『凍える星』パロディ漫画:『NAGI』

(おまけ漫画)『NAGI』 その3

 ←(雑記)久々に、観劇 →(雑記)漫画の話と、『NAGI』4コマ漫画
久々の、『NAGI』です。

小説『凍える星』の、おまけパロディ漫画。
早くも第3弾です。
続きものではないので、どこから読んでもいいですよ^^

出来たての、ほやほやをUPします。

※本編を読んでいらっしゃらない方へ
登場人物は、似てない双子、ミツル(兄)とナギ(弟)、中学1年生です。
突然、念動力を身につけてしまったナギに翻弄される、兄ミツル。
二人の何気ない日々を描いてみました。

(注・ナギには、念動力があるだけで、テレパシーは使えません。)



凪表紙3

1P.jpg

2P.jpg

333.jpg
4P


悪いのは、誰?
やっぱりナギ?(笑)

今回はちょっと長くなって、4ページ分になっちゃいました。
最初は2ページ漫画だったのに。
次回は、短めにしよう・・・。

どうぞまた、『NAGI』を、よろしくお願いします^^


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)久々に、観劇】へ
  • 【(雑記)漫画の話と、『NAGI』4コマ漫画】へ

~ Comment ~

あはははは(^0^*) 

2人とも可愛い~~~♡
これ、いっぱい描いてまとめて
紙媒体にして通信販売してくださいよ~~~

絶対買う!!!

NoTitle 

ミツルくん気の毒すぎ……(^^;)

大いに笑わせてもらいました。ありがとうございます。

NoTitle 

 こんばんは。
あーあー 此れは終わった 此れは辛い。
一瞬で 学校中に噂が充満して… そうして その噂を耳にした先生が
授業中に゜冗談めかして聞いてくる。
そうして 再び 妙に冷たい視線にさらされて…
ああっ 気の毒すぎるよーーー

かじぺたさんへ 

こんばんは~^^
早速読んでくださって、ありがとうございます!

二人共(ここ大事!)可愛いと言ってもらえて、うれしいです^^
ナギは、ちょっととんでもない天然ですけど、どうぞ、可愛がってやってください><(親心)

ああ、いいですね。いっぱいコピーして、せっせと綴じて・・・。やってしまいそう(笑)

また、地道に書き溜めますね^^
いやいや、かじぺたさんには、ただで読んでもらいますよ~~ww

ポール・ブリッツさんへ 

やっぱり、ミツルが一番可愛そうですよね(笑)
罪も無い企みだったのですが・・・。

ナギは共犯者にはなってくれませんでした。
なってたら、大変だけど。
しかし・・・ナギもこれ、悪気は無いはずなんですよ(本当のところ、どうなんでしょ)

楽しんでいただけて、とっても嬉しいです^^

ウゾさんへ 

こんばんは~。

これ、しみじみこの後のこと考えたら、悲しすぎますよね(笑)
ああ~、ウゾさんの想像通りになったら、ミツルが哀れすぎる><
先生にもからかわれるのか!!

でもきっと、・・・時間が解決してくれるでしょう!
うわ~。やっぱりかわいそう。病むかも、ミツル。

真っ直ぐで天然すぎる弟を持つと、ちょっとした妄想も命取りです^^;

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あらあ…… 

頑張れ、ミツルくん。
もしくはナギくんに頼らず自分でめくってまわる、突き抜けたキャラになってしまうんだ!
そこまでいくと「ええ〜、やだあ、ミツルくんたらあ」と、意外とウケることもあるから。
ま、保証はできませんが。

あはは 

スカートめくり!
かなり卑近なところを目指しましたね、みつるくん。
それにしもてナギの邪心無きいじわる……(言っちゃっうなんて^^;)
これがまた面白いです。

実はlimeさんの前作の漫画にまつわる絵面を発見してしまいまして。
近々記事に挙げたいと思っています。
観た瞬間、これ、limeさんの漫画にあった~と喜んじゃいまして。
こうご期待(*^_^*)

この漫画、ほんと面白いです(*^_^*)

鍵コメHさんへ 

漫画を読んでくださって、ありがとうございます~^^
漫画は、小説とは違って、さっと読めて、読者様のお時間を取らせないところが気に入っています。
制作時間は、小説とおなじくらいかかっちゃうんですが、別の楽しみがありますね。

最初は一瞬で読める2ページ漫画・・・だったんですが、伸びました~~(笑)
息抜きに、また書いていきたいと思います^^

八少女 夕さんへ 

おはようございます。
おお! これは斬新ないけんですよね。
ミツル、突き抜けたキャラ作戦!

ちっちゃいナギがめくっても許されそうだけど、すでにおっさん臭いミツルがめくったら・・・。
おおおお、なんだか通報されそうな危機感が (≧∇≦)
そしてどんどん、奈落におちていくミツル・・・。

本編のお話もシリアスですが、こっちの展開も別の意味でシリアスになりそうですww
でも、・・・おもしろいかも(爆)

大海彩洋さんへ 

スカートめくり・・・。なんかもう響きが懐かしいですよね。
ミツルはまだ、何もしてないのに(笑)←まだ?
ずっと一緒に暮らしているのに、ナギの性格を100%把握していなかったミツルの敗北でしょうw
今回は、文字少なめにしてみました。
文字で書くのとはまた違った「間」が書けるので、漫画って便利です^^

>実はlimeさんの前作の漫画にまつわる絵面を発見してしまいまして。
近々記事に挙げたいと思っています。

ええ??なんでしょう。なんだろう。・・・前回の??
わからないけど、すごく楽しみにしています!!

今後共『NAGI』を、よろしくお願いします^^
(ああ~、本編のイメージを、自分でどんどん崩していってる気が・・・)

NoTitle 

ぷぷぷ。点目が漂うその空気、どうしましょう。
こもったって、鍵を開けられる人がいるし。
今日も一日学校、頑張ってよ^^

けいさんへ 

けいさん、こんばんは^^
ふふ。
あのどよ~んな空気感。彷徨う点目。
ミツルはもう、かなりな痛手でしょう。

ああ、そうか。
こもったって、いくらでも鍵を開けられてしまう。
なんてこったい。
一時間目、観念して出るしかなさそうですね^^
そんなミツルを、今後も応援してください。

NoTitle 

う~ん。。サラリーマンしてた時に見た、女子高生の黄色いパンツを思い出しました(^_^.)

kaziさんへ 

ははは。
見えますよね~。見ようと思わなくたって、今の子、スカートが短いから、見えちゃいますよね^^;
嬉しいような、悲しいような・・・感じでしょうか。

(^^(^^かわいそうだけど。 

いやー、もうー、純粋に笑えました。
大きな声でこんなことを言う、悪気のないナギくん。
悪気がないってのはね、実はとーっても悪いことなんだよ、とミツルくん、言ってやっていいよぉ。

だけど、別にナギくんが悪いわけでもないんですよね。
それにしてもそれにしても、この瞬間のミツルくんの凍りつくような気持ちは、おばさんにだってよーくわかります。

だけど、ミツルくん、ごめんね。
笑っちゃいました。わはは。

あかねさんへ 

あかねさん、おはようございます^^
笑っていただけて、すっごくうれしいです。

ナギ、本当に悪気がないだけに、困ったもんなんですよね^^;
ミツルも、それはわかってるんだろうけど・・・これはやっぱり辛そう(笑)

このあとのミツル。どんな一日を送ったのかと思うと、泣けてきます。
でも、あかねさんが、そんな気持ちをすごーーーくわかってくれて、ミツルも救われます><
(笑ってしまうんだけどww)

こんな感じで、ミツルの人知れない受難は、続くのです。
これからも、NAGIをよろしく^^

NoTitle 

いやぁ、limeさんのマンガ大好きです。
ごくって唾を飲む感じ、あの間。
すごく上手いなぁと感心しています。
削れず4ページになってしまうのも頷けます。

私はおばちゃん目線なもので、ナギは悲しい思いをして思春期を過ごしていただろうから、こんな風に幸せに登校していたんだなと思うと、それだけで嬉しくなります。(すっかり近所のおばはん^^)

ミツルの表情可愛すぎです!

ごろちゃんさんへ・1 

ごろちゃんさん、ありがとうございます~~。
また懲りずに、漫画を上げてしまいましたが、そう言っていただけてめちゃくちゃうれしいです♪
漫画って、小説よりも間が取りやすいんですが、そのぶん、スペースを使ってしまいます。
間イコール、スペースなんだなあ・・・。つくづく。
・・・ということで、どんどんページ数が増えていきました(笑)

ナギは、本編よりも天然で、気ままですよね^^;
ミツルもどんどんかけ離れていってしまう~。
でも、本編の二人の青春が辛すぎたので、おまけ漫画くらいは、穏やかに過ごさせてあげてもいいですよね^^
(ミツルは、ちっとも穏やかじゃないんですが><)
ごろちゃんさんや、みなさんが優しいコメをくださるので、またきっと描いてしまいます。

・・・いや、次の雑記も、ナギたちが出てきますよ!(どんだけ~)汗

こんにちは 

「ゲームは魔物」
名言です。ワタシもその魔物に取りつかれているようです

kyoroさんへ 

kyoroさんも、魔物にとりつかれてしまいましたか^^
私も昔、やられました。
夜中も気になるんですよね、あれ。
最近は時間がないので、手を出さないようにしています><

拍手鍵コメNさんへ 

えへへ。
ナギの天然ぶりは、ますますミツルを振り回します。
これ、本当にナギは、悪気がなかったという設定なんですが。
それでもミツルは、うかばれませんよね^^;

NoTitle 

まあ、この辺は男心というかダンディズムといいましょうか。
男の美学です。・・・なんて言葉で括ってしまえるようになるにはもう少し年齢が必要ですね。男性でも女性でも。

LandMさんへ 

うん、なんか分かるような気もします。
美学かあ・・・。
ナギは、まだまだお子様です。
ミツルも・・・まだ青いですね。

NAGI2.3 

先程はコメントありがとうございます。

まずは2から、これは自然の摂理だから仕方ないにしても、よくわかります。自分の家の玄関はツバメの巣があるので、三年に一度くらい蛇が来ます。小さい蛇なら追い出すか、あるいはやっつけます。その理由はうちんガタでわりい事するけんじゃ!と言う理由なんです。

でもここ何年かはからす蛇と言う大きい蛇が来るので、祖母ももう守りきれんと言うので、黙認してる状態です。
って言うより家でツバメの巣を作らんでほしいと思いますね。蛇が来るのは迷惑ですからね。木の枝かどっかで作っちくりいって!

この話の絡まれた蛇も可哀そうかな?

3ですが、みつるの気持ちはわかりますが、ナギも声大きすぎって思いますね(笑)。思春期特有のもんでしょうね。

最近は漫画の記事ばかり観てますが、limeさんは画を描くのが本当に好きなんだなって思います。
limeさんは画も描けるし、小説も書けるし、すごいなあって思いますよ。

漫画はさらっと読めるけど、作る側にしたら大変ですよね。こちらも文字だけで物語を表現してますが、画の場合は書くのは時間かかるし、表現方法も大変だと思います。自分的は画の方が大変だなって思ってます。

また暇な時に遊びに来てくださいね。待ってまーす。

楓良新さんへ 

NAGIを読んでくださって、ありがとうございます!

楓さんの家にも、燕を狙って蛇が来ますか。
自然の摂理だから、仕方ないと思っても、やっぱり燕に味方してしまいますよね。
卵を狙うならまだしも、ヒナはやっぱりかわいそうで。

カラスヘビって、どんなのかな。黒いのでしょうか。
私の田舎には青大将やマムシが多くて、山歩きはけっこう危険です。

まあ、なんにしても、ナギに睨まれたら、蛇も、蛇に睨まれたカエル状態ですよね^^;

そう、3は、本当にミツル、哀れ。
ナギは幼いので、ミツルの微妙な感情がわからなかったのかも。

そうなんです、絵を描いたり漫画を書くのは大好き。(小説の次に)
でも、とても時間がかかるし、体力と精神力を奪われて、へとへとになってしまいます。
だから、たまーーにしか書けません。
漫画家さんって、本当に大変な精神力がいるんだろうなあと感じます。

また、ナギをよろしくお願いします^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)久々に、観劇】へ
  • 【(雑記)漫画の話と、『NAGI』4コマ漫画】へ