不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第2話 深夜の客

 ←(雑記)牛乳がどうした? →(マンガ)むかーし描いた少女漫画
―――5月15日深夜。コンビニエンスストア、ピコマートにて。

穂積隆也(ほづみ たかや)はタイムカードを押したあと、従業員控え室のテーブルに置いてあった新聞の記事に何気なく目をやった。
3日前のものだ。

《5月12日早朝。行方不明の少年(中1)、深川峠付近の山道の崖下で、遺体で発見される。車に衝突したあと、ガードレールを越えてそのまま転落、もしくは遺棄されたもよう。》

《頸部を絞められたような鬱血痕も見られ、更に詳しい死因を調査中。死亡推定時刻は行方不明になった5月10日の夕刻と見られている》

《なお県警では、この数ヶ月間の少年ばかりを狙った連続殺人事件との関連も、合わせて慎重に調査を進める方針》

わりと近くの国道でのひき逃げだ。
まったく嫌な事件だよな……と、隆也は控え室で1人、眉をひそめた。

大学生になって親元を離れ、ひとり暮らしするようになったからだろうか、親を悲しませるこういった事件には、特に腹立たしさが込み上げる。

この犯人捕まえられなかったら警察は能無しだ。こんな奴、さっさととっ捕まえて、再起不能なまでに処罰してやればいい!
隆也は心の中で発憤した。

犯罪のみならず、道理に外れたことが見逃せず、すぐにヒートアップする性格は相変わらずだった。

昔から友人には“熱血漢”とあだ名がつけられていたが、本人にはその自覚はあまりなく、大学の友人たちからも「すぐ熱くなるなよ」「うざい」と言われるのがやはり釈然としない。

けれど、こういうのは人間として普通の感情じゃないのかと言い返しそうになるのを少し堪えてみるほどには、大人になった自覚があった。

ユニフォームに着替え、しばしボンヤリしていると、店のセンサーベルが来客を知らせた。隆也は慌ててレジに滑り込んだ。

今夜は0時から2時まで、隆也1人で受け持ちだ。
この小さなコンビニでバイトを初めて半年になるが、雇われ店長が少々頼りなく、シフトがうまく回らない深夜は、短時間ではあるが今夜のように1人で任されてしまうことも、たまにあった。

深夜は客が少なくて楽なのだが、俗に言う「変な人」が、かなりの確率でご来店になる。
酔っぱらいならまだ可愛げがあるが、要注意の常連クレーマー男が出没するのも、深夜だ。

バイト仲間の間では、このクレーマー男はゼロツー(02)と呼ばれている。
深夜0時から2時に現れる確率が高いのだ。
隆也はゼロツーが来る度に、自分の短気を押さえ込むのに苦労する。

さて、今入って来たのは、そのゼロツーだろうかと店内を見渡した隆也は、ほっと安堵の息をついた。

商品を手に、こちらに歩いてくるのは酔っぱらいでもゼロツーでもない。
それどころか、隆也の荒い気性を中和してくれる貴重な清涼剤だった。

トンと、男にしては綺麗な指が、おにぎり2つと缶コーヒー1本をレジカウンターの上に置いた。

タラコと、おかか。コーヒーは、いつも無糖なのに、今夜は微糖だ。
疲れているのだろうか、などと思いながら、「おにぎり、温めますか?」と訊いてみる。
彼は無表情で首を横に振る。

「いえ、結構です」

少し楽しくなってきた。

「おにぎりはすぐに食べてくださいね。朝になると、タラコが孵化します」

「……」

失敗か。今度はレジを打ちながら本心を言ってみた。

「お客さん、ちゃんと肉も野菜も摂らなきゃダメですよ。また痩せたんじゃないですか?」

「お節介なコンビニ店員だな」

やっと彼はこらえきれないように笑い出した。
笑う度に柔らかな髪の毛が揺れる。

天野春樹。彼は高校一年の頃から、隆也にとって唯一無二の親友だ。

そして春樹にとっても、彼の一番苦しい時期を全て知っている自分は、とても大切な存在であるに違いないと自負していた。

「632円のお釣りです」

隆也は差し出された春樹の掌に、わざと触れるように釣り銭を押し込もうとした。

けれど絶妙なタイミングでその指は釣り銭とレシートだけを受け取り、隆也の肌に触れることなくスルリと引っ込められた。

「あ?」

「ね。うまいもんでしょ」

喜々として答えた春樹を、隆也はあっけにとられて、改めて見つめた。

緑がかった琥珀色の瞳が、《ねえ、褒めてよ》と言いたげに、わずかに細められた。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)牛乳がどうした?】へ
  • 【(マンガ)むかーし描いた少女漫画】へ

~ Comment ~

うふふ 

「おにぎり、温めますか?」に不用意に反応している私って、やっぱり……?
(って、そこじゃない!……ですね^^;)
それに、こんな深夜に炭水化物だけ食べていて太らない春樹ってやっぱり人間離れしているのかも……^^; 

シリーズで新しい話を書く時、確かに悩みますね。
どこまで人物を紹介するのか。
シリーズものを読む側になる時も、時々気になることがあります。
そのシリーズを1から読んでいたら、説明しすぎているのは、読んでいてちょっと面倒くさい気がしますし、かと言って、あまりにも説明がないと初めての人は分かりにくいし(どこからでも入ってきてほしい作者としては説明したいし)、これまで読んでいた人も記憶の確認?が必要なときもあるし。
でも、春樹と隆也ならもう十分分かってるから、どっちでもいいんだけど^^;
ただ、こうやって、新しいエピソードを上手く絡めてあると、とてもいい感じ。
読みやすいし、再び抵抗なく物語に入っていくこともできるし、相変わらずなところと、少し成長したところと、変化を確かめることもできるし。

まだまだ物語はゆっくり進む感じですね。
楽しみです(*^_^*)

NoTitle 

 おはよう御座います。
うっわぁーーー なんか 此の後現れそうな気がして ドキドキする。 
ゼロツーが… 何気なく…
ああっーー 何かね 凄くほのぼのとしているシーンなのに 既に崩壊の兆しが起こっているのだろうなと思うと…
此の静かな感じが 危うく脆く感じるよ。

大海彩洋さんへ 

> 「おにぎり、温めますか?」に不用意に反応している私って、やっぱり……?

ははは。やっぱり!!
これ、本土のコンビニで言われたことあります?
もしかしたら、北海道だけなのでしょうか。
暖かい地域で(この舞台、福岡なんですが、そこにはあまり触れていません)しかも5月に、おにぎり温めてもらう客はいないですよね(笑)

> それに、こんな深夜に炭水化物だけ食べていて太らない春樹ってやっぱり人間離れしているのかも……^^; 

これね、きっと朝ごはんなんですよ。春樹は深夜に食べる習慣がないと思うので。
実は、買い物は別に、してもしなくても良かったみたいです。隆也の顔を見に来たんですね、春樹。
けっこう、素っ気ないように見えて、寂しがり屋さんです。春樹。

そうなんです。シリーズ・・・それも、一旦完結したシリーズの番外的な物語って、どこまで説明すればいいのかと、悩みます。
ここに来て下さる皆様は、半分以上はこのシリーズを読んだことのない読者様たちですから、どちらにも対応したいなと、欲が出てしまいます^^
でも、このふたりに関しては、そんなに深い説明はいらないかな?
特殊能力という、シンプルな十字架がありますから。
ここでは、すっぱり過去の仕事や、美沙とのことは切り捨てています。
新たな物語を始動したくて^^

このふたり、少し成長したでしょうか。
でも・・・・・・春樹に関しては、この物語で、一気に後退してしまうかも。
難しい問題を孕ませてしまいました。
すっきりした答えの出ない物語になりますが、どうぞよろしくお願いします!

ウゾさんへ 

ウゾさん、おはようございます!
わあ~い、ドキドキ、ありがとうございます^^
こんな平穏なシーンだけど、このあとに不穏なものを予感してくださるウゾさんの柔軟な想像力が、ものすごくうれしいです。
でも、やっぱり何もなかった!!とかいう、肩透かしもあったりします(爆)w
ゼロツーは、いつか出てきそうですね。でも、きっとセコイ、ただのオッチャンです^^
本当に怖いのは・・・ふふ。

次第に怪し気になっていくと思いますので、じわじわとお付き合いいただければ、うれしいです^^

NoTitle 

「朝になると、タカヤが孵化します」に、えっ!?
疲れているのだろうか。コーヒーを多糖にしなくては。
読力なくてすみません(><)

うまい。と春樹を褒めてあげたいところだけど、普通の人はそんなことしなくても良いのに、となんとなくしんみりしてしまう。

けいさんへ 

隆也が孵化!
いったいどんな成魚になるんでしょう。ちょっと見てみたいかも。
猪突猛進。すぐに岩にぶち当たる魚・・・。それとも、虫?
けいさんには、砂糖たっぷりのスペシャルオーレを!

> うまい。と春樹を褒めてあげたいところだけど、普通の人はそんなことしなくても良いのに、となんとなくしんみりしてしまう。

うんうん。そうなんですよね。買い物一つで、春樹はものすごく神経をすり減らしてるんです。日々。
いい人であっても、盗撮してるようなそんな罪悪感があって。
最近注意して見てるんですが、レジでお釣りを貰うとき、9割くらい、手を触れちゃうんですよね。
(かっこいいお兄さんだと、ちょっとラッキーとか思う、いけない私)
でも、春樹にとっては買い物一つでも、大変なわけで。
しんみりしてくれて、ありがとうございます><

NoTitle 

やっぱり隆也くんが出ると安定感が違うなあ。コミックリリーフがんばってるなあ。

でも隆也くん、春樹くんの手にわざと触れるのはやめようよ。

相手がいやがっていることをやるのは人としてほめられたことじゃないよ(← お前がいうな(笑))

ポール・ブリッツさんへ 

ありがとうございます。
そう、隆也、これでも(w)がんばっています!
彼がいなかったら、どんだけ重苦しい物語になっていたことか・・・。

相変わらず、小学生のようなちょっかいを繰り出してきます、こいつは。
自分は、これくらいやっても親友だから許されるんだという、妙な自信があるんでしょうね(笑)
いつか こっぴどく春樹に叱られるところを見てみたい・・・。
(書きゃいいじゃん、って??)

でも、そのまえにポールさんの伝言を伝えておきます^^

NoTitle 

隆也と春樹の間に流れる 穏やかな時間が、これから起こるであろう出来事との対比となっているのでしょうか?
もしそうなら 辛い…(´;д;`)ウッ・・

隆也は コンビニでバイトしているのかぁー
それって この夜のように 春樹に会う確率が 非常に高いってことね!
良い事を聞いたわ♪
もちろん 行きますとも~ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

あぁ でも クレイマー男(0・2)と 同じ扱いされたら 如何しましょう
例えば ハイカイ(←徘徊)おばさん(24)と…
此処で 注釈しおこう...d( ゚ェ゚ )ビシッ!
ハイカイおばさん(24)とは…早朝・朝・昼・夕方・夜・深夜と限らず ニコニコ顔で ひょっこり現れ 店外周りは もとより 店内もウロウロと徘徊し 店のドアが開く度にガン見し 店員をビビらせるオバサンの事です!

でも それじゃぁ お客さん 来な~~い!春樹も 来な~~い!
((苦笑い…))○o。(;゚∇゚)ノ_彡☆ハハハッ…(T▽T)うぅ、それでも止められない この行動…
limeさま、私を 止めてぇーー!
それとも 一緒に 徘徊する?゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚...byebye☆





けいったんさんへ 

> 隆也と春樹の間に流れる 穏やかな時間が、これから起こるであろう出来事との対比となっているのでしょうか?

うう、心配してくださってありがとう~。
うん、ちょっとそんな感じもありーの・・・。
でも大丈夫。しばらくなそんな悲しいことは起こりませんよ。春樹に。しばらくは・・・・ね!

うう! けいったんさんに、もしかしたらヤバイ情報を渡してしまったのか!!
そう、隆也はコンビニの深夜バイトをしてて、アパートの近い春樹は、ちょくちょく顔を出してて・・・。
ぬおおお、私だって、こっそり見に行きたい! そんな深夜のコンビニ。

く~る~。きっと来る~。 って感じで、けいったんさんが夜な夜な来るのですね!
え? そんな 24時間ずーーーっとですか! トウェンティ・フォー現る!ですね。
そりゃあ、店員も客も、ビビりますよ。(*。・ω・)

じゃあ、作者も行きましょう。深夜のピコマート。^^
でもね、でもね、もっと怪しい人たちがこれからこのコンビニに、ちょくちょく現れることになりそうです。
気をつけてくださいね、24! 巻き込まれないように!

NoTitle 

こんにちわ^^
わーーもう少したまるまで我慢するつもりだったのに
我慢できず読んでしまいました。
こうなったらKEEP OUTを読むしかありませんね(#^.^#)!!
冷めない夢の中ではもう読みました♪
隆也が好きです^^
余談ですがこれからコンビにでたらこおにぎりを
買う度に、孵化するたらこを
想像してしまいそうです^^;


「ココにいるよ」も、コメントしそびれたのですが
だいぶ前に読みました。
ドロドロにとけた宝箱…「ココに…いるよ…」
ぎゃ~~~~!!と、なりましたが
あの少女は殺せませんね^^
かわいい少女でした。

ななおんさんへ・1 

わ~、ななおんさん、不可視光線へ、ようこそ!
そうなんです、ゆっくり更新なので、なかなかたまりません(爆)
忘れた頃にきていただいても、きっと全然間に合う(笑)

> こうなったらKEEP OUTを読むしかありませんね(#^.^#)!!
> 冷めない夢の中ではもう読みました♪

きゃーー、うれしい! 番外編の方も読んでくださったとは!
隆也も喜びます。(いつも、ウザがられてる奴ですので)
KEEP OUTは、長いので、読むの邪魔くさいですよね>< 
でも、いつか1話でも読んでいただけたら、感激です!

> 余談ですがこれからコンビにでたらこおにぎりを
> 買う度に、孵化するたらこを
> 想像してしまいそうです^^;

ははは。ぜったい気持ち悪くなりますから、おやめになったほうが!!!(笑)
踊り食いになりますね!

> 「ココにいるよ」も、コメントしそびれたのですが
> だいぶ前に読みました。

おお、嬉しくて、泣けてきます。ええもう、コメントはほんと、お気になさらず。
読んで頂けるだけで幸せです。
そう、あの女の子は、手出しできませんね^^; Sな作者でも。(私がいじめるのは、男さww)

NoTitle 

そういえば、昔ゲームでコンビニで買い物しているときにコーラ(回復アイテム)や服(装備アイテム)を買っても「温めますか?」と聞かれてくるので、すごくびびった記憶があります。

LandMさんへ 

あははは。
そうなんですか?
そりゃあ、温められても困りますよね。
わざとそういう設定にして、ビビらせる作戦か(w)
「はい」と言ったら、温めてくれたのですかねえ・・・。気になる。

NoTitle 

ホッとするのぉ
春樹たん
まさに春のような暖かさ
癒やされるのぉ〜

深夜のコンビニ
あの蛍光灯の妙に白っぽく明るいのも嫌だな。
24時間って便利だけど
好きになれないなぁ。
勝手なもんだ。

ぴゆうさんへ 

こんばんは~^^

春樹で、ホッとしてもらえて、最高にうれしいなあ~。
以前の本編では、ちょっと痛々しかったけど、今回は、隆也と楽しくふざけ合ったり・・・するのは、最初だけだったり(笑)
いや、だいじょうぶです。なにも起きません。(んな、ばかな)

そうですよね。深夜のコンビニは、なんとも異空間な感じ。
便利だし、夜道は、あの明かりでホッとするんだけど。
悪ガキのたまり場になったりもするんですよね。田舎は。

深夜は本当に物騒で、変な人の宝庫です。
コンビニ店員は、結構毎晩、エキサイティングな経験をするのだそうで・・・。
(店員から話を聞くと、すごく面白いんですよねw)

この話は、ほぼ、このコンビニが舞台だといってもいいくらい、コンビニが登場します。
もう、コンビニはいいよ!と、ぼやきながら、読んでやってください。

あ、春樹もどうぞ、応援してやってください!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)牛乳がどうした?】へ
  • 【(マンガ)むかーし描いた少女漫画】へ