醒めない夢の中で (K.O.続編1)

醒めない夢の中で 第3話 奇妙なズレ

 ←醒めない夢の中で 第2話 少女 →(雑記)つれづれ読書日記
「ユイちゃんユイちゃん、すぐそこにソフトクリーム屋さんがあるよ~」
すっかりウサギに成りきった隆也が、おどけた仕草で少女に教えた。
「ほんとだ! ユイ買う! バニラとチョコ、どっちにしようかなぁ」

5人ばかりの客が列を作っている、そのソフトクリーム屋台の前で、少女は再び花が咲くような笑顔を見せ、斜めがけの小さなショルダーバッグの中を、ゴソゴソ探り始めた。
きっと財布を探しているのだろう。

「なあ春樹、この子、今日は1人で来てるのかな。昨日はパパと来てたみたいだけど」
「それがね、ちょっと妙なんだ」
「妙って?」
隆也がそう訊きかけたとき、ソフトクリーム屋の屋台の中から、ソフトクリーム屋にはちょいと似つかわしくない、革ジャンに厳ついあごヒゲの男がヌッとこちらに身を乗り出してきた。

「あれ? 春樹じゃん。今日はフリー? 可愛子ちゃんと妙ちくりんなウサギ連れて、どこ行くの」
「あ、美木。うん、ちょっとそこで知り合った子なんだ」
「ナンパ? それとも子守り? それよかさ、寄ってってよ。春樹だったらいっぱいサービスするよん」

・・・何だこいつは。妙ちくりんなウサギで悪かったな。春樹はフリーでも子守りでもないぞ。サービスったって、そんなにソフトクリームばっかり食えるか!
妙に馴れ馴れしい声を出す革ジャン男に、隆也は身勝手な不快感を覚えた。
そんな隆也の憤慨をよそに、春樹は静かに美木の方に近づき、身を乗り出して小声で訪ねた。

「ねえ美木、今年って、どこかでお化け屋敷やってたっけ」
「お化け屋敷?」
革ジャン男、美木も、同じく声をひそめて答える。
「いいや。お化け屋敷って、うちの軽音部と演劇部が毎年合同でやってた目玉イベントだったんだけど、3年前の準備中にセットの通路の壁が倒れて学生が大怪我しちゃったらしくてさ。それから取りやめになっちまったんだって。苦い伝説だよ。ま、俺の入る前の話なんだけど」
「それからずっと、やってないの?」
「そうだよ。大講堂横の小ホール、今年も使われないままさ。使わないんだったら、軽音の屋内ライブハウスにしたいとこなんだけど、許可してくんねえの」

春樹は美木の話を聞き終えると視線を隆也に戻した。
お化け屋敷は、やっていない。今日も。もちろん、昨日も。

「ねえユイちゃん。今日はここに、おうちの人と一緒に来たんだよね。・・・はぐれちゃったのかな?」
春樹が姿勢を低くし、優しくユイに話かけたのと同時に、一心不乱にバッグの中を探していたユイが、悲しげな目を春樹に向けて来た。

「お小遣いが、ないの。昨日パパがくれた、お小遣いも、お財布も無いの。ちゃんとカバンに入れておいたのに・・・」
そう言った後、必死で不安を堪えるように少女は唇を一文字に結び、藁をも掴むように伸ばした手で、春樹の手を再びキュッと握った。

隆也はその後の光景に、一瞬鳥肌が立った。

てっきりお金を落としたらしいその少女が、そこで泣き出すのだと思っていた。
けれど瞳を見開き、声もなく大粒の涙を流したのは、春樹だった。
少女にしっかりと手を掴まれ、その少女に跪く形で春樹はただ、身じろぎもせずに泣いていたのだ。

行き交う人々も、先ほどの美木という青年も、この光景に少しも気付かず、依然としてさっきまでの慌ただしい時間の流れの中に居る。

少女と春樹と、そしてその2人を見ている自分だけが刹那、世界から切り離されてしまったように感じた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【醒めない夢の中で 第2話 少女】へ
  • 【(雑記)つれづれ読書日記】へ

~ Comment ~

NoTitle 

……ふむ。
なんかこういうのって……すごい感じたくないですが
切り離されるって……さびしいことですよね……。

NoTitle 

しまった!!
先を読んでしまった・・・
こういう話、梶は弱すぎてダメです(涙)
救ってあげられないもん・・

レルバルさんへ 

そうですよね。
本当に。
なんにしたって、混ざって、ほんわりしていたいもんです。
・・・なんか、るるさん、寂しいんですか!!

kaziさんへ 

> しまった!!
> 先を読んでしまった・・・

なんとなく、先が読める感じがしますよね、今回><
いや、まだまだ、もうちょっと迷宮に入り込んでもらいます。

> こういう話、梶は弱すぎてダメです(涙)
> 救ってあげられないもん・・

悲しい物語を想像させますよね>< 
でもでも、救いのないお話には、したくありません^^
テーマは「悲劇」ではなく、「心のベクトル」の物語です。

この先、できれば最終話を、ぜひ読んで頂きたいと、願います!(お、今回は強制的だ・・・)

 

ユイは目を覚ました

「ああ、夢だったんだ。怖い夢だったなあ」

ー 完 ー

(笑)
  • #7697 ポール・ブリッツ 
  • URL 
  • 2012.11/15 10:49 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

おっと、時空の中でぽっかり浮かぶ三人、もとい、二人と一匹。

お化け屋敷、やってないんだ。ふむ。
パパ・・・私がつぶやくと、妙ちくりんだ (すみません)

春樹の流した涙がどこに流れていくのか、おとなしく次回を待ちます。

 

ジョークはおいといて、ユイちゃんはスーパーナチュラルな存在なのですかねえ。

もしかしたら、ユイちゃんのほうが現実なのかもしれない、と思えてきたヒネクレ者(^_^;)
  • #7699 ポール・ブリッツ 
  • URL 
  • 2012.11/15 16:41 
  •  ▲EntryTop 

ポール・ブリッツさんへ(1) 

> ユイは目を覚ました
>
> 「ああ、夢だったんだ。怖い夢だったなあ」
>
> ー 完 ー

もう~、ポールさんは、コメントに困るとすぐ夢オチにするうo(`ω´*)o
あ、でも、そういえば、そんなタイトルですもんね。うまい。くやしい~!><

けいさんへ 

> おっと、時空の中でぽっかり浮かぶ三人、もとい、二人と一匹。

そうそう。二人と、妙ちくりんな一匹。
実は美木、ウサギの中身は、マサとだと思ってるから、あんなひどいことを言いました(裏話)

> お化け屋敷、やってないんだ。ふむ。
> パパ・・・私がつぶやくと、妙ちくりんだ (すみません)

そうなんです。お化け屋敷、今日も昨日もやってないです。
妙ちくりんです。(これって、方言じゃないですよね?)

> 春樹の流した涙がどこに流れていくのか、おとなしく次回を待ちます。

ありがとうございます! そう。ここ注目です。春樹の涙は、どこにつながるか。
次回はまだまだ霧の中ですが、最終話は、すぺっしゃるです><

ポール・ブリッツさんへ(2) 

> ジョークはおいといて、ユイちゃんはスーパーナチュラルな存在なのですかねえ。

すーぱーなちゅらる!(って、なんだろ。超自然?ですか?)
おお。この時点では、まだバレてないのかな?

> もしかしたら、ユイちゃんのほうが現実なのかもしれない、と思えてきたヒネクレ者(^_^;)

ユイちゃんは、まったくの現実です^^
このお話、けっこうシビアで、遊びのない話だったりして・・・。
次回、わかっちゃうかな?

うら めしや~ おもては 何屋…? 

昨日どころか ここ数年してない おばけ屋敷!
これって 如何いう事なんでしょうか?
もしかして
ソッチ系の話しなの~ d( ゚ω゚;)ブルッ

でも 少女と お手手を繋いだ春樹は泣いてるし…
~~~~~m(;--)m(;°0°) トリツカレタ!?...byebye☆


NoTitle 

腕の見せ所でんなぁ(^^)/
勝手に妄想してるだけなのでお構いなく!!
読ませてまらいまっ!
ってエラそう(^_^;)

けいったんさんへ 

> 昨日どころか ここ数年してない おばけ屋敷!
> これって 如何いう事なんでしょうか?
> もしかして
> ソッチ系の話しなの~ d( ゚ω゚;)ブルッ

ユイちゃんが、そっちの人だったら、ちょっと怖いですね~><
春樹、しっかり手を繋いじゃってるけど・・・。
何を見たんでしょう。

でも、お化け屋敷に行きたがる幽霊って・・・。新しいかも。

次回もまだ、ユイちゃんのこと、はっきりしませんが、あと二話! よろしくです!

kaziさんへ 

また来ていただいて、うれしいです~。
何度でも来てください(って、なんの誘い)

腕の見せどころ~~!?ですか!(p・Д・;)アセアセ

ある意味、すごくベタな展開かもしれませんが、気楽な感じで読んでやってください^^
(ドキドキ)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

いえいえ。
気になさらないでくださいね^^
わざわざ、すみません><

拍手鍵コメnさんへ 

こんばんは~。

>謎の少女と春樹の澄んだ華奢な雰囲気、、二人のにぎやかな学園祭から切り離されたような空気感、読んでいてどんどんイメージが膨らんであっという間に読んでしまいました

ありがとうございます^^
この、ぽっかりと遮断されたような奇妙な感覚、伝わってうれしいです。
春樹が人に触れるとき、まさにそんな感覚なんでしょうね。
でも、きついだろうなあ。全身で人の意識に入り込むって><

あと二話。どうぞ、彼らを見守ってやってください。

NoTitle 

世界っていうのは意外に切り離されているものですよね。
確かに、遊園地などでも沢山の人がいて、
それぞれの人がそれぞれの人生を過ごしているのですが。
本人にとって、それは関係ないのであって。
単なる通行人としか思わないわけであって。
そういった意味では切り離されていると感じる場面は誰でもあるなあ・・と感じました。比喩的な表現ですけどね。

LandMさんへ 

そうですね。
周りに人がたくさんいるかどうかって、孤独であるかそうでないかには、関係ないのですよね。
歌の歌詞にもあったなあ~。
こんなにそばに居るのに、一人だと感じることが、悲しい・・・って。何の歌詞でしたっけ。

人間は、孤独なものですよね。
この物語は、さらにもっと、孤独な少女の物語です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【醒めない夢の中で 第2話 少女】へ
  • 【(雑記)つれづれ読書日記】へ