冬の犬 (RIKU・番外)

冬の犬 第9話 願い

 ←(雑記)久々にイラスト。「水の幻想」的な・・・ →(雑記)コミックでキュン。
「亡くなった・・・んですか?」
思わず強ばってしまった玉城の声に、男は小さく頷いた。

「ニュースで何度も流れたよ。最初は、自分の目と耳を疑ったがね。間違いなくあの子だった。一緒に住んでた父親に殺されたんだ。母親の再婚相手って奴さ。言うことを聞かず反抗するんで、躾のつもりでベランダに出してたんだと。氷点下の夜に、下着一枚で。何時間もだ。・・・信じられるか? 俺はさ、自分が外道だと思ってたけど、あんな素直そうな子供にさ、どうやったらそんなこと出来るんだって。・・・なんかもう、信じらんなくてよ」

玉城は喉を震わせて当時の感情を再燃させる男の言葉を、体を緊張させてじっと聞いていた。
ピンと張った冷気が振動し、その男の悲しみが、怒りが、余すことなく波動のように伝わって来る。
胸が苦しくて堪らなかった。

「俺はさ、あの子に言っちまったんだよ。3日以内に犬を迎えに来ないと、保健所に放り込んで殺しちまうぞって。あの子は、どんな気持ちで居たんだろうと思ってさ。
自分も凍えてる時に、犬にも〈ごめんね〉って、謝ってたんじゃないかと思うと・・・。俺はさ・・・」

男の声はどんどんか細くなり、ついに聞こえなくなった。
辺りには風の音も鳥の声も無く、ただ耳の痛くなる静寂に満たされていた。
胸が張り裂けそうな悲しみ、後悔、自分への憤り。
けれど玉城には分かる。
それはこの男がとてつもなく優しい魂の持ち主だという証拠なのだ。

「でも、あなたはその犬を大事に可愛がってあげたんでしょ? 19年間も、大事に育てた。最高のその子への供養ですよ。男の子はちゃんと分かってます。きっとあなたに、とても感謝しています」

玉城の言葉に、男は泣き濡れた顔をゆっくり上げた。
「そんなことが、あんたに分かるのか?」
「ええ、分かるんですよ、それが。俺ね、ちゃんと分かるんです。そういう力があるんです」
半分嘘で、半分本当だった。
男の子の霊を見ることは出来なかったが、26年間、人として生きてきて、この男がもうこれ以上苦しむべきではないということを、玉城は確信していた。

『玉ちゃんらしい嘘だね』とリクなら言いそうだ。
『そんなの、霊感関係ないじゃん』と、長谷川は呆れるだろう。

「そうか? あんた、本当にそう思うか?」
男はすがるように玉城を見た。
「もちろんです。俺、亡くなった人の声とか、聞けちゃうから。男の子の魂はちゃんと安心して天上に帰りましたよ。犬を大事にしてくれて有難うって、あなたに感謝してます」

「そっか。・・・そっか」
男は俯いたまま、何度もそう呟いた。
そして、再び小箱から取りだした細いマッチを、また同じようにシュッと擦る。
激しい白い光を放ち、初めて炎の花が咲いた。

いや、咲いたように見えた。
けれど、それはただの白昼の幻であり、2人の間に積まれた枯れ枝を燃やすことも、2人を温めることもなく、一瞬の閃光を放っただけで消えてしまった。

男と共に。


玉城はただ静かに正面を向き、男が座っていた木の幹の下を、ぼんやり見つめていた。
男が何本も何本も落としたはずのマッチの残骸が、一本も無いことに気付いたのは、ほんの少し前だ。

男こそが、悲しい魂の具現化された幻だった。
優しい人間の、優しいが故の、後悔の残像だった。

優しい魂は、幸せであって欲しい。
どうしても悲しみを抱え込んでしまう清らかな魂こそ、最後は穏やかな眠りのうちに、天上へ還って行って欲しい。
幼くして消えてしまった少年も。さっきの男も。

視線をふっと空に向けると、白く眩しい冬の空から再び粉雪が舞い落ちてきて、玉城の頬を濡らした。
今まで忘れていた寒さが、その途端ぶり返し、玉城を震え上がらせた。

「・・・さぶっ!」

勢いよく立ち上がり、そしてブルッと頭を振った。
大事な事を忘れていた。
自分は、相変わらず、山を抜けられずに遭難し掛かってる可哀想な迷子なのだ。
状況はまるで好転していない。

玉城はぐるりと360度あたりを見回した。
さて、どちらへ行けばいいのか。来た道か。反対側か、両脇の小径か。

さっきまで穏やかに自分を包んでくれていた森が、急にまた意地悪く、玉城を取り囲んでニヤニヤ笑いを始めた気がした。
「何だよ何だよ何だよ! 俺なんか食ったって美味くないぞ。いい加減出してくれよ。俺はもう寒いのダメなんだよ。ほんと、ダメなの! この上、雪なんか降ったら死んじゃうって。マジ頼むよーーー」

情けない声を出してぼやいた後、ついでにダメ元でもう一度リクの名を叫んだ。
「リクーーーーー!」

パキリと左方向で小枝の折れる音がした。
白いものが蠢く。 犬だ。
玉城の目が今度こそはっきりと白い犬を捕らえた。
どうやらさっきの男の犬の霊では無かったらしい。

「おい、犬!」
最後の命綱だという思いで玉城はその犬をじっと見据えた。
犬も四肢を踏ん張り、玉城をじっと見つめて来る。
ピンと尖った三角の耳、しっかりと巻いたしっぽ、つやつやとした毛並み、太い手足。いい犬だ。

白犬は、しばらくその姿勢のまま玉城を見つめ、そしてふっと向きを変えて右側の獣道を歩き始めた。

「ついて来い」

そんな声が、聞こえた気がした。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)久々にイラスト。「水の幻想」的な・・・】へ
  • 【(雑記)コミックでキュン。】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おお。玉ちゃんの癒しの力は絶大ですね。
そういう得意分野を伸ばせば?

この男はどれだけここに留まっていたのでしょうか。
玉ちゃんと話ができて良かったですね。

さて、玉ちゃん。
ちゃんとワンコについていって、リクに会えますように。

けいさんへ 

玉ちゃん、ちょっとは冷静に考えることができるようになったみたいですね^^;
リクが鍛えたおかげかな?(いや、彼はなんにもしてないか)
玉城はバカだけど(笑)優しさだけは、人一倍みたいです。
空回りすることが多い優しさだけど^^

この男、何年彷徨ってたんでしょうね。
思えば、不憫な男。こういう後悔は、したくないです><

やっと犬を見つけましたね、玉城。
なんとかなりそうです^^

残り2話。
のんびりとお付き合いください。

拍手鍵コメNさんへ 

Nさんも、やっぱり男性が霊だと分かってましたよね。
これは、これで、いいんですよね^^
意外と玉ちゃんも、今回は気づいていたようだし。(成長したかな?)

この二人の静かな空気感に、浸ってもらえてうれしかったです。
どこか現実離れした空気を、出せたらいいな・・・と。
そのせいで、男の正体はバレバレでしたけど^^;

玉城は、魂が「天上に還る」って言ってたけど、よく考えると、それってキリスト教っぽいですね。玉城のイメージって、そうなんでしょうが。
実際、成仏した霊って、どっち方向に帰るんだろう・・・。と、真剣に考えてしまいました。

では、私はNさんの、男の子を待ってます!ww

limeさんたら、もーーー!!! 

うわあああああああん(´Д⊂。・゜・。
マジで大泣きしてますぅうううううう!!!!!
よがったあ~~よかったああああ!!!!!
哀しいけど、切ないけど良かった~~~
うえええええん(;m;)えぐえぐ・・・

この男と あの男 

玉ちゃんが会った この男
リクと会った女が 一緒に暮らしていたあの男とは、別人…別霊だったの!?
ヤ──(*ノзノ*)──ン、とんだ勘違いを! 
私は てっきり同一人物だと 思ってました。恥ずかしい。。。


迷子で この男に出会ったのも 迷える魂が引き寄せたのでしょうね。
同じ 迷子同士だし~(笑)

白い犬ちゃん、今度こそ この迷える癒しの玉ちゃんを どうかリクの許に連れて行ってあげてね♪
付いて来イヤァァ!...⊆´U)┬┬ノ~~~~~\●■〓ポテッ!アレ~!...byebye☆

かじぺたさんへ 

おおお~~(´□`。)°
またもや、かじぺたさんが泣いてくだすったよ~~。
私が、嬉しくて泣いてしまいます。

私が涙腺が硬いタイプなので、涙もろい純な人に、惚れちゃいます。
玉城なのに~、玉城なのに、泣いてもらって、うれしいです。

でも、もう泣くところはなく><
あと2話。
このあとは、おバカな彼らを、ほっこりと見守ってやってください^^

けいったんさんへ 

> 私は てっきり同一人物だと 思ってました。恥ずかしい。。。

いや! 実はね、私も読者様たち、そう思うんじゃないかと危惧してたんですよ。
霊体っぽい山男、そして、犬飼ってた・・・とくりゃ、波子の男?と、思っちゃうかなと。
あの波子の男は寡黙な40代で、犬は16年生きた。
こっちの男は、おしゃべりな50代で、犬は19年・・・と、微妙な差をつけてみたんだけど、やっぱり思っちゃいますよね。
もっと、差をつけるべきだったかな。・・・お姉言葉話すとか?? いやいや><

> 迷子で この男に出会ったのも 迷える魂が引き寄せたのでしょうね。
> 同じ 迷子同士だし~(笑)

そうか、なるほど。同じ迷子だし!
引き寄せたのかも。ちょっとタイプの違う「純」な男たちだし。
(これ、ココに来たのがリクじゃなくて、良かったかもですね^^; けっこうリクって、霊に冷たいし)

> 付いて来イヤァァ!...⊆´U)┬┬ノ~~~~~\●■〓ポテッ!アレ~!...byebye☆

って・・・(≧∇≦)ww顔文字が、またもやおもしろすぎる・・・・。

NoTitle 

玉城くんには残念かもしれませんが最近の救助犬はブランデー入りの樽を下げていないそうですね。

……ってアルプスじゃないし!(笑)

それにしても玉城くん、ファインプレーものですね。あっぱれ。(^_^)

ポール・ブリッツさんへ 

どう見てもセントバーナードじゃないしww
いや、日本犬の救助犬も、かっこいいですよね^^

それにしても、偶然にこの間TVで見たんですが、山奥の神社まで、ちゃんと登山客を導いてくれる犬がいるんですね~。
誰も、そんなこと躾てないのに、自分から始めたんですって。
やっぱり、犬ってすごいですね。

> それにしても玉城くん、ファインプレーものですね。あっぱれ。(^_^)

ああ、そうだ。
みんなの予想では、玉ちゃんが危ない!って感じだったんで、作者がビビりましたよ。
さよなら、玉ちゃん編にしなきゃだめかな・・・・とか。

まあ、たまには、玉ちゃんもファインプレーするってことで^^
リクが傍にいると、ダメなのかも、ですね(笑)

NoTitle 

そうかそうか、そういうことだったんですね。
マッチの光だけを残して。
すっかり気持ちを取り込まれて読んでいます。

玉ちゃん大活躍!って思っていたのに、まだ迷子からも、遭難からも、解放されていなかったとは(笑)

いいですねぇ。
いい味出してます。
このまま玉ちゃんは山奥で暮らしながら、魂を浄化させ、誰かのしこりを癒し続けていくってのはどうでしょうか^^

ごろちゃんさんへ 

そうだったんです。
普通の山男に見せかけていたんですが・・・もう、最初から読者様たちには、バレバレだったようです^^
それはそれで、いいですよね。(と、自分でいう)
でも、それでもごろちゃんさんに、入り込んでもらえて、ほっとしました。
理屈抜きで、このお話を楽しんでもらえたら、一番うれしいのです。

玉ちゃん・・・そうですね、なんか、このままずっと迷わせて見たくなりました。
けっこう、ぼやきながらもいろんな霊たちを救っていくかもしれません。
あ、でも、自分が霊になっちゃったら困りますが。

どうも、私の書く話は、脇キャラの方が好かれてしまう傾向にあります。
ちょっとおバカな方が愛されるのは、どの世界で同じなのでしょうか (^.^)

NoTitle 

霊1柱に対し1回で浄霊完了させるのが本物であり、それ以外は偽者と言うのが霊能者の言い分ですよね。ちなみに浄霊はイギリスでは健康保険が適用されています。浄霊というのは国家に認められているヒーリングの一種というのが考え方です。イギリスで働けば有名な霊能者になれるような。。。

他の方が感動的なコメントを残しているので、別視点でコメントしてみました。

LandMさんへ 

なんと。
イギリスでは、さすが、そっち方面のサポートも進んでいるのですね。
霊界に国境や人種はないとおもうんだけど、宗教の差で、あちら側の待遇が違ったり、するのかしら。
きっと、そんなもんはなくて、霊体は、同じなんでしょうね。

しかし、ひとつ疑問が。
外国人の霊は、やはり外国語で語りかけてくるんでしょうか。
これ、ずーーーっと疑問なんです。
玉城も、イギリスで働くのなら、英語マスターさせなければ。

NoTitle 

つい、読んでしまう。
いい話だなぁ〜
雪山で夫々が出会う小さくて優しい物語。
玉ちゃんも無事で嬉しいし、
いいことをしたし、なんか温まる。

玉ちゃんも霊能者の仲間入りをしたのもいいと思うな
同じになれば理解も深まるもの。
分かり合えるって幸せだよね。

長谷川ちゃんは何してんだぁーー
もういいじゃないか、
仕事より恋に生きてくれよう〜

ぴゆうさんへ 

やっと、玉ちゃんの話になりました^^
いつまでも、忘れたまんまにしとくのも、面白そうだったんですが(笑)

それぞれが、ちょっとずつ何かに触れて、小さな解決をする話にしたいなと思ったんです。
玉ちゃんも,たまにはいいことできるじゃない・・・みたいな^^

>玉ちゃんも霊能者の仲間入りをしたのもいいと思うな

そう言ってもらえて、嬉しいです。
本編では、リクがそのことをとても気に病んでいましたが。
玉ちゃんなら、うまくこの能力を使いこなせそうです^^

さてさて、長谷川は、この日何か、解決するんでしょうか・・・。
望み薄ですが><
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)久々にイラスト。「水の幻想」的な・・・】へ
  • 【(雑記)コミックでキュン。】へ