「白昼夢 」
第1話 背徳の夢

白昼夢 第一話 背徳の夢(4)

 ←白昼夢 第一話 背徳の夢(3) →気まぐれ猫Mac、堅実犬Win
青年は悪びれもせず笑う髭の男に少し不満そうに言った。
「いつ僕のポケットに入れたんだよ。指令のメモ」
「いや、お前よく寝てたからさあ。起きたら説明しようと思ってたんだ」
「ったく」
軽く溜息をつく青年。まるで親子喧嘩か兄弟喧嘩のような軽いやり取り。

「・・・危なかったな」
改めて髭面が言う。
陽気だったジャズのナンバーが終わり、静かなブルース調のメロディに代わる。
青年はこくんと小さく頷き、視線を窓の外の夜景に逃がした。
緩くウエーブした髪の毛を左手でかき上げる。

「だけどその女、本当に大丈夫だったんだろうな。お前のこと怪しんで無かったか?」
少し険しい口調で髭面が言うと、ピクッとして青年は顔を上げた。
「うん、大丈夫」
前屈みに膝に肘をつき、綺麗なすらりとした指を組んで軽く顎をのせる。
思案しているときの癖だ。本人はそれに気づいていない。

「大丈夫じゃ無いんじゃないか?」
髭面が今度は少し意地悪そうにフフンと笑った。
「・・・うまく誤魔化せたと思うよ」
「しかし、よりによってその女、ターゲットの部下だったなんてな」
「うん・・・・彼女がカードを見たときの表情ですぐに分かった」
「訓練されたからな。8年間」
髭面の男が身を乗り出すように青年に近づく。

「俺たちの仕事を感づかれてもしもヤバイことになりそうだったら・・・分かってるよな」

大きな二重の目をキッと見開き、青年は髭面を睨みつけた。
「落ち度があったのはこっちだ。彼女に手は出させない」
今にも掴みかかりそうな勢いに一瞬たじろいで、髭面はニヤリと笑う。
「俺じゃないよ。本部の奴らだ。そんなことを言うのは」
「・・・・・・」
「『そういうルールだ』って、あいつらは言うな。ロボットみたいにさ」

力が抜けたように青年は目を伏せてソファーに沈み込んだ。
その様子を見ながら髭面は少し優しげに笑った。
「そう凹むな。今回のことはバレやしないさ。これから気を付けような、お互いに。
・・・どうした? 惚れたか? あの短時間に。即効だな」
「誰が!」
「正直なやつだ」
「そんなんじゃないって言ってるだろ!」
「ムキになるとこが怪しい」
「坂木さん!」
「冗談だよ」

・・・・冗談だよ。お前に恋ができるなら、俺は心配などしない・・・・・

青年をからかっていた髭面は、急に真顔になりトーンを変えて静かに言った。
「もう二度とこの街には帰らないからな」

・・・・ごめんな、陽(よう)・・・・

「・・・うん、わかってる」
さっき殴りかかりそうだった人物とは思えない、まるで幼い少年のような口調でぽつりと言う。
そんな様子をじっと見つめながら髭面は、疼くような胸の痛みを大きく息を吸い込み、紛らわした。
グラスのウィスキーを一気に飲み干す。

「よし。じゃ、行くぞ!」
髭面は手をのばして向かいの青年の柔らかい髪をくしゃくしゃっと撫でた。
「やめてってば。・・・・・行くってもう?・・・・今度はどこへ?」

髭面は小さく笑って言った。
「まだ教えないよ。俺たちはいつだってそうだろ?」


             (第一話「背徳の夢」END)


第一話、読んでいただいてありがとうございます。
やっと二人がでてきました。(青年は最初から出てますが(^.^))
第二話も、まだ二人の詳細は出てきませんが、なんとな~く明らかになっていくと思います。
なかなか明るい展開にはならないかもしれませんが、
よろしかったら、二人の旅、見守ってやってくださいm(_ _)m


次回の更新、ひきつづき・・白昼夢 第二話 「扉」 です。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第一話 背徳の夢(3)】へ
  • 【気まぐれ猫Mac、堅実犬Win】へ

~ Comment ~

立て続けで申し訳ありません。 

さっき書いたときに書けば良かったのですが・・・・・・。

実はこの度、私のブログが一周年を迎えることとなりました。
今日は日頃の感謝を込めてコメントさせてもらいに来ました。

limeさんは本当、マメに来ていただいて、ちゃんとコメントを書いてくれていますよね。
私のつまらない日常的なことでさえ・・・・・・。笑。

小説に感想が欲しいのも当然なんですけど、
やっぱり日々に呟きにも何かリアクションが欲しいですよね。贅沢ですけど・・・・・・。笑。

だからlimeさんのコメント本当に嬉しいです。
これからまた頑張っていくので、よろしくお願いしますね。
ありがとうございます。







わあ!おめでとうございます(^o^)/ 

一周年、おめでとうございます!!
そうなんですかあ、一年!
ブログで一年って、大きいですよね。
特に小説ブログって、継続がなかなか難しいもんだなあって思います。
ヒロハルさんは、大先輩として尊敬してますよ!

小説はもちろんですが、日々の呟きも、ほっこりできて大好きです。
毎回お邪魔して、うるさがられないかなあと心配したりもしながら書きこんでます・笑

こちらこそ毎回来ていただいてとっても嬉しいです。
改めてお祝いに行きますね。(^-^)/

NoTitle 

背徳の夢を読ませていただきました。
やっぱりスゴイですね。
ワリと短めな中に色々スキッと纏まって。
カラクリを知った瞬間の主人公さんと同じ様に、読んでいて背筋がヒヤッとしました。
でもなんだかセツナイ味で。

また遊びに来ます。頑張ってクダサイ。

とら太さん♪ 

とら太さん、こんにちは!
嬉しいです、また読みに来てくださったんですね(ToT)
いやあ、もう、いつもながら不安だらけなんですが。
そう言っていただけると元気出ます。
どうぞ、またお暇がありましたら、覗いていってください。

コメントありがとうございました!!

NoTitle 

コメありがとうございました。
改めて。モウシワケありませんでした~。

昨日は寝るのが惜しい心持ちで→何か読みたい・・・→そだ、ウサギちゃん(あ、次は白昼夢!)という勢いで訪問してしまいました。
言葉が丁寧で、文章が読みやすくて、展開がスゴクて、大好きなんです。

とら太さん、再び 

とら太さん♪
こちらこそ乱文でおじゃましました。
また来てくださって恐縮です(#^.^#)

いや、そんな、もったいない。
もう、読みに来てくださる方は神様です。

今の第二話が終わったら、うさぎちゃんやりますんで、もしよければ
覗いてやってください。
もう、お茶菓子でも出したい気分です。

こんばんは! 

limeさん、こちらでは初めてコメントさせていただきます。
「DREAMTA」のTAKEYAMAです。

白昼夢、というタイトルに惹かれて
(私も同名の写真があり…)先ずこちらから読み始めました。

今ここまで読み進めましたが
始めから引き込まれてしまって、展開が気になります!

少しずつ読んでいきますね。
また参ります♪

TAKEYAMAさん、いらっしゃい! 

ジャンルが違うのに、来ていただいて感激です。
私もTAKEYAMAさんの同名のタイトルにドキッとしました。

他のお話と交互に更新しているので、なかなか進むのは遅いですが、
もしよろしかったら、時々覗いてやってください(*^-^*)

私もまたお邪魔させていただきますね。
ご訪問と温かい感想、本当にありがとうございました!!

NoTitle 

この女性は二度と出てこないんですか?

どちらかといえばこちらの女性のほうが気に入ってしまって(^^;)

まあ続きを読みますが。

Re: NoTitle 

ポール・ブリッツさんへ

わ、白昼夢を読んでくださるとは・・・。
はい、この女性はここで終わりです。
この作品は、物語としては特殊なので、お気に召すかどうか・・・。
救いのない旅の話ですが、思い入れのある作品です。
どうか、構成の不備は見逃してください。


NoTitle 

はじめまして、のくにぴゆうと申します。
蘭に奨められ、じっくりと読まさせて戴きました。

心理描写がいいですねぇ。
女性の心の変化が言葉の中にパズルのように組み込まれている。
一つ、一つの何気ない仕草にも。
面白い。
またお邪魔させてもらいます。

ポチして帰ります。

ぴゆうさんへ 

いらっしゃいませ!
蘭さんのご紹介とは。うれしいです。

蘭さんのところの可愛いイラストを描かれているということで、
ぴゆうさんのお名前はは存じ上げています。
ポールさんのところでもお見かけしました。
だからなんだか初めてではないような気がします。

白昼夢の1話を読んでいただいて、感激です。
初めて書いた作品なので、とても不安だったのですが・・・。
優しいコメントに救われます。
どうもありがとうございました!

NoTitle 

ストーリーの始まりはいつもドキドキします。
時間がしっとりと流れていて、心地良いです。
また少しづつ読まさせていただきます。。。

けいさんへ 

白昼夢を読んでくださるんですね! うれしいです^^

これは、4年前、生まれて初めて書いた物語です。私の原点です。
(友達数人に読んでもらうだけの為に、書き始めました)

物語の始まり、どんなふうに読者さんを抱き込もうかと、作者もわくわくしますwww

最初の方は、まだあの二人の正体が分からずにモヤモヤするかも知れませんが、
3話でハッキリします。

どうか、二人の旅を覗いてみてやってください^^(ゆーーーっくりでいいですよ♪)

NoTitle 

あら?

うわ~~~~。

ごめんなさいlimeさん。
ここにこれが掲載されてから、見落としてました。
ずいぶん初稿とは変わってるんですね~~~。
(って何を今さら)(^^;)

すごいすごい!
うん、ぐっとわかりやすくなってるし、坂木と陽の関係も、ちゃんと後々のお話につながっていくように書き換えたんですね!!

あ~~~どんどん進化してるんだなぁ~~limeさんの小説は。
感動。


しかし・・・ほんと、今頃になってごめんなさい(^^;)

秋沙さんへ 

いえいえ、こそ~っと変えちゃいましたから。

やっぱり陽が、あんなミスをするとは思えなかったのと、ミスをするなら坂木さんだ(笑)と思ったのとw
(ごめん、坂木さん)
そして、ついでにこの物語の背景を感じてもらえたらいいなーと^^
だって、第二話が生まれるなんて思わずに「ふらり」と書き始めたんですもん。
今にして思えば、不思議です。

今読み返すと、いろんな文章的な癖が目につくんですが、これはもう、荒削りのままで置いておこうとおもいます。これも特徴ですもんね^^

しかし、一度書いた文章を書きかえる作業って、すごくエネルギーがいりますね。
「わが手に拳銃を」から「李歐」に書き変えた高村先生って・・・・本当にネ申!!

ドキドキします。 

『しかし、一度書いた文章を書きかえる作業って、すごくエネルギーがいりますね。 』
いきなり、このコメ返を見て、おお! それを今fateもやろうとしているわ~
と愕然としました。
エネルギー要りますね、マジで。

こちらの物語が、limeさんの原点なのですね!
なんだか、それがよく分かる丁寧で繊細な世界を感じます。
どんな作家さんも、やはり最初の作品に、その人であることすべてをさらけ出して本気で挑む…みたいな意気込みがあるせいか、その後、どれだけ技術が進歩して、技法が巧みになって、描写や表現力があがっても、作品に込めるエッセンスは最初の作を超えることはないような気がします。
最初の作品とは、読者さまが、その作者に出会った初対面、第一印象、そんなものを、丸ごと受け留めるから、ってのもあるかも知れないですが。
まだ読者さまから第一回目の感想をいただく前に、己のすべてを賭けて描いた世界。
そういうまっさらな部分、一番、作者本人がさらけ出されている。
そして、無意識に、一番訴えたいこと、強く思うことが出ているのが処/女作だと思います。

そんなこともあり、ちょっとドキドキしながら、丁寧に読み進めさせていただきたいと思います。
何気に、こういう世界、fateは好きです。
fateは背徳どころが倒錯までしてしまいますが、そういう‘闇’の世界がfateの住処であるので、居心地良いんですな、きっと。




fateさんへ 

温かいコメント、ありがとうございました。
fateさんのコメを読んで、しみじみ、そうかもな~~って思いました。

文体はまだおぼつかないところが多々ありますが、この物語は、本当に私の原点のような気がします。
背徳的で、反社会的な部分もあるかもしれませんが、そこに描きたかったのはもっと、ピュアなものだった気がします。(うろ覚え?笑)
ここに書く闇が、fateさんのこころに共鳴する闇だったらいいなあ・・と思います。

この物語で、自分は自分を出し切ったと思いました。
ありがたいことに、エネルギーは続いてくれましたが、やっぱり、・・・これが私の描きたい、本質なのかなあと思います。

>そんなこともあり、ちょっとドキドキしながら、丁寧に読み進めさせていただきたいと思います。

うれしいですね。
拙い物語ですが、丁寧に読んで戴けると、きっとなにか、伝わってくれると信じています。
(あ、そんな、身がまえないでくださいね^^ 作者は、わりといい加減でおおざっぱな人間ですので)

テーマとか、そんな大それたものはないんです。
ただ、登場人物の心に、触れてほしいなあ・・・と。

ある意味、この「陽」は、私を救ってくれた人物でもあります。
今でも、何か物事が判断できなかった時、「陽なら何って言うだろう」って、考えてみたり。
ずっと、心の中に住み続けている、愛おしい青年です^^

ブラックエンジェルズ 

おはようございます!

引き込まれるようにして一気読みしました第一話!
子供の頃、ジャンプで連載していて夢中になって読んだ漫画を思い出しました。
そのタイトルが「ブラックエンジェルズ」です。詳細までは覚えていませんが、現代版必殺仕事人のようなお話でした。

さて、この「白昼夢シリーズ」の黒い天使は、私たち読者に、どんな物語を紡いでくれるのか…続きが興味津々であります。

もう少し読み進んだら、「もうひとつのDOOR」さまへも…。

有村司さんへ 

「白昼夢」に、いらっしゃいーー^^

引き込まれてくださって、うれしい限りです!
2話までは、彼らの正体がまだはっきりしませんよね。
(まあ、殺し屋であるのはまちがいない!w)

第3話でやっと、彼らの全体像が見えてくるはずです。
そしたら、秋沙さんの世界も、ぐぐっと分かるようになるはずです。

ブラックエンジェル?
なんか、聞いたことがあるような・・・。
どんなお話なんでしょうね。

でも、彼らも天使の名を持つ組織の一員です。
彼らの重い物語に、どうぞお付き合いください^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

はい。このふたりが主人公です^^
青年は陽。ヒゲのおっさんは、坂木(さかき)です。坂本って、つい読んじゃいますよね^^;

楓さん、テンプレート変えたんですね!
さっき、ちらっと覗きましたが、すごく読みやすいです。大成功ですね^^

ご案内は、環境設定の、ブログの説明のところに書き込めば、反映されます。
バナーの貼り方は難しいのねすが、リンクの貼り方は、本文を書くスペースの上の機能で、すぐに設定できますよ。

また、ゆっくりそちらに、おじゃましますね^^
あ、リンクは、うちはフリーなので、どうぞどうぞ。Kさんのリンクも、頂いていいですか?

NoTitle 

未読の作品がまだたくさんあり、どれにしようか迷いましたが、こちらの物語に決めました。処女作というのがポイントでした。
とはいえ、とても初めての小説とは思えない出来映え。
ちょっとショック。自分のものと比べてという意味です。
私の場合、書くだけで精一杯。しかも、途中で投げ出してしまったという有様でしたから。

limeさんは、この頃からすでに“読み手の視点”というものを持っていたんですね。
どう表現すれば、読者を楽しませられるか。という意識をはっきりと感じ取れます。

この第一話は、プロローグといった意味合いが強いんでしょうか。
殺し屋、裏稼業、それとも、もっと大きな闇組織かなあ。
伊坂幸太郎の『グラスホッパー』みたいな世界を連想させるような。
一人称と三人称が混在しているのは、意図的なものかな。
うーん。これからの展開が楽しみです。

片瀬みことさんへ 

わーーーー、片瀬さん、この白昼夢を読んでくださってるのですね!
う、うれしい><

この物語、本当にある日突然書き始めたんです。
mixiの友達がドラマのパロディを書き始めたので、じゃあ私もなんか書いてみるね~~、と・・・。

小説のノウハウも、一人称とか三人称とかまったく意識していませんでした。
ただ、6人くらいのネット友達に楽しんでもらえたらいいなって。
だから、この一話で終わるはずだったんです。
でも愛着が湧いて、そこから長編になってしまいました。

今では読み返すのも恥ずかしい文章ですが、思い入れは大きいです。
いや~~、でも、うれしいな^^読んでいただけて。

> limeさんは、この頃からすでに“読み手の視点”というものを持っていたんですね。
> どう表現すれば、読者を楽しませられるか。という意識をはっきりと感じ取れます。

うれしいです>< 
もしそうだとしたら、その数人をよろこばせようと必死だったからかもしれません。

はい。これ、意外と大きな影の組織なのです。日本各地に支部を持っている組織で。
今では逆に書けない、突飛な設定なのですが、それも合わせて思い出深いです^^
相変わらず登場人物は少ないですし、一話完結の形で続いていますので、お好きなところまで読んでやってください。
彼らのことも、気に入っていただけると嬉しいです^^

NoTitle 

お久しぶりです。こんにちは(^^)
覚えていないかも知れませんが…(^^;

処女作ということを知り、読ませていただきました。
やっぱりlimeさんの作品は素晴らしいですね。
「処女作でこのクオリティー」っと驚きました(^^)
文章に無駄がなく、読めば読むほど物語に引き込まれていく。
先が気になってどんどん読み進んじゃいます♪
私も一応物書きなので、とても勉強になります(^^)
また続きを読んでいこうと思います。

リンク張らせていただきます(^^)

Geelさんへ 

Geelさん、こんにちは!
わ~、ごめんなさい、いつかお話したことのある方でしたか。
本当に忘れっぽくてごめんなさい(;_;)
でも、処女作を読んでくださって、とてもうれしいです。

私は、なんとなく恥ずかしくて、読み返すこともできずにいるんですが、~と、こんな肝臓間で貰えて、消さずにおいて良かった~と、しみじみ思います。
最近は、文章が長くてくどくなったと指摘を貰う事が多いので、初心に戻って、短く簡潔な物語を書いて行こうと、(今)心に決めました!
Geelさん、ありがとうございます。
白昼夢は、とんでもない物語ですが、お暇な時に、お立ち寄り頂けると嬉しいです!(^^)!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第一話 背徳の夢(3)】へ
  • 【気まぐれ猫Mac、堅実犬Win】へ