未分類

最後の一行が・・・

 ←白昼夢  第二話 扉(3) →白昼夢 第二話 扉(4)
仕事や妻や母をしてると、どうしても自分の持ち時間が少なくなってしまいます。
でも、本屋さんで面白そうな本を見つけると、ついつい買ってしまいます。
食材は10円でも高いと感じると却下するのに。本はハードカバーでも面白そうだと買ってしまう・・。
本屋さんは危険区域です。
そして読まない本が、どんどん溜まる切なさ。

でも、やっぱり読む時間がない
とくに私は遅読で、漫画でも本でも、ヒトの2倍時間がかかってしまいます。
でも、読みたい・・・。
でも、自分の作品を書く時間もほしい・・・。
よし、代わりに誰かに読んでもらおう!という結論に達しました。
読書好きな友人に読ませて感想を聞き、面白かったと言ってくれたら読もう!と・笑
でも、その友人が「おもしろかった」といった本も、やっぱり読むことなく部屋の隅。

けれど、「重力ピエロ」を読んでもらった人物が
「最後の一行の意味がよくわからない。どういう意味が隠されてるんだろう」
って言います。
こんなに読みたくなる宣伝文句があるでしょうか。
「ならば私が解読しよう!」
なんて意気込んで読破しました。
そして、見事にその本は私のベスト1に輝いています。

この世に小説は星の数ほどあり、そして素晴らしい作品もどんどん生まれているはずです。
時間が無いという理由で、出会えずに終わる小説も星の数・・・。
そう考えると、やっぱりこれも人の出会いと同じく、縁なんだろうなあって思います。

いやあ、それにしても、最高の誘い文句だったなあ・・。
以来、伊坂幸太郎作品にはまっています。
先日ね、一ヶ月かけてハードカバーを読破しました。
「お風呂の中でだけ読む!」と決めて毎日少しずつ。快適な入浴タイムです。
体に良くないのでおすすできませんが(^_^;)


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢  第二話 扉(3)】へ
  • 【白昼夢 第二話 扉(4)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あっ!同じです。 

私も同じですよ。
読んでない本があるにも関わらず、新しいものに手を出してしまいます。
最近は自らに厳しくして、買わないように心がけています。
読みたい本リストなるものを作ってますが、リストばかりが潤ってます。苦笑。

それにしてもそのお友達、伊坂さんの差し金かと思うほど見事な宣伝文句ですね。笑。

NoTitle 

おはようございます~

それはすごく気になりますね!!
本屋さんの店頭のポップにその言葉が書いてあったら、
みんな気になって売上げアップしそうですよね^m^

『最初の一行』じゃなくて、『最後の一行』ってところが
すごく惹かれますよね…
うーん、私も本屋さんに行ってこようかな?笑

私は小説誌の『yom-yom』と『オール読物』を
よく買うのですが、『yom-yom』は誌面に色がついていたりして、
21世紀の小説誌はポップだなあ…としみじみ思いますi-179

お風呂で読書、私もやります^w^
雑誌とかを持ち込むと、出る頃にはフニャフニャに
なってたりします笑

ポチ

やっぱり?笑 

ヒロハルさんもそうですか。
やっぱり読まないのに溜まっていくのは申し訳ないようで・・・。
そして、あまり人に押し付けるのも申し訳ないですもんね。

以前は通勤に電車を使っていたので、たっぷり読む時間があったんですが、
今は自転車で10分ですから・笑
やっぱり、お風呂・・ですかねえ。

あ、最後の一行は結局はそんな秘密めいた言葉ではなかったんですが。
(でも、勘違いする人がいっぱいいるんですって)

やまねこさんも? 

いらっしゃい♪

やまねこさんも、やっぱりふにゃふにゃ?
そう、なるんですよね、とくに単行本は。でも、なんか、やり遂げた感があって・笑
小説誌って、たくさんの作家さんの小説が読めるんですよね。
いまだかつて買ったことないんですが、
新しい作家さんとの出会いが生まれそう!
今度買ってみようかしら。

ふにゃふにゃになるかなあ・・・。(紙質で本を選んではいけません・笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢  第二話 扉(3)】へ
  • 【白昼夢 第二話 扉(4)】へ