【短編】ココに いるよ

ココにいるよ 〈あらすじ〉

 ←(マンガ)パロディ漫画『NAGI』:その2   →ココにいるよ 第1話 森の隠れ家
守りたいと思った。
ちゃんとあの少女の気持ちを分かってやれるのは、自分だけだと思った。
勝手な大人たちには、立ち入らせない。
ここは、ふたりだけの場所。

けれど11歳の雅斗(まさと)に、それが欺瞞だと気付かせたのは、森の隠れ家の秘密の宝箱だった。
「ココに いるよ」
今、雅斗の目の前で、あの思い出の詰まった宝箱は、不気味に姿かたちを変えつつあった。

4話完結の短編です。


【概要】

登場人物は11歳の少年と8歳の少女です。
視点は11歳の男の子。
子供のころの寂しさ、我が儘、疑心。そんなものを思い出しながら綴りました。
教訓めいたお話ではありません。
作者が見た、とても怖い夢が発端のお話です。すこしだけドキドキしながら読んで頂けるとうれしいです。





関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(マンガ)パロディ漫画『NAGI』:その2  】へ
  • 【ココにいるよ 第1話 森の隠れ家】へ

~ Comment ~

ナニゲナイ 

ナニゲナイ、てのは嘘だな、きっと。
(って、何となくカタカナにしてみました^^;)
limeさんの何気ない、には常に疑いを持ってしまうのであった(^^)
でも、楽しみです。【カエルヒ】風にちょっと怪しいまま終わるのか、あるいは意外にほのぼのハッピーなのか……
あ、先ほどは二重投稿、すみませんm(__)m
やたらと時間をかけて、なぜか「不正な投稿」と言われたので、送りなおしたのですが、届いていたのですね。
う~ん。でも少し動くようになっています(^^)
次から次へ、新しい物語を生み出していくlimeさん、こわ~い夢まで逆手にとるlimeさん。頑張って見習わなくちゃ。楽しみにしますね。

大海彩洋さんへ 

おはようございます。

いつも、あらすじを書くときには迷うんです。短い文章なんですけど、かなり労力を使います。
第1話をUPするよりも緊張するかも^^;

ナニゲナイ・・・って、便利なんですよね^^
本当に何気なくても、言い訳になるし、とんでもないラストであっても、してやった感があって。
いいのです。

ミステリーの場合、このあらすじでミスリードできればなあと、企みます。
全部読み終えた人が、もう一度読み直してみて、「え、違うじゃん」と思っても、後の祭り、てきな・・・かんじになったら、たのしいな、なんて(笑)
あ、でも、このお話は、本当に何気ないです。ハラハラ感もないかもしれません。
静かに、穏やかに、過ぎていくはず・・・です。

>次から次へ、新しい物語を生み出していくlimeさん
いや~~、とんでもないです。
もう、1ヶ月以上も、何も書けずにいるのです。まとまりかけては消え、2週間考え続けては、決め手に欠けて白紙にもどし。
自分が、「これは書ける」と思う瞬間が来るまで、短編でも2ヶ月くらいかかります。
ショートショートだって、きっとそれくらいかかるでしょう。
もっとラフに、さらっと物語を書けるようになりたいんですが><
要領がわるいというか、頭の回転が遅いというか。
それでも拙作ながら、自分の中で納得のいくものUPしたいという思いが常にあるので(昔の作品のことは、棚に上げて^^;)さらに遅くなってしまうのです。

なんでこんなに苦しいんだ・・・と思いながらも、日々白紙とにらめっこです。
ああ、そして雑記ばかりが、増えていく・・・(笑)

のんびり更新になると思いますが、大海さんも、のんびり読んでやってくださいね^^

されど、あらすじ 

あらすじは苦手です。

どこまで書いていいのか分からない。
どこで止めて良いのかも分からない。
興味を持って欲しいけど、ネタはばらしたくない。
ジレンマです。難しい。

limeさんは、毎度あらすじを書きますよね。
リスペクトです。

しのぶもじずりさんへ 

あらすじって、悩みますよね~。
誰か、代わりに書いてくれないかしらと思います。
でも、恒例になってしまったし、最近では書かないと始められない感じで^^;

私は本を買う時は必ずあらすじを読みますし、大体の筋道がわかっていた方が、物語に入りやすい気がするので、頑張って書いています。
ちょっとだけ、大風呂敷を広げてみたりして。
あ、でも、帯のような誇大広告はダメですね。
いつも帯に騙されるんです><
リスペクト! もったいなや。ありがとうございます。
そういえば、あらすじを書いている人って、少ないのですね。

NoTitle 

あらすじを作るのは楽しいですよね。
今回は4話なのですね。
短くまとめられるのが素晴らしいですね。
夢で出たものを作品にする人は案外多いですよね。
具現化するのはかなり難しいですが。

暑い…O=(_ _;; バタリ 

今晩の大阪の最低気温は、予報では28度とのこと…
エアコン無しでは 夜も過ごせないわぁーーー(;ω;)

所で limeさま♪
ホラーな夢が どうして児童文学寄りになったの?
この猛暑を 一時でも忘れるホラーでも 良かったのに(*`艸´)ウシシシ♪

でも 実は 私、超怖がりなんですよね!
背後霊です♪(ノ・-・(; ̄□ ̄)ゝなぬっ?...byebye☆

LandMさんへ 

あらすじ、難しいけど、やっぱりそれも作品の一部な感じで、やめられないんですよね^^
LandMさんも、あらすじを書いておられましたよね。

はい、今回4話です。
ショートショートはしたくなかったので、単純な話なんですが、この長さになりました。

夢が発端ではありますが、全くの別物になってしまいました。(そりゃあ、あんな支離滅裂な夢を、お話にできませんよね)
でも、発端になってくれたので、今ではあの悪夢に、ちょっと感謝です。(でも、もう悪夢はいやだ・・・)

けいったんさんへ 

この2,3日、大阪もちょっと涼しかったけど、やっぱりぶり返してきましたね。

そうなんです、ホラーが・・・・。
いや、でも安心はできませんよ。
お化けが出てこないからって、ホラーじゃないわけじゃないです!!
けっこう、何気ない子供の感情とか、不安とか、怖かったりしません? ・・・しません?(汗)

そうなんです。なんか、小さい子供ばかりになってしまいました。
ああ、けいったんさん、去らないでね。
次は年齢、上げていきますから><
4話だけ、お付き合いください><

NoTitle 

 おはよう御座います。
朝から暑いし 蝉はうるさいし… 朝起きると 体だるいし…
ああっ 夏の朝を満喫しています。

僕も今 ホラー書いてますよ。
この前 人体模型の夢 書いたから 今度は 蝋人形の夢 を
夏場 人形シリーズでホラー書こうかなと思っている 挫折しそうだけど…

ウゾさんへ 

おはようございます~。
ほんと、蝉は朝から元気ですよね。

ウゾさん、ホラーを書いているのですか。
ウゾさんのホラーは、楽しみです。怖がりなもんで、あまり読まないんですが。
蝋人形とか、なんだか存在そのものがホラーっぽいですもんね^^;
でも、あんまり怖くないのを、お願いします(なんということを)

そういえば「屍鬼」が、3巻のはじめでストップしています。
読み進めなければ・・・。
あれ、怖くなっていくんでしょうか。

NoTitle 

そうか。守るお話なんですね。ふふ。
けど、姿かたちを変える、の? どゆふに?

怖いと、運動した後でもないのに心臓バクバクになるんですよね。
これ、体に悪いよね、って思います。

お子様方の会話を、心待ちにしております。

けいさんへ 

そうなんですよね~~。
最初は、いい感じで守ろうとするんですけどねえ・・・。

少しずつ変わっていくのです。
でも、何しろ4話。
すぐに終わっちゃいます><
ゆっくりゆっくり、UPしますね。
お子様の会話ばっかりになっちゃって、申し訳ないんですが、たまには、ね^^
って、最近、小さな子ばっかり出てくるような気がしますよね。汗

NoTitle 

微妙に年下のカップルなんですね、かわいい。
ちいさいこばかりだともしかして……?
ってなったりしますけどlimeねーさんならならないどうしてでしょう。

レルバルさんへ 

> 微妙に年下のカップルなんですね、かわいい。

ふふ。そう、ちっこいレディです。かわいいでしょう?^^

> ちいさいこばかりだともしかして……?

・・・え、もしかして? もしかして、どうなっちゃうんですか? すっごく気になるじゃないですか!!

拍手鍵コメNさんへ 

そう、転んでもただで起きないのです。
でも、あの怖い夢とは、全く違うものになってしまいました。

幼い男の子と女の子。最近、この組み合わせがマイブームなのでしょうか^^;

NoTitle 

猛烈に怖い夢ってすごそう
いつまでも心に残る怖い夢というのは嫌だよねぇ〜
でもそれで片付けないで
作品を作っちゃう処がlimeさんだわ。
すごいでございます。
私なんてど忘れスイッチが入るからすぐに忘れちゃう。
へへ

これから楽しみに読まさせて頂きます。

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさん、おはようございます^^

このお話、発端は怖い夢なんですが、実際に出来上がったのは、何一つ夢と同じシーンのないものでした^^;
でも、なんとなくぞわ~っとしていただけたら、いいな。
ホラーではないのですが、幼い子の中にあるいろんな不安や妄想を、描いてみました。
どうぞ、ゆっくりお時間のあるときに、読みに来てくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(マンガ)パロディ漫画『NAGI』:その2  】へ
  • 【ココにいるよ 第1話 森の隠れ家】へ