「白昼夢 」
第2話 扉

白昼夢 第二話 扉(1)

 ←気まぐれ猫Mac、堅実犬Win →白昼夢 第二話 扉(2)
mikel1.jpg

家に向かう路地を歩きながらマキは腕時計を見た。AM5:35。
明け切っていない街に高校の制服姿のマキは少し場違いな感じがした。
昨夜ネットカフェに泊まったことをまた母に問いつめられるのかと思うと気が滅入った。
なんとか顔を合わせないように部屋に駈けあがろう。
そんなことをずっと考えながら、寒々としたアスファルトをただ見つめて歩く。

ふいに視界に入った黄色い猫。
野良猫のマイケルだ。
いつもは人なつっこく穏やかなマイケルが、今日は何かを見つめてじっと動かない。

(なんだろう)

その視線の先の袋小路になった一角に一人の男が立っていた。
黒っぽい服を着た背の高いその男は、マイケルを見つめて微動だにしない。
肌寒い朝だというのに首筋にうっすら汗をかいている。

(この人、猫が怖いのかしら)

まさかと思いながらマキは黄色い猫を呼んだ。
「マイケル、おいで」
のっそりとこっちを向き、低くニャーと鳴いてからマイケルはこっちに歩いてきた。
呪縛から解かれたように目を閉じて男はハァ~と息を吐き、マキをちらりと見た。

(・・・この人、猫が怖いんだ)

寝不足と疲れのせいもあったのだろう。何ともいえない可笑しさが込み上げてきて、
マイケルを抱き上げながらマキは声を出して笑ってしまった。
通りすがりの人を笑うなんてこんな失礼なことはない。
それでもクスクスとマキはいつまででも笑った。
男はバツが悪そうにくせのある髪をかき上げると、マイケルを見ないように注意しながらマキの横を通り過ぎた。
すれ違うときマキに小さく「ありがとう」と言って。

まだ薄暗い夜明け前。
結構背の高いその男の後ろ姿を見つめながらマキは「変な人」とつぶやき、
マイケルをギュッと抱きしめた。
湿ったコンクリートのにおいがする。

「マイケル、今夜は何処をうろついてたのさ」
マキの意識のスイッチがONに入る。
とたん、マイケルの記憶の断片がマキの意識に流れ込む。
ノイズの混ざったモノクロのスライド写真のようにマイケルの記憶の映像がマキには見える。

いつの頃からだろう、この特殊な能力に気がついたのは。
素肌で人や生き物に触れると断片的な記憶の映像や感情がマキには読みとれてしまう。
今ではONとOFFを切り替えられるようになったが、この能力のおかげで辛い思いをいっぱいした。
今は記憶を読むのはマイケルだけにしている。

「またミーコを追っかけてたんだね。これじゃストーカー猫だよ。・・・・・あれ?」
マイケルの記憶の中に暗闇で蠢く人影が見えた。
TVでよく見る赤外線暗視カメラの映像のようにマイケルはその人物を捕らえていた。

さっきの男だ!

近くのマンションの入り口のオートロックをカードで解除しようとしているのだが、
明らかに普通じゃない。
何か機械のような物を差し込んで不正にロック解除しようとしているのがわかる。
ロックが解除されると注意深く辺りを確認して男はその中に消えていった。

(泥棒なの!?)

その後の記憶は曖昧で、マイケルの視線でのマンション裏の散策映像に変わり、その後はさっきマキが見た場面だった。
この辺りをうろついた後、再びマイケルはあの男に出くわしたのだろう。

「ふーん。おもしろいじゃないの、マイケル。わくわくしてきた」

じわじわと明けてくる空。
さっき男が立っていた場所に光るものを見つけてマキは近づいてみた。
シルバーのクロスのペンダントだ。
誰かの肌を放れて時間が経っていないのが温かさでわかる。

朝の光にキラリと光るそれを拾い上げると
マイケルを高い位置からポンと降ろして、マキはニヤッと笑った。

◆ Image graphic by lime

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【気まぐれ猫Mac、堅実犬Win】へ
  • 【白昼夢 第二話 扉(2)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

こんにちはー

まずは白昼夢から読みたいと思い
第一話からここまで再読しました。

つい面白半分で、開けてはいけない扉を開けようとしているのかも。
マキの好奇心が災いになりそう。

ポチして帰りまーーす。

ぴゆうさんへ 

また「白昼夢」から読んでいただけるとは!
その節は、コメントを戴いたのに、なかなかそちらにコメを書きに伺えず、失礼しました。

私が4年くらい前に初めて書いた作品です。
ブログUPするつもりは無く、友人数人に読んでもらうために書いた作品で、第1話で終わる予定でした。
こんなに長くなり、ブログでいろんな人に読んでもらえるようになって、幸せです。

私の作品は長いし、シリーズ化してるので、お好きな部分だけチョイスしてくださいね♪

では、マキと一緒に、禁断の扉を開けてください^^

NoTitle 

やはりね。
練れてる作品だと思いました。
まったく無駄がない。
とてもすっと入ってくる。
蘭は白昼夢を話す時はエキサイトして話してくれます。
それだけすごい作品。
わたしも楽しみに通わせて頂きます。
ヨロシクニャンv-283

ぴゆうさんへ 

う、うれしいです~。
初めて書いた作品で、自分では出来のほどがわからなくて。
でも、蘭さんにも、とっても愛されて、幸せな作品ですe-267
え、蘭さんが、白昼夢のことを語ってくださってたんですか?
蘭さん~~。
ハグしに行ってこようかな・笑

ぴゆうさんにも気に入っていただければもう、感無量です。
決して明るい作品では無いのですが・・・。いいですか?←小心者

コメント、ありがとうございました♪

うう、今日は時間がなくて… 

とりあえず、触りを触りました(←うおぅ! 相変わらず変な日本語!!!)。
マキさんの能力、万能で便利で、切ないですな~
いや、物語に使う場合です。fateは要りません。っていうか、そういう能力のある方には近づけません!(力説!!!)あまりにヤバすぎて(fateがな(--;)。

limeさんの陽さんへの思い入れ、なんとなく分かります。
自分の‘核’となる人物っていますよね。性別も年齢も関係なく。もしかして、fateの場合は人間ですらない場合もあるし。
で、fateの場合、誰? と考えたら、ほぼ全員に投影されているかも、という気がしました(^^;
だって、同一人物? ってくらい、人物って似てるじゃん、って感じで。(意味ね~)

それは置いといて。
こういう場合、彼ならどう答え、どう行動するか? その世界はものすごい無意識に近いですね。
それが『陽』さんであるということは、彼は、limeさんを導いてくれる‘アニムス’に近い存在だと思います。
彼は、宝物を持ってますよ、それも、limeさんにだけ充てた、とっておきの!

と、いうことを考えつつ、陽さんの世界を漂ってみたいと思います(^^)


fateさんへ 

時間が無いのに、来ていただいて恐縮です!
いえいえ、もう、本当にゆっくりのんびり遊びにきてくださいね^^

私もなかなか時間が取れず、コメを書けずに終わる日が多くて。申し訳ないです。

陽への思い入れ、感じてくださって、嬉しいです。
陽は、私に欠けているもの、すべてを持っているんです。
fateさんのコメ、まさにその通りだと思いました。
彼は「導いて」くれる者。です。

本当は、この物語の最後らへんで、ある人物に言わせる言葉なんですが、陽の存在は「浄化」。
私にとっては、そうなんです。

でも、もちろん陽は、完全な人間じゃないんです。
その、欠如した部分。それを、この物語で提示し、相棒の坂木に苦悩を押し付けたいと思っています^^

fateさんは、陽と坂木、どちらを気に入っていただけるかな。
そんなことも楽しみです^^

あ、忘れてた、マキの能力(笑
サイコメトラーというんですって。読者様に教えてもらいました。(あるんですね、そういう定義が)
これは・・・絶対いらない能力ですよね!

実は、マキと同じ能力の男の子が主人公の物語も書いています。
もう・・・壮絶です。
触って人の心を読めるキャラが、その能力を使って事件を解決するドラマがありましたが、
あんなの嘘っぱちだと私は思うんです。
きっと気が狂ってしまう。

その物語は、もう書き終えてしまったんですが・・・こっちが気が狂いそうに苦しかったです^^;

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

2話目、ありがとうございます。
そうなんです、ちょっと変わった能力者の登場です。

また、彼女を通して、陽を探って行ってほしいなと、思いまして。

いつもありがとうございます。
休日にはKさんのところ、読みすすめたいとおもっています。
読みやすくなって、良かったです^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【気まぐれ猫Mac、堅実犬Win】へ
  • 【白昼夢 第二話 扉(2)】へ