☆イラスト・マンガ・水彩画

(イラスト)竹流さんを描かせてもらいました♪

 ←凍える星 第12話 悪魔の子 →(雑記)クオリアと、クリオネ。
こんばんは。
は~、やっと金曜日。今週も乗り切った^^

ジメジメした天気が続いて、ちょっと憂鬱ですが、それでも恵みの雨に感謝しつつ、頑張っていきましょう
(ついさっき、ツイッターで、憧れの作家さんに返信もらって、妙にテンション高めです^^)


さて! またまた、よそ様の小説のキャラを描かせてもらいました。

前回の真くんに引き続き、「コーヒーにスプーン一杯のミステリーを」の大海彩洋さんのところの、御曹司、大和竹流さんです。(なんか今だけ、さん付けしてみました (^^ゞ )
この竹流さんも、大海さんが中学生の頃から大切に育ててきたキャラであり、壮大な物語の中心人物です。


竹流と猫1


大和竹流(ジョルジョ・ヴォルテラ)氏のプロフィールはこちら^^

実は、『海に落ちる雨、始章』という、プロローグ的な章を読ませていただいたとき、
それはそれはショックを受けたのです。
こんなにも重厚な深い物語を、書いてしまう人がいる。
完璧だ。
やばい、どうしよう。

・・・と、(なにがやばいのかわからないんですが)
かなりな、いい意味でのショックだったのです。
自分なんて、やっぱりまだまだほんのヒヨっ子だな、と。(ひよこって。可愛いすぎるか。子亀くらいか)
文章力にときめいたのです。

一言で説明できない、重い運命を背負った竹流(ジョルジョさん)でありますが、とにかくあの、男も女も惑わしてしまう色気が、出せればなあ・・・と思って描かせていただきました。

大海さんのキャラは、造形や心理描写が巧みなので、、難しい性格(^^)であるにもかかわらず、ふっと表情が映像として浮かんできます。
今回は、やっぱり彼の上質な「色気」と「高貴な雰囲気」を出すことが課題。

とりあえず美しい女性は抱いてみる的な、雰囲気も出せれば・・・。(いえ、決して竹流が、そのような男だとは・・汗汗)

力尽きて細部まできっちり描けなかったのが、申し訳ないです。

イラストは、相変わらずまだまだですが、こうやって描くうちに、少しは脳内イメージに絵を近づけていけるようになるかもしれません。鍛錬鍛錬。
大海さん。大事なキャラを貸していただいて、ほんとうにありがとうございました^^

竹流さんへのメッセージ。
「今夜は、その猫、抱いて寝てあげてください」




にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【凍える星 第12話 悪魔の子】へ
  • 【(雑記)クオリアと、クリオネ。】へ

~ Comment ~

トラックバックしてみたけれど…… 

上手くいったのかなぁ?
ちなみに、トラックバックて何? コメントとどう違うの?
あ、自分のブログでお返事するみたいなの?
とか、はてなつきですが……

改めまして、limeさん、過分なご紹介を?頂いて、本当に恐縮しちゃいます。
あ、竹流だ!と、もう完全にわが子がお邪魔しているような感じで、照れちゃいました(#^.^#)
しかも、真はともかく、この人の色気は……怪しいですね^m^
あ、妖しいの間違い? どっちでもあり、かな。
取りあえず美しい女性は抱いてみる的な ←これ、今度小説の中で使わせていただきます(^^)
いやまさに、否定できません……。
臭いを嗅いで腐っているかどうかを確かめる的な(って、全然違う!)?

limeさんのイラストは、物語の濃縮版ですよね。
そのイラストからも物語のワンシーンを感じさせる。
こうして描いていただくと、自分の中で、あ、これはあのシーンだ(limeさんはご存じないはずのシーンなのに!)、と落ちるところにすとんと落ちた感じ。
何より、limeさんは多分、何気なく描かれたこの地球儀。
絶対、竹流の部屋にありそうです。
彼の運命とか、彼の心とか、それがここにのっている感じ。
小道具までも様々な気配を呼び寄せていて、映画のシーンのようです。

きっとこれからもこの素敵なイラストで、他の書き手の想像力を煽り立て、そしてご自身の物語に濃厚な香りを添えて行かれるんだろうな……と思います。
limeさんありがとう!
そして、これからも素敵なイラストと、そして爽やかでウィットに富んだ物語、楽しみにしていますね(*^_^*)

*でも、マコトの腰~お尻が可愛くて……撫でたい(って、やっぱりそこか)

何回もすみません 

やっとちゃんとトラックバックできたみたいです(^^)
ブログって、まだまだ謎がいっぱい。

大海彩洋さんへ 

大海さん、いらっしゃい~^^
そしてトラックバック、ありがとうございます!
実は私も、トラックバックが、一体何なのかよくわからなくて(5年目なのに!)
ページとページの、リンクなのかな?
皆さんがよく利用してるトラックバックテーマも、どうやってやるのか・・・。いやまあ、それはいいのですが。
先ほどちらっと大海さんのページを見て、「ああ、そうか」と。
そういう利用もできるんですね
また、そちらに改めておじゃましますね。^^

いやもう、私は感想とか、紹介文が、本当に苦手で。完結に紹介できなくて、申し訳ない・・・。
いや、完結に紹介できる人たちじゃないですからね^^;
もう、ずばっと、大海さんのページに飛んでもらうのを、願うばかりです。

改めまして、私の拙いイラストを受け入れてくださって、うれしいです。
実は、大海さんが描かれたイラストを、結構参考にさせてもらったのです。
(どこが!と聞かれると答えにくいんですが)
あのイラストがなかったら、きっと描けていないです。
あそこから、やっぱりかけ離れてはいけないとおもいつつ、そして私の思い入れを、上乗せしつつ、描かせていただきました^^

なんだか、照れるというのも、すごくわかります。
私も時々、イラストを描いてもらうのですが、嬉しいのと、照れちゃうのと(嬉しい照れ)いろいろ萌えなのです(日本語がおかしい・・・)(*´ω`*)

またこのあとも、しつこく通わせていただきますので、よろしくおねがいします!!
どうぞ、マコトノオシリ、エアーなでなでしてやってください!!
しなやかなはずです・(*//∇//*)・:

NoTitle 

ほらぁぁぁ!!
あそこに真が俯いてる・・ ねっ?^^
(どう伝えたらいいのやら・・><)

高貴な雰囲気。
メチャメチャ伝わってきますよ。

>とりあえず美しい女性は抱いてみる的な

思わず爆笑してしまったww
竹流の場合、自分が美しいと感じた女性への賞賛が
まさにそうなってしまうのかもしれないですね。(笑)

akoさんへ 

わ~~、akoさん!!
やっぱり見えるんですね? 真!
どこどこ? うえ~ん、見えない><
もう、きっとakoさんにしか見えないんだあ。
でも、なんだかいいなあ^^
そういうの好きです。

高貴な感じが出てて、よかった~~!
そして、へへ。
やっぱり、
とりあえず美しい女性は抱いてみる的な 、竹流さんですよね!(太字にするこたーないやろ)

そうですよね、これは竹流の賞賛の証で^^
そこがまた、彼の魅力で・・・。

なんだか、あんまり言うと、竹流を誤解されそうなので、やめておきます><(爆)紳士なのですよ、うん。
ちっともフォローになってない・・。

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、ありがとうございます。
え、子亀ちゃんも、かわいいですか((*´ω`*))←勘違い?
我が家の子亀はちょっと無愛想な顔をしていますが。あ、もう10歳だから、子ガメではないのか??
帰国されるんですね~~^^
双子ちゃんのイラスト、ありがとうございます!!

NoTitle 

イケメンさんですね。
物静かな中に、何か燃えるものを持っているような・・・
左ききなのが私の中のポイントですかね。

皆さんのお話を訪問させていただいて、キャラさんたちと出会うのは、本当に楽しくてワクワクします。

それで、どんな声・・・おっと、トピック違いました。すみません。

けいさんへ 

けいさん、こちらにも、いらっしゃーい^^

燃えるものを感じて貰えてうれしいです。
もう少し、男の色気を出したかったんですが。
あんまり出しすぎても、危ないですかね^^;

左利き! よくぞ見抜いた!(って、バレバレか)
なんとなく、この構図で描きたかったのですが、よく見ると左だった・・・と(おまぬけ)

でも、この彼、両利きなので、大丈夫なのです!
(そういう設定に、なりました・爆)

声は、きっといい声ですよね^^

そういえば、かっこいい人って、なんで声もかっこいいんでしょうね。
あまり例外を知りません。
天は、二物ばかり与えるんでしょうかね。
まあ、声も顔もいいに、越したことはありません!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEWS 2013/6/29 TB:(イラスト)竹流さんを描かせてもらいました♪

こんばんは。は~、やっと金曜日。今週も乗り切った^^ジメジメした天気が続いて、ちょっと憂鬱ですが、それでも恵みの雨に感謝しつつ、頑張っていきましょう(ついさっき、ツイッ...
  • 【凍える星 第12話 悪魔の子】へ
  • 【(雑記)クオリアと、クリオネ。】へ