☆雑記・四方山話

(雑記)ああ、そうだったかも。

 ←(雑記)検索キーワード →ココにいるよ 第3話 裏切りの代償

仕事でよく、商品撮影をすることがあるのですが、
今回、カメラや機材を新しく購入して、私とチーフの使ってる部屋に、簡易撮影スペースを作ることになりました。
私の役目はいつも、チーフのアシスタントなんですけどね^^

今までは、テラスの自然光を利用して撮っていたのですが、雨天の時には光量が足らず、苦労していたのです。
室内で撮れるようになれば、時間も短縮できます。
(まあ、太陽待ちで、横の池に浮かぶカモたちを眺めるのも楽しかったんですが)

とはいえ、完璧屋内の撮影は、今までレンタルスタジオでしか経験がなく、この際ちゃんと学ぼうと、昨日プロのカメラマンさんに来てもらい、ライティング講習を受けました。
とにかくよくしゃべる気さくなカメラマンさんと、いかにも!というかんじのくるくるヘアの助手さんひとり。

日々、商品と格闘してるエピソードや、とっておき裏技を、まずは1時間くらいトーク。
聴いてるだけで面白い^^

そして昼前に、やっとライティングを組んでもらって、商品を試し撮り。
これがね、いい塩梅なのです。柔らかく、まあるい陰影。
この「柔らかく、まあるい」感じが、なかなかスタジオでも出せないそうなのです。
入射角、反射角、光の回り方、そういえば、昔大学で学んだことが、ぼんやり思い出されます。(ぼんやりね)

「いいね、このライティング、うちのスタジオにも欲しい!」と、彼らも大満足のセッティングができました。

「じゃあ、頭に入れてください。撤収します」
そう、もう一度ゼロから、このライティングに、私たち二人で組み直すのです。
簡単だと思いました。15分でできる。
だって、位置も使用機材も頭に入ってる。完璧に。

ところが、できないのです。
あの、まあるい影を作ることができない。私もチーフも、ショックでした。
メインライト、トップライト、トレペのディフューザー、レフ板、点灯するライトの数。位置関係、入射角度。
少しずつ位置をずらしながら、調整しながら、慎重にやっても、どうしてもさっきまで無かった影が出る。
いらない光が混ざる。
まさか。なぜ? 本当に手は尽くしたのに。
時間は予定の1時を過ぎましたが、諦めるなんてできません。
できないはずがないんだ。
どうにも悔しくて。
「いいですね、悔しいと思ってもらわなきゃ。僕らが来た意味がない。15分でできちゃったら、僕ら、泣いて帰ります」

「じゃあ、答えはあるんですね?」
「ありますね」
と、余裕の笑みです。く・・・。もうちょっと頑張るもん!
でも、ついに昼食も取らずに、3時。
「あなた、すごく負けず嫌いでしょう。目が戦闘態勢になってる」

う・・・。そうかも。小さな頃、私は確かに負けず嫌いだった。
かないっこないのに、15歳も年上の兄と、よく勝負して、負けてずっと泣いてた。

「どうです? ここまで悩んだのならもう、銀です。ここで答えを聞けば、来年には金が取れます」

残りの時間を、金に向けてステップアップさせたほうが、よくはありませんか? と。

どうやら、3時まで私は、3人を引き止めていたようです。
幼い頃のわがままが、こんなところで出てしまったようです。
でも、どうやら銀は、確保しました。

あんなにいろいろ試したのに、まだほかに、何かあるの?
けれど、アシスタントさんは、ほんの10分で、最初のあの、柔らかいライティングを作り上げました。
答えはあったのです。

ああ・・・・・・・・。そうか。考え方だ!! そして、あれなんだ!

押しても引いてもダメなら、教えてもらう。これも大人の決断。だけど、15分で諦めてたら、この「納得」は、得られなかっただろうな・・・と。
そのあとの6時までの講習は、とっても楽しかったです。
しかし、あの3時間で私、めちゃめちゃ疲れきっていたのが、残念でしたが^^;

明日も彼らの講習があります。今度は、大人しくしていようと思います。

みなさんも、「あ、自分は負けず嫌いだったんだ」と思う瞬間ってありますか?

分野が違っても、「これは、燃えてしまう」ということって、あるのかもしれませんね(*^-^*)



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)検索キーワード】へ
  • 【ココにいるよ 第3話 裏切りの代償  】へ

~ Comment ~

まず… 

本筋からはずれているのかもしれませんが、この『簡単そうなのになぜ同じようにできない』件。
私が時々行く三宮の料理屋さん(予約した時にしか開けない、結構偏屈オヤジの店)で出される料理。すごくシンプルで、いつも作り方を教えてくれる。
で、家に帰ってやってみる……
友人は言う。「こんなんやったっけ?」……うん、確かに違うね!
家庭で作れるフランス料理を習いに行っていた時も。
……レシピまであるのに、なぜか違う!
(私は、今でもこれはパン粉の違いだと信じている)
そう、でも答えはあるのですよね。
実は、魚ひとつにしても「焼く」ために費やしている時間。
蒲焼半世紀以上というおじいちゃんの焼き方見てると、うん、それかもと。
料理って、シンプルな部分が実は一番難しいんですよね。

負けず嫌いだったと思うのは、三味線かなぁ。
練習の後とか、大会の後とか、いつも自分や自分よりうまい人(ばかりなんだけど)を越えたいと思って、しばらくはがむしゃらだけど…すぐに萎える~~^^;

ヘタレでもあるのですが 

こんばんは。
私も変なところで負けず嫌いかもしれません。「もう、いいよ」と言われると引けなくなっちゃうところはlimeさんと同じかも。でも、はじめから勝負をあきらめることもけっこうありますので、ヘタレでもあるのかも。

「こんなの簡単だ」と思っていたのに、自分でやってみるとできないことってけっこうありますよね。それも丁稚奉公十年していないからできない、というようなことではなくて、本当に小さなコツ一つなのに、それができないこと。今回のlimeさんの経験のように、試行錯誤して悩みまくった後で答えを知ったら、もう絶対に忘れないでしょうね。お腹は空いたでしょうけれど、講師のお二人はそれを体得してもらって大満足だったんじゃないかしら。

大海彩洋さんへ 

簡単そうなのに、できない。これって、料理なんかに、ありそうですよね。
あれも、レシピ以外の、カンが必要なのかもしれませんね。
火力だって鍋だって、少しずつ影響し合うでしょうし。(パン粉かもww)

料理にその「悔しさ」を抱く人は、きっといつかいい料理を作るんだと思います。
大海さん、こだわったら、すごいの作ってしまいそう^^竹流も顔負けの。
私はあまり食にこだわりがなく、好きな創作をする時間があれば、ずーーーっと、パンとコーヒーで、生きていける(笑)
それは人間として、どうよ・・・という感じなのですが><

三味線や、楽器にガムシャラになるのも、いいですね~。
私はピアノをやっていましたが、自分には素質がない!と悟った瞬間から、白旗をあげました。
そこで負けず嫌いが発動してれば・・・と思うのですが。
大海さんはきっと、この先も三味線と、深いお付き合いができるのでしょうね。
私も何か、楽器・・・したいなあ><(今更?)

八少女 夕さんへ 

ああ、私も最初から勝負を諦めているもののほうが、多いです。
スポーツでもそうですし、人前に立つことも苦手ですし、あまり何かに燃えるタイプではないのですが。
たまに、妙なところで火がついてしまうんです。

講師の二人は、辛抱強かったですね(笑)時間はまったく気にしていないようだったので、こちらも随分ひっぱってしましました。
今日は大人しく受講します><
絶対にできる、と思ったことができない。これが、危険なのですよね。火がついてしまう^^;
だけど、試行錯誤する時間は、きっと無駄ではないのですよね。
どんな世界にも、極めた人ならではのコツや感覚があるのですよね。
カメラマンさんも、「僕らはこのライティングの加減が、カンでわかりますが、半熟卵は、上手く作れません」とw
半熟卵なら、けっこう自信ありますよ(爆

NoTitle 

 おはよう御座います。
あのーーー 小説を 文章を書こうなんてタイプは基本 負けず嫌いな性格多いでしょう。
其れも ブログと言う誰でも見る事が出来る媒体として書く ある程度無謀 ある程度負けず嫌いでなければ こーゆー事しないかと…

僕はね 器用貧乏なのですよーー だから 基本初めは 誰よりも簡単そうに上手くやっている様に見えるらしくて…
いえ 負けず嫌いですから 努力家なのですよ。

ウゾさんへ 

そうか、そうなのかも(笑)
じゃあ、ブロガーさん仲間に、「あなたは負けず嫌いですか?」と聞くと、100%YESなんだ!

私はあまり闘争心がない方だし、目立つことが嫌いだから・・・って思ってたんだけど、そうでもないのかもしれませんね。(笑)
でも、この匿名性のある世界だから、ここにいられるってこと、あるかもしれません。
私フェイスブックは、たぶん怖くてできないと思います><
臆病だけど、負けず嫌い・・・。
う~ん、厄介(笑)

穏やかで知的なウゾさんも、やはり熱いハートがどこかで、ギラギラとしているのでしょうね!
そんな面も、見てみたいです!

NoTitle 

ライティングが変わっても、どこがどう違うのか分からない、という人のほうが多いと思います。
見える人からは、こんなに違うのにと感じられても、たいして変わったようには見えなかったりします。

1)興味を持った。
2)望むものがイメージできる。
3)違いが分かる。
その上での負けず嫌いは、幼子のわがままとは別物だと思います。
そういう負けず嫌いは、案外楽しい。
ですよね。

NoTitle 

なんか・・ 送信する前に消えた(>_<)
いいんだぁ・・ もっかい打つもーん!!(ぶつけどこのない怒りがww)

興味のあること、(仕事なんかで)覚えなければならないことを
理解できた時の喜びって大きいですよね^^
自分で悩んで考えて、それに費やした時間が多ければ多いほど
理解できた時の喜びも一入なのだと思います。

私も負けず嫌いですよ~ぉ^^;
と言っても、自分の興味のあることにはトコトン!!って感じで
関心のないものに対してはメチャメチャ冷めてますがww
人に聞くのは最後の最後の手段・・だと思ってます^^

「銀じゃやだ!金とるまでやるんだ!」って言ったら
それはわがままになるかもしれませんが
まわりの方が許せる範囲での時間をめいいっぱい頑張ったのですから
それはわがままじゃないですよー♪

NoTitle 

たしかに15分で覚えられてしまったらプロのいる意味がない……。

合理的な教えかたと、それを理解するための努力が両方あってこそですよねえ。

教育者と称しながら「合理的な教えかた」には目をつぶり、「ひたすら努力」の精神主義を強くような輩には正直退場願いたい……。(← なにか嫌な記憶でもあるのだろうかわたし(^^;))

しのぶもじずりさんへ 

ありがとうございます。
この負けず嫌いは、許される負けず嫌いなのですね^^

写真は常に手探りでやってきましたが、やはりプロの知識はすごいし、ありがたいです。
答えがないような物にも、ちゃんと同じ苦労をしてきたものが出す、答えがあるもんなんですよね。
こういう探求は、楽しいですね^^

なんか、今日の講習もめちゃくちゃ楽しかったのですが、これ、ちゃんと生かさなきゃなあ・・・。

akoさんへ 

ええ~、消えちゃった? あれは凹みますよね。
また書いてくださって、感謝です!

akoさんもきっと、私以上に負けず嫌いなんじゃないかな、って思います^^(勝手に)
そうじゃなかったら、akoさんの仕事、できませんよ。
私も実は、関心のないものは、まるっきり手を出さず、へ~~・・・という感じで、遠くから見ています。
どうも、周りの同年代の人達と、興味の方向が違っているらしくて・・・。
でも、まあ、我が道を行く!で、いいのですよね。
寂しがりのくせに、アウトローです><

小さな頃は、末っ子の甘えん坊のわがまま娘だったので、その性格が出ないように、気をつけてはいるんですが。
でも、そう言ってもらえて、うれしいです^^
こういうわがままは、成長の過程として、許されるんですよね!(急に強気ww)

ポール・ブリッツさんへ 

>ひたすら努力」の精神主義を強くような輩には正直退場願いたい……。
って、ポールさん、何があったんですか~~ww

教える人も、いろいろですよね^^;
威圧的な先生は、やっぱり苦手です。
教え方のうまい先生って、人間的にも出来てる人が多いですよね。ぜったい。

今日のカメラマンさんも、めちゃくちゃいろんな人生を歩んでて(まだ42だけど)バーを経営したり料理長したり、いろんな職種をこなしながら独学でカメラを勉強した人で。トークがもう、すごくうまい。ハートがある。自分の知識を、惜しみなく人に提供してしまう。
これって、プロは避けるのに、すごい人です。
いろんなことを学びました。
最後は「進撃の巨人」トークで盛り上がり、オープニングの大合唱になりました。

・・・何やってるんだ、私たち(笑)

NoTitle 

いやぁ、素敵!
こういう負けず嫌い、私は大好きです。

分からなくてすぐに聞く人は、教わったことをすぐに忘れる。
納得するまで時間をかけた人は、その時間の重さの分だけ、教えてくれた人を尊敬すると思っています。

これだけ頑張ったのにできなかったことを、すんなりできる先生。
limeさんは先生のことを、羨望のまなざしで見つめておられたように思います^^
教えて下さった先生からすると、きっと、手のかかる可愛い生徒になりましたよ。

丸いライティングには、簡単には手に入らない手法があるんですね。
さすがだなぁ。
私は写真が下手なのですが、方法論には興味があります。
limeさんの技、いつかブログで見せてくださいね。
長い一日お疲れ様でした!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ごろちゃんさんへ(2) 

こちらにも、ありがとうございます!!
わあ、大好きだなんて、照れます!(あ、そう言う意味じゃない?)

私はあまり完璧主義でもないし、苦手なことは端から勝負を諦めてしまうんですが、妙なところでスイッチが入ってしまうようで・・・。
きっと誰にでも、そういうスイッチがあるのでしょうね。
でも、仕事中に入ってしまうとは・・。

このカメラマンさんが、めちゃくちゃ面白くて、いい講師さんなんですよ。
今まで、独学で苦労して、いろんな職業をこなしながらカメラマンになった人で、たった2時間くらい、それまでのエピソードを聞くだけで、短編がいくつも書けてしまいそう!

カメラマンしながら、収入が少ないので会員制のバー(年間100万の会費ですって)のバーテンをしていて、その時のVIPとの、会話のやりとりとか、困った客とか、鳥肌モノのエピソードが、湯水のように溢れてくるんです。
ああ、こんなに優れたアンテナを張って、生きている人がいるんだ!と。
人間って面白いなあと、妙なところで感動です。
カメラと関係ない脱線話で、人間学を学んだ気分でした^^

あ、肝心のカメラですが、私はカメラが苦手で(爆
モタモタしてるうちに、シャッターチャンスを逃してしまうタイプです。
自分の家の犬の写真なんて、ひどい><

でも、あのいいカメラと、ライティングなら、すごくいい写真が撮れる自身があります。
まあ・・・、商品写真限定ですが(≧∇≦)

鍵コメH・Mさんへ 

> 子供の頃、父を相手に負けそうになると泣きそうな顔をして
> 挑んでいました。そう、卓球の愛ちゃんみたいに。(笑)

ああ、わかります!
悔しいんですよね、負けちゃうのが。
自分が未熟なのが、受け入れられなくて。私は末っ子だったので、そういうわがままが強かったのかも。
6歳上の姉はまったくそういう意固地なところがなかったので、正反対の性格でした。

10歳上と15歳年上の兄とのゲームに勝てなくて、絶対最後は号泣。スマートではないですよね^^;
そういう気質は、大人になっても残っているのかも。

小説を書く人は、負けず嫌いが多いそうです。だからやっぱり、そうなのかもしれませんね

写真の講習、とっても楽しかったです。
学生の頃の授業って、退屈なだけだったけど、自分が興味ある分野の講義って、ワクワクがとまりませんね^^
ママさんと、一緒に聞きたかったです。
コメント、ありがとうございました!

NoTitle 

納得する瞬間って自分で気が付かないといけない事なんですよね。
説明するのは簡単だし、教えてもらうのも簡単。教えるのも簡単です。
でも、試行錯誤する作業がないと絶対にモノにならない。
割ってはいるんだけど、なんででしょうね(^^)
苦労しなければ人間は成長しないんですね。大変だ☆
でも、気が付いた時のあの目が開いたような感覚!やめられまへんなぁ☆

kaziさんへ 

梶さんは、ご自身がフロンティアなので、こういう経験は本当に多いのでしょうね!
このカメラマンさんも、学校に行かず、全て独学だったにもかかわらず、今やいろんなところで講師をされています。自分の仕事も、深夜までされてるのに^^;努力に勝るものなし!
聞くのは簡単だけど、絶対に忘れてしまいますよね。
中学や高校の授業内容を、今や全て忘れてしまっているように(私だけ?)

そう、あのわかった瞬間、うれしいんですよね。(今回は、やられた!と、悔しかったんですが)
小さな頃、兄の手品を見破った時の感動は、今も忘れていないし、今でもそのネタは、覚えています^^

NoTitle 

才能は時間を超えますが、努力で補うことが可能という典型ですね。
もとより、なんにしてもそういうところがあるんでしょうね。
答えを見つけるのも成果ですからね。

私ごとですが、連載始めました。
またよろしくお願いします。

LandMさんへ 

この年になってやっと、学ぶことの面白さがわかりました。
子供のころに、気づきたかった><

新連載ですか。
帰省から帰ったら、またお邪魔しますね^^

NoTitle 

有意義な時間を過ごされたのですね。
こういう講義型ではなく、体験型が良いですよね。
私も目からうろこな講習を受けると、やる気になります。裏技とか。

負けず嫌い系ではないかな。興味深々系です。
私もやってみたい、みたいな。

やりたいこと、多すぎて(^^;)

けいさんへ 

やはり、学ぶというものはワクワクしますね^^
こんなふうな体験型は、さらにね。
仕事に役立つ・・・というよりも、自分の知識として知っておきたいことがいっぱいです。
この時のカメラマンさんが、まだ若いんだけどめちゃくちゃ人生経験豊富で、脱線話が2時間とか・・・(笑)
こういう授業、またやって欲しいです。

けいさんは興味津々型なんですね。
けいさんは、きっと勉強熱心なんだろうなあ。
一番今、やりたいことはなんでしょう。
けいさんに、興味津々です^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)検索キーワード】へ
  • 【ココにいるよ 第3話 裏切りの代償  】へ