☆雑記・四方山話

(雑記)牛乳がどうした?

 ←不可視光線 第1話 酔狂 →不可視光線 第2話 深夜の客

先日、いつも行くスーパーマーケットで、買い物をしていたのです。
日曜日の昼間だったのですが、客は少なく、快適です。
牛乳を1本、カートに入れ、通路を早足で歩いていたのですが、突然後ろから、「あの、すみません。ちょっとお話を聞かせていただいてもいいですか?」という男性の声。

なんだ? と思って振り向くと、TVカメラと収音マイクを抱えた男の人と、手にマイクを持った人が、結構全速力でこちらに走ってきていたのです。
およそ、スーパーに似合わない取合せです。

「あの、テレビ東京なんですが、今、牛乳を買われましたよね! なぜその牛乳を選ばれたんですか?」
真面目な表情でそう聞いてくるインタビュアーのお兄さん。

さて・・・。この突発的な妙なシチュエイション。
面白いことに、質問されて 答える、ほんのわずかな時間に、いろんなことが脳裏を駆け巡ります。

・ああ、今日はちゃんとメイクしてる。服装も問題ないだろう。
・テレビ東京? へえ、大阪なのに。
・一体、この人たちはどんな番組の取材で来てるんだろう。その取材の目的は何?
・牛乳に関するリサーチなんだろうか。だったら、なんと答えてあげるのが親切だろう。
・通路には、私以外に、ひとりもいない。さては、ほかの客、面倒くさくて逃げたな?

まずは、当たり障りの無い回答で、様子見です。

「いつも、買っている牛乳ですから」 

インタビュアーは、納得していないようです。
「それを毎回選ばれてるのには、何かワケがあるのですか?」

・・・ワケ? ワケ?  だって、一番「お求めやすい価格」なんですもん。
いかにも、ほらお客さん、買ってくださいよ。お安いですよって顔して並んでいます。
でも、そんな答えじゃ、面白くないよね。ちょっと恥ずかしいし。とか、頭の中で思いつつ、口から出たのは、

「お手頃価格ですし」

言っちゃったよ。いい答えを出すには、時間が必要なわけです。

しかし、インタビュアーは「お手頃価格」という答えに、納得してくれないようです。
彼らの待ってる答えは、なんなのだろう。
そのうち、インタビュアーは、じれったかったのか、踏み込んできました。

「あなたが手に取られたのは、『北海道サロベツ牛乳』ですよね。北海道の、サロベツの牛乳を選ばれたのは、なにかワケがあるのですか?』

また「ワケ」だ! あまり物事にこだわり無く、ゆるく生きている私に、ワケを問うのね、あなたは。
けれど、少し見えてきたような気がしました。
彼らが聞きたいのは、なぜ北海道牛乳なのか! か、さもなくば、なぜサロベツなのか! ということなのではないか、と。

けれど、そこにどんな深い意味があるのだろう。サロベツ。・・・名前しか知らない。
北海道は大好きですよ。出不精の私が、一人で一泊旅行しました。いいところです。でも、そんな答えは望まれていない。
北海道産といえば、新鮮なイメージがあるけれど、そこに至る、確たるデータを、今の私は知らない。
テレビ東京の3人の沈黙が痛い。答えねば。

「北海道・・・。好きなんです」

ああ、言っちゃったよ。 もう牛乳は、関係ないよね、それじゃあ。
インタビュアーも、力なく笑った気がしました。うん、このVは、使われないな。

「どうも、ありがとうございました」
と、礼を言われたので、そのまま買い物を続けたのですが、ふっと店の隅を見ると、機材を抱えて、外に走り抜けていくテレ東の人たち。
え、牛乳インタビューは、私だけ?
そのあと、店の外で何組かの家族連れに、インタビューをしていたようです。
牛乳、関係なかったのかしら Σ( ̄ロ ̄lll)

いったい、彼らは、なんの調査をしてたんでしょうね。
(テレ東の某報道番組の取材だったらしいですが)
やっぱり質問をされると、相手はどんな回答を望んでいるんだろうという疑問が膨らみます。
テーマが知りたいのです。
それがわかれば、有意義な答えが出せるかもしれないじゃないですか。
(私の すっとこどっこいな回答のことは、どうか忘れてください)

いろいろ気にはなったけど、私も大阪人。
家に帰ったあと、ふと思い出して悔しく思ったのは、やっぱりあれです。

・・・なんも、面白いこと言えなかった。 


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【不可視光線 第1話 酔狂】へ
  • 【不可視光線 第2話 深夜の客  】へ

~ Comment ~

気になる 

インタビューの目的、すごく気になりますね。
いったい何の番組だったんでしょう?
携帯からお邪魔です。(^^)

残念です・・・ 

limeさん、こんにちは~~~!!

記事内容、すごく楽しく

「言うのか! 次言うのか・・・」

ドキドキしながら読ませていただきました。

しかし、残念です。(ウソですよ!笑)

limeさんなら、使われないけど、

絶対面白いことが言えたはず・・・笑

明日のインタビューは、期待してます!!笑

あと、これからでもいいので

面白い答え(正解)を教えてくださ~~~い!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほど 

なんだろう?と思いながら拝読し、ポール・ブリッツさんのコメントで、へぇ、そうなんだ、と納得し。
うん、分かるような、分からないような。
テレビ東京が大阪まで来て取材する理由がよく分かりませんが、やはり影響は大きいですね。
ただ、むやみに数字や情報が独り歩きしているような気もしなくはないけれど……
それにしても、理由も言わずに取材というのもどうなんでしょうか。
ポール・ブリッツさんのコメントを拝読するまでは、大阪の人間はみんなとっさに面白いうことを言うのかどうかの取材かと思っていました^^;
私は突撃インタビューを受けたことはないなぁ……^^;

iichiiさんへ 

iichiiさん、こんばんは~^^携帯から、いらっしゃいませ。
そうなんです、気になりますよねえ。
まあ、私のVは、没ですが(w)なんのテーマなのか、今度見てみようと思います^^

むぎわらさんへ 

むぎわらさん、いらっしゃい~~^^

いやあ、おバカな記事でお恥ずかしいです。
毎回雑記は、こんなことばっかり書いています。(ためになることは、まずないんです><)

いやあ、人間とっさに、いい回答ってできないもんですね。
普段も、人を笑わせるのは好きなほうなんですが、真面目に質問されると調子が出ません (^^ゞ

いい答えも、面白い答えも、言えんかった~~!と、悔しい限りです。
次回は、むぎわらさんを笑わせられるように がんばります!(いや、ないない)

こんな、馬鹿らしい雑記ですが、雑記の方だけでもふらりと覗いて下さると すごく喜びます^^
(小説はもう、読むの大変なので気にしないでくださいね><)

むぎわらさんのやさしいコメ返には、いつもほっこりさせていただいています。
これからもまた、ちょくちょく遊びに行かせていただきますね^^

鍵コメさんへ 

ええ~~! そんなことが(笑)
ディレクターさん、そんなことを?www

へえ、そんな事実があったのですね。イギリスか~~。全く知らなかった。

でも、私は日本のが一番好きです^^

いやあでも、写ってなくて残念でしたね。やっぱりそういう時は、面白珍回答が使われるのかも!
日々、訓練です。(なんの?)
楽しい話、ありがとうございました!

ポール・ブリッツさんへ 

う~ん、なるほど!
でも この記事は、もうずいぶん前の記事のようですが、どうなんでしょうねえ。
某報道番組らしいから、きっと真面目な取材だったのでしょうが。

それにしても、あんなマイナーなスーパーを選んだのが不思議です。
いや、あのあといろんなスーパーを巡っていたのかな?

とにかく
・・・面白いこと言わないで、よかったかな^^;

大海彩洋さんへ 

きっと、真面目なリサーチだとは思ったんですが、うーん、どうなんでしょうね。
やっぱり、何のための質問なのかがわからないと、質問って答え難いっていうのが、よくわかりました^^;
きっとダメなんでしょうが、私はけっこう、売られているものを信用して買ってしまっているので。
やっぱりスタッフさん、人選を間違えましたね^^

ほら、大阪って、バラエティ番組が多いから、そんな番組のインタビューって多いのですよ。
そんな番組ならきっと、インタビュアーが「面白いこと言って」オーラをいっぱい出すような気がします。
ああ、そんなインタビューならよかったなあ。
なんか、おもろいこと言えたかも。(まだ悔やんでる?)
大海さんにも、いつか突撃インタビューが来ますように!

目からウロコ 

こんぱんは。

そうか。大阪の人にとって、「面白いことを言う」ってのはデフォルトなのですね!
「どちらかというと面白い方がいいに決まっている」なのですね。
その心構えが、ああやってみんな面白いことを言う地盤を作るのかあ。ほお〜。

そのインタビューの方、期待した答えがもらえなくても誘導尋問をしなくて、さらにサクラも使わなかったのは立派ですね。limeさんにしてみたら「なんなの?」でしょうけれど。

日本の中では、ポール・プリッツさんが示唆されていた話題が、故意にNGみたいで奇妙なくらいです。こっちの方が頻繁に話題になっているんですよね。

八少女 夕さんへ 

八少女さん、おはようございます。
多分ねえ、大阪人はそういうことなんじゃないかと・・・。
笑わせてナンボってところが、刷り込まれてる気がします。
なんだか、最後にオチをつけないでしゃべると、気持ち悪い的な。
なんとなく話題を終えると、「え? オチは?」って(笑)
人を楽しませる回路ができてるような気がします。
だから大阪人が集まると、うるさいですよ~。
私は、生まれは大阪ではないので、まだまだ未熟者です><

いや、でもこのインタビューはきっと、真面目なものだと思うので笑わかしてはいけないですよね^^;

震災絡みなのか。 それとも、販促に関する調査なのか。 
そのへんはわからないのですが、そのテーマがわからないと、答え方も悩んでしまうっていうのが、わかりましたね。

しかし、咄嗟に面白いことが言える芸人ってやっぱりすごいなあ・・・(と、まだそこにこだわる・爆)

^^ 

確かに「気のきいた台詞を言えなかった自分が口惜しい」~というのはありますよね。事が終わってから「ああ言えばよかった・こう言えばよかった」なんて自分も考えてしまいます。時すでに遅しなんですが・・・^^;)/

オチのある話 

言われてみれば大阪人はなにかの話をしたあとで、
「別にオチはないねんけど」とか、
「その話のオチは?」とか、
「なんや、オチはないのんか」と言ったり考えたりしますね。

私の場合はテレビで道行くひとにインタビューをしているのを聴くと、みんな素直だなぁ、ひねくれたことを言うひとはいないのか、ああ、いたとしてもそんなのは放映されないんだな、とか思ってしまいます。

テレビ東京が大阪で、北海道の牛乳を買っているひとにインタビュー。
なんだかいろーんなふうに想像できますね。
limeさん、それを下敷きにミステリを書いて下さいな。

NoTitle 

ゎ!!
limeさんの記事読んで思い出した!!
確か9月3日放送のテレビ番組で取材を受けて
(私ったら9月3日にはこのお店にはいないけどいいのかなぁ・・なんて思いながら・・爆ww)
「ここは絶対にカットしないので見てください!」とか言われたのに
すっかり見るの忘れちゃったよ(;´Д`)ノ

NoTitle 

なんちゅうサービス精神!
すてきすてき。

相手が期待している答えがあると分かっていると、それに合わせつつ笑いを取りたい。
取れないと自分の役目を果たしきれなかったような、小さな後悔が残ったりします。
大阪人の血は隠し切れないですよね^^

私も過去に数回取材を受けたのですが、すべて東京でした。
突然大群で走ってきて、大人に取り囲まれ、一気にまくしたてられる。
私の答えがあちらさんの望む形ではなかったようで、明らかに落胆の空気が流れました。
その落胆ぶりが可笑しく、テイク2を持ちかけようかとさえ思いました。

決してノルマではなかったのに、自分にやれることがまだあったのではないかと自問してしまう。
この責任感、大好きです^^

NoTitle 

なぜ? どうして? と迫られると、そう言われても、となりますよ。
こっちのほうが、脳内でなに、なに? となりますよね。
それか固まる。

で、limeさんのテレビ映りはどうだったのかなぁ~?
あ、テレビ東京だと、大阪では見られないのかな?

わーーー 

こっちじゃテレ東系視られないんですよね~(;m;)
(地デジ化前は視れたのに)
limeさん映ったのかな~~???
視たかった~~~~~!!!

そっか~~~
北海道の牛乳も危ながられてるんだ・・・・
こちらは良い意味で(?)田舎なので
地元の牛乳が入ってきてますから
北海道の牛乳ってあんまり見ないかも・・・

福島原発のことは本当に気になるし
どうしたら良いんだろう??
よく分かりもしないものを使うからよ(byみさとさん)
って
先の見えない不安に苛まれもしますが
こういう事、
マスコミで気にし過ぎるのも風評被害を広めそうで
世知辛いですよね~~
なんだかな~・・・・・

waravinoさんへ 

> 確かに「気のきいた台詞を言えなかった自分が口惜しい」~というのはありますよね。

わあ、waravinoさんも、ありますか^^
なんか、とっさの時って、うまく言葉が生まれてこないんですよね。
わたしなんか、どうも頭の回転が遅いので><

なにか誤解された時なんか、うまく説明できなかったり。
それとか、あとでかっこいいセリフを思いついたときとかも、悔しですよね。
すっと、瞬時に言葉が出てくるタレントさんとか、さすがだなあって思います。

あかねさんへ 

そうなんですよね!
「オチは?」って言葉を、よく言いますよね、大阪人って。
最後に笑いどころがないと、なんか落ち着かない(笑)
・・・オチ着かないって、そういうことか。

あれ、とっさにカメラを向けられて、ひねくれたことを言える人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか。
(犯罪者は、そういう場合さらっと嘘を付いたりしますよね。よく捕まる前のVが流れたりしますし)
やっぱり、善良な市民は、嘘が付けないんですよ、きっと。
(でも、ふざける人はいそうですね^^;)

さて、一体何の取材だったんでしょうね。
もしかして、〈大阪人は、インタビューでとっさに面白いことを言えるか!〉だったりして^^ 汗

akoさんへ 

おお~、なんてこったい。
せっかく取材受けたのに、見るの忘れちゃったんですか?
だれか録画とってない?
ちゃんと予約しとかなきゃ~。
ああ、見たかったな。大阪では見れないか?
もし見てたら、どれがakoさんか、わかるかなあ。
なんか、分かるようなきがする^^
脳内akoさんは、なんとなく小柄で可愛らしいひと^^

ごろちゃんさんへ 

> 相手が期待している答えがあると分かっていると、それに合わせつつ笑いを取りたい。
> 取れないと自分の役目を果たしきれなかったような、小さな後悔が残ったりします。
> 大阪人の血は隠し切れないですよね^^

そうなんですよ。相手を喜ばせたい。笑って欲しいっていう精神が、大阪人のなかには流れていますよね。
そして、相手がつまらなさそうにしたら、すごく凹むし、自信喪失になる・・・。
大阪人って、厄介かも^^;

ごろちゃんさんも、東京で取材受けたんですね。
あの、インタビュアーさんの落胆ぶりは、なんともショックですよね。

あ、思い出しました!
私、取材陣にお礼を言われたあと、「どうもすみません」って、言っちゃった!

なんも、いいこと言えなくてごめんなさいって。
うおお、さらに恥ずかしい><
もう少し、トーク力を磨きます!

けいさんへ 

あれって、あまりに場違いな感じがして、唖然としますよね^^;
とっさに頭が働かなくて。
うーーん、くやしいな。
日々、おばちゃんたちを相手に、トーク力を磨いてるはずなのに、真面目な質問には対応できないみたいです><
大阪の、バラエティ番組っだったらよかったのに~。

この番組は、テレビ大阪でもやってる報道番組らしいです。
私は100%カットだけど(笑)こんど見てみようと思います。
ほかの人が、完璧なトークを繰り広げてたら、それはそれで、くやしいなあ・・・。

かじぺたさんへ 

ははは。大丈夫ですよ、ぜったい写ってませんから!!(笑)
そっか、テレ東系は、見れないんですね~。
あの局、結構レアなアニメ、やってますよね?

かじぺたさんのところは、地元の牛乳が多いのですね。
でも、地産地消が一番いいです。いいことです。
大阪では、それこそ全国の牛乳が売られてますもん。
私は、淡路牛乳か、このサロベツ牛乳を選んでいます。
サロベツ牛乳は、とても安全で、美味しい牛乳です。だからきっと、このスーパーでも、一番目立つように陳列してるんでしょうね。

この取材が、震災関連のリサーチなのかは、全くわからないです。
もしかしたら、単なる、商品の販売促進の実態を調べてるのかもしれないですしね^^

食品の安全について、私はあまりマスコミの風評を気にしないようにしています。
気にしだすと、キリが無いような気がしますし。
(賢い消費者では、ないな^^;)
なるべく、生産者や、販売業者を信じて買い物をしています。
私も食品関係の職場に勤めていますが、日本の安全基準は、病的なほど厳しいですもん><
みんな、心を込めて商品を作っている・・・と、信じていますから^^

>よく分かりもしないものを使うからよ(byみさとさん)

うん! そもそもの元凶は、そこですよね!!
ミサトさんの、名言だ!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

おはようございます!
あはは。全速力で逃げるっていうのは、いいですねww
流石にスーパーの中での不意打ちは、逃げ場がなかったです。
それに私、けっこう物好きなもんで、変のものがあったら近づいて見たくなる^^;

街角インタビューなんていうのも、こういう感じなんでしょうね。
でもあらかじめ、なんの調査か教えてくれるみたいです。
きっとこの方、慣れてなかったんでしょうね。ちょっと緊張気味のインタビュアーさんでしたから。

でも、やっぱり逃げるのが得策かも。
そういえば、スーパーの中は、あの日、人気がありませんでした。みんな、逃げたな??

NoTitle 

確かに選ぶのは理由があるわけであって。
そのあたりを深く考えるのは
結構面白いことが浮かぶものなんですよね。
そのあたりは無意識の領域になっちゃうのですが。

LandMさんへ 

ああ、そうですよね。
なんとなくとる行動も、突き詰めていけば理由があるわけで。
全てを深く考えていけば、自分が見えてくるかもしれませんね。

でも、すごくちっぽけな人間像が浮かび上がってきそうで・・・怖いです><

NoTitle 

ほんまにww
何もおもろいこといってないですで。

これはもう一回やり直したいですね……。

レルバルさんへ 

でしょ、でしょ。

これは痛い敗北です。いろんな意味で。
関西人は、日々戦いなのです!
レルバルさんは、・・・関西生まれでしたっけ。ちょっと上の方?

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、おはようございます~。
私の心の声。楽しんでいただけてうれしいですww
短い一瞬に、人間っていろいろ考えるんだなあって、改めて思いました。
そういえば、Nさんとは実際お会いした仲。
私って・・・何弁で喋ってます?
私、相手が標準語だと、標準語で話してしまうので、もしかしたらあのときインタビュアーさんが、「あれ、関西の人じゃない?」って思ったのかなあって、そんな疑問が・・・・。まあ、どっちでもいいか^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【不可視光線 第1話 酔狂】へ
  • 【不可視光線 第2話 深夜の客  】へ