☆イラスト・マンガ・水彩画

(雑記)久々にイラスト & 思い出話

 ←雨猫 第21話 コール    →雨猫 第22話 繋がる
たまには雑記で、楽しい話も書いていきたいのですが、職場と家の往復ばかりで、まあ、驚くほど何もない!!
じゃあ、イラストを・・・と。久々に描いてみました。

いやあ、描けない。
もともと手の遅い私ですが、こんなに時間がかかるとは。でも描き上がってちょっとほっとしてます。

今日は、男の子にカメラを持たせてみました。

0909_201511052051022a5.jpg

あ、ちょっとデカかった(汗


今連載中の『雨猫』にも、カメラマンが出てきますが、もちろんこれ倉田じゃないですよ。
あのオッチャンは、強面だから・・・。

私、写真を観るのはもちろん大好きですが、自分で撮ると、なんとも稚拙。
きっと瞬間的に最適な画角を作り出せないんですね。(才能がないと言ったほうが早い)

こんな私ですが、美大にいたころは、専攻がビジュアルデザインだったために、写真や映像の授業がありました。
写真の先生がね、とってもハンサムですてきな先生だったのです。
森村泰昌という先生で。

とても優しくて、私が撮ったなんの魅力もない写真のなかから、いいところを探し出して喜んでくださる。
すごく救われましたね。
(美大の先生は、けこうストレートにダメだしするので、毎日凹むのです。)

先生、とても彫が深くてかっこよくて紳士的で。(もうちょっと背があれば完璧!)
本職は、先生だと思ってたんです。
ええ、無知でした。

卒業して数年後、TVで『天才たけしの、誰でもピカソ』を観てて、倒れそうになりました。
森村先生、オンステージです。
女装の先生が、舞台狭しとパフォーマンス。
さすがの北野武も、言葉を失う異色のアート。

自らをアートにして、それを写真に収める、セルフポートレート・アーティストだったんですね、
森村泰昌先生。
まさに、度肝を抜く異色のアーティストでした。

2011年には、紫綬褒章も受賞されたとか。
美大の臨時講師は、頼まれて引き受けただけなんだそうです。
貴重な時間を、本当にありがとうございました!
先生の言葉はどれも印象的で、すべて覚えていますよ。

それなのに、未だに写真がへたくそでごめんなさい><




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【雨猫 第21話 コール   】へ
  • 【雨猫 第22話 繋がる   】へ

~ Comment ~

NoTitle 

>卒業して数年後、TVで『天才たけしの、誰でもピカソ』を観てて、倒れそうになりました。
森村先生、オンステージです。
女装の先生が、舞台狭しとパフォーマンス。
さすがの北野武も、言葉を失う異色のアート。


ここの描写が、とくに面白いです~。

この先生、トップアーティストの一人なんすね。
あの、世界のキタノさんも、真っ青ってかんじ
だったんでしょうね。。。



この絵もすごく素敵です!

この記事も、
絵も含めて、
とっても、楽しませていただきました~。

小説の描写を読んでると、写真も、たくさん撮ってほしいなあ
と思いますよ!!

(・3・) あれ!! 

>この先生、トップアーティストの一人「なんすね」。

って、いろいろ書き直してたら、
面白いことばになってしまいました~^^。




NoTitle 

ええっ!!!
上手いじゃないですか。これ倉田じゃないのは分かってましたがww
カメラ描写が細かいのはそういうことが――いや恐縮です(汗)
  • #7159 十二月一日 晩冬 
  • URL 
  • 2012.09/09 17:29 
  •  ▲EntryTop 

yさんへ 

ははは。
yさん、言わなきゃ間違いに気付かなかったのに^^
意外とおちゃめ。

記事、楽しんで貰えてよかったです。
雑記は書きたいんだけど、面白そうな話題がなかなか見つからなくて。
結局、昔のエピソードになっちゃいました^^

しかし、あの真面目そうな先生が、マリリンモンローっw
芸術家の奥深さを知りました!

イラストも気に入って貰えて良かったです。
もっとサラサラっと描きたいんですが、やはりデッサンが難しいです。
人の体って。

NoTitle 

あーっ、良かった。
これが倉田だったら、「スマン。倉田。勝手な想像で君の容姿を決めていた」と土下座しなくちゃならないところでした。笑。

NoTitle 

絵のような男の子に生まれたかった(^_^;)

写真は梶も苦手だと思っていたんだけど、一眼レフなるものの存在を知って、是非購入して本当にダメかどうか知りたい!って思っているこの頃です☆

優しい絵ですよね 

limeさんのイラストはこのサイトにアップなさっている分はみんな見せていただいてますが、いつも思います。

お人柄があらわれているような優しい絵だなぁ、と。

いつも言ってますけど、私はまーったく絵が描けません。
音楽的、美術的、語学的才能は特にゼロなのです。
そのせいのないものねだり、絵を描ける方が特に特にうらやましいです。

人の顔は右向きしか描けない。
色を塗ると特に変になる。
諦めてますけどね。

いつか時間ができてその気分になられましたら、うちのキャラの誰か、描いて下さると嬉しくて気絶するかも。
↑図々しくてすみません。


晩冬さんへ 

ああよかった^^
倉田じゃないってわかってもらえて。(奴は32歳ですからねえ)
イラストはまだまだ練習中です。
こんなのに半日もかかっちゃ、いかんです><

カメラ。勉強したのはみんな、アナログ銀塩の一眼レフ^^;
時代は進化しますねえ。

ヒロハルさんへ 

よかった、注意書きしといて(笑

倉田は32歳、泣く子はもっと泣く、強面です^^
絵には描けないなあ~~、怖くて(汗

kazi19さんへ 

いやいや、kaziさんも、とっても味わい深いお方ですよ^^

一眼レフは、いいです!
初めて(アナログですが)一眼レフで子供を撮ったときは、びっくりしました。
ぜひ!
デジタルも、安くなってきてるんでしょうね。
だけど、アナログもいいですよ^^

あかねさんへ 

いつも、イラストまで見てもらえてうれしいです^^
小説も愛情を持っていますが、イラストにも、愛情こめているので、すごくうれしいです。

私もね、イラストはまだまだまだまだ、練習中です。
苦手なポーズや、位置、ありますよね。
そんな時は、写真や雑誌を参考にして描くのですが、そんなもの参考にせずに、さらっと描きたいです。
夢ですねえ~~。

え? 気絶しちゃう?
じゃあ、描いてみようかなあ(笑

私、自信がなくて、あまり誰かにキャラを描いてあげたことがないのです。
でも、時間ができたらチャレンジしてみたいですね。
あかねさんはキャラがたくさんだから、迷いますね^^

NoTitle 

以前の記事で「水彩画とイラストは違う」と書かれているのを見ました。
この絵もカラーインクなるものですか?
素敵ですね。
こんな風に鮮やかに透明感も持たせつつ表現できるんだ。

美大出身なんですか!
そっかぁ、かっちょいい (^ー^* )♪

拍手鍵コメNさんへ 

ありがとうございます^^
いやあ、本当に形がとれなくて焦りました。
イラストも、やっぱり描いていないと描けなくなりますね><
こんな単純な絵に半日もかかるとは!
イラストを描くと、やはり小説を書く時間がなくなる悲しさ・・・。
(でも、また描いちゃうかも^^)

>とそれにしてもまさかの森村先生ですか! 美術系の雑誌などでよく拝見しておりました。

おお!そうなんですか。私は全く知らず><
もぐりでした。

>私のイメージではアングラな色気をもっている異色の写真家、、という感じです(すいません^^;)

いえいえ。あの作品群は、やはりアングラなイメージですよね。
卒業後、先生の正体を知って初めて、作品展に行ったのですが、そりゃもう、ミラクルな、前衛のような、最先端のような、奇妙奇天烈な世界がひろがって
いました。
先生も、暖かく迎えてくださって、嬉しかったです。

普段はあんなに素敵な紳士なのに^^
先生の著書を読むと、その高い芸術性が、びしびし胸に響きます。
ほんと、貴重な時間を、こんなへっぽこ学生に割いてくださって、申し訳なかったです^^;

九州でも展示会があったんですねえ。
うん、お母様には、説明しにくい芸術家さんですよね^^

お。ペンタブですね?
私、いまだに持ってないんです。
Nさんの作品の広がり、楽しみにしていますね!

ごろちゃんさんへ 

>この絵もカラーインクなるものですか?

質問、大歓迎です^^。これはですねえ、着色はすべてデジタルソフトなんです。
線画は手書きなんですが。
もっと上達したら、水彩画なのか、デジタルなのか、まったくわからないほどになるのですが、
まだまだ勉強不足で。
でも、ごろちゃんさんに気に入ってもらえて、嬉しいです。

美大だったんですが、なんか、遊んだ記憶しか・・・。
でも、いろいろ楽しかったです^^
(もういちど大学生から人生やり直したいなあ・・・・><)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【雨猫 第21話 コール   】へ
  • 【雨猫 第22話 繋がる   】へ