RIKU

RIKU 第四話 探る

 ←RIKU 第三話 依頼 →伊坂幸太郎「チルドレン」
あの絵の作者『MISAKI』が来るまで、通りの反対側のカフェで見張る。
なんと非効率的で気の長い仕事だろう。

元より玉城はその人物の顔も知らないし性別さえも分からない。
ネットで検索してみてもそれらしい情報にヒットしない。あるいはMISAKIというのが通称ではないのだろう。
徹底した秘密主義なのか、それともプライベートを知られると困る事情があるのか。

玉城は取っ掛かりとして画廊のオーナーを当たってみることにした。
田宮は失敗したが、自分になら何か情報を提供してくれるかもしれない。
仕事柄、取材をすることも結構あったし、他人と打ち解けることは得意だった。

画廊は平日の昼間だということもあってか客は一人もいなかった。
玉城は静かすぎるその空間をぎこちなく歩きながらあの作者のイニシャルの入った絵を探してみたが、見当たらない。
展示してあったのは小宮が買った、あの一枚だけだったのだろう。

「ミサキ? 彼の事をお調べですか」
画廊『無門館』のひょろりと背の高いオーナーは、四角いメガネをずらしながら、玉城を見た。

「先日も彼の事をかなり詳細に聞きに来られた方がいらっしゃいましたが、実のところ画家との契約で、個人的情報はお教えできないことになってるんです」
「画家ってそんなに慎重なものなんでしょうか。……あ、いや全然こっち方面の事は分からないんですが。でももっと、ほら、個展やったりして積極的に名を打って売り込むもんだと思ってたから」
「ええそりゃあそうです。普通はね。でもあの人はちょっと……その。変わり者なんです。どちらかというと私が彼の絵と才能に惚れて、無理やり描いてもらってるようなもので。昨日売ってしまった絵だって、本当は私が買い取るつもりで置いておいたんです。けれど、熱心な紳士に落とされてしまいました」
その紳士は田宮が雇った代理人だろう。

「僕もなんです。あの女の子の絵、一目見て惹きつけられて忘れられなくなって」
相手のペースに乗る前に、何とかして取っ掛かりを掴まなければ、と玉城は食い下がった。

「どうしてももう一度近くでちゃんと見たくて、今日来たんです。到底買える値段じゃないとは思ってたけど、やっぱり売れてしまってるのを見たら、なんかガッカリで……。せめて作者の事がわかったらな~なんて思ったんです。すみません。ネットで調べても分からなくて」
本心と、わずかなウソを混ぜ合わせて食い下がる。
嘘をつくのは大っ嫌いで、頬の筋肉が少し引きつるが、とにかく早く仕事を終わらせたかった。

「そうでしょうとも。本当に良い絵を描くんです」
思いがけずオーナーは深く頷いて玉城の言葉に答えてくれた。

「あの少女の絵はいいでしょう? 本当に手放したことを後悔しました。最初に欲しいと言って来た老人は、絵の良さをまるで理解していないのに、ただ『譲ってくれ』ってしつこくてね。
作者の事をやけに聞きたがるし、私もちょっとへそを曲げてしまって、その方には丁重にお断りしたんですが、昨日になって、別の紳士に買い取られてしまいました」
結局は田宮老人の手に渡ったんだけど……、と玉城は少しばかり気の毒になりながらオーナーに頷いた。

よっぽどオーナーはそのMISAKIの絵に惚れているのだと、しみじみ伝わってくる。
これは一筋縄ではいかないかもしれない。

「実際のところ、彼が人物画を描くのも珍しいし、背景がやけに写実的で今までの作風とは違っていたんでね。画風を変えたのかと私も訊いてみたんですが、あの絵に関しては一切、何も答えてくれませんでしたよ」

「長いお付き合いなんですか? MISAKIさんとは」
「やっと最近です。彼をつかまえられたのは。画廊が生き残るには如何に新しい才能を見つけ出し、発掘するかですからね。粘りましたよ」
「人気ある画家さんなんですか?」
「ええ、そりゃあね。寡作だから彼の作品を待っている愛好家は常にしびれを切らしてます」
「……ごめんなさい。絵画については本当に疎くて。ちょっと残念だけど、そういう事ならオーナーから彼の事を訊くのは無理っぽいですね。そういう……なんていうか、人見知りの芸術家って、僕も仕事柄何人か知ってますし」
オーナーはニコリとした。

「彼は一度逃がしたら手に入らない。そっとしとかないと、気を損ねてどこかに飛び去っていく鳥みたいなモンです。
私は嫌なんですよ。その鳥を逃がしてしまうのが」

「鳥・・・・ですか」

芸術家と言うものはそんなに気難しいものなんだろうか。
ともかく、この調子では住所なんて聞けるはずもない。
玉城はオーナーのしたたかな笑みを見ながらそう思った。

結局、男性であることと、かなりの変わり者でありことしか分からなかった。

足取りも重く画廊を出た玉城は、通りを挟んだ斜め向かいに手ごろなコーヒーショップを見つけ、立ち寄った。
テラスもあるし、見張るにはちょうどいい。
少し救われた。
ガレージもよく見えるし、車で絵の搬入に来る人物がいればチェックできる。
駆け寄って声を掛け、その反応を見極めることくらいは出来そうな気がした。

気の長い話だが、明日からは探偵ごっこ……、いや、バードウオッチングと行くか。
玉城は気乗りのしないまま、ひとつ深呼吸した。

     ◇    

ある程度予感はしていたが、やはり次の日も、その次の日も、その画廊に『MISAKI』は来なかった。

さすがに常に張り込むことは不可能だったし、彼が絵を持って訪れるのは営業時間以外の可能性も大いに考えられる。
いやもしかしたら絵の搬入というのはもっと高尚に、専門の配送員が持って来るものなのかもしれない……と、様々な不安が頭をよぎる。
彼のために開けてあるという、ガラス越しのあのスペースには今日も何も飾られていなかったし、見逃してしまった可能性は低いと思われたのだが、この仕事、成功しそうな予感がしない。

今日も日がな一日、向かいのテラスに座って玉城は何倍もコーヒーをお代わりした。
そのうち胃炎になるかもしれない。

近いうちに連絡を入れると言ってくれた出版社からの話もさっぱりだった。
グルメ月刊誌が廃刊になったのは仕方ないが、それでハイサヨナラとは冷たすぎる。
一緒に回ったフォトグラファーはすぐに別の仕事が付いたと知り、それも何だか気を滅入らせる。
フォトグラファー・・・。

そう言えばあの偽フォトグラファーはどうしてるだろう。連絡もない。
手は大丈夫だろうか。ちゃんと仕事に行けてるのだろうか。

そう思った瞬間、ナイフを落とした時の映像が浮かんできた。玉城は咄嗟に立ち上がる。
まだ手の具合が悪くて、うまく仕事ができないなんてことはないだろうか。
もしそうだとしても、あの青年は玉城に連絡を寄越したりはきっとしないだろう。

玉城はセルフのトレーをあわてて片づけると、あの家を目指して足早に歩き出した。


風が動き出した。

朝から雲で覆われていた空はゆっくりと青空を覗かせ始め、ケヤキの緑の隙間からは心地よい木漏れ日が揺れる。
テラコッタの屋根。白いペンキの剥げかかったあの古い家が見え始めると、何故か心がゆったりと落ち着いて行くのを感じた。

今、変更線を越えたのかもしれない。

辺りは小さな小鳥のさえずり以外は何も聞こえない。
多少罪悪感はあったが、玉城は前と同じようにカーテンも何もかかっていないガラス窓から、中をそっと覗き込んだ。

雲の切れ目から差し込む光の筋がくっきりと部屋の中を照らし出し、中にいる人物を浮かび上がらせた。
ざっくりとした大きめの真っ白い半袖Tシャツとジーンズだけの姿で、彼は斜め向こうを向いて立っていた。

左手は下に垂らし、右手をゆるく前方に付き出している。
右手首には白いサポーター。

けれど、玉城をドキリとさせたのはその先にあるものだった。

リクの手に緩く握られているのは筆。
そして、その先にはイーゼルに立てかけられた一枚の絵があった。

アングルこそ違うがそれは彼が交差点で惹きつけられ、小宮老人が不安そうに見せてくれた、あの少女の絵だった。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU 第三話 依頼】へ
  • 【伊坂幸太郎「チルドレン」】へ

~ Comment ~

こんばんは…おはようございます(笑)。 

来た…! やっと繋がって来た!

先日より、この物語を読ませていただいてます(o^_^o)

どこへ繋がって行くんだろう…と思いながら読んでましたが、やっと核心の先っぽ辺りまで辿り着きましたよ(笑)。

でも…まだまだグレーな部分が…。

小宮老人の本当の目的は何なのか。
描かれている少女?それとも…
そして、この少女とリクの関係は…?

まだまだベールに包まれていますが、今宵はこの辺にて。

お楽しみは、少しでも長引かせなきゃ♪

蘭さんへ♪ 

わ~^^!
RIKUも読んでくださってるんですね??

感激です。
RIKUも、癖のある人物ですが、かなり気に入ってます。
一番の美形ですし(笑)
このRIKUは、読み切り短編にするつもりですたが、登場人物のその後が気になり、
どんどん読み切りの続編ができてしまいました。

RIKUの最初だけでも読んでいただけたら、めちゃくちゃうれしいです。
いつも、本当にありがとうございます!

こんばんは! 

最初はまさに「雲を掴むような」お話でしたが、天上から延びる蜘蛛の糸のように一条のヒントが…。

玉城君!作者のlimeさまにミスリードされないように糸を追っていくんだよ!?ファイト!!と思ってしまいました(笑)

本当に不思議な感触のお話です…。

有村司さんへ 

やっと少し、方向性が見えて来たんじゃないでしょうか。

リクが、あの絵の作者であることは、半分くらいの読者さんが予想されていたようです。

問題はこのあと。何度となく、有村さんを裏切るかもしれないので、要注意。

玉城といっしょに、リクに翻弄されてください^^

NoTitle 

きゃっほ~
limeさん、そう来ると思ってました!
RIKUがMISAKI・・・多分・・・ですよね?

なんかついつい予想してる自分がいます(笑)
それも楽しみのひとつですね♪
社長が探してる知り合いの子・・・って言い方も
どうもしっくりこなくて、
怪しげですね。
そこらへんも序々にわかってくるんでしょうね♪
続き楽しみです☆

さやいちさんへ 

えへへ。
こんかいは、さやいちさんがいっぱい推理してくださって、こちらも楽しいです。

今のところ、さやいちさんの推理は完璧ですね。
さて、このあとはどうかな?

さやいちさんが、手強いので作者はドキドキ^^

この後も、二転三転しますが、楽しんでいただけたら、うれしいです。

四章 完^^ 

さすがlimeさま。
私を完全に物語へと引き込みました^^

改行の度に情景を思い浮かべながらの読書^^
私の好きな読み方ができます(#^.^#)

特に・・・
>風が動き出した。
>朝から雲で覆われていた空はゆっくりと青空を覗かせ始め、ケ>ヤキの緑の隙間からは心地よい木漏れ日が揺れる。
>・・・・・・・・・~
>今、変更線を越えたのかもしれない。

私、本当にここの情景が頭の中でクッキリしてました^^

そして・・・徐々に見えてきたお話のつながり(#^.^#)
小宮社長の本当の目的・・・
画家、misakiはリクなのか・・・
もしかしたら・・・

と想像をフルに巡らせてます。。。

美香さんへ(3) 

おお!もう4話まで!うれしいです。

> さすがlimeさま。
> 私を完全に物語へと引き込みました^^

嬉しいお言葉、ありがとうございます。
まだまだ、この頃は書き始めて間がなく、小説というもののも理解できていなかったんですが、とにかく自分の脳内の視覚を、情景を、素直に表現してみました。

美香さんに、それがストレートに伝わって、ほんとうに感激です。
きっと美香さんのアンテナが、とってもクリアで高感度なんですね。
私は幸せです。

> そして・・・徐々に見えてきたお話のつながり(#^.^#)
> 小宮社長の本当の目的・・・
> 画家、misakiはリクなのか・・・
> もしかしたら・・・

おお、美香さんの中で、どんな風に想像されているのか。
見てみたい。聞いてみたい。

でも、このお話は、きっとまだ展開していきます!
「えええ」という美香さんの声を、生で聞きたい思いでいっぱいです。

RIKUは、一話がとても長くて、読むのがしんどいと思うので、くれぐれも無理のないように、のんびりと読んでくださいね^^
疲れちゃいますからね。

どうか、このあとも、この問題児2人を、よろしくお願いします^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU 第三話 依頼】へ
  • 【伊坂幸太郎「チルドレン」】へ