冬の犬 (RIKU・番外)

冬の犬 第4話 願うこと

 ←(雑記)「ダ・ヴィンチ」っていいね →冬の犬 第5話 コンタクト
時間を潰すのは、どこでも良かった。
けれど気が付くと長谷川は、中央線に乗っていた。

このまま拝島まで行き、JR線に何となく乗り換えてしまう自分を想像して呆れ果て、長谷川は取り敢えずその途中の駅で下車した。無意識とは怖い。
JR線の最果ての、そのまた先にリクの家があるのだ。
リクの留守宅へ行って、どうするつもりだったのか。自分自身が馬鹿らしかった。

理由もなく、下車する人々の流れに沿って降りてみた駅の北口を出ると、昔ながらの賑やかな商店街が遙か向こうまで続いていた。
ここなら時間も潰しやすい。
時計を見ると、本社ビルを出てから小一時間が経過していた。
もしかしたらそろそろあいつは、携帯の電源を入れただろうか、と淡い期待をかけながらリクにコールしてみた。
やはり出ない。
玉城にも掛けたが、同じく留守電に切り替わるばかりだった。
残り時間はあと3時間半。なんとも中途半端な持ち時間だ。
長谷川は嘆息すると、ふらりと商店街のドラッグストアに入っていった。どうしてもというわけでもなかったが、買い物でもしていないと間が持たない。
シンガポールでは手に入りにくい消耗品や医薬品をカゴに放り込み、レジに並ぶ。

「今ちょうど、商店街の福引抽選会をやってるんです。お客様は5回分、チャンスがありますよ。抽選会場は商店街の東の端にあるので、ぜひ寄ってらしてください」
レジの女の子がそう言って抽選券を5枚、手渡してくれた。
少しばかり邪魔くさいと思ったが、時間はたっぷりある。長谷川は案内された方向へ、のんびりと歩いていった。
とにかく時間を潰さねばならない。それが今の課題だ。
しかしながらその福引き会場にはすでに10数人の列が出来ており、なかなか進まないようだ。
先頭を見ると、商店会の男たちと馴染み客の老人が、親しげに話をしている。
列を成している客たちは、といえば、特に急かせもせずに従順におっとりと並んでいる。
いかにも長閑で微笑ましいが、そこに混ざって並んで待つ気にもなれず、長谷川はその横を通り過ぎて少々寂しげな道をあてもなく進んだ。

不意に商業ビルが途切れ、その一角に目をやると、天然石のアプローチの先に、小振りだが歴史を感じさせる鳥居が姿を現した。
その向こう側にはお馴染みの狛犬と灯篭。
そして神社のお手本のように右近の橘と左近の桜が、行儀よくきちんと左右に植えられて、参拝客を待ちわびている。
奥の方には小さなお社があり、その横に、これまたこぢんまりとした社務所があった。
あまり信心深くはないほうだったが、これといって行く当てもなかった長谷川は、ふらりと鳥居をくぐり、奥のお社の前に立った。
賽銭を投げ入れ、大きな音を響かせて柏手を打つ。

あの馬鹿が携帯を充電しますように。
あの馬鹿が携帯の電源を入れますように。
あの馬鹿が、今日は大人しく、家にいますように。

社務所横の色褪せた立札には、この神社の由緒が長々と流麗な筆文字で書いてあったが、読むのも面倒でスルーした。
所在なくふらりと歩いていると、販売所の小さな木枠の窓から、これまた小さな顔を覗かせていた巫女と目が合ってしまった。長谷川は何となく財布を取りだして、御守りを2つ買った。
可愛らしい絵が刺繍された、朱色の御守りだ。
長谷川は巫女に「ありがとね」と言うと、その御守りをコートのポケットに突っ込み、大きな右手で柔らかく握った。

あの馬鹿が心も体も、無事でいますように。
手の怪我が、少しでも良くなっていますように。
あの馬鹿が、もう何者にも、惑わされませんように。
ついでに玉城も、そこそこ元気でいますように。


           ◇

「びっくりしちゃった。こんな所に、こんな綺麗な湖があるなんて知らなかったな」
青年の横までゆっくり歩きながら波子は言った。

自分の指名手配犯としての知名度は如何ほどのものか知らなかったが、この青年は少なくとも心配はいらないと直感で思った。
自分を見ているその目には、犯罪者を見るような、そんな色は伺えない。

「そんなに古くない自然湖だと思いますよ。昨年偶然見つけたんです。名前もまだないかもしれない」
青年は澄んだ綺麗な声でそう言い、再び手を布で拭った。
本当に綺麗な顔立ちをしている。
そう思うのは2年間、あの男の無骨な顔しか見て来なかったせいだろうか。
そんなことをふと思い、泣きたいような、笑いたいような気持ちになった。
慌てて視線を、イーゼルに乗ったままのスケッチブックに移した。

「わあ・・・」
思わず声が漏れた。
四角い紙面に、目の前の湖がそっくりそのまま映し込まれていた。
「きれい。黒一色なのに、こんなにも素敵な絵になるのね」
「下絵のつもりだったんですが・・・。それはそれで残しておこうかと思って、描き込んでたんです」
「あれ?」
波子はぐっとスケッチブックに顔を近づけた。
途端にフワリとなんとも切なく懐かしい、花の匂いが鼻孔をくすぐった。
「これ、犬?」

濃厚な匂いにクラリとしながら波子が絵の一点を指さすと、青年は笑った。
「ああ、ほんの少し前にその辺に座ってたんですよ。下絵だし、遊び心でちょっと描き込んでみました。本当は鹿が見たかったんですが」
「あなたの犬じゃないの? 私もさっき見たのよ。こんな感じの犬。追いかけたら、ここに来たの」
「へえ。同じ山犬かも知れませんね」
「何色だった?」
「白っぽかったです」
波子は改めてその絵の中の犬を見つめた。

そう言えば、私と出会う少し前まで、あの男は犬を飼っていたと言っていた。
小屋の横に盛り土がしてあり、大きな石が乗せられていた。
17歳まで生きたんだと言いながら、時々水を石に掛けてやっていたのを見たことがある。
犬になど興味がなかったので、男の話も適当に聞いていたように思う。
どんな種類だったのかも知らない。

あの犬の墓の周りには頑丈な柵が作ってあって、フワフワと年中つる草が茂っていた。
さっき小屋を出てくる時にも、この寒さの中、緑の葉を揺らしていた。
最後くらい、犬の墓に手を合わせてやれば良かった。
男が唯一大事にしていたものなのに。

再びふわりと花の匂いがした。
ああ、そうだ。これはそのつる草の花の匂いだ。

「なぜ花の匂いがするのかしら」
唐突だとは思ったが、波子はそう口に出して訊いていた。
どうしても不思議だったのだ。あの花は確か、春にしか咲かないのに。

「花の匂いがしますか?」
青年は少しも訝らずに、優しげに返してくれた。
今波子が何に動揺しているのか、すべて知っているような落ち着いた声だった。
「この匂い・・・」
「ええ。スイカズラです。あなたの大好きな花ですよね」

波子は小さく口を開けたまま、呆けたように青年を見た。
「なぜ、・・・そんなことを?」



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)「ダ・ヴィンチ」っていいね】へ
  • 【冬の犬 第5話 コンタクト  】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ここでリクがわずかな手掛かりから論理的な推理をする展開というのはありですか?

……自分には無理だと悟って二十年(汗)

NoTitle 

ぷぷぷ。玉ちゃんはついでなのか・・・
携帯に通じないと、悶々としちゃうんですよね。

ワンちゃんはスケッチされていたのですか。
実際にその辺にいる?

なぜ花の匂いが。
これで波子さんはリクにはまったね。
この先の問答(?)がどんな展開になるのか楽しみです。

で、玉ちゃんは、この二人に会えるの?

ポール・ブリッツさんへ 

> ここでリクがわずかな手掛かりから論理的な推理をする展開というのはありですか?

それができたら、かっこいい推理モノになるんですが・・・。
でも、RIKUは推理ものではないので、逆に違和感がありますよね。
「犯人は、あなただ!」とか、リクに言って欲しくない(笑)

ここは、リクらしい展開になるはずです^^

けいさんへ 

そうなんです(笑)
かわいそうだけど、玉城は「ついで」です。
ああ、どこまでも哀れな玉ちゃん・・・。

ワンちゃん、やっと存在感をアピールしてきましたね。
リクには「鹿の方が良かった」とか、言われていますが。

この花の匂いも、後々、種明かしがされるはずです。
でもしばらくは、幻想的なリクの言葉に、惑わされてください^^
波子さんと一緒に。

玉ちゃんは・・・波子さんには会えないような気がします(涙)

愛の絆 

偶然 波子はリクと会った感じですが、
山犬に導かれたと言う事は これは必然かもね

リクも 分かっていたようですし...

スイカズラは、花を口に咥えて蜜を吸い摂ったことから「吸葛」と呼ばれたそうですね。
花言葉は、愛の絆
逃亡の果て 逃げ込んだ先に棲んでいた男と波子は、絆を結べていたのかな?

しかし 私もそうですが、前半は 長谷川視点だと言うのに 誰も触れず書かずとは…(苦笑)
それだけ 後半のリクと波子の会話の方が 印象強いと言う事なんでしょう。
まぁ 玉ちゃんと違って 長谷川は まだまだ 出番がありそうなので 今日は スルーしていいのかな!?((^┰^))ゞ テヘヘ

久し振りの出番なのに 皆 スルーするの(* T-)ヾ( ̄▽ ̄;) ヨシヨシ
…俺は…ずっと迷子の…まま…なの?(T▽T)ポツ--ン...byebye☆

けいったんさんへ 

> リクも 分かっていたようですし...

ふはは。リクって、なんでもお見通しのような口調で話しますが、実はわからないこともいっぱいあったりするのですww
さて、どこまで分かってて、どの辺が分かっていないのか。ここ、重要です。
(まあ、長谷川の気持ちをてんで分かってないのも、その一つですよね)

> スイカズラは、花を口に咥えて蜜を吸い摂ったことから「吸葛」と呼ばれたそうですね。
> 花言葉は、愛の絆

へええーー! そうなんですか。それはどちらも知りませんでした。
その花の濃厚な香りはよく知っているのですが、蜜を吸ったことはなかったです。
蜜をすうのは、もっぱらツツジで^^

しかし、その花言葉。これ以上ないほど、ピッタリですね。
波子が好きな花をスイカズラにしたのは、適当ではなく、その花でなくてはならない理由があったのですが、それは、追々・・・。

> しかし 私もそうですが、前半は 長谷川視点だと言うのに 誰も触れず書かずとは…(苦笑)

ああ、そういえばww 久々の長谷川さんも、時間つぶしでは、魅力に欠けますもんね。
ここは、スルーしてもらってもいいのです。
けいったんさんの予想通り、このあと長谷川さん、意外な奮闘ぶりを見せてくれますから。
(ジャンヌダルク的では、ないのですが><)

長谷川さんはいいとして・・・。(ヨシヨシしてもらってるし)

玉城。ちゃんと生きていますでしょうか・・・。ちょっと作者も心配です。

やっぱりエンドロールで「忘れてるでしょ~~!!」と、叫ばせましょうか(笑)

NoTitle 

東京の拝島が出てきた☆
素晴らしく田舎ですが、梶も行ったことがない(^_^;)
住んでる所といっても、結構いったことのない場所ってありますよねぇ。。

kaziさんへ 

東京でも、まだまだ田舎や山は残ってるんでしょうね。

リクの家は、五日市線の果て、あきる野の、山奥っていう設定なんですが。
そこに、こんな惑わしの山があるのか・・・ないのか(笑)
あったら、ちょっと面白いですよね^^

NoTitle 

東京の田舎でも残ってるー!って思ってた時期がおいらにもありました……。
全然残ってなくてもう逆にううう。

自然が……自然が恋しくなりますよ……。

レルバルさんへ 

レルバルさんの近くには、自然があんまりないのですね。
区外なら、けっこう田舎もあるんでしょうが。

でも、そんなに自然を恋しがる若者って、レルバルさんくらいしか知りません^^
もう、卒業後は、飛んで帰らなきゃ。

NoTitle 

何気に湖の方に着目してしまった。
下絵の湖はそれはそれで赴きがありますよね。
黒でデザインされているのに、風情を感じますよね。
水墨画でもそのような印象を受けますし。
不思議ですよね。
水の表現って無限にありますね。

LandMさんへ 

やはり、後半の波子のシーンの方が、着目度が高いですね^^

湖や、川や、海。
水のあるところの絵は、なぜかとても惹かれますね。
水墨画も、水彩画も、油彩画も、ただの鉛筆画でも。
私も、水を描くのが好きです。
鉛筆画で、ハッとするような絵を描けるのは、リクだからでしょうが^^
(画家さんですもの)
水があると落ち着くのは、ほんと、不思議です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)「ダ・ヴィンチ」っていいね】へ
  • 【冬の犬 第5話 コンタクト  】へ