☆雑記・四方山話

(雑記)カラスのポー

 ←凍える星 第13話 共鳴   →(雑記)投票のお礼と初めての童話


今住んでいる、我が家の裏庭の向こうは、自然公園と称する、いわゆる雑木林です。
それをひょいと超えると、隣の市なのですが。

この時期になると、その雑木林の中から、餌をねだるカラスのヒナの声が、よく聞こえてきます。
どんな声かって?

アーアーアーアー ・・・アワワワワワワワ ・・・・って感じです(わからん?)
               ↑
      ここんところで、親鳥に餌をもらってるんですね。

毎週毎週、ゴミを狙うカラスとの知恵比べで、ちょっと憎らしい存在ではあるのですが、
基本鳥好きの私は、そこに目を瞑れば、カラスもかわいいな、なんて思ってしまいます。

そういえば、カラスを飼ったことはありますか?
法律では、カラスなどの野鳥を勝手に買うことは禁じられているのですが、田舎に住んでいた頃は、そんなこと誰も知りません。
(いや、気にしてなかったと言ったほうがいいのかな?)
飼っていたのは幼馴染の男の子の家なんですが、毎日のように遊びに行っていたので、もうなんだか、自分のカラスのような気になっていました。

名前は、ポー。
ヒナの時、その幼馴染S君の家のお父さん(猟師)が拾ってきたのです。
このお父さん、その地域で知らない人がいないほどの豪快なおっちゃんで、私もいろんな(巣から落ちた)鳥のヒナをもらいました。

ふくろうをもらった時はびっくりしましたが、大事に育てました。
でも、私が留守中に、母にもらった大きな肉を喉に詰めて、死んでしまいましたが。

コウモリをもらった時は、内心「鳥じゃないでしょ」と思いながらも、好奇心いっぱいになり、自分の部屋に放してやりました。いつの間にか、逃げてしまいましたが。
あれは洞窟で捕まえてきたんでしょうね。白状しませんでしたが。
おっちゃん、どうやって捕まえてきたの? 未だに不思議です。

そして、カラスのポーです。
ポーが居たのは、たしか小学5年生くらいの時だったと記憶しています。
何でもよく食べて、人にもすぐ慣れてしまったポーは、みんなの人気者でした。
ゲージなんかに入れていなくても、逃げたりはしません。
「おいで」といえば、空高く飛んでいても、すぐに肩に舞い降りてきます。

ちょうど、夏休みのラジオ体操は、そのS君の家の庭ですることになっていたので、毎朝たくさんの子供たちが、ポーと遊びました。
私たちが体操する間も、ちょこちょこと傍を歩き回って、愛嬌を振りまいていました。

ところが、です。

カラスの性ですね。
必ず、そのラジオ体操の最中に、ポーはあるいたずらをするのです。
カラスだから、仕方のないことなんですが。

ラジオ体操のカードに、最後、必ず印鑑を押してもらいますよね。
あの印鑑を、隠してしまうのです。

そう。 カラスは光るものが大好きなのです!
我慢できないんですね。猫のマタタビのようなものです。

キラキラしていた印鑑を咥えて、嬉々として、屋根の上に隠すのです。
そのS君の家の屋根は、なんと、わらぶき屋根でした。
どんな昔の話よ! とか思わないでくださいね。だって、今現在もわらぶき屋根なんですもん(^^ゞ

お察しのとおり、わらぶき屋根に、印鑑を隠されたらもう大変なのです。
長い脚立を登って、ほぼ毎回、Sくんが、印鑑探しをします。
それが見つかるまで、みんな家に帰えれないのです。
じっと下から、ポーと一緒に、見守ります。

あるときなど、たくさんのワイヤーハンガーが藁の中から出てきて、みんな苦笑い。
結構なコレクターだったようです。

もっとちゃんと印鑑を隠せばいいのに、と今になって思えば不思議なのですが、もしかしたら、それもイベントの一つとして容認してたんでしょうかね。(ちょっと記憶が曖昧なんですが)
頑張れSくん!とか言いながら、見守る。
夏の風物詩です。

のんきで気楽な子供時代だったなあ^^;

ポーはいつでも元気印で、私たちのアイドルだったんですが、ある日急にいなくなってしまいました。
あれ? どこに行っちゃったのかな?

真相を聞いて、唖然。

なんと、犬と一緒の小屋に入れてたら、犬に襲われた・・・というんです。
犬。・・・そう、猟犬です。イングリッシュ・ポインターです。

おっちゃん・・・・・ 

あんた アホやろ! (∥ ̄■ ̄∥)

楽しいけれども、ちょっと苦い、ポーの思い出です。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【凍える星 第13話 共鳴  】へ
  • 【(雑記)投票のお礼と初めての童話】へ

~ Comment ~

おっちゃん! 

面白すぎるぞ!!
いや、こんなおっちゃんがいたら、楽しいなぁ。私も鳥をもらいたい。
でも、確かに、田舎にはなぜか一人ぐらい、謎の豪快なおっちゃんっていますよね。うちの親戚にもいましたよ。私の中ではひそかに八尾の織田信長なんですが……大物のようで意外に小物、小物のようで意外に大物。
ただ、最近ではみな大人しくて、昔みたいに微妙に迷惑だけど許されている味わいのある人っていなくなりましたね……
それにしても、なぜ犬の小屋に……????
うちの九官鳥も猫にやられたなぁ。
いえ、これは決して同じかごに入れていたわけではなくて、籠を掃除しようとしていたら隙を狙われたんです……動物の本能だから、犬のせいではありませんよね。
蝙蝠は、うちの今住んでいる家のシャッターの隙間に挟まってミイラになっていたことがあります。そうしたら、積水ハウスの人が「あぁ、よくあるんですよ」と言っていました。洞窟じゃなくてもいるのかも……
って、しょうもないことをあれこれ書いてすみません^^;

大海彩洋さんへ 

あ^^ コメ返してたら、ちょうど大海さん! 
こんにちは~~。もう、体調は大丈夫ですか? 無理しないで休んでくださいね?

いやいや、そうなんです。このおっちゃんが、ものすごく豪快で。
見た目は、よく、徳利をもった、たぬきの焼き物があるでしょ? 信楽焼。あんなんです。(どんなん)

田舎ではもう、知らない人はいなくて、誰にでも声をかけて冗談を言って回ってるので、知り合いなのかそうでないのかもわからない(笑)
でも、腕のいいハンターで、猪をバンバン獲ってきては、さばく。
すごいです。
でも子供には優しくて、よく軽トラで、迎えにきてもらったなあ^^

大海さんの親戚の織田信長さん。いいなあ、どんな人なんでしょう。
大物なのに、意外と小物(笑)どんなんだろうw。

そうですよね、そういう豪快な人って、街中ではなかなかいませんよね。
みんな気を使いながら生きているから。
規律正しくて、いいんだろうけど、なんだかちょっと、面白くないというか・・・。
仕方ないんですけどね^^;

この、犬小屋というのが、巨大な小屋なのです。3畳くらいあって、高さは子供の手が天井に届かないくらい。
だから、大丈夫だろうとおもったんでしょうかね、おっちゃん。

あんたの犬は、優秀な猟犬だったよ。・・・ふっ。 ( ̄ー ̄)

ああ、コウモリ!そうなんですよね、実は、この大阪でも、飛び回っています。
洞窟じゃなくても、生息できるんですね。
でも、やぱり、飼えるようなもんじゃありませんでした。
餌が・・・生きた羽虫ですもんね><

NoTitle 

ポーのカラスじゃなくて、カラスのポーなのですね。
良いなあ。私もカラスが飼いたいです。
60~70年くらい生きるらしいから、犬猫よりもペットに向いてるかもしれないよね。
上手くすれば(犬小屋に入れなければ)、一生一緒に居られるかもしれない。
ペットブログで、訃報を見るたび切ないもの。
でも、肉食だから、お父さんが猟師でもなけりゃ、えさ代が大変かな。

NoTitle 

 こんばんは。
いるいる 豪快なオッサン!!!! 僕の町内にもいますよ。
以前台風で電気が止まり… 中々復旧しない 周りは次々と復旧していくのに 
取り残されてしまい… 
停電から一週間した頃 其のオッサン 電信柱にのぼり 復旧作業していましたよ。
実は 其のオッサン 作業できる技術者だったとか
ああっ そういえば 近所の子が きじの卵拾ってきて 温めて育てていた。

しのぶもじずりさんへ 

そうなんです。カラスのポー。
なんでポーってつけたのかわからないんですが^^。
私が自分の黒猫に、ムーってつけたのに似てるのかな?(似てない?)

九官鳥が飼えるなら、カラスも許可してほしいですね。
きっといい友達になれると思います。

え!カラスってそんなに長生きなんですか。そりゃあ、賢いはずだ。
オウムは60年生きるっていいますもんね。
ああ、まだ生きてたら、きっともっと賢くなってたろうに。
残念でした。

ブログのペットの訃報は、悲しいですね。
そうやって、やめていったブロガーさんも、いっぱいいます。
なんで犬や猫ってあんなに寿命が短いんでしょうね。

そうそう、カラスはお肉、大好き。
そこのおっちゃんの家は、一年中しし肉がありましたが、ポーは何を食べてたんでしょうか。

そのおっちゃんの大好物は、豚足でした。
ポーも、豚足かな・・・。

ウゾさんへ 

ウゾさんの町内にも、いらっしゃいましたか!名物豪快おじさん!
すごいなあ、自分で電線修理しちゃうなんて。ちょっとかっこいい。

豪快おじさんの特徴は、なんといっても、「自分でなんでもやってしまう」ことですよね。

私のあのおっちゃんは、親知らずが生えてきても、歯医者に行かず、自分でペンチと糸で、抜歯してましたから!!
それも、私の家の裏庭で、急に抜き始めたんです。
ひいえ~~~!!
自分の歯じゃないけど、横で歯を自力で抜かれると、卒倒しそうになります!
本当に、人騒がせなおっちゃんでした。
(エピソード、まだまだいっぱいあります^^;)

あ!それから、キジの卵??
孵したい~!
あれ、頑張ったら孵すことができるそうですよね。ずっと前、探偵ナイトスクープでやってました。
いいなあ。キジ。
キジに、ついてまわられたら、夢のよう・・・。

NoTitle 

けっこうワイルドなネタですね(笑)
蝙蝠はちょっとダメかも。
いきなり飛んでくるようなのはダメです。
カラスはすごく多くて困ってます。

雀が屋の屋根の軒下かどっかに巣を組んでますね。
屋根の中から雀が出入りして、家に入ろうとすると
屋根の軒下からピーピーと鳴き声が聞こえます。
可愛い(〃ω〃)

でも、蜂とか巣を組んでるし油断なりません。

NoTitle 

nevermoreってやつですかね。

ポーのあの詩好きです(^^)


……もしかしたらすごくハズしたことを書いたのかわたし(汗)

igaigaさんへ 

ほのぼのネタにしようと思ったんですが、なんかワイルドになっちゃいましたね^^;

コウモリは、よく見るとけっこう可愛い顔をしてて、気に入りました。
でも、飼えませんよね。えさって、なによ!って感じで。

カラスは多いですよね。
カラス駆除をやってる猟師さんもいるそうなんですが、なんだか気味悪がって、あまり乗り気ではないようです。カラスって、まずくて食べられないみたいですしね。

雀ですかあ^^ いいな。ひなは可愛いでしょうね。
そのうち、すだちヒナが、そのへんをちょこちょこ歩くかもしれません。
楽しみですよね。

猫やカラスに、気をつけなければ。

ポール・ブリッツさんへ 

ポールさんらしいコメントです^^

ええ、そう nevermore・・・。

そんなかっこいいテーマを含んでいなかったことが、ちょっと残念なブログ記事でした。

あの詩。いいですよね。

なつくんですね 

前にも書きましたが、私の友人には。
カラス、コウモリ、サンショウウオ、イモリ、亀などが大好きって女性がいます。二名います。

そういうの、私は飼いたくはありませんが、蛇とかゴキブリとか、襲ってこないんだったら嫌いでもないな。
大嫌いな動物ってのは特には……あ、げっ歯類は苦手です。それも前に書きましたっけ。limeさんはネズミも嫌いじゃないとおっしゃってましたよね。

で、カラスって人間になつくんですねぇ。
私もきらきらしたものが好きで、もしかしたら前世はカラスだったのか(海や岩が好きだから魚だったのかも)と思ったりしていますので、ポーちゃんにはそこんところは親しみを感じてしまいました。

川でした 

すみません。前コメントで「岩が好き」と書きましたが、「河、川」でした。
焦って送信してしまって、ミスでした。

あかねさんへ 

了解です。川ですね^^

わたしはたぶん、あかねさんの友達に、好みが似てるんですね。
鳥類も爬虫類も、哺乳類も、大好きです。
げっ歯類も^^
うさぎもげっ歯類でしたっけ? あかねさん、うさぎもダメですか?
リスとかなら、いいのかな?
でも、私も、噛む生き物はちょっと怖いですね。
ハムスターに噛まれてから、ちょっと触れなくなりました(ビビリじゃん)
でも、眺めるのは大好き。

私が嫌いなのは、昆虫。とくに、節足類。
甲虫と蝶は、まだいいんだけど、それ以外は、どうか地球以外に住んでくださいって、お願いしたい。
むかでやゲジゲジやゴキは、もう、・・・ほんと・・・。

ああ、何の話でしたっけ。

あかねさんは、海や川が好きなんですね^^
私も小さな頃はいつも川で遊んでいました。
夏は、川で毎日泳いでいましたし。
でも、なぜか泳ぎは、あんまり得意じゃありません^^;

田舎に住んでいたって、運動音痴が直るわけじゃないんですよね・汗

NoTitle 

アーアー・・・アワワワ・・・わかりすぎて、めっちゃツボツボ^^

光物キャッチャーのポーちゃん、良い奴だったんですねぇ。
ハンガーコレクションにぷぷぷ。

豪快系おっちゃん、大好きです。
他のエピソードもお聞かせ願いたいです。
おっちゃんシリーズ、短編集でお願いします! 是非!!

オーストラリアはバードウオッチャーにはたまらない国だと思いますよ。
limeさん、きっとキュン死しかける。

けいさんへ 

お! アワワワが、わかるのですね、けいさん。さすがです!
今日も元気に、裏山でアワワワやってます。カラスの子達。(絶対ほかの鳥と、声が違うね^^;)

ポーのコレクション、すごかったですよ~。
印鑑はわかるけど、ワイヤーハンガーも、光り物の部類だったとは。
たしかに青や黄色で、キラキラ。
眺めてうっとりしてたのかしら。

豪快なおっちゃんのエピソード、聞きたいですか?
もう、信じられないほどたくさんありますよ。
よし、こんどまたUPしてみましょう^^

オーストラリアの鳥はまた、綺麗で優雅でいいですよね。
ハミルトン島のホテルのベランダに来た、真っ白なオウムたち。
もう、キャーキャー言いながら、写真撮りました。
人懐っこくて、日本ではあり得ない。
また、いきたいなあ~~。
でっかいトカゲもいますしね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【凍える星 第13話 共鳴  】へ
  • 【(雑記)投票のお礼と初めての童話】へ