「白昼夢 」
第2話 扉

白昼夢 第二話 扉(4)

 ←最後の一行が・・・ →白昼夢 第二話 扉(5)
ホテルの一室。
ダウンライトだけの明かりの中、窓の外の夜景を見下ろしながら、
髭の男はソファに座りパソコンに向かっている青年に話しかけた。
「やばいんじゃないのか?陽。 その女子高生」
話しかけられた青年は少し意外だという様子で画面から目を上げ、髭の男を見た。

「大丈夫だよ。仕事を見られたわけじゃない」
そうしてまた画面に目を落とす。
「じゃ、なんだろうなぁ、その思わせぶりな態度は」
「女子高生だからだろ?」
素っ気なく言う。
「んぁ??」
髭はいつまでも画面を見つめている青年に近づき、向かいのソファーにドスンと座った。
「本当に女子高生と猫は嫌いだなぁ、お前」
「キライなんじゃないよ」
「じゃ、なんだ」
「怖いんだよ。何考えてるか分からないヤツは怖いんだ」
髭の男は少し小馬鹿にしたようにクフフと笑った。
「そんなもんかねぇ」
青年は画面を見つめたまま愛嬌のある目を細めてニッと笑う。
「そんなもんだよ。・・・でも」
「ん?」
「何か気になったんだ。今日の子はね」

しばらく部屋にはやわらかいジャズと髭の男の吸うタバコの紫煙だけが
緩やかに流れていた。
髭は向かいの青年の胸元に光るシルバーのクロスを静かにじっと見つめた。

“少しでもこいつの頭の中から、あの夜の記憶は薄れてくれているんだろうか”

長い間黙って見つめたあと、髭はまたゆっくり立ち上がった。
「明日、その子に会いに行くのやめとけよ。面倒なことになったら大変だからな」
今度はチラッと髭を見上げて青年は少し笑った。
「分かってるって」

・・・絶対こいつは行くんだろうな。いつまでも子供みたいな所がある。・・
髭はまた窓の外の夜景に目を移し、あきらめたようにため息をついた。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【最後の一行が・・・】へ
  • 【白昼夢 第二話 扉(5)】へ

~ Comment ~

こんにちは。 

近頃は忙しくてなかなか読みに来れずごめんなさい。

いやあ、不思議能力は私も好きな分野なので
とてもテンション上がっています。
しかし特別な能力を持った人間が必ずしも幸せなわけではないんですよね。きっと。

いらっしゃい! 

いえいえ、こちらものんびりな更新なので、そんなに進んでいません・笑
お立ち寄りいただいて、うれしいです。

特殊な能力を持った人物(マキ)は、第二話だけの登場になります。
あまりファンタジックな感じにせずに、等身大で描ければ、と思っています。

ええ、このマキの能力は、ぜったい欲しく無いですね・笑
幸せになれそうにないですもん。

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【最後の一行が・・・】へ
  • 【白昼夢 第二話 扉(5)】へ