。
昔はPCがないから、図書館で写真を集めて・・・とか、大変でした^^;
でも、もしかしたらそんなことも、今の小説作りに役立ってくれてるのかもしれませんね。
だったらうれしいなあ~。

yさんには、いつも漫画の方も応援していただいて、とても嬉しく思っています。
今は、NAGIくらいしか漫画は描いていないのですが、またyさんに楽しんでいただけたら嬉しいな~と思います。
絵の方は・・・あまり上達はしていかないと思うんですが(^^ゞ

鍵コメHさんへ 

おおお、ありがとうございます。
続きが読みたいとおっしゃってくださって。
絵柄、やっぱりちょっと、今風の絵ではないのですが・・・でも、そう言っていただけて、めちゃくちゃうれしいです。
もう長いこと、漫画は描いてなかったのですが、最近このブログでおまけ漫画を描くようになって、少しづつ感覚を思い出しています。
少しは、大人っぽい絵が描けるようになったらいいんですが><

でも、・・・小説を載せるよりも、数倍恥ずかしいのは、なんででしょうね^^;
妙な感じです。

このあと、お言葉に甘えて続きを載せるかもしれませんが、どうぞ笑って読んでやってください(あ、コメディではないのですが)

大海彩洋さんへ 

大海さん、おはようございます。
ええ・・・しょ、少女漫画です。これはもう、誰にも見せることはないなと思ってた作品たちなんですが。
載せちゃいました^^;
もう、小説を載せるより数倍、気恥ずかしいですね。なんでしょうね。

そう! 私も改めてびっくりです。女の子が主人公。そういえば、女の子の主人公が、圧倒的に多かったです。
いまだったら信じられないような、かわいい恋の話とか、書いてたんですよ。
十数年で、人間って変わるもんですね><
でも、やっぱり私らしい「男の子」は、どこかに出てくるし、女の子はひねくれてる!!
大海さんの言わんとしてることは、わかります(爆

コマ割り、アングル、背景、服装、・・・漫画って本当に手間のかかる制作ですよね。
ストーリーも大事だけど、絵柄が気に入られなかったら、受け入れられない世界でもあるし、厳しいですよね。
2年でやめたのは、総合的に「むり!」って、思ってしまったからなんでしょうね。
(逃げたな・笑)

でも、小説を書くようになって、文字だけで読者の想像を広けていくこの世界の難しさや魅力を、改めて感じました。
まったく、漫画と小説って、別物なんですよね。

ラノベって、もしかしたら、漫画をそのまま小説にしようとしたものなんじゃないかって最近思うんです。
だから描写がわりと単純で、会話とテンポを重要視する。
若者には、とてもとっつきやすいけれど、本来小説と漫画は、全く別の世界のものなんですよね。
だから、小説好きの人には ラノベに物足りなさや違和感を感じてしまう。
両方書いてみて、そんなことを思いました。

みなさんのお言葉に甘えて、少しずつこの続きをUPしてみようと思います。
でもね・・・ものすごくこそばゆい感じの、少女漫画になってますから!!ご注意。
(今の私には、ありえない感じです・爆)

^^ 

こういうものを見ると。
自分の「漫画家志望時代」が思い出されます。
「ピーナッツシリーズ」に影響を受けた4コマ漫画を描いていました。
アイディアが2年ぐらいで枯れてしまって。
止めたんですけどね(早っ)w

limeさんと違って。
こちらは原作も捨ててしまった?ようです。
というのも捨てた記憶がないのですよw
当時からすでに健忘症があったみたいですw^^)/

waravinoさんへ 

waravinoさんも、漫画を描かれていたんですね。
そうか、ピーナッツ。
waravinoさんの原点なんですね。
やっぱり2年ですか^^。一緒ですね。
突き詰めればもっと進めたんでしょうが、私は2年で燃え尽きて、すーっと熱が冷めてしまいました。
でも、そうしないと、次の段階に進めなかったんでしょうね。
漫画を描くことをやめたおかげで、私はPCの方でイラストを描く仕事に向かえたのですから。
見切りをつけるって、ある意味大事なのかも。

小説は、このまま趣味として、書いていけたらいいなあ~くらいに思っています^^
ああ、waravinoさんの過去の漫画が残っていないのは、すごくもったいないです。
読みたかったなあ、4コマ漫画。

私も最近また、ちょこっと遊びで描き始めました。
waravinoさんも、4コマ、描きませんか??

NoTitle 

 こんにちは。
ああっ 此れで華やかさが足りないと…  少女マンガ 華やかさ絶頂期に投稿されていたのかなぁ…
そして 漫画なんだけれど… 凄く 今のlime の片鱗と言うかが 既に見えている。
今 偶に載せられている ニページ漫画とは 趣が違うのですが…  lime さんだぁ。

うーーん 続きみたい でも NAGIもみたいし… うーーん 両方とお願いしてみる!!!!! 

NoTitle 

すごくきれいだし構図もうまいですよ!!
キリっとしていて魅力的な女の子なのに
白泉社だと華が無いって言われちゃいますか^^;
白泉社の漫画って、やたら花が飛んでて
構図が見づらいイメージがあります。
(私はこれが苦手で…)
続き見たいです♪

漫画が描けると、小説を書く時にも
場面が絵で想像できてプラスでしょうね^^
だから、limeさんの番外編漫画って、
違和感が無いのだと思います。
(いつも楽しみにしてます♪)

私も昔、少女マンガを描いて投稿しましたが
やはり生原稿は捨てました。
理由はlimeさんと同じです(笑)
縮小コピーしたものがひとつあるかも?位です。
ほとんど捨ててしまいました。
今読んだら…ひ~~~~(><)

NoTitle 

こんにちは~!

すごいですね!漫画も描かれるのですか。

どう見ても、カット割りとかプロみたいです!

「小説を載せるよりも、数倍恥ずかしいのは、
なんででしょうね^^;」

もっと読みたいので、UPして恥ずかしがってください・・・笑

いつも、ありがとうございます!

最後に、CAT’S HEART!!

ちゃんと、UPして下さいね!


ウゾさんへ 

ウゾさん、こちらへもありがとうございます。
もう、あの頃の少女漫画は、キラキラ花ざかりでしたから。
華やかさがないと、指摘されましたね。
でも、私が好きな漫画家さんは、「LaLa」で とってもシャープでクールな絵を描かれる方だったので><
私もクールを目指したかったなあ~。

>凄く 今のlime の片鱗と言うかが 既に見えている。

ええ! そうなんですか? おお、やっぱり何月が経っても、基本的なモノづくりの構造は、そんなに変わらないのかもしれませんね。
ウゾさんの読みは、いつも鋭い!!

はい!NAGIも、月に一回くらいは更新したいと思います。
魚釣り、させなきゃね^^
(でも意外に、魚釣りの構図って、むずかしいです! こりゃあまた、4コマかな?)

ななおんさんへ・2 

うわーーー。恐縮です。
ついに、禁断の昔の漫画をUPしてしまいました。
昔書いた漫画って、どうしてこんなに気恥ずかしいんでしょうね。
サスペンスじゃないから??(いや、そうじゃないだろう)

絵を褒めてくださって、本当に恐縮です。
もう、毎回白泉社さんから、「もう少し華やかな絵柄を心がけてください」と言われますね^^;
でも、私の好きなのは、清水玲子先生だったので、クールなのが描きたかった~。
いや、ある意味清水先生は、桁外れにゴージャスな絵柄だったのか・・・。
いずれにしても、2年じゃあ、上達はむずかしいですよね。

漫画を描いたことが、今の小説作りに役立ってくれてればうれしいです。
あの、おまけ漫画、けっこう描くの楽しみなのです^^
漫画と小説は、別物だと思ってるんですが、・・・へへへ。やっぱりね。

おお!ななおんさんも書かれてたんですね。そりゃあそうでしょう。
だって、最初にななおんさんの絵を見たとき、絶対プロの漫画家さんだと思ったんですもん。
でも、今やほんとうに電子書籍デビューされて、嬉しい限りです。
毎月の楽しみが増えました!
もっとページを、増量してもらってください!!

ああそれにしても。やっぱり生原稿、捨てちゃったんですね。
気持ちはわかる。でも、きっとななおんさんの漫画はかわいかったろうな~。
女の子も男の子も、すっごく好みなんですよ^^
また、描いてくださいね!!

むぎわらさんへ 

わあ~、むぎわらさん。いらっしゃい。
いきなりこんな漫画お見せして、申し訳ないです><

>もっと読みたいので、UPして恥ずかしがってください・・・笑

うおおおお!! むぎわらさんって、意外にSなのですね(≧∇≦)
いやいや、なんかね、載せたくせに今、悶え苦しんでいますよ。
なんで少女漫画って、こんなに気恥ずかしいんでしょう。

はい、こうなったら恥ずかしついでに、あと2回ぐらいに分けて、UPします~~><

NoTitle 

お、ちょいサラサラ髪君の登場でつづく、だなんて。
捨てちゃうなんて、もったいない。なら、いただきたい。着払いで。
その前にこちらにアップで^^

limeさん、ご自身の小説を漫画化されたら・・・
と一瞬思って、いやそれはどうなんだろう、と。
マンガと小説は違う、とのことに共感します。
読者としては、マンガはマンガとして、小説は小説として楽しむという、エンタメを二通り持っていたいですしね。

突然火がついて何かを始めるのって、あります。あれやこれや・・・
始めるのは案外簡単かもで、続けるのは難しいですね。
私も今、はまってやっている物書きが続くと良いなあ。
はずかしさ満載ですけど(^^;)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぅぅ… 

さすがに携帯からだとつらい><
今度パソコン触れた時のお楽しみだな♪
私のお楽しみ、たくさんアップしといてくださいね(*^-^*)

けいさんへ 

けいさん、こんばんは^^
えへへ。3Pまでにしてみました。
実はこれ、文字は手書きなので、全部昨日打ち込んだのです。
きっと昔の漫画なんて、みなさん、さらっと眺めるだけだろうと思っていたのに、
なんともお優しいお言葉>< うれしいです。

でっかい生原稿は捨てちゃいましたが、この縮小コピーは、こっそり(評と一緒に)押し入れに隠してあったので、出してきました。え、けいさん、いりますか?
身悶えする感じの、少女漫画になっておりますよ!!w

そうなんですよね~。
自分の小説を、プロの漫画家さんが 漫画にしてくれるって、夢だなあとおもうのですが、
でもそれって、全く別の作品になってしまうようで^^;
とはいえ、最近、小説のコミック化って多いですよね。
あれ・・・やっぱり小説を読んでいると、ちょと抵抗があります。絵柄がイメージと違ったりすると、
やっぱり読むのをやめようって 思っちゃいます。
小説と漫画は、別々のものであってほしいですよね。
・・・とかいって、自分の小説の おまけ漫画は描く!(笑)

私も、いまは小説に一番ハマっている時期です^^
この熱が冷めないといいな~~。
でも、アイデアはもう、枯渇をはじめている・・・・。やばい!
とにかく、楽しみながらがんばりましょうね^^

私も掲載希望です! 

続き読みたいです。
廃棄なんてもったいない!
永久保存ものですよ。

鍵コメKさんへ 

こんばんは。
いえいえ、鍵コメで、まったく構いませんよ。鍵コメの方が、いろいろ気を使わずに書けると思いますし。
私もよく鍵コメを使わせてもらっていますし。

Kさんも昔、漫画を描かれていたのですね。
女の子って、中学生くらいの時には必ず、漫画を描いてみますよね。
こんなストーリー漫画ではなくて、イラスト的なもの。
私もそれくらいから描いていれば良かったのですが、描き始めたのは、20を過ぎてからでした^^;
青春が、終わってるっちゅうに。
それも2年間だけで、終わってしまいましたが。

Kさんが小説に移行したのは、わかる気がします。
小説の方が,発想に自由が効きますし、世界を広げやすい。
漫画ほど、とっつきやすくはないのが難点ですが。

Kさんは、小説の舞台を、とても重視されてるようですね。
それはとてもいいことだと思います。
世界観が、安定する気がします。
私はあまり、土地にこだわっていないような気がします。
小説では、方言を使わなくていいという、暗黙のルールを知ってからは、地方都市であっても登場人物に標準語を喋らせていますから、あえて土地を表記していません。
現在公開中の小説も、地方都市なのですが、本編にその土地の名前を入れていません。

本当は、土地密着の作品を書いてみたいのですが。
きっとそれは、もっともっと、先の話になりそうです。

たくさんコメントにかいてくださり、とてもうれしいです。
サッカーの話も、また聞かせてくださいね。
最近は仕事も忙しく、なかなか試合を見に行くこともなくなりましたが、情報だけは入れておきたいですもんね。
J1だと思っていたチームがいつのまにかJ2だった・・・っていうのは、ちょっとショックですもん^^;

akoさんへ 

おお、akoさん、こんばんは^^
携帯からでは、文字なんか全く見えませんよね!!(笑)
また、お時間のあるときにPCで、覗いてみてくださったらうれしいです(いえ、忘れてくださっても構いません!・笑)

はい! お言葉に甘えて、もうちょっとUPしてみます><
ありがとうございます!
akoさんの更新も、楽しみにまっていますよ^^

八少女 夕さんへ 

八少女さん、こんばんは~。

おお、ありがとうございます。
みなさん、優しいなあ~~><・涙

でも、不思議なことに、昔、漫画を描いていた人って、その原稿を捨ててしまっている人が、とっても多いみたいです。
絵は、文章よりも優劣がはっきり出てしまいますし、昔の絵の拙さに、みんな小っ恥ずかしくなっちゃうんですよね(^^ゞ

12作品くらい書いた中で、4作品だけ、コピーが残っていました。
今になって、ああ、これだけでも残しておいて良かったな・・・なんて、思います^^
ありがとうございました!

拍手鍵コメさんへ 

おお~、やっぱりですか!
昔は、女の子を主役にしたものが多かったんですね。
今思うと、不思議です。
恋愛モノなんか書いてたんですよ! この私が。いまは絶対むりです。

絵も・・・男の子を書くほうが・・・楽しいです。(内緒ですが)←(^^ゞ

NoTitle 

高校のときに所属していたサークルの会誌をまだ持っているぞー(笑)

ここではとても見せられないぞー(^^;)

ついでに高校のころ常連投稿者だった某専門誌もまだ取ってあるぞー(爆笑)

ここではとても見せられないぞー(^^;)

でも自分の大切で大事な一部分でもあったりするのであります。死ぬまで捨てるつもりはありません(^^)

ポール・ブリッツさんへ 

さすがポールさん。物持ちがいい(笑)
でも、非公開ものなんですね?

私も多分、小説だったら、捨ててなかったかなあと思います。
漫画って、なぜか昔のものは、見るのも恥ずかしい感じで。
なんで出ようね。

けっきょく、手元に残ったのは、12作品の中で、コピーしておいた4作品だけです^^;
でも、あんまり後悔がないのは、なんでだろう。
不思議です。

私にとっては小説の方が、やっぱり可愛いのかもしれませんね。
でも、その大事な小説も、完全版は ブログに上がってるものだけで、保存していないので、
もしもクラッシュしたら、全く何も残らないわけですよ。
うん・・・。夢の泡のような、儚い作品たち(笑)

バックアップって、どうやって取るんでしょう><

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメMさんへ 

再びご訪問、ありがとうございます^^

はい! 恥ずかしながら、また来週CAT'S HEART、更新しますね~。

うげーーって言いながら、読んでやってください(笑)

そんなぁ 

そんなそんなそんなぁ……
これで下手だってことは、絶対にないと思います。
私が言わなくても、みなさんも言って下さってますけどね。

私の手元にもちょこちょこと、昔、友達が描いた漫画やイラストがあります。使っていいと言ってもらったら、たまにブログにもアップさせてもらってます。
いやぁ、たぶん、彼女たちよりもlimeさんの絵のほうがずっと……。
limeさんの絵のほうが現代的な感じもしますね。

もちろん、ぜひぜひ続きを読みたいです。
どうなるのか気になります。

私が昔書いた小説は……二十年以上も前のものだともうないですけど、やっぱりそんなの、あったとしてもブログにはアップできませんから、古いのは恥ずかしいというお気持ちはわかりますよ。
いいふうに考えたら、進歩しているってことですよね。

あかねさんへ 

あかねさん、おはようございます。
うう、なんと温かいお言葉。漫画たちも喜びます。
私も、中高生から漫画、書いておけばよかったんですが。
成人してから描き始めるって、なかなかいませんよね(爆
清水玲子先生に惚れ込んで、熱病にかかったんです。

絵、古臭くないですか?よかった^^
このあとのシーンで、公衆電話がでてくるんですよ! 時代を感じます。

私も、小説だったら、手元に残しておいたと思うんですが、絵や漫画って、すぐに下手さ加減が分かるし、気恥ずかしいんですよね^^;
下手だと思うってことは、進歩した証拠! って思っていればいいんですよね。
ああ、でも、このあと全く漫画を描かずに15年以上・・・。
進歩、してるのかな? NAGIとか^^;

 

え?

うろ覚えですが、PCを開いて、ブログの管理画面にして、左端の一覧から「データのバックアップ」をクリックして、「全てダウンロード」してから「保存」を押せばよかったような気が……。それだけではテキストのみしか保存されないから、画像は別に保存する必要がありますけど。

テキストファイル化されて保存されますが、わたしの原稿量でも10Mとちょっとくらいですから、それほどハードディスクやフラッシュメモリは食いません。まだ取っていないなら、すぐに取ってください!

……って、わたしもこのところさぼりがちだな、バックアップ(^_^;) 今度実家に帰ったら取ろう(^_^;)

ポール・ブリッツさんへ 

おおお!
ありがとうございました。バックアップできました。
意外と全データって、軽いんですね。安心しました^^
これで、クラッシュしても安心です。(ぜったいして欲しくないけど・笑)

ポールさんも、バックアップしに、帰ってくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【不可視光線 第2話 深夜の客  】へ
  • 【(雑記)牛乳の、謎が解けた】へ