☆雑記・四方山話

(雑記)怖い夢と、マムシのお酒

 ←凍える星 第1話 天空の双子 →凍える星 第2話 オフィス天道

いや~~、今朝は、久々にめちゃくちゃ怖い夢見て、バクバクで目が覚めました。(>_<)

・・・いきなり無表情な女の人が、ひと振りで瞬殺できそうなムチを握りしめて、ウチの家の二階に上がり込んできて、「リボンをください」とか訳わからんことを、魚のような目をして要求してきたら、震えます。
なんだ、この、支離滅裂なシチュエーション。

私は平気な振りをして「ちょっと貸してください」と、その大蛇のようなムチを取り上げて一階に駆け下り、外の崖に投げ捨てます。
女はやはり、無表情で、それを追って外へ。
すかさずドアを閉め、施錠!

その後、帰ってきた家族に、震えながら、「怖いことがあったんだよ~~」と説明してると、後ろのクローゼットがガラッと開き、「マダ、イルヨ」、と・・・・
((((;゚Д゚))))

怖い夢って、何か不安なことがあると、見るんですよね。
あれかな・・・これかな・・・・。
蛇のようなムチが出てきたのは、あれだ。
最近、また耳(耳管)の調子が悪いと言ったら、田舎の母が、「マムシ酒」を送ってきてくれたんです。

送られてきたマムシ酒は、小分けしてあったので、さすがにマムシは入っていなかったんだけど、なんとなく理科室の小動物のホルマリン漬けのような匂いが・・・。(いや、臭ったことはないんですが)

作り方はね・・・生け捕りにしたマムシを、生きたまま水の中に3ヶ月くらい漬けておくんです。
不思議なことに、マムシは水の中では生きるんだそうですよ。
その間に、排泄物を出して、清い体になるんです。

で、その蛇を取り出して、今度は35度以上の焼酎へ、ドボン。
10秒で死んでしまうそうです。
そして1年・・・。完成です。

「ぜったい、耳にも効くから。騙されたと思って、飲んでみなさい」
と、母。
私は良く、騙されるのですが、お母さん・・・。

ちいさな、薬用のカプセルに移して飲んだんですが、胃の中がしばらくカーーっと熱かったです。
マムシ、怒ってる?

そんなことが頭にあって、夢の中に蛇のようなムチが出てきたのでしょうかねえ。

(決してSMとか○○○○○ものとか、見てたわけではないです。)

今日は、怖い夢を見ずに、眠れますように・・・(o´_`o)・・・



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【凍える星 第1話 天空の双子】へ
  • 【凍える星 第2話 オフィス天道】へ

~ Comment ~

おぉ、マムシ酒ですか! 

その夢は、確かに怖いですね!!
特に、マダイルヨ、がいや~!!
今度のlimeさんの小説に出てきそうな気がする~(?_?)

追いかけられる夢ってよく見ますが、やられっぱなしではなくて、結構それに対応しているんですよねぇ。
何だかよく分からない流れで…(「ちょっと貸してください」って…)

夢は現実の出来事を脳が整理している、起こった出来事をすべて記憶していたら大変なことになるから、記憶として残すものを取捨選択している過程だというから、そのマムシ酒が、脳のどこかへ整理されたわけですね。
宇佐美さんあたりが喜んで飲んでそう…

あ、『稲葉くんの憂鬱』、読みましたよ(^^)
もう、完全に(ちょっと若いころの)シゲさんが映画館の前に立っていました…
こんな日って、時々あるけれど、稲葉くん目線になるとどうしてこんなにも面白いんでしょうか。
でもそれは彼が一生懸命だから、なんですよね。
ちょっと怪しい宇佐美さんと李々子さんも、ますます期待しながら読ませていただきます(^^)
それにしても、本当に次々と、色々な出来事、シチュエーション、どうやって思いつくんだろうと、感動しちゃいます。何より、それらすべてをちゃんとお話にされていることがすごいです。
見習わねば…(って毎回言っている…)
でも、稲葉くんがシゲさんなら、宇佐美さんは…とか考えてしまう……^^;

昔、埼玉で通っていた飲み屋で、マムシ酒、蜂酒、あれこれ置いてありました。
怖くて飲んだことがありません……

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大海彩洋さんへ 

本当に、ホラーとかダメなのに、よく見ちゃうんですよ、怖い夢。
9歳の時は、2ヶ月間毎日、魑魅魍魎にとりつかれて、毎晩うなされる時期があって、あの頃はきっと別の世界の入口にいたんだと、今になってもそう思います。仏壇と神棚の傍で寝ていたのも、なにかあるのかな?

大人になってからの怖い夢は、大海さんのおっしゃるとおり、きっと脳の整理の過程で、不安とかが入り乱れてストーリーをつくっちゃったんでしょうね。やだ~。
でも、しっかり夢を覚えてる体質なので、これは、翌日に響きます~><

> あ、『稲葉くんの憂鬱』、読みましたよ(^^)

おお、そうですか!
シゲちゃん、キャストにはまりましたか??
彼がどんどん、脳内でヘマをやってくれるので、ストーリー展開が上手く運んで行きました。
キャラが定まっていると、とても楽なのに気がつきました。
やはり、物語は、キャラなんだなあと、実感。
キャラの性格がぼんやりだと、ストーリーもぼんやりしてしまいますね。

だから、宇佐美は、けっこう苦労しました。最初と最後では、随分性格が変わって、穏やかになっていってしまって。(どちらも、宇佐美なんですが・・・^^;)
え、宇佐美のキャラですか?
ふふ。そうキャスティングしてみてください。もしかしたら、いい味出して演じてくれるかもしれません、彼。
雰囲気としては、「半分の月がのぼる空」っぽい感じで演じてもらえば、いいなあ~。
あまり、キャラを役者に当てはめることはないんですが、後からキャスティングするのも、面白そうですよね^^。
このあとも、シゲ・・・じゃなかった、稲葉くん、がんばります。
私の物語はいつも、準主役が頑張ります><

鍵コメさんへ 

おはようございます^^

おお、Mさん、夢占いの方にも詳しいのですね。
なるほど・・・おもしろいです。
そんなふうに思えばいいんですね。

蛇、怖くて投げ捨てちゃいましたが(笑)

うん、いいことだけを信じるって、いいですよね。
「こうしないと、よくないことが起こる」という、占いは、なにか違うような気がしますもん。
ありがとうございました^^

今日はちょっと嫌な天気ですが、がんばりましょう~。

NoTitle 

 こんにちは。
僕には 数年単位で見ている 同じ夢がありますよ。
一つは 凄まじく怖いーーー 自分の部屋のベットで眠っていて 体が動かない 
そして やっと動いて 夢から覚めたと思い 枕元の電気を点ける…
気が付くと まだ夢の中で 真っ暗 体が動かない… この状態を 延々と繰り返す。
もう一つは… 夢の内容は その時々なのですが 同じ町に 同じ人物として住んでいる。
僕の脳 何を訴えたいのだと 文句を言いたい!!!!

マダイルヨ かぁーーー
ブログで 新しい記事を書こうとして 管理画面を立ち上げると 書いた覚えのない記事が 
マダイルヨ と 一言。
おおっーーー ホラーが一本書けますね。

ウゾさんへ 

ウゾさん、こんにちは^^

ウゾさんの夢は、これまた意味深ですね。
無意味になんども繰り返される夢って・・・想像したらめちゃくちゃ怖い。
言葉で言うのと、実際体験するのでも、随分違いますよね。
別の人間として、なんども登場する・・・っていうのも、なにかありそうですね。
私は、なんども繰り返しはしませんが、全く別の街に住む、別の人物として、何時間も大河ドラマのように時間を過ごします。
(夢の中の時間って、すごく経過が早いんでしょうね。1時間で、3年分・・・・みたいな)

見知らぬ街の、別人の自分。もしかして、本当にその人物がいて、どこかでリンクしてたり、しないかな。

「マダ イルヨ」・・・のPC画面バージョンも、怖いです。ホラーです(>_<)

特に、何するでもないのに、存在をアピールする奴。う~ん。フマキラーで、シュッとしたい。

NoTitle 

全く同じ夢を 複数回見ることがありますよね。
あれは、解決してないからなんでしょうか。

子どもの頃に住んでいた近くの道を、夜中に一人で歩いていると、
ボロをまとったお婆さんが歩いてくるのです。
現実にあるその場所は、家と家の間にある狭い通りなのですが、
突然大きな自動車が走ってきて、おばあさんが轢かれるのです。
きゃあと悲鳴を上げる幼い私。
しかし、自動車が通り過ぎた後には、なんにも無い。
「ああ、魔法使いのおばあさんだったのね」
とつぶやいたところで終わりです。

何回も見ました。
しばらくすると見なくなりましたから、何か解決したんでしょうか。

あと、続きものの夢も見ました。
同じ町(夢の中だけにある町)で、登場人物も同じなのです。
引っ越しをしなくてはいけないという人を、私が助けるのですが、
すったもんだがあって、ちゃんと引っ越しが済むまで続きました。
その後、その人は本当に引っ越しをしましたが、私は何もしていません。

マムシ酒は臭いですよね。
ハブ酒のほうが美味しいですよ。
マムシ酒を作ったことがあります。
水はいっぱい入れなくても、ある程度入れておけばいいんじゃないかと思います。
ビンに入れたマムシに焼酎を注ぐと、マムシが、すごい勢いで立ち上がります。
迫力です。

しのぶもじずりさんへ 

うわ~~ヽ(`Д´)ノ! その夢もまた、強烈に怖いですね。

怖い夢というのは、けっこうありますが、なんども繰り返して見る、というのが、何かあるんじゃないかと思ってしまいますよね。
何かの、不安の象徴なのか、それとも、本当に何かの暗示なのか。
夢ってあまりまだ研究されてない分野だけど、とっても身近なミステリーですよね。
おばあさんの潰れた姿を、見なくて済んだのが、まだしも・・・。

お引越しのお手伝いは、なんでしょうね。
ちゃんと最後まで、手伝ったしのぶさんは、いい人だ・・・。
きっと私なら、夢の中だって、中途半端に終わりそう。

ハブ酒はおいしいのですか!
あの、生臭さはないのですね?
(だからといって、欲しくはないですがw)
マムシ酒、作ったんですね。やっぱり、アルコールに入れると、そんな風になっちゃうんですね><
うわ~、見たくないかも。あさり汁を作る時だって、辛いのに。

いったい、どんなエキスが抽出されるのでしょう。
もしや、毒を持って毒を制するてきな?
う~ん、とりあえず、飲んでみます。

NoTitle 

怖いのですけども!!!(ToT)/~~~
「マダ、イルヨ」…ひーー・・・。
リボンって何~~~(>_<)
たまに見る怖ろしい夢って、
心身ともに疲労しますよね。
たまに他人に言えないくらい怖い夢
(怖いというか異常な夢…)
を見ると、自分って大丈夫かなと心配になります^^;

市販のハブ酒なら我が家に常備してあるので
今夜久々に飲んでみようと思います。
ハブでも耳にいいかな^^??
私もよく耳が痛くなるので…。


ななおんさんへ 

ななおんさん、おはようございます^^

ね、恐い夢って、当事者は本当にこわいですよね(あたりまえだけど)
支離滅裂なところが、救いようが無くって。

おお、ななおんさんは、ハブ酒を常備?
聞くところによると、ハブ酒の方が、飲みやすいのだとか。
マムシは、生臭いのですよ~~。

母は、マムシ酒で、耳の炎症が治ったといってましたから、なにか、効果あるかも。
私の耳は、治療薬がないらしいので、漢方を処方されてるのですが、ちっとも効果なくて。
もう、蛇頼みです^^。
ななおんさんの耳も、よくなるといいですね^^

NoTitle 

ちなみにマムシは高いものでは一匹7000円で取引されているそうな。
それを考えると、マムシ取りのバイトは割りに合わないわけではなく。
結構高額なバイトになります。
まあ、マムシがいるところでないと駄目ですけど。

LandMさんへ 

え~~! そんな高価な値段で買い取ってくれるんですか。
そりゃあ、ちょっとした商売になりますね。
道理でマムシ酒が、高いはずだ。

でも、・・・こわいですのんね。
私の高校の古典の先生も、マムシに噛まれて、亡くなりましたから><

NoTitle 

マムシ酒かー。って、まずそっちかい。ふふ。
35度の焼酎とは、濃いぃですねえ。
薬としていただくありがたい命なのですね。

夢怖い~~
脳よ、静まれ。マムシ殿、頼む。(何を?)

お耳の方もお大事に^^

けいさんへ 

35度って、やっぱり「ひーーー」ってなりますよね^^
カプセルに入れなきゃ、喉が焼けそうです。
そして・・・生ぐさいのだ~~><

夢ね。。。

今日ね、もっともっと怖い、本当に怖い夢をみましたよ(´□`。)°
夢の中で、死の恐怖を・・・。
胃が本当にキリキリ痛くなってしまって。

ああ、もう、どんだけリアルよ。夢を見ずに眠る方法って、ないんですかねえ><

ありがとうございます。耳は、またちょっとやばいです。マムシ・・・飲みます。

拍手鍵コメさんへ 

はい~。
ちゃんとカレー買って帰りました^^
やっぱり辛かったーーー><

え!亀やサソリのお酒ですか?
うーん、さすが、アジアは奥深い。
サソリのお酒は・・・ちょっと飲めそうにないです><
サソリって、子供の頃は、エビの仲間なんだと思っていました(爆)

ぜひとも 

「マダイルヨ」を使ってホラー小説を書いて下さいな。
そのシチュエーションはかなーり怖いですよね。

私もよく怖い夢を見ます。
食べものがなくなって家族でお互いの指を食べたり、大量殺戮をしていたり……起きると心臓ばくばくって、ほんと、そうですよね。
「変な小説の読みすぎ」と言われます。

でも、夢を小説にしようとするとなかなかむずかしい。やっぱり荒唐無稽すぎるんでしょうね。

あかねさんへ 

ひや~、あかねさんの指・・・じゃなかった、夢も、更に怖い。
なんですかそれ。カニバってますよ。

かくいう私も、最近殺戮の夢をみまして。
殺さなきゃ殺されるというシチュエイションでした。
「殺すくらいなら、殺されたほうがいい!」という決心をしたところで、目が覚め。
夢の中の自分は、ちょっとかっこよかった(笑)
でも、本当に胃が痛くなりました。夢の中なのに。

やはり、夢を小説に・・・は、難しいですよね^^
それが出来れば、もっと創作が進むんだけど・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【凍える星 第1話 天空の双子】へ
  • 【凍える星 第2話 オフィス天道】へ