醒めない夢の中で (K.O.続編1)

醒めない夢の中で 第1話 学園祭のドッキリ

 ←醒めない夢の中で 【あらすじ】 →(雑記)夢の検証、脳の不思議
パンパンと両手を叩き合わせてみたら、モワッと白いホコリが舞い上がった。

「うへぇー」
隆也は顔をしかめながら小さく呻いた。
けれどその表情を誰かに見られることは、絶対にない。
そのあと隆也は、目の前の校舎のガラス面に自分の姿を映し、「おっ。いいね」と呟き、今度は満足げだ。

11月初旬の青い空。心地よく乾いた空気。
春樹の居るK大の学園際に潜り込んだ今日の隆也は、どこからどう見ても、一匹の『可愛いウサギちゃん』だった。

隆也が着ているこのピンクのウサギの着ぐるみは、一週間前に、隆也が自分の大学の学園際の催しで、演劇部に借りたものだった。
本来ならばもう返却しなければならなかったのだが、催促されないのでずっと隆也のアパートに置いたままになっていた。
そして今朝。
そのウサギを見ながら隆也は、あるイタズラを思いついたのだ。

本日は春樹の大学の学園祭の2日目。3日連続の祭りの中日だ。
こっそり大学内の春樹を見つけ、着ぐるみのまま忍び寄り、いきなり飛びついたら奴はどんな顔をするだろう。
押し倒してのしかかったら、いつも穏やかなあいつも、慌てるのだろうか。
バラした時の怒った顔もまた一興。
隆也は、まるで中学生レベルの自分の思いつきにニヤニヤしながら、着ぐるみという大荷物を抱えてK大の門をくぐり、木陰でウサギに変身したのだ。

春樹とは、メールのやりとりは頻繁だったが、互いのゼミの課題やバイトが忙しく、実際に会うのは月に2、3回だった。先週の隆也の大学の学園祭には遊びに来てくれるものだと思っていたのに、見事にすっぽかされた。
今日は、その腹いせも込みのイタズラだ。

それにしても。
もう11月だというのに、この日は季節を間違えたかように、パワフルな太陽が照りつけている。
たくさんの学生やビジターでごった返す大学敷地内を歩きながら、しだいに隆也は『やばい』と思った。
このままフラフラ歩いて、はたして春樹に出会えるのだろうか。
午前中は友人のサークルの手伝いで、正面ゲート付近のホットドッグ屋台に居ると言っていたが、姿が無かった。
校庭の時計を見ると、もう12時を少しまわっている。しくじったか?

ジワジワと着ぐるみ内の温度は着実に上昇を続けている。
春樹に出会う前に、熱中症で倒れたりしたらシャレにもならない。
ときたますれ違う小さな女の子の、「うさぎちゃんだー」という無邪気な声に応えて手を振りながら、隆也はかなり必死になっていた。

携帯で居場所を訊いてしまったら意味ないしなあ、と考えあぐねながら中央ストリートの端っこまで来た時だった。隆也はやっと目指す友人の姿を見つけ、着ぐるみの中で、人知れず安堵の笑みを浮かべた。

相変わらずの細身の体に、トレードマークのツヤツヤした絹の髪。スッと伸びたモデル並みの長い首が、今日のジャケット姿を更にスタイリッシュに感じさせている。
純日本人体型の自分とはえらい違いだと、見るたび思うが、今日は自分が「ウサギ」なので、ちょっと劣等感は薄い。
ウサギで良かった。

しかし、目の前の春樹を見ながら、隆也は首を捻った。
少しばかり、様子がおかしい。
斜め向こうの人の波の方に視線を向け、ボンヤリして突っ立っているのだ。
誰かを捜していると言うより、何かに驚いているように感じた。

けれど、それをおもん慮る余裕は隆也にはなかった。
一刻も早く計画を実行に移さねば、体が持たない。
隆也はポフポフと足音も立てずに春樹の背後から近づき、ぼんやりしているその背中にガシッと飛び付いた。

「・・・あ」
しかし春樹はチラッとこちらを見ただけで、特に大きな反応は見せず、またぼんやりした視線を人混みに移した。
《えーーっ》
失望しながら隆也は尚もガシガシと春樹の体を揺さぶってみた。
着ぐるみの布の上からでも、頭の中を読み取れるようになっちまったのだろうか、こいつは。と、少し慌てながら。

「ああ、もう。分かったから、やめろってば、マサト」
気だるい口調で、その唇が動いた。
《・・・マサト?》
隆也はピタリと動きを止めた。

「ねえ、マサト。さっきの女の子・・・見たろ? あっちに行ったよね。あの子」
《女の子?》
「気になるんだ。・・・ね、ちょっとマサトも一緒に来てよ」
いきなり春樹に着ぐるみの腕を掴まれ、訳も分からず隆也は屋台でごった返す人混みの中を引っ張られながら歩いた。
丸い頭の通気口からは、焼きそばや、焼き鳥の匂いが流れ込んでくる。
空腹と謎のマサトが、隆也の頭を巡る。

「やっぱり、見つかんないね、あの子」
「なあ、いったい誰、捜してんの?」
もうどうせドッキリは失敗だ。もういいや、と思いながら隆也は喋ってみた。
声がくぐもって、別人の声のように響いた。

「さっきの女の子だよ。マサト、見てなかった? 僕の前で躓いて転けそうになった子。かわいい女の子だった」
「気になるのか?」
「うん」
「いくつぐらい?」
「9歳か、10歳」
「春樹、おまえ、そんなちっちゃい子がいいのか?」
「いや、そうじゃなくて・・・。あ、ほら、あの子だ」
春樹は急に立ち止まり、小さなビジターの為の金魚すくいコーナーを指さした。

そこには確かに小学校中学年くらいの少女がいた。
ストレートの髪を肩まで伸ばした色白の可愛らしいその子は、しゃがみ込んでニコニコと水槽の中の金魚たちを覗き込んでいる。
「あの子がどうかしたのか?」
「いや、さっき助け起こした時にね・・・」
「助け起こした時に?」
「・・・あ、・・・いや、いいんだ、ごめん」

なるほど、そう言うことかと、隆也はニンマリした。
「その時手が触れて、何かを読んじゃったのか? 春樹」

春樹はハッとしたように振り返った。
春樹にとっては、いきなり目の前の人物が、〈マサト〉から不気味なウサギに変わった瞬間だろう。
隆也はやっと満足した。ドッキリは成功だ。

「気をつけないと、ロリコンだとか思われちまうぞ、春樹」
「・・・マサトじゃないのか?」
キョトンとする春樹の顔が楽しかった。
「誰だよ、それ。この大学にはマサトっていうピンクのウサギが居るのか?」
隆也は、そろそろ許してやるかとばかりに、着ぐるみの大きな頭をスポンと外し、それを小脇に抱えた。

「隆也!」
「いかにも。 隆也だ。・・・つーか、何で気付かないんだ?」
「隆也・・・」
「うん。俺だって」
「ごめん、隆也。ちょっと、触らせてもらっていい?」
「は?」

良いも悪いも、そんな返事をする間も与えられず、隆也はすっかり汗ばんで火照った顔を、春樹のヒンヤリとした両手の中に、包み込まれた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【醒めない夢の中で 【あらすじ】】へ
  • 【(雑記)夢の検証、脳の不思議】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメyさんへ 

yさん、さっそくありがとうございます(^o^)

> ストーリーも、興味津々だけど、ほうぼうにちりばめられている
> 若くて、上品なセンスが、素敵です。。。
>
> 人柄の温和さが伝わってくるし、ある意味おしゃれでもあって、
> このブログの全体は、ほっとするのですよ^^。

おおお♪ 嬉しいです。(すみません、鍵コメなのに、引用しちゃいました)
長編は、けっこうシリアス系が多いので、この短編は、ほっこりと行きたいと思って作りました。
彼らを知ってる方も、知らない方も、楽しんでいただけたらうれしいなあ~と思います。

へへへ。
純で気のいい男の子たちを描くのは、楽しいですね。
実際のこの年齢の男の子たちって、喋ってみると、本当に幼くって、可愛いんですよね。
女の子は、早くに成熟しちゃうけど、少年は、ゆっくりと大人になるんだなあって感じます。
どうぞ、まだ大人になりかけの、彼らの様子を、覗いてやってください^^

おお! 始まった。 

着ぐるみとは、隆也ってば良い手を思いつきましたね。
変装くらいでは、うっかり触ったらドッキリにならないですものね。
マサトは出てくるのでしょうか。どんな奴なのか気になります。

こんにちは 

久しぶりだけど、すっと懐かしい世界に入れましたよ。

いいですねー
ちょっとしたコンプレックスをうさぎに隠して近づくあたり。
隆也ってこんなに可愛かったかしらとニンマリしています。

短編とはいえ、久々の二人にlimeさんが楽しんでおられる雰囲気が伝わります!

マサトって誰だよ! /(≡ ̄ x  ̄≡#)\ by隆也 

┏(゚ェ゚) アレ?
もう ピンクのウサギさんの登場ですか?
しかも 被り物で 中身は隆也とは!(笑)

もっと 可愛いシュチュエーションを想像してたのに
少女の服や リュックの 何処かに ピンクのウサギのアップリケとか、髪飾りとかね♪
ちょっと残念…( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ♪

春樹が気になる女の子
彼女に触れた時 何を知ったの?
ウサギさんも気になるって! 
さぁ limeさま、お答えを どうぞ♪o(∪・ω・=)⊃...byebye☆

しのぶもじずりさんへ 

ようこそ、学園祭へ^^

> 着ぐるみとは、隆也ってば良い手を思いつきましたね。
> 変装くらいでは、うっかり触ったらドッキリにならないですものね。

偶然だけど、上手いドッキリですよね^^(手前味噌)
そうそう。「だーれだ」とかベタないたずらは、春樹には通用しないですもんね(やらないか^^; いくら隆也でも)

> マサトは出てくるのでしょうか。どんな奴なのか気になります。

ふはは。マサトはたぶん、出てきません。永遠に謎のマサトなのです(⌒_⌒)

ごろちゃんさんへ 

> 久しぶりだけど、すっと懐かしい世界に入れましたよ。

うれしいです~~~^^
忘れられてなかったのですね。よかった!

> 隆也ってこんなに可愛かったかしらとニンマリしています。

へへ。本編では、いつもいっぱいいっぱいでしたからね。(空回りして^^;)
本当は、ガキで、お茶目な奴だったのです。
相変わらず、ウザイし、コンプレックスなんか感じちゃってますが^^

> 短編とはいえ、久々の二人にlimeさんが楽しんでおられる雰囲気が伝わります!

うおおお~~。バレましたか><
作者が楽しんじゃったらダメだとは思いつつ。
今回は、子供らに会えた気分で、楽しんでしまいました。
隠してたのに、ごろちゃんさんに、バレてしまったーー。i-201

けいったんさんへ 

ははは。マサトって、誰なんでしょうね! 作者が一番、知りたいです(((((°°;)

> もう ピンクのウサギさんの登場ですか?
> しかも 被り物で 中身は隆也とは!(笑)

え~~!ごめんなさい。そんな、ひらひら、ふわふわの、ピンクのうさぎちゃんを想像されてたなんて!
ええ。ええ。隆也ウサギですよ~~~^^(爆
本人は、とても自分で可愛いと思ってるみたいなんですが。
だ・・・だめですか!ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)i-201 隆也に、ダメだししときます!

> 春樹が気になる女の子
> 彼女に触れた時 何を知ったの?

え? もう、私に答えろって??
ふふふ。
あのですね~~。春樹は、何かを「見た」んじゃ、ないのです!
ああ、バレちゃうかな??

ピンクのうさぎさん、最後まで出てきますので、応援してやってくださいね^^
(中身は隆也ですが)

NoTitle 

助け起こしたときに、うんうん、どうしたのかなぁ?
相変わらずの春樹にほっとしたりして。

お茶目な隆也。無事にドッキリが成功して良かったね。
一緒にニマニマしちゃいました。

隆也から何が読めるのでしょうか。
てか、ロリコン春樹ですとぉ~~? (すいません)

けいさんへ 

けいさん、いらっしゃーい。

> 助け起こしたときに、うんうん、どうしたのかなぁ?
> 相変わらずの春樹にほっとしたりして。

助け起こした時に、うっかり触っちゃったんでしょうね。
春樹、脇が甘いww

> お茶目な隆也。無事にドッキリが成功して良かったね。
> 一緒にニマニマしちゃいました。

相変わらずというか、まだまだガキっぽい隆也です^^;
紆余曲折あって、なんとか成功! 相変わらず、うざいです><

> 隆也から何が読めるのでしょうか。

そうそう。なぜ、春樹は隆也に触ったのか! も、次回わかります。
春樹、結構焦ってます、今。

> てか、ロリコン春樹ですとぉ~~? (すいません)

春樹・・・もしや、本当に・・・だったら、それはそれで、面白いかも (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

拍手鍵コメPさんへ 

え? コメ欄、書き込めませんか?
どうしたんだろう。
ついさっき、けいさんのコメは、ちゃんと受け取れたのに。
すみません~、またもう一回、トライしてみてください><(汗

NoTitle 

隆也みたいなドジな友達ほしかったなぁ。

梶が周りからは、隆也のような扱いだったもので(笑)

kaziさんへ 

梶さんは、隆也タイプだったんですね(笑
誰かをひっかけようとイタズラを仕掛けるタイプかな?w
でも、そういう子供っぽい人は、愛されキャラですよね。
男の子達のそういう友達関係って、いいな~~って思います。

嬉しい新連載 

ん?昨夜書いたコメントが反映されていない:(;゙゚'ω゚'):
なんか失敗しちゃったみたい。
ご無沙汰してます。
久しぶりだから、ぜいたくに「雨猫」一気読みだ~って
勇んで来たら、なんと新連載。
しかもあの二人、あぅ、やっぱりこっちから(笑)
隆也ったら相変わらずお茶目でかわいい。
「マサトって誰だよ!?」って隆也ぜったいむっとしてる。
ヤキモチで。
私も(笑)。
隆也も私も知らない子って、どういうこと(爆)

NoTitle 

ウサギは脱げないですからね。夢をぶち壊しにしちゃうので。
まあ、子どもは勿論、大人も一気に現実へと引き戻すスーパーアクションですからね。遊園地やディズニーも大変ですね。夏は。そういえば、着ぐるみのバイトは夏がかなり高く設定してありますよね。

Happy Flower Popさんへ 

> ん?昨夜書いたコメントが反映されていない:(;゙゚'ω゚'):
> なんか失敗しちゃったみたい。

あわわ~~、そうだったんですか><
昨日は、FC2の不具合で、コメが送れない(届かない)ことが度々あったみたいで、びっくりしています。
URLを書かなかったら届くよ、という声も聞いたんですが、Happy Flower Popさんのコメが届いて、ホッとしています^^

> 久しぶりだから、ぜいたくに「雨猫」一気読みだ~って
> 勇んで来たら、なんと新連載。

きゃあ~、嬉しいです。ええもう、お好きな所から、どうぞ。
雨猫も、いつか、お時間のあるときに読んでやってください^^
新連載、はじめちゃいました。
でも5話で終わる、みじか~~いお話です。

あの二人に、さっそく(私が)会いたくなってしまって・・・申し訳ない感じです。(終わったのに引っ張り出される二人)

> 「マサトって誰だよ!?」って隆也ぜったいむっとしてる。
> ヤキモチで。
> 私も(笑)。
> 隆也も私も知らない子って、どういうこと(爆)

Happy Flower Popさんも、マサトにムッですかw(≧∇≦)
誰でしょうね、マサト。
本編には、まーーーったく関係ない人なので、マサトは謎のままです(笑)

少しずつ、置き去りにされる隆也を、楽しんでください(w)

LandMさんへ 

そうですよね、テーマパークの着ぐるみは、夢を売ってますもんね。

それにしても、真夏の着ぐるみは、本当に大変そうです。
熱中症になっちゃうよねえ、と、いつも心配してしまいます。
でも、一回、やってみたいなあ・・・。着ぐるみショーとか(笑)

こんばんは~~(^0^*)ノ 

コミカルな中にも
微妙に不安を含ませた導入部分!!
他校の学園祭に行って友達に逢えない
何とも言えない心細い感じ・・・
(やったことありますよ!!
しかも目当てのヒトに逢えませんでしたよ(´Д⊂。・゜・。
うあああああん(場所は三田(笑)))
気付いてもらえて、しかも
一度間違われたにせよ(笑)
頼られて良かったねーーー隆也!!

これからも展開がめっちゃ楽しみですo(≧ω≦)ov-238

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、学園祭にようこそ!
楽しんでいただけて、すごくうれしいです^^
今回、第一話は、コミカルにスタートしてみました。

> 他校の学園祭に行って友達に逢えない
> 何とも言えない心細い感じ・・・
> (やったことありますよ!!
> しかも目当てのヒトに逢えませんでしたよ(´Д⊂。・゜・。
> うあああああん(場所は三田(笑)))

えええ! かじぺたさん、お友達にあえなかったんですか?
それは悲しい。隆也より、ずっと悲しい><
でも、かじぺたさんのことfだから、それはそれとして、学園祭を楽しんだんでしょうね^^

> 一度間違われたにせよ(笑)
> 頼られて良かったねーーー隆也!!

そうでしょう?あのまま会えなかったら、ウサギのまま、隆也はすごく残念な存在に・・・。
間違われたのは、ちょっと残念でしたがw
でも、春樹が頼るのは、やっぱり隆也。
なんで春樹が、隆也に触ったか・・・も、次回確かめに来てやってくださいね^^

 

どうせだったらマサトを全作品に登場させ、ヒッチコックの向こうを張れば面白い……かも(^_^;)
  • #7650 ポール・ブリッツ 
  • URL 
  • 2012.11/09 16:46 
  •  ▲EntryTop 

ポール・ブリッツさんへ 

> どうせだったらマサトを全作品に登場させ、ヒッチコックの向こうを張れば面白い……かも(^_^;)

それ、面白そうですね。
マサトは、きっといつまでも登場しない人物のままだと思います。
いつか、また番外編を書いたとしても^^;

あ。URL貼っても大丈夫そうですよ? こんど貼ってみてください。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメyさんへ 

あります、あります!
夢の中では、すっかり着替えて出かける用意ができて、満足げなのに、実際はまだ寝てるっていう悲しい現実><

いいところで、起こされることも!
そして、トイレを探し当てて、あわや・・・とかww
みんな、同じ体験をしてるんですね。

夢の中でトイレが見つからない時って、実際に切羽つまってるんですよね。でも、睡魔の方が強くて起きれない。
トイレが見つからないように、自分の体のどこかが気を利かしてるんでしょうね。あれって。
そこまでするなら、目を覚まさせて欲しいもんですが^^;
よくできているようで、不完全なのが、人間ですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【醒めない夢の中で 【あらすじ】】へ
  • 【(雑記)夢の検証、脳の不思議】へ