☆雑記・四方山話

(雑記)皆さまへの感謝と、これからの予定

 ←雨猫 最終話  超えるために →(雑記)ウズウズする11月
もう11月になっちゃいましたね。朝晩、めっきり寒くなってしまいました。
皆さん、風邪などひいてませんか? 

さて。『雨の日は猫を抱いて』、皆様の応援のおかげで、無事完結することができました。
たくさんの拍手や応援クリック、優しいコメントに、本当にエネルギーをもらいました!
今回も、感謝の気持ちでいっぱいです!!

2年前に、ポンとタイトルが生まれ、いくつもの物語を想定しては断念し、ようやく第1プロットが立ったのが
10ヶ月ほど前です。

こうやって書き上げられたことを、本当に嬉しく思います。
ホッとしているのと同時に・・・。
長編を書きおえたあと、必ず寂しさがこみ上げてくるのですが、やはり今回もかなりキテます。
大事な子供達と離れるような、そんな感覚になってしまって。
(成長のない、作者のダメダメなところなんですが^^;)
でも、一区切り打って、また新たな出会いを探さなければ! ですね。

この作品の更新中に、いじめ問題がマスコミで大きく取り上げられました。
本作にも、かなり歪んだ方向でその問題を扱った部分が(一話分ですが)あり、内容を修正しようかどうか迷ったのですが、物語を構成する上でも変更は効かず、やはりそのまま使うことにしました。
弱小ブログとは言え、人様の目に触れるものを公開するという場であると思うと、いろいろ考えてしまいますね。
テーマを貫くためにどこまで描き、不快感を与えないようにどこをセーブするか。
その部分が常に悩みでもあります。
皆様にはそんな拙作達を、暖かく見守っていただいて、いつも本当に感謝しています。

・・・あれ。こんな硬い話をするつもりではなかったのに ごめんなさい。

さて。これからの予定ですが!(^0^)ノ

しばらくは、長編はないと思います。
少しばかりゆるい感じの短編を予定しています。
いや、内容はゆるいですが、一話一話、しっかり頑張っております!(なにアピール)

実際、短編を生み出す方が、長編よりも起動エネルギーを多く使ってしまい、気力の消耗が激しいのだと最近気づきました。
でも、何事も実行あるのみです。突き進んで見ます。


で、次回は、とりあえず・・・・・。『KEEP OUT』の、春樹と隆也の短編です。
(ずるい! やはりシリーズもんやん><)
いや、許してください。ついつい・・・。

さあ、大学生となった彼らの様子を、ちょっと覗いてみませんか?
このお話は、今まで『KEEP OUT』シリーズを読まれていない方々にも、分かる物語になっています。

ぜひぜひ、初めての皆様も、彼らを見に来てやってください。
ほんわかコメディタッチだけど、ちょっと胸に来る、そんな物語になればいいなと願って書きました。

たった5話の、短い物語。春樹と隆也の「今」をこっそり覗いてやってください。

では、次回。 『醒めない夢の中で』(全、5話) を、お送りします。

(11月から、仕事のほうが繁忙期に入り、もしかしたら更新が更にゆっくりになる時があるかもしれませんが、どうぞ気長にお付き合いください^^)

また、のんびり「あらすじ・前書き」から始めますね^^ (ええ。短編でもあらすじ、もれなく付いてきます)
どうぞ、また遊びに来てください。(*^-^*)




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【雨猫 最終話  超えるために】へ
  • 【(雑記)ウズウズする11月】へ

~ Comment ~

NoTitle 

あらすじの書き方を教えて欲しいです。
どう書いたらネタばれにならず、読者の関心をそそる「あらすじ」が書けるのか、五里霧中です。
上手な「あらすじ」が書きたいです。

もちろん、春樹と達也、楽しみです。

NoTitle 

長きにわたって描くのも大変ですよね。
今回のは途中から読んじゃったので、ほかの方のように感想を書くのを避けます。次からは初めから読みますのでよろしくお願いします。

最後に連載お疲れ様でした。

NoTitle 

連載ありがとうございました。

連載ご苦労様でした~。
終わり方も素敵でした^^。

この間の物語で、人がなくなるって話ですが、伊坂幸太郎さんの
「ゴールデンスランバー」は、友達の死から始まり、
もちろん、物語の主要な総理大臣の襲撃による死とは別に、
この世の中の不条理を、その友人の死から始めたことで、
物語が進んで、いろいろと教えられていきました。

この間のノーベル賞の話ではないけれど、
この世の中は、絶対的になれず、相対的であり、
死なないですむ人は、誰もいないので、
だからこそ、より深く、より高く、より清(く)潔(く)って、
ところが、小説の試みの素晴らしさですね*

また、楽しみにしています。(*^-^*)

わ~~い\(≧ω≦)/ 

めっちゃ、嬉しい~~~o(≧∀≦)o
大学生になったあの二人に逢えるのーー?!!
きゃあきゃあ!!!!!
もう、待ちきれないわあ♡
早く、書いてね!!(←我儘(爆))

NoTitle 

v(≧∇≦)v イェェ~イ♪ 春樹に会える~♪
あっ!
隆也もね(*^-')b

今日は 昼過ぎから 冷たい風が~~
11月か…、後 2か月で 今年も終わり
って、何か焦る!<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>...byebye☆

しのぶもじずりさんへ 

> あらすじの書き方を教えて欲しいです。
> どう書いたらネタばれにならず、読者の関心をそそる「あらすじ」が書けるのか、五里霧中です。

そうなんですよねーーー。
本当、あらすじって難しいです。
私も、あらすじを考えると気が、一番苦しいですね。
でも、書く!!

なんたって、物語の入口ですもんね。
私は書籍を買うとき、絶対あらすじを見て買いますから。
高村さんの『李歐』なんて、あのあらすじにやられました!あの部分を抽出した編集部の、腕が、すごい!

小説の公募の審査は(私は出したことないんですが)、まず、あらすじの書き方の良し悪しでほぼ決まるいいますね。
あらすじを書くって、そういうことなんだなあ・・・と、しみじみ。

私の場合、種がばれると困る部分があるので、そこは絶対探られないように、でも、「なんだろ?」と、覗いてみたくなるようなポイントを、ちょっと大げさに入れてみます。
シリアスな物語は、静かに。
コメディタッチなら,陽気に^^

書くのは辛いけど、書きあがったら、「あらすじだけでも、読んで!」と、言いたい気分になりますね^^

春樹たちに、会いに来てくれるのを楽しみにしています。

LandMさんへ 

ありがとうございます^^
長編は、書くのも大変ですが、読んでくださる方も、きっと大変ですよね。

いえいえ、たまに、ちょこっと読みに来てくださるのも、大歓迎ですよ。
「こいつは、どんな文章書くのかな」くらいの感覚で、覗いてやってください^^

私も、じっくりお邪魔できなくてごめんなさい。LandMさんも、連載がんばってくださいね。

yさんへ 

あ。私も『ゴールデンスランバー』、読みました。
伊坂さんらしいお話でしたね。

たしかに、ミステリーって、人の醜い部分や、殺人や、いの痛くなる展開が多いですが、
そうですよね、人はいつか寿命を迎えるもので。
その「命」というものを、いろんな観点で見つめて、試して、死生観を考えるのもまた、ミステリーなのかもしれませんね。

私は「犯人は誰だ」的な、本格謎解きミステリーは、あまり読むのも得意ではないんですが、
命を扱い、その尊さ、儚さ、不条理さを感じさせてくれるミステリー、サスペンスは、好きです。

人間って、愚かでバカだけど、可愛くて愛おしい。そう思える物語を、模索して行きたいと思っています^^
yさん、いつもありがとうございます。

かじぺたさんへ 

うきゃ~~(≧∇≦)
テンションの上がるコメント、ありがとうございます!

春樹と隆也を、そんなに歓迎してくださるとは! うるうるです。
お気楽大学生の隆也。そして、いろいろ頑張ってる春樹に、また、会いに来てやってくださいねーーー!

のんびり更新ですが、思い出したとき、ふっと、遊びに来てください^^うふ。

けいったんさんへ 

> v(≧∇≦)v イェェ~イ♪ 春樹に会える~♪
> あっ!
> 隆也もね(*^-')b

わーーーい。けいったんさんも、喜んでくれて、うれしいです*。(*´Д`)。*°
また、おなじみキャラだと、飽きられちゃうかなとか、不安だったんですが。
よかったーー。
意外と愛されてる二人^^

この短編は、ちょっと萌え度高いかもです。( ̄ー ̄)

今日は、寒かったですね~~><
風ビュービューで。

そして私は、職場ですっ転んで、めっちゃ恥ずかしかった><i-201
(でも、みんなが、駆け寄ってくれて、うるうる)
明日は、どっかぜったい、痛いなあ・・。

けいったんさん、このあとの短編たちも、よろしくね^^

拍手鍵コメNさんへ 

>また春樹君たちに会えるのですね!楽しみ楽しみです♪

そうなんです、短編ですが、春樹と隆也が帰ってきます!
こんどは、ほっこりストーリーですよ^^

おおお!やった!
Nさん、あのことを覚えててくださったんですね!
あとでさっそく、そちらにおじゃまします!!

わくわくで、クリスマスの忙しさも、乗り切れそうです!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【雨猫 最終話  超えるために】へ
  • 【(雑記)ウズウズする11月】へ