醒めない夢の中で (K.O.続編1)

醒めない夢の中で 第4話 叶わぬ夢

 ←(雑記)つれづれ読書日記 →醒めない夢の中で 最終話 君の永遠になれ

「お兄ちゃん、どうして泣くの?」
少女は少し首をかしげながら、黒目がちの愛らしい目で、春樹をじっと見つめている。
春樹はじわりと正気にもどった様子で、涙を拭き、すぐ傍に呆けて立つ隆也に顔を向けてきた。

「春樹、どうした?」
けれど春樹はやはり首を横に振る。
“分からない”のだと。
分からないのに涙が溢れると言う感覚が、隆也には分からなかった。
それはきっと、春樹にだけ与えられた感覚のひとつなのだろう。

「ねえユイちゃん。今日はママと一緒に来たんだよね。ちがう?」
春樹は少し笑って見せた後、跪いたまま少女に再び質問した。
本当に記憶が読めなかったのだろうかと、隆也は訝った。
いったいどこまで読めて、どこまでが読めていないのか。
先ほどの春樹の涙は、単に少女が財布をなくした悲しみに共鳴したわけでは、ないのかもしれない。

「うん。今日は、ママと来たんだよ。でも、どこに行っちゃったんだろうねえ。いないね」
まっすぐ春樹を見て、少女は答える。

春樹はそこでやっと立ち上がり、少し焦ったように辺りを見回した。
隆也も同じようにぐるりとその場で一周まわってみた。
「迷子になってたのかな、ユイちゃん。俺、てっきりこの大学の近所の子で、今日は1人でふらっと遊びに来たのかと思ってたよ」
「母親と来たのは確かなんだけど・・・」
「だけど?」
「何か、わざと母親から離れて来たのかもしれない。すごくユイちゃん、混乱してて、ハッキリ読めないんだけど」
「どうしてどうして? あれか? 実はそのママは継母で、毎日虐められてるとか! そんな話か?」
「そうじゃないよ。そんなんじゃない。でもユイちゃん、きっと怖いんだ。母親と居ることが」
「どうして?」
「どうしても。大好きなんだけど、すごく悲しくてさ。たぶん母親が、自分に関する悲しみを抱え込んでることを知ってる。それを訊くこともせずに、一生懸命頑張って笑ってるんだ、ユイちゃんは。いっぱいいっぱいなのに、懸命に笑ってるんだ。
でも、時々波のように恐ろしい混乱がくる。とても怖くて心細くて・・・」
「だから泣いたのか。さっき」
春樹はただひとつ、瞬きで返してきた。

しばらくゴソゴソしていた少女は、やっと諦めたようにバッグのファスナーを閉じ、隆也ウサギと春樹に再び笑顔を向けた。
「やっぱりお小遣い、落としちゃったのかなあ。なくなっちゃった。でも、いいや。今ユイ、おなかいっぱいだから。ねえ、あっち行こうよ、ウサギさんも、お兄ちゃんも。あっちにお化け屋敷があるんだよ。パパは昨日すっごく怖がってたんだけど、ユイは平気。今日はユイ、泣かないよ」
「ユイちゃん」

春樹は少女の言葉を受け止めるように、優しく呼びかけた。
「ママを捜そう。ね? それからにしよう?」
少女はゆっくり春樹を見上げた。

一体この少女の中には、何が起こっているのだろうと、隆也は胸の痛くなる思いで2人を見つめていた。
春樹はこの少女から、何を感じ取ってしまったのだろう。
少女が昨日父親と入ったと言っているお化け屋敷は、存在しない。
何気ない嘘なのだろうか。
でも、どうして。

「ユイ!」
突然、安堵を含んだ声が後ろから飛んできて、思わず2人は振り返った。
40歳くらいの女性が少女を見ながら、少し汗ばんだ顔をほころばせた。
「ママ! あのね、ユイ、お小遣い落としちゃったみたい。パパに叱られちゃうかな」
そう言いながらも笑顔で母親に走り寄っていく少女の姿には、なんの屈託も、悲しい陰りもなかった。

「良かったじゃん。単に、束の間の迷子ちゃんだったって事かな」
春樹の傍に寄り、隆也はそう言ってみたが、春樹から笑顔は返ってこなかった。
じっと母子を見ている春樹と隆也に気付いたのか、ユイの母親は少し戸惑うように小さく頭を下げた。
「あの、・・・娘がご迷惑お掛けしたんじゃないでしょうか」
「いえいえ、とんでもない」
隆也は相変わらずウサギのまま、大きなジェスチャーで手を振り、否定した。
「ユイちゃんは・・・」
そこで初めて春樹も口を開いた。
「ユイちゃんは、お化け屋敷を探しています。昨日パパと入ったんだと言って」

それは今、あえて訊かなければならない事なんだろうかと隆也は訝ったが、ウサギの分をわきまえ、大人しく成り行きを見ていた。
母親は静かに春樹の言葉を聞き、自分の胸に取り込んだように頷き、そして答えてくれた。

「ええ、そうなんです。昨日父親と行ったお化け屋敷にもう一度行くことが、ユイの夢なんです。去年も、一昨年も、その夢は叶いませんでした」

母親の悲しい手が、娘の頭をやさしく撫でた。


----------------------------------------------------------------------------
次回、最終話になります。
いつもの2倍の長さになってしまい申し訳ないのですが、どうぞ、読んでやってください><


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)つれづれ読書日記】へ
  • 【醒めない夢の中で 最終話 君の永遠になれ   】へ

~ Comment ~

((; ゚゚д゚゚)) ナ、ナンダッテー!? ((゚゚д゚゚ ;)) 

唯ママが言った
「昨日 父親と行ったお化け屋敷に行くことが 唯の夢」の言葉には 
やっぱり そうなのね(⌒^⌒)b うんと、納得です。
ですが、
「去年も 一昨年も その夢は叶いませんでした」って!
それって 矛盾してない?
一体全体 如何いう事なのよ~~ヾ(´д`;)ノぁゎゎ

全ての謎が明かされる 次回 最終話が、待てない!
…∑(*゚ェ゚)エッ!? 
次回が 最終ぅ~~~って 如何いう事なのよ~~
早いよ~!
次で 春樹と バイバーイ(T_T)/~~~なのね。
もうちっと 続けて欲しかったな。。。ヘコ――(ii・´_`・ii)――ン...byebye☆

けいったんさんへ 

けいったんさん、最高のリアクションをいただきました!
うん、ありがたいです。
(いや、そんな驚かす物語ではないんですが^^)

> 「去年も 一昨年も その夢は叶いませんでした」って!
> それって 矛盾してない?
> 一体全体 如何いう事なのよ~~ヾ(´д`;)ノぁゎゎ

一見、矛盾してるように思えますよね。
でも、全く矛盾はなくて。
もしかして、前回からけいったんさんは、ぜんぶ分かってて、ボケてくれてるんじゃないかとか・・・思ったっりして。ちがう? ちがってね^^ いや、どっちでもうれしい。

そう、次回はすっきりしますよ^^
ちょっと、長くなっちゃいますが。

> …∑(*゚ェ゚)エッ!? 
> 次回が 最終ぅ~~~って 如何いう事なのよ~~

そうなんです>< 次回が最後です。
私もさびしいです。
けいったんさんも? うれしいなあ。e-267

次回はじっくり、二人・・・いや、春樹と一匹の頑張りを見てやってください!!

ええーーー!??全然分かんない!! 

わあ!!なぞだあ!!めちゃめちゃ謎!!
全く見当つかないよーーー!!
すごいなあlimeさん!!!
でもって、次回もう最終回なのっ?!!!
うっわーーーーー・・・・・・
た・・・楽しみっっo(´∀`*)o
だけど、もう終わっちゃうなんて勿体無い!!!!!
エヴァQを早く観たいけど、
まだこんな早くに観たくない!みたいな??

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、ありがとうございます~~。
謎な感じ、しますか。うれしいです。

まだ、春樹も分からない事実。
次回は、「そういうことか」と、分かってくださるはずです。
ちょいと、悲しいんですが。

そうなんです。
次回で終わり。また、春樹たちとお別れです。
第5話、ちょいと長いですが、どうぞ会いにきてやってください。

エヴァQ、早く見たいーーー!
ほかにも見たい映画あるけど、「見たいけど、もったいない!」感、ありますね~~。

今週末は、風邪治して、ぜったいに見に行くぞ~。(どっち先に観よう)

 

ブリッツの第一法則
「人の小説の先やオチが見えたな、と思ったときは、必ず間違っている」

ブリッツの第二法則
「人の小説の先やオチが見えた場合、それを口に出すまでは正鵠を射ている」

ブリッツの第三法則
「なんであれ、めったなことはいうもんじゃない」


法則に従い、先読みはしないことにします(笑)
  • #7732 ポール・ブリッツ 
  • URL 
  • 2012.11/20 17:41 
  •  ▲EntryTop 

ポール・ブリッツさんへ 

おお~、ポールさんが、先読みしないなんて。

ポールさんの法則、おもしろい^^
でも、今回はきっとポールさん、わかってると思うんだけど。(あえて言わないでいてくれるんですね)

今回は、実はここを謎にしたくはなかったんですよ。
春樹たちの心の行き先をテーマにしたかったもんで。

謎が分かった瞬間に、読者の興味が薄れるのは寂しいですもんね。

『私の物語は、すべての謎が解けてから始まる。』・・・っていう、コピー、どうですか?

そんな物語を目指します。・・・短編ではむりか。

NoTitle 

うおっ!思っていた展開と違うぞ!!

最終回が楽しみになってきた!!

風邪直してから書いてくださいね☆

kaziさんへ 

> うおっ!思っていた展開と違うぞ!!

え? そうなんですか? すっかり読まれてるもんだと思いました。
もしよかったら、今度、どんな想像をしていたのか、教えてください。
とても参考になると思うので。

この少女については、本当はそんなに謎にしたくなかったのですが、一番のポイントっぽくなっちゃいましたね。
本当に描きたかったのは、最終話なのです。
今でも、ちょっと悩んでいます。

> 最終回が楽しみになってきた!!

ありがとうございます。
けっこうベタな展開だと思うのですが、温かく見守ってやってください。

> 風邪直してから書いてくださいね☆

ありがとうございます! 風邪を治すのが、一番難しそうですね^^;

NoTitle 

ウサギの分をわきまえ、大人しく成り行きを見ていた。
・・・小さい子どもでも分をわきまえる。空気を読むというのはしますよね。
それが心の中に積もって、歪んでいく・・・のもありますよね。
タイトルの叶わない夢は人に夢とかいて儚いの如くですね。

NoTitle 

体調はいかがでしょうか?
忙しいときは、風邪はなかなか治りませんから、しっかり治るまで無理なさらないでくださいね。

最終話と聞いて、そうだ短編だったのだと思い出しました。
そっかぁ、もう終わってしまうのは残念です。
全くもう。
久しぶりの春樹に肩入れして読んでしまった私が、可哀想じゃないですか(笑)

NoTitle 

醒めない夢は、叶わない夢、だからなのでしょうか。

むむ。ここは春樹と隆ウサに全権を任せた。

LandMさんへ 

> ・・・小さい子どもでも分をわきまえる。空気を読むというのはしますよね。

いますねえ。なんだか、悲しくなるほど大人の顔色を伺って、空気を読もうとする子。
とてもいい子だと思うし、とてもかわいそうだなと、思ってしまいます。
(私は、まるっきり空気を読めない子だったので、反省しきり)

> タイトルの叶わない夢は人に夢とかいて儚いの如くですね。

おお、本当ですね。
夢を見ること・・・儚いこと。そうなのか・・・。
悲しいですね。
夢、叶えてあげたい。
そして、私の夢も、誰か叶えてーー(おいおい何の便乗)

ごろちゃんさんへ 

お気遣い、ありがとうございます。
家にある風邪薬を、(よくわからないけど)ありったけ飲んで、少し楽になりました。
あとは咳と鼻水との戦いです!
職場に、「風邪なんか、引かないでよね。忙しいのに」という鬼上司がいますので、なんとか早く治します!
(この人のせいで治らないのかも><)

そうなんです。
今回は、短編でした。
こういう短編は、区切らずに一気読みしてもらったほうが、テンポ的にはいいんですが、
ブログの悲しいところ。
小出しに読んでもらってます^^

> 全くもう。
> 久しぶりの春樹に肩入れして読んでしまった私が、可哀想じゃないですか(笑)

叱って、叱って~~(って、Mか。いいえSです)
春樹に肩入れしていただいて、猛烈にうれしいです。

最終話、ベタな展開になるかもしれませんが、どうぞ春樹たちに会いに(お別れに)来てやってください。
ちょっと長いですが、ゆる~い気持ちで読んでいただけるとうれしいです。

けいさんへ 

> 醒めない夢は、叶わない夢、だからなのでしょうか。

それとはまた、ちょっと違う、悲しい事情があったり、なかったり><
叶えてあげたくても、永遠にかなわない夢・・・。なのです。

> むむ。ここは春樹と隆ウサに全権を任せた。

はい! 任されましたよ、お二人。・・・いや、春樹と一匹。

隆也「俺、どんだけウサギ扱いよ!」
春樹「ウサギで良かったって、言ってたくせに(第1話で)・笑」

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、こんばんは。
はい、次回で、ぜんぶわかります。
短い物語でしたが、最後まで楽しんで行ってもらえたらうれしいです。

あ、UPされたんですね。
さっそくおじゃまします。
拍手コメ、書きにくいでしょう??
こちらの普通のコメの鍵コメを、ぜひご利用くださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)つれづれ読書日記】へ
  • 【醒めない夢の中で 最終話 君の永遠になれ   】へ