冬の犬 (RIKU・番外)

冬の犬 第5話 コンタクト

 ←冬の犬 第4話 願うこと →(雑記)悩みの種
先ほどの商店街のほうへ戻ってみると、福引き会場の前にはもう、1人も並んでいなかった。
特にやりたいわけでは無かったが、外れのポケットティッシュを2、3個貰うつもりで、長谷川はおなじみのガラガラ抽選箱の前に立った。

「はい、5回分ね。お姉ちゃんがんばって」
気のよさそうな、ねじり鉢巻きの親父が、大きな声で応援してくれた。
商店会の名の入った真っ赤なハッピが妙に鮮やかで、目にしみる。
その隣りに座ったメガネの男が「会長、どうですか?」、と温めたワンカップ酒を勧めていることから、この鉢巻き親父が商店会会長なのに違いない。

それにしても懐かしい。
小さな頃、家の近くの商店街の催しがある度、兄弟たちと一緒にこの福引を引きに行ったものだ。
商品はたいがい日用品で、子供には興味のないものだったが、回すたびに出てくる玉が、ただ楽しかった。
長谷川はちょっと愉快な気持ちになり、小さなつまみを手に取ってジャラリと回した。

コロンと赤い玉が、転がり落ちた。
「おおー」と、捻り鉢巻きは唸る。良い玉なのだろうか。
構わずにそのまま回し続けると、次にコロンと緑の玉。その次は青だ。
その度に鉢巻き男は「おおー」と唸る。
もう一度回してオレンジの玉が出たところで、また「おお・・・」、と言いそうになった鉢巻き男を正面からじっと見据え、長谷川は言った。
「かさばるものは、要らないです」

「えっ。でもお姉ちゃん、今あんた、2等、3等、4等、5等、総尽くしだよ?」
「・・・」
「そこの金物屋の婆さんが、あんまりうるさく鐘を鳴らしてくれるなって言うもんだから2等以下は我慢してたんだけどさ。しかし驚いたね。こんな事もあるもんだねえ、長い人生にゃ」

鉢巻き男が興奮気味に指さした紙を見て、長谷川は気が重くなった。
2等・電気ポット、3等・マイセンペアティーカップ、4等・ブランケット2色組、5等・青森りんご詰め合わせ。

「ハズレのティッシュ1個あればいいんです」
長谷川がそう言うと、いつの間にか後ろに並んでいたおばちゃん達ギャラリーが、静かなブーイングの声を上げ、鉢巻き男は豪快に笑った。
「お姉ちゃん、欲がないなあ。まあ俺はそういう欲のない人間好きだよ。なあ、とにかくあともう1回やってみなよ。ティッシュ取るためにさあ」

長谷川は面倒なことになったと思いながらも、渋々つまみを回した。
何事にも調和は大切だ。それは分かっていた。
再びジャラジャラと音を立てて回った抽選箱は、コロンともう一粒軽快に玉をひとつ吐き出した。
・・・金色だ。
やばいと思った時には遅かった。
耳を覆いたくなるような大音量を響かせて、鉢巻き親父が手に持っていたハンドベルを鳴らした。
「大当たりーーー! なんと1等飛び越して、特賞が出たよーーー!」

ああ・・・。
長谷川は大きな肩を小さくすぼめ、困惑のため息をついた。


           ◇

「どうして?」
波子はまじまじと、青年の瞳を凝視した。
なぜ自分がスイカズラを好きなことを知っているのかを尋ねようとしたのだが、青年は違うふうに取ったらしい。
「どうしてでしょうね。5月くらいに咲く花の匂いがするなんて」、と言いながらスケッチブックをめくり、新たなラインを書き始めた。

変わった人。
やはり自分は奇妙な空間に迷い込んでしまったのだろうかと、波子は不安になった。
確かに波子は、あの香水の原料にもなると言われるほどの濃厚なスイカズラの匂いが好きだった。
2年前、何かの切っ掛けで男にそう言うと次の春、小屋の前の柵に驚くほどたくさんのスイカズラが一斉に咲いた。
男は冬の間に苗木を見つけ、こっそり柵まで作って育ててくれていたのだった。
一斉に咲き始めたスイカズラの花を前にして、波子は何となく気恥ずかしくなり、「こんなにたくさん咲くと、匂いに酔っちゃうわね」と、それだけ言ってはぐらかしたのを覚えている。
男は少し笑って、「そうか」と言った。

なぜちゃんと素直にありがとうと言わなかったのだろう。
あの花は、その次の年の春にも、ちゃんと咲いて私を楽しませてくれたというのに。

目の奥がジンと痛み、寂しさが込み上げてきた。
青年のスケッチブックに、新たに浮かび上がった美しい湖が、溶けそうに揺れる。
もうその中に、犬はいない。

「ちゃんと言葉に出して言わないと、こんなに後悔するのね。今頃気付いたって遅いんだけど」
今度こそ、何のこと? と、訊いてくるかと思ったが、やはり青年は波子をちょっと振り返り、「そうですね」と言っただけだった。
何も訊いてこない。けれど、ちゃんと自分のことを分かってくれている。
この青年は、あの男にどこか似ていると波子は感じた。

「でももう遅いよね。もう伝えることは出来なくなったし。やっぱり私は後悔していくだけなんだよね。1人でずっと」
「どこへ行くの?」
「え?」
青年は、最初の質問をもう一度繰り返した。空と同じ問い。

「町へ降りる」
「それから?」
「逃げる」
「寂しくはないですか?」
「なんで?」
「あなたはとても、寂しがりやだから」
「・・・なんで? なんでそんなことがあんたに分かるの?」
「僕じゃない。男の人が、心配してるんです」

波子はハッとして辺りを見回した。けれど男がそこに居るはずもない。
体をさっきまでよりも強い冷気が包み込んだだけだった。
「・・・からかってるの?」
声が震えた。青年はゆっくり首を横に振る。
けれど波子にはなんとなく分かっていた。
この青年は、からかってるわけでも、嘘をついているわけでもないのだ。

「寂しくなんかないよ。ずっと1人だったし、慣れてる」
「逃げるのは、辛くない?」
「辛くなんかない。・・・ちゃんと逃げてみせる」
波子は挑むように青年の目をキッと見つめた。
自分の中で凝結して大きな塊になった辛さが、増してくる。
青年の瞳の色は少しばかり人よりも薄く、何か別の次元を見つめているように、時折揺れた。
そして、今度は口元をほんの少し緩め、優しく笑う。

「そう。分かった・・・って。そう言ってる」
「・・・え?」
「気をつけてって。それから・・・」
「何?」
「セーターをありがとうって。こんな嬉しい贈り物は、初めてだって。本当にありがとうって」

吸い込んだ空気がヒクリと喉元で止まり、一瞬呼吸が出来なくなった。
思考が混乱した状態のまま、波子は再び後ろを振り返った。
愛おしい男が、ここにいる。この山に。私のそばに。ちゃんとまだ居てくれる。

堰き止めていたものが溢れ出し、この2年間、無理やり感情を押し殺していた自分を、波子は改めて感じた。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【冬の犬 第4話 願うこと】へ
  • 【(雑記)悩みの種】へ

~ Comment ~

NoTitle 

今日ほど リクの この「力」が有難いと 思った事はないです。

リクから伝え聞く 無口な あの男の言葉で どれだけ 波子は救われた事でしょうか。
今まで堪え耐えていた流す涙が、殺伐さを ずっと抱えていた彼女の心を潤してくれたらいいですね。


また 長谷川をスルーしてしまった(笑)

ちょっと前 スーパーで 500円以上のお買いもので1枚の福引を 9枚集め、3枚で1回 廻せるのですが、3回しても 全て 赤玉で 洗剤用スポンジだった私。
その私の すぐ後ろで待っていた人が たった1回で 2等が当たり 米5kgを持って帰られました!Σ(|||▽||| )ズガーン

長谷川、もし私だったら リンゴ以外は 玉ちゃんでも リクでも知り合いの所に送っちゃうよ~
後で 取りに行けるようね♪(*^-')b  

で、特賞は 何だったの?ρ(-ε-●)イイモンイイモン...byebye☆





けいったんさんへ 

ありがたいって、言ってもらえてよかったね>< リク!
臆病でちょっと難儀な事件ばかり起こしてきたリクですが、ここではついに力量を発揮。
今までなんだったのか。
(絵かきよりイタコになったほうが・・・とか言われなきゃいいけど・・・^^)

おお、またもや長谷川、スルーされちゃった(笑)
なんだか、玉ちゃんの代わりにお笑い担当になってしまった感じですが。
これでも、ちゃんと物語には参加しているのです^^

あのガラガラ福引、なかなか当たりませんよね。
私なんて、白玉以外出たことないですもん><(ティッシュだった)

長谷川のような現象は、確率論まるで無視ですね。
まあ、それが長谷川なのですが^^

特賞はラッキーなことに、「かさばらない」ものだったようです^^ なにかな。

>長谷川、もし私だったら リンゴ以外は・・・

おお、りんごはさすがに持って帰るのですね、けいったんさん^^
さて、長谷川はどうするんでしょう!

拍手鍵コメNさんへ 

だからNさん、拍手コメは書きにくいでしょう~?(笑)
どうぞ、このコメント欄の鍵コメを使ってくださいな^^ 書きやすいですよ。

リクの持つ雰囲気と、波子とのやり取りを気に入ってくださって、嬉しいです。
前半の長谷川とのトーンの違いが、妙かもしれませんよね^^;
でも、長谷川サイドも楽しんでもらえて、うれしいです。(なかなか重ならない3人の話・・・)

あのガラガラ、なかなか当たらないですよね。
私は特にくじ運がなくて。
でも、あのハンドベルをガランガラン鳴らされるのはちょっと照れくさいから・・・まあ、いいやw
Nさん、お祝いの方も、ありがとうございます!
ほっと一安心しています。
当人は、さっそく気が抜けて風邪ひいて、今、寝込んでいます(爆)

NoTitle 

長谷川さんもティッシュが欲しければ、普通にコンビニへ行くべきじゃなかったのかなあと思う今日このごろ(^^;)

それにしても波子さん、妙なことを考えていなければいいんだけど……。素直に自首しちまった方がいいのではないかなあ。

それにしても山の白さに劣らず原稿が白いわたしのパソコン。うわあどうしよう(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

>長谷川さんもティッシュが欲しければ、普通にコンビニへ行くべきじゃなかったのかなあと思う今日このごろ(^^;)

私も、ちょっと思った(笑)
いや、でも、彼女の中の「物事を成立させるための意味ある構図」として、やっぱりくじ引きで獲物を得るということが、重要だったのではないかと・・・。

波子さん、変なことを考えても、リクが止めるでしょう。
・・・いや、どうかな(笑

ポールさんの空白は、私の空白に比べれば、・・・・・。

NoTitle 

当たるときはあたるもんですけどね。
まあ、こんなに当たるのは調和から外れていますけどね。。。
くじ運は本当に運ですからね。
確率論から言えば、おそらく兆分の1ぐらいの確率になるんでしょうね。

LandMさんへ 

本当に、これなら、宝くじ3億円の方が出る確率高いんじゃないでしょうか(笑)

いや、商店会長の企みで、全部当たりくじのドッキリだった・・・ということなら、100%ですw

かなりマンがちっくな物語になってきたかな・・・。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

おお~、そうなんですね!
Sさんもティッシュ狙いで1等を当てちゃったことがあるんですか!
なんとも、うれしいです(笑)
そんなことも、あるもんですよね。

しかしその商店街の特賞は、リッチですね。海外旅行とは!
だけど、なかなか暇がない現代人には、海外旅行は難しいでしょうw

残り物や、譲りものに福がある話、すごく良くわかります。
私は福を与えてしまった方で^^

地域のイベントのくじ引きで、自分の引いた番号を、(何らかの理由で)近くにいた子供にあげたら、その番号に、子供用自転車が当たりました(笑)
自分の子供に、そろそろ自転車を買わないとなあ~と、思っていたところだったので、ちょっと残念でした^^;

そんなもんですね。

NoTitle 

福引き・・・長谷川さん、まさに福を引いちゃっていますね。ええ、福ですよっ^^
それ持って、迷子の玉ちゃんに、はい、お疲れ、とはつながらないか(--;)

スイカズラ、私も好きです。山や雑木林とかにしか生えないのかと思っていました。庭にひとつ欲しいかも。

リクと波子のやりとりが静かで落ち着いていて、良い感じです。
リクのトーンが平行に行くような感じ。またイミフですね(--;)
ここは空気がゆっくりとしっとりと流れていて、安心できます。

けいさんへ 

長谷川さんが引いたのは、やっぱり福でしょうか。
本人はそうとう焦ってますが。

でもほら、ホールインワンを出すと、良くないことが起こるとか言いますし。
あまりすごいと、不安になるのかも。
だってもし、宝くじの一等があたたりなんかしたら・・・。
・・・・うれしいげど(爆

スイカズラ、いい匂いですし、可愛らしいですよね。
忍冬という当て字も、素敵です^^

> リクと波子のやりとりが静かで落ち着いていて、良い感じです。
> リクのトーンが平行に行くような感じ。またイミフですね(--;)

いやいや、なんかわかります。
穏やかな平坦な雲の上のような・・・・そんな安定感と、やわらかさを感じてもらえたら、うれしいです。

この『冬の犬』は、とことん、穏やかに作りました。
静かに、淡々と、でも、魅力的に作れないものかと。

今のところ、長谷川さんがコメディ担当で頑張ってくれていますが。
穏やか~~に、行きたいと思います。

たぶん、これ以降の作品は、ものすごく重くなると思うので><

NoTitle 

二人の暮らしって本当に会話がなかったのねぇ〜
それが寂しいとも感じないほどある意味、通じ合っていたのかな・・・
それでも言うべき言葉ってあるよね。
それが伝えることが出来て良かったね。
リクが何気なく自然にそうしたことに
とても成長したことがわかる。

長谷川ちゃんが心配しなくても、いい男になっているようで・・・
これならリクも長谷川ちゃんを受け止めることも出来そうな

うぅーーー
おばちゃんはけしからん事を想像したやないか!

ぴゆうさんへ 

ほんとうに、会話がなかったんですね、この二人。
でも、倦怠期の夫婦と違って、きっと深くかかわらない方がお互いのためという、配慮もどこかにあったのかもしれませんね。
波子のなかには、なにか喋らないでいさせてくれることに、安心と信頼を感じていたり・・・。
でも、やはり話さないと伝えられない気持ちって、絶対あって。
波子、後悔・・・ですね。

リクは、二人の気持ちをどこまで察して、こういったのか。
ぴゆうさんのおっしゃるように、リク、少し大人になったのかも。

ふふふ。
けしからんことを、いっぱい想像してください。
恋の病に陥った長谷川は、今回一番、子供っぽいかもしれません。
恋は、ジャンヌダルクも狂わせる。
さて・・・どうなりますやら^^
お付き合いください。

NoTitle 

おはようございます。
今日は朝からジーンとしてしまいました(TT)
リクの能力、素敵過ぎです。
通勤の地下鉄の中ですが、目が潤んでしまいました。

長谷川さんの特賞が気になります。
  • #17682 ひだまりさん。 
  • URL 
  • 2016.06/28 09:01 
  •  ▲EntryTop 

ひだまりさん。へ 

わ~、ひだまりさん!返信が遅くなっちゃってごめんなさい><

『RIKU』の番外編も読んでくださって、すごくうれしいです。
ひだまりさんをじーんとさせることができて、良かった(;_;)
このあとの長谷川にも、注目してみてください^^

いつもほんとうにありがとうございます!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【冬の犬 第4話 願うこと】へ
  • 【(雑記)悩みの種】へ