【短編】ココに いるよ

ココにいるよ 第1話 森の隠れ家

 ←ココにいるよ 〈あらすじ〉 →(雑記)レダと白鳥。絵画のエロス
森の中は、早朝だというのに早くも蝉たちの大合唱だった。
シイやブナの木の葉からこぼれてくる光は矢のように強靱で、今日も暑くなることを予感させた。
雅斗(まさと)は少しうんざりしながらも、いつものようにその朽ちかけた廃屋のドアを開けた。

夏休みも、あと2週間で終わる。
この辺鄙な寒村に連れてこられて、2回目の夏休みだ。
けれど雅斗は、この村での生活に馴染めずにいた。未だに納得がいかない。
小学4年生だった去年の春、両親の離婚でいきなりこの父の田舎に住むことになった雅斗には、無理強いされたという思いしか無かったのだ。

大人たちは勝手に離婚し、勝手に住み慣れた街や友達から、自分を引き離した。
母親は雅斗の親であることをあっさり辞め、どこかで再婚し、会いにさえ来ない。
父親は遠くの職場まで通勤することになったので、家には寝に帰るだけで、平日はほとんど顔を合わすこともない。
雅斗の世話をするのは、口の悪い、皺くちゃの祖母だけだ。

夏休みが楽しかったのは、市内の学校にいた3年生までだった。
この田舎の小学校は、祖母の家から歩いて1時間。バスは、老人のための施設バスしかない。
一番近くの級友の家に行くにも、歩いて30分掛かる。
とくに仲がいいわけではない級友の家なので、行くこともなかったのだが。
そんな風に、自分から打ち解けようとしない雅斗であったため、訪ねて遊びに来てくれる友人など居るはずもなく、昨年も今年も、ほとんど家の近くの、この森の中に入って、膨大な時間をつぶしていた。

この朽ちかけた小さなあばら屋を見つけたのは、昨年の今頃だった。
山荘というにはお粗末で、小屋と呼ぶには可愛すぎる、洋風の造りをしていた。
祖母に訊くと、その山を所有していた老人が若い頃に建てたものだが、10年も前に亡くなり、価値もないので、そのまま土地と一緒に遠縁の親族に放置されていると言うことだった。
言うまでもなく、それは独りぼっちの雅斗の、格好の遊び場所となった。
うるさく小言ばかり言う祖母のそばにいるよりも、ここにいた方がよっぽど楽しい。

好きな漫画本やゲーム機、そして水筒と塩むすびを幾つか持って、ほとんど一日そのあばら屋の居間ですごした。
居間と言っても、部屋と呼べるのはその一間しかなく、あとは汲み取り式トイレと釜の風呂、納戸と小さな台所があるだけだ。当然、水も電気も使えはしない。
ほとんどが蜘蛛の巣や、割れた窓から入ってきた虫の死骸だらけで気持ち悪く、それらには足を踏み入れないようにしていた。

8月も第3週に入ったこの日も、いつものように色あせて反り返ったドアを開け、部屋の隅の綿のはみ出したソファに座った。
中央には手作りのような粗末なテーブルがポツンと置かれているが、椅子が無いので読書はいつもこのソファの中でだった。
建物が大木の木陰にあるせいか、午前中はヒンヤリとして過ごしやすい。
蝉の声はうるさいが、快適だ。

最初こそ「こんな所に入り込んで!」と、大人達に叱られると思っていたのだが、誰も咎めなかった。
祖母も父も、知っていながら行くのをやめなさいとは言わない。みんな自分たちの仕事で忙しい。
雅斗が機嫌良く過ごしているなら、それで良いと思っているのだろう。
そのほうが気楽で嬉しいはずなのに、同時にとても腹が立つ。
矛盾しているけれど、何故だかとても腹が立つのだ。
お母さんがいたら、「危ないから、そんなところで遊ぶのはやめなさいね」と叱っただろうか。それとも、やっぱり何も言わなかっただろうか。
そんなことを考えてみたが、もう雅斗には確かめる術もない。

「ごめんください!」
蝉の声が一瞬、静まった。

今の場違いな呼び声は何だろう。
雅斗がガラスの欠けた窓から外を覗くと、小柄な女の子がその正面に立ってじっとこちらを見つめていた。見たこともない子だ。

あたりの緑に溶けてしまいそうな柔らかな萌葱色のワンピースの裾を揺らし、少女はニコリと笑った。
真っ直ぐに伸びた、細く形のいい足に引っかけた白いサンダルが、目に染みるほど眩しかった。
雅斗はしばらく呆けたようにその少女をただ見つめていた。
互いに見つめ合う形になったが、先に口を開いたのは少女の方だった。
「ここはお兄ちゃんのお家なの?」

少女は1カ月前にこの近くに引っ越してきたばかりなのだと教えてくれた。
小学2年生で、名前はマーヤ。
「マーヤ? 変な名前」
雅斗がゆっくり外に出て行きながらそう言うと、少女は木の枝を拾ってその場にしゃがみ込んだ。
覚えたばかりらしい歪(いびつ)な字で、土の上に「真綾」と書く。
書き終えると顔を上げ、柔らかそうな頬にえくぼを作って、またにっこり笑った。
肩までの絹のような髪がサラリと流れる。
思わず雅斗も、つられて笑ってしまった。それほど屈託のない、可愛らしい笑顔だった。
胸に思いがけず温かいモノが溢れてくるのに戸惑いながら、雅斗は少女を自分のテリトリーに招き入れた。
自分でも意外なほど、それは自然な行為だった。

「僕の秘密の隠れ家なんだけど、特別に見せてやるよ。おいで」
そういってマーヤの手首を掴んだのは無意識だったが、その骨の細さと、サラリとした柔らかな皮膚の感触に、胸の奥がギュッとなった。
自分とはまったく別の個体なんだという、それはとても不思議な感覚だった。

マーヤはボロボロの廃屋の中身を見てキャッキャとはしゃぎ、ベニアの剥がれかけた壁を触ったり、台所の隅にあった土埃だらけの茶碗を手にとって、面白そうに眺めたりしていた。
その仕草のどれもが愛らしく、柔らかなその髪やワンピースが揺れるたびに、花のような匂いがした。

「わあ、宝箱がある。かっこいいね」
マーヤが目を輝かせたのは、部屋の隅にあった西洋アンティークのような、用途不明の物入れだった。
装飾の施された上蓋が半円になっていて、マーヤの言うように絵本の中に出てくる海賊の宝箱そっくりなのだ。
大人1人だってすっぽり入る事が出来る大きさだったため、雅斗も最初の頃は入って遊んでいた。
カポリと蓋を閉めると、本当の真っ暗闇になるのが面白かった。
けれど箱の中に微かに残っている体臭のような饐えた匂いが気持ち悪くて、すぐに入るのをやめた。
着ていない服を仕舞い込む、衣装ケースだったのかもしれない。

「悪いことをした子を、ここに閉じ込めてお仕置きするんだ」
真剣な顔でそう言うと、マーヤは「うっそだー」と可笑しそうに笑った。
本当に、夏の空のように屈託無く笑う。きっと幸せいっぱいに育ったのだろうと、雅斗は思った。

「お父さんやお母さんと引っ越してきたの?」
「ううん、ママだけ。住むところが無くなったから、ママのおばあちゃんの家に来たの。パパはもう、マーヤのパパをやめちゃったの」
その時だけは、今までと少し違う寂しげな笑顔だった。

両親は数ヶ月前に離婚し、マンションを出た自分たちは、仕方なく母親の実家に出戻ってきたのだと、マーヤは宝箱を眺めながら話してくれた。
それは奇しくも雅斗と同じ境遇だった。
大人の身勝手で片親になり、住み慣れた場所や友達から引き離され、そしていろんな事を自分の中で処理して諦めなければならない、非力な子供。
この子は同じなのだと、雅斗は胸の奥が震えるような不思議な気持ちになった。

「ねえ、お兄ちゃん、何して遊ぶ?」
マーヤはやっぱり屈託のない笑顔で、雅斗を誘ってくる。
訳の分からない熱を持った物が体の中を満たし、気がつくと雅斗は手を伸ばしてマーヤの頭を撫でていた。
柔らかな髪と、小さな頭が手の中でじっとしている。
マーヤの照れたような笑い声が、鈴の音のようで、愛おしくて堪らない。

仲間だね、マーヤ。

いつしかうだるような暑さも、うるさい蝉の声も、雅斗の胸に込み上げた熱いモノの中に、スルスルと溶けて消えてしまった。





関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ココにいるよ 〈あらすじ〉】へ
  • 【(雑記)レダと白鳥。絵画のエロス】へ

~ Comment ~

始まりましたね… 

(一度送ったのですが、どうやら無事に届かなかったみたいです…何だか本当に調子が悪い…何を書いたのか忘れちゃった)
始まりましたね、マダイルヨ、じゃなくて、ココにいるよ。
やはりこの宝箱が、あのマダイルヨが出てきたクローゼット??
あのホラー?がどのように生まれ変わるのか…この物語が終わるときに、あのこわーい記憶が塗り替えられていることを期待します(*^_^*)
(だって、怖かったんだもん。突然出てくる…大海のもっとも嫌いなパターン)

大海彩洋さんへ 

コメントの送信中に消えてしまうと、悲しすぎますよね。
もしかしたら、FC2のせいかも。今朝も、不具合だったですもんね(メンテナンス中だったのかな?)
私は、自分のうっかりミスで、膨大なコメをデリートしちゃうことがあるので、長文になった時点で、コピーしたりしてます。(自分が信用できない・笑)

はい、始まりました。といっても4話の短編ですが^^
もう、「どこにあの悪夢に片鱗があるの?」って感じに、ガラッと変わってしまっています。
そう考えれば、物語って、何がきっかけになるかわからないってことですよね。

恐怖の塗替え。
ああ、そういえば、これを書いて塗り替えられたかもしれません。
そうか、そういうことか。

NoTitle 

 おはよう御座います。
ああっーーー 無邪気な少女と森の奥の廃屋 其の舞台設定だけで怖いーーー。
同じ境遇の子供達が二人ってだけで 怖いーーーー
あっでも 自分が少年の為か 少年には怖さって感じないな…
少女って 何であんなにも妖しいのだろう。

ウゾさんへ 

おはようございます~。
ふふ。怖い夢が元になってるって言っただけで、ほら、なんだか怖いような気がしてきたでしょう?(作戦か?)
ただの、ちょっとひねた男の子の話と思って読むと、第1話も何気ないんですが。
無邪気な女の子。
場違いな感じの、可愛い子。うん、怪しいでしょう?

でも、大丈夫、お化けなんかじゃないですからね。ただの無邪気な女の子です。
ウゾさんが一番、この男の子に年齢が近いので、作者もドキドキしますね。
ウゾさんは、どう思うのか・・・とか。
なにげな~~い短編ですが、もしよかったらお付き合いくださいね。(のんびり更新ですが^^)

NoTitle 

森の隠れ家。秘密の小屋。お宅訪問です。
な~にしてあ~そぼぅおぅくぅあ~~

ごっこ遊び、してほしいなあ。
電子のゲームじゃなくて。

大人のいない、子どもの世界。
どんな目で何を見るのか、
何が見えるのか、何がイルヨか・・・
楽しみに、えっと、怖がらずに、しています。

始まったぁ~┣¨キ(*・д・*)┣¨キ 

森の隠れ家で お菓子の家を思い出した私です。
あの話しって 結構 怖かったですよね!

では この隠れ家は、どうなのかな?
何かが 潜んでいるような気がするのは、私が ビビリだから!?ブルブル ((;゚ェ゚;)) ブルブル

タイトル『ココニイルヨ』
この言葉は、捉える側にとって 安心をもたらしたり 逆に 恐怖をもたらしたりしますよねー
雅斗と 真綾には どちらと なるのかしら?ココニイルヨ…( - -( ゜O) ハッ!

暑い…とにかく 暑い日が続いております。
limeさまも 熱中症に 気を付けて くれぐれも お体に無理の無い様に お過ごし下さいませ。
ヽ(*^-^o【─+゚*。─暑中見舞い─。*゚+─】o^-^*)ノ...byebye☆

NoTitle 

これはかなりの危険フラグだ!!・・・うむ、実際、廃屋に不良とかヤのつく自営業がたむろって何かしていたりするので、治安が悪くなる一方なんですよね。廃屋などは結構社会問題かしてますよね。。。子どもにはそういうところに行かないように教えないとダメですね。。。

NoTitle 

いよいよ始まりましたね。先入観を抱くのを避けるために、「あらすじ」は読んでいませんが……。

なんか、ホラーというよりは、ほの甘くて苦い、恋愛ファンタジーの予感がします。

そこがどう進んでいくのか、どうなっていくのか楽しみです(^^)

けいさんへ 

ふふ。さあて、なにしてあそびましょうか。
電子ゲーム?
のんのん。
彼らは、とっても子供らしい遊びに興じるのです。
いい感じで^^

意に反して、全然全く怖い感じにはならないのですよ、2話は。
ええもう、怖いことなんて、・・・ふふふ。
怖いのは、お化けじゃなくて・・・。

けいったんさんへ 

けいったんさんがドキドキしてくれて、うれしいなあ^^
怖くないんだけど、いいですか??

お菓子の家・・・ヘンゼルとグレーテルでしたっけ。
あれ、最後はどうなっちゃうんでしたっけ。
チルチルミチルと、ごっちゃになってるぞ、私。

さて、この家には何がいるのかな?
お化けはいないと思うんだけど。

> タイトル『ココニイルヨ』
> この言葉は、捉える側にとって 安心をもたらしたり 逆に 恐怖をもたらしたりしますよねー

おお、けいったんさん、なんて鋭い。
そうなんですよね。
この言葉。どちらにも聞こえますよね。
さて、いったい、・・・。

今日も暑かったですよね~。
でも、まだ夕方からはちょっと涼しかったり。
休日の昼間はなるべくおうちでじっとしているに限りますね。
引きこもりの夏です^^
けいったんさんも、いっぱい水分とってくださいね~~。
暑中お見舞い、ありがとう~~^^

LandMさんへ 

おお、そうですか!
フラグたってますか?
でも、あらすじに騙されちゃだめですよ~。

田舎の方には、本当にこんな廃屋が多くて。ちょっと危ない連中のたまり場になったりしているんですよね。
お化けとかよりも、そっちのほうが断然危険だったりします。
でも、子供ってなんでか、危険な方へ行ってしまうんですよね。怖いことです。

ポール・ブリッツさんへ 

そうか、ポールさんはあらすじを読まない派なんですね!
ミスリードができないじゃないですか(爆)

そうか、甘くて苦い、幼い恋のファンタジー。なかなか鋭いかもしれません。
一般的なホラーではないのは、確かです。

これ、最後に、どんなジャンルだったのか、教えてくださいね。自分ではどうも、わからなくて^^;

NoTitle 

おはようございます。
昨夜NHKの番組で、からすの特集のようなものがありました。
limeさんも見てるといいなと思うくらいカラスかわいくて。。。

カラスは、脳が生き物のなかでもダントツだそうです。

森のなかで生きても最高に上手に生きられるようですが、
最近、都会に住むカラスは、食べ物が簡単に得られるので、
滑り台とかで、遊んでいるようです。

このお話、森っていう言葉がでるだけでも物語性に満ちて
いますよね。森は、人間以外の生き物もおおくて、
それらがすごくチャーミングですものね^^。


yさんへ 

おはようございます。
そうなんですか、それは見逃しました。
カラスって、研究したらとっても面白い鳥なんだろうと思います。
雛が、とってもブサイクなのと、食べても美味しくないというのは、私の研究結果です(笑)
あ、食べていません!

夏になると、こんな森の話を書きたくなります。
きっとこの、蝉のシャワーのせいでしょうね。
昔の森の記憶が、少し役に立てばいいなともいながら書きました。^^

NoTitle 

夏休みにぴったりの作品になりそうですね。

なんでしょう…
もう既に怖いような気がします(汗)
limeさんが何か仕込んでいるのではないかと、怖がりな私は気が気ではありません^^

前回の作品からまだ日が浅いのに、きちんと次の準備が出来ていてすごいです。
その間にあんなに手の込んだ漫画も描いておられるのに。

先日の漫画のナギ、可愛かったですねー^^
(と数日前のことを懐かしんでしまう習性は、おばさんの典型だわ…)

ごろちゃんさんへ 

ごろちゃんさん、こんにちは。

ちょうどぴったりの季節になりました^^
考案したのは梅雨前だったのですが。

きっかけはホラーなんですが、どうも私はホラーのなんたるかを分かってないのかも^^;
怖がりで、映画も小説も、ほとんど読んだことがないのです。
この短編も、妙な感じになりそうです。
そういえば最近読んだ綾辻さんは、ホラーというより、スプラッタものでした。(「殺人鬼」)
でも、ホラーって、興味はあるのです。
いつか、背筋のこ凍るような、それなのに読後感の暖かいホラーを書いてみたいなあなんて、思います。

実は、漫画書いたりして、逃避していたので、ストックが尽きかけています。
今、休日は机に向かってるんですが、ヤバイです。浮かんでは消え、浮かんでは消え。

また、漫画に逃げてしまいまそいうです。
でも、ナギを可愛いって言ってもらえて、最高にうれしいです!!(よし、また書こう!)

NoTitle 

切ないプロローグ
寂しい二人に何があるのだろう。
傷を舐め合うに二人は幼過ぎると思うのは早計だろう。
幼くても二人は十分に寂しさの原因を理解している。
この廃屋が心の拠り所になるのかな
気になるでござーーる。

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、第1話にようこそ!
ちょっと寂しい事情を抱えたふたりですよね。

でも、この女の子が曲者で。
雅斗と同じ位置に降りてきてくれないかもしれません。
このふたりの年齢差と、性別の差が、このあと少しばかり意外な方向に作用するのかも。
雅斗の心の変化が、物語を動かすはずです。
ホラー展開とまでは行きませんが、無事に終わるように祈っていてください><

NoTitle 

いいですね♪夏休みに自分だけの秘密基地!
まああまり本人的には良くはないんでしょうけどね。
そりゃ友達と一緒に遊べる方がいいですもんね。
同じ境遇のマーヤと出会えて事の喜びは本当に計り知れなかったでしょう!雅斗君的には。
でも雅斗君のこの隠れ家に行くのを誰も咎めない事に少し腹を立てている気持ちとかってすっごく子供の心理が表れていると思います!
そうですよね、ちょっと危ないかな、怒られるかな。って事って怒られると「なんだよ!」とはなるんでしょうが、それは愛情だと分かっている。だから自分が危なそうな所に行っているとわかっていて放っておかれるとさみしいんですよね。

そして秘密基地に同じ境遇の子供が二人・・・。
そしてlimeさんの悪夢が最初と言われると・・・ドキドキしますね(汗)
  • #10747 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2013.12/03 09:44 
  •  ▲EntryTop 

ぐりーんすぷらうとさんへ 

ああ!この短編にも。いらっしゃい^^
ちょっぴり児童文学っぽくなっちゃいましたが、私の怖ーーーい夢が発端です。
超怖がりの作者の書いたものなので、まあ、安心して読んでください^^

秘密基地って、ワクワクしましたよね。
でも、それは誰かと共有するからで・・・。
ひとりぼっちの秘密基地って、寂しいですよねえ。

>でも雅斗君のこの隠れ家に行くのを誰も咎めない事に少し腹を立てている気持ちとかってすっごく子供の心理が表れていると思います!

これ、わかっていただけてうれしいです。
危ないよ!って言われるのは鬱陶しいけど、まるで心配されないと、子供ってすごく悲しいんですよね。
子供って、ややこしい生き物。でもそこが、面白いのですが。

さあ、突然現れたマーヤは、雅斗にどんな影響を与えるのか。・・・与えないのか(笑)
どうぞ、のんびりお時間のあるときに読んでください^^
いつもありがとうございます。

NoTitle 

廃屋の話でこちら教えてもらったので来てみましたー!あらすじ読んだ所怖いお話なのですね(ドキドキ
怖いお話好きです!limeさんのお話も好きです♪展開が意外性があってこの後どうなるのか楽しみ♪ 続きまた読みにきますね♪

たおるさんへ 

わあ^^ ここに来てくださったのですね。

これは、そうですね、ちょっとホラーよりなのかもしれません。私はまったくホラーが読めないビビりなんですが。
でも怖さと、キラキラとを、めいっぱい詰め込んでみたちょっと変わった作風です。
そこに夢でみた恐怖感を少しでも配合できたらな・・・と。
たった4話なので、お気軽にお読みください^^

これくらいの短編、また描きたいんですが、どうしても長編になってしまうのが残念です。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

暑中見舞いありがとうございました。
本当に、南だけでなく北海道まで酷暑となる、大変な夏ですね。

そして、こちらを読んでくださってありがとうございます。
不本意な形で田舎に住むことになった子供の心情など、一話に込めてみましたが、本来ならこの時期の子供って、夏を楽しんでいる時期なのにね。
やはり孤独というのはすべてを蝕んでしまいがちです。

そうなんですか。
そんな大人のイジメの事件が?
この物語はイジメとは全く関係ないのですが、それはそれでひどい事件ですね。

でも確かに大人の世界にも、そういう事はいろいろありそうです。
ただ子供と違って、大人はそのために今までいろいろ世間を見てきたわけですから。
それなのにそこまで考え方がゆがんでしまうというのは、哀しい事です。
歪んだ関係性は思い切って断ち切る。そういう判断をしてほしいものです。・・・難しいのは分かりますが。

私は多分いじめの問題を、それほどリアルに創作に取り入れることはしないと思います。
ただ、何がそうさせるのか、その一歩手前の人間心理を描ければな、と思います。

まだまだ暑い日は続きますが、Soさんも、夏バテ、熱中症には充分お気を付け下さい。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ココにいるよ 〈あらすじ〉】へ
  • 【(雑記)レダと白鳥。絵画のエロス】へ