不可視光線 (KEEP OUT続編2)

不可視光線 第1話 酔狂

 ←不可視光線・あらすじ →(雑記)牛乳がどうした?

「その少年は少し興奮気味に、車の助手席に乗り込むんだ。初めてのヒッチハイクで、初めて止まってくれた車だからね。ドキドキさ」
塚本は、ゆっくりと穏やかに、まるで詩を朗読するかのように語った。
「どこにでもあるような白いセダン。運転手は20歳くらいの、学生風の男。丁度、俺くらいのね。でも少年は警戒心なんか無い。今にも雨が降りだしそうな国道で立ちつくしていた少年にとって、その男は救いの神だったわけ」

大学構内にあるラウンジには、5月半ばの程良い自然光が溢れている。
10人余りの学生がそれぞれ雑談に興じていたが、中央のテーブルに座る男女2人の会話を聞く者は、誰もいなかった。

「その少年は運転手の男に『ヒッチハイクでどこまで行けるか、賭けをしてるんです』と、ハイテンションで言うんだ。親には、裏山に友達とキャンプに行くんだと、嘘をついて出てきたらしい」
「やりそうね。男の子って、馬鹿だから」
茶色に染めた髪を指先にクルクル絡めながら、女は言った。けれど、どこか興味無さげだ。
塚本は、話を続けた。

「そのうち雷の音が近くなってね。少年の顔が不安げになる。まだ中学一年生だ。度胸もない癖に、冒険したがる無鉄砲さが、その横顔に浮き立っていてね。運転席の男は、気付かれないようにひっそりと嗤うんだ」
ほんの少し女は眉をひそめて塚本を見た。
塚本は構わず先へ進める。
「運転席の男はスピードを上げて山道を走りながら、問う。『冒険もいいけどさ、少しばかり無謀すぎやしないかい? こうやって車に乗せてくれる大人が皆、正常かどうか、分からないだろ?』と。 少年は『え?』と振り向く。いい反応だ。
運転席の男はスッと路肩に車を止めて、シートベルトを外すんだ。リアルな事件は、映画やドラマのような、親切な余韻を用意してなんかくれない。声を上げる間も与えず、男のごつい大きな手が、少年の首を捕らえて締め上げる」

「あ・・・あの」
女は少し慌てるが、塚本は話を止めない。
「けれど突然地を裂くほどの至近距離の落雷に、男は驚いて跳ね上がり、不覚にも少年から手を放してしまった。少年はその一瞬に力を振り絞り、全力でドアを開け車外に転がり出た。
余裕をかましていた男だったが、流石に落ち着いてはいられなくなった。ほんのイタズラのつもりだったが、ここで下手に騒がれるのは不本意だ。逃がすわけにはいかない。
前方に転がり出た少年に向かって迷わず男は車を急発進させた。柔らかな体に車体がぶつかる音と落雷の音が重なり・・・」
「あの! もういいから!」

見ると女は既にイスから立ち上がり、バッグを肩に掛けて今にも逃げ出しそうな形相だ。
「気に入らなかった?」
塚本が、良く通る低い声でそう言うと、女はわざとらしく時計を見ながら一歩後退した。
「私、ホラーは得意じゃないのよ。恋愛小説なら、たまに読むんだけどさ。書きかけの作品、聞かせてくれて有難うね。いつかそれ、新人賞とか、とれたらいいね」
「今のは、即行でさっき思いついたヤツだから。投稿なんかしない」
「・・・あ、そうなの? あ! 待ち合わせした友達が来たみたい。私、行くね。時間つぶしに付き合ってくれて有難う。小説、頑張ってね、塚本君」
女は赤茶の長い髪を揺らして、ラウンジ入り口へ走って行った。
塚本は、目で追う。

このラウンジでのんびり携帯ラジオを聞いていた塚本に、馴れ馴れしく声を掛けてきた女。
同じ理学部の2回生で、加奈子と名乗った。
『ねえ、小説とか書いてるの? 塚本君。どんなの? 教えてよ』
そう、いきなり言うから、たった今頭の中に広がっていた映像を話してやった。
その結果がこれだ。

塚本は、時折こちらを見ながらヒソヒソと話している加奈子と、その友人の女の唇を、注意深く吟味した。
エナメルのテラテラしたナメクジの唇が、忙しく蠢く。
2.0の視力は、その微妙な動き、ひとつひとつを見逃さない。

--- 塚本君ッテ 話シテミテ ドウダッタ? 加奈子---
---モウ、ガッカリ。背高イシ、頭イイシ、イケメンダケド、テンデ、オタク---
---エエ? ソウナノ? 何ノ話シタノ?---
---クッダラナイ小説ノ話。殺人シーン楽シソウニ話スノヨ。キモイッタラ---

女達はやがて向こうを向いてしまったので、続きは読めなかった。
別の話題で何やら盛り上がりながら、二人はラウンジを出ていった。
どうやら自分は、あの女の好みでは無かったらしいな。
塚本は薄い唇を引き延ばして、ニンマリ笑った。
どこぞの二枚目俳優に似ていると、高校の頃から言われ続けたクールな容姿のせいか、塚本に興味を持って近づいてくる女は多かったが、本人にとってそれは迷惑以外の何者でも無かった。

くねくねと、気色の悪い動きも、ナメクジの唇も、甘ったるい喋り方も吐き気のする香水も。
そこに塚本をそそるものは何も無かった。
更にすぐ群れる行動パターンや、人を値踏みして見下すような笑いや陰口は、醜悪でしかない。
けれど女嫌いをアピールして、変人扱いされるのは得策ではないと、塚本は心得ている。

---何者にも邪魔されず、自分は己の欲望を満たすものを探求するのだ。この世は歓喜と驚異に満ちている。
奥二重の鋭い目は、臓腑を熱くさせる獲物を求めて、絶えず動いた。

『午後のニュースです。昨日から行方不明の中学1年生の少年の消息は、依然つかめず・・・』

耳に入れっぱなしだったイヤホンから、ローカルニュースが続報を伝えてきた。
塚本はボリュームを上げ、集中する。

『自宅近くの白金岳へ行くと言って家を出たまま消息を絶った少年の捜索が行われましたが、依然発見には至らず。少年は普段山へ登る趣味など無かったという家族の証言から、遭難ではなく、家出、もしくは事件事故に巻き込まれた可能性もあるとして、安否が気遣われています』

「家出だと思われたんなら、捜索は打ち切りだな。可哀想に」
ラジオを消し、眉をひとつコミカルに動かし、塚本は視線を上げた。
軽食OKのラウンジでは、テイクアウトフードを持った学生達が、わらわらと集まり始めている。

男、女、女、女、男、女・・・。そそられない。
塚本は視線を巡らせながら、左手をゆっくりと胸の辺りまで持ち上げた。
感覚を思い出すように、閉じたり開いたりしてみる。その手にはまだ、柔らかい肌の感触が残っている。
12,3歳の、ピンと張った若い少年の肌。肉、骨、青臭い匂い。
それに引き替え、大学生になった男女の何と色あせて見えることか。
塚本は退屈なあくびをひとつし、携帯とイヤホンを無造作に黒のジャケットのポケットに突っ込んで立ち上がった。

「春樹!」

ハッとして、動きを止め、振り返る。
ぽっちゃりした男子学生が、もう一人の学生に声を掛けながら、塚本のテーブルの方に近寄ってきたのだ。
声を掛けられた青年が、塚本の横を通り過ぎる。

「ああ、マサト。今からお昼?」
「そっ。『マロニエ』に行くんだ。春樹も行こうや。今日はオムライス半額サービスだぞ」
「へえ、いいね」

春樹と呼ばれた細身の青年は、柔らかく笑い、そのぽっちゃり男子学生の元に歩み寄った。
外から入る微かな風に、絹のように輝く亜麻色の髪が、サラリとゆれる。
モデル並みにスッと伸びた首、キメの細かい白い肌、ちょっと日本人には珍しい琥珀の瞳。

「理工学部2回生、天野・・・春樹」
塚本は左手の記憶を弄ぶように、握ったり開いたりしながら、にんまりと笑った。



-----------------------------------------------------
このあとも 小説の方は5日置き更新で ゆっくり進めていきます。
どうぞ、よろしくお願いします (^.^)

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【不可視光線・あらすじ】へ
  • 【(雑記)牛乳がどうした?】へ

~ Comment ~

始まりましたね! 

limeさんらしい冒頭。やっぱりこういう感じがいいなぁと思いながら拝読いたしました(^^)(え…と、Sな展開が予想されるってこと?)
春樹の登場もいつもの感じで自然ですよね。
やっぱり、limeさんがこういう感じの少年を書かれると、ふと絵を思い浮かべてしまいます。大学のラウンジ、ガラス張りで光がいっぱい溢れた中で(って、勝手な妄想)春樹がキラキラで立っている感じ(^^)
それだけで絵、という気がしますよね~
塚本、実はきっといい人なんだ(すでにもうミスリードを疑っている^^;)。
妄想狂だけど……
でもまぁ、あまりあれこれ考えすぎずに、limeさんまかせで楽しく拝読します(*^_^*)

大海彩洋さんへ 

大海さん、早速ありがとうございます!
はじまりました。さあ、この作品は問題児なので、無事に終わるかどうか不安なんですが。
いや、がんばります!

> 春樹の登場もいつもの感じで自然ですよね。
> やっぱり、limeさんがこういう感じの少年を書かれると、ふと絵を思い浮かべてしまいます。大学のラウンジ、ガラス張りで光がいっぱい溢れた中で(って、勝手な妄想)春樹がキラキラで立っている感じ(^^)

春樹の登場の絵は、やっぱりこうありたいです。(大海さんに私の思考を読まれてる?)
このキラキラした登場、そういえば多い。今気づきました。
そのあとの苦悩がひどいから、最初くらいは・・・という親心でしょうか。(Sのくせに)

さて、塚本。この第1話で匂わせるイメージが、今後変わっていくのかどうか。
作者はこの人のことを分かってるから、逆に第一印象がつかみにくいんですよね。
実はいい人説、ひとつ上がりました^^
さて、どうでしょう。どちらにしても、興味深いキャラになってもらえれば嬉しいです。

トータルしたら短い話なんですが、ゆっくりゆっくり進めますので、どうか・・・毎回ひとつ前の話を忘れないようにしながら、お付き合いください(>_<)

NoTitle 

マサトはぽっちゃり君なんだ。学園祭以来^^
春樹も相変わらずで、よっ久しぶり^^
って、平和なのはここまで?

塚本くんて、目が良いのね。目の弱い私はうらやましい。疲れると目に一番にくる。
おっと、この人物、どのイケメン俳優に似ているのだろう。
オタクな性格で春樹狙いなのはちょっと・・・

Sのlimeさんが、ドSになってしまうのですか。
これからのチェックはここ↑だ。

NoTitle 

 こんにちは。
ああっ ほんとに酔狂とか キワモノって言葉が似あいそうな人物。
でも 凄く寂しがりやの様に見えてしまう…

左手の記憶か… 体に染みついたような 刻まれたような記憶って 
中々消えないですからね。
次回は 動き出すのかなぁ 色々と 一気に平和が突き崩されるのか 
其れとも 徐々に 蝕む様に崩れていくのか 楽しみ。
まさか… 此の塚本と春樹が友達になるほのぼの路線… あり得ないですよね。

けいさんへ 

> マサトはぽっちゃり君なんだ。学園祭以来^^

そうそうそう! けいさん、マサトを覚えていてくれたんですね^^感激。
学園祭では、隆也を悩ませただけで最後まで現れなかったマサト。大学での春樹の仲良しさんは、ポッチャリ青年でした^^
春樹も相変わらずの美貌を保っていますよ。(だから狙われる?)
平和は・・・そうですね。もう風前の灯。

塚本は、視力抜群です。遠方凝視トレーニングで、目は鍛えてますからね(変な奴)
さて、どんな俳優さんに似てるんでしょう。
ちなみに塚本は身長186センチの長身。スタイル抜群。黒しか着ない。奥二重で、クールな20歳。でも、オタクw
春樹に狙いを定めた黒豹です^^

Sのlimeさんですが(爆) 
でも、今回はそんなにハードなないようではないですよ。でも、読後感はあんまり良くないかも・・・・。
覚悟してください><

ウゾさんへ 

ウゾさん、読んでくれてうれしいです^^

> ああっ ほんとに酔狂とか キワモノって言葉が似あいそうな人物。
> でも 凄く寂しがりやの様に見えてしまう…

おおおっ。ウゾさんの読みが、興味深いです!
キワモノっぽさ全開に出しているのに。なぜ・・・。(狼狽する作者)

> 左手の記憶か… 体に染みついたような 刻まれたような記憶って 
> 中々消えないですからね。

そうなんですよね。あの、人の肌に触れた感覚。いい記憶ならいいけど、犯罪の記憶とか、消えないですよね><(いえ、私は何も・・・)

> 次回は 動き出すのかなぁ 色々と 一気に平和が突き崩されるのか 
> 其れとも 徐々に 蝕む様に崩れていくのか 楽しみ。

ふふふ。たぶんじわじわいきます。少し長めの話になりそうですし。
キャラに意地悪な私ですが(笑)今回は、ソフトに攻めていきます!(やっぱり攻めるのか)

> まさか… 此の塚本と春樹が友達になるほのぼの路線… あり得ないですよね。

まっさかあ~~~(*´∀`)ノwwww(と、冷や汗もんで、笑い飛ばして去っていく作者であった)

でも、ほのぼの路線にしてあげたいなあ・・・。すっきり爽やか読後感にはならないかもしれません><

NoTitle 

いよいよ始まりましたか。春樹くん、大丈夫かなあ。こんな人間とつながってしまったら、それこそアイデンティティの危機だぞ。

怖いけれど楽しみです(^^)

ポール・ブリッツさんへ 

やっと始まりました。
問題児な作品になりそうなので、終わるかどうかが心配です。

新たに登場の塚本。 いろんな意味でやばいです。いろんな意味で。
でも、もう狙われちゃったなあ・・・春樹。 かわいそうに。

今回はそんなにハードな内容にはならないと思いますので、のんびりお付き合いください^^
(突っ込みどころは多いかもしれないけど><)

NoTitle 

もう、最初っから楽しいですねぇ。

幸せそうにしている春樹が…
大変大変!
既に、悪い塚本に狙われた、美しき草食動物に見えてきました^^

塚本のキャラも明確で楽しみです。
唇を読めるって設定にワクワクしています。

ニヤッ o(  ̄ー『+』) ロックオン!キラ☆キラ:*.;".*・(*^▽^*);・*.";.*:キラ☆キラ 

塚本が 女子に語った小説と似た ニュースで知らされる事件
「彼が もしや 犯人!」
と、limeさまの手法に これまで何度 思わされ 裏切られた事でしょうか。

マサトも すっかり忘れちゃってる 最近 記憶力が ハンパなく怪しい私
でも そんな考えが脳裏を掠めて(←Σ(o゚ω゚o)ェッ)も 「絶対に 違うだろうなあぁ~」と 思ってます
(〃艸〃)ムフッ、少しは 賢くなったでしょ♪

それにしても 如何して 春樹って 普通じゃない人を惹き付けてしまうんだろうね
過去の 初体験の あの女といい… フゥ~ε=┐( ̄ω ̄:)┌ …

美沙、
あなたの愛しい春樹が また 厄介事に巻き込まれそうです。
どうか 春樹が 笑顔でいられます様に 遠くから見守って下さい。(*≧人≦)タノムッ!!

雨が降って まだ少し 蒸すけど 以前よりは確実に涼しくなって 
今日は エアコン無しで過ごしてます。
この前の電気代に 「やっぱり~!ヾ(´д`;)ノぁゎゎ」となっていた私も ホッ~ε= (´∞` )
でも 洗濯物が スッキリ乾かないのが… 
アゥー(ノToT)ノ凹 ┣凹━凹━凹┫///雨///...byebye☆

ごろちゃんさんへ 

ごろちゃんさん、いらっしゃいませ。
春樹、健やかに元気でいますが、この平穏も そう長いことないかな・・・。

>既に、悪い塚本に狙われた、美しき草食動物に見えてきました^^

うう~ん、いい例えですね^^ふふふ。
そんな感じなのかもしれません。

そうなんです。この塚本、読唇術をマニアックにマスターしている変人です。
単なる趣味なんですが、なんか、役に立ったみたいですよ。^^

ゆっくりと進めていきますので、ごろちゃんさんもまた、遊びに来て下さるとうれしいです^^

けいったんさんへ 

けいったんさん、きらきらタイトル、ありがとう~~^^(ロックオンされてる!!)

> 「彼が もしや 犯人!」
> と、limeさまの手法に これまで何度 思わされ 裏切られた事でしょうか。

うお~~! けいったんさんが、騙されてくれない??
もうなんだかすっかり、傾向と対策がなされてしまっている!(∥ ̄■ ̄∥)作者ピンチ!
いやあ、書きがいがあります^^

マサトはいいんですよ~。忘れてしまっても。隆也がちょっとヤキモチを妬いた、あいつです^^
この大学では、春樹ととっても仲よしみたいですよ♪

> それにしても 如何して 春樹って 普通じゃない人を惹き付けてしまうんだろうね
> 過去の 初体験の あの女といい… フゥ~ε=┐( ̄ω ̄:)┌ …

うん、まったくです。ああ、初体験のあの人・・・。彼女がもしや、春樹の最初で最後の人になるのかなあって、時々思ってしまう私。
そういえば、薫っておっちゃんも、吸い寄せちゃったし^^;
今回の塚本は、更にやばそうです。

ほんとうにねえ。
美沙に見守っていて欲しい><
でも、本当にこのお話を美沙が見てたら、自分の生活ほっぽって、飛んでくるかも。
これは、内緒にしておいたほうがいいかも・・・。^^;

けいったんさんの、日常のお話も楽しみにしてますのよ。
今日は大阪、ずっと雨でした~><
洗濯物が、乾かないったらもう。仕方なく、今、乾燥機回してます。
電気代が・・・。
一難去って、また一難。
すっきり爽やかな秋が、待ち遠しいですね!!

NoTitle 

犯人でないとしても、こんな人とつながったら春樹くんアイデンティティの危機だと思う(^^;)

ミステリで先読みするとだいたい外れるので今回も観客に徹します(^^)

ポール・ブリッツさんへ 

> 犯人でないとしても、こんな人とつながったら春樹くんアイデンティティの危機だと思う(^^;)

うんうん。そうでしょう?
一番、絡んではいけない人物だと思うんですよね。

でも、今回はその「避けて通れない、何か」に、対峙してもらおうと思いまして。
ああ、しかし、春樹には、避けて通らねば、精神崩壊につながることが多すぎますね^^;

今回は、ミステリーでは無いかもしれません。大した謎は、ないですしね^^
でも、ポールさんにも、まっさらな気持ちで読んでもらいたいなあ~。

きっとラスト、「そこは、そんな終わり方じゃ納得できない」という意見も出てくるかもしれません。
いろんな意見を、聞かせてください。

NoTitle 

そういえば、学生の頃に金がなくなって、
ヒッチハイクで家まで帰ったことがありますね。
4時間ぐらいかかって帰った記憶があります。
「ヘルプミー。○○まで。」
とダンボールに書いて、ひたすら待つ。
・・・良い思い出です。
けど、この手は同性愛好者の方がよく下心を出して止まるらしいですね。
女性なら女性。男性なら男性。

LandMさんへ 

> そういえば、学生の頃に金がなくなって、
> ヒッチハイクで家まで帰ったことがありますね。

へえええ! そうなんですか。
でも、よく止まってくれましたよね。
どんなドライバーさんだったのでしょう。
あれって乗る方も,乗せる方も、ちょっと勇気がいりそうですよね。

>けど、この手は同性愛好者の方がよく下心を出して止まるらしいですね。

これ、ありそうですよね。
だって、そんなリスクを負ってまで、乗せてくれるんですから・・・^^;

いやでも、優しいドライバーさんもきっといっぱいいるでしょう。
日本は、いい人がいっぱいですから^^

拍手鍵コメNさんへ2 

こちらにもありがとうございます!
そうなんです。新しいキャラ登場ですよーー。
こいつは、要注意です。いろんな意味で。

今回はね、優しい作者limeは、あまり春樹を虐めません!えへん。
・・・そのかわり、塚本が・・・・(爆) 一緒じゃん。

そんなこんなで、またゆっくり進めていきましので、Nさんも、またのんびりあそびにきてくださいね。

制作、早くも大詰めのようですね!とっても楽しみです!!
でも、無理のないように、頑張ってくださいね^^

NoTitle 

犯人と仮定してだけど
用心せねばならない
limeさんのどんでん返しがあるかも知れないからにゃ

犯人ってやっぱ話したくなるもんだよね
話しながら反芻するように楽しんでいる。
よく言われるのが記念品
こういう輩は被害者から記念品を盗み
後から犯行を楽しむのに使うらしい。
気持ち悪・・・

こいつはどうなんだろう?
春樹たんにロックオンしたようで
怖いでござるなぁ〜
なんかこいつの心ってヌメヌメ、ドロドロしていそう。

ぴゆうさんへ 

> 犯人と仮定してだけど
> 用心せねばならない
> limeさんのどんでん返しがあるかも知れないからにゃ

ぴゆうさんは、私の出方をよく知ってらっしゃるから、手ごわいなあ~。
ちょっと方針を変えて挑まねば。さて、今回はどうでしょう^^

> 犯人ってやっぱ話したくなるもんだよね

犯行を楽しげに語る犯人! ゾッとするけれど、ミステリーを書いている私には、とても興味深いキャラです。
狂気と正気、ぎりぎりのところにいる人。

殺害した被害者から、記念品を盗む犯人。 ううう、なんか、そこだけで物語が書けてしまいそうです。
ぴゆうさんに、いっぱい刺激されてしまう。
(なにしろ私が、変な人です)

この塚本に、良くも悪くも興味を持っていただけたら、うれしいです。
今までちょっと書いたことのない人物になりそうです。

女嫌いで、小児好き。人の唇から会話を読む。
もうこれだけで、変な人決定です。ぴゆうさんの苦手なタイプかもしれませんが、我慢して読んでやってください!
2話は、可愛い春樹が登場します^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【不可視光線・あらすじ】へ
  • 【(雑記)牛乳がどうした?】へ