☆感想(観劇・映画・小説)

(観劇)『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹』

 ←カエルヒ 第2話 固執   →カエルヒ 第3話 嫉妬
去る1月12日。久々に舞台を観に行きました。
舞台は昨年の5月に、TEAM NACSの『WARRIOR』を観て以来です。
(あの舞台は最高だったので、DVDまで買ってしまいました^^。TEAM NACS、ほんと、すごい)

さて、この日観に行った舞台は、『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~ KERA version』
このチケットは、滋賀に住む大学時代の友人が、急に観れなくなったのであげる、と郵送してくれたものなんです。
場所は大阪城公園付近にあるシアターBRAVA。お馴染みの大劇場^^

どんな作品かなと検索したら、なんと、私が大好きな生瀬さん主役の、かなり本格的な舞台でした。
8000円のチケット、ゴチです! 友よ。

さてこの『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~ KERA version』

なんと上演時間、4時間10分!(ふつう、2時間数十分程度)
壮大なブラックファンタジーだったのです。

inori-kaibutsu2.jpg

【ストーリー】
とある架空の町に暮らす三姉妹。市長であり、町の絶対的権力者である彼女達の父親。そこに様々な人々が絡み、時を超えた愛憎劇が繰り広げられる。
やがて、この町はあることをきっかけに狂人と死人の町と化していく。

【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【音楽】パスカルズ
【美術】小松信夫
【音響】水越桂一
【映像】上田大樹
【キャスト】
生瀬勝久:ドン・ガラス
小出恵介:トビーアス
丸山智巳:ヤン
阿倍なつみ:マチケ
大倉孝二:パキオテ
緒川たまき:テン
大鷹明良:アルゲン
マギー:アリスト
近藤公園:パブロ
夏帆:レティーシャ
三上市朗:ローケ
久保酎吉:コロス
峯村リエ:エレミヤ
犬山イヌコ:メメ
山西惇:ダンダブール
池田成志:ペラーヨ
久世星佳:バララ
木野花:ジャムジャムジャーラ、ドンドンダーラ
西岡徳馬:グンナル
ほか

キャストが豪華でしょう? 大好きな役者さんばかりで期待度大でした。
しかしですね、これはかなりの大悲劇。優しい人も、可愛い人も、みんなどす黒い狂気に飲み込まれ、壮絶に死んでいく・・・。
その狂気を巻き起こした男や、娘たちは無邪気で可愛く、ケセラセラ。
見ている観客の心も、狂気に飲み込まれていき、そしてなぜかシニカルな笑いに転じていく。
倫理観の破壊される、奇妙な空間。
けれど見終わったあと感じるのは、やはり「舞台って、すげ~」というため息です。

この舞台は、かなり正統な、舞台らしい舞台でした。私が大学時代に見てきた舞台。そこに新たな芸術センスを存分に練りこんだ、ケラさん作品でした。
舞台セットとスクリーンと、奇抜な音楽とアニメーションを合体させた、オープニングは全身の血が湧き踊りましたね。

さて、では、私がハッとした役者さんをピックアップしてみます。

生瀬

先ずはもちろん、生瀬勝久さん。映画『トリック』や『ごくせん』のあの人です。
この方、私が芝居ずきになったきっかけの「劇団そとばこまち」の座長さんだったのです。
京都大学の学祭で、100人ほどのキャパの部屋で見た、そとばこまちの舞台の素晴らしかったこと!!
あの頃は、とても小さな劇団でしたが、気鋭ぞろいでした。その中でも郡を抜いて魅力的だった生瀬さん。
(当時は槍魔栗三助という名前だったんですが^^)

今回のこの舞台では、諸悪の根源。極悪非道のドン・ガラス。
さすがとしか言い様がないです。その声質、声量。極悪なのに、どこか可愛いと思わせてしまう絶妙な演技センス。でも、カーテンコールで見せた笑みは、やっぱりどこかシャイで、生瀬さんだな~~と、懐かしく思いました^^


yamanisi.jpg

お次はこの方、山西惇さん。
この方も、TVドラマでよく見かけるようになりましたが、同じく劇団そとばこまちの、役者さんでした。
お顔はこんな感じですが(笑)役者としてはもう、すごい!とにかく演じるキャラクターの存在感がすごい!
今回のダンダブールという詐欺師。凄惨な舞台で、唯一人間味を感じる、おもしろキャラでした。彼が出てくるとなんだかホッとするんですよね^^

inuyama.jpg

今回、この二人以外で一番心に響いたのが、この犬山イヌコさん。
「え! だれこの人! すごい!」と、前のめりになりました。
実はこの方、声優さん。あの「ポケットモンスター」のニャースの声の人です。(あと、マキバオーとか)
女優さんだったのですね。
なんとも甘い、可愛らしい声の方で、脇役なのですが、そのセリフ一言一言がなめらかで、すっと心に入ってくるのです。
なかなかいません。こんなにす~~っと入ってくる話し方。
息子を亡くしたんだけど、呪い師に、息子が見えるように呪いをかけてもらったメイドさん。
それがなんとも可愛らしくて、切なくて、もしかしたら一番気になった登場人物かもしれません。
やはり、声優さんは役者でなくてはならないと、心底思います。
犬山さん、すごい女優さんです!

koide.jpg

こちらは、おなじみ小出恵介くんですね^^
彼の役は、ほんとうに純朴な心優しい青年。動物が大好きで、そして同居するヒステリックな祖母にも、愛情を注ぐ、優しい子。
もっと幸せな結末が待ってるんだと思ってたんです。準主役ですから。
でも、あんな死に方をするなんて・・・。
一番酷くて、かわいそうな最後だったなあ・・・。トビーアス。
小出くん、真っ直ぐで純朴な青年が、ぴったりでした。^^

mikami.jpg

三上市朗さん、お久しぶりです!!
劇団M.O.P.が解散され、がっかり来てたんですが、また舞台で会えてうれしかったです。
今回、身分の低いとても悲しい役だったのですが、その中に愛情と気高さを内包する雰囲気が感じられて、やはりすごい役者さんだと、しみじみ感じました。
時々ドラマで見かけるのですが、彼が彼らしく泳げるのは、舞台という大海なんですよね。


今回の舞台は、内容が内容だけに、見終わったあとの爽快感はないんですが、舞台というものの味わい、芸術性を、ガンガン感じました。何日たっても、役者のセリフ、シーンが脳裏に蘇ってくる。
これこそ舞台だなあ・・・と。

しかし4時間って。どうりでお尻が痛かったはずだww

この舞台、実は同じ脚本を使って、1ヶ月後に、あの蜷川幸雄が演出し、同じ劇場をまわっていくのだそうです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ対、巨匠蜷川幸雄!!
おお~。ケラさん、負けるな。

でも、蜷川幸雄がこの脚本で、どんな舞台を作り上げるのか。ちょっと見てみたい気もします。
(WOWOWで、いつかやってくれるかな^^)


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【カエルヒ 第2話 固執  】へ
  • 【カエルヒ 第3話 嫉妬   】へ

~ Comment ~

NoTitle 

limeさん、アップありがとうございます!

4時間ちょいですか。車でうちから州都メルボルンまでの距離です。
なので、おしりが・・・の感覚がよくわかります(笑)

ファンタジーを舞台化するって、大変そう。
見てみたいですね。でも、ブラックは・・・
お気楽で明るいやつのほうで(^^;)

演劇って、音楽で言うならライブ。臨場感が良いですね。
自分を引き込んでくれるものは、終わらないでって思います。

いーなーlimeさん、また一つ素敵な出会いがあって。
次回もまた楽しみにしています^^

NoTitle 

おつかれさまです!
いいなぁ、見てみたいです。
本当にこういうのあったら……。
でも、高い。
あうあうあうあうあう。

けいさんへ 

けいさん、観劇日記にも、ありがとうございます^^

・・・って。あれれ?
朝ね、ここにコメント返ししたんですよ。
さっきまであったのに、消えてる・・・。
不思議です。なんでだろう。

まあ、いいや(笑)

そうなんです。4時間は長いですよね。
そして、かなりなブラックファンタジーで、血しぶきどばーーーでした。
だけど、芸術性はすごく高くて、やっぱりすごいんですよ。演出が。

懐かしい役者さんや、力のある役者さんの演技を生で見れて、とても有意義な4時間でした^^

(ほんと、なんで消えちゃったのかなあ・・・)

レルバルさんへ 

るるさん、いらっしゃい~。

もう、きっとルルさんビビりますよ~~。怖いの、えぐいの平気ですか?
大音量で突然ピストルの音が響いたり、心臓にわるいですが(w)迫力満点でした。

チケット、高いですよねえ><
今回、ただで見れて良かったです。

でも、友人にはなんか、お礼しなきゃなあ^^

NoTitle 

四時間もこんな恐ろしい展開の劇を見せられたらわたしストレスとショックで倒れてしまいます(^^;)

DVDで見ていたわずか3時間の「ゴッドファーザー」でさえ倒れそうになったひたすら弱いやつであります(^^;)

我ながらにゃしゃけにゃい。とほほ(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

以外ですねえ~。
ポールさんは、わりと平気なのかと思ってました。
私も、ホラーとか全然だめなんですが、これは時々笑いを組み込んで、クッションが入れてあるので大丈夫でした^^
でも、けっこう来ましたね~~。
ギリギリでした。

「ゴッドファーザー」とか、北野作品は、たぶん見れないなあ~>< 
北野映画は、大嫌いです><

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHさんへ 

そうなんですよね。
ずっと肌で感じていたすごい才能の役者さんたち。
TVドラマでも起用されるようになって、嬉しい半面、少し寂しかったりします。

でも、生瀬さんと話したとき「TV、見てますよ」というと、「いえ、舞台をしっかり見てください」と言ってくださったことが、とても印象的で、うれしかったです。
TVも、器用に役者を演じてらっしゃいますが、舞台役者はやはり、舞台で一番花を咲かせる人たちだと思います。
ドラマで端役をやってるのを見ると、「ああ、この役者さん、舞台でどんだけ輝ける人か、しらないでしょう!」と、ちょっと悔しかったり^^;。

まだまだ舞台は敷居が高いという人が多いですが、たくさんの人に舞台という素晴らしい世界を、見て欲しいと思いますね。

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、観劇日記へようこそ^^
おおお~!
TEAM NACSもお好きなんですね!嬉しいです^^
2~3年に一度しか公演してくれないんですが、そのぶん、エネルギーがすごいですよね。
昨年の春に全国公演された「WARRIOR」はね、本当に最高でした!!
今まで150本くらいの舞台を見てきましたが、ベスト5にばっちり入ります。
ああ、DVDでもいいから、見せてあげたい。

Nさんは、ご自身も舞台をやってらしたから、舞台への造詣も深いですよね。
ああ~、一緒にお芝居観に行きたいですよね。

最近は、大好きな劇団がどんどん解散し、プロデュース公演が主流になってきましたね。
それもとってもいいことだとは思うのですが、選びにくくて、つい足が遠のいてしまいます。
それに、いつも一人ぼっちの観劇なので、ちと寂しい(時々息子が付き合ってくれるんですが、最近は忙しそうなので><)

いつか、一緒にお芝居見に行きたいですねえ~~。
Nさんが、大阪にくるのですよ!(なんて、ど厚かましいww)

NoTitle 

なんともスゴイキャスト!!
ちなみに三上さん大好きです。MOPを見てこの人怖い(^_^;)って思った(笑)
ところで外人演出って難しいんだよねぇ。。
梶はオペラの助演で出演したときに、イタリアのすごい演出家(らしい)がいたんだけど、もう大変(^_^;)外人さんがメインだからいいけd、日本人キャストはけっこう怒られてたなぁ・・
まあ、しょうがないか(#^.^#)

kaziさんへ 

ね! すごいキャストでしょう~。
私の席は、舞台から遠かったんですが、それでも役者さんの演技力がすごいんで、時間を忘れて魅せられました。

全体的にクラシカルな、本格的な舞台でしたが、そこに斬新な今時の演出が入り込んで、不思議な感覚でした。

おお!梶さん、オペラの助演もしたんですか。
すごい。
私はオペラは見に行ったことないし、未知の世界なんですが、そういう音楽と舞台が融合される世界も、憧れます。
外人演出って、考えただけでも大変そうww
センスや考え方が、やはりちがうでしょうからね。
そのしたで頑張った役者さんや梶さん、すごい。

あ、この舞台のケラリーノさんは、私も最初外人さんだと思ったんですが、フライヤーの写真を見たら、日本人でした。ややこしい名前を付けるもんですね(爆
この舞台、ケラさんがシュールコミカルに演出していますが、蜷川演出になったら、もっと救いのない恐ろしい世界になるんじゃないかな・・・と、ちょっと興味深々です^^;

NoTitle 

舞台は人の力で綴られるから良いですよね。
画像を見るだけでも迫力が伝わってきますよね。
しかし、結構な配役を使ってますねえ。。。
その迫力に圧倒されるというのはありますよね。
臨場感というか雰囲気というか。
私も見に行きたいですけどねえ。
文章を読むだけでも伝わってきます。
ありがとうございます。

LandMさんへ 

舞台はいいですよ~。
この広告用画像からも、びんびん伝わってくるでしょう?
異世界感を、何よりも、肌で感じさせてくれて、ちょっと現実逃避できます(笑
舞台役者さんって、すごいです。
TVドラマの比じゃないくらい、ものすごいオーラを感じてしまいます。

LandMさんも、機会があれば、ぜひ^^

でも、一番初めに観る舞台は、特に吟味してくださいね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

こちらこそ、ありがとうございました!
久々に、心底楽しい舞台を見せてもらいました。

「ドリームジャンボ宝船」は、ここの記事にある「怪物と祈り」とは、まるで対極にある、本当に観客を笑わせ、楽しませるサービス精神に満ちた舞台だと感じました。
いいですねえ~、役者さんたちが、観客に歩み寄ってくれれて^^
若い人も、どんどん舞台というものを身近に感じてくれそうですね。

とにかく、お疲れ様でした。

あ、大阪も、雪が積もりました~。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【カエルヒ 第2話 固執  】へ
  • 【カエルヒ 第3話 嫉妬   】へ