雨の日は猫を抱いて

雨猫 第13話 提示された謎

 ←(雑記)投票ありがとうございました →(雑記)『雨猫』イラストいただきました♪

怯えた目が真っ直ぐ倉田を見つめている。
助けてもらったというのに、この少年にとっての恐怖の対象は、相変わらず倉田なのだ。
空しさは、すぐさま腹立たしさに変わった。

「そんな言い方ないだろ、助けてもらっといて。俺はお前のことなんて何とも思っちゃいないよ。ただ、誰かを付けてるみたいだったからちょっと気になって様子を見てたんだ。そしたら襲われそうになってて、慌てて助けてやった、ただそれだけの事じゃないかよ。襲われそうになった理由訊くことが、そんなに悪いことか? そんくらいの権利あるだろ。ついでに言うけどな、ここは俺のマンションの近くなんだ。お前を追っかけ回してる訳じゃないよ。前の時だって、俺はわざわざお前に手帳を届けに行ってやったんだろうが。文句言われる筋合いはねえよ!」
倉田は息もつかずに捲し立てた。
少し興奮すると、まるで荒れた中高生のような口調になる。倉田の情けないところだった。
これでまた、こいつは俺に更に怯えた目を向けるのだと、自分自身が滑稽になった。

けれど、由希は真剣な目でじっと倉田を見つめていた。
さっきまでの怯えた目とは、どこか少し違う。
必死の形相で捲し立てた倉田に何を感じたのか、由希は素直に反省の言葉を口にした。

「・・・ごめんなさい」
そしてひとつ、クシャミをした。

「おい、大丈夫か?」
「友人を亡くしたんです」
「え?」
「さっきのシロウさん、1ヶ月前に、友人を亡くしたんです。それ以来、人が変わっちゃって」
「そりゃまあ・・・気の毒だけどさ、友人が死んだからって、なんでそんなに凶暴になっちまうんだよ」
「普通の死に方じゃ無かったから」
「っていうと?」
「高校生なんだ」
「え?」
「やったのは高校生なんです。だから僕ぐらいの子に、すごく気が立ってるんです。本当は、ただただ、怖いんだと思う。シロウさんの友人は、僕の友人でもありました。大好きだった。・・・だから、シロウさんの気持ちは、すごく分かるんです」
そしてもう一つ由希はクシャミをし、寒そうに体を縮めた。

「ああ、風邪ひいちまう。なあ由希、俺のマンションすぐそこなんだ。ちょっと寄って服乾かして行けよ。体、冷え切ってるんじゃないか?」
倉田は由希の言い掛けた言葉も気にはなったが、何よりも、そのずぶ濡れの体が心配になった。
近づいて手や頬に触ったが、やはり氷のようだった。唇にも全く色がない。
「な? そうしよう。このままじゃ凍え死ぬぞ?」

倉田がグイと強引に由希を引き寄せてそう言うと、しばらくじっと倉田を見つめていた由希が、ホワリと笑った。
初めて見る、由希の笑顔だった。
倉田の中で何かがチラリと揺れた。
ろうそくの炎のように仄かで温かい、柔らかなもの。・・・何だったろう、これは。

「大丈夫です。僕の家も、ひと駅先ですからすぐ帰れます。さっきは、ごめんなさい」
由希は白い息と共にそう言って小さく頭を下げると、軒下を飛び出し、駅の方向へ走り出した。

「由希!」
倉田はつい大声を出した。何かで引き止めたい衝動に駆られた。
少年がいないと、せっかく心の奥に灯った小さな炎が消えてしまいそうで堪らなかった。

「何ですか?」
立ち止まり、振り返って少年は律儀に訊いた。
「あ・・・その、さっきのシロウっておっさんは、どういう知り合いなんだ? 友達っていう年には見えなかったけど」
訊きたい事のランキングとしては下の方だったが、何か言わなければと焦った結果がそれだった。
「家が・・・近所なんです。シロウさんの家も、泉ヶ丘の公園の近くだから」
それだけ言うと由希は、まだ止まぬ雨の中を、足音も立てず走り去った。


倉田は由希が消えていった先の暗闇をぼんやり見つめた。
そぼ降る雨の音が、やけに耳に付き、おまけにあたりの陰気な寒さと暗さに腹が立った。
いや、腹が立ったのは少年に対してなのかもしれない。
あんなびしょ濡れで、こんなに冷え切った夜を帰るというのか。
電車を使ったとしても帰る前に凍えてしまう。
めったにない親切心を徒にされた決まり悪さも手伝って、倉田は再び煮えきらない空しさを感じた。
たぶんそこには、子供を殴ろうとした凶悪な男を庇った由希への憤りもあった。

『やったのは高校生なんだ』
ふいに由希の言葉が脳裏をよぎった。
さっきは、あまりに由希がサラリと言ったので流してしまった言葉だ。

“1ヶ月前に、友人を亡くした。やったのは高校生” 確かにそう言った。
やったとは、殺されたと言う意味にしか取れない。
そして、その殺されたシロウの友人は、由希の友人でもあったと言った。

1ヶ月前に殺された? 
由希やあのシロウという男の友人。泉ヶ丘。
あの男も、由希と同じ泉ヶ丘の住人だという。
公園の近く?
公園の近くというより、あの男の風体は、まるで公園のホームレスだ。
そんなことを思った瞬間、何かが頭の中でカチリ音を立てた。

ホームレス。
倉田は背を伸ばし、微かな記憶の引っかかりをたぐり寄せた。
友人が殺された。1ヶ月前。泉ヶ丘の公園。ホームレス。
あの男は泉ヶ丘公園に住みつくホームレスであり、1ヶ月前に殺された「住所不定老人」の知り合いだったとしたら。

けれど殺されたホームレスが、由希の友人だというのはどうだろう。ちょっと考えにくい。
それに、確かに由希は“やったのは高校生”と言った。
そんな報道は聞いたことがない。そんなことが浮上すれば、ワイドショーが騒ぎ立てるはずだ。

ふと倉田は、何かを探すようにあの公園に佇んでいた由希を思い出した。
そして合わせて浮かんだのは、意図的に殺されてうち捨てられた、たくさんの鳩の死骸。
あれも泉ヶ丘緑地公園だった。

『こういうことするのは、ちゃんと育てられなかった中高生ですよ』
沢村の言葉がリンクするように浮かび上がってきた。

やはり何かあるな。

倉田はいっとき寒さも忘れ、由希の消えていった暗闇を、沸き上がる奇妙な興奮と共にじっと見つめた。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)投票ありがとうございました】へ
  • 【(雑記)『雨猫』イラストいただきました♪】へ

~ Comment ~

NoTitle 

倉田のリアクションに吹き出してしましました。

困ったことを尋ねられると、異常に多弁になる人、
私の周りにも多いです。笑。

物語のほうですが、ひょっとして由希は・・・・・・(勝手に推理中)。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメ途中で消してしまったぁ~Σ(|||▽||| )ズガーン 

尾行中なのに 思わず助けるは、
ずぶ濡れの姿を見て 親切な言葉を掛けるは、
初めて見る笑顔に 心に温かい炎を灯すは、
σ( ̄、 ̄:)ん~~ いつもの倉田じゃな~~い!
だって、だって!
あの 人を不愉快にさせる お得意の「毒」を吐いてないんだもん!Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ

まっ 倉田の事は 後でもいいや~(*⌒∇⌒*)テヘ♪ !(ーωー♯)オイッ!by倉田

由希が言った謎を含んだ数々の言葉に 何かを嗅ぎ取ったのは いい感じ~だよ、倉田♪
今 湧き上がってる興味と興奮のままに 調べて どんどん私たちにヒントを頂戴ね。

日々、エアコンONの時間が、5時から4時、4時から3時と、早くなって来てます。
だって 朝の8時には30度越え、節電も大事だけど、自分の体が一番大切ですものね~♪
エアコン]~~~ (´∀`。)。o○ヤッパ、コレダニィィ...倍
 


ヒロハルさんへ 

倉田の弾丸逆切れトーク、あきれるでしょうw
子供っぽいと言うか、弱腰のチンピラみたい^^
(まあ、倉田のイメージは、チンピラなのですが)
ヒロハルさんの周りにもいますか(笑

ひょっとして、由希は・・・。
どんな想像が浮かんだのか、知りたいです~。

鍵コメ 晩冬さんへ 

そっか、晩冬さんは、細かいところを見逃しませんね。
嬉しいです(手ごわいけど)
番頭さんの読解力は深いですよ~。

>>「・・・シロウさんの友人は、僕の友人でもありました。・・・」
>>けれど殺されたホームレスが、由希の友人だというのはどうだろう。ちょっと考えにくい。

ここはですね、そんな深い意味はないのです。

単純に、ホームレスと由希が友達なんて想像ができない=じゃあ、シロウの友達が殺されたホームレスと言うところから、まちがっているのか。
自分はまったく、検討ちがいの推理をしてるのか?無駄骨なのか?
・・・と、慎重になっているだけなのです。(結局は、興味津々なんですけど)

そう。倉田の推測は、今のところバッチリ当たってると言う事です。(結構シンプルな事件なので)
もう、カードは半分以上提示されました。全て分かる人がでてくるかも・・・と、心配してるんです^^;

けいったんさんへ 

えええ?! 消しちゃいましたか!それはショック。
私のパソコンは(ぼろいけど)戻るボタンを押した後、更新を押したら復活することがあります。
今度、やってみてくださいね^^

今夜の倉田は、ちょっと変でしたね。
元々、変なやつですが、由希と関わるに連れて、どんどん変なかんじ真っ盛り。
なんでしょうね~~( ̄∀ ̄)
倉田の毒とSっけは、どこに・・・。

まあ、倉田のことは、いいや (ーωー♯)オイッ!by倉田
もうすぐ、大まかな真相が分かりますよ~~。

けいったんさん、3時まで我慢してるんですか?きっと34度とかになってますよ~~。
危ないですってば。
まだ夏は長いので、無理せず、ちゃんと涼んでくださいよ。水分補給もわすれずにね。
(とかいって、お茶や水を飲むのが嫌いな私。水分は、あんまり取ってないなあ><ミイラ化するーーー)
けいったんさん、ご自愛ください!
倒れたら、読者が減るじゃないですか(そこか!)

拍手鍵コメNさんへ 

Nさん、こんばんは~^^

ね?由希が初めて倉田に笑顔を見せました。
ノックアウトです。
あ、いやいや、そう言う事じゃないかな?
この、倉田の、自分でもコントロールできない感情こそが、この物語の最大の謎だったりして^^;

今回は、少しばかり(いや、半分くらい)真相に迫りました。
でも、更なる闇と謎を感じてくださったら、うれしいです。

Nさんに戴いた、新たなリクエストイラスト、明日にでも紹介させていただきますね^^
本当に、ありがとうございました!
Nさんも、もうすぐ夏の帰国でしょうか。
日本のしつこ~~~い暑さに、やられませんように><

 

わかった犯人は沢村さんだ。空が青いのもポストが赤いのもカラスがカーと鳴くのも全部沢村さんが悪いんだ。(さらなる短絡的思考(笑))
  • #6921 ポール・ブリッツ 
  • URL 
  • 2012.08/03 23:32 
  •  ▲EntryTop 

ポール・ブリッツさんへ 

はっ(゜□゜;) なぜそれを!!

そう、沢村こそが、うさぎの皮を被ったオオカミ。
草食系などと思わせといて、夜な夜な美女をバリバリと頭から・・・。


ちがいます。(ー"ー )

NoTitle 

監禁事件は毎年300件近く。
日本でも統計学的には毎日監禁事件が発生している。
それが日本の現状。
・・・・とりあげる事件はごく一部なんですよね。
本当にごく一部です。
最近じゃ、単なる未成年の自殺じゃワイドショーも取り上げないご時世ですね。

LandMさんへ 

なんとも陰惨なことですねえ。
それほど多いとは。
明るみに出ていないものが、本当に多いんでしょうね。
まさに、小説より奇なり。
あの事件も、取り上げられたのは9カ月もあとですもんね。
悲しいことです。

NoTitle 

あるある~。何かどころではなく、色々あるぅ~。
けどそれがまだわからないぃ~・・・

倉田は由希のことがとても気になる、のに対して、
由希は倉田のことは(たぶん)どうでも良くて、それよりも他の事を追っていて、
というギャップが良いですね。

倉田が由希に気にしてもらえるときが来るのかなぁ。

けいさんへ 

ありそうですよねーーーー。
でもまだわからない。
(ところが、次回はどどーーーんと、真相かかなりわかっちゃいます!)

> 倉田は由希のことがとても気になる、のに対して、
> 由希は倉田のことは(たぶん)どうでも良くて、それよりも他の事を追っていて、
> というギャップが良いですね。

ふふふ。ほんとうですね。
いまのところ、まだ倉田は「鬱陶しいおっさん」でしかないw

> 倉田が由希に気にしてもらえるときが来るのかなぁ。

くるのかなーーー。
このまま、終わったりして^^;
救いが無い倉田。この後、彼には何が待ってるんでしょう。!!

・・・ま、倉田はどうでもいいか(爆

いや、うそです。彼も大事なキャラ・・・のはず。

NoTitle 

おおお!倉田のおっさんの中でだいぶリンクし始めましたね♪
読ませて頂いてる側は分かってる所だったりしますが(笑)
でも謎はまだまだ・・・。
ぜひ倉田のおっさんには頑張ってもらわないと!!

でも変に落ち着いて大人ぶって話されるよりもたとえ激高していてもちゃんと自分の本心を言う方が相手には届いたりしますもんね。
そしてユキ君はそういう本質がちゃんとわかる子ですね♪
でも結局振られる倉田のおっさん・・・。かわいそうに(笑)←
  • #11403 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2014.01/31 18:00 
  •  ▲EntryTop 

ぐりーんすぷらうとさんへ 

> おおお!倉田のおっさんの中でだいぶリンクし始めましたね♪
> 読ませて頂いてる側は分かってる所だったりしますが(笑)

そうなんですよ。きっと倉田よりも読者様のほうが、状況をよく分かってると思います。
いつも、ちょっと遅れ気味な倉田w
でも、読者様のためにも、いろいろ行動を起こしてくれないと。
(だれにも期待はされていないみたいですが・笑)

> でも変に落ち着いて大人ぶって話されるよりもたとえ激高していてもちゃんと自分の本心を言う方が相手には届いたりしますもんね。
> そしてユキ君はそういう本質がちゃんとわかる子ですね♪

そうなんです。こんな状況なのに、由希がちょっと気を許したのは、そのへんかも。
倉田が、悪意を持って由希を追いかけてる大人じゃないって、なんとなく分かったのかも。
ただのガキなんだと気づいたのかもしれませんw(精神的に)

由希のほうが、もしかしたら気持ち的に大人なのかも・・・。
そうですよね。そんなガキなおっさんに付き合っていられません。由希はいろいろ忙しいのです。
次回、由希が行った先は・・・。

いつもありがとうございます^^
また、お時間ありましたら寄ってくださいね。


> でも結局振られる倉田のおっさん・・・。かわいそうに(笑)←
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)投票ありがとうございました】へ
  • 【(雑記)『雨猫』イラストいただきました♪】へ