「白昼夢 」
第2話 扉

白昼夢 第二話 扉(5)

 ←白昼夢 第二話 扉(4) →ラビット第3話 0.03秒の悪魔(1)
11月とは思えない暖かい土曜日だった。
平日は割と閑散としたこの通称噴水公園だが、休日ということもあってちらほら親子連れの姿が見える。

マキは昨夜、ベッドの中でもう一度あの記憶を反芻してみた。
あまりに一瞬で、バラバラに切り取られて並べられた画像の一つ一つの意味は分からなかった。
ただそれに添付されるように激しい感情が読みとれた。
誰に向けられているのか分からない激しい怒り。
そして今もマキを苦しめているほど強烈な母親への気持ち。
母親から受け取った包み込むような愛情。
ある日無惨に断ち切られたそれらすべての想い。
絶望と言う感情があるなら、あの瞬間味わったもの以上の絶望があるだろうか。
出来るなら一生見たくない地獄。きっと開けてはいけなかった扉。

“心配してると思うけどな”

その夜自分の帰りを待ちわびてリビングのソファで眠る母を見つけた。
久しぶりに見つめたその顔には、いくつものシワが刻まれていた。
すべての呪縛が溶けたように涙があふれてきた。
他人の心の隅にチラッと浮かんだ妄想を盗んで勝手に自暴自棄になっていた自分に無性に腹が立った。
「ごめんね、お母さん」

訳の分からない切なさは彼の感情なのか自分の感情なのか分からなくなった。
寂しくて、悲しくて、苦しくて。
他の人間の意識を読む。
それはその瞬間、その人と一つになることなんだ。
壁とか体とか、全てを越えて。
そしてマキは自分が思っても見なかった方向へ心が歩き出そうとしているのに気がついた。
あの時自分が何故もう一度会う約束をしたのかがやっとわかった。


マキは広い公園をぐるりと見渡した。
噴水に面した4つのベンチには親子連れが一組いるだけだ。
・・やっぱり、いるわけないか・・・。
込み上げてくる寂しさを振り払いながら、マキは自嘲気味に笑った。
自分はいったい何をやろうとしていたのか。

帰ろうとしたマキの視線の先。
メタセコイヤの木の陰にポツンと置かれたベンチがあった。
むこうを向いて座っている人物は明らかに眠っているのがわかる。
ベンチの背もたれに肘をかけて、そっと頭を乗せている。
見覚えのあるフワリとしたくせっ毛。

ゆっくり近づいて顔をのぞき込む。
気持ちよさそうに眠っている顔はまるで少年のようだった。
小さく心臓が疼いた。
何日も会っていない大切な人に会うような不思議な気持ちだった。
記憶の断片を共有してしまったこの人に対する思いが、マキの中でどうしようもなく膨れていく。
その感情を何と表現していいのか分からない。
ただ、犯してはいけない領域に踏み込もうとしているのはわかる。
この人の、
もっと深く。
もっと奥へ。
しだいに大きくリズムを刻む鼓動に耐えられなくなり
マキは空を仰いだ。
「ごめんなさい、神様。もうこれで最後にします」
華奢な白いマキの指先が眠ってる男の頬にそっと触れた。
あたたかな体温とともに、無防備な記憶のすべてが指先からゆるやかにマキの中へ入ってくる。
マキはゆっくりと目を閉じた。



噴水のかすかな心地よい水音と乾いた草のにおい。
サワサワとそよぐ小春日和の風。
どこかに隠れている小鳥たちのチチッというさえずり。
遠くではしゃいでいる子供達の楽しげな声。

ポタポタと流れ落ちる涙をぬぐうのも忘れて、
マキはその場に立っていた。
長い長い、気の遠くなるほどの時間を取り込んだあと、
ありとあらゆる感情に押しつぶされそうになりながらマキはゆっくりと息を吐いた。
それでもまだ眠り続けるその男を愛おしそうに見つめた後、
マキはその頬にそっとキスをした。


どれくらい経っただろう。
太陽はもうかなり高い位置から地上を照らしている。
目を覚ました青年は“ヤバ・・・”という表情を浮かべて腕の時計を見た。
少し伸びををすると辺りをキョロキョロと見渡し、
しばらくボーッと遠くに見える噴水の白い水しぶきを見つめていた。
やがてシャツの胸ポケットに何か入っているのに気がついて、そっと抜き出してみた。
白いメモ用紙に幼さの残るブルーの文字が並んでいる。

『ごめんなさい。 
 大切な物を盗んでしまいました。
 でも、もう二度と扉を開けることはしません。
 ほんとうにごめんなさい。 そして ありがとう』

しばらく青年はじっとそのメモを見つめて何か考えていたが、やがて肩をすくめてつぶやいた。
「やっぱ、わかんないや。女の子って」
右手で髪をクシャッとかき上げて立ち上がり、もう一つ伸びをした。
ちらりと見た携帯に2件の着信履歴。

「・・・怒ってるかな、坂木さん」

心配性の相棒の顔を思い浮かべてクスッと笑うと、少し急ぐようにポケットに手を掛けて歩き出す。
その胸元には何も語らない銀色のクロスがキラリと光っていた。

                    
              (第二話「扉」END)


第二話まで読んでいただいて、ありがとうございます。
まだ詳細がわからなくてごめんなさい(>_<)
次回の第3話で、具体的になります。
でも、その前にラビット・ドットコムをUPしようかな・・・と思います。
さあ、稲葉くん、次は活躍できるでしょうか。

次回の更新は『ラビット・ドットコム』第三話「0.03秒の悪魔」です。
どうぞ、遊びに来てください(^o^)/


余談・・扉・・DOOR・・開けた瞬間、何かが展開します。
    マキが開けたのは禁断の扉でしたが、何かが始まる予感のDOOR、開けてみたいですね。
    そんな想いでこのブログの名を付けました。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第二話 扉(4)】へ
  • 【ラビット第3話 0.03秒の悪魔(1)】へ

~ Comment ~

むふふふふふ。 

むふ、むふふふふ、むふふふふ~!!


あぁ、そうだった。これが私の中に陽が息づいてしまったきっかけだった。
うお~~~!書かねば。

ははは。 

あきささん、いつも突然に。笑

思えば、あきささんにはいつもこっそり最初に読んでもらい、いっぱいあの二人を愛してもらいました。
もう、感謝(T_T)

そう、あきささんも書かねば!
・・・なんて、猛スランプの私に言われてもね・笑

忙しいのに覗いてくれてありがとう!

お疲れ様でした。 

第二話完結おつかれさまでした。
とても謎めいた展開ですね。

limeさんのブログの名前にはそんな意味が込められていたのですね。

ダブル連載は大変でしょうけど、頑張ってください。

ありがとうございます♪ 

なかなか進展しないお話ですが、読んでいただいてうれしいです。
白昼夢はミステリーではないので、大きな謎はないのですが、
気になる展開にもっていきたいと思ってます。

長いので最後まで・・・とは(厚かましくて)言いにくいですが(笑)どこか
途中まででも旅を見守っていただけたら嬉しいです!
ハッピーエンドではないのが心配どころです(^_^;)

NoTitle 

マキちゃんもレギュラーメンバーにはなりそうもない空気ですねえ。

キーパーソンにはもってこいの人だと思うんですけど。

でも出たら出たで不幸な最期を遂げそうだなあ。

またこんど続き読みます。

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさんへ

はいー。マキちゃんも、レギュラーじゃないですねえ。
でも・・・出ないとは限りませんよ・笑
なかなか使えそうなキャラなので、別の短編で登場させたいな、と思っています。

これから女性の登場は少なくなって、男臭くなります。
ごめんなさい。
男性読者には物足りない展開かもしれませんね。

NoTitle 

爽やかな終わり方にしたのがマキ。
それはマキも大人の扉を開け、上り始めた証かもね。

このお方がv-10陽ちわんなのね。
このボーイズが・・・
むっはぁ~~
楽しみぃ~~

ポチして帰るずらん。
v-410

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴゆうさんへ 

そうか!
マキは大人の階段への扉を開けたんですね!
・・・と、新たな発見に感動する作者!
いいことをおっしゃる^^

そうなんです。彼が陽です(*^-^*)

ぴゆうさんにも気に入ってもらえるといいんですが・・・。
もう一人の、ひげのおっちゃんも、ついでに宜しくです^^

扉 

『触って人の心を読めるキャラが、その能力を使って事件を解決するドラマがありましたが、
あんなの嘘っぱちだと私は思うんです。
きっと気が狂ってしまう。

その物語は、もう書き終えてしまったんですが・・・こっちが気が狂いそうに苦しかったです^^;』

↑これ、実は分かるような気がします。
他人の‘闇’に共鳴する苦しさ。
実は、『虚空の果ての青』にも、そういう能力を持った女性が治療師として出ていて、ヒロインの治療をするのです。その中ではさらりと流しましたが、彼女の物語もいつか描こうかな、と今突如として思いました。

扉の意味、なるほど~、と思いました。
禁断の扉。
fateなんて開けまくっているから、いつか狂ってしまうんじゃないかと…(^^;

秋沙さんとは、ものすごい旧知のご友人なのですね。
なんか、良いですね、そういう繋がり。
fateはリンク(トップ)先の‘かつまさん’とは、個人的にかなりお付き合いありますかね~。まぁ、いろいろと(^^;

浄化。
同じ意味で、fateは‘昇華’を使います。
fateの人物が‘闇’を昇華出来るとき、fateも少しずつ楽になっているのかも知れません。
なんだか、陽さんには親近感です。坂木さんは、今後どんな風に何を運んでくるのか、楽しみです!!


fateさんへ 

fateさんには、いろいろ深い部分を読みとって戴けているようで、すごくうれしいです。
(いや、そんな深いテーマを描いてはいないんですが、なんというか、空気を・・・です)
「扉」では、具体的なことを何も提示しなかったんですが、次話から、ぐっと陽と坂木の世界を描いて行きます。

『虚空の果ての青』は、まだ読んでいませんでした。じゃあ、次は、その作品を読ませていただきますね^^
(なかなかコメを書きに行けなくて、ごめんなさい~~。ゆっくりと読み進めています。)

そうですよね。
読みとる心が健全ならまだいいんですが。
人には、入りこんではいけない部分があるんですよね。それを超えれば、精神に無理が生じるんじゃないかと・・・。

秋沙さんとは、mixiの友達で、もう4年以上になるでしょうか。
秋沙さんが、ふ・・と書きだした短編小説に感化されて、私も「白昼夢」を書き始めたんです。
「白昼夢」は、その時のmixi仲間5~6人に見せるためだけに、書いた物語なんです。

こうやって、沢山の方に読んでもらえて・・・嬉しいです(*^-^*)
だから、きっかけをくれた秋沙さんには、本当に感謝^^
fateさんも、そんなお付き合いの方がいるんですね。
なんだか、心強いですよね^^

さあ、第3話からの、坂木と陽の物語。fateさんは気にいってくださるかな~~。ドキドキ。

RIKUのようなうそつきなのか…? 

こんばんは。

今はお付き合いがなくなってしまったので判りませんが、この女子高生と同じような能力を持つと自称する方と交流していた時期があります。

ワタシ自身もある種の勘が異常に良いと親しい友人から言われてはいるのですが、その方の「能力の告白」を聞いたときは、驚くのと少し意地悪な気持ちで、「私が(患った大病の為に)失くした二年間の記憶を読み取れないか?」と頼んだのですが…。

すごく申し訳なさそうに「ごめんなさい。見えませんでした」と言われたあと、音信不通になりました。

単なる虚言癖の人だったのか、それとも「リクのようなうそつき」なのか?お付き合いのなくなった今では判りません…。

とまれ、この「黒い天使君(仮称)」の記憶は、物語の重要な鍵のようですね。
次回は心して第三話を拝読しようと思います。

有村司さんへ 

おお、早い、もう2話を読んでくださったとは!
(自分の遅読ぶりが、情けなくなる)

そんな事をおっしゃるご友人が?
うーーん、どうなんでしょう。
実際、この能力を本当に持っていたとしたら、口が裂けてもそのことを他人には言えないと思うんです。

私、別物語で、この能力をもつ人物を主人公にしておりまして。
その子は、この能力のお陰で、血を吐く思いで生きております。
人の記憶が読めるというのは、秘密も、憎悪も、たとえばあられもない性生活も、覗き見てしまうことで。
選んで取り入れることなど、出来ぬはずで。
多分・・・違うのでは・・・。

でも、なんとなく勘が良くて人の心が分かるという人なら、きっと居ますよね。
その子はきっと、そんな子なんでしょう^^

さて、次は3話ですね。短いです^^

これを読めば、少しは2人の正体がわかるかも。
秋沙さんのも、分かるようになるはずです。

こちらから 

こちら作品から読むことにしました。
タイトルの白昼夢と言う言葉に惹かれまして・・・

今日は第2話までにします☆
読みやすくてひき込まれていく感じでかなり面白いです♪
続きが楽しみです。

さやいちさんへ 

おお、「白昼夢」を読んでくださってるのですね。
嬉しいです。

この作品、実は、生まれて初めて書いた作品なのです。(4年前に)

友人数人に読んでもらうために、ほんのいたずら心で書いた物語。
だから、今読むと本当に文章が拙いのですが、思い入れはとても強いです。
(この物語を書いたことによって、書く楽しみに気付き、現在にいたります・笑)

第3話から、やっと「陽」と「坂木」の物語が始まります。
さやいちさんに、気に入っていただけたら、うれしいです^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

ありがとうございます。
マキ、このあとしばらくは登場しないのですが、もう一回だけ登場します。
マキも、プロローグの脇役に過ぎなかったわけですが、けっこうお気に入りのキャラになりました。

次回から、やっと二人の主人公の正体がわかります。
前置きが長くて、すみません><

はい、温かいコメをたくさんもらえて、幸せです。
長く続けるうちに、少しづつ、少しづつ、読んでもらえるようになりました。
コメント、ありがたいですよね!
Kさんのコメも、とってもうれしいです!
平日はなかなかゆっくりお邪魔できずにごめんなさい。また、おじゃましますね^^

NoTitle 

KEEP OUTシリーズの春樹と同じ能力者、ここにも登場していたんですね。
でも、春樹と違って、マキちゃんは、ずいぶんと気の強そうなタイプ。やっぱり女性だからかな?

謎の二人組は、まだ謎のままでしたね。
何か反社会的なことをしているように思いますが、それほど悪い人間ではないような気も。
必殺仕事人みたいな存在?
今のところはそんな印象でしょうか。
こういう謎で引っ張られていく展開、私好みです。

【相互リンク・相互RSSのお願い】 

管理人様

突然のメールを失礼いたします。
「喪女のための本のある生活スタイル」というサイトを運営しているoomuraminaと申します。
この度、サイトを拝見させて頂き
ぜひ相互リンク・相互RSSをお願いしたくご連絡させていただきました。

誠に勝手ながら、先に以下サイトのサイドバーにリンクを貼らせていただきました。
http://booklifestyle.com

お手数ですが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます。
よろしければ、当サイトと相互リンクを結んで頂けないでしょうか?
ご検討の程、よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------------
(ユーザー名:oomuramina)
(メールアドレス:oomuramina@yahoo.co.jp


(ブログ名:「喪女のための本のある生活スタイル」)
(ブログURL:http://booklifestyle.com
---------------------------------------------------------


片瀬みことさんへ 

片瀬さん、『扉』も読んでくださって、うれしいです。
ここから(なぜか)三人称です(爆)
そうなんですよ、マキは、春樹の原型です。
でも性格や使い方がまるっきり違いますよね。
マキの使い方のほうが、漫画などでは一般的なのかもしれません。
(春樹は、ヘタレすぎるんでしょうね^^;)

この組織は、たぶん反社会的というより、超独善的な組織なのかも。
(そうそう!必殺仕事人的! でも無償)
次回、この二人の関係や、組織について分かるはずです。めちゃくちゃ簡潔に書きました・笑

この処女作も読んでくださって、本当に感謝です><

oomuraminaさんへ 

いらっしゃいませ。
ここは、リンクフリーなので、どうぞお気兼ねなく^^
まだ、そちらのサイトを良く知らないので、相互はちょっと待ってくださいね。
また、時間のある時にゆっくり寄せてもらいますね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月 ~あらすじと解説~

 このお話は白昼夢シリーズの中の「扉」をもとにしています。 まだお読みになっていないかたはぜひ、そちらを先に・・・。  ユミは、売...
  • 【白昼夢 第二話 扉(4)】へ
  • 【ラビット第3話 0.03秒の悪魔(1)】へ