【短編】 カエルヒ

カエルヒ 第1話 繭

 ←カエルヒ あらすじ →カエルヒ 第2話 固執

先生のアトリエへ続く薄暗い廊下を歩きながら、私はふと自分の右手を裏返してみた。
カバー無しで木炭を握っていた3本の指と、画用紙に接する小指から下が真っ黒だった。
濃紺の制服のスカートで、炭の汚れをごしごし擦る。
僅かに取れたところでスケッチブックを抱え直し、廊下を進んだ。

先生の住居兼アトリエは、私たち生徒のデッサン室と、バラックのような通路で繋がっている。
もともと別棟だったものを、先生自身が廃材を使って繋げたのだそうだ。
雨の日も、生徒や作品が濡れないように。

突き当りにぼんやり浮かび上がった、真鍮のドアノブにそっと手を伸ばし、引いた。
何の音も、何の抵抗もなく、他者を招き入れてくれる古い木製の扉。
先生の部屋は廊下と同じくらいにいつも薄暗く、ブロンズ粘土と木の匂いがした。

先生はいつものように部屋の隅に立って、粘土を捏ねていた。
あまり日に当たらずに過ごした白い繊細な指が、人間にはありえない、別の色に染まっているのを見ると、なぜかドキリとする。
私に気がつくと先生は、すぐ側のバケツの水で手を洗い、30になったばかりの精悍な顔をこちらに向けた。
「仁科さん、描けた? 見せてみて」
静かで深いその声は、3時間石膏デッサンに励んだ私にとって、何よりのご褒美だった。

私が手渡したブルータスのデッサンを、先生は立ったまま手に取り、じっと見つめる。
苦手な時間だ。
私自身の骨を透かして見られているような気恥ずかしさに、いつも落ち着かなくなる。

美大受験生の為のデッサン教室を開いている先生の元へ、私が通うようになったのは、半年ほど前だ。
私は高校2年生だが、遅すぎる方らしい。
先生は塑像作家であり、美術誌に何度も取りあげられている現代芸術家だそうだが、私は知名度のことは、よく分からない。

私に分かるのは、先生の目がとても優しくて、手がとても綺麗で、先生の作品がどれも魅力的だということだ。

アトリエの隅には、個展から戻ってきた大小さまざまな塑像たちが無造作に置かれている。
粘土を捏ね、指先の感覚だけで作り上げていく塑像は、彫刻よりも繊細で、生々しい。
ブロンズ色に輝く男も女も、みんなどこか色気を含み、先生自身に似てる気がした。

「構図がとても良くなった。溜まりの加減もいい。でも細部の陰影ばかりに拘わり過ぎないようにね。彼そのもののバランスが崩れてしまう」
そんな先生の声を聞きながら、私はワザと、ほんの少しよそ見をしてみた。
光の当たらない部屋の隅に、ずっと放置されたままの先生の作品がある。
以前から私は「それ」が気になって仕方がない。
「それ」はそっと、忘れられたかのように、そこにあるのだ。

不思議なことに、心を掴まれないはずのない、その異彩を放つ作品に、私以外の生徒はまるで反応を示さない。
こんなに美しいのに。 みんな馬鹿なのだ。

「仁科さん」
「はい」
「もう9時になる。残ってるのは君だけだよ。親御さん心配なさるから、帰りなさい」
「平気です」

だいたい気に入らない。
私がその作品に注意を向けると、先生はいつも困ったように何気なく気を反らせようとする。
それなら納戸の奥にでも入れ込んでしまえばいい。ビニールシートでも掛けてしまえばいいのに。
そこに無造作に置いておいて、見るなと言うのか。

それはまるで先生の目の届くところで日々新陳代謝を繰り返してでもいるかのように、埃を被ることなく、存在感をアピールしている。
今日はちゃんと訊いてみようと思う。
あの作品は、いったい何なのかを。

アトリエの隅の書架に置いてある小さなラジオが、ガーガーと雑音を立て始めた。
さっきまで小さく小さくニュースを流していたラジオの存在に、私は改めて気がついた。
これも気に入らない。
この外界から遮断された特別な空間に、世俗的なニュースや音楽を持ち込むラジオは不釣り合いだった。
以前はそんなもの無かったのに。ここ1ヶ月だろうか。
先生はいつも小さな音を出す、ラジオのニュースに耳を傾けている。

お天気のこと、高速道路で起こった玉突き事故のこと、火事のこと、そして最近多発している幼児失踪事件のこと。

どうでもよかった。
それよりも私が気になるのは、あの“繭”のことなのだ。

私は痺れを切らし、先生の手から自分のスケッチブックを取りあげ、閉じた。
勉強の時間は終わりだ。
「先生、以前から気になってたんですが。あの繭って、何で出来てるんですか? 本当の蚕の繭じゃないですよね」

私が部屋の隅のあの作品を指さして尋ねると、先生はしばらくじっと自分も“それ”の方に目をやりながら、ふっと目を細めた。
ついに訊かれてしまったな、とでも言うような、苦い笑みだ。

「絹糸に見える? そう見えてくれたら、嬉しいね」
答えになっていない答えだったが、私は取り敢えず満足だった。
拒否されなかった。立ち入らせてくれた。
絹糸のように細い細い糸が、先生と自分の間に繋がった気がした。

繭。私はそう言ってしまったが、それは巨大な卵のようにも見える。
直径は80センチほどあるだろうか。
本当に見たこともない素材だった。僅かな光をもキラキラと浮かび上がらせる。
絹糸をもっと繊細に、透明度を持たせて紡いだような。未知の膜で出来た、楕円の球体。
繭にも見えるが、実際は卵なのかもしれない。

じっと先生の穏やかな横顔を見ながら、そこから先の説明を待ったが、閉じた唇は動かなかった。
さっきデッサンしたブルータスのそれに似ている。
けれどそっと指で触れれば、たやすく開きそうな柔らかさがある。弱さと言うべきか。

意地悪く、こじ開けてみたかった。
そして訊いてみたかった。
あの繭は何なのか。
その透き通った繭の中に、うずくまるようにして眠っている、乳白色の幼児は、いったい何なのか。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【カエルヒ あらすじ】へ
  • 【カエルヒ 第2話 固執  】へ

~ Comment ~

タイトルが… 

容易く破れそうな程繊細なのに しっかりと 中の繭のような卵のような物を守っている

彼女が その作品に触れたい 壊したいと思う衝動が 何となく分かるな。
その作品が 先生にとって 何かを意味し表しているから。

それって 彼自身? 彼の心?
それとも 全く違う何かかな?

limeさま、
『カエルヒ』と、カタカナにしたのには すごい深い意味があると、私は感じました。
カエル…
還る、帰る、返る、変える、代える、換える、替える、孵る、

limeさまは、どんな漢字を当て嵌めて 書いたのか!?
私が、読み終えた後に 浮かぶ漢字は 何か!?
楽しみですね~(@´゚艸`)ウフウフ...byebye☆

けいったんさんへ 

けいったんさん、ありがとうございます^^
うっ。さすが。

けいったんさん、はやくもこの物語の本質を、見抜きかけているような!
あの作品の先生との関係を、「私」と一緒に、探っていってください。

そうか、やっぱりカタカナ効果は、すごいですね。
実際、この4文字には、2~3の意味があって、決め兼ねてしまったので、安易にカタカナにしたんですが。

けいったんさんの変換の数々をみて、日本語って、おもしろいな~とあらためて感じました。

さて、けいったんさんは、最後に、どの漢字を思い浮かべてくれるのでしょう^^
楽しみです。

NoTitle 

謎めいてます。いったい何なのでしょう。

↑漢字すごいですね。すばらしいです。カタカナ効果は抜群です。
タイトルにきっとしばらく悩みます。(「死の馬」のときもそうでした。)

カエル・・・では、
誰が、どこに、何を、どうやって、なぜに、どのくらい、誰のために・・・

センセ、蛙、が・・・いえ、すみませぇん(><)

けいさんへ 

> 謎めいてます。いったい何なのでしょう。

けいさん、こんばんは~。
この物語、コメントしづらいですよね^^;
なにが謎なのかもわからないけど、あやしい・・・。
このあと、もっと怪しくなっていきます^^

> ↑漢字すごいですね。すばらしいです。カタカナ効果は抜群です。
> タイトルにきっとしばらく悩みます。(「死の馬」のときもそうでした。)

やっぱり、カタカナ効果、出てますか。
苦し紛れのタイトルだったんですが、よかったかも^^

> カエル・・・では、
> 誰が、どこに、何を、どうやって、なぜに、どのくらい、誰のために・・・

うん、いっぱい当てはめて、考えてみてくださいね。
(そんな物語じゃないか??)

> センセ、蛙、が・・・いえ、すみませぇん(><)

どうも、蛙が頭から離れないみたいですね!けいさん!(爆

NoTitle 

いい出だしですねー
先生の覆いをこじ開けたい感が、若干上からで気持ち良いです。

うふふ、私もSです^^

ごろちゃんさんへ 

ごろちゃんさん、こんばんは~^^

> 先生の覆いをこじ開けたい感が、若干上からで気持ち良いです。

へへ。やっぱり上から目線ですよね。
なんでしょう、どうも、優しくて穏やかな女の子が描けなくて。
この勝気でちょっと高慢ちきな少女で、今回挑みます。^^

> うふふ、私もSです^^

おおっ。S同盟ですね!(勝手にw)
やっぱり、そうでなくちゃ(いやいや・・・)
この物語、どこまでもSで、突っ走ります。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメyさんへ 

yさん、とてもうれしいコメント、ありがとうございました!

私も、自分が読むときに、読みやすい文章の作家さんのほうが、すっと心に入ってくることを実感していましたので、そう言っていただけるのが、なによりうれしいです。


沢木耕太郎さんという方、勉強不足で、知らないのですが、ぜひ一度読んでみたいです。
> 格調高く、引き込まれる。
そんな文章、憧れます!

> また、最近、芥川賞の候補作では、横書きの、いわゆる小説の
> 文章のルールを取り払った作品があり、それも、書いたのは、
> 史上最年長の女性でした。

あ、あの方ですよね。
横書きなのですか!そういうものも、文学賞は受け入れてくれるのですね。
なんだか嬉しくなりました。
そして、作家って、年齢じゃないんだなあ・・とも。

純文学は、まったく手が届かない存在ですが、いつか文学的な物語を書けたらいいな、なんて思っています。

いやいや、でもyさん、褒めすぎですよ。舞い上がってしまします^^
人間が、いい加減にできているので、この先あまり発展しないな・・・という限界も、しみじみ感じているのですが。
でも、yさんの温かい励ましで、また元気がでました。

今年はなかなか新作を生み出すのに苦悩すると思うのですが、自分のペースで進めていきたいと思います^^
応援、いつもありがとうございます!

NoTitle 

この繭と胎児、ナチュラルなものかスーパーナチュラルなものなのかがわからないのでコメントしづらいであります……(^^;)

うーむ。

ポール・ブリッツさんへ 

そうですね。まだ全然わからないですよね。
この段階では、どんなふうにも変わっていきそうだし。

たぶん、第2話は、もっとわからなくなると思います。
ただ、しっかりと現実世界に重心を置いた物語になっている・・・はずです。

いや、どうかな?(笑)

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、第1話へようこそ^^

>これからどうなるかわからないような不安定な空間から物語が始まっていて、そしてひきつけているような、、。 そして気になる単語が沢山ちりばめられていて既にハラハラしてきました!

うれしいです。
次を読んで見たいと思わせられれば、第1話は成功ですね。
第2話から、どうなるか・・・><

あ、、気になる単語に気づいてくださいましたか!
ここに埋め込まれている、すべての言葉が、けっこう重要なキーワードになってきます。
あれと、これと・・・^^

今回は、「私」の一方的な強い感情だけで、物語が動かされていきます。
勝気な彼女が、いったいどんな影響を与えていくのか。
それとも、なにも影響しないのか(w)

奇妙な展開に、どうぞお付き合いください^^

P.S. コメントへのコメントへのコメントも、ありがとうございました^^。
そうか、自分の顔を突っ込んで作ったわけではないのですね!(そりゃ、そうか><)
端正なお友達にも、ちょっと感謝ですね!
でも、見たいなあ~。探しておいてくださいね^^

私のあの、「畳で昼寝する三毛猫」、なにかの、お役にたったのなら、うれしいです・・・^^。

NoTitle 

先生と私・・という感じが、夏目漱石の「こころ」みたいな感じがしますね☆
でも、全然違う雰囲気が出てて面白い!
昔の怪しいミステリーな匂いがします(-_-;)アヤシイ

kaziさんへ 

> 先生と私・・という感じが、夏目漱石の「こころ」みたいな感じがしますね☆

きゃあ。あんな大作を^^
実はまだ、読んだことがないんです。恥ずかしいことに。
でも、絶対読まなきゃ!と思っています。

> でも、全然違う雰囲気が出てて面白い!
> 昔の怪しいミステリーな匂いがします(-_-;)アヤシイ

これは、どんどん怪しい方向へ行きます。
怪しいといっても、いろんな方向がありますよね。
この怪しさの正体、見てみてください^^

文学作品ですね 

現実的でいてどこか不思議な部分がある、
繭という作品に対して私がどう触れていくか気になりました。
ただ『拒否られなかった』っていう部分が、少しむっとなってしまいました。
拒否されなかった、のほうが雰囲気にあっていると思いました。
勝手なことをいってすみません

十日さんへ 

コメント、ありがとうございます。
この作品は、今までにない書き方をしてみたので、UPするのに緊張しました。

>ただ『拒否られなかった』っていう部分が、少しむっとなってしまいました。
貴重な意見、ありがとうございます。
そう言われれば、このトーンの中では、ちょっと浮くかもしれませんね。
等身大の女子高生の感覚になりきって書いていったので、こういう話し言葉になってしまったのですが、考慮の必要があるかもしれませんね。
ありがとうございました。

NoTitle 

トキメイてしまいます。
学校のそれもアトリエ。
画材の匂いや木の古びた匂い、
いろんな匂いが記憶を呼び覚まさせるようで、
引きこまれてしまう。
素敵なプロローグ

彼女の仄かな恋心が嫉妬になる。
そんな感じがとても素直で自然で、いいですぅ〜

イケメンの美術の先生・・・見たことねぇ!
私の思い出ときたら、もう見るからにくたびれ果てていた先生ばかり・・・
悲しいよーーーv-406

ぴゅうさんへ 

あ、返信の順が前後してごめんなさい(>_<)
携帯は、なかなか打ちにくいもんですね。

「カエルヒ」に、ようこそ。この物語はスッキリ晴れやかな内容ではないので、ちょっとドキドキしていますが、私のチャレンジ作品です。
奇妙で危うい空間を、感じてもらえると嬉しいのですが。
率直な感想を、聞かせてくださいね

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

そうなんです。この「カエルヒ」は、私にはめずらしく、一人称単数で書いた話です。
一人称は、幼くなりがちですが、視点がブレないし、物によってはとても効果的だと感じました。
ミステリーの長編では、難しいと思いますが。

もう、お好きなところから読んでみてください。
物語の第1話だけを読んでいくのも、ありかもしれません。

視点の書き方は、一応基本はあっても、正解などないように思います。
これはタブーだよ、と言われてる、「視点の頻繁な切り替え」も、それを実践している文豪はたくさんいますし。

長編の物語で、感情をほとんど入れずに、神視点で書いてしまってある作品も、存在するようです。
私はどちらかというと、誰かに共感しながら、その人の気持ちに浸りながら読むほうが好きなので、感情を抜きにした長編小説はちょっと、読むのが辛いのですが。
だけど、それがタブーというわけでもないのですよね。
手法はどうでも、読者が「面白い!」と思えば、成功なのだと思います。

この「面白い」というのが、小説の全てなんですよね。
これを、物書きはずっと模索しなくてはいけないのだと思います。
「自分が書いてて楽しい」というのは、とても大事だけど、自己満足に終わってしまう危険があります。
だから、自分の作品を客観的に見る力、これが一番物書きには必要なんだろうな、しみじみと思います。

きっと私も(書き始めて6年目ですが)、自己満足の部分が大きいのだと思います。
やっぱり、いろんな作品を読み、そしてここに感想を書き込んでくださる読者様の意見をしっかり受け止めて、前へ進んで行こうと思っています^^。
(でも、ここの読者様は、本当にみんな優しいので、有頂天になってしまうのですが^^)
でも、みなさんのコメントって、本当に貴重です。
あ、こんなところに注目してくれたんだ、とか、意外な発見があります。
これこそが、ブログのいいところですよね。

私も、なかなか早くは読み進められませんが、また時間のあるときにお邪魔しますね。
まだまだ、追いつけないと思いますので、どうぞ、ゆっくりじっくり、UPしていってください^^

こんばんはー 

こちら読み始めました!

文章が上手く、とても読みやすかったです。私もlimeさんみたいに上手に書けるようになりたいです(>.<)やっぱり本をよく読むとか、ひたすら文章をかくとかですかね……。

繭が一体何なのか。タイトルは繭が孵るってことかな?続きが気になります!
はじめタイトルをカエルノヒって見間違えていて、蛙のお話なのかなって思ってました(笑)

また続き読みに来ます♪

たおるさんへ 

たおるさん、こんばんは。
わあ、さっそくこちらを読んでくださったのですね。ありがとうございます^^
いやいや、私もまだ、書き始めて6年ほどです。
たおるさんの文章も、とても読みやすくて、やわらかで好きですよ。
小さな頃から、本ばかり読んでいましたので、それは勉強になっていたのかなって思います。

ははは。ハエルノヒって、読んじゃいましたか。
そりゃあ、ある意味、面白そうですよね。どんな日になるのか・・・。

カタカナにしたのは、いろんな意味を当てはめて欲しかったからです。
カタカナって、ちょっと不思議で排他的で、おもしろいですよね。

私の作品の中では、珍しく1人称で、女の子が主役です。(後はほとんど、男の子ワールド^^;)
ちょっと、尖った感じの作品ですが、またお時間のあるときに、お立ち寄りください^^
ありがとうございました!
私もまた、おじゃましますね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【カエルヒ あらすじ】へ
  • 【カエルヒ 第2話 固執  】へ