冬の犬 (RIKU・番外)

冬の犬 第6話 道草

 ←(雑記)退院、そしてピノコな話 →冬の犬 第7話 火がつかなくて
「感じますか?」
青年はなぜか少し不安そうに波子に訊いた。
その表情はさっきまでの謎めいた印象からはかけ離れて幼く見え、波子は笑ってしまった。
そしてハッキリ首を横に振る。
「私には何も見えないし、なにも感じない。でも、あなたの言ってることはちっとも妙じゃないし、ちゃんと分かる。私ね、大事な人を山小屋に置いて来たのよ」
波子が言うと、青年は小さく頷いた。

「さよならして、また私は私の日常に戻ろうとしてたんだけど、やっぱりもう、そんな気力、残ってないのよね。一歩一歩あの人から遠ざかるたびに、不安で寂しくて・・・。でも、ここにいるのね。あの人。ありがとうって言ってくれたのよね?」
今度はすがるようにその薄い色の目を見つめると、青年は優しげに微笑んでくれた。
「2年間、楽しかったって」
「楽しかったって言ってるの? だって、楽しい話なんか、少しもしなかったのに。ただ黙って傍にいただけなのに。おかしな人」
笑ったはずなのに、涙が出た。
あれ? と声に出して指先で拭うと、もうそれは止まらなくなり、同時に笑い声に似た嗚咽が喉元から溢れ出した。
両手で顔を覆い、ほんの少しの間、涙が流れるに任せた。
青年がそっと視線を湖に反らしてくれた気配がする。
木炭が紙の上を滑る柔らかな音が、溢れ出してしまった感情を撫で、和らげてくれた気がした。
落ち着くまで、待つよ。そう言っている。

「もう、逃げるのやめた」
波子は独り言のように言い、手に持ったバッグをじっと見つめた。
「ちゃんとあの人を弔って、警察に行く。全部綺麗にして、ちゃんと自由になる」
「そう」
青年が、木炭を持った左手を下ろして振り向いた。
「それがいいです」
いったい、何をどこまで理解しているのか分からなかったが、強く頷いてくれたのが、やけに嬉しかった。
波子は「急がなきゃ」と、まるで買い物を急ぐ主婦のようにバッグを肩に担ぎ上げた。
すぐさま「あ」と、振り返って青年を見る。
大事なことを聞き忘れるところだった。一番大事なことだ。

「彼、しばらく、傍に居てくれるかしら」
青年はこくんと頷き、「ずっと傍にいるそうです」と言ってくれた。

波子は青年に軽く手を振り、来た道を戻った。
不思議と下山する道は、はっきりと分かった。
きっと2年前、男に出会った時から用意されていた道なのだ。
長い道草だった。けれど、大切な大切な道草だったと波子は思う。

「ちゃんとついて来てね。これからもずっと、一緒だよ」
声に出してそう言うと、白く凍った息の先で、男が不器用に笑ってくれたような気がした。


            ◇


女が立ち去ってしまったその後も、相変わらずその犬は湖の手前で行儀良く座り、リクを見つめていた。
気を抜くと、辺りの冷気に溶けて消えてしまいそうになるが、気にかけて目を凝らすと、艶やかな白い毛を光らせてじっとこちらを見つめて来る。
「お前は、さっきの男の人の犬じゃなかったんだね。いったいどこから来た?」

リクがそう問いかけても犬は微動だにしない。
「描いて欲しい?」
そう訊くと、今度は興味なさそうに横を向く。愛想は余り良くない犬だ。
リクはほんの少し笑った。

重い色の空は、やがてまた思い出したようにふわふわと粉雪を振り落としはじめた。
もうあまり時間がない。
さっきの女の人は、雪に遭わずに降りれるといいけど。
リクはほんの束の間言葉を交わした女性のことをチラリと思い出したあと、再び紙面に木炭を走らせた。


             ◇

「ほらお姉ちゃん、特賞だよ。やっぱお姉ちゃん、すげえや。5、4、3、2、ときて、まさかの特賞だよ。こんなことってあるのかねえ。俺なんかもう、痺れまくりだよ」
商店会長の鉢巻きおやじはかなり興奮気味に、いつまでもハンドベルを降り続けた。
足を止めた買い物客が、物珍しそうに眺めていく。
金物屋の婆さんが鐘の音に半狂乱で乗り込んで来たりはしないのか。
長谷川はあからさまに困ったと言う顔も出来ず、「恐縮です」と、取り敢えず礼を言った。

けれどやはり青ざめる。
特賞はチケットらしいので荷物にはならないが、目の前に並んだ電気ポット、ペアティーカップ、2色組ブランケット、りんご5個詰め合わせの重量感はものすごい。
いったいどこの新婚家庭の買い物だろうというラインナップだ。
満足そうに笑う鉢巻き親父の手前、要りませんとも言えなくなった。
ギャラリーもそんなことを許さないだろう。
調和だ。調和はどんな局面においても必要だ。
長谷川はそれらすべてを両手に提げると、取り敢えず笑顔で一礼してその場を立ち去ろうとした。
「あ、お姉ちゃん」
まだ何かあるのか。

「はい」
「2泊3日の草津の旅。彼氏とゆっくり楽しんでおいでよ」
そう言ってウインクをよこした。

ああ、そうか。特賞は草津温泉高級旅館2泊3日、ペア宿泊券だったか。
長谷川はカバンに落とし込んだ特賞の封筒をチラリと覗き込んだ後、「そうですね」と笑い返し、今度こそ振り向くことなく、駅へ向かった。
あんなに目をキラキラさせて喜んでくれた会長の気持ちはとても有り難かったが、多分自分はこのチケットを使うことは無いだろう。申し訳なさがこみ上げてくる
自分にはのんびり日本の温泉を旅する時間もないし、一緒に行く彼氏とやらもいない。

ああ、いったいこの状況は何なのだろうと長谷川は、改めて考えた。
両手には生活用品一式をぶら下げ、商店会長への申し訳なさばかりを募らせ、そしてあと2時間でシンガポール行きの便に乗らねばならぬ自分。

いったい誰のせいだ。
いや分かっている。あいつだ。全部あいつのせいだ。ミサキ・リク。
思えば出会って2年。自分を苛立たせたのは、ことごとくあいつだった。
今日だって、すんなり携帯に出てくれてさえいれば、こんな面倒なことにならずに済んだのだ。
さて、どうしてくれよう。
いったい、どうしてくれよう。

長谷川は、ようやくエンジンがかかった体を奮い立たせ、全ての荷物をむんずと抱え直すと、駅めがけて足早に歩き始めた。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)退院、そしてピノコな話】へ
  • 【冬の犬 第7話 火がつかなくて】へ

~ Comment ~

NoTitle 

まずは さて置き
limeさま 退院おめでとう♪о(ж>▽<)y ☆

体の内部って 目に見えないから 痛いとか不快だと 余計に怖いもの。
よく 痛みを我慢しましたね。
いくら 女性は 出産に耐える様に 痛みに強く鈍感に出来ているとしても!

どうもlimeさまは 無理する人みたいなので くれぐれも くれぐれも 無理をなさらない様にして下さい!(`・ω・´)ゞビシッ!!

では 遅くなりましたが、コメを♪(*⌒∇⌒*)テヘ♪
本編では 怨念を抱く霊ばかり見て来たリク
今作品は 優しくて良い霊(←言い方が変?(笑))を見れて 良かったね!
波子も リクから あの男の存在を知って どれだけ嬉しかったことでしょう。

…まだ 白い犬が 残っているけどね…(^o・ェ・o^)ワンワン

あの無口な男は、自身の死を悟った際に 何を思ったのだろう
一人残される波子のこと
波子へ 愛の言葉を吐かなかったこと
それとも  幸せだった2年間のことだけかな(@^▽^@)ニコッ


とある商店街のガラガラ(←こういう言い方しませんか?)で こんなに いっぱい貰ちゃって(笑)
運を使い果たした長谷川には 良い男運は 当分 無いな!( ̄ー ̄)ニヤリ

言っとくけど リクは悪くないんだからね!
八つ当たりするなら 迷子の玉ちゃんに してちょうだい!ビシッ...( ゚ェ゚ )b

俺?。゚:;。+゚(ノω・、)゚+。::゚。:.゚。+。 ひ・酷い...byebye☆

NoTitle 

「お医者様でも草津の湯でも治せない」そうでありますよ長谷川さん(なにが?(^_^;))

けいったんさんへ 

けいったんさん、ありがとうございます~~><
ご心配おかけしました。
やっぱり、あれですね。痛みというやつは、体の必死のSOSなのだと、今回痛感しました。
無視しないで、ちゃんと聞いてやろうと思います。
そして、皆様の温かさを、改めて思った10日間でした。

> 本編では 怨念を抱く霊ばかり見て来たリク
> 今作品は 優しくて良い霊(←言い方が変?(笑))を見れて 良かったね!

いや、まったくそうですね。
今までリクは悪いのを見すぎです。でも、霊って、怨霊化しないと、この世に残れないとも聞きますからね。
この、優しい男の霊は、ちゃんととどまることができるのか・・・。
・・・いや、できると信じましょう!

回想でしか登場しない、無口な男。
けっこう気に入ってまして。不器用な、けれどもさりげない愛情を示す男。
そういう男を、いつか書いてみたいな、なんて思います。

ガラガラ(これ、正しい愛称らしいですよ)で、運勢を使い果たしたように見える長谷川ですが。
いえいえ。長谷川は無限の運を引き寄せる女。です(笑)
こんなもんでは終わりません。(多分)

温泉には、行けないかもしれませんが。
(リクとふたりで温泉旅行・・・とか、させてあげたいけど、どんな夜を過ごすのかと思うと、それだけでちょっと血圧が上がりそうです)

でも、さすがの長谷川も、たまにはイライラもするでしょう。
ちょっとここで、思う存分発奮してもらいましょう。
物語が、ちっとも動かないし。

玉城は・・・・。あ、忘れてた。 そろそろ、彼を探しましょうか><

え? いらない?

ポール・ブリッツさんへ 

そうっか(笑)
恋の病は・・・ってやつですねwww うまい!

長谷川さんが、これが「恋の病」だと気づけば、もっと治療法もあるんでしょうが。
なんだか少し、かわいそうになってきました。

草津温泉に、リクと行かせてあげたくなってしまった作者です。

(やばい話になりそうで、とても書けませんが)

NoTitle 

だ・か・ら・玉ちゃん(爆!)
面白いわぁ。

どんなに波子が愛されていたかと分かっても、
湖に残された一人と一匹の描写がたおやかでも、
くじ引きで特賞が当たろうとも、
玉ちゃんが雪山で迷子になっていることには変わりはなくて、可笑しくて可笑しくて。
物語とは別のところで、Sのlimeさんに弄ばれている感じがたまらなくツボに入ります^^

それはそうと、本筋とてもいい話ですね。

ごろちゃんさんへ 

えへへへへへ。
やっぱり、放置された玉ちゃんのパワーは、すごいですね。
作者がもう、楽しんでしまっていますから。
こういう遊びも、たまにはいいかな( ̄ー ̄)

でも、そろそろ探してやらないと、本当に最後のエンドロールで、「忘れてない?」と、飛び出してくるオチになりそうで^^

次回。やっと、玉城の番です。
いつもはお笑い担当の(?)彼ですが、ちょっと頑張ってもらいます。
さて、どうなるか・・・。

>それはそうと、本筋とてもいい話ですね。

え! 本編をどこか、読んでくださったのでしょうか。
だったらすごく嬉しいです。
RIKUは、小説を書き始めて、まだ2、3年の時の作品なので、今思えばとても文章運びが稚拙なのですが、やはり思い入れの深い作品です。

今だったら、もっと文章に厚みを出して書くところなんですが、あの頃はとにかく、読みやすさを重視していました。もったいなかったな。(書き直さないのか・笑)

拙作ですが、やはりこの作品も、大事な子供のようなものです。

今書いている『冬の犬』は、子離れできない親の、わがまま・・・といったところなのかもしれません。i-201

NoTitle 

ただ黙って傍にいるだけでも楽しい、そんな空気好きですねぇ。
波子はきっと、生まれ変わるんだろうな。

リクとワンちゃんの会話が気になりますよ。
ワンちゃん、興味なさそうな振りして実は、ありありじゃない?

長谷川さん、おめでとう。
草津温泉、無期限だったら良いのにね^^

けいさんへ 

おはようございます。

傍にいるだけで、安心するし、楽しい。
そんな暮らしが一番幸せなのでしょうね。
波子はこのあと、ちゃんとやっていけるといいな・・・。

ワンちゃんの気持ち、けいさんに見透かされていますね。
この子、ひねくれものです^^

長谷川さんの、ちょっと方向の間違った怒りは、いったいどこへ向かうのか。
このモノ語り、実は・・・(笑)

次回はやっと、あの人の登場です^^;

NoTitle 

退院おめでとうございます。
改めて。
我慢は良くないということです。
痛いということは身体が悲鳴を上げているということなので。

くじは持って帰るのが直になるので大変ですね。。。

LandMさんへ 

ありがとうございます^^
本当にそうですよね。

いくら、医者嫌いとは言え。
これからは、あそこまで痛かったら、ちょっと諦めて仕事休みます><

そうですよね。
くじは、あとで送ってくれないですもんね^^;
引くときは注意しなきゃ。

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、ありがとうございます。
はい、体調も戻りつつあり、仕事ではさっそく、ばんばん残業をさせられております(笑)(・・・チーフ~~)

この波子さん、心の中ではきっと、半分はちゃんと自由になりたいと思っていたのでしょうね。
その、あとひと押しをリクがやってくれたのでしょう。
ぽんぽんと、話が進みすぎた理由を、作者はそんな風に思います(おいおい)

そして、長谷川さん。
普段は理性的な彼女も、ちょっとここへ来て、イライラがつのってきたみたいです。
これはきっと、恋しい男に会えないイライラではないかと・・・。
さて、荷物を一体、どうするつもりなのか。

リクは、なにもしていないのに、なんだかとばっちりです(笑)

NoTitle 

「仁」というドラマで、脳腫瘍がそんな感じになっていましたね。結局なんのことかわからないままになってますが(^_^;)
女性は男性以上に様々な病気があるから大変です。
先日も梶の生徒がそんな病気になり、大変な事になっていたそうです。
どうやら無事らしいですが。

さて、話のほうはというと・・
またゆっくり読ませていただきます(._.)スミマセン
ちゅーかもう書いてるんですか!!
少し休んでくださいね。
ストレス解消だとしても(^_^;)

kaziさんへ 

こちらにもコメ、ありがとうございます!
わたしも「仁」、だいすきで、よく見ていました。
そうでしたね、脳内の腫瘍。
あれの正体が結局、あやふやだったような・・・。
でも、面白いドラマ(漫画?)でした^^

梶さんの生徒さんも、大変だったのですね。
思いがけない病気、たくさんあるものです。

あ、お話の方は、気にしないでくださいね。
これは、場つなぎ的に、のんびり書いているお話なので。(続編ですしね^^)

雑記だけでも、たまに覗いてくださればうれしいです。
kaziさんも、いろいろ忙しい時なんですよね。体に気をつけてくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)退院、そしてピノコな話】へ
  • 【冬の犬 第7話 火がつかなくて】へ