『凍える星』パロディ漫画:『NAGI』

(雑記)漫画の話と、『NAGI』4コマ漫画

 ←(おまけ漫画)『NAGI』 その3 →(雑記)このあとの予定

引き続いて、漫画の話です^^
(うっ。来週にはちゃんと、小説ブログらしくしますから(>_<) )

文字ばかりを書いていますと、時々ふっと漫画が描きたくなってくるのです。
小説を書く時とは、全く別の細胞が働く感じがして、ちょっと気分転換になります。


    mini_130821_0837_20130823203950014.jpg

思えば10代の頃、漫画はもっぱら読み専で、自分で描こうなんて思ったことなかったのです。
それが、どうしたことか、二十歳を過ぎて、ある漫画家さんの作品を読んでしまってから、「よし、描こう!」と思ってしまった、変な人です(^^ゞ
もう社会人になっていたのに。

それから2年間、暇さえあれば漫画を描いていました。熱病のように。
寝る間も惜しんで描き、2年が過ぎた頃、ぱたっと描くのをやめてしまいました。
熱しやすく冷めやすいタイプだったのですね、^^;

でも、その間に得たものが、その後の仕事に役立つことになり、無駄ではなかったなと、あの2年を思い出します。
たまには熱病にかかってみるのも、良いものなのかもしれません。

漫画を描いてて、一番苦労するのはアングルです。
コマ割りと言ったほうがいいでしょうか。
今、おまけで描いている『NAGI』、あんな単純な漫画なんですが、やはりアングルが単調だと、描いていて「ぬおーーー><」っとなります。
まあ、あれはあれでいいか^^ と最後には思う、けっこう向上心のゆるい作者なんですが。

しかしですね。
まったくアングルに変化のない漫画というのも、逆に面白いかも!と、昨夜ふと思いついたのです。
短調を逆手にとった、漫画。
これができるのは、やっぱり4コマ漫画です。

そこで、『NAGI』の4コマ漫画を描いてみました。どうぞ!


    念動力少年:『NAGI』

   4こま



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(おまけ漫画)『NAGI』 その3】へ
  • 【(雑記)このあとの予定】へ

~ Comment ~

 

>4コマ

もっともだ(笑)

関係ないですが、井上夢人先生のミステリ連作短編「風が吹けば桶屋がもうかる」には、汗水たらして超能力を使って「常人以下」の作業ばかりする超能力者が出てきます。ユーモアミステリとしてもよくできてますので、お暇があったらどうぞ。(^_^)

ポール・ブリッツさんへ 

おお、それは面白そうです。
そういうユーモアは大好き^^

超能力者の能力って、やっぱり実際、無用の長物だったりしますよね。
百害あって、一利なしというか。
凡人で、良かったです(才能はほしい!)

あはは(*^_^*) 

面白い~~~~!
この全てのコマで違っている、変化するミツルの表情と、上3コマ(多分4コマめも)変わっていないナギの表情の対比が最高!
にしても、limeさんは漫画や小説を本当によく研究しておられますよね。
読んでいて面白いと思った手法を自分の中で咀嚼してアレンジして生かすというのがすごいです。
それがlimeさんの小説の面白さなんだろうなぁ。
(私は全部直球勝負だった…(;_:) カーブとかフォークも勉強せねば…)

漫画に関して言うと、やっぱりある時期すごく一生懸命描いておられた時期があるのですね。それで納得しました。
物事って、ある時期がむしゃらにやったら、ある程度形になるけれど、だらだらと何となくやっていたのでは身につかない、という気がします。
で、そこから先は、プロになるような人は、ずっとがむしゃらにやっているのでしょうね^^;

楽しい4コマ漫画、ありがとうございました(*^_^*)

NoTitle 

 おはよう御座います。
単調を逆手に取る… 高度な技ですよね。
偉大なるマンネリにまで昇華させて 安心感にしてしまったのが 
時代劇でしょうか。
皆が 出でくるでてくる おおっーー決め台詞とか 期待して待っている。

ある 作家のシリーズて゜ 出だしの言葉が何時も一緒なのですよ。
それが 最終回だけ違った… あーゆーのも 面白いなぁ。

ああっ この前の修学旅行 ホテルでのバイキングの日があったのですが…
結構な年齢の女性の先生が スプーンを曲げれると言って ホテルの備品の
ごついスプーンをグニャと曲げたのですよ。
他の先生たちは あれはタイミングで曲がるとか色々言っていたのですが… 
学生 百数十人 食事をほったらかして 皆 スプーンを片手に曲げようと… 妙な雰囲気が充満していました。 

大海彩洋さんへ 

おはようございます~。
そういえば、みなさんは、ふっと頭に浮かんだことをSSで書いてしまわれるけど、私はそれが4コマだったり2P漫画だったりするんですね、きっと。(SS書けるようになりたい)

ははは。気づいてくださってありがとうございます。ナギの変化のなさ!
ところがですね、2コマ目のナギの視線、ほんの少しカッターナイフに注がれてるのが、お分かりでしょうか。
一応思案しているのです。ナギなりに。どうしようかな・・・と。
でも、表に出ないんですね(笑)だから、意地悪してるように見えるんだけど、本当にただ、「重い」と思ったという・・・。
でも、単なる「意地悪」だと捉えても、いいかもしれません^^
このふたり、いじって遊んだらたのしいので、また使ってしまいそうです。

本当にがっつり漫画を描いたのはこの2年間だけでした。
二年の間に一生分の漫画を描いたような気がします。描いて、白泉社に投稿して、ルーキー賞を5回ほどもらったんですが、・・・いつものごとく、続きませんでした。(おそるべし、熱しやすく冷めやすい体質)
でも、小説は長く続けたいなあ~><

いやいや、漫画も小説も、なんの考えもなく書き綴っているだけなんですが。
でも、もしかしたら今まで読んだものが、どこかで肥やしになっているんでしょうか。だとしたらうれしいですね^^
本ばっかり読んで・・・なんて、よく言われましたが、無駄なことはないですよね。(漫画も)
大海さんの直球は、太刀打ちできない剛速球ですよ(よくわからない褒め言葉になっちゃいましたが)
カーブやフォーク、どんなになるのかなあ。魔球レベルかも。
大海さんの隠し玉も、楽しみにしています。(いや、猫のマコトなんか、すごい変化球だとおもう・・・)

ブログのおかげで、本当に久々に漫画を描けて楽しいです。
相変わらず未熟なままですが、「楽しい~」と言ってもらえるのはやっぱり何よりうれしいですね。
また、時々描くと思いますので、どうぞご贔屓に!^^

ウゾさんへ 

うぞさん、おはようございます。
おお、時代劇。あれは愛すべきマンネリドラマですよね。(そうじゃないのもありますが)
水戸黄門とか、あのマンネリ感がお年寄りを安心させるんですよね。
そういえば、吉本新喜劇だって、毎回おんなじギャグで笑わせる。
まさに「繰り返しの極意」ですよ。
時代劇の中では、必殺仕事人が好きでした。
あれ、現代劇でできないかなあ・・・。

> ある 作家のシリーズて゜ 出だしの言葉が何時も一緒なのですよ。
> それが 最終回だけ違った… あーゆーのも 面白いなぁ。
それっていいですね!
その、最終回のための演出だったら、もっと痺れます。

なんと! スプーン曲げ先生! それは面白いです。なにより、旅館の備品を曲げてしまう先生が大胆(笑)
あれって、以前に検証番組がありましたよね。
スプーン曲げは、超能力なのか、そうじゃないのか!って。
実際は、人間が一番力を出せる角度とタイミングによって、「自力で」曲げているのだ という結果に落ち着いたのですが。
でも、もしかしてその先生が、本当に能力者だったら、めちゃくちゃ楽しいですね^^

私はどうも能力者を書くのが好きみたいで・・・。ちょこちょこそんな人たちが登場しますが、「またか」と思いながら読んでやってくださいね^^
楽しいエピソード、ありがとうございました。

「そうじゃなくて」続編→「ならば」 

「手を使え、手を!」と、ナギに 激おこぷんぷんまるの ミツルに そぉーっと 近づく影

「ならば…私が… はい…どうぞ…」
「あぁ サンキュ♪」
(; ̄ー ̄)...ン? …ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?
 …!(  *  ): ・_・)…振り返れば…へ( ̄ρ ̄へ))))) ウヘヘヘヘ

とは、如何でしょうか(*≧m≦*)ププッ...byebye☆

けいったんさんへ 

>  …!(  *  ): ・_・)…振り返れば…へ( ̄ρ ̄へ))))) ウヘヘヘヘ

ぎゃーーーー!
いきなりホラー展開に!
この第三者は、だれ~~!
面白い「続編」、甚く感動しております!!

けいったんさん、こちらにも来ていただいて、ありがとうございます!
小説の更新もせずに、こんなことして遊んでおりました(w)

来週から、じわじわと小説もUPしていきますので、またぜひ遊びにきてくださいね!!

NoTitle 

ミツルのまゆとキバ(?)とオーノーのお手上げ(?)にぷぷぷ。
2コマ目の無言で視線を交わすところも^^

アングルかあ。
物書きのアングルって、どんなんですかね。
絵が描けないから、そっちを考えてみた(-_-;)

けいさんへ 

けいさんは、いつもミツルの細かい表情を見てくれてて、うれしいですね~~^^
2コマ目、セリフはないけど、重要な「間」です。
漫画は、この間がかけるから、便利ですよね。
小説では、なかなかこれができない。
小説でギャグを書くのは、至難の業です。

小説のアングル! いい言葉ですね。
絵のように、煽りや、俯瞰の表現はできないけど、視点の切り替えでアングルを帰れますよね。
あと、物語の構造のアングル。
私は、立体交差した物語が好きです^^

^^ 

熱病のように寝る間も惜しんで~
これは体験者として。
よ~~くわかりますw

自分も半年ぐらいでしたが。
童話風なものを夢中で書いていました。
書きたくて書きたくて。
三日ぐらい平気で寝ないで書いたり。
まるで締切間直の作家のようでしたw

で。半年も過ぎたある日。
きゅうに「書く必要」がなくなって(と思った)
嘘みたいにぱったり書けなくなりました。

今思えば絵を描くのを止めたものの。
創作意欲がまだ消えていなかったのでしょう。
それが物語りを書くことに繋がったのだと思います。

今はそんな意欲もなくなり。
月1回のブログ更新をするのが。
精一杯のわたしですw^^)/

寝る間も惜しんで 

私も時には、寝るのも食べるのも面倒なほどに書いていたときがありました。
会社で仕事をしていても、浮かんだネタをメモにしていたりして。
そんなふうに情熱的な時期はあるものですよね。

考えてみると、中学生から最近に至るまで、私の友達にはひとりは、絵を描くひと、漫画を描くひと、というのがいましたよ。
そんな友達とフィクション話をするのは楽しかったなぁ。
現実の話ばっかりじゃつまらないですものね。

今は絵をお描きになるlimeさんとこんなお話ができて、嬉しいです。

漫画のアングル……あまりそんなふうに考えたことはなかったのですが、こうして例を挙げていただくととてもわかりやすいです。
なるほどね。

私からすると、ネタが浮かぶと漫画になさるlimeさんがうらやましいですよ。
楽しみにしていますから、どんどん漫画も描いて下さいね。
憂愁の美少年のイラストもお待ちしています。

ぎゃはははははO(≧Д≦)O 

ぎゃはははははO(≧Д≦)Oあははは
あははあああああああ!!!

楽しーーーo(^∀^*)o
確かにねーーーーー!!!!!

limeさんは絵も味があって可愛くて上手だし
お話も描けるし漫画を描く人としても良い線行ってたんですね~
私は結婚してから(笑)本格的に投稿始めましたけど
とにかくお話は書けないし
絵は古臭い。とか言われるし(;m;)
『ぶ~け』だったんですけど、
あそこは投稿者全員名前が載ることと
添削されて作品が返ってくるのが良かったので(笑)

今だったら、アンソロ本とか描いて
(とにかくオリジナルのお話がダメダメだったので(爆))
同人でコミケの抽選に行ってたかもね(爆)

ところで、
ナギくんは一生懸命動かそうとしてたんですよね??
でも重いから、なかなか動かなかった・・・
優しいナギくんだから、重くてめんどくさいから
動かさなかったんじゃないですよね???

どっちかな???(笑)

waravinoさんへ 

やはり、waravinoさんにもそんな時期があったんですね^^
やっぱりあれは、熱病のようなものなんでしょうね。
描かねばならぬ!という感じで、寝食忘れて描いてましたもんね。

そう、それで、ある時期突然、「もう描かなくてもいいかも」と、思うんですよね。
私は2年続きましたが^^;

>今思えば絵を描くのを止めたものの。
創作意欲がまだ消えていなかったのでしょう。
それが物語りを書くことに繋がったのだと思います。

あ、きっとわたしもそうなんですね。
創作意欲が、ちょっと変化して物語を書くようになったんでしょう。

思うに、絵を描くってとっても気力と体力がいるのですよ。
夢中になりすぎる人には、続けるのが難しいのかもしれませんね。

でも、waravinoさんも私も、きっとあの熱病は、無駄じゃなかったんですよね^^

あかねさんへ 

あかねさんは、小説の熱病にかかった時期があるのですね^^
ああ、それもわかります。
きっと物書きさんは、大なり小なり、そんな微熱を持ちながら生きているんですよね。
あまり高熱になると、体力的にしんどいのでしょうが。

私も、中学の頃は周りに、イラストがうまい子がたくさんいましたね^^
漫画の話でもりあがったり。
でも、私は本を読むのが好きだったので、自分では描かなかったですね。
その頃から描いていれば、上手くなれたかも。
描き始めたのは22歳くらいからですもん^^;遅すぎました。

でもいま、こんな話があかねさんと出来て、私もうれしいです。
いくつになっても、こういう話は楽しいです。

私は、小さなことを想像でふくらさせてSSに書きおこしてしまうあかねさんが、うらやましいです。
それができないから、漫画でSS^^
漫画の方も、またよろしくおねがいします。
ああ~、憂愁の美少年。描きたいなあ~~。

かじぺたさんへ 

わ~~い!
かじぺたさんに、いっぱい笑ってもらえて、うれしいよーーー♪
打てば響くかじぺたさんw
いつもありがとうございます!

おお!! かじぺたさん、ブーケに投稿だったのですか。
(いや、かじぺたさんが漫画を描いてらっしゃったとは!知らなかった~~。みたい><)
私はLaLaです^^。
憧れの清水玲子先生の漫画が連載されてたので!
ルーキー賞を何度かとって、白泉社のセミナーに招待されたりして、漫画家さん(樹なつみ先生)に直接お話を聴いたりしたんですが、やっぱり冷めやすい性格だったのか、続きませんでした。
・・・才能がないと気づいたのかもしれません(≧∇≦)

そうですよね、若い頃から描いていたら、同人誌とかに手をだしてたんでしょうね。
コミケとかに夢中になったのかも!
今は静かーーーに、こうやってブログで読んでもらえるのが、何より幸せです!
(もう、コメディ漫画しか、書けなくなっちゃったけど!!)

そう!この4コマのナギの本心ですよね。
これね・・・。
どっちにも取れるんですよね。
「う・・・重い。浮かない」と、本気で思って降参したのか、
「手で取るのも、めんどう」と思って、ボケてみたのか。

この両方なのかもしれません。
どっちにしても、ナギらしいような気が・・・しません?
純粋の中に、小悪魔を飼ってる、不思議少年ナギなのでした(笑)

なるほど 

こんばんは。

プロを目指すくらいの勢いでのめり込んでおられたので、サラッと描いてもこのレベルで描けちゃうんですね。納得です。この間の「負けず嫌い」のお話にも繋がると思うのですが、一つのことに集中して「何が何でもやる!」って方は早く上手くなるんですよね。limeさんらしいなあと思いました。

そして、四コママンガ。「スターウォーズ」の沼から戦闘機持ち上げるのと違って、これなら確かに手を使った方が早いですよね。

八少女 夕さんへ 

おはようございます。
日本は今日は、大雨ですーー><

この2年間は、夢中になりました。なんだったんでしょう(笑)
プロになれるなんて思ってなかったのですが、憧れの漫画家さんの連載する雑誌に、投稿してましたね。
熱が冷めてからは、本当に、このブログをはじめるまで全く描いていませんでした。
今は、自由にのんびり書けて、たのしいです^^

そうでしょう?
なぜ手を使わない!って、叫びたくなります(笑)

これ、ナギの天然ゆえなのか、それとも意地悪なのか。
その曖昧なラインを、楽しんでいただけたらいいな、と。
4コマ漫画って究極に短いけど、突き詰めたら面白い世界だろうなって思います。(大阪人に合ってる?)

拍手鍵コメYさんへ 

yさん、こちらにもありがとうございます!
以前からyさんが漫画を推してくださってたので、がんばってみました^^
じっさいは、自分の息抜きにもなったのですが。
絵柄を気に入ってもらえて、すごくうれしいです。
編集者にはいつも「少女漫画としては、華やかさに欠けます」と、言われ続けたんですが^^;
やっぱり難しいです。
またいつか、ひょっこり漫画を描くと思いますので、どうぞ見に来てくださいね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSさんへ 

おはようございます。
そうなのかもしれませんね。
まだ、なにをもっていい作品というのかも、分からないのですが、やっぱり自分の納得するものを書きたいですよね。
ありがとうございます!
うん、あの時代の少女漫画のキラキラは、やっぱり私には描けない世界でした。
そういえば、私はずっと少年マンガを読んで育ったんだった・・・。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

あ、私も、長編を書いたら、短編をかきたくなります。
でも実は、短編の方が難しいのですよね。
ついつい、いろんなことを書き足してしまって、短く終わらなくなる。

そんな中編が、ここにもたくさんあります。
だから、1話完結の掌握小説なんて、私にはなかなか・・・。

でも、漫画ならば、バシっと余計なものを捨てて描くことが、わりと簡単です。
4コマ漫画、たのしいですよ^^

でも、ご想像通り、漫画を描くのは本当に時間がかかります。
小説と両立って、なかなかできそうにありません><

この漫画を描いたことで、10年間ほどイラストレーターをさせていただきました。
商業イラストなので、漫画とはちょっと違うんですが。
なかなか、貴重な体験ができて、漫画を描いたのも無駄じゃなかったなあと思っています。
今は、収入の安定した仕事に転職しましたが^^

サッカーの組み合わせシミュレーション、面白そうですね。
朝、少しKさんのを読ませてもらいました。
なかなか、いい線なのではないでしょうか。
出場国が出揃ってないのが残念ですが。

また、改めてゆっくりお邪魔しますね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(おまけ漫画)『NAGI』 その3】へ
  • 【(雑記)このあとの予定】へ